わが子失った両親「二重の苦しみ味わった…」 男児解剖遺体の頭にレジ袋 葬儀社の提訴検討

 兵庫県丹波市内で10月、生後5カ月で死亡した男児が、司法解剖後の処置として頭にコンビニのレジ袋をかぶせられていたことが13日、分かった。両親は死者の尊厳を傷つけられたとして、処置した神戸市の葬儀業者を提訴することも検討している。「同じ思いをする遺族が二度と生まれないでほしい」と訴えている。

神戸新聞NEXT 12/13(水) 13:49配信
遺体の頭にかぶせられていたコンビニのレジ袋

亡くなったのは、北野正弥(しょうや)ちゃん。両親と代理人弁護士によると、男児は10月4日早朝、自宅で就寝中に体調が急変し亡くなった。丹波署が司法解剖した結果は病死で事件性はなく、解剖された遺体の処置と搬送を兵庫県警から請け負う神戸市灘区の「甲南平安祭典会館」が遺族に引き渡すための処置をした。

翌5日、両親は同署で遺体と対面。遺体は顔を出すように包帯できつく巻かれ、首をテープで締め付けられたため顔がうっ血していた。帰宅後、母親の恵さん(35)が包帯を外すと、頭を覆うようにコンビニのレジ袋がかぶせられていた。

遺体を修復する「エンバーミング」に詳しい一般社団法人日本遺体衛生保全協会(東京)は「(処置に)体液を受けるためビニールは使うだろうが、レジ袋は倫理的に疑問。そのような処置は聞いたことがない」とする。代理人弁護士は「死体解剖保存法に抵触する可能性もある」と主張する。

両親によると、葬儀業者の責任者と処置担当者は5日夜、自宅を謝罪に訪れたが、レジ袋を使った経緯などについて明確な説明はなかった。業者は後日、県警の聴取に対し「男児の頭の大きさに合う袋がなく、代用せざるを得なかった」と説明したという。

両親は「大切な命を失った悲しみと、二重の苦しみを味わった」として慰謝料など計200万円を求める訴訟を検討。既に葬儀業者に書面を送っており、期限内に回答がなければ提訴する意思を伝えた。県警にも再発防止を求める改善要望書を提出した。

同会館を運営する「平安」(神戸市中央区)は「関係者以外には説明できない」とコメント。県警被害者支援室は「再発防止に努める」とし、司法解剖した遺体を遺族に引き渡す前に、状態を十分確認するよう各署などに通達するという。(大田将之)

神戸新聞NEXT

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.4.23

キャラ弁は子どもが何歳になるまで続けるべき?

「子どもが喜んで食べてくれる!」、「見た目重視で栄養が偏りがち」など、賛否が分かれるキャラ弁。簡単にキャラ弁を作るグッズもさまざまあ…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。