「一瞬で脳からよだれが出る感じで、鳥肌が…」元“歌のお兄さん“杉田あきひろが背負う覚せい剤の恐怖

「今ここで白い粉を見てしまったらやはり…でも、使わない選択をしたい」。

ヒルクライムのメンバー、浅野忠信の父親で所属事務所社長、橋爪功の息子・橋爪遼元被告、清水アキラの三男・清水良太郎被告と、芸能界にも蔓延している薬物。7日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、NHK『おかあさんといっしょ』の9代目“歌のお兄さん“を務め、去年4月、覚せい剤取締法違反で逮捕、有罪判決を受けた杉田あきひろさんと一緒に、薬物問題を考えた。

杉田あきひろさん

■「びっくりするくらい気持ちよかった」

記事を全て開く

 現在、薬物依存者などの回復支援施設「長野ダルク」で回復プログラムに取り組んでいる杉田さん。朝6時に起床し、日中は掃除、ランニング、ミーティングを行い、21時に就寝する毎日を送っている。

AbemaTIMES 12/8(金) 18:01配信
長野ダルクでの一日

「去年の5月20日に保釈され、自宅にも戻らずにそのまま長野ダルクに入所した。薬物を使っていた時期は昼と夜が逆転していた。もう一度、社会とつながれるように、人としての生活の立て直しをしている。携帯電話もパソコンも使えず、お金の管理もできない状況。自分を見つめ直し、律するために必要な時間だと思っている。迷惑をかけた全ての方に謝ることができないままでいるのが辛いが、頑張っていれば、いつかちゃんと謝罪、埋め合わせができる時期が来ると思っている」。

杉田さんが最初に覚せい剤の触れたのは、大学卒業後、ミュージカル俳優をしていた時期だったという。

「飲み友達が僕の部屋に遊びに来て、『これ興奮剤だけど、杉田、知ってる?やってみない?』と。『ヤバイんじゃないの』と聞いたが、『合法だし、依存性もないからやってみない?』と言われたので、じゃあ試してみようかと。まだ20代で若かったし、本当に危ないんだったら、一回経験してみてからやめればいいと思った。びっくりするくらい気持ちよかった。当時は“エス“と呼ばれていて、それが覚せい剤だとは知らなかった。教えてくれた友達はその後、逮捕された。快感は忘れられなかったが、どう入手したらいいのかが分からなかったので、自分は止められた、手を染めずに済んだと思っていた」。

■「エスと聴いて、毛穴が開いて、一瞬で脳からよだれが出る感じがした」

 しかし転機は“歌のお兄さん“を辞めた後の2005年、バリ島で訪れた。「現地の人に『お兄さん、葉っぱあるよ、エスがあるよ』と声をかけられた。エスと聴いて、毛穴が開いて、一瞬で脳からよだれが出る感じがした」と、覚せい剤に再会することになったときの衝撃を明かした。

AbemaTIMES 12/8(金) 18:01配信
杉田あきひろさん

「アルミホイルの上に覚せい剤を置いて炙り、一万円札を丸めて吸うという感じで使用した。東日本震災を機に仕事が激減、その後、NHKのコンサートツアーのレギュラーからも外れてしまい、精神的に落ち込み、実家とも関係が悪くなった。その孤独、怒り、寂しさが、薬物を使えば全て解き放たれた。全ての原因は自分なのに、それを薬物使用のため正当化していた。お金が底をつきかけてもシャブに使ってしまう。この蟻地獄のようなところから抜け出したいと思っても、一時間後にはまた欲しいと思ってしまう」。

警察庁の資料によると、覚せい剤の再犯率は65.1%(2016年)と高く、10年連続で増加中だ。「あの頃の自分には、こういう結果になる、使うなと言いたい」と話す杉田さん。薬物の誘惑と一生闘い続けなければならない苦しさを語る。

「覚せい剤を一度知ってしまった脳は、普通の人の脳とは違ったものになってしまっている」と話す杉田さん。「梅干しを見ると唾液が出るのと同じ。覚せい剤の快感は、性的な快感の100倍の気持ち良さだと言われている。普通の人が白い粉を見ても何とも思わないが、僕たち経験者が見ると、脳からよだれが出る感じで、鳥肌が立って、あの感覚がよみがえる。だから今は白い粉を目の前にしないよう、意図的に避けるしかない。よく、逮捕された人が“二度と手を出しません“と言うが、それは嘘。一度使った人間は、目の前に出されたら使ってしまうと思う、それくらい気持ちいい、怖いもの。“明日は使ってしまうかもしれないが、まず今日は使うのをやめよう“。僕たちは一生、死ぬまでそうやって生きるしかない」。

■渋谷の若者40人中6人の若者が薬物体験を証言

 平成27年の警察白書によると、覚せい剤の初犯年齢は40代が33.7%、30代が30.1%、50代以上が22.7%、20代が12.6%、10代が0.8%となっている。通称“麻薬Gメン“=厚生省麻薬取締官を長く務めた高濱良次さんは「なぜ20代が少ないのかというと、警察や厚生労働省、関係団体が学校で教育をして、新たな中毒者を作らないようにしている」と述べ、啓発活動の効果を指摘した。一方、40代、50代の検挙が増えているのは、若い頃に知ってしまった人が再び手を染めるケースがあるからなのだという。

AbemaTIMES 12/8(金) 18:01配信
渋谷の若者たちは…

しかし、若者たちにとって、薬物は常に身近な存在のようだ。取材班が渋谷の若者たちに薬物体験について話を聞くと、

「正直、体験したことはある。種類はアシッドLSDってやつ。染め物というかペインティングみたいな仕事をしていて。芸術と薬物の関わりがすごくあると思っていて、それが気になってまあ1つの“興味本位“みたいな」(20代男性)
「去年、友達にもらった。眠くなる。ハイな気分にはならなかった」(10代女性)
「マリファナはない。シンナーと粒、白い、何か白い粒のやつ。中学くらいの時に聖書を配っている人がいて、その中に1人いてもらった。感覚はお酒飲みすぎて酔っ払った時みたいな。目の前が二重三重とかになるし、フラフラするけど何か楽しいってなる」(20代女性)

と、赤裸々な証言が次々と飛び出した。知人が薬物に手を染めていることを知っていると話す若者もいた。

「元彼が大麻で逮捕された。スノーボードをやっていて山で生活していてみんなで吸っていた。たまにちょっとおかしい、テンション高いなと思っていたから、なるほどって納得した」(20代女性)
「知り合いで使用している人はいる。先輩が薬物で亡くなっちゃって。みんなで遊んでいる時もタバコだって言ってたが、結局クスリだったみたいで」(20代女性)

4時間で40人に話を聞くことができたが、なんとそのうち6人が薬物との関わりを証言した。

■「僕たち経験者が生の声で伝えないといけない」

  高濱さんは「ダメだという知識と好奇心のせめぎ合いに負け、のめり込んでいってしまう。販路開拓のため売人がタダで一度試させ、とりこにしてしまうケースもある。ネットには薬物のサイトがあり、入手も簡単だと思う。精神的に落ち込むとか家族や周りに不幸があって精神的に自分が受け入れられない時に薬物の力を使って自分の心を安らげようとする人もいる」と話す。

AbemaTIMES 12/8(金) 18:01配信
高濱良次さん

回復プログラムの傍ら、長野県内でのコンサート活動を再開した杉田さん。年明け1月7日には、松川村でのファミリーコンサートも予定されている。「僕も長野県内の学校で講演をさせてもらっている。僕たち経験者が薬物によって何を失ったか、どんなクズになってしまったかを生の声で伝えないといけない。一時の快楽のその先には破綻が待っていることを伝えて、薬物に出会ってしまった時に“ノー“と言える理由を若い世代が用意できるようにしないといけない」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

AbemaTIMES

名無しさん
29分前
AbemaTV、最近普通の地上波放送より、ネタが多いな。
名無しさん
21分前
うーむ
やった事無いからやはり
分からない
似たような話、記事を読むがやはり体験者ならではの感想なのだろう
理解しよう理解しようと思っても体験してないから
完全には分からない
だが取り返しつかない事になるんだなぁ
それはいつも理解出来る
確かに興味はある
でも今の通常の生活で満足
数年前にドン底に堕ちた時も薬物はやらなかった
だってそんなの一時の感情で結果解決には至らない
うん、これからもやりそーに無いな
グッバイ覚醒剤
名無しさん
28分前
>一万円札を丸めて吸う
お札丸めたストローってよく聞くけど、なんでお札つかうんだろ?
証拠残さないためとか?
お札って時点で汚いと思うけど、そういう感覚なくなってるのかな?
見当はずれなレスで申し訳ない
名無しさん
14分前
僕は今の薬物教育は不十分だと感じています。
怖さは伝えているもののこういう薬はこんな症状が出るという感じで教科書には書いてあったと思いますが、正直普段生活してたら絶対出ないような症状で逆にどんな感じなの?と興味を沸かせてしまう場合があるのではないかと思います。
こういう体験した人から聞いた話の方がリアルで止めようと思う意思は強くなるのかなと思いました。
名無しさん
6分前
使用しちゃいけないはもちろん、日本への流入を防ぐ方がいいと思います。北海道のほうは特に覚せい剤の汚染がひどく、それはロシアから入って来ていると聞いたことがあります。北朝鮮の外貨稼ぎにもなっていると聞いたことがありますし、持ち込んでくる彼らの取り締まり強化も必要かも。
名無しさん
18分前
仕事柄こういう人達と接しますが、本当にメンタル弱い人がハマりやすい。断れなくて、流されやすい人。
そして使って溺れきった後は別人。
能力も見た目もボロッボロ。
中高生とかに見せたら良いんじゃない?って思うけど、トラウマになっちゃうかもね。
名無しさん
1分前
やめられないと思うからやらない
名無しさん
10分前
一生懸命に薬からの離脱、
頑張ってるんかもしれんけど
多分、無理だよ
時間の問題やと思う
名無しさん
13分前
この書き方だと快楽への興味を掻き立てられるから構成があまり良くない。
名無しさん
29分前
歌のお兄さんの時から、あやしかったからな〜
薬やった人に対してどんな理由があっても同情出来ないな
名無しさん
25分前
もし、死後も魂があってあの世に行ったら常時覚せい剤状態だというなら何と幸せなのだろう。ステージ4の患者のたわ言。
名無しさん
6分前
脳からよだれが出るって表現が怖すぎる
あきひろお兄さんはうちの子供がおかあさんといっしょを
見ているときにちょうど出ていたんだよなぁ
次のゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんの方が
長くお世話にはなったけど、逮捕を知った時はショックだったわ
名無しさん
12分前
エクスタシーってやつだろ。
退職した俺の会社の元同僚がやってたよ。
あれをエスって言ってた。
よくラリって訳も分かんねぇ事を言いながらゲラゲラ笑ってたよ。何が面白いんだか知らないけどさ。価格も安いし簡単に手に入るらしい。
名無しさん
3分前
クスリってひとまとめにされてるけど
覚せい剤とマリファナの違いが分かる人ってどれくらいいるのかな。
医療用大麻が存在する国もあるんだけど
覚せい剤とマリファナをごっちゃにして放送されると
マリファナに対して怖いイメージは確かにつくな…
名無しさん
27分前
ヒルクライムメンバーと浅野父はなぜ氏名を載せない?
名無しさん
19分前
私はヤメて32年経ってる。目の前にあっても二度と手を出さなかった。もうあの苦しみを味わいたくなかったから我慢した。再犯しない人も居る。強くなって下さい。
名無しさん
11分前
脳からヨダレが出る感じとか、生々しくて怖い。
体験者だからじゃないとわからない事だし、もっとその恐怖を伝えるべきなのかもしれない。
あの時、歌のお兄さんが薬で捕まった事と同時に、男性と同居ってことも結構衝撃だった気がする
名無しさん
25分前
歌のおじさんじゃないか。
名無しさん
8分前
そう話しながら脳からヨダレが出てると思う。
名無しさん
22分前
経験者談を聞くとよく分かる。薬物はダメ絶対!
名無しさん
24分前
読むだけでも十分すぎるくらいに怖すぎる
以前から思うんだが、これは売人への処罰を格段に厳しくするべき
売人は初犯だろうが無条件で一発極刑くらいにしないとこの手の犯罪は撲滅できない
名無しさん
1分前
AV見たらやりたくなる。
の100倍か…。
半端ないな
名無しさん
9分前
脳からよだれ…って、
そんなに気持ちが良いのか。知らなかった。今度一回だけ試してみようか。
…って奴が出て来そう。
こんな記事載せない方が良いのに。
名無しさん
7分前
たまに聞く『脳汁がヤバい!!』とかあるけど、これ作った人は多分、薬中の人なんだろうなぁー(笑)
名無しさん
23分前
厳罰化。
初犯では執行猶予って皆んな知っている。
名無しさん
14分前
リアルだわ。この杉田って人の話しはリアル。「Sが覚醒剤とは知らなかった」は嘘だが、それ以外リアル。
名無しさん
28分前
顔が…。もう歌のお兄さんの顔じゃないね…。
名無しさん
12分前
脳ミソ「あれ?快楽物質って摂取できたんだ。じゃあこの仕事は放棄しよっと。」

ストレスに反応しても快楽物質を出さないから、全部苦痛。(禁断症状)
手を出しちゃダメ。
名無しさん
4分前
覚醒剤の取引によくスマホを使うらしい!
パケ通信の始まりである。(๑˃̵ᴗ˂̵)
名無しさん
1分前
エクスタシーは大学生でもやってる奴いるよな。クラブ好きは特に。
名無しさん
5分前
じゃあ、酒井法子なんか絶対無理だね!
名無しさん
9分前
日本は薬物に関しての刑罰が軽いから、
”興味本位”みたいな?ってすぐに手を出すんだろうよ。
名無しさん
10分前
使用したら即死刑の国だってあるんだから、使ったら人生終わりぐらいに考えないと。
名無しさん
3分前
子供が大好きだったのに
クレヨンロケット毎日聞いて癒されたのに
なんでよ、バカ
名無しさん
10分前
しゃぶ~しゃぶ~山
名無しさん
28分前
俺も脳からよだれ出したい!
名無しさん
12分前
ハルシオンで我慢しとけ
名無しさん
29分前
自業自得。支援なんか不要。
名無しさん
28分前
生々しいコメントだ
名無しさん
17分前
馬鹿は死なないと治らない

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.5.31

くまモンいたずらが「完全に放送事故」 熊本県庁も対処に動いた

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」のいたずらが、インターネット上で物議をかもしている。 [caption id="at…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。