お洒落なヤツは仕事もできる「ダボダボな服、着てたらあかんで」伊藤忠・岡藤社長

「異能の経営者」とも呼ばれる伊藤忠商事の岡藤正広社長。繊維部門の出身でブランドビジネスを手がけてきただけに、ファッションには一家言を持つ。前回掲載「ニッポンのビジネスマン、なんで服に関心ないんやろ」に続き、岡藤社長にファッションとビジネスについて聞いた。

――自宅には数百着のスーツやジャケットがあると聞きました。

「もう、どんどん捨てていっているからね。いまはファッションがどんどん変化しているでしょ。全体的にシルエットがタイトになっているんじゃないかな。だから昔のやつを着ているとダサく見えるわね。そういうトレンドに敏感に反応しないで、昔のダボダボな服を『楽やから』といって着ていたらあかんわな」
「もちろん、ちょっとタイトだと窮屈やけど。でも、見ただけでわかるんだよね。若い人が着てる細身のやつを、そこそこの年いっている人が着てたら、『あ、おしゃれに関心あんな』って。昔のダボッとしたのを着ているのは、『これは関心がないな』となる」

記事を全て開く

NIKKEI STYLE 5/25(木) 7:47配信 写真:NIKKEI STYLE

■装いのためには体も絞らんとね

「そういうことに、合わしていかないと。そのためには、体も絞らんとね。食生活も考えたら、健康につながる。ファッションに関心のない人は、食べるもの、飲むもの、日常生活のコントロールに頓着していないようにみえる。どんどん、悪い方に行きかねないのでは。心身ともにね。こうしたことは『やっぱり大事やな』という気がするな」

――装いで心がけていることはありますか。

「全体を統一することかな、服だけサラの、ネクタイだけサラのものだと、浮いてしまうわな。やっぱり靴、靴下から、ネクタイ、シャツ、時計、メガネまで、全部あわせる。お金も要るけど、そういう努力をしないと。いつも新しいものを買ったときに、それにあったトータルコーディネートをしようと心がけている」
「それは服だけじゃない。やっぱり、靴から靴下から、いろんなものをね、そんなに高級なものでなくていいけども、そろえていくということをした方が、全てがいい方にいくと思うわ」

――毎日の装いはご自分で選ばれているのですか。

「それはそうやろ、誰が選ぶんや(笑)。だけど、よく見てると同じのばっかり。ちょっと変わったストライプとか、チェックなんかだと、シーズンに1、2回しか着られない。それを着ると、よく目立つから、『また同じもん、着とる』という感じになってしまうので、どうしても紺とかグレーになる」
「ただ、同じ紺でも、いい縫製で、いい素材のものを選ぶようにしている。例えば、『スーパー160』(原毛の太さが15.5マイクロ=マイクロは100万分の1=メートルの生地)とか、そういうファインな生地でつくったものは、シワになりやすいけども、シワがとれるのも早い。おまけに光沢からして全然違うわな」

「ブランドにはこだわらない。もちろん、いいブランドで、いい商品というのはあるんですよ。本当にこだわっているブランドなら、『安心だ』と思って買いますよね。ブランドというのは、そうならないとだめだね。たまたまいいものがあって、買ったらよかった。それがこういうブランドやった。次に買っても裏切らない。すると、そのブランドに対する信頼ができる。逆もあるわな。こういうブランドやと思って買ってみたら、なんか悪かったと。そのブランドには信頼をおけないからな」

――ブランドとのライセンス契約でも、必ずご自身で商品を試してきたと聞きました。

「もちろん。ただし、自分が好きなブランドを導入するんじゃなくてね、お客さんが『これや』というものを取ってくる。それは必ず、自分で着てみる」
「この前もね、こんなことがあった。スカルとバニーのロゴの米国ブランド『サイコバニー』、あれをうちが導入したということで、そこのシャツを着たらね、袖口がちょっと普通よりも大きいんですよ。それで『ちょっと大きすぎるんちゃうか』といったら、『いやいやこれ、カフスもできるようになっています』と。『カジュアルでカフスするんか』といったら、『今の若い人は、カジュアルでもカフスします』。だからぼくもカフスをしてみた。若者のファッション、こうやって常に変化するから、勉強になるわな。着てみないとわからへん」

――最新のトレンドをどうやって知るのですか。

「暇だったらよくお店に行っています。例えば、東京・原宿のキャットストリートに靴下のショップがあるんですよ。うちの事業会社がやっている、北欧生まれの『ハッピーソックス』というお店なんですけどね。そこへ行って商品、買ってきたんですよ。外国人のお客さんが多いから、商品のサイズもやっぱり大きいんだよ。だから女性用のちっさいやつで、いい柄のやつを買ってみた」
「無地であればビジネスやけど、そうじゃないから、『これ、どういうときに履くのか』ということを考えながら買った。このあいだの日曜、高校の同窓会が大阪であって、上はまあ普通のジャケットやったんやけど、靴下はそこで買ったものにした。何かのはずみに、同級生が携帯電話を落とし、それを拾ってぱっと見て、『岡藤、えらいおしゃれな靴下やな』と。こういう、話になるわけだよ」

■トレンドを取り込む積極性 ビジネスにもつながる

「だから、試行錯誤というか、いろんなところに、そういったものを着ていったりして、お客さんや周りの反応を見ることで、勉強になるわけや。そういうことを全く経験しない人と、積極的に経験をして、情報を取る人とでは、おのずと差が出てくる。これ、ファッションだけではなくて、他の産業界、日本のビジネス全体につながっていることなんだよ」

――ご自身にとって、ファッションとは何でしょうか。

「ファッションというのは、服だけに限定されるものじゃなくてね、ライフスタイル全体でも、さらにいえば、世の中全体にとって、ファッションというものが大きな意味を持っていると、力説したい」
「ファッションのないものは、ないでしょ。車から何からそうやけど、あらゆるものにファッションがあるわけですよ。それはデザインだけでなくて、『ファッション』という大きなくくりのものなんです。だからこそ、ファッションがいかに大事か」
「そして、ファッションは生活を豊かにしてくれます。生活を豊かにすることで、短い人生をエンジョイできるわけです。だから年いって、『ファッションなんて関係ないよ』といっていると、急に年、いってしまうと思うね」
「ライフスタイルから、食事から、お皿の並べ方から、家具から。ね、なんかあるでしょいろんな。外に出て、歩くときにもファッションがあると思うんだよ。だから、世の中のすべてがファッション。それをどんどん勉強することによって、豊かな生活はもちろん、ビジネスとか、様々なところでも進化していくことができる、という気がします」

(聞き手は平片均也)

前回掲載「ニッポンのビジネスマン、なんで服に関心ないんやろ」では、デザインとブランドの弱さが、ファッションビジネスにとどまらず、日本の産業全体の弱点となっているとの持論を語ってもらいました。

 

名無しさん
2017/05/25 11:00
さすがアパレルが強い商社の社長だな
名無しさん
2017/05/25 12:59
ユニクロの逆の商売だよな。
安い繊維をブランドと結びつけて高く売る。アルマーニを日本に持ってきたのもこの人だったよな。
名無しさん
2017/05/25 10:57
見た目だけのサボリーマンも居るけど…
(´・ω・`)
名無しさん
2017/05/25 11:54
呼んだ?
名無しさん
2017/05/25 12:00
いるだろうけど、仕事ができない、サボりがちな営業はだいたいスーツもビシッとしていないよ。シワだらけ、流行ではないスーツだったりするね
名無しさん
2017/05/25 12:09
できる営業は仕事してる時間短い。
名無しさん
2017/05/25 12:12
名無しさん
2017/05/25 13:15
サボリーマンww
名無しさん
2017/05/25 10:20
オシャレは楽しいし人をハッピーにしてくれる(^o^)/
名無しさん
2017/05/25 10:29
社長も、髪の毛横だけ残さないで剃った方がいいで!
コメントを全て開く
名無しさん
2017/05/25 10:15
お洒落というか身だしなみでしょ。
名無しさん
2017/05/25 11:22
歳いった人が細身のスーツ着るのは身だしなみの範疇なんですかね?
名無しさん
2017/05/25 10:58
仕事の出来不出来は知らんがオシャレすると人目を買うのは間違いない
名無しさん
2017/05/25 11:04
それを言うなら
人目をひく
では?
名無しさん
2017/05/25 10:57
ハゲ散らかしてもオシャレだねぇ
名無しさん
2017/05/25 11:17
ハゲ整ってます
名無しさん
2017/05/25 13:03
わろた
名無しさん
2017/05/25 11:05
高くなくても良い。
靴を綺麗に磨くこと、スーツは適度にブラシをかけること。色合い素材はその後だね。幾ら高い時計とかしてても靴が汚かったり靴下が短い上司とかに偉そうなこと言われるとお前…ってなる。
名無しさん
2017/05/25 10:38
要するに、自己管理が大切って事でしょ。
名無しさん
2017/05/25 10:52
プラス、心に余裕を持って、新しいモノへのアンテナを常に張ってるかって感じかね。
名無しさん
2017/05/25 10:46
俺このおじちゃん(すみません)
好きだわ
名無しさん
2017/05/25 12:59
まあオシャレは否定しないけど
オシャレで人の中身まで勝手に決めるなとは言いたい
見た目だけで中身空っぽなんてよくある話
名無しさん
2017/05/25 11:21
オシャレはともかく、シワのない服、磨かれた靴でシャキッとしてたら信頼されやすいよね。
名無しさん
2017/05/25 12:15
それがおしゃれだと思うよ
名無しさん
2017/05/25 13:53
ある程度お金ないとオシャレできないしね
名無しさん
2017/05/25 10:54
アメリカはデブ、タバコ吸う人は出世出来ないと言うが、自己管理では無く気配り目配り的な事?
名無しさん
2017/05/25 11:24
自己管理の無さからくる説得力の無さだと思います。
名無しさん
2017/05/25 11:58
アメリカ人は鍛えた体じゃないと自己管理もできない奴に会社の仕事任せられないと思うらしい。僕じゃ駄目野郎に見られるんだろうな~w
名無しさん
2017/05/25 12:42
我々の業界は、おしゃれな人ほど仕事が出来ない傾向が強いです。
名無しさん
2017/05/25 13:08
ナニ業界ナニ業界??
名無しさん
2017/05/25 10:59
お洒落だけして
仕事全く出来ない奴が
たまにいる
名無しさん
2017/05/25 11:07
ダサくて仕事できない奴よりはマシだろ。オシャレの才能はある。
名無しさん
2017/05/25 11:14
ハゲは仕方がないだろ。
名無しさん
2017/05/25 13:01
学力の低いダメ子の母親は、確かにチビデブでヒドイ服装だったな
名無しさん
2017/05/25 12:29
まだ本当の育毛剤はできてないみたいだ
名無しさん
2017/05/25 10:39
個性的、また高価なオシャレじゃなくても
見た目に気を遣う、清潔感のある装いをする
相手が不快に思わないように心がけることは
マナーとして必要だと思う。
名無しさん
2017/05/25 13:06
それなりのコメントですね。見た目だけではなく内面も大切ですが…
名無しさん
2017/05/25 13:24
女性目線で申し訳ないけど、これはちょっと一理ある。
男性って結構見かけ通りな事が多い気がする。
うわぁ、キモいこいつ絶対オタクだよみたいな人って、やっぱりそうだもん。
逆に元の顔がイケメンでもない人も、内面が磨かれてると、不思議と顔つきもファッションセンスもイケメンになってくるんだよね。
名無しさん
2017/05/25 13:04
夜勤で機械オペレーターの俺はオシャレなんぞどうでもいい。
名無しさん
2017/05/25 11:06
おしゃれなだけな奴居るのも事実。
人は一部だけで判断しちゃいかんよ。
ただ自分と息が合う人だったって事あるから。
名無しさん
2017/05/25 11:17
ファッションというよりも、「何事にもこだわりを持て」ということかな。ファッションだけに関して言えば、所謂オシャレと仕事できる出来ないは関係ないな。オシャレの中でも、オシャレと認定されるルールなどは、コミュニティごとに全然価値観が変わるし。こういうのがオシャレなんです、っていう他人の価値観を気にしていたら時間の無駄でしかない。自分の価値観とこだわりを大事にして、なにごとにもきっちりと全力で取り組むことだね。
名無しさん
2017/05/25 11:55
自分のことをオシャレだと思ってるの?
名無しさん
2017/05/25 11:17
身だしなみは確かに大切ですね。でもピチピチのスーツはいただけない…。
名無しさん
2017/05/25 12:54
営業マンなら
「女も口説けないやつは、お客さんも口説けない」
と、思う。それはつまり自分への自信の表れだし、自信は好循環を生む。そのためにはやはり外観をセルフマネジメントする能力は必須。もちろん、それだけで終わっても駄目だけど
名無しさん
2017/05/25 12:45
わからんでもないが辛い(´・ω・`)
名無しさん
2017/05/25 12:02
なんか捨てるって言わないで欲しかったな。。
名無しさん
2017/05/25 10:32
JJIのお洒落なんて知らんやん
名無しさん
2017/05/25 12:01
なんで伊藤忠のロゴマークって
あんな特撮かアニメのタイトルロゴかってくらいダサいのなんだろう?

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.5.14

18歳からの白髪染めをやめたら「自由」になれた。グレイヘアを「育てた」女性が乗り越えた葛藤

ライターの朝倉真弓さん、46歳。2016年10月を最後に髪染めをやめ、グレイヘアになるために「白髪育て」を始めた。その過程で見えたことはーー…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。