THE ALFEE 高見沢俊彦、小説家デビュー「新しい扉を開けて行きたい」

 ロックバンド・THE ALFEEの高見沢俊彦(63)が小説家デビューすることが明らかになった。「高見澤俊彦」(※高=はしごだか)名義で青春小説『音叉(おんさ)』を執筆し、22日発売の小説誌『オール讀物』9月号(文藝春秋)に掲載される。

オリコン 8/3(木) 11:32配信
THE ALFEE・高見沢俊彦

デビュー作『音叉』はプロデビューを目指すバンドマンの若者の恋と葛藤を描いた青春小説。学生運動、フォーク、ロック喫茶など、若者文化が花開いた70年代が舞台となっている。

 

記事を全て開く
編集サイドから「小説を書いてみませんか?」とオファーされた高見沢は「常々文章は書きたいと思っていましたが、小説は自分には無理だろうとあきらめていました。その後、編集の方と直接お会いして話を進めて行くうちに、音楽畑で長年やって来た自分ならではの表現もあるのでは? と思い書き始めましたのが『音叉』です」と経緯を明かす。

『オール讀物』の大沼貴之編集長は小説執筆を依頼した理由について「きっかけは『偏愛読書館』(「オール讀物」2016年11月号)というエッセイでした。幼いころ、萩原朔太郎の本が並ぶ父の本棚、ヘミングウェイが並ぶ兄の本棚を眺めるのが好きだったことを知り、『この人はどんな小説を書くのだろう』とがぜん興味を抱いたのです」と説明する。

デビュー作について高見沢は「物語は70年代のロックを中心にした青春群像がテーマですが、あくまでもこれは創作であり、実話でも等身大の自分でもありません。今後の展開は現在様々な発想が渦巻いています……。個人的には小説という新しい扉を、わくわくしながら開けて行きたいと思っています」と意気込む。大沼編集長も「想像をはるかに上回るものでした。エンタメであり純文学であり。文学と音楽がミックスされたなつかしさと切なさがつまった青春小説です」と太鼓判を押した。

今後は、THE ALFEE結成45周年を迎える来年夏に向け、書籍刊行を目指す。

■『音叉』あらすじ
舞台は学生運動の火も消えようとしていた1973年。
私立の聖マリアンヌ学院大学に通う風間雅彦は、高校生の頃から同級生とバンドを組みギターを弾いていた。
メンバーはドラムの古澤啓太、キーボードの神林義之、ベースの佐伯美津夫。
彼らのバンド『グッド・スメル』はアマチュアコンテストでの準優勝がきっかけでプロデビューを持ちかけられていたが、レコード会社からデビューの条件としてあることを言い渡される。やりきれない気持ちを抱えたまま、夜の新宿に足を向けた雅彦。そして彼は、忘れられなかったある人物と再会する……。

オリコン

名無しさん
2時間前
アルフィーの曲にもある世界観と重なっていて楽しみ。まだまだ新しいことに挑戦し続けるタカミー、ほんとすごいと思う。
名無しさん
1時間前
一昔前の六十代の男性と今の六十代の男性では若さが全然違いますが、この人を見ているとさらにそれを一層強く感じます。
新しいことに挑戦するのは同年代の人の励みにもなりますよね。
名無しさん
39分前
若いときと髪のボリュームが変わらなくて不思議なのだが、ヅラとか?
名無しさん
26分前
女性ホルモンとか打ってるんですかね。
あの髪の毛は凄い。
名無しさん
1時間前
とりあえずインパクトがないと本が売れない時代らしい。
たかみー色々な才能ありそうやな、
キンキとの絡みが好きだわ、またあの番組復活してほしいな。
名無しさん
8分前
アルフィーの歌って、シュプレヒコールやらアジテーションやらに酔っちゃってる歌が多かったからな
名無しさん
44分前
聖マリアンヌ学院大学が明治学院大学ってことかな?
名無しさん
1時間前
色々言われると思いますが
ちゃんと読んでくれる人は読んでくれます。
有名だからこそ売れるけど、評価は辛辣になります!
楽しみにしてます。
名無しさん
1時間前
作詞作曲担当なので 普通に書くことをしてない芸能人の本よりは
期待できるのかなーと
ファンなので買いますよ!楽しみです。
美しい詩を書く人なんので 言葉の表現が楽しみ!
名無しさん
11分前
小説家も良いが、高見沢俊彦の音楽的センス、作曲センスは素晴らしい。
メロディが美しくて、効果的な転調も多く、曲の展開も複雑で、最近の日本の音楽にはない奥深さを感じる。アルフィーの曲は、何度聴いても飽きない。
また、SWEAT&TEARSという素晴らしいメッセージソングもある。
アルフィーの音楽はフォークからハードロックまで、とてもバラエティに富んでいて、どのジャンルも良い曲が多い。
また、桜井、坂崎、高見沢のハーモニーも美しい。
名無しさん
1時間前
とても63歳には見えない。
アルフィーはいつまでもカッコいいです。
名無しさん
25分前
いいね、本人が楽しそう。同人誌出す素人な感覚なんじゃない?笑。高見沢さんは売名じゃないんだし、純粋に道楽という感じがする。表現力とブレない軸を持ってるから、売れようが売れまいが別にどーでもいいと思ってそうだから好きにやって欲しいわ。で、映画化とかするんだろうな笑。テーマソングはアルフィー。
スタイリストさんとかついてるにしても、この歳であの頭を維持するパワーには感服する。いろいろメンドくさくなるよ、染めてもらう、パーマをあててもらうにしたってねー。何時間も座ってるのが苦痛になるんだから笑。
名無しさん
59分前
バッドスメルの方が、バンド名としてはかっこいいと思うけど。
名無しさん
1時間前
本業でないどころか、無理と思ってる人に何も勧めて小説書かせなくてもと思ったが、出版業も大変なんだな
名無しさん
48分前
高見沢さんの歌詞、愛ばっかりでアルフィー聴けなくなりました。個々のパーソナリティは大好きなんですけどね。小説のほうもお察しでしょう
名無しさん
3分前
高見沢さん好みの、幸薄い儚げな女性が登場するのかな(笑)
小説、場面ごとに自分の好きな曲をかけながら読みたい。
名無しさん
32分前
これはやばい。
名無しさん
1時間前
ファンには馴染みのある設定ですね…
全く違う設定で2作目が書かれるとしたら
本当に小説家としての真価が問われるのはそこからかな…と思います。
いくつになっても「新しい扉を開けられる」を
是非高見澤さんには体現してほしいです。
今でも十分その出で立ちで新しい扉を開けていらっしゃるとは思いますが
内面的にも(笑)
名無しさん
1時間前
アルフィー歌詞も良いからね。最近は知らないけど。この世で一番好きな曲の1、2位はアルフィーなんだな。ファンじゃないけど。
コメントを全て開く
名無しさん
15分前
出てくる女性の髪は、きっと長い髪なんだろうな…ってイメージ。
素敵な小説になりそう。
名無しさん
54分前
LOVE×2復活、
出てなくて残念でした。。
名無しさん
47分前
LOVE×2は幸ちゃんなので、
季節ごとの堂本兄弟SPに期待しましょう!!
名無しさん
32分前
そうでした、坂崎さん
でしたね、失礼!
名無しさん
1時間前
愛人にしてほしい。ずっと見ていたい。ささやいてほしい。突き放してほしい
名無しさん
1時間前
ディープパープルやツェッペリンをリアルタイムで聴いていた高見沢俊彦が
その時代のロックの世界を描いたストーリーはぜひ読んでみたい。
名無しさん
59分前
ロックダムを小説にしてほしかったな・・・
名無しさん
1時間前
あら楽しみ
名無しさん
55分前
阿佐ヶ谷姉妹…?
名無しさん
47分前
芸能人の著作は殆どゴーストライターが書いたもの。高見沢さんにはそういうことはしてほしくない。
名無しさん
1時間前
プロ意識といえばそれまでだけど、どんだけすばらしい創作でも名前だけで売れちゃう作品を世に送り出すって辛くないのかな?
名無しさん
1時間前
又吉さんのようには簡単には行きませんよ。。。
名無しさん
1時間前
高見沢さんは  又吉さんは意識してないと思いますよ。
色々挑戦することが好きなんですよ♪
名無しさん
1時間前
漫画「ドリームジェネレーション」も、ぜひリメイク&続きを…。
名無しさん
2時間前
いろんな事を楽しんでていいですね!
名無しさん
15分前
高見沢さん、才能ある方だから、レベルの高い小説なんでしょうね。
もしかしたら次回の『芥川賞』は間違いないかも知れませんね、ワクワク期待しております。
楽しみです。
名無しさん
1時間前
あるふぃ 突然 小説家デビュー
名無しさん
20分前
青ポチ多し(笑)!
名無しさん
10分前
王子だから、期待しちゃうかも^^^
名無しさん
2時間前
これ以上忙しくするなんて。
倒れないでね。
名無しさん
42分前
チャレンジ精神旺盛だな☆☆☆
だからいつまでも若々しいんだろうな♪♪♪
名無しさん
49分前
珍ギター小説を心待ちにしています(笑)
名無しさん
3分前
映画化決定!
主演、新田真剣佑
名無しさん
1時間前
木根尚登著、八王子のレッド・ツェッペリンみたいな感じかな。
出たら買おうかな。
名無しさん
37分前
パワフルな63歳ですね。
昔は、アンチも結構いたけれど、最近では「63歳であれはすごいと思う」と言う人増えました。
いつまでも全力投球で頑張ってください。
名無しさん
1時間前
自叙伝…
ではないけれどその時代のお話・・・
BGMにはALFEEを
名無しさん
1時間前
一般庶民大衆のレベルに合わせるとこうなるんでしょうね!
売れるんだろうな~又吉みたいに
名無しさん
50分前
どうせ固定ファンが全力で支えるんだから、アルフィー、とくに王子は何やってもいいよ
名無しさん
32分前
処女作ベルサイユのバラ…
名無しさん
50分前
一生に一つくらいは小説を書けるよ。
自分の人生を参考にしながらな。
あとが続くかどうかが才能なんだよ。
てか、アルフィーていつの間にロックバンドになってんの!?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.5.26

ガリガリ君より売れてない… 赤城乳業「ガツン、とみかん」の自虐ツイッターが話題に、同社に聞く

 人気アイス「ガリガリ君」で知られる赤城乳業(埼玉県深谷市)のツイッターがSNS上で話題となっています。自社製品のアイス「ガツン、とみかん」…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。