インフル薬“異常行動”めぐり厚労省が「施錠」など通知へ

 インフルエンザの治療薬を飲んだ子どもなどが「異常行動」を起こす報告があとを絶たないことを受け、厚生労働省が近く「部屋に鍵をかける」といった具体的な対策を呼びかける方針を決めたことがわかりました。

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

厚生労働省によりますと、タミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬を飲んだあと、急に走り出した、部屋から飛び出そうとしたといった異常行動の報告が昨シーズン54例ありました。いずれも薬との因果関係は不明です。

厚労省はこれまで、「薬を飲んだあとの2日間は子どもを1人にしない」よう呼びかけていましたが、異常行動の報告があとを絶たないことから、新たな通知を出す方針を決めました。

新たな通知では、部屋に鍵をかける、飛び出しや飛び降りを引き起こす環境に子どもを置かないといった具体的な対策を呼びかけることを検討しています。(22日23:35)

TBS News i

名無しさん
3時間前
まだこんなこと議論してたのか。
抗インフルエンザ薬登場以前から異常行動は知られており、調べたらインフルエンザだったってケースはいくらでもあった。
抗インフルエンザ薬の適応が発症48時間以内(ウイルス増殖期)のため一番異常行動の出やすい時期と重なり、結果的に投与後に異常行動がみられることがあるというのはもう常識だろう。
抗インフルエンザ薬投与後ではなくインフルエンザ発症後の警告なら理解できるが、これはお役所の無責任対応としか思えない。
名無しさん
43分前
そもそも、薬って中枢神経を騙すわけだからさ、異常が出るのは当たり前。
薬ではなく、野菜食べな?
名無しさん
39分前
インフル薬関係なしで
街中で異常行動な人よく見かけるぜ
名無しさん
37分前
炎症性サイトカインが脳の機能異常を引き起こすことが分かっています。炎症性サイトカインは、風邪・肺炎・キズなどで放出されます。この脳機能異常を「せん妄」といって、様々な病気でありふれています。インフルエンザは通常の風邪よりこのサイトカインが急激に放出されるので、激烈な症状になると解釈されます。
ということで、薬は関係ありません。38〜40度の子供を監視せずに放置すること自体が児童虐待という概念は、欧米では常識です。欧米で抗インフルエンザ薬の”副作用”が全く問題視されなかったのは、この常識があるからです。もちろん、副作用であることは定されていますが。
名無しさん
31分前
不安な人は初期であれば麻黄湯で
同等の効果が得られることを
知識として知っておくべき。
名無しさん
30分前
薬の影響も有るだろうけど、インフルエンザ自体錯覚や現実と夢が混乱する事があるね。
子供の頃そう言う経験有るし。
名無しさん
25分前
リスクはあるが、人は病気を繰り返すことで、強くなる部分もある。適度に風邪をひくことも自然のあり方。タミフルとかで治しちゃうのは、どうなんだろう?
名無しさん
25分前
本物の「馬鹿」だな厚生労働省!!!
日本人を監禁する事しかしない!!!
「部屋に鍵を掛ける」じゃなく、薬を禁止にして、製薬企業に対策させるべきだろ!!!
名無しさん
22分前
タミフル脳症怖いですね
名無しさん
20分前
ホントアホだな!薬のせいでそうなるから特記してるに決まってんだろ!本当に因果関係が無いならそんな事書くわけないだろ!国益重視の国だからな。
名無しさん
16分前
外からカギがかかる部屋なんてないよ。普通あるの?
部屋から出られないようにしたけど窓から飛び降りちゃったとかあるじゃん?
できるだけそばにいて行動を確認してあげましょう!
でいいんじゃないの?
コメントを全て開く
名無しさん
12分前
あー、なるほど
薬の副作用ではなく、インフルエンザという病自体が人に与える影響か
確かにそれは言えるかも
勝手にクスリの影響とばかり思ってたけど、そうとも言えないのね・・
名無しさん
12分前
議論というより薬飲んで異常行動した子の親がクレーム入れるから仕方なく対応してんでしょ。
名無しさん
6分前
漢方薬も風邪症候群やインフルエンザ治療で有効と認められている。
現在インフルエンザの保険適応があるのは、
麻黄湯、柴胡桂枝湯、竹茹湯胆湯の3つ。
それぞれ患者さんの症状・進行状況に応じて、
使い分けることが肝要。
市販薬として売っているこれらの漢方薬を
常備することによって初期対応・重症化を
予防することが可能となる。
また中国では新型インフルエンザウイルスに
対して桂麻各半湯や銀翹散で治療効果を
上げていた実績は無視できない。
厚労省も漢方治療の有効性を
再認識すべき時にきている。
名無しさん
6分前
タミフルとの因果関係が無いなら、この書き方は矛盾してる。
タミフルを投与していないインフルエンザ患者も同等にしないとつじつまが合わない
名無しさん
1分前
タミフルで子供が自殺したら、鍵をかけて監禁しなかった親の責任であり、製造した製薬会社に責任は無い。
これが政府の見解。
名無しさん
1分前
薬を否定すると、結構の量の青ぽちが増えるな。これもタミフルによる副作用の様なものか。
名無しさん
たった今
>抗インフルエンザ薬投与後ではなくインフルエンザ発症後の警告なら理解できるが、これはお役所の無責任対応としか思えない。
人体なんて、まだ全体の3割弱しか解明されてねぇ~のに、役所の無責任とかアホジャン!w
とりあえずの対応をしてるのを、一々否定してるんじゃねぇ~って
お前が論文でも出してみろ・・・・・・・・・・・カスッッッッッッッッ!!
名無しさん
3時間前
薬の副作用らしき事よりも、
その時すでにインフルエンザ脳炎に及んでいないか気になる。
名無しさん
1時間前
インフルエンザ脳炎そのものが薬の副作用じゃないかって話もあるけどね。
名無しさん
36分前
炎症性サイトカインが脳の機能異常を引き起こすことが分かっています。炎症性サイトカインは、風邪・肺炎・キズなどで放出されます。この脳機能異常を「せん妄」といって、様々な病気でありふれています。インフルエンザは通常の風邪よりこのサイトカインが急激に放出されるので、激烈な症状になると解釈されます。
ということで、薬は関係ありません。38〜40度の子供を監視せずに放置すること自体が児童虐待という概念は、欧米では常識です。欧米で抗インフルエンザ薬の”副作用”が全く問題視されなかったのは、この常識があるからです。もちろん、副作用であることは定されていますが
名無しさん
33分前
インフルエンザ脳炎の確率をNSAIDsがあげることは事実です。しかし、確率を上げるということは「原因」ではなく「増悪因子」、ということです。
因果関係、相関関係、促進・減弱因子、これらの違いをしっかり認識しないと、健康系のデマ記事にころっとだまされます。
名無しさん
23分前
yamyamさんのおっしゃる通り、因子だという意見もあります。
ですが脳炎が発生しているのに脳内からインフルエンザウィルスが発見されない事を疑問視する意見もありますので、この辺はどちらを信用するかではないでしょうか?
少なくとも抗インフルエンザ薬がインフルエンザ脳炎を重症化させる副作用があることは実証されています。
40度を超えるようなら別ですが、38、9度の熱に堪えるのと、脳炎の重症化のリスクと、どちらが虐待なんでしょうね。
アメリカはそういう部分に関しては過敏になる傾向がありますので、その辺りも考慮してよく考えるべき問題であると思います。
ちなみに39度の熱が一週間くらい続いたことがありますので、お前がなってみろの類のご意見はご遠慮ください。
名無しさん
13分前
それ以前に、薬を飲むリスクと飲まないリスクの
どちらが高いかを国民に報告しないと、逆に悲惨な
結果をもたらしかねない。
名無しさん
29分前
薬を服用しなければ起きなかったのか?
薬を飲まないことの危険性の方がはるかに大きいと思うのに、厚労省からのこの通知。
異常行動は発熱から来る脳へのダメージでしょう。薬が原因と考えているようでは、原因究明は長引くでしょうね。
名無しさん
13分前
それ以前に、薬を飲むリスクと飲まないリスクの
どちらが高いかを国民に報告しないと、逆に悲惨な
結果をもたらしかねない。
名無しさん
3分前
薬は毒です。
病気は治りません。緩和出来ますので、必要に応じて処方するようにしましょう。
名無しさん
3分前
maa*****さん
無責任なこと言わないで!
明らかな脳炎がなくとも異常行動が出ている故の問題。
そして今更このような通知をさせるというのは製薬会社との政治的癒着が起こした後手後手の対応。
なぜいまさらなのか?
明らかに関連があるにもかかわらず因果関係なしなどという結論を出していたのか?
根深い問題があります。
国民が「これは脳炎が原因だろ」などと的外れなことを言い出せばより混乱を呼ぶだけです。
憶測で判断して書き込まないでほしい。
別に説教をしたいわけじゃないけど、その間違った情報で困る人がいるからです。
名無しさん
22分前
インフルエンザ、息子は薬に関係なく、異常行動起こします。
ですから、もちろん一晩は、絶対目が離せません。
譫言も酷く、突然泣き出したり、部屋中ウロウロしたり、施錠したところで、解錠して外出ますよ。
ホントに脳症とかにならないか、毎回不安で心配です。
でも少しでも熱が下がれば、普通ですし、普段も持病もなく普通に元気です。
なにが本当なのか、正しい情報が欲しい。
引きかえ、娘はひたすら寝て治るタイプ。
子供よっても様々です。
名無しさん
3分前
薬剤師をしております。
御指摘のとおり、インフルエンザ治療薬を使われていなかった患者様にも、同様の症状が現れることは知られております。
仰るとおり、息子さんも娘さんも、目を離されないようにされておいて下さいませ。
名無しさん
27分前
インフルエンザ罹患時の異常行動は、抗ウイルス薬服用の有無に関係なく発生します。「抗インフルエンザ薬を服用した場合は要注意」と通知すると、服用していないインフルエンザ患者の異常行動への対応が遅れてしまうのでは。
大体OTC医薬品を含む全ての医薬品には副作用のリスクが有り、服用後は十分に気をつけるのが常識。
名無しさん
6分前
正論です。そもそもインフルエンザ罹患時は異常行動起こしやすく、逆に異常行動を起こした子供を調べたらインフルエンザだったということも多いです。タミフル服用の有無に関わらず十分に注意しましょう、が正しい対応。
名無しさん
19分前
インフルエンザの高熱で異常行動がある男児を救急外来で見ました。抗インフルエンザ薬は服用前。
服用してもおかしいと来院されていましたが、いずれも高熱が継続。

子宮頚がんワクチンといい、偏った思い込みは判断がぶれ、結局誰も得しない

名無しさん
24分前
子供の頃、高熱が出ると現実なのか夢なのか…よくわからない気持ち悪い感覚に襲われた事を少なからず今でも覚えている。大人になったら、なぜかあの嫌な感覚が起こることはなくなったが、子供の頃は高熱がでただけで自分でもおかしな行動をとっていた微かな記憶がある。
個人的に思う事だが、薬を飲むタイミングにたまたま高熱の影響で、異常な行動をとってしまっているだけな気がする。まさか、インフル患者に薬を飲ませない場合の比較対象実験はできないだろうし、高熱がゆえの異常な行動なような気もするけどな…
名無しさん
55分前
まる2日じっと見てろって言われても、物理的に無理だよ。
看病する人だって睡眠するし、風呂に入るし、近所に買い物とかの間に、わが子が異常行動で窓から転落する事故も起きている。
名無しさん
37分前
トイレも行くし、食事だって支度しなきゃ子供にもあげられませんよね。窓の鍵だってかなり小さい子でも手が届く(それでお母さんがベランダに締め出される話を聞く)し、実際無理ですよね・・・。
あと中学生くらいで異常がない場合、そんなに親に張り付かれてたら治る物も治らない気もします。
名無しさん
32分前
38〜40度の子供を監視せずに放置すること自体が児童虐待という概念は、欧米では常識です。欧米で抗インフルエンザ薬の”副作用”が全く問題視されなかったのは、この常識があるからです。もちろん、副作用であることは否定されていますが
名無しさん
8分前
子供の看病を二人以上でできたらいいんだけどなあ…
現実的には親と同居とかじゃないと無理だものね。
名無しさん
15分前
タミルフのせいかは分からないけど、
大人の私ですら目を閉じる度に映像が見えていた。悪夢のような映像だった。
寝ているわけではなく、むしろ全く寝られなくて困っていたのですが。
もうインフルはかかりたくないなぁ
名無しさん
1分前
以前問題になった時に、服用の有無と異常行動に有意差はないとの報告じゃなかった?かえって現場(患者、医療機関)を混乱させてしまう。
名無しさん
8分前
タミフルもリレンザも、子供がインフルエンザのとき大変でした。
夢にうなされて深夜に大声出したり、
夢と現実がわからなくなって、責めてきたりと、落ち着かせるために抱きしめるにもほとんどプロレス状態。
毎年大きく強くなる子供に限界を感じ、R1ヨーグルトを朝食に摂ったら、今のところ大丈夫。
名無しさん
2分前
因果関係が公式に証明されていないが、現に死者が出ている。
確率は低い、とはいえ一定の率で異常行動が発生し、運が悪ければ死に繋がるわけだ。
子供でのみ問題になるということは、用法・用量が大雑把過ぎるのではないか? 薬剤は体中に薄まって広がるから、体重に応じて細かく量を調節しないと怖い。個人差もあるしね。
ただ、インフルエンザの治療ごときで子供の人生が奪われる可能性があることが許せない。治療薬が無かった時代には無かった脅威で、それが無くても治療手段はあるのだからね。まぁ、医師の処方が必要な薬は、多かれ少なかれ副作用があるものだが、低確率で発生する副作用を医者は無視する。子供を守れるのは親の判断だけですよ。
名無しさん
22分前
高熱による幻覚じゃなくて?
昨年、インフルになって40度近い熱が出たときに、久しぶりにその幻覚を見た。
恐怖を感じるとかではないけど。
子供の頃も恐怖心はなかったけど、なにを見るかは人それぞれやからなんとも言えんが。
名無しさん
たった今
高熱に慣れてない子どもに多く見られるだけでは…大人の自分も奇行でハッとすることは多々ある、インフルエンザにかかったときは特に悪夢を見てるような感覚に陥りやすくて大変よね
大人もインフルエンザには気をつけてほしい…最近かかったが生きた心地しないわあれ
名無しさん
3分前
これって薬が原因なのは確定しているの?
インフルエンザ脳症とかじゃないの?
名無しさん
27分前
インフルエンザ薬が熱下がるわけじゃないし、熱でりゃ意識も朦朧となるだろうし、家族がちゃんとついてないとね。
知識としてインフルエンザで異常行動があるかもしれないってのは啓蒙しておかないとね。
名無しさん
40分前
ホラー映画のシーン想像しちゃって急に部屋から飛び出してくる子供とか怖い…。
名無しさん
1時間前
年齢制限でとっくに解決したものと思っていた
他の要因なのか?
処方前にわからないのか?
名無しさん
35分前
薬の副作用やなくてインフルエンザそのものが原因やからね。
名無しさん
34分前
炎症性サイトカインが脳の機能異常を引き起こすことが分かっています。炎症性サイトカインは、風邪・肺炎・キズなどで放出されます。この脳機能異常を「せん妄」といって、様々な病気でありふれています。インフルエンザは通常の風邪よりこのサイトカインが急激に放出されるので、激烈な症状になると解釈されます。
ということで、薬は関係ありません。38〜40度の子供を監視せずに放置すること自体が児童虐待という概念は、欧米では常識です。欧米で抗インフルエンザ薬の”副作用”が全く問題視されなかったのは、この常識があるからです。もちろん、副作用であることは否定されていますが
名無しさん
32分前
インフルエンザ自体で高熱の時期に異常行動はみられます。実際薬を飲んでない症例でも異常行動の報告はあります。タミフルの年齢制限は意味ありません。もちろん事前に異常行動が起こるかは判りません。
名無しさん
17分前
yamyamさん
その根拠となる論文など是非とも紹介してください。
こういう大事なことは、しっかり裏付けされたデータがあればみんなが納得して広まっていくと思います
名無しさん
7分前
そもそもインフルエンザ脳症起きてたんじゃない?
実はインフルエンなのに風邪薬とか飲んだりして熱を下げちゃってインフルエンザ脳症起こしちゃってたとかさ。
子供の高熱はインフルエンザに限らず、目を離しちゃダメですし、通知は良いけど通知以前に当たり前の事ですよ
名無しさん
37分前
そういえば、日本が開発した「インフルエンザウィルスを消滅させ完治させる」特効薬はどうなったのか。
今、臨床試験中の筈だが、一向に情報が出てこない。
そっちの方を促進させる方が大事だと思うのですが、何か問題でもあるのでしょうか。たしか、発表段階では特別悪要素はない、との見解付で、世界が驚く大事件になる候補レベルとまで言われています。
もし試験合格したら世界一の快挙ですし、世界が日本を見る目が変わる事必須です。期待しています。
名無しさん
6分前
これずっと前にインフルエンザになった子供がベランダから飛び出して死ぬ事件何回かあったよね?それと同じでしょ?高熱で脳にダメージ行ってるんじゃないのかな
名無しさん
22分前
予防接種してたらの異常行動は起きないのかとかもう少し詳しく素人は知りたいな。異常行動は高熱の時でも子供はうわ言を言ったりするから、薬のせいだとはなかなか思えないな〜
名無しさん
10分前
幼稚園の頃我が子がなりました。インフルエンザにかかると、頭の中でリングがグルグル回ってる想像を嫌でも勝手にしてしまうと…変な感じになると言っていました。昔はそれだけですみました。しかし、抗インフルエンザ薬が開発され、リレンザを吸った10分後くらいから異常行動が現れました。「そばにいる私の声が聞こえない、どこにいるの?お母さ~ん」と家の中を探し始めました。側に付いてるのに。直ぐに病院へ…それは20分程で落ち着きました。そして、タミフルに切り替えましたが、その後は何もありませんでした。抗インフルエンザ薬でウイルスを叩く瞬間に酷く出るのでしょうか…私が居なかったら…と思うと怖いです。
しかし、効き目は素晴らしいです。翌日には熱も下がりました。
名無しさん
25分前
高熱のせいじゃないのかなぁ‥
もし薬のせいだというなら、正常なマウスに投与したときにも何か変化がありそうだけど、そういう研究・実験はしていないのかな。
名無しさん
3分前
薬のせいではありませんよ。うちの子供が8歳の時に40度の熱が出てタミフルを飲ませてもいないのに急に玄関を出て物凄いスピードで走っていきましたよ。
名無しさん
9分前
因果関係はハッキリしてる?ただタミフル飲みましただけ?
名無しさん
19分前
うちの子も友達の子も、インフルエンザでない高熱のときに、熱せん妄で急に飛び起きて走ったりわけのわからにこと発したりしていた。
子供は高熱だけでも異常行動が起きるのでは。ちなみに寝起き、寝始めがおかしくなること多かった。
名無しさん
23分前
15年位前にテレビ、新聞で大報道されたのに。高熱だからか、お薬だからかハッキリしないけれど。絶対、子供から目を離してはだめです。
名無しさん
4分前
全部とは言わないがほぼインフル薬だろう
脳炎になってるかは調べたらすぐわかるしそれに厚労省が調査してないわけない
名無しさん
39分前
うーん、薬の副作用てより、熱せん妄なんじゃないかと思う。
名無しさん
16分前
それよりも注射の不足どうにかならない?
毎年みんな早めに予約するのは良いんだけどそんな早く打ってピーク時には効果が薄れると思うけど・・・
只今、入荷待ちです。。。
名無しさん
30分前
もう飲まなくていいやん
名無しさん
6分前
部屋に鍵かけたって、部屋の窓の鍵あけるかもしれない。
名無しさん
25分前
私、透析しているのだが
透析患者は、免疫力が下がる為【インフルエンザワクチン】を接種する方が大半を占めている。
で、今回のワクチンなのだが、私の行っている透析室では【約二割】の患者体調不良を起こしました。
皆様、お子さんにも注意が必要ですが、大人も注意してくださいませ。
名無しさん
20分前
子供だけではなく、大人でも生じる可能性が必ずある。それもインフルエンザ治療薬だけではなく、インフルエンザウィルス感染時に服用してはいけない薬を飲んだ時に異常行動を行う。私が当事者だからだ。多分に、共通しているのが、薬の効果により体内の細胞が大量に一斉に壊れる場合がある事だ。私の場合は、インフルエンザに罹患した時に長時間の重労働を行い、脊椎周りの筋肉が壊れ、治療の為に処方された抗炎症鎮痛剤を服用した夜中、気が付くと歩いて10分ほどかかるマンションの入り口ドアを叩いていた。その後も幻覚(知人の姿)を見て歩き回り警察の機動隊分署を歩いている時に保護された。今も、その時の事を殆んど覚えていない。
名無しさん
30分前
クスリの副作用は 本当に怖い この人には合う この人には異常行動の可能性がある 何とか事前に分からないものか
名無しさん
30分前
もう10年以上前になるが、
会社で急におかしくなって上司を殴ったり暴れ始めた人がいて、
後にあれはインフルエンザの薬でそうなったのだと判明した。
あれは知らなければ完全に発狂したと思うレベルだったよ。
狂気じみた笑顔で上司を呼び捨てにして、
宇宙がどうだとかわけのわからんことを口にして暴れる。
拘束状態で病院に連れて行ったら我々の手を振りほどいて、
看護婦さんの胸を鷲掴みにするとかもうやりたい放題。
最高に嫌な思い出だ。
名無しさん
20分前
それは抗インフルエンザワクチンの影響ではありませんが。
名無しさん
5分前
まさか、それ以前のインフルエンザワクチンに原因の一端があったりして。
名無しさん
16分前
今は、一軒家ですが、
昔、マンションに住んでた時に、
タミフルを飲んで、息苦しくなって
一時的に閉所恐怖症のような
気持ちになって、
窓から飛び降りたい、もしくは、
寝ている間に無意識にこのまま
飛び降りるのではないかと
いう気持ちになったことがあります。
2度あります。
他には、タミフルを飲んだ時だけ、
悪夢に襲われたこともあります。
ちょっと怖い薬だなという認識があります。
名無しさん
6分前
まさか、それ以前のインフルエンザワクチンに原因の一端があったりして。
名無しさん
32分前
こんなもん解決策になってないじゃないか。
名無しさん
4分前
抗インフルエンザ薬飲んだら云々ではなく、インフルエンザに罹患した際は薬の内服如何に関わらず異常行動が出る可能性があることをまず厚労省は啓蒙すべき。結局この通知も国民のためでなく役人の責任逃れの対応にしか見えない。
名無しさん
5分前
薬剤師です。毎年タミフルやイナビル(吸入)の服薬指導をしています。
その中で10代の方の家族には重点的に異常行動の注意をしていますが「うちの子は薬を飲まなくても異常行動が出たことがある」と言う話がたまに出ます。
これは10代の方の脳はまだ未発達なため高熱によって脳炎が起きているのではないかと言われています。
また異常行動は微熱が続いたときには起こらず急激な高熱時にのみ現れます。
脳の発達が出来上がった成人ではほとんど異常行動はおきませんので注意書きでは10代の子供のみが対照となっております。
名無しさん
34分前
怖い 怖い
名無しさん
10分前
20年以上言われ続けてるんじゃないのか?
少なくとも自分が10代前半の頃から聞いた覚えがあるんだが
名無しさん
23分前
身体拘束だと思うが、老人はダメで、子供なら良いのか。
名無しさん
44分前
インフルエンザ脳症によるものなのか?
薬の副作用なのか?
はたまたその両方か?
判らないが、とりあえず目を離すなって事だね。
名無しさん
29分前
炎症性サイトカインが脳の機能異常を引き起こすことが分かっています。炎症性サイトカインは、風邪・肺炎・キズなどで放出されます。この脳機能異常を「せん妄」といって、様々な病気でありふれています。インフルエンザは通常の風邪よりこのサイトカインが急激に放出されるので、激烈な症状になると解釈されます。
これは、インフルエンザ脳症とは関係ありません。脳に炎症がおこってなくても、身体の中のどこかの炎症によりおこる症状です。「身体がだるくなる」のと同じ、「脳細胞がだるくなる」というイメージです。
名無しさん
24分前
なるほど。
勉強になりました。
ありがとうございます。
名無しさん
38分前
もっと調べてくれ
通知内容は「服用したら施錠する」じゃない
名無しさん
15分前
子供だけに更に不安ですね、二日で影響が無くなる事を願いたいです!

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.8.6

「美しすぎる刑務所」が生まれた「本当の理由」 無印良品も参入、監獄ホテルに! フロントは看守所

 老朽化などのため、2017年3月末に閉鎖された奈良市の旧奈良少年刑務所。国の重要文化財にも指定された歴史的な建物ですが、このたび、全国初の…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。