新薬「ソリリス」副作用で妻死亡 夫が京大病院提訴へ

 京都大医学部付属病院(京都市左京区)で重い副作用がある薬の情報が共有されず、副作用で妻=当時(29)=が死亡したとして、中京区の夫(36)らが近く、京大や主治医を相手取り、1億8750万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴することが、9日分かった。原告によると、新薬「ソリリス」による死亡例は国内初という。
訴状によると、女性は、難病指定されている血液疾患「発作性夜間ヘモグロビン尿症」のため、2011年から、京大病院血液内科で治療を受けていた。16年4月、妊娠に伴い血栓症予防のため新薬「ソリリス」の投与を開始。同病院で8月1日に長男を出産後も通院していた。
同月22日、薬剤投与後に自宅で急激な発熱に見舞われた。京大病院の産科に連絡したが、対応した助産師は「乳腺炎と考えられる」とし、自宅安静を指示。しかし容体は悪化し、同病院に搬送されたが、翌23日に髄膜炎菌敗血症で死亡した。
ソリリスの添付文書には、重大な副作用として「髄膜炎菌感染症を誘発する」と記載されており、海外の死亡例を踏まえ、発熱や頭痛の際は抗菌剤の投与を求めている。
夫側は、京大病院産科は電子カルテなどから投与された薬品の情報を得ていたにもかかわらず、感染症治療が行われなかったとし、「発熱の初期段階で髄膜炎菌感染症を疑い、抗菌剤による治療をすべきだった」と主張している。
京大病院の事故調査委員会の報告書では「合併症や高熱から助産師が対応できる範囲を超えている可能性があり、医師の診断が必要だった」とした上で、「発熱時は抗菌薬を投与する必要があることを院内の医療者に広く認識してもらう工夫が必要」と指摘した。
京大側は、今年5月の京都地裁の調停で「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」としていた。

京都新聞

名無しさん
5時間前
乳腺炎と決めつけた助産師がアウト。
電話で状況は分からない。
必ず受診してもらい、診察するのが鉄則。
名無しさん
2017/07/10 10:10
助産師なんて看護師に毛が生えた程度の資格だよ。
名無しさん
2017/07/10 10:10
「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、
医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」
これって「情報を共有する義務はない」って言ってるって事だよね
もし患者が意識不明で副作用情報を医師に知らせる事ができなかったらどうするんだよ
死ぬべき運命だったから仕方ないね~って事?
技術だけでなく体制的にも、日本って本当に医療後進国だよね
名無しさん
2017/07/10 10:18
看護師に毛の生えた程度………ですか。
助産師の資格取得までの過程を知ってて言ってるなら、相当に優秀な方なんですね。
名無しさん
2017/07/10 10:19
>技術だけでなく体制的にも、日本って本当に医療後進国
またこうやって、たった一例の医療ミスを槍玉に挙げて、日本の医療全体が駄目という主張。どうやったらそういう思考になるのか。
名無しさん
2017/07/10 10:19
そりゃ病院側が可哀想だ。血液内科に自分から連絡しろよって案件だろ。ましてや難病なんだからさ。
名無しさん
2017/07/10 10:22
>助産師なんて看護師に毛が生えた程度の資格だよ。
少しは社会に出て勉強しろよ。
名無しさん
2017/07/10 10:23
どうして助産婦は医師に連絡をしなかったのか。そこが問題なのに、医師に連絡をする必要がない様な事を言う日本の無責任な病院側の態度に呆れてすまう。
名無しさん
2017/07/10 10:23
まぁ、こいつが何が欲しいかは、みんなわかってる
名無しさん
2017/07/10 10:24
>1億8750万円の損害賠償を求めて
欲張りすぎじゃねぇのw
名無しさん
2017/07/10 10:26
少なくとも、助産師に指示を仰ぐ案件ではないわな。亡くなった方やご遺族を非難するつもりはないが、何故助産師に連絡した?
そして、ここが1番の問題だが、何故助産師は自分で判断した?
上の方で助産師は看護師に毛の生えたものだとか、いや違うとかの議論があるが、どちらにせよ看護師だろうが助産師だろうが、症状を聞いて思い浮かべられる疾患なんてわずかしかないのだから、医師に判断を仰ぐべきなのは当然。
名無しさん
2017/07/10 10:27
百歩譲って難病でかかっている病院と出産した病院が異なっていたら、患者が知らせるべきだと言われるのはしかたがないだろうけど同一の病院。
仮に周知する義務が無くても、産婦人科側でカルテは共用できるはずだから確認すべきだったと思う。
自分や身内の場合、特定の診療科で他の病院が良いと聞いても、同一の病院だと不測の事態が起きた際に対応してくれるだろうと思って同一の病院で複数の診療科にかかっているのに。
実際、身内が、かかっている総合病院へ救急搬送された際も該当診療科とは関係がなさそうな他診療科の医師にも連絡が入っていて驚いたことがある。
いいわけに対して遺族が納得できないのも無理はない。
名無しさん
2017/07/10 10:28
まぁ実際、助産師や看護師が医師に報告したところで、「あ、そう(不機嫌)」で終わりな事がほとんど。それでも一応報告はするがね。こういう事になるのに備えて。
名無しさん
2017/07/10 10:28
逆に言わせてもらうが、日本で決定的に駄目なのは患者側でしょう。ちょっとの風邪で、薬をもらいに内科にかかる。体調の管理もろくにせず、全て医者任せ。何かあったら医者が悪いだの、日本は医療後進国だの、全責任を医療側に押し付ける。
そもそも保険医療はどこも治療費が画一で、医師の技量が反映されない。名医も藪医者も、同じ治療に対しては同じ治療費。君が言う医療先進国では、経験と実績を積んだ名医ほど治療費も高額になる。つまり、金持ちだけが良質な医療を受けられる一方、金がなければロクな医療を受けられず、まさに「死ぬべき運命だったから仕方ないね~」ということ。
結局君のような人間は、どんな環境に置かれても、その悪い一面しか見ようとせず、逆のパターンに置かれた場合にどういう不具合があるのかすら推察できない単細胞。
名無しさん
2017/07/10 10:28
さすがに専門学校3年で取れる看護師と、助産師を比較しちゃいかんわな
名無しさん
2017/07/10 10:30
京都病院の産科に連絡したんだから間違ってはいない。反論ナシヨ。恐いケエ
名無しさん
2017/07/10 10:31
1億8750万円の損害賠償を求めて
欲張りすぎじゃねぇのw
どのような基準でこの金額なのかな
1億 遺族
8750万 弁護士  みたいな
最近の弁護士は過払い金・交通事故・残業未払い
楽な仕事で金稼ぐよね・・
コメントを全て開く
名無しさん
2017/07/10 10:35
患者も、難病の持病のことをうるさく通告しないと。
通告したうえでのこの対応なら、病院側がおかしい。
名無しさん
2017/07/10 10:36
こういう電話で相談には、まずナースなり産科なら助産師が出るようになってる。
いちいちドクター呼べるほど、
大学病院にも医者はいないからね。
それくらい自分で判断しろ!って怒られる。
ここには書いてないけど、
乳腺炎を疑う所見もあったのでは?
発熱だけなら、助産師でも産じょく熱も頭によぎったはずだから。
乳腺炎も急に熱があがるし、分泌増えて産後3週間なんて一番なりやすい時期だし。
珍しい疾患で、新薬投与中なのなら、
産科、血内ドクターと薬剤師コメディカルと、この人にはこの症状注意!ってカンファレンスで周知させていたら、
こうはならなかったのかな。
まぁ、京大病院は、いろいろコミュニケーション不足による事故は多いからね。
名無しさん
2017/07/10 10:37
こういうリスクがあるから産科医も助産師もなり手がなくなるんだよな。
てか、言っちゃ悪いが、すぐに病院に連れてかなかった旦那さん側にも過失はあるのに1億8000万とかちょっとボリすぎじゃね?交通事故で完全に相手が悪いとなってもこんなにいかんぞ。
名無しさん
2017/07/10 10:38
>sisさん
そら、京都ですから…
名無しさん
2017/07/10 10:41
産科じゃなくて血液内科に連絡すればいいだけ。
元々そこにかかってたんだから。
名無しさん
2017/07/10 10:42
弁護士にそそのかされたクチか。
弁護士は訴訟した時点で儲かる。
勝てばぼろ儲け。
あれもこれも他人のせい。他人任せの人生なんかな。自主性は無いのか。
名無しさん
2017/07/10 10:42
助産師が診断してるなんて恐ろしい病院だな。
まだ29歳の若さで亡くなるなんて気の毒
名無しさん
2017/07/10 10:46
助産師はお終いだね。1億8000万はどうせ何十パーセントは削られるのを見越しての請求だが京大病院も災難だ。
名無しさん
2017/07/10 10:46
私も難病ですが
入院中も重大な副作用のある薬を
何種類も投与受けてて
同時に抗菌薬も投与。
退院後も万全の対策の為に
難病の薬と併用で抗菌薬も
処方されてました。
この女性も万全の対策で
抗菌薬も併用で処方されるべき
だったのでは
発熱の初期段階で危険な状態になる
んでしょ
それも可能性は予測できていたのに
処方しなかったのは
未必の故意。
医師に最も責任があり
次に対応した人(今回は助産師)
にも責任がある、緊急時には医師に伝えるべきだし
医師に診察してもらう
必要があると患者に伝えるべき。
医師、助産師の両者が犯罪
名無しさん
2017/07/10 10:47
合併症がある場合は産科医に一言連絡しておくべきだったかもしれない。それでも完全に防げたかどうかはわからないが。
助産師は助産診断というものを行いますから、看護師とは似て非なるものです。
名無しさん
2017/07/10 10:48
「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」、、ヒドい病院だな。患者を死亡させといて、責任を患者側に押し付けている。医師の人間性を疑う。
名無しさん
2017/07/10 10:49
>技術だけでなく体制的にも、日本って本当に医療後進国だよね
後進国の医療現場って、知っとる?
こんな病気で死ぬのってやつで
ポンポン逝っちまっとるぞ
保険さえもないしよ。
国連加盟200国中、医療体制がしっかりしとるのは
ドイツ、フランス、日本、イギリス、アメリカ
その中にあってトップ3に入っとる日本が
後進国なら先進国とは宇宙人の病院か?
名無しさん
2017/07/10 10:50
また医者が人殺したのか
本当、こいつら強姦と殺人ばっかやってるよな
名無しさん
2017/07/10 10:50
病院関係者です。
「助産師は看護師に毛が生えた程度」は、必ずしもそうではないでしょう。
私は旧帝大の出身ですが、助産師は看護科の中でも上位の成績者しか選ばれませんでした。
端的に言えば、診療科の中でも裁量権が大きいからでしょう。
しかし、成績が優秀でも医療者として優秀かは別問題で、むしろオカルティックな人が多い印象です。
恐らく、出産前後のトラブルは極めて多岐に渡り、それらひとつひとつにエビデンスのある解決法は望めないからでしょう。
アドバイスといえば、とりあえず「温めろ」「冷ませ」という結論のことも多いです(罨法は看護師でもできる点もミソかと)。
助産師はエリートであり、かつ持論が幅を効かせる環境があるから、今回のような件に繋がるのかなと邪推します。
そういえば、ホメオパシーにはまって乳児にビタミンKを投与させずに死亡させた助産師もいましたね。
名無しさん
2017/07/10 10:53
ソリリスに副作用があることを
血液内科の医師は知っていた
産科の助産師は知らなかった
患者および家族は忘れていた
副作用があるかどうかを血液内科に確認しなかった産科助産師が悪いのか、副作用のことなど忘れていた患者家族が悪いのか
自分の命にかかわることだから覚えておけよ、と言う気もするが、どの薬を使ったかの記録だけでなく、副作用情報まで確認できるカルテだったらよかったのにね、とも思う。
名無しさん
2017/07/10 10:55
過失は、助産師が判断してしまったことでしょうね。
看護師に毛が生えたと言ってますが、今回の疾患に関して、助産師は毛すらも生えてないレベルです。
看護師、助産師含め、非常によくある疾患の鑑別しかできません。90%は正解なのでしょうが、残りの10%に危険が潜んでいます。診断の怖さを理解している医師ほど、専門家に相談する傾向にあります。
親戚の看護師とか信じようものなら、いつか痛い目にあいますよ。
名無しさん
2017/07/10 10:58
>***さん
>私は旧帝大の出身ですが、助産師は看護科の中でも上位の成績者しか選ばれません
>助産師はエリートであり
他の業界から見れば、それを毛の生えた程度というのですよ。
近い職種の私ですら、毛の生えた程度としか思えませんね。
名無しさん
2017/07/10 11:01
>rab*****
>看護師に毛の生えた程度………ですか。
>助産師の資格取得までの過程

助産学科を併設している大学では、看護学科の学生がとりあえず取っておこう程度の資格。
ちなみに国試の合格率は平成27年度で99.8%。
毛が生えた程度どころか、職業としての区分は今のままでいいとしても、資格自体は併合した方がいいレベル。

名無しさん
2017/07/10 11:04
助産師は看護師の免許ベースの資格にはなるけど、産科以外の経験がないことのハンデがあるのは事実かなあと最近思う。まあ、単科しか見たことない看護師全員に言えることだけど。
名無しさん
2017/07/10 11:25
助産師はなにかあったら受診をといったはず。
髄膜炎の危険性は十分いわれているし
これは本人、夫の判断ミスでは?産後1か月だと乳腺炎を疑うのはあたりまえで、それで受診するかどうかは患者の判断です。なんでもかんでも訴えるのはどうかと。
名無しさん
2017/07/10 11:27
新薬使用中だと電話で告げたかどうかも争点のポイントだろう。
うちの近所の病院は満床でもモニタリングルームがある。
いつでも受け入れる用意があるのは、患者も当直医も安心できて良いと思う。
名無しさん
2017/07/10 11:29
新薬であれば14日以内の処方制限あるから、患者は血内で必ず2週間ごとの診察を受けている。
そして新薬に限らず、薬を受けとるときには薬剤師から薬の説明書(効果と副作用が必ず書かれている)をもらっている。
上記がきちんとされていたのなら、発熱時に血内の医師に相談せず、出産に関係してるんだろうと判断して、電話での助産師相談ですませたことが間違い。
きちんと薬の説明書を読んで理解し、高熱が出た時点で受診するべきだった。
電話で症状についての相談だけなら、看護師や助産師が対応しますよ。
それはどこの病院だって同じだと思いますけど。
副作用で若くして亡くなられたことは不憫だとは思うけど、若いからこそ自分の病気や薬を理解して判断できたんじゃないかと思うんだよね。
名無しさん
2017/07/10 11:30
>何故助産師は自分で判断した?
それが助産師の仕事だからです。
>看護師だろうが助産師だろうが、症状を聞いて思い浮かべられる疾患なんてわずかしかないのだから、
助産師や看護師というのは、診断まではしません。緊急性の判断まで行います。
基本、合併症があったり投薬中の患者が大きな体調の変化を訴えた場合は、すぐに受診してもらいます。なので普通はこういった事故は起こりません。
今回、何故合併症があり通院中の患者を、高熱という全身症状が出ているのにすぐに受診させなかったのか、何故乳腺炎だと思ったのか、そこが疑問です。
また、乳腺炎だったとしても、大きい病院だと高熱が出たら夜間でもすぐに診察する場合が多いので、よけにい何故自宅待機になったのか疑問です。
名無しさん
2017/07/10 11:34
助産師がどのような対応をしたかわからないですが
受診するかどうかは患者の決定することです。
病院はいそがしいので電話対応は来ない方向に働くのは事実。
電話対応だけでうのみにしたの問題ありです。
医療は万能ではない。不幸な結果になることもあります。
名無しさん
2017/07/10 11:35
この記事を見ると、何かあったから受診した時にはすでに手遅れだったような気がしますが…。そんなに時間経たずに受診しているようです。
今すぐ受診しなさい、が、結果論から見れば正解だったと思いますよ。
名無しさん
2017/07/10 11:42
yel*****
名無しさん
2017/07/10 12:05
ソリリスっておっそろしく高い薬で、これを投与しなければならないような患者はひと握りなので、血液内科に連絡さえいってれば救急車よんですぐに来てください!レベルなはずですよね
というか、助産師さんはこの患者さんが難病ってこと知らなかったんですかね?
名無しさん
2017/07/10 12:06
ソリリス患者カードより
>ほかの病気の治療にかかわるすべての医師にこのカードを提示してください。このカードに記載する下の症状のいずれかを認めた場合、ソリリスの主治医にすぐに連絡してください。「患者安全性カード」には、ソリリスの治療患者さんおよびその医療従事者に対する安全性ガイダンスが記載されています。
・頭痛(吐き気または嘔吐を伴う場合)・頭痛と発熱(両方とも発現する場合)・38.0°C以上の発熱
・頭痛と項部のこわばり
・発熱と発疹(両方とも発現する場合)
・出血性皮疹(皮膚の下に内出血を伴う発疹、皮疹)
・錯乱(頭が混乱して考えがまとまらない、ものごとを正確に理解できない状態)
・重度の筋肉痛(インフルエンザ様症状を伴う場合)
・光に対する過剰な感覚(光が異様にギラギラ輝いている、異常にまぶしい等)
名無しさん
2017/07/10 12:08
つまり、助産師じゃなく血液内科の医師に連絡しろ、と書いてある。
名無しさん
2017/07/10 12:12
まず前提として、細菌性髄膜炎に対して、内服の抗生剤は無効です。
内服抗生剤の髄腔内移行率は極端に低いためです。
むしろ、起因菌の検出を遅らせてしまうため、内服抗生剤の投与は治療にとって有害とさえ言えます。
抗生剤は点滴(髄腔内移行率の高いもの)でなければ効きません。
そして、最も大切なことは、細菌性髄膜炎の早期診断はとてもとても難しいということです。
この簡単な事実を抜きにして、診断・治療が遅れただとか、抗生剤を予防的に出すべきだったという議論は、建設的ではないと思われます。
本文には、発熱翌日には敗血症に移行して急変したとあるため、不幸な事例であったとは思いますが、医薬品副作用被害救済制度で対応すべき案件でしょう。
名無しさん
2017/07/10 12:20
電話相談時に患者に何かあれば
意思でない者が勝手に自己判断せず
上に(医師)指示を仰ぎ
今から臨時で診察しますので
今から来て下さい
無理なら救急車呼んで下さい
等と
病院側から指示があるのが普通ですが。
明らかに普通ではないです、
この事件の対応。
名無しさん
2017/07/10 12:20
ソリリス投与前髄膜炎ワクチンの投与必要だったと思います。
ワクチン投与してもなったのは?
もうしわけないですが不幸な1例であったと思いますが
助産師が乳腺炎を疑ったくらいで
訴えるのはどうかと
患者、家族のソリリスに対する認識あまかったのでは?
ソリリス投与時に説明書かならずよんでいるはず。
名無しさん
2017/07/10 12:43
>>何故助産師は自分で判断した?
>それが助産師の仕事だからです。
本事例は助産師の仕事の範疇を超えてます。詳細は以下。
>>看護師だろうが助産師だろうが、症状を聞いて思い浮かべられる疾患なんてわずかしかないのだから、
>助産師や看護師というのは、診断まではしません。緊急性の判断まで行います。
いや、記事を読むと乳腺炎と診断してますが…。それはあなたも書いておられる通りです。
本事例は緊急性の判断を間違えた事が問題なのはその通りですが、結局助産師はその程度の知識や判断力しかないのだから(周産期の知識などは素晴らしいですが、周産期に限らない全身の病態把握能力の事)、それを助産師は自覚すべきです。本事例は奢りが招いた事故とも言えます。
緊急性を多角的に判断して、時には他の看護師や医師などの意見も聞いて来院の必要性を判断する事が仕事なのであって、自己判断する事が仕事なのではありません。
名無しさん
2017/07/10 12:50
助産師は臨床推論を学んでいないので、よくある疾患と重篤な疾患との鑑別がつかない。
最初から医師が相談にのるべきだった。
名無しさん
2017/07/10 12:56
つまりは、ソリリスを使用している患者という時点で、助産師の範疇ではありませんね。
ふと思ったんだけど、患者が産科に電話したのではなく、病院代表に電話をかけたら産後ということで産科に勝手に電話をまわされたという事はないだろうか?もしこの仮説が正しければ、「産科に電話する患者に非がある」とおっしゃる方もご意見が変わるのでは無いのでしょうか。
そのあたりどうなんでしょう。
名無しさん
2017/07/10 13:12
「ソリリス患者安全性カード。」
っていう患者が携帯しなければならないカードをみると。
副作用を羅列したこのカードを
治療にあたる医師全員に見せろ
担当医と連絡が取れない場合はすぐに救急車を呼び
救命救急室のスタッフにカードを提示しろ
と書いてある。
産科や助産師の範囲外でしょ。
患者側に、これだけ大変危険な治療を受けている最中だ
っていう自覚が足りなかった
それが全てだと思う。
名無しさん
2017/07/10 13:15
toorisugariさん
「京大病院の産科に連絡したが、」
って記事にきちんと書いてありますよ
名無しさん
2017/07/10 13:24
>助産師は臨床推論を学んでいないので、よくある疾患と重篤な疾患との鑑別がつかない
重篤な疾患の可能性から考えていかないというのはどういうことなんだろうな。まさか「忙しいから」とか「面倒だから」とか「滅多にないから」を理由にするスタッフが京大病院にいるのかな?
名無しさん
2017/07/10 13:26
>yel*****さん
>>***さん
>>私は旧帝大の出身ですが、助産師は看護科の中でも上位の成績者しか選ばれません
>>助産師はエリートであり
>他の業界から見れば、それを毛の生えた程度というのですよ。
辞書によると、「毛の生えた」にはほんの少し勝るという意味があります。
少なくとも学力面では、短大卒の看護師と助産師の差はほんの少しとは言い難いかと。
もちろん、そんなことは一般人からすればどうでもいいでしょう。
医療者と一般人の知識には、超えられない壁があるからこそのインフォームドコンセントですし。
貴方が言いたいのは患者さんにとって何が重要か、ということですね。
名無しさん
44分前
>記事を読むと乳腺炎と診断してますが…。
うん、ですから、健常な人で、症状から乳腺炎の可能性が高く、痛みも軽度で乳房に穴が空いただとか膿が出ているとか緊急性が無さそうなら、自宅待機で翌日診療時間に受診と指示を出しても良いのですよ。それは助産師の仕事の範疇なのです。
しかし、今回は健常な人ではなく、合併症があり特殊な薬も投薬中のハイリスク患者です。
通常、合併症があり高熱といった全身症状が出ていれば、一応すぐに受診させるものです。
その定石を踏まなかったのが問題だと言っているのです。
>結局助産師はその程度の知識や判断力しかない
だからその前提で、合併症や通院中であり、高熱など重い全身症状があればすぐに受診させる事になっているのです。
医師であっても、全ての知識があるわけではありませんから、このような事例であれば専門医に回します。
名無しさん
28分前
sat*****さん
いやだから、あなたもおっしゃるように本事例はソリリス投与後の患者です。普通の健康な人ではないのです。なのに、周産期関連発熱以外を思い浮かべられない助産師が自己判断することは、仕事の範疇を超えていると申し上げているのです。つまりはあなたと同じ事を申し上げているのです。
一般論は述べていませんし、述べるつもりもありません。あくまで本事例に関して、何故自己判断したのか?何故勝手に診断をつけたのか?と疑問を呈しているわけです。
名無しさん
21分前
キリンさん
そうですね、書いてあります。これは能動的に産科に連絡したという事で良いのでしょうか?代表に電話してまわされた先が産科だとしても、「産科に連絡した」という表現になるかもしれないなぁ?と思ったのですが、考えすぎでしょうか?
名無しさん
5時間前
急変時に助産師が指示するなんてあり得ないな。
医師が対応させたのか、不在だったか、
いずれにしてもかなり問題あると思う。
名無しさん
2017/07/10 09:30
医師側が投げたのならアウトですが、
助産師が勝手に指示出したのなら
訴えられた主治医は可哀想ですね。
名無しさん
2017/07/10 10:05
なぜ産科に電話したのか、持病があってかかりつけの血液内科にしなかったのか、悔やまれますが、一方で産科と血液内科で患者の持病についての情報が共有されていなかったのか、なぜ稀少疾患を有する患者の対応を、助産師に任せたのかも気になります。
名無しさん
2017/07/10 10:12
タイトルの副作用で妻死亡て違うね
名無しさん
2017/07/10 10:26
抗菌薬使っていれば済んだ事を
使わなかった事で死亡
投与した難病の薬の方がはるかに
重大な副作用があるのに
副作用が大した事ない
重大な副作用を予防する為の抗菌薬
を処方しない時点で万全策を取っていない
有り得る重大な医療事故を予測できていた
にも関わらず、予防しなかった。
未必の故意による殺人事件。
助産師(や看護師)が勝手に判断して
医師に患者さんの状態を伝えないのは
ルール違反だよ
今回は助産師が直接殺したようなもんで、
予防として抗菌薬を使わなかった医師側
も助産師と共に、未必の故意はあった。
故に医師側も助産師も
責任がある。
名無しさん
2017/07/10 10:31
肝心な時には
看護師や助産師など医師以外の人に
任せず
医師が診察する法律にすればいい。
投与後は肝心な時なのだから
予めそれは医師もわかっているので
それを医師以外の人に
任せてる時点で医師による
未必の故意があった。
名無しさん
2017/07/10 10:45
xtzさん
髄膜炎菌敗血症は、あくまで副作用で起きる「かもしれない」ものだから、
起きるかどうかも分からないものに予防的に抗生剤を何年も常時投与し続けるなんてあり得ないですよ。
そんな事したら、体の免疫機能を果たす常在菌も腸内細菌も減って免疫機構が崩れ、さらに抗生剤耐性菌が沢山出来て、敗血症になる前に沢山の弊害が出てしまいます。
そもそも抗生剤はそんなに長期間常用的に投与する事は許されていません。
名無しさん
2017/07/10 10:46
どこでも電話相談には、
まずナースなり産科なら助産師が出るようになってる。
いちいちドクター呼べるほど、
大学病院にも医者はいない
それくらい自分で判断しろ!って怒られる。
ここには書いてないけど、
乳腺炎を疑う所見もあったのでは?
発熱だけなら、助産師でも産じょく熱も頭によぎったはずだから
乳腺炎も急に熱があがるし、分泌増えて産後3週間なんて一番なりやすい時期だし。
急な発熱と乳房の張りなんて電話口で言ったら、
十中八九乳腺炎だねって言われる。
本人も家族もこの副作用知ってたのかな?
こんな新薬使ってます!って電話口でアピールした方がいい。
自分のことは自分で守らないと。
珍しい疾患で新薬投与中なのなら、
産科血内と薬剤師コメディカルと、この人にはこの症状注意!ってカンファで周知させていたら、
こうはならなかったかも
まぁ京大病院は昔から、コミュニケーション不足による事故は多い
名無しさん
2017/07/10 10:50
また医者が人殺したのか
本当、こいつら強姦と殺人ばっかやってるよな
名無しさん
2017/07/10 10:58
>なぜ産科に電話したのか、持病があってかかりつけの血液内科にしなかったのか、悔やまれますが、一方で産科と血液内科で患者の持病についての情報が共有されていなかったのか、なぜ稀少疾患を有する患者の対応を、助産師に任せたのかも気になります。
まったくですね。何故血液内科ではなく産科に電話をしたのか気になります。
産科では、最初の電話対応は助産師がすることになっています。このケースが助産師に任されたというより、第1対応が助産師なので、そこで助産師は症状を聞き、カルテの既往歴や合併症から判断して、いつ病院に来るべきかを患者に伝える役割をしています。
しかし、基本的に薬を投薬中であったり、合併症を有する患者が大きな体調の変化を訴えた場合は、一応すぐに病院に来てもらい、医師の診察を受けてもらうのが基本です。
名無しさん
2017/07/10 10:59
医療利権と年金保険料詐欺の厚生労働省が病院を操っている
から医療事故が起きる。
厚生労働省に国民総出で大規模な暴動が起きてもいいくらい
体制が腐ってるよ、
名無しさん
2017/07/10 11:00
カルテは電子カルテのはずですから、既往歴の欄の記入を怠っていなければ、カルテを開けば既往の情報は一目で閲覧できます。
情報が未記入だったのか、助産師が合併症の既往を見落としたか、あるいは軽視して判断を誤ったか、そこの詳細は記事からは分かりかねます。
また、H16年に出産したなら、授乳も10年前には終わっているはず。何故乳腺炎だと考えたのかも疑問です。
名無しさん
2017/07/10 11:01
こういうきつい薬を投与している
患者には抗菌薬を投与か処方する
病院もあれば
様子見て投与か処方しない病院がある。
その違いは
1)国公立大の病院

2)私立の優良病院
かの違い。(私立でも優良でない病院もあるのかもしれない)
前者1)では、対応が万全でない
後者2)は備える。
患者によって重大な副作用が出るか出ないか
が変わってくるので
1)重大な副作用が出なかった
患者さんはラッキー、
出た患者さんは不運だった
というのが前者
2)重大な副作用が出た場合の事を
対策して、副作用が出るか出ないかは
患者によって違うが
全員に予防策をとっておく

難病とか重大な病気の患者さんは
後者が安心。

名無しさん
2017/07/10 11:07
はい、また恒例の「病院に行かなければ助かった命」ですね
で、この前の強姦犯人が不起訴になった件はどうなん?
お医者様になれば一般人を強姦し放題ですか?
名無しさん
2017/07/10 11:12
コメ主さんへ
急変に限らず、産科にかかってくる最初の電話は助産師が対応ことになっています。
なので助産師が対応する事はあり得ないことでは無く、ごく当然の事です。
また、助産師は電話を受け、症状やカルテの既往歴から、緊急で受診すべきか、明日日中に受診すべきか、予約のとれる後日に受診すべきか、あるいは軽快するようなら受診は不要かを判断します。それは助産師の仕事です。
基本、合併症があったり、投薬中の場合は、大きな体調の変化があった時には、判断に迷うなら医師に相談したり、すぐに受診してもらう事になっています。なので助産師が電話対応をしているからと言って、事故が起きる事は普通ありません。
今回、助産師が、合併症があり投薬中の患者を何故緊急受診させなかったのか、また何故乳腺炎だと思ったのか、色々疑問が残ります。
名無しさん
2017/07/10 11:33
aki****さん
全く同じこと考えていました。
コミュニケーションて本当に大事ですね。
電話に出た助産師も、そんな妊産婦がいると情報があれば医師への報告も頭をかすめたかもしれないし。
名無しさん
2017/07/10 11:34
失礼、妊娠したのはh16年ではなく、2016年ですね。間違えました。
名無しさん
2017/07/10 12:36
>妊娠に伴い血栓症予防のため新薬「ソリリス」の投与を開始
新薬か
新薬なら副作用にはもっと気を使うべきじゃないの?
よく知らんけど
医師も患者も難病ならなお
名無しさん
2017/07/10 13:03
>wakさん
残ってカンファは大変だけれども、
添付文書流し読みするよりは、
この患者さんにはこの症状注意!って頭の片隅には残りますね。
ただこの意識を外来担当者隅々まで共有する…
しかも、たくさんの希少疾患を抱えた大学病院で。
電カル普及で口頭申し送りは減ってるけど、
ゼロにするとこういうリスクが増えると思うんですよね…
名無しさん
1時間前
>新薬なら副作用にはもっと気を使うべきじゃないの?
そう、しかも稀少疾患の新薬なんですよ。
稀少疾患は患者数が少ないから、承認前の臨床試験数も少ないので、承認後も他の薬より、より繊細な対応が必要なはずなんですけどね。
助産師の対応に問題があったのか、カルテの記載に問題があったのか、悔やまれる対応です。
名無しさん
1時間前
時間外に病院に連絡しても、なかなか医師が対応しないことはよくあるよ。HPに夜間診療してると載ってたり、#7119で聞いた病院に連絡しても、医師が不在なので診療出来ませんと言われたことあるよ。
最後の文章、「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、」は意味がわからない。
患者からすれば病院に連絡したら、医師に確認とるものだと思うだろ。電話に出た人にいちいち、「あなたは医師ですか?違うならあなたが勝手に判断しないで医師に確認してください」って患者が言わないといけないの?
今回の件は医師が不在だったのか、医師が助産師に対応させたのかわからないけど、医療ミスだと思う。
名無しさん
29分前
時間外なら担当医がいなくても当たり前じゃん
名無しさん
5時間前
薬剤投与後に急激な発熱に見舞われたのなら、処方されていた血液内科に連絡した方が。
産科に連絡したとしても、持病のことや服用している薬について何も言わなかったのでしょうか。
名無しさん
2017/07/10 09:34
京都大学の血管外科を受診しながら、8/1に京都大学で出産して、その3週間後の話だから、産科に連絡するのも、著しい違和感は無い。
名無しさん
2017/07/10 09:35
たぶん、薬のせいだとは思わなかったんじゃないかな?。。。
でも同じ京大病院で血管内科と産婦人科でカルテ共有してると患者の方は思っているけれど、そうではないって事?
名無しさん
2017/07/10 09:48
ソリリスの投与開始は4月、出産が8月
出産の3週間後に発熱
薬は3ヶ月以上大丈夫だったから、選択肢から外れてしまったんだろう。
名無しさん
2017/07/10 09:58
自分もそれは思いました。元々かかってた血液内科に連絡すれば最悪の事態は避けられたかもって思います。
名無しさん
2017/07/10 10:16
出産後であれば本人も乳腺炎の可能性を考えて産科に連絡すると思いますし授乳中などであればなおさらだと思います。亡くなった女性に非はないと思います。
名無しさん
2017/07/10 10:28
どこに連絡しようが、助産師だけで判断したとするならば、それが一番の問題。
名無しさん
2017/07/10 10:32
あーだこーだ言ってるけど
医師側も助産師や看護師も
未必の故意であるのは明らか。
名無しさん
2017/07/10 10:44
本当にそうですよね。
まぁ気が利く産科なら主科に話を回すでしょうが、助産師一人が対応してるあたりからしても
夜間だったか、産科が激混みの時間だったか。
産科は労働環境が激務ですからね。
名無しさん
2017/07/10 10:46
薬の情報を共有し服薬要観察患者として扱っていれば早く処置できて助かったかもしれない、これは訴えられても仕方ないな
名無しさん
2017/07/10 11:38
一般的にはこういう注意事項のある薬については本人に説明し、本人から医療者に説明させるのが多い。他の病院を受診する可能性もあるしね。ただ、その場合は注意事項を書いた紙や専用のカードを患者に持たせることが多いけど。で、そのことをカルテに記載。(カルテに書くのはそこまでしてますよという自己防衛のためと他の医療者への注意喚起を兼ねる。)そこまでできていたかどうかがミソかな。
名無しさん
2017/07/10 12:30
どこの科や部署に連絡しても
患者のカルテNo.や氏名を聞き出しますので
カルテを確認してから
対応しますので
該当する科に回すのが当たり前です。
私も患者ですがどこの科や受付などの
部署に電話しても
必ず該当する科や部署に
転送してくれます。
医師以外の対応した者が
勝手に判断する事自体が
未必の故意によるミスであるのは明らかです。
過失でもありません(過失は故意がいっさいありません。)
判断がつかない患者側にいっさい否はありません。
受診している病院とはちがう
他の病院に電話していたなら
患者側の勘違い。
名無しさん
2017/07/10 12:35
あと
私立病院では万が一に備えて
抗菌薬を予防薬として処方や点滴投与している
ところが多いが
国公立病院では
予防薬として処方しないで
様子見て何か副作用が出てから
抗菌薬を処方か点滴投与する
ところもあるようで、
入院中ならまだしも
退院後に予防薬を処方しないのは
危険。
今回は医療提供側の未必の故意による
ミス。
名無しさん
1時間前
大きな病院はそれぞれの科に直通で電話するのじゃなく、まずは代表番号にかけて受付の人が判断して科に回すんじゃない?今回の場合は「8/1に出産したんですけど」と言う話になるだろうし、受付の人が産科に回したのじゃないかな。だから産科の方で念のため血液内科に情報提供すべきだったよね。そこで「副作用かも?」となれば病院から連絡することもできたし。
初めての子なら乳腺炎だと言われたら「そうなんだ」って思っちゃうよね。簡単な処置で助かる命だったなら遺族はやり切れないよ。赤ちゃん産んだばっかりだったのに…
名無しさん
55分前
総合受付に連絡はまずない。かかってる科にそれぞれ受付ありますよ。
名無しさん
51分前
>京大病院の産科に連絡したが、対応した助産師は
と書いてあるのに?
名無しさん
5時間前
ソリリスの添付文書の警告に髄膜炎について書いてある。血液内科の医師は、発熱などがあれば、すぐに連絡するように言っていなかったのだろうか。薬剤師からも同様の危険性の説明をしなければならない。
患者が、産科に連絡してしまったのが不運だった。血液内科に連絡してれば助かったかも。
助産師が発熱で、髄膜炎の副作用との判断は無理があるが、持病のある妊婦は注意するべきだった。
名無しさん
2017/07/10 10:12
ソリリスって点滴だから薬剤師が説明したとは全く思えない。
名無しさん
2017/07/10 10:47
今は各病棟に担当薬剤師がいて、巡回してますよ。
新薬使うなら当然、患者さんのところに薬剤師さん訪室して説明してるはず。
名無しさん
2017/07/10 10:51
入院患者ならまだしも外来で来るとは思えない
名無しさん
2017/07/10 11:12
私も難病の重度で
その難病では超有名私立病院で受診。
重大な副作用が出る可能性のある
きつい薬を投与や処方されていて
ウチでは抗菌薬も併用してます
と説明され入院中も抗菌薬を投与されていた
退院後も、医師が、『私は抗菌薬も出して(処方して)おく。これは安全なお薬だからね。予防薬だからちゃんと飲んでね。これを処方せずに何かあったら
通院しても間に合わない事もあるから。』
等といろいろ説明してくれて
難病のお薬と抗菌薬を併用で
飲んでました。
なので無事、重大な副作用出ませんでした。
(処方されなくても重大な副作用出ない人もいる
そうです。○○さんもそうかもしれないけど、
万が一に備えて、とのこと)
名無しさん
3時間前
承諾書に「髄膜炎の可能性につき理解し、発熱時には主治医に連絡します」とあるからね。
ただ、サインした本人は意識朦朧で、夫が連絡した可能性はあるけど。
名無しさん
2時間前
すぐ病院に連絡してるし、それ以上何が出来るの
名無しさん
2時間前
病院に連絡しても主治医に繋がらなかったから問題だとは思う
けど、最近医療の現場にしてもどこでも、的確に物事を伝えるコミュニケーションのダメな人が増えてるから難しいんだよな、お互いに
名無しさん
4時間前
お気の毒ではあるけれど、発熱して婦人科に連絡するとこうなると思う。
やはりうるさがられても、血液内科にいくべきだし、電話で済ませてはいけないと思う。
名無しさん
2017/07/10 10:16
妊婦ならどんな病気でもお任せ!ってわけじゃないからね、産科って。妊婦が骨折したら、産婦人科か?って話で。
頭痛かったら相応の科を受診しないと。
しかも訴えるなら助産師を訴えるべきだと思うわ。主治医の立場でも、「相談の電話がかかってきたら必ず連絡しろよ?絶対だぞ?絶対だぞ?」 とか助産師に言えんよ。
診断は医師の仕事だから、それは乳腺炎ですとか暴走しちゃった助産師がアウトだと思う。
名無しさん
2017/07/10 10:42
産後だからの助産師に連絡したのかな?
電話で相談はやはり良くない。
電話で対応できる医師がいるかまず確認して、救急外来を受診するなりしないとこの様な最悪の結果になる。
名無しさん
2017/07/10 10:56
私の妻も難病だが、数年前に、急に足のしびれを訴えた。
病院は午後休診だったが、嫌な予感がしたので、会社を早退して救急に連れて行った。 その後、緊急入院して一命を取り留めた。
冷たい言い方だが、病気を把握していながらTELで済ませた、夫の責任。 悔やんでも悔やみきれないだろうが、病院を訴えるのは筋違い。
名無しさん
2017/07/10 11:22
医療をよくわからない患者さんの
せいにするのは筋違い。
全く受診したことのない
関係のない科に電話したわけではない。
仮に全く関係ない科であっても
関係ある科に回すのが当たり前。
関係ある科であっても
医師以外の人が勝手に診断判断
下してはいけない。
完全に助産師の対応が間違い
しかも未必の故意です。
医師も予防(抗菌薬の処方)をしていなかった
ので未必の故意。
私は退院後も
きつい薬と併用でキツめの抗菌薬を
3ヶ月間処方されました
手術まではずっと飲まないといけないと
言われましたが
それも万が一の死亡を予防する目的です。
重大な副作用とはそう言う事です。
それを医師も予めわかってたのだから
予防しなかったのは未必の故意
名無しさん
3時間前
予防すればできたものを
しなかったわけだから
未必の故意があったから
訴えてるので
そこを避けるような
誤魔化して患者側に不注意があった
とか、助産師だけがミスとか
の正当化するコメントは
ここを閲覧してる人達に
重大な間違いを教えることに
なります。
それも罪悪です。
名無しさん
3時間前
電話対応は電話対応です。かわいそうですが受診されるかどうかは本人の判断。
電話で助産師対応だと料金も発生していないわけで、訴えても、金銭が発生していないのに、責任問題にはならない。助産師も異常があったら受診するようにと言っているはず。いったいわないで裁判はできない。
名無しさん
26分前
助産師は産後も継続して乳腺のケアをしてくれるし、産後は乳腺炎の症状を耳にする機会も多いでしょうから、患者が発熱の原因を乳腺炎と思い込んで、助産師に連絡をしてしまったのではないかな。
4月の新薬投与後、心配されていた副作用が表れなかった事と、無事出産が終わった事で、新薬の副作用の事なんか記憶からとんじゃうよな。産科に連絡したのが人生の岐路となってしまった。お金では解決できない。自分や家族の病気については、病院に任せきりにならず、勉強するのも大切だなと思った。
名無しさん
5時間前
産科より何で血液内科に連絡しないのかがちょっとわかんないな。
名無しさん
2017/07/10 10:27
診療科を、またぐとややこしいですよ。
連携なんか全然できていないところもあります。
もちろん、しっかりとされているところもありますが。。
名無しさん
2017/07/10 10:32
それもそうだけど、助産師がそこで自分で判断したことが一番の問題。助産師が病名当てクイズに正解する確率は低い。
名無しさん
2017/07/10 10:33
ですね、助産師さんが判断したのがまずかったと思いますが。
名無しさん
2017/07/10 10:40
乳腺炎の症状に似ていたから連絡したんだろ。
それで助産師は適当に流した。だから問題なんだよ。
記事も読めないのかよ。馬鹿すぎ。
名無しさん
2017/07/10 10:47
産科って忙しいから普段から助産師が看護師と医師兼務みたいな感じでやってたとか?
名無しさん
2017/07/10 10:53
助産師が産科以外の病気で的確な答えだせるか?
名無しさん
2017/07/10 10:54
馬鹿すぎねぇ。全部読んでるし、自分も同じ様な経験あるから、血液内科に何で連絡したんだと疑問に思ったんですよ。そもそも自分で症状が似てるからこれだって判断しないよ。助産師が判断したのは間違いだと思いますよ。
名無しさん
2017/07/10 10:59
↑言い訳になってないww
名無しさん
2017/07/10 11:03
助産師にどんな薬を飲んでいるか伝えても、助産師じゃどんな副作用があるかまでは知らんよな
名無しさん
2017/07/10 11:09
電子カルテだからと言って他科の病歴薬歴まで調べてあらゆる危険性を考えろと言うのも難しいだろう。他科の受診歴が分かれば医師に回すとかのプロセスの改善が必要でしょう。
電子カルテであらゆる個人情報が病院関係者ならどこでも見られるというのも漏洩面で心配ですが。
名無しさん
2017/07/10 11:27
他科や他院での治療歴や投薬歴を聞き出し、あらゆる危険性を考えて診断を下すのは医師の基本中の基本の仕事。
なので、医師に回すプロセスが整備されていないのだとするならば、問題。普通は助産師が自己判断しない。助産師は周産期以外の事は分からないのではないかな。
名無しさん
2017/07/10 11:30
電話ですましたのは本人、家族の判断があまかったのでは?かわいそうですがなんでも責任転嫁する風潮よくない。
医療に絶対はない。
名無しさん
2017/07/10 11:37
どこの病院でも、患者からの電話での相談に対応するのは看護師(産科なら助産師)ですよ。
電話で話きくほど医者は暇じゃないよ。
自分が難病だとわかってるなら、新薬飲んでてこういう症状があるから医師に確認したい、ときちんと伝えないと医師には繋がらない。
名無しさん
2017/07/10 11:48
いやだから、忙しい医師に電話を繋げるべきとは思わない。電話対応としては「今すぐ受診して下さい」と言うべきだった、と思います。ここが過失です。結果論ですが。
まあ、患者としてはしのごの言わんと「いまから受診します」と言えばよかったのだけど、「様子みて下さい」と言われたら様子みますわな。いわれたとおり様子見たら、患者の非になるのでしょうか?
名無しさん
2017/07/10 11:48
大学病院だと医師に電話繋がる事はそうそうありませんもんね。おっしゃるように大体看護師さんですね。
名無しさん
2017/07/10 11:55
すぐに来てくださいと言わなかったら訴えるのか?
受診するかどうかは患者さんの判断。
おかしければ受診するように言ったはずです。
発熱の患者さん必ず受診するようになると、医療は崩壊します。発熱のほとんどが風邪。不幸な結果ももちろんあります。
名無しさん
2017/07/10 13:04
同じ発熱でも、緊急性の有無を見分けるのが仕事ではないのでしょうか?特に本事例はソリリス投与後です。病歴的に突然のよくある発熱とは違います。既往やベースの疾患がない人が突然の髄膜炎になり同様な経過となったのであれば医療機関を責められない部分もありますが、本事例は言い逃れはできないと思います。
名無しさん
2017/07/10 13:10
受診するかは患者さんの判断である事は間違いないが、専門家(患者としては相手が誰であれ、電話の相手は専門家と思っている)が素人に様子を見て良いと言ったら、普通は信じます。そこからすぐの急変。おかしかったら来てと言われたとしても、その猶予もないくらいの急変だとお見受けします。もしすぐに病院に来ても結果は同じだったかもしれないが、印象や気持ちは全然違う。
それくらいの責任を持って患者と電話して下さい。専門家なのですから。
名無しさん
2017/07/10 13:19
>助産師がそこで自分で判断したことが一番の問題。助産師が病名当てクイズに正解する確率は低い。
どこの病院でも、助産師がそこで自分で判断するのが仕事なので、それ自体は問題ではありません。
また、助産師の仕事は病名当てクイズではなく、症状や合併症からの緊急性の判断です。
普通、合併症があり他科に通院中で投薬もあれば、高熱という全身症状があれば一応すぐに受診させるものです。
それなのに何故乳腺炎と判断してしまい、自宅待機にしたのか疑問です。
名無しさん
2017/07/10 13:20
何回か入院してるからわかりますが、看護師さんは患者の病状聞いても今回のケースみたいにまず断定はしない。あと、専門家とは思ってないですね。医療従事者だけども専門家はあくまで医師だと思う。全部結果論になっちゃいますけど。
名無しさん
1時間前
>電子カルテだからと言って他科の病歴薬歴まで調べてあらゆる危険性を考えろと言うのも難しいだろう。
薬歴、病歴は、それぞれ一目できるシステムになっています。
>他科の受診歴が分かれば医師に回すとかのプロセスの改善が必要でしょう。
合併症があり通院中であれば、今回のように高熱という全身症状が出ていたらすぐに受診してもらうのが普通です。
助産師の判断ミスか、既往歴の見落としがあったかもしれません。
>電子カルテであらゆる個人情報が病院関係者ならどこでも見られるというのも漏洩面で心配ですが。
院内の医師、コメディカルであれば、全員誰もが閲覧可能です。
名無しさん
1時間前
院内システムはよく存じておりますが、見れることと理解できることは違いますからね。貴方の言うように見落としや、勘違い、操作不慣れもあります。情報についても興味で見ることもありますし実際はいい加減な人もいますからね。一般患者の目線で疑問になるようなことを言ってみただけですよ。
名無しさん
38分前
>>助産師がそこで自分で判断したことが一番の問題。助産師が病名当てクイズに正解する確率は低い。
>どこの病院でも、助産師がそこで自分で判断するのが仕事なので、それ自体は問題ではありません。
また、助産師の仕事は病名当てクイズではなく、症状や合併症からの緊急性の判断です。
私は一般論を述べているのではありません。本事例につき、皮肉を込めて表現しているのです。
周産期関連であれば助産師が自分で判断するのは仕事でしょうよ。でも、周産期とは関係ない疾患を判断するのは仕事ではないです。
本事例はソリリス投与後の発熱であり、周産期関連発熱でない可能性は十分に考えられる。なのに他の疾患について造詣が深くない助産師が、緊急性がないと自己判断した。勝手に乳腺炎との病名をつけた。ここが問題と申し上げているのです。誰も一般論を語っていません。
名無しさん
5時間前
患者や親族に対して重大な副作用は伝えられていたのだろうか?
もし伝えられていたら、例え助産師が様子を見るようにと言っても食い下がって病院に行ったかもしれない。
医療従事者だけでなく、患者に対しても周知が必要なのでは?
名無しさん
2017/07/10 10:19
医師もしくは薬剤師が説明しておく必要があるよね
名無しさん
2017/07/10 10:53
それも、伝えると言っても、「髄膜炎菌感染症を誘発する」「重大な副作用です」ってただ一言いうだけじゃなくて、
どんな状態であったら「髄膜炎菌感染症」を疑うべきなのか、
「髄膜炎菌感染症」はどれほど危険であるのか、
詳しく説明しなければいけないと思う。
そこまでの説明をやっていたら、こういう事態にはならなかったのでは?
名無しさん
2017/07/10 10:54
ロキソニンレベルでも重大な副作用ありますが、どれくらいの医療関係者が説明して、また患者さん自身もどれくらいそのこと知ってるんだろう10%もいないと思う
名無しさん
2017/07/10 11:31
医師、薬剤師は十分説明しているはず、説明していても理解できているかどうかは不明。
名無しさん
2017/07/10 11:33
製薬会社が作った使用前の承諾書に「髄膜炎の可能性について理解し、発熱時には主治医に連絡します」というのがあるから、サインしているんじゃないの?
名無しさん
2時間前
仮に重大な副作用の説明をしていても
それに対する対処を
病院側がしていなければ
病院側の未必の故意によるミス。
副作用の説明だけではダメ。
じゃあその副作用が出た場合
どうするの?
そこを説明しないといけません。
その副作用は抗菌薬で予防できる
とか
副作用が出てからでも
早急に抗菌薬を投与又は
飲めば治る
等と説明が必要です。
その説明も無く
予防策をとっていない
つまり
抗菌薬を処方していない
ということ。
もしも抗菌薬を処方していても
この抗菌薬は必ず飲むように
医師から言わないといけません。
私は抗菌薬も必ず飲むように
医師から強く念押しされました。
良い医師です。
お金の為だけに仕事をしている医師では
なく患者の治療の為、という目的が
しっかり定まっている医師、病院です。
それを医師からしないと
飲まなくても
飲み忘れても
大丈夫と思う患者も多いです。
名無しさん
2時間前
ましてや抗菌薬の処方すらしていないんですから
最悪です。
名無しさん
11分前
髄膜炎が飲み薬で治ると思っていちゃダメですよ。
ましてや前もって処方しておくなんて、保険診療で認められていないし。
名無しさん
4時間前
何か症状が出たら、血管内科に連絡するようにということは
投薬の最初から言われていたのではないでしょうか。
出産後といっても、連絡を血管内科にすべきなのであって
産科、それもカルテ閲覧が可能かどうかもわからない助産師に
相談してもなにもならない。
不幸な出来事ではあるが、患者ご夫妻の不手際もあると思う。
それに副作用の無い薬なんてこの世の中にはありません。
いずれも主作用と副作用のバランスの問題なのです。
この1件で、この薬が認証取り消しにならないことを願います。
多くの患者を救ってきているのは事実なのですから。
名無しさん
2017/07/10 10:16
他科カルテが閲覧できない病院なんて聞いたことありません。
名無しさん
2017/07/10 10:24
自分も経験あるのですが、退院後自宅で病状に変化があり連絡すると、まずは様子見でと言われますね。おかしいと思ったら自ら受診に行く方法もあったのに残念です。
名無しさん
2017/07/10 10:29
vegに 赤ポチ
名無しさん
2017/07/10 10:32
電子カルテ入ってるんでしょう?他科の診療情報は見られるはず。同じ病院だったら防げる事故では?
名無しさん
2017/07/10 10:37
副作用のない薬はないけど副作用が気づけない薬はないんだよ。
いかに副作用を迅速に気づき対応する。そしてそれを病院、大きな括りでは薬局病院間で共有するのが絶対使命であってそれができない時点で刑事的、民事的な責任の有無は関係なく医療者側の責任。てか副作用がないといっても過言ではない薬はたくさんあるけどね。
名無しさん
2017/07/10 10:41
うーん、これはこの助産師が越権行為をしたことが問題であり、病院の他科や他職種連携がうまくいって来ないことの結果です。確かに患者家族が連絡すべき相手は産科ではありませんでした。しかし個人医院でもないわけだし、医療素人である患者家族を責めるのは酷だと思う。病院側が連携すべき事案だと思いますよ。
あと、血管内科ではなく血液内科です。また、助産師だろうが看護師だろうがカルテは見られます。昔の紙カルテ時代であれば、他科のカルテはすぐには見られなかったかもだがな、電子カルテはいつでもどこでも見られます。それがメリットの1つです。
名無しさん
2017/07/10 10:56
女性が電話で、血液内科にかかっていて服用してる薬もあると説明すれば血液内科のカルテを見たかもしれないけど
産科的にはただ産後の人が発熱しましたーて情報だけで、よくある乳腺炎と思い込んだのでしょう。
やはり人間のやることに完璧はないし、忙しいとか真夜中で人がいないとか、気が利かない医療従事者もいるのは事実なので
患者の方もできるだけミスが起こりにくいよう協力したり、大事な情報を念押して伝える努力は必要と思います。
名無しさん
2017/07/10 12:16
血液内科な。
血管内科なんてないですから
名無しさん
2017/07/10 12:29
「科」を間違えてすみませんです。
素で間違えてた・・・お恥ずかしい限りです。
助産師が見れるかどうかというのは、
どの病院でも可なのかな? 印象として一段低く
見られがちな業務なので気になっていました。
出産にとってとても重要な職種なのに、
ちょっと理不尽な扱いを受けている印象でしたので。
名無しさん
1時間前
助産師は看護師より上の資格ですから、コメディカルが幅をきかせている大学病院ならではのことかもしれませんね。
名無しさん
46分前
助産師が産後3週間で発熱と聞くとまず疑うのは乳腺炎ですもんね。
いくら同じ院内と言えども助産師が血液内科の新薬の副作用を熟知しているとも思えませんし。
血液内科でどのように患者側に説明されていたか分かりませんが、この助産師さんや産科医の責任になるのはちょっと無理がある気がします。どちらかと言うと情報共有させれていなかった血液内科の方が責任大だと思います。

電子カルテであれば助産師が閲覧できないなんてことはないと思います。

名無しさん
18分前
>助産師が見れるかどうかというのは、
どの病院でも可なのかな? 印象として一段低く
見られがちな業務なので気になっていました。
出産にとってとても重要な職種なのに、
ちょっと理不尽な扱いを受けている印象でしたので。
随分間違った知識・印象をお持ちのようですね。
まず、その病院の医療従事者が職種によってカルテ閲覧範囲の制限を受けていることなんてありえません。
またcbkさんのおっしゃるように看護師の知識に加え、助産行為などの専門的な知識を学んだ方々です。
一段低いなんてとんでもない。スペシャリストですよ。
もちろん、病院によって扱いの違いはあるでしょうが。
もう少しちゃんとした知識をお持ちになられてコメントされたほうがいいと思います。
名無しさん
4時間前
産後1カ月ぐらいの女性の発熱だと乳腺炎か軽い風邪と初期の段階で考えるのが通常で、薬の副作用を最初から疑うのはなかなか難しいのではないでしょうか・・・。医療関係者の責任がどこまであるのか判断が気になります。
名無しさん
3時間前
患者から見ると、医療従事者なら全ての病気の症状や対策を熟知していて欲しいと思う。
しかし、実際にすべてを熟知は難しいでしょうね。
専門を外れたら尚更でしょう。
罪を問うのは難しいかもしれませんね。
名無しさん
2時間前
>f2g
まず第一に助産師に病気の診断は許されてないでしょ
どんな薬使ってるかなど患者に対する知識が無いのなら尚更
名無しさん
1時間前
コメディカルであれ医師であれ、全ての疾患と薬剤に熟知するというのは不可能です。
しかし、合併症があり投薬中である時点で、高熱という全身症状が出ている場合は念のため緊急に受診してもらうのが定石です。
それによりこういった事故は防がれています。
また、そのまま産科を受診したとしても、産科医がカルテの既往から血液内科受診中だと知り、所見から産科領域の疾患でなければ、すぐに専門家に回されます。
このように、コメディカルであれ医師であれ、緊急性の判断と、専門家に回すべき件を適切に判断する事で、常に事故は防がれています。
全ての疾患や薬剤に知識がない事が問題なのではなく、今回は、合併症と投薬があり、全身症状が出ているのにすぐに受診させなかった事に問題があります。
名無しさん
4時間前
患者からの電話は多くの場合、病院事務が振り分ける。患者が伝えるのは、恐らく「何日に出産した○○ですが発熱があります」といった程度であり、分娩後の時点で間違いなく助産師につながる。助産師はカルテは見るが、乳腺炎を疑って解熱剤で様子を見るというのは妥当な判断である。
だが、患者本人がソリリスという新薬に対しての副作用を十分に理解していて、産後だろうが何だろうが発熱は副作用の可能性があるとして血液内科への連絡をしてもらう要望をすれば話は違ってくる。今回の問題はそこではないだろうか。例え産科医が血液内科医から新薬の副作用について十分な情報提供が行われていたとしても、助産師でストップされてしまうと伝わらない。
血液内科医の説明不十分か患者の理解不足かはわからないが、責任の全てを助産師・産科医に負わせるのは酷である。ますます産科医療の担い手が少なくなる。
名無しさん
3時間前
本当にその通りだと思います。
電話で言っている情報のみで正確な指示を仰ごうなんて無理がある。
名無しさん
4時間前
大学病院で出産する人は持病や合併症がある人がほとんど。全く健康な人の出産は無かったな、私が関わっていた時は。
カルテを見たら持病はすぐ分かると思うんだけど・・。なんで安易に乳腺炎で片付けてしまったんだろう。
名無しさん
4時間前
そうです。大学病院の電子カルテだったら、難病もってる時点でどこかにはアラートが出るはず。
名無しさん
4時間前
カルテ見ないで、電話で聞いた症状だけで判断した可能性もあるのでは?
名無しさん
3時間前
その症状ならほとんどの場合は乳腺炎、だから助産師は安易にそう言ってしまったんでしょうかね。ただ高度医療機関としてはまずいでしょうね。
旦那さんも、妻はこういう病気を持っているんですがそれでも大丈夫ですか?って言えれば、また違った結果だったかもですが、なかなか病院に物申すのって難しい。悔悟の念に駆られていること創造に余りある。
患者情報(カルテ)に当たらずに回答した助産師、そういう体制を持っていた病院、責任は否定できんかなあ。
名無しさん
4時間前
副作用ばかり責めないで 運用の仕方や うまくいった事例もあげてください。
なんでもダメダメ副作用では 9999999人無事で 1がだめなら 駄目というような報道はやめて欲しい
もし 治らないと言われていたり一生苦労伴う病気だとして 可能性があるなら 新薬も使って欲しい と思う気持ちがありますが 副作用ばかり強調されると 怖くなる それもまた違うでしょ
なんでも副作用は 警戒するんだし
名無しさん
4時間前
リーガル・ハイみたいっすね
名無しさん
4時間前
ほんとにそう思う!
名無しさん
3時間前
この事例に関しては「抗菌剤の投与」という有効な対応策があるわけで、「副作用ばかり責め」てはいないですよ。
情報共有の不足が責められている。
名無しさん
4時間前
乳腺炎でも受診すると思うんだけどなぁ。
助産師は受診を指示しなかったのかな?それとも乳腺炎だから、と思って家で様子見ることにしたのかな。
カルテは共有してても薬の副作用まで他科と共有されるのは難しいと思います。
受診の指示さえ出てれば最悪の事態は避けられたのかも。
名無しさん
4時間前
こちらの病院でその前の年に出産しました。
産後乳腺炎になり、助産師さんに電話で相談、「乳腺炎だと思います。処置するので来られますか?」と聞かれ、病院に行き対応していただきました。
助産師さんによって対応は異なるかもしれませんが、病院そのものに大きい問題がある!とは思いません。
とはいえ、可愛いお子さんを残して亡くなってしまったお母さんは無念だったと思います。
血液内科にかかっていることが、もし共有されてあれば、もし電話で自分から伝えられていれば…やりきれないですね。。
名無しさん
4時間前
「患者が重大な副作用情報を医師に知らせるべきで、医師は他の医師に対してまで周知する義務はない」、、ヒドい病院だな。患者を死亡させといて、責任を患者側に押し付けている。医師の人間性を疑う。
名無しさん
5時間前
電話口で「大丈夫」は同じ医療者としてあり得ないですね。
助産師は通常の産婦と勘違いした可能性がありますが、電子カルテからの情報を確認すれば容易に来院を進めれたのではないかと思います。
過失致死といってもおかしくないですね。
名無しさん
2017/07/10 09:30
助産師はカルテの閲覧は認められているのですか?
名無しさん
2017/07/10 09:52
大学病院の産科助産師ならば、健常でない妊婦産婦に接する機会は多い。
それなのに、この判断は低レベル、もう少し頭を使えと言わざるを得ない。
名無しさん
2017/07/10 10:07
助産師が「診断」してしまっているからね
名無しさん
2017/07/10 10:07
産科と血液内科で患者の持病についての情報が共有されていなかったのか、なぜ稀少疾患を有する患者の対応を、助産師に任せたのか気になります。
名無しさん
4時間前
>助産師はカルテの閲覧は認められているのですか?
助産師どうこうではなくてその病院で働いてる医療従事者がカルテ見られないわけないでしょ。
まさか医師しかカルテ見られないって思ってるんですか?
名無しさん
3時間前
電子カルテなら他科でも閲覧できるし、この助産師が閲覧できた可能性も高いだろうけど、カルテから必要な情報を読み取れるかはその人物次第なんですよ。
多分この助産師はカルテを見ずに「産後よくある症状っぽいしどうせそれだろ」って電話で聞いただけの情報から判断したと思うけど、助産師ではカルテを見たとしても判断出来なかった可能性は高い。
ただ患者からの電話をいちいち医師が対応できる病院というのも多くないので看護師や助産師が電話対応するのも分かる。
この件の問題は
・助産師が医師の判断を仰がず勝手に診断を下したこと(越権行為)
・難病でありながら受診せず電話で済ませてしまった患者
かな
名無しさん
2時間前
>got
難病でありながらって、病院に連絡して指示を仰いでるのに落ち度があったとは全く思えないが
行動として何が間違ってるんだよ
産科に連絡した事を何やら言ってる奴もいるが、一番状況を分かってるのは産科でしょ
産科が各所に連絡を取るべきで患者の責任なんか1ミリも無い
名無しさん
3時間前
薬剤投与後に症状がでた。
ソリリスの副作用で「髄膜炎菌感染症」が出るのがわかっているなら、血液内科を受診すべきでは。
もしその地点で、内服している薬の副作用を理解していなかったのなら、患者の内服管理にも不足点があったのではないだろうか。
助産師としても、「熱がでた」っていう妊産婦の電話対応すべてに、診察を促すわけにもいかない。
いくら病院でも、患者の病気や薬すべてを、医療従事者みんなが把握するのは無理がある。
患者自身もそれだけリスクが高い持病と薬を飲んでいたなら、もう少し踏み込んで自己管理すべき点、「こういう薬飲んでます」っていう自己開示が必要ではないだろうか。
医療事故があるたび、多くが医師や看護師の責任になるけど、こういった事件が起こり続けることで、医師離れ、看護師離れは加速していく。
医療現場に求められている責任が、大きくなりすぎているように感じる。
名無しさん
4時間前
高熱が出た時に産科に連絡ではなくかかっていた血液内科のほうに連絡すべきでしたね。
いろんなことがちょっとづつ悪いほうに行ったんだと思う。
名無しさん
3時間前
まずはお亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します。医療者として感じる一般論を述べます。結果論として「何故電話で指示?」という批判が多数聞かれますが、患者さん側も、できれば電話で済ませたいというニーズが多くあります。医療は、「診ないとわからない」が鉄則だと思っていますが、そう言うと不親切だと思われたり、何とか電話で有益な情報を引き出そうとされる場合もあります。しかし電話相談というのは正式な診療ではなく、診療報酬の発生しない=責任が発生するという契約上の行為ではない、サービスの範疇の行為であることが殆どです。しかし医療側はそれでも責任を問われるので、日々神経を尖らせます。自分の診察のついでに、診たこともない家族の相談をされる方もいますが、これも同様です。このような問題が必ず起こり得ることを考えると、電話相談というサービス自体の危険性を、医療側も患者さん側もよく考えないといけないと思います。
名無しさん
2時間前
何かあったら電話連絡するように
言われるのが普通ですが。
その電話対応時に
救急事態かどうかを
病院側が判断し
患者さんに指示をするのです。
いついつに通院してください
とか
今から来れますか?
来れるなら今から臨時診察しますので来て下さい
無理なら救急車を呼んで下さい
。。。など。
その時の病院の対応が、
未必の故意で間違えただけですが
何を屁理屈並べ立てているのですか。
名無しさん
2時間前
それだけでなく
抗菌薬を予防薬として処方して
いない時点で医師の未必の故意が
あります。
名無しさん
4時間前
ソリリスのホームページにあるインフォームド・コンセントのシート、患者安全性カードの携帯についての説明をもししていたなら、また、話は違う。
乳腺炎で自宅で安静を促した。と助産師がいうなら、もしかしたら乳腺炎の症状もあったのかもしれない。
聞いた中では自宅安静でよいと判断したのかもしれない。私も産後電話相談で同じようなことがあったので。同じ病院内であったのに、発熱や他の症状出現時は必ず血液内科に連絡ということが周知徹底されてなかったのは落ち度かもしれないが。
名無しさん
4時間前
医療過誤が重なった事件だ。
一つ目は、妊婦が発熱した時に病院に駆け込まず、電話で確認で確認したこと。急患で医師に診てもらうべきだった。
二つ目は、妊婦の夫からの問い合わせに対し、助産婦が越権行為で医療判断して問い合わせに答えていること。助産婦は医師に確認すべきだった。
三つ目は、新薬「ソリリス」を服用していることは産婦人科医師も電子カルテで共有されているにも関わらず、その副作用について配慮していなかった。産後は体力が低下しているため、特に注意が必要だった。
四つ目は、産後にまた新薬が血液内科で投与された訳だが、血液内科の担当医は患者が産後であることが分かっている筈であり、薬の副作用に十分注意すべきだった。この点が最も問題だ。京大病院といえども、併科受診時の医療情報が共有されていなければこの様な医療過誤が起こる。電子カルテの最大のメリットである情報共有が生かされていない最悪のケースだ。
名無しさん
3時間前
電子カルテに限らず、カルテにはアレルギーや薬に関する副作用情報が書かれているはず。
でも、見た人間がそれを知らなかったら意味がない。
大きな病院でも、小さな医院や歯科医でも、ダメだと書かれているはずなのに、処方されたりします。
疑問があったら薬剤師に成分確認してもらってますけど、年一回くらいは、NG、または、疑わしい薬、出されますね。
ちなみに、アレルギー発症して長期で通院していた時に、その科にその症例を知らない看護師がいまし、その病名の略称みた別の医師は、別の病名と勘違いしました。
命に係わる副作用は、医師看護師ともに、もっとしっかり勉強してほしいし、
患者やその家族も、少しでも変化があったら、迷惑がられるとか考えずに、とにかく病院に行くべきだと思います。
名無しさん
21分前
妊婦、妊婦
って繰り返してるけど出産後だから妊婦じゃないよ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.5.26

コンビニの「薬販売」は、なぜ広まらないのか

 弁当やおにぎりなど日々の食事の購入のみならず、公共料金の支払いやチケットも受け取りなど、生活に必要な多くのサービスが受けられるコンビニエン…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。