愛知からコミケに「チャリで来た」 ママチャリで箱根を越え往復700キロ走破のコスプレイヤーに話を聞いた

 コミックマーケット92。8月11日~13日に開催され、来場者のべ50万人を記録した2017年の夏コミは、今回も大盛況のまま無事に終わり閉幕となりました。

 しかし、その裏で1人のコスプレイヤーが、愛知県の名古屋からコミケにママチャリで参加するという、過酷な挑戦をしていたことをご存じでしょうか。その距離、片道350キロ。

ねとらぼ 8/23(水) 16:47配信
味わいのある1枚

一体なぜママチャリで参加するに至ったのか。その道中では、どのようなことが起こったのか。その軌跡と、挑戦者であるべしさんに伺った話をご紹介します。

 

記事を全て開く
●「チャリで遠出したいなぁ」

べしさんがコミケへ自転車で参戦することを決めたのは、開催からちょうど1週間前の8月4日。以前一度京都まで自転車で行ったことがあり、「もう少し遠出したいなぁ」という思いから「ママチャリ参戦」を決めたそうです。

距離と移動方法的に“遠出”を超えてもはや“旅”とか“修行”の域ですが、始まりはそんな軽いものからでした。この時点で、本人からは「しぬかもしれない」という悟ったようなツイートも。なお、出発前は、50時間での到着を目標としています。

●出発

そして迎えた、出発当日である8月8日の朝。普段使っている自転車が錆び錆びだったため母からストップが入り、急きょ母のママチャリにチェンジすることになりました。いや旅自体は止めんのかーい。

ちなみに、出発時の所持品は以下のものだけ。

・財布
・ケータイ
・500ミリリットルのお茶2本
・パンク修理キット
・着替え

さらに、靴はビーチサンダルです。これにはさすがにフォロワーからも「ばっかじゃねえの!?」「まじでいってんのww」といったリプライが寄せられ、本人も「ちょっと長距離にはミスったな」とツイート。ちょっとどころの騒ぎではありません。

●東京ははるか遠く

出発から4時間。道を間違える、通行止めに引っ掛かるなどのトラブルに見舞われ、思うように進めないまま時間が過ぎていきます。

また、出発直後から「母のママチャリが乗りにくい」という発言が定期的に出てきますが、その原因はタイヤの空気が抜けていたためであったという事実が判明するのは、少し先の話。

●その出会いはさわやかに

出発から11時間経過した、21時前。ついに静岡県に到達します。が、ここで翌9日は関東一帯で35度を超える真夏日になるという天気予報を目の当たりにしてしまいます。

予定より進めなかったうえ、翌日はかなり気温が上がる予報という厳しいスタートとなってしまった初日。しかし、ここで運命の出会いが発生。「げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか(以下「さわやか」)」です。

●「げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか」とは!

静岡県浜松市中区に本社を置き、静岡県内のみにチェーン店を置くハンバーグレストランである。看板メニューの「げんこつハンバーグ」は牛肉100パーセントであり、目の前で店員さんが“げんこつ型”のハンバーグを「ジュー」と熱い鉄板に押し付けて焼き上げてくれる。このハンバーグを食べるために県外から県外から足を運ぶ人も多い、静岡の名物グルメなのだ!

直前に回転ずしを食べていたべしさんですが、「さわやか」を発見するや即入店。げんこつハンバーグを平らげました。この後も「さわやか」を発見するや入店し、毎回げんこつハンバーグを食したもよう。なお、全部で5回店舗を発見し、内2回は開店前で食べられたなかったとのこと。

「さわやか」の魅力を聞いてみたところ、「食べる前に切ってジューってやってくれる所ですかねぇ……」と語ってくれました。

●天下の険をママチャリで超える

2日目を迎えるに当たり、どのルートで進むか迷いが生じます。神奈川県を通過する際に箱根を超えるかどうかを決めかね「箱根がどれ位やばいか教えてくれ」とフォロワーから意見を募ったところ、「ロードでも正直きつい」「標高900m以上あります」「あれ登れたら鈴鹿とかちょろいっすよ」といった声が集まりました。

これらの意見を元に考慮した結果、箱根超えが決定。何でやねん。

そして夜が明けた2日目。予報通りの炎天下の中、ママチャリで進みますが、またも道を間違えなかなか先に進めません。その間に、「さわやか」は2回発見し、1回は入店しげんこつハンバーグを平らげました。この日は200キロ地点付近で宿に着き、日焼けの痛さにキレながら終了。体重は2日目にして1.3キロ減りました。

3日目。箱根に備え自転車屋で空気を入れてもらうと乗り心地が一気に復活。万全の状態になります。そしていよいよ箱根へ。

さすがに箱根超えは大変だったようで、しばらくツイート数が減少。およそ4時間かけて登りきります。なお、途中でFGOのガチャを引いたところ高レアをゲット。「箱根の山をチャリで登るとガチャの高レア引くからオススメ」とのこと。エクストリームガチャですね。

また、箱根を越えたところで、思わぬうれしい出来事が。挑戦を知ったTwitterユーザーが待ち伏せており、飲み物や食べ物を差し入れてくれたのです。すっごーい!

●パトカーァァッ!

その後も自転車で進み続けていると、この挑戦最大の大ハプニングが発生。警察に呼び止められ職質を受けることになったのですが、その途中で後ろからやってきた大型トラックがパトカーとぶつかりドアを破壊してしまいました。引きが強過ぎる。

この時の様子を聞いてみたところ、「パトカーが大きく破損してたのもあってパパッと無線で自転車の防犯確認だけして解放されました」とのこと。まあ、もう職質どころじゃありませんよね……。

●コミケ開催、そして到着へ

そしてC92開催初日である、4日目の朝を迎えます。1日目から参加したかったため、おこ気味での進行となりました。

途中で道を間違え江ノ島方面へ向かってしまったり、ゲーセンに寄って音ゲーをやったりしながら進んでいると、またも差し入れが。今回は、アミノバイタル2つです。その後もさまざまな差し入れをもらい、だんだんと荷物の重量が上がっていきます。行き帰り含め最終的にどの程度差し入れをもらったのか聞いてみたところ、「ウィダー6~7本、ドリンク10本、菓子パン1つくらいだと思います」とのことでした。

そして、いよいよラストスパート。横浜駅を超え、多摩川を横目に進み、15時前にとうとう東京へ到着。やったー!

なお、コミケ会場へは自転車で入れないため、一度友人宅に自転車を止め、会場へは電車で向かったとのこと。アップロードされた東京ビッグサイトの写真には、例のフォントで「チャリで来た」と書かれていました。

道中でもかなりの支援物資があったことから、会場でもさまざまな反応があったはず、現地での様子はどうだったのかという質問には、「コミケ会場ではツイートを見てくれていた方からお声を掛けていただくことが多数ありました。サークルに顔出す度に拍手とか頂いたりしてました」という回答。いやぁ、本当にすごい。

●天下の険はママチャリで2度超えられる

そして、コミケ終了。Twitterも何もフォローしてない前の会社の上司にママチャリで東京来たことがバレているという想定外の事態に見舞われながらも、第2ラウンドが始まります。そう、このママチャリコミケは、まだ折り返し地点。ここからチャリ帰宅が始まります。

帰り道にも箱根超えを選択し、2度目の戦いへ。13時30分~16時まで、およそ2時間30分かけて帰りも無事に箱根を登りきりました。すごい根性です。帰りの1日目は、箱根を越えて進んだところで終了。

2日目は、夜中の2時から進行を開始。早朝の6時には静岡駅を越え、さわやかを超え、すさまじいハイペースで進んで行き、フォロワーから「ランナーズハイになっているのでは」と心配する声も。確かに、ママチャリとは思えぬハイペースです。

そして17時には、愛知県入りを達成。は、速い……! さすがに家までは到達できず、3日目に持ち越し。

●完結!

迎えた帰りの3日目は、朝の7時前から進行を開始、そのまま一気に進み、10時には家に到着! お疲れさまでしたぁぁ! 行きは77時間。帰りは50時間での到着でフィニッシュ。

まさに「すごい」の一言としか言いようのない“チャリコミケ”。その他にも気になったことを聞いてみました。

―― 今回一番大変だったのはどのエリアでしたか

べしさん: 一番大変だったのは箱根と言いたいところなんですが、静岡半ば辺り、島田とか掛川辺りですね。迷子になった上にルート修正するために無駄に山を登って炎天下の下走るのは大変でした

―― 友人宅到着後と帰宅後、それぞれ筋肉痛にはなりましたか

べしさん: 東京に着いた瞬間はかなり筋肉痛になっていました。ただ、帰りについては漕ぎ慣れたためか分かりませんが、筋肉痛はほぼ無かったですね。

―― 水分は往復で合計何リットルぐらい摂りましたか

べしさん: 行きは時間も掛かって自転車もあまり漕ぎ慣れていなかったのもあり、1日4リットル×4くらいで、15~16リットルくらいは飲んだと思います。帰りはあまり時間を掛けて無かったのと比較的涼しかったのもあり、3リットルくらいで済んで、合計20リットルくらいは飲んでたんじゃないかなぁという感じです。

―― 出発前と後でフォロワー数は何人から何人になりましたか

べしさん: 出発前2100人くらい→1万2000超ですね。東京に入る前日に1日で6000人くらい増えました。

―― 出発前後で家族から何か言われましたか

べしさん: 「ばかじゃないの?」とか「肌黒っ!」って言われたくらいですね。両親がネットを使えないので、騒ぎになってることは知らないみたいです。

―― 次回以降同じような挑戦をする人がいたとしたらどのようなアドバイスを送りますか

べしさん: 時間は掛かっても誰でも挑戦し達成できるようなことだと思うので、ぜひぜひ頑張ってほしいです。

コミケの裏で行われていた、すごい挑戦の一部始終でした。もし次回のコミケで挑戦したいという方がいたら、服装や靴の選択にご注意ください。また、箱根の山道も危険なので、交通安全にも十分ご注意を。

画像提供:べしさん

ねとらぼ

名無しさん
4時間前
読んでて結構面白かった。
アホな記事だけど、どこか羨ましくもある青春!って感じ。
全然知らなかったけど、お疲れ様です。
名無しさん
2017/08/23 18:28
とても良い記事ですね!
ワクワクしました!
やはりどの時代もこのような挑戦はカッコイイし、憧れますね。
ただ炎天下の中なので熱中症で倒れないで下さい。
コミケも仕事も身体が資本です!
名無しさん
2017/08/23 18:41
自分探しの旅をする
漫画を思い出した
アニメもあったが
実写もあったな
名無しさん
2017/08/23 18:43
こういう馬鹿は嫌いじゃない。
名無しさん
2017/08/23 19:27
若いから時間も体力もあって良いねー。
こういう馬鹿は、なかなか思っても実行できないからね。
いろいろな意味で羨ましいよ。
名無しさん
2017/08/23 19:46
なんだろうな、チャレンジスピリットというか
何も考えないバカというかw
でもこの子何でも出来そうな気がするな
天性の何かを持ってそうw
名無しさん
1時間前
べしさん、マジカッコいいですよ。
(*゚∀゚*)
中でも1番羨ましい?のはさわやかサンにデビューした事です(笑
名無しさん
1時間前
長距離を乗った人なら解かると思うが
ママチャリのシートは
クッションが良いように思いますが
長時間座っているとお尻が痛くなります
変速が無いタイプだと膝への負担も大きく
大変だったでしょうね・・・
名無しさん
51分前
さわやかは、確かに旨い!美味いは最強
名無しさん
4時間前
いつも長い記事は読んでがっかりするものが多いのですが、すごく面白かった!
車で名古屋から東京まで行く勇気がない私には、すごくワクワクする内容でした。
名無しさん
2017/08/23 18:31
題材のみならず、ライターの腕もいいよね。
名無しさん
2017/08/23 18:44
↑確かにライターの腕次第では単なるチャリで遠出しただけのツマラン話になるところを、シンプルで読みやすいのに飽きさせないというか、こういう書き方って目立たないけど難しい。
名無しさん
3時間前
ちょいちょいオタク向け表現使ってるのも、いいね。
名無しさん
2時間前
姫、姫♪
名無しさん
1時間前
長い文章だけど、いつの間にか読み終えてた(笑)
コメントを全て開く
名無しさん
4時間前
この人は道中どこで寝泊まりしてたのかな?
東京では友人宅なんだろうけど、公園のベンチとかなのかな
すごい根性だわ
名無しさん
2017/08/23 18:03
宿って書いてあるから民宿かビジネスホテルみたいなとこじゃないのさすがに
ネットカフェとかかもしんないね
名無しさん
2017/08/23 18:04
ネットが一般化していない30年以上も前のことだったけど、
東北から一週間位かけて歩いて会場に来たとかいう人もいたりして
(もっとも、事実かどうかは定かでないが)
そういったことも含めてすべて楽しもう・・・というのが、コミケというイベントだったりする。
名無しさん
2017/08/23 18:45
パンク修理キットを持ち出すあたり、相当なプロやな
名無しさん
2017/08/23 19:32
ネカフェ泊はいいが、ママチャリは辛い。
せめてクロスバイクにしたい。
高級バイクに見えると寝てる間に盗まれるからかな。
名無しさん
1時間前
仮に民宿やビジホ、ネカフェ(飲食費もプラスで)を利用しているなら高速バスや在来線乗り継ぎの方が早くて楽だったような…
さわやかが食べたい気持ちは大変同感ですがね。
名無しさん
55分前
リアタイでtwitter見てた。温泉施設とネカフェだったような。
名無しさん
26分前
>ネカフェ(飲食費もプラスで)を利用しているなら高速バスや在来線乗り継ぎの方が早くて楽
早さや利便性ではなく必要経費重視と冒険心なのでしょう。
飲食費?
外出しなければ不要になる訳でも無いでしょう。
時間になると食事が用意して貰える人にとっては、外出しなければ無料で食べれるものという感覚なのでしょうか。
食材も、食材を買ってきて調理して片付ける労力も決してタダではありませんよ。
名無しさん
4時間前
ママチャリだとサドルを高くするとすっぽ抜けるから高く出来ないんだよね。
サドルを高く出来ないと足が伸びないからキツい。カゴとか荷台もけっこうな重量になるから、スポーツ車よりはるかに大変。
よく頑張ったなあ。
名無しさん
3時間前
長い記事は途中で弛む時が多いけどこれは読み応えあって面白かった!ライターさんの書き方もテンポよくって読みやすかったし。
しかしコミケには色んな猛者が参加するんだなぁ…
あと「さわやか」…文中にやたら出てくるせいか気になる…ハンバーグ食べたくなって来た…
名無しさん
4時間前
昔、一人旅ばかりしてた頃に原チャリで箱根を越えた事あるけど、それでもキツいなぁって感じたのに、凄い根性です。
色んな所へ旅して、トラブルも含めてより多くの経験を積めるってのはエエ事ですよ。
名無しさん
3時間前
箱根車で超えたけど、群馬の山のほうがやばいお
名無しさん
2時間前
まあ、群馬の方はずーーーっと登り坂だしね。
名無しさん
3時間前
盛夏が過ぎた時期に、いい記事。
読んでいて、ほっこりしました。
ちょっとした冒険譚ですね(笑)。
自分は、ヤフコメ以外のSNSはやらないし
ツイッターなどは詳しくないのですが
この記事の主役の、べしさんの行動を知って
いろんな方々が応援したり、差し入れを準備したりと
それは、とても素敵なことだな、と思いました。
名無しさん
3時間前
ヤフコメが…SNS…!?
名無しさん
3時間前
読んでて面白かった!羨ましいです。
大学生の時に本州〜九州日本縦断の旅をロードバイクで走ったのを思い出しました。総距離4000km、日数30日で走りました。
楽しかったし、42歳の今になって良い経験をして良かったな〜、と感じてます。話のネタにもなるし、出来るなら死ぬまでにもう一度やりたいですね。
やるなら江ノ島〜日本海までの本州横断をやってみたいですね。
名無しさん
4時間前
愛知県民なら
ケッタと言ってほしかったなぁ
名無しさん
2017/08/23 17:53
ケッタをけった、ぶっこわけった。
名無しさん
2017/08/23 18:28
谷川俊太郎の詩を思い出した。
名無しさん
2017/08/23 18:47
ケッタマシーンじゃなかったっけ?
名無しさん
2017/08/23 18:53
八丁味噌塗りたくり山ちゃん
名無しさん
2時間前
中学のときの担任が、
ケッタクソマシーンって、言ってた。
名無しさん
2時間前
名古屋育ちだけど、ケッタなんて小学生の頃しか言わなかったと思う。
中学生の頃はチャリ。
高校以降は普通に自転車と言ってたな。
自分もケッタマシーンと言った事はあるけど、小学生がふざけて言うもので、普段からそう呼ぶ人はいないと思う。
名無しさん
1時間前
ケッタじゃ「チャリで来た」って言えないじゃん
名無しさん
3時間前
こういった『身近な天才』が
コミケには間違いなくいらっしゃいますね。
コミケに疎いわたしですが、
仕事をキッチリされる方々が多いです。
したがって、企業面接官をコミケにいかせて
スカウトしたらいいと思います。
名無しさん
4時間前
この人も山の神だ
名無しさん
2時間前
トラックで横浜から愛知まで帰る時に東名は帰省渋滞で大井松田まで下道を走ってた時にパトカーとトラックの事故現場を見たなんでこんなとこでって思う所やったけどチャリの職質で停まってた所にドンやったんやな思わぬとこで繋がってビックリ
名無しさん
2時間前
あーだこーだめんどくさいですね
素直に、凄い
真似できない
この記事を拝見し、とても心が踊りました
羨ましい特にビーサンが良かったです
本当に気が向くままこういう行動力を実行できるか、「しないか」それが全てだと思いました
悲しいニュースが多い中で心踊った数少ない快挙だと感じました
最後に、きっかけが面白い、道中の然り気無い優しさが良かった
最後までやり遂げたしかも往復w
時が経た後の宝物も自力で手に入れましたね
(´ー`)
お疲れ様でした
名無しさん
3時間前
久々に読んでて楽しくなる記事でした。
大変な旅だったでしょうに。『終わったらもうやらねぇ』と思ったのでは?
でもこの人、しばらくしたらまたやりたくなりそうですね。
来年は東海道五十三次をチャリで駆け抜けているかも!?
名無しさん
4時間前
箱根か熱海かは迷いどころですね。箱根経由だと坂がきついけど、熱海経由だと道が狭いから横を車がハイスピードで抜けていくというリスクもありますからね。
名無しさん
3時間前
遠回りになりますが国道246号経由という方法がありますよ。
名無しさん
2時間前
感じ方は人それぞれだけど、面白い挑戦でしたね。
ご苦労様です。無事で良かったですね。
高校生の頃、約100キロ(1日で)走ったけど、日数増やしても700キロはちょっとねぇ。
名無しさん
2時間前
若いからできる事かなぁ
羨ましい自分も還暦過ぎたが暇があればやってみたい死ぬかなぁ……
名無しさん
2時間前
いつかやってみたいチャリでの県越え。
でも今はそんなに仕事休める余裕ないし、休める頃には体力のない年齢になってそう。
でも夢ではあるなー。
名無しさん
3時間前
8月8日は平日、仕事はどうしたnd(ry
学生かと思ったら、失業中だったのか
名無しさん
4時間前
面白いやつじゃん
名無しさん
1時間前
読んでてワクワクしますね(^^)
遠い昔に忘れて大切な事を思い出しました、人生にワクワクを(^^)
ありがとうございます。
名無しさん
1時間前
これは巧妙なさわやか宣伝記事w
食べたことある人はあの味を思い出し、食べたこと無い人はどんな味なのか想像してしまう。
名無しさん
3時間前
スゲーとは思わないけど、なんかいいなぁ〜って言うかある意味青春じゃないかなって思うかな。
名無しさん
46分前
愛知のトヨタで期間工として働いてた時に、ママチャリにドロップハンドル、ヒンディグペダルをつけて東京を目指した事を思い出したわ!
菊川〜島田に抜ける坂登って心折れた俺は、
速攻浜松まで戻ったよ
サッカーもロードもやっていて、体力に自信あったけど、この子すごいな。すごい!
Twitterで助言や応援してくれた人が居たのも力になったんだろうな。
こんな青春できる、勇気分けて欲しいわ。
名無しさん
2時間前
ちゃんと取材した記事になってて面白かった!読みごたえがあった(笑)
名無しさん
1時間前
字だけだったけど、読んでて面白かった!
最後は電車かい!って思ったけど、そこもオチみたいで面白かったし、リアルでウケた。
名無しさん
4時間前
よく倒れなかったな
箱根より246号周りの方が良かったんじゃない
ケツの皮は大丈夫だったのかな?
名無しさん
10分前
最後まで面白い記事だった!
箱根越えはきついよ、半端ないよって言われてるのに
箱根越えを選択。なんでやねん(笑)のとこが特に。
ネタでやってみると面白そう
と考え付くのはまだしも
距離が現実的じゃない上に
それをやり遂げたってところがすごい
真似は出来ないけどw
ちょっと体力ある程度じゃ絶対無理だしょ
名無しさん
3時間前
自分も20年前の夏、東南アジアを旅して、鹿児島でママチャリ買って東京まで野宿で帰ってきたが、まあ大変だったよ。
九州ではゲイにケツ掘られそうになるは、ワンパクな青年達に拉致られそうになるは、東南アジアでうつされた毛ジラミが発症してスミスリンパウダーを股間に散布しながら必死にチャリ漕いだ地獄の日々を思い出したよ。
シャワーは公園の障害者トイレで水浴び、大阪では西成あいりん地区でルンペンとカンカン拾いのお手伝い(T_T)
そして、箱根の峠越えは正に地獄のハイライト、登りはほぼ手押し。
しかしなが、道中、食べ物を恵んで貰ったり、夏休みの青年達に暖かい声を掛けてもらったり、家に泊めてくれた人もいましたね。
今となっては、いい思いでです。
名無しさん
1時間前
面白かった。
地元が近い私からすると「車」って選択肢がそもそもないのが不思議。。。
前の会社の上司とか言ってるから大人だよね?
小牧在住の社会人なら普通にクルマもってるとおもうわけだが。
んでもって豊橋から小牧まで2時間くらいでついてるのが驚異的なんだけど???
豊橋なんて浜松県じゃん…。
名無しさん
8分前
前に大阪から東京まで、折り畳み式のミニで行きました。きつそうな道は電車を利用しました。さすがに箱根峠は怖くて疲れていたので、三島から藤沢まで電車を利用しました。しかし、鈴鹿峠は旧道を越えました。西から進むと鈴鹿は案外と楽でした。峠を下る時、少しだけ、肩に担ぐところがあります。薩田峠も西から越えると峠まで担いだり、押したりでしたが、案外楽でした。ママチャリで箱根峠を越えられるとは凄いと思います。自転車旅は楽しいです。
名無しさん
3時間前
長距離を自転車で移動する場合、実はママチャリが一番楽だってのを
北海道走ってるチャリダーから聞いたな。結構見かけたし。
曰く、パンクしない。どこでも修理してもらえる。積載が簡単。乗車姿勢が楽。だそうだ。
「上り坂が辛いなんてのは自転車であるかぎりどれでも変わりねぇっすよwww」
って言ってたのが印象的だった。
名無しさん
3時間前
行きは目的あるから目的があるしテンション高いから行けるんだけど帰りがね…輪行しちゃうよねー。
まあ彼はSNSで目立って往路もテンション高く帰れたんでしょうね
名無しさん
3時間前
愛すべき馬鹿ってやつですね。
何はともあれ、お疲れ様でした。
名無しさん
3時間前
金はないけど、なんとしても行きたかったんだろうね!いい根性してるね。
その根性、今後どこ向くのかな?
名無しさん
48分前
運動不足だとママチャリ1日30-40kmくらい走るとその場か翌日寝起き辺りにうーんと伸びをするとふくらはぎ辺りこむら返りになりやすくなるな自分は
運動不足の一般人は10kmまでなら余裕、20km走ると翌日少し疲れ残る可能性ある、30kmくらいまでなら長距離走ったことない人でも無理ない程度にやれるってラインだと思う。
さすがにちょっと無謀レベルはやめとけ
名無しさん
3時間前
画像提供と書いてあるが画像が無いというね
名無しさん
1時間前
こういうアホだなあと思わせつつも、誰にも迷惑をかけていないっていうような挑戦はいいよなあと思う。
名無しさん
2時間前
さわやかはカロリー高そうだからさわやかではないが無謀な挑戦を見事達成した君にはさわやかさを感じる
名無しさん
1時間前
こんな長い記事は初めて最後まで読みましたが
凄く面白くリアルに感じ取れました。
お疲れ様でした。
名無しさん
2時間前
そういえば自転車のアニメ、あったなぁ。
名無しさん
2時間前
なんかのバラエティー番組みたい。
これで宣伝になり本格的に番組出演しそう。
名無しさん
1時間前
リアルタイムでこの人のツイートを見ていたけど、ツイートを見て現在地を把握して差し入れしてくれる人がいたり、困っていそうなツイートなら助言リプする人がいたりでなかなか感動した。
名無しさん
4時間前
東京都区内~名古屋市内の新幹線のぞみ号では、
運賃6260円、指定席特急料金(繁忙期)5030円。
正規の運賃料金の往復合計額22580円。
金券ショップの回数券は使えなくとも、
JR東海の株主優待券を利用すれば2万円弱。
ハンバーグチェーン店に、少なくとも5度は
立ち寄っているので、間違いなく赤字収支。
それでも青春のリビドーを発散した彼の行いは、
誰にも止められないと行ったところでしょうか。
名無しさん
2時間前
書き手の愛を感じた(笑)
名無しさん
4時間前
人に迷惑かけるやつより全然いい️
きっと思い出になる。
名無しさん
52分前
余裕で電車やバスで行く金があったのがわかるだけに、この暑い中スゴいな
名無しさん
2時間前
それぐらい仕事も頑張ろうね
名無しさん
3時間前
あれ?名古屋?小牧じゃ無かった?
名無しさん
4時間前
小野田坂道かと思ったが、読んだらもっとすごかった。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.7.5

「かいけつゾロリ」1作目の続編が31年ぶりに登場 ゾロリがふたたびドラゴン退治に

 ポプラ社は年7月3日、絵本シリーズ『かいけつゾロリ』の63冊目となる新作にして、第1作目の続編である『かいけつゾロリのドラゴンたいじ2』を…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。