寝たきりの父を殺害しようとした疑いで息子逮捕、介護疲れか

 千葉県大多喜町で、寝たきりの父親の首を絞めて殺害しようとしたとして、同居する62歳の息子が逮捕されました。

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、千葉県大多喜町に住む服部和男容疑者(62)です。服部容疑者は6日午前8時20分ごろ、自宅で父親の恭治さん(88)の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。

服部容疑者は「父親を殺した」と自ら110番通報して自首し、警察官が駆けつけると、恭治さんは布団の上で既に死亡していました。服部容疑者と恭治さんは2人暮らしで、恭治さんは寝たきりの状態だったということです。

服部容疑者は「2人で生きていくことに不安を感じていた」と話しているということで、警察は容疑を殺人に切り替え、捜査しています。(06日18:36)

TBS News i

名無しさん
50分前
やったことは悪いことに違いないが、私は彼を非難する気にはなれない。たぶん同じような境遇にいる人でなければ彼の気持ちはわからないと思う。
名無しさん
51分前
このニュースを聞くと辛いね。
他人事ではないと思っている。
「ウチのところはそんなことないよ」と思ってもある日突然やってくるかもしれないからな。
名無しさん
39分前
介護大変だっただろうな。
情状酌量の余地があるから減刑を希望する。
このような事件が起こらないように日本にもスイスのように早く安楽死制度を導入してほしい。
名無しさん
12分前
明日は我が身…老老介護が当たり前になってる今の日本、これからこの手の事件は増えるでしょうね
この人を責めることはできない
名無しさん
23分前
1人ではどうにもならないことが世の中にはあると思う。
長年付き添った家族を殺したいと思う人間は誰もいない。
彼は自分が自分で亡くなってしまうほど自分を追い詰めていたのだと思う。
名無しさん
51分前
貧富の差、格差社外が拡がると、こーなるのでしょう…。
名無しさん
6分前
介護してたら一度は思うんじゃないの?私は母に何度殺意を抱いたか…
ちなみに私は1人で母の介護をしてるわけではない。
それでも思うんだよ。次に新聞に載るのは自分かも知れないって。理性が少し残ってたから手を出すことはなかったが、ストレスは半端ない。
周りに相談しなかったのか、と言う人いるけど、
ケアマネやヘルパー、施設利用してても、介護してる人間の負担やストレスは意外に減らないのも事実。
実際我が家は全てのサービスを利用してるがそれでも面倒見てる日も減らない。
多分限界超えちゃったんだね、他人事とは思えないから悲しい
名無しさん
52分前
こいつがいなければとっくになくなってるモノだ
責める理由はない
名無しさん
51分前
超高齢化社会の縮図・・・

あなたならどうしますか?
ぼっち介護になった時

と問われている気がする・・・

名無しさん
47分前
介護疲れが理由で、介護されてる人を殺すのは致し方無いから、このケースでの殺人は、ぜひ無罪にして合法化すべきだ!
そうなれば、介護する人も増えるだろう!
名無しさん
46分前
ケアマネや介護保険はどうなってたんだ、独りでしょいこむなよ
名無しさん
2分前
親族の介護疲れ
親族側の異常は気づいても
自分で気づいて自分で自分の意思で病院行ってねって
はなしはきくけど見て見ぬ振りというか・・・
名無しさん
34分前
介護やってたら仕事さえできないからね、ほんと。
おっさんになって普通に小料理屋で女将と一杯なんて、もう夢でしかない。
介護の問題はずっと昔からあったわけだけど、今の年寄りは病気になっても、薬がいいもんでトコトン長生きするから、子どもは人生を奪われっぱなし。
嫁は出ていく、年寄りは残る、仕事がないので金もない。
生活だって考え方だって家そのものまで荒れていくよね。
年寄りの介護が終わったら、すべてを失った自分が介護受ける年齢だったりするからね。
日本の国会議員さん、毎日国会でよくあんなに遊べるなと思う。
名無しさん
53分前
安楽死合法化するべきだ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.1.12

「もう私の時代は終わった」「『相棒』だってよく分かんない」 橋田寿賀子さんが語るホームドラマと家族

 脚本家の橋田寿賀子さん(92)は、話題になったドラマを数多く生み出しました。豊臣秀吉の妻の目線で歴史を描いた「おんな太閤記」や、最高視聴率…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。