「ジャンボジェット」はなぜ消える? 世界を狭くしたB747旅客機、生産終了への経緯

日本国政府専用機の747、まもなく777へ

 2017年7月23日(日)に、航空自衛隊千歳基地において航空祭が開催されました。千歳基地には首相や外務大臣など政府要人の外遊や皇族の表敬訪問などで活躍する政府専用機、ボーイング747-400が所属しています。普段ではなかなか見る事のできない政府専用機が、航空祭では間近でその姿を見る事が出来るとあって、多くのファンが集まります。

乗りものニュース 8/6(日) 7:10配信
千歳基地航空祭で通過飛行する、日本国政府専用機747-400(2017年7月、石津祐介撮影)。

例年であれば千歳基地のF-15Jと編隊飛行を組んだり、飛行デモを披露したりするのですが、今回は天候の関係で残念ながらキャンセルとなりました。

その政府専用機ですが、2019年度に747から同じボーイングの777へ機種変更がされる事が決定しています。次期政府専用機の選定においては、同じくボーイングの787やエアバスのA350などが候補に挙がりましたが、787は執務室や貴賓室など機内スペースの関係で、A350は日米同盟の象徴としてアメリカのボーイングを優先するとの理由で、候補を外れたと言われています。

 

記事を全て開く
政府専用機は1991(平成3)年から運用されていますが、操縦士などの乗組員は航空自衛官で、その整備や機内食の提供などの運用はJAL(日本航空)が行ってきました。ところが現在、JALの747型機は全て引退しており、既に老朽化した機体は燃費効率も悪く、早急に更新をする必要がありました。

乗りものニュース 8/6(日) 7:10配信
次期政府専用機は777-300に機種変更され、2019年度から運用開始予定(2016年4月、石津祐介撮影)。

ANA(全日空)からも旅客型の747はすべて引退しており、日本のエアラインや航空自衛隊が保有する現役の旅客型747は2017年7月現在、この日本国政府専用機のみです。そして世界的にも数を減らしており、その生産はすでに風前の灯といいます。

「ジャンボジェット」の愛称で広く親しまれたあの747が、なぜそのような現状に陥っているのでしょうか。

747の半世紀 海外旅行を身近にした「ジャンボジェット」

 そもそも747とは、どのような飛行機だったのでしょうか。

成田空港に着陸するタイ航空のA380。747のライバルとして登場した大型機(2017年2月、石津祐介撮影)。

先述のように、「ジャンボジェット」の愛称で親しまれた747は1969(昭和44)年に初飛行し、1970(昭和45)年にはパンアメリカン航空のニューヨーク~ロンドン線に就航しました。それまでの国際路線は150~200人程度の乗客数であるナローボディー機のボーイング707やダグラスDC-8が主役でしたが、この747の登場によって旅客機の大量輸送時代が始まりました。一度に多くの乗客を運べるので航空機の運賃も値下がりし、海外旅行をより身近な存在にした機体ともいえます。

航空機はその後、さらなる高速化と大型化を目指して進化しました。高速化を目指した航空機「コンコルド」は最大速度マッハ2.0で飛行が可能でしたが、輸送コストや騒音、航続距離の問題、墜落事故などが原因で2003(平成15)年には引退しました。

一方、大型機の市場を独占していた747のライバルとして、エアバスのA380が2005(平成17)年に登場しました。全2階建の機体で、最大800人以上の乗客を輸送する事が可能な世界最大の旅客機です。ボーイングは、まだ開発中だったA380に対抗する機体として747の新型プロジェクト「747X」の開発を進めていましたが、需要が見込めないと開発計画は2001(平成13)年に中止され、中型機である787の開発に注力することになりました。

開発計画復活、新型をリリースするも…

 一度は747の新型開発を諦めたボーイングですが、2005(平成17)年に新たな「747-8」の開発を決定します。大型機の需要が、航空機市場でまだ見込まれることと、新たに開発した787の技術を活かせばコストを掛けずに新型機が開発できるという判断でした。747-8は貨物型の8F(フレイター)と旅客型の8I(インターコンチネンタル)が開発され、2010(平成22)年には初飛行を行いました。

乗りものニュース 8/6(日) 7:10配信
羽田空港を離陸するルフトハンザの747-8I(2016年12月、石津祐介撮影)。

8Fは日本貨物航空やキャセイパシフィックなどが、同じく貨物型である747-400Fの機材更新用として導入し、ある程度のセールスを記録しましたが、旅客型の8Iは777や787などの双発機が航空機需要を占める現在のマーケットには受入れられず、現在はルフトハンザ(ドイツ)、大韓航空、エアチャイナが運用するのみとなっています。

そのような状況から、8Iは2016年より減産体制に入りました。軍用としては、アメリカ大統領の専用機であるエアフォースワン(747-200Bの改造型VC-25)の更新用に3機の導入が決定しており、また貨物型の需要は見込まれるものの、旅客型は2017年7月現在、受注残が2機にまでなってしまいました。このまま新たな注文が入らない限り、旅客型の747は生産が終了する可能性が大きいと言われています。

なぜ旅客型の4発機は淘汰されつつあるのか

 エンジン2基の双発機が需要を占めるようになったのには、もちろん理由があります。

乗りものニュース 8/6(日) 7:10配信
「ETOPS」認定を受けたANAのボーイング787(2016年11月、石津祐介撮影)。

かつて双発機は、洋上や極地のように空港がなく緊急着陸が出来ないエリアの飛行を禁じられており、言わば短距離専用の航空機でした。ところが時代の進化にともないエンジンの信頼性が上がると、「ETOPS(Extended-range Twin-engine Operational Performance Standards)」という審査基準が設けられ、双発機でも長距離の運用が可能になりました。

 これにより燃費や整備面で優れる双発機が、3発や4発の大型機と同じ路線に導入される事になり、結果、747やダグラスDC-10、ロッキードL-1011「トライスター」などの機種が姿を消すこととなりました。

747-8は、貨物型や要人輸送機としての受注は続くようですが、双発機が中心の現在のマーケットでは、旅客型の生産継続は難しい状況となっているようです。

半世紀にわたり活躍した夢の大型旅客機747、その生産が静かに終わりを告げようとしています。

石津祐介(ライター/写真家)

乗りものニュース

名無しさん
6時間前
性能はともかく、あの形、あの大きさには迫力があり、生まれて初めて搭乗したのが747だったので、子どもとしては憧れの飛行機でした。
もう乗れない、見られないとなると本当に寂しいです。
長い間お疲れさまでした。楽しい旅をありがとう!
名無しさん
2017/08/06 08:55
ボーイングより、日本製の飛行機早く作って欲しいね。ホンダと三菱が提携してさ。
、、、ミッポンとかどうかな?
名無しさん
2017/08/06 08:57
子供のころ、あの飛行機に乗って外国に行って仕事をするってコトに憧れた
で、実際に夢はかなった
名無しさん
2017/08/06 09:10
最近、飛行機を利用していないけど、最初に乗った飛行機がJALのB747そして最後に乗ったのがデルタのB747だった。
やっぱ硬い翼の大型機は乗り心地が大好き。
名無しさん
2017/08/06 09:10
国内線でしか乗ったことないけど、
二階席指定して乗れたのはいい思い出。
一階席より景色悪いし、天井低くて狭いし、
乗り心地は悪かったけど、エコノミーなのに
なんか気持ちだけ、ワーキングプアなのに
VIPになれた気がした。
名無しさん
2017/08/06 09:17
4発機は子供の頃憧れだったなぁ。
名無しさん
2017/08/06 09:19
・・一般市民が専用機に乗る事態は怖いから遠慮したいけどね。
名無しさん
2017/08/06 09:47
747といえばリゾッチャ。
当時グアムへ行ったなあ。
リゾッチャの広告のデザイナーが、タモリ倶楽部のソラミミストだと初めて知ったとき、非常に驚きました。
名無しさん
2017/08/06 09:48
日本人ならMRJを使えwwwwwwww
名無しさん
2017/08/06 09:50
ぜいたくは敵だ。海外旅行する暇があったらお国のために無給で奉仕活動をすべきである。
名無しさん
2017/08/06 09:57
大きさ的に大差なく、燃費も整備性も格段に優れたB777がでかいツラしてるからなぁ。
遠目には767や787、あるいはA350やA330あたりと全然区別がつかんけど
名無しさん
2017/08/06 09:59
最近の飛行機も格好いいけど、それでもやっぱり747が一番好きです。
初めて乗ったのはパンナムの747。
その後、色んな会社の747に乗りましたが、心残りは沖田艦長席に座れなかったこと・・・。
名無しさん
2017/08/06 10:07
「海外旅行」ったら747のイメージしか無いよ。なんたって「画ヅラ」がいい。広く左右に伸びた主翼、ドーンと吊られた4機のエンジン、大きく盛り上がった機首(その点、初期の盛り上がり部分が小さい方が見栄えがいい)まさに「ジャンボ」と呼ぶにふさわしい威容。「アレ乗ってハワイ行くだ!」的な感じ。ありゃ大量の人とモノと「夢」も載せてた。
とても残念だが、時代が変わったんだねぇ・・・
名無しさん
2017/08/06 10:18
東京-大阪間もジャンボだったもんな〜
名無しさん
2017/08/06 10:27
ジャンボ尾崎
名無しさん
2017/08/06 10:28
政府専用機に三菱MRJを使用すると考えられる
名無しさん
2017/08/06 11:22
123便もジャンボでした
名無しさん
2017/08/06 11:28
MRJじゃ小さすぎるだろ
アメリカまで飛べない機が政府専用機とかバカにされるぞ
名無しさん
2017/08/06 11:38
生まれて初めて乗った飛行機が747とか羨ましすぎ!!僕なんか一昨年、去年、今年と飛行機乗ったけど、全部737!!名古屋人だからあんま大きいものになる機会がないな。
名無しさん
2017/08/06 11:44
バブル崩壊、911テロ、リーマンショック
そして老朽化に次世代機の台頭
消えない理由がない
名無しさん
2017/08/06 11:44
747ー400に乗った事もあるけど、あの尖った
はなとか好きだったね。揺れなくて、快適だったし。ジャンボ機が消えていくのは寂しい
コメントを全て開く
名無しさん
2017/08/06 11:45
コンコルドって言う音速旅客機もあったんですけど
覚えていますか
そしてコンコルド青木って呼ばれたゴルファーも
今はマーケット心理学でコンコルド効果と名を残すだけ。
名無しさん
2時間前
始めて乗ったとき、こんなのが如何したら飛べるんだろう、落ちたら悲惨すぎるだろうと、楽しいよりは恐怖が先に立った。でも同乗者に技術の進歩の結晶だと聞いたが、それでも恐怖は消えなかった。到着地についてやれやれと思った。
名無しさん
2時間前
客席によっては操縦席よりも前に座ることができる唯一のジェット旅客機。
名無しさん
35分前
747では、団体旅行でハワイからの帰りにツアコンの手違いで2Fのビジネス席に座れた嬉しいサプライズが思い出としてあります。
ポケモンやスヌーピー、イルカなどのキャラクターが映えるデカいボディも魅力でしたね。
名無しさん
5時間前
500人満席で飛ぶ回数が少なくなった!
燃費も悪くコスト高が原因でしょう。
名無しさん
2017/08/06 09:07
と言うよりは、エンジンが2つ余計に付くコストと、老朽機特有の部品コストが嵩むしね。
そしてB777とか言うB747並の航続距離かつ席数500席~400席とか言ういい意味で狂った優等生が出て来てそっちが主役になった感。
名無しさん
2017/08/06 09:13
>ハインツケチャ太郎
お陰で、座席は余計キツキツになったけどね。あれじゃ、まるでLCCだよ。
名無しさん
2017/08/06 09:16
政府機に使われてるのはわかるけど、こんなデカイのが政府機として必要なのかな?満席に近い状態で公務で使用するときあるのかな?
名無しさん
2017/08/06 09:27
1回乗っただけだけど、迫力がありました。
名無しさん
2017/08/06 09:35
ジャンボ機に500人以上のスシ詰めにして載せているのは日本だけと聞いた事アル。
名無しさん
2017/08/06 09:38
政府機は、ほら、有事の際日本人の救出にも
使われるから
でかいのも必要なんじゃない?
名無しさん
2017/08/06 09:39
もともとが1960年代の古い設計理論で、現在のレベルから見れば空力的に欠点がかなり多い機体だったと言われている。
しかし、大量受注・生産とこまめなマイナーチェンジ、アップデート、空力性能アップ(特にSUD)で信頼性を高めていったことは特筆されるべきだね。
名無しさん
2017/08/06 09:42
中小型機で便数増やしたほうが乗客の利便性も高まるし、航空会社も機材を柔軟に運用しやすいのはメリットだけど、大型機が小型機に置き換わると離着陸の回数自体は当然増えるし、航空需要の増大と相まって滑走路での離陸待ちの時間が延びちゃってる空港多いですよね
名無しさん
2017/08/06 09:43
>tet
政府専用機は旅客機じゃない。内部は全部座席じゃないんだよ。
名無しさん
2017/08/06 09:45
777-300のように2クラスでも500席確保できる双発機が出てくれば旅客機だと747の出番はあまりないわな。
名無しさん
2017/08/06 09:47
tet*****さんへ
747を導入した当時は、ノンストップで日本からアメリカ東海岸やヨーロッパに行ける機体が事実上これしかなかったのよ。
特にアメリカ方面はETOPの問題がついて回ったからね。
名無しさん
2017/08/06 09:51
>ジャンボ機に500人以上のスシ詰めにして載せているのは日本だけと聞いた事アル。
特に羽田~新千歳線は世界一のドル箱路線で、羽田が拡張する前まではそれでも席が埋まる需要があったからね。
名無しさん
2017/08/06 09:52
東京、札幌間や福岡間なんかじゃ需要あると思うけどなぁ。
名無しさん
2017/08/06 10:02
福岡や千歳と羽田の間は確かに需要あるけど、双発で500席確保できるB777がその需要を奪ってしまったからね。
基本的には4発機は双発機の大型化と航続距離の伸長に敗れた
名無しさん
2017/08/06 10:15
デカイ
ニブイ
邪魔くさい
大食い
名無しさん
2017/08/06 10:23
そりゃ、747SRと747-400Dは事実上「日本限定仕様」だし。
そもそも、747のような機体を2時間程度の短距離フライトに使用するのは「非効率」の極みなんだけど、それを使わさせるを得ない日本の航空事情はかなり特殊だったのよ。
ようやく、日本の国内線航空も欧米と同じレベルになって来たということ。
名無しさん
2017/08/06 10:31
燃費が悪いという意見もあるが、エンジン自体は年々改良されているので、機体が古いとは関係がない。
ただ、4発エンジンである必要性はなくなってきているのは事実。
ジャンボ機は、安全性が高い機種であったことはたしかだ。
航空機の現場で働いてきた者としては、ひとつの時代が終わったという意味で感慨深いものがある。
名無しさん
2017/08/06 10:59
777の500席仕様(横10列)はLCC以上に狭いししんどいね。
もともと300~400席が適性水準の飛行機なのに無理しすぎ。
経済性は悪いけど、大型機としての貫禄も快適性も747の方が上だったな。
名無しさん
2017/08/06 11:24
747のETOPSがどうとか、ウィングレットがどうこうではなく、747の採算ラインの問題ではないかな。
そもそも747自体の機体設計も古いし、A350-900や787の様な新設計省コスト中型機などが投入されつつあるなか、LCCがそういった小・中型機採用をして多角的に路線戦略をとる中、大型機の様なハブ間での運用に制限される機体が、適材適所として駆逐されただけではないかな。
現にボーイングは747-8を新設計したわけだし、エアバス380もある。これらはハブ間での運用や要人輸送には採用され続けると思われる。ETOPSが高い数値であっても、双発よりは4発の方が安全ではある訳だし、安全性を求める様なシーンは必ずあるので、完全に消える事はないでしょうな。
名無しさん
1時間前
747のCクラスと787のCクラスでは比べ物に成らない位
747の方が良い
747のCクラスをカプセルホテルのカプセルと例えるならば
787のCクラスはパーソナル性が全然無いエコノミークラスの
座席間のゆとりを大きく取ってフラットシートにしただけの
まるでサウナの大部屋仮眠室
名無しさん
1時間前
元はC-5輸送機開発時の競合機、つまり貨物機として開発された機種。旅客機転用も当時から大きすぎと見られていて、将来容易に貨物機に戻せる低リスクゆえの開発だったといいます。
結果的には一時代を築き大成功を収めた。今後は貨物機としての使命が続くことになりますが、当初計画を考えれば本来あるべき姿に戻るだけという見方もできます。ノーズカーゴドアを持ちドリームリフターのような特殊仕様機への改造も可能。ペイロードの大きさ、大型貨物の積載性の高さは双発機では真似のできない4発機ならではの能力でしょう。
名無しさん
23分前
300人超の飛行機は昇降に時間がかかりすぎ
B767くらいの大きさが使いやすい
名無しさん
6時間前
ジャンボってゾウの名前だっけね。
のろまそうで嫌だったみたいだけど、定着して親しまれましたね。
4発機は燃費もエンジンのメンテナンスコストも倍になるんでしょうな。
寂しいけど時代なんでしょうねぇ・・・。
名無しさん
2017/08/06 07:42
747特有の問題として、空力特性が良くないのも理由。
アッパーデッキを伸ばしただけで燃費が改善するって位酷い。
そこはA380の方がいいんだよね。
名無しさん
2017/08/06 07:50
チョコ最中じゃあないけれど
ジャンボ=巨大の意
ってのが、多分日本だけの用法だよねえ…………。
名無しさん
2017/08/06 08:20
727世代ですが、寂しい限りてすね
名無しさん
2017/08/06 08:20
尾崎
名無しさん
2017/08/06 08:25
象の名前は昭和20年代のディズニー映画「ダンボ」であって
ジャンボは大きいと言う意味。
名無しさん
2017/08/06 08:28
>ジャンボ=巨大の意
>ってのが、多分日本だけの用法だよねえ…………。
英語圏でも使いますっていうか、明らかに英語圏で大きなものを意味するジャンボが定着した後に日本に入ってきていると思います。
英英辞典なり英和辞典なりをひいてみてください。
1.averylargeperson、animal、orthing.
2.jumbojet.
名無しさん
2017/08/06 08:58
昔、アフリカから連れて来られた象に、ヒスワリ語の「こんにちは」である「ジャンボ」という名を付けた事で、その象の巨大さから「ジャンボ=巨大」になったという話だったと思うけど…
名無しさん
2017/08/06 09:01
ジャンボはアフリカの挨拶のジャンボから取って象の名前に付けられ、その象がサーカスのスターになったことで、象、更にはでかいものの象徴になりました。
そのまま日本に導入されてます。
名無しさん
2017/08/06 09:31
それでも中型旅客機並の日本が誇る純国産P1哨戒機は4発だね。
やはり双発より4発の方が絶対的に格好良いですね。
名無しさん
2017/08/06 09:35
昭和44年って事は石油ショック前の原油激安時代のビジネスモデルって事。
むしろ原油100ドルの頃に廃止にならなかったのが不思議なくらい。
名無しさん
2017/08/06 09:36
確か日本で有名なプロレスラーやフードファイターにも・・・
名無しさん
2017/08/06 09:53
P1は、哨戒のために海上を低高度飛行するから4発だったと記憶している。
けっこう低いところ飛ぶみたいですから。
名無しさん
2017/08/06 09:55
4発機はもう無くなるね、、、エンジントラブルで火が吹くと「右の、左の」ってもう聞けなくなる。飛行機は左から数えるので右も左もなく1.2.3.4なんだけどね。
名無しさん
2017/08/06 09:59
会社では長さ12m高さ3.8mのフルサイズの10t車をジャンボと呼んでる
名無しさん
3時間前
>会社では長さ12m高さ3.8mのフルサイズの10t車をジャンボと呼んでる
へぇ、そうなの。。
としか言いようがないけど、こういう書き込み嫌いじゃないよ。
名無しさん
2時間前
こんにちは尾崎
名無しさん
2時間前
像の名前は、ダンボじゃなかったっけ?
名無しさん
5時間前
乗るのも大変だが、降りる時の順番待ち半端なかったね。お疲れ様でした。
名無しさん
2017/08/06 09:54
乗ったことないですがあ、あれだけの人数ですものね。
大変だw
名無しさん
2017/08/06 10:02
あったあったw「大型旅客機あるある」だな。
東京-大阪間くらいなら、空港までの移動、搭乗前後の手続きやなんやで、新幹線の方が早いくらいだった。特に降りる時は、中~小型機の方がだんぜんスムーズ。預けた荷物も出てこねーしw
名無しさん
2時間前
あーーー、そうそう、そうだったわー。
長い間乗ってないから忘れてたけどそうだった。
考えてみたら最近はすぐ降りれるよね。
名無しさん
2時間前
乗り降りに時間がかかるのは、一列通路の737や320です。
おまけにLCCは手荷物多くて搭乗時は大混乱。
JALやアナでも持ち込み手荷物が多い人がいます。
高級スーツケースを持つビジネスマンは預けないな。
傷つくのが嫌なんか?
名無しさん
25分前
あーもうあの螺旋階段登ってのファーストクラスのラウンジやバーカウンターはお目にかかれないのか。
残念。
小さい飛行機に閉じ込められる旅行しかなくなる。
名無しさん
5時間前
B747、いい機体でした。
飛行機でこれほど印象深い機体はないよね。
SLのD51みたいに時々ノスタルジー飛行やって欲しいな。
名無しさん
2017/08/06 09:06
ボーイング747-8Fは、B747貨物シリーズならではの機首のカーゴドアがある。
軍用貨物機以外ではこんな大きいものや長いものが空輸出来る量産民間機は無いので、一定の需要は見込めると思うから残って欲しいよね。
名無しさん
2017/08/06 09:23
むしろD51と言うよりは、C62のつばめの方がしっくり来るわな。
名無しさん
2017/08/06 09:31
昔の旅客機のエンジン音は凄かった!
離発着時航路下の低空飛行している所では
轟音で会話も出来ないし
テレビの画面も乱れて映らなかった!
その頃に比べると何と今の飛行機は静かなんでしょうね。
あの頃が懐かしい・・・
名無しさん
3時間前
着陸コースの下の賃貸のマンションに住んでた。
空港まではまだ10キロくらいある位置だったけど、窓から見下ろすと住んでるマンションが見えるくらいまで低空に来てた。
新築だったから複数の部屋に入ったけど、空路側の部屋は飛行機の音がうるさかったな。空路の反対側の部屋は飛行機の音は耳を澄まさないと聞こえなかったからそちらを選んだけど、着陸コースだったからNHK受信料が安かった。
777が出て747の着陸が禁止されて受信料値上がりしてたな。それだけ747と777の騒音の違いはあった。
名無しさん
2時間前
窓開けてるとジャンボの時は一際大きな爆音ですぐに分かるんだよな
名無しさん
2時間前
元が軍用輸送機だから操縦席が二階にある。墜落時に操縦席が荷物で押しつぶされないように。
不採用の結果が民間機として大ヒット。採用されていたらC-5になっていたかもしれない。
名無しさん
5時間前
離陸の時のパワー感は見てても乗ってても迫力あって凄かった
名無しさん
2017/08/06 09:24
あの離陸の豪快さは逆に不安を煽る・・・・・・
物がでかい故に尚更。
沖縄の修学旅行の思い出だが。
名無しさん
2017/08/06 09:32
777と比べて747の離陸時の迫力は別格ですね
名無しさん
2017/08/06 09:33
離陸の加速時のGと離陸する浮き上がった感覚が何とも心地良かったな。
名無しさん
3時間前
安定感もすごかったですよ。
一度台風接近時にJALの香港行に乗って、
暴風の啓徳空港「香港カーブ」を体験しましたけど、
対地速度160km/hの表示が出ている中の超低空飛行でも
動じることなくどっしり安定してました。
安定しすぎて限界がわからず怖いくらい。
当然着陸できず引き返しましたけど、貴重な経験でした。
DC-10とかだと離着陸時にトリッキーな動きを感じるんですが、
747はそれが全くなくて、貫録を感じましたね。
777とかも大型機で安定感は感じますけど、
747のような不思議な安心感がある機体には、もう会えないかも。
名無しさん
2時間前
空のロマンをなくす感じ。もうあのワクワク感は味わえないんだなぁ…
名無しさん
1時間前
空港で見物してても
滑走路目一杯使ってようやく持ち上がる感じ。
すごーーーいって感動モンだったけどなぁ。
名無しさん
5時間前
昭和から平成の頃、世界中へ日本のビジネスマン達がリゲイン飲んでジャンボで旅立った。ジャンボが満席の時代。そういう時代だった。四発エンジンならではの離陸後の急角度の上昇のダイナミック感は今の航空機には無い物。良い時代を、良い思い出を有難う、ジャンボ。
名無しさん
3時間前
駐機中も迫力ありましたからね。残念ながら時代の流れでしょう。作業を経験した者としては:
・全てがデカ過ぎ
・全てが多過ぎ
・全てが遠過ぎ
・操縦室の窓が開かない
などの欠点もありましたが、改良次第では今後復活するかもしれません。因みに、747や777といった大型機の作業を経験した後でA320クラスの機体の作業をすると、実にラクです。
名無しさん
2時間前
リゲインのCM懐かしいな。
24時間戦えますか?のヤツね。
私は半分の12時間でフラフラですわw
名無しさん
2時間前
たまにはコンコルドの事も思い出して下さい。
名無しさん
5時間前
スペースシャトルを背負って飛んでいる姿が懐かしくなりましたね
名無しさん
2017/08/06 08:54
あの「NASAのジャンボ」
「日本で使っていた中古」なんだって。
「整備が一流、メンテナンスが丁寧だった日本」
のエピソードとして、残るといいなぁ…
名無しさん
2017/08/06 09:02
シャトルを背負うといえば、アントノフが思い浮かびましたが、747も背負ってたのですね。知らなかったです。
名無しさん
2017/08/06 09:14
不格好で嫌いな機体だったが、シャトルを運ぶのは格好よかった。
名無しさん
4時間前
タカラレベルかバンダイモノグラムが1:144のプラモで出していたな。
名無しさん
4時間前
不恰好かな。
「頭」があって愛嬌があるように見えるけどなぁ。
最近の機体もシュッとしててスッキリしてるけど
何か素っ気ない気がする。
羽根の先っちょがピュッと曲がってたり
特徴はあるけどね。
名無しさん
2時間前
「ムーンレイカー」か。こっちも懐かしい。
実際には燃料タンクをカラにして搭載するから、アレみたいな事は出来ないけどね。
名無しさん
5時間前
バブル期…すスーパーテクノジャンボに良く乗ってました。二階席も有って…その名の通り…大きな旅客機でしたね!
名無しさん
4時間前
鉄オタ流の古臭い表現で申し訳ないのだが、蒸気牽引のつばめ号だな。まさにあの時代は1等展望室=展望室付ファーストクラス
2等=エコノミークラスと言う位に。
名無しさん
2時間前
二階席はこじんまりとしていて好きで、予約の時にいつも二階席を希望していたけれども、たまにしか二階席になりませんでした。二階席は座席数が少ないからでしょうね。
名無しさん
4時間前
“ジャンボ”って付く飛行機が衝撃すぎて見に連れて行ってもらった。日本が行け行けゴーゴーの時代だった。なつかし
名無しさん
4時間前
今、イケイケGOGOなんかやってたら、すぐ、ブラックだ!過労死だ!…なんて言われる。
名無しさん
1時間前
昔からブラックな訳で、今になって始まった訳じゃない
名無しさん
4時間前
羽田空港の最後の747400はタイ航空とカンタス航空の2社のみになりましたね。羽田空港にモノレールで行くといつも国際線の入り口にカンタス航空の747400が止まっていますね。朝から夜まで置きっぱなし、みんなに展示してくれているようにも見える。あれが最後の747400になる気がします。
名無しさん
5時間前
旅客機としては777に需要を奪われていますが、貨物機としては需要は旺盛、と言うか元々が軍の輸送機として開発が始まった機体だから本来の姿と言えるかも。
名無しさん
2時間前
もう777も初期型は、日本航空ではA350に置き換えられようとしてますね。あんなボーイングご贔屓だった会社が………。これも衝撃だな。
名無しさん
1時間前
一時は100機を越える747を保有し世界一のカスタマー脱却JALがA350を使う。時代は変わった物です。
名無しさん
4時間前
中型機、小型機の需要が増えると思う、
名無しさん
4時間前
国産の中型機で良いと思う。アジア諸国で着陸が出来ない国もある。
名無しさん
4時間前
効率を優先させると、どうしてもジャンボのような4発機は消えゆく運命にあるのかもしれませんが、太平洋や大西洋を横断するフライトを双発機でというのは、いくらエンジンの信頼性が向上したとはいえ、あまり気持ちの良いものではありません。
アメリカのエアフォース・ワンが、なぜ執拗にジャンボ機を使い続けるのか、考えてみるといいと思います。
名無しさん
2時間前
有事の際の緊急避難や指揮に使える空飛ぶ司令塔の役割だろうね。居住スペースや積載スペースが広い方がそれだけ色々な人や機材も中で使えるし、後やはりこれだけの大型機を運用出来る事実がそのままアメリカの国威のイメージに繋がる、かな。どんなに777が進化してもエアフォースワンだけは747のままだろうね。
名無しさん
6分前
9.11の時は護衛の戦闘機がエアーフォースワンの速度について行けなくなって置いてけぼりになった事は有名になった。
名無しさん
4時間前
双発のトリプル7は信頼性の高い機体なので、デカくて四発の747には需要がないのかな。
名無しさん
4時間前
727とかスマートな機体が好きだったので、747は好きになれなかったが、ある時代はどうしてもこれに乗るしかなかったよな。
エアフォースワンで、某大統領が隠密に中東の兵を慰問に行くとき、危険空域でマッハ越えの最高速を出して巡航し、護衛の戦闘機が驚いた話はおもしろかった。客席を取っ払ってるんで、軽いため出せたらしい。民間仕様じゃ無理だ。
名無しさん
4時間前
鉄オタだが747はジェット機界ののC62だわな。
D51は727でC57はDC-8と言った具合にだな。
名無しさん
4時間前
ジェットエンジンも高出力の特殊仕様だが。
元々高高度で1000キロ出る速い機体だったので、客席を設置せず軽量化して特殊仕様の超高出力エンジンを搭載すると出るだろうね。
名無しさん
3時間前
私は1974年、初めての海外出張でJL61便、ロサンゼルス行きがこの747でした。成田開港前の古ぼけた羽田空港からでした。当時は、手狭で搭乗ゲートもなく、待合室といっても国際線共通でごった返しており、案内があって搭乗バスが来るまで座るところもない状態でした。
タラップの下から見上げるジャンボ機、これまで国内旅行で乗ったB727に比べたら大人と子供。こんな大きな物体が飛ぶのかと。そして機内に入って幅の広さにまたびっくり。
当時のジャンボは、LA、SF行きは全てホノルル経由でした.ここで入国審査をしてLAへ飛ぶんですが、大半の乗客はホノルルで降り、機内はガラガラ。4人掛けのひじ掛けを上にあげて一人で独占、よく寝たことを思い出します。
それからは世界各国へジャンボとともに出張、おそらく100回は搭乗したでしょうか。忘れられない航空機です。
名無しさん
1時間前
昨日サンフランから帰国し、僕自身がエアライン、空港、機材、渡米(特にサンフラン)が好きなので、高度経済成長期真っ只中の成田開港以前、羽田空港国際線の様子とLAやSFへの航路について、リアルタイムで経験された方からの投稿はとても貴重で、個人的にもっといろいろ質問したくなるぐらい興味深く拝読しました。ありがとうございました。
名無しさん
3時間前
B747は時代の流れで引退してしまった感が有る。現在は中小型機主流の時代で燃費効率が良くて機動性に優れた機体が優先される、確かに大型機は一度に大量輸送するには効率的だが導入する路線が限られてくるし羽田→新千歳などのドル箱路線であれば採算が取れるが大型機はある程度の長さの滑走路が必要で夏場であれば最低でも2500m、冬場は3000m程無いと離着陸が厳しくなるので地方路線での運用が難しくなると思う。赤字路線を多く抱えている航空会社はツアーで格安に旅行代理店に売って補填しているのが現状だから結構厳しい経営を強いられているからエアバスA380を大量導入した全日空は結構勝負しているよね。
名無しさん
2時間前
LCCとか選択肢が増えたのも大型機がさほど必要無くなった原因ですかね?昔は大手3社しかなかったけど………。
名無しさん
3時間前
家から飛行場が近く、小さい頃はよく滑走路に行ってました。中でもジャンボの着陸は、その大きさ、爆音にみんなで歓声を上げてましたね。
最近久々に行った時はどの飛行機も凄い静かで逆に驚いてしまった。
時代ですね。お疲れ様。
名無しさん
2時間前
747-400は機内が広く旅の疲れが少なかった気がします。
大阪伊丹空港でさえ747が連なって駐機していた。
最後に乗ったのはJALのホノルル往復。
最近利用するのは787か777が主になりました。
737は2時間以上では閉そく感が辛い。
名無しさん
1時間前
SUDが主流だった時の、747-400の登場は驚いた。コンフィグレーションも様々で、どこに何があるか覚えるのが大変だった。最高の機種でした。
名無しさん
1時間前
そういえば747は見なくなりましたね。
燃費が悪かったら仕方ないかな。それに、常に満席ってわけでもないだろうからね。
名無しさん
1時間前
記事にもある通り
A380がいるからなぁ
物事には需給のバランスと
設備投資のコストが有るから
このバランスが採算ラインに
乗ると踏めばボーイングも
大型機をやるとは思う(可能性は低いけど)
今は787とかA320、A330クラスが
需給バランス的に適当だから
このクラスに力入れるんじゃないのかな
確かに特徴のある機体があった方が
ファンには面白いんだけど
企業も営利団体だし、地球環境の事考えると
無駄は避けたいところだと思います。
名無しさん
2時間前
これはもう見れなくなるかもわからんね
名無しさん
1時間前
燃費の悪い飛行機は避けられてしまう。
名無しさん
1時間前
747 特徴的なデザインで人気抜群、ひと目で分かりますものね
4発・2発エンジン含めて整備時間が200人乗りクラスに比べ倍
747は色々な路線を飛んでましたが、大型連休以外では空席が目立ってました
4列シートに一人で横になって、これならビジネスより良いな〜 と
半分も搭乗客が居なくて超大型機飛ばすより
普段は2便、787飛ばして
観光客が多い時に、便数増やせば良い
40年昔は「ハワイ」30年昔も「ハワイ」
今は、テレビで見たら地球の裏側まで
海外旅行慣れしたからかな?
名無しさん
57分前
4発機にはそれなりのメリットもあったけどね・・・
トータルで出す出力÷エンジン数=1つの要求エンジン出力だから、4発なら1/4で済むのに対して双発機は1/2になる。
1つで大出力だそうとすると、やはり故障のリスクも高まると言うのもあったけどね・・・
また記事中にあるように、片肺運行となった場合の緊急着陸要件が厳しかったのもあったけど・・・今は信頼性も上がり延長されたので海洋飛行も可能となったけど。
(それまでは120分や60分だったので陸上且つ空港が近くにあるルートしか飛行できなかった)
4発機なら1つ停止しても問題無ければそのまま目的地に行ける安心感はあったけどね~
ただ今の時代大量輸送から少量かつ効率的な輸送に転換したので、中型・小型機の方が重宝されてるのは周知の通り。
LCCはA320とかを重用してるし、国際線でも767や787が大頭してる時代に・・・
名無しさん
9分前
4発機は貨物型に特化して消えるのみですか?
残念ですね。
重量物の輸送を考えるとまだまだありそうですが。
今後はアントノフとの競争になりそうです。
名無しさん
4時間前
747があまり見れない地方組として、まだ成田、羽田、中部、関空は国際線で観れるのが羨ましいです。福岡空港は滑走路の距離問題でA380なんて観ることは出来ないのでショック(笑)たまに飛来する747が来る時には今もワクワクします。ANAさんA380運用頑張れー!また撤退なんて事にならないよう願ってます!
名無しさん
2時間前
今迄は長距離国際線=四発機じゃないと行けないイメージがあったけど、ブラジルやアメリカに行った時に全て777又は787で行けたので双発機のイメージがガラリと変わった。もう、四発機の意味無いやんってね。でも、見た目のあのデカさと格好良さが四発機の良いところやから、無くなるのは悲しいな。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.7.11

【西日本豪雨】思い出の写真が水びたしになったら… 写真家が洗浄マニュアル公開中

西日本を襲った記録的な豪雨。自宅が被害に遭い、思い出の写真が水びたしになってしまった人もいるだろう。濡れ、汚れてしまった写真はどう修復すべき…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。