「笑ってはいけない」が圧倒的に面白いワケ

 きょう12月31日に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年越し特番「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」が放送されます(よる6時30分~)。

東洋経済オンライン 12/31(日) 6:00配信
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』」の制作発表に出席した、左から月亭方正、ダウンタウン松本人志、浜田雅功、ココリコ遠藤章造、田中直樹(写真:日刊スポーツ新聞社)

大晦日の夜の番組編成は、民放各局にとって勝負どころです。視聴者の多くが家でテレビを見ているので狙い目ではあるのですが、裏には『NHK紅白歌合戦』という超高視聴率番組が控えているため、何をやってもなかなか数字が伸びません。

 そんな中で、唯一無二の存在感を放っているのが日本テレビの「笑ってはいけない」シリーズです。2006年以降、毎年「紅白」の裏で真っ向勝負をして、同時間帯で民放ナンバーワンの視聴率を誇る人気番組として定着しました。年をまたぐ長時間の特番で、企画内容はただひたすら笑わせるだけのシンプルなもの。ためになる情報も泣かせる要素もいっさいありません。なぜこの番組はこれほど多くの人に愛され、長く続いているのでしょうか。

■松本人志さんの一言から生まれた

 

記事を全て開く

その理由は大きく分けて2つあると思います。1つ目は、何と言っても「笑ってはいけない」という企画のフォーマットがよくできている、ということです。この企画では、ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さん、ココリコの遠藤章造さんと田中直樹さん、月亭方正さんのレギュラー陣5人が、1つの空間に閉じ込められます。そんな彼らのもとに次々と「笑いの刺客」が襲いかかってきて、あの手この手で彼らを笑わせようとします。笑ってしまったら、そのたびに罰ゲームとしてお尻を棒で叩かれることになります。

 「笑ったら引っぱたかれるってどうですか?」

この企画が生まれたのは、松本人志さんのそんな一言からでした。このアイデアを聞いたとき、番組プロデューサーの菅賢治さんは「ああ、やっぱこの人は天才なんだな」と思ったそうです(参考:菅賢治著『笑う仕事術』ワニブックス刊)。

「笑ったら叩かれる」というのは、ルールがシンプルでわかりやすい。そして、ダウンタウンの2人がお尻を叩かれて悶絶しているところを想像すると、それだけで笑いがこみ上げてくる。菅さんは直感的にこの企画が面白くなることを確信していました。

 この企画の核心は「必死で笑いをこらえている人を見て笑う」という二重構造にあります。レギュラー陣は、目の前でどんなに面白いことが起こっても、叩かれたくないので笑いを押し殺そうとします。彼らが必死で笑いをこらえたり、こらえきれずに吹き出したりする様子を見て、視聴者は思わず笑ってしまうのです。

人は、笑ってはいけない状況で笑えることに直面すると、普段よりも笑いがこらえきれなくなってしまいがちなものです。「笑ってはいけない」という縛りがあることで、かえって「笑い」というものを過剰に意識してしまうからだと思います。

 松本さんは「笑ったら叩かれる」というルールを設けることで、その場を「笑ってはいけない空間=笑いが増幅する空間」に変えてみせたのです。しかも、笑いを我慢しなくてはいけないレギュラー陣が必死で笑いをこらえている状況は、視聴者から見ても「思わず笑ってしまう状況」となっているのです。

もともと「ガキの使い」では、このような「笑いをこらえる系」の企画がそれまでにも行われてきました。たとえば、「七変化」という企画では、まじめな会議中に芸人が意味もなくさまざまな変装をして、会議に参加するメンバーがそれを見て笑ってしまったら罰金を支払わなくてはいけません。

 また、「サイレント図書館」という企画では、静かにしなくてはいけない図書館というシチュエーションで、メンバーが一斉にカードを引いて、運悪く選ばれてしまった人が過酷な罰ゲームを受けます。それを見てほかのメンバーは笑いをこらえる、というものでした。

こういった企画が生まれたのは、企画者である松本さんが、新しい笑いの可能性を貪欲に追い求めてきたからだと思います。彼は単に目の前の人を笑わせるのが得意であるだけではなく、そもそも人はなぜ笑うのか、どういう状況ならより笑いたくなってしまうのか、どうすればその笑いがより大きいものになるのか、といった「笑いの哲学」への深い洞察を持っているのです。

■ただ笑いだけを追求する

2つ目の理由は、ただ笑いだけを追求する、という制作者の徹底的なこだわりです。もともと「ガキの使い」という番組自体が、ストイックに笑いだけを追いかけてきた番組ではあるのですが、「笑ってはいけない」シリーズでもその精神はしっかりと引き継がれています。

この特番では、普段だったらバラエティ番組には出演しないような大物俳優などの意外なキャスティングがあって、レギュラー陣をしばしば驚かせています。まじめなイメージのある役者がふざけたギャグを真剣にやっているのを見ると、思わずおかしさがこみ上げてきます。

 昨年末の特番では、俳優の斎藤工さんが「サンシャイン斎藤」としてサンシャイン池崎さんのネタを完全コピーして話題になりました。また、過去には、遠藤さんとの離婚が発表された直後の千秋さんが、しれっと登場してレギュラー陣をあぜんとさせたこともありました。大物がまじめな顔でバカバカしいことをやるからこそ、そこに笑いが生まれます。

また、年末の大型特番である「笑ってはいけない」シリーズは、そのスケールの大きさも破格のものです。映画を1本作るぐらいの予算と手間をかけて、さまざまな仕掛けを作り込んでいます。

 また、この番組では、年越しの瞬間にも独自のこだわりがあります。年をまたぐような番組では普通、年越しの瞬間にカウントダウンをするのが普通です。しかし、「笑ってはいけない」シリーズではそれがありません。笑いながら番組を見ていると、いつのまにか年を越しているということになります。

ここには「年を越すことよりも、目先の1つの笑いのほうが価値がある」という番組側からのメッセージが込められているのだと思います。こんなところにも「ただ笑いだけを追求する」というこの番組の姿勢が現れているのです。

■国境を超えて多くの人に愛されている

最近、発売されたチャド・マレーンさんの著書『世にも奇妙なニッポンのお笑い』(NHK出版)に興味深いエピソードがありました。「笑ってはいけない」シリーズのルーツになっている「サイレント図書館」という企画は、実はインターネットの動画サイトを通じて海外でも大人気になっていました。

そのため、この企画は正式にロシア、アメリカ、スペインに輸出され、現地でその国の出演者が同じ企画をやる番組が放送されているというのです。「笑いをこらえている人を見るのは面白い」という松本さんの発想から生まれた企画が、いまや国境を超えて多くの人に愛されているのです。

 オーストラリア生まれで、日本と海外のコメディ事情にも精通しているお笑い芸人のチャドさんは、「ガキの使い」を例に出しながら、企画力に優れた日本のお笑いは世界でも通用する、と断言しています。日本中の人に愛されている大晦日の風物詩である「笑ってはいけない」シリーズは、日本を代表する「笑いのカリスマ」である松本さんが手がける世界レベルのエンターテインメントショーなのです。

ラリー遠田 :作家・ライター/お笑い評論家

東洋経済オンライン

名無しさん
1時間前
それはガキ使以外の番組が面白くないから
近年は有名人の私生活を取り上げたり裏事情を語ったり、芸能人が群がったり、あからさまに企業を宣伝する番組が多すぎるから
名無しさん
1時間前
俺がプロデューサーなら年末は
「マツコ対大仁田厚~電流爆破デスマッチ」
「幻のピラルクを求めて~まゆゆ伝説に挑む」
等企画する。要するに、意外性と、破天荒さよ?
名無しさん
1時間前
この番組全然面白くないのに何で人気あるのかわからん
名無しさん
1時間前
最初の頃は観た
もう飽きた
名無しさん
1時間前
見ないと周りと話が合わないから仕方なく見るっていう人も多い。正直レギュラー五人の中で直接笑いを取ってるのは邦正さんだけ。
名無しさん
1時間前
マツコが電流爆破デスマッチのあと
「大仁田さーん!FMWから逃げるんすかー!」と怒鳴れば視聴率普通に紅白こえと思う
名無しさん
57分前
いくらなんでも、「圧倒的に面白い」は言い過ぎである。
名無しさん
57分前
毎年観てるが、初期の頃にあった「必死にこらえて笑う」あの緊迫感はもうないけどね。あと芸人集めて裸にして乱痴気騒ぎするコーナーだけはいらん
名無しさん
56分前
あからさまに企業を宣伝ってw民放はスポンサーの広告収入で成り立ってるんだから何を今さらw
名無しさん
53分前
エグゼクティブプレミアムマーベラスディレクター三津谷寛治
「田中の直樹氏!あなたはNHKがお嫌いですか!?
LIFEファンはあなたを熱望してますよ」
名無しさん
53分前
本当、2〜3時間くらいで余計なコーナー(芸人集めてガヤガヤ)排除して凝縮して欲しい!!
名無しさん
47分前
ぜんぜん面白くない、むしろくだらない。松本と浜田この2人のオッサンの顔を見るだけで反吐がでる。
名無しさん
44分前
↑こういう偏屈もいるよね
名無しさん
40分前
罰ゲームといえど暴力だからね
名無しさん
38分前
↑それでも仕事ですから
お金はいただいていますから
名無しさん
33分前
我が田中年末スペシャルの方がおもしろそうだろ
あの企画1番面白かったわ
ちょうど離婚したし良いタイミングじゃん
名無しさん
24分前
昔は格闘技派だったので観てなかった、PRIDE終了からは何度か観てたけど裸コーナーが嫌で観なくなったな。まぁPRIDEも裸だったが(笑)
名無しさん
22分前
ちょっと飽きてきたかな…
大物芸能人を出してきて「笑ってあげる」予定調和な笑いも垣間見れるようになってきたね
年越しは海外で体動かして楽しんで帰ってきてから録画したやつをちょこちょこ早送りしながら見て笑えるところがあるかをチェックする…みたいな感じかな…知らんけど
名無しさん
16分前
浜田と松本のどちらかが、罰を受ける側とする側に分かれていた初期の方が面白さでは断トツ。
尻に吹き矢の年は絶品。
コメントを全て開く
名無しさん
9分前
さすがにもう飽きてきた。
罰ゲームもほんとは痛くないだろうし。
今年はアベマがおもしろそうだからそっちを見るわ。
名無しさん
2時間前
一年の最後を笑って過ごし、新年を笑って迎える。素晴らしい企画だと思います。
名無しさん
1時間前
ヤラセっぽい気がするのでケツバットもっと過激にすべきな。有刺鉄線、釘、電流、等々
名無しさん
1時間前
どんな大物芸能人が出てくるのか、またその大物がマジメにやっている面白さ。ここ数年はそれが一番の話題になってるね。
名無しさん
1時間前
マンネリ化しても見てしまう理由は正にこれ。
個人的に一番好きなのはホテルマンの引き出しネタで田中をターゲットにした2枚のDVD。
「Uh・・・山崎アウトエンジェル♪田中も~♪山崎アウトエンジェル♪田中は2発エンジェル~♪」
「メンバーALLOUT田中はずっと♪メンバーALLOUT田中は2発~♪」
名無しさん
1時間前
電流爆破ケツバットのあと松ちゃんが
「この傷が、、ワシの…生きざまじゃい!」って言ったら普通に視聴率40%こえと思う
名無しさん
1時間前
確かに、新年を笑って迎えられたら素敵ですね。
自分は笑ってはいけないは録画しているので
ゆく年くる年 をみながら静かに新年を迎えています(^-^;
名無しさん
57分前
いくらなんでも、「圧倒的に面白い」は言い過ぎである。
名無しさん
51分前
クイズ番組より全然いい
名無しさん
48分前
クイズ番組というか林修とか、もういいって!
何様なのあいつ
名無しさん
47分前
ぜんぜん面白くない、むしろくだらない。松本と浜田この2人のオッサンの顔を見るだけで反吐がでる。
名無しさん
2時間前
笑ってはいけないだけではなく、
松ちゃんはいろんな角度からお笑いを
作り出そうとしている努力を感じる。
最近だと大喜利とか、ドキュメンタルなども。
過去の成功だけに甘えていないのがすごい、
それが打ち切りが迫る番組との違いかと。
名無しさん
1時間前
去年の「ジャンケンポンポン」(後出しで負け続けろ)も、面白かったな。
名無しさん
1時間前
↑ダウンタウンの二人って意外と天然なんだよねw
そのギャップがおもしろいんだけど。
名無しさん
1時間前
いやいや、松本はもう終わっただろ?
この番組もそうだけど、すべらないとか
だらだらとマンネリ化しても続ける感じ
もうごっつの頃の潔さはない
挙げ句の果てに政治にまで口を出す始末
正直、松本がこんな風になったのは残念だ
名無しさん
1時間前
>過去の成功だけに甘えていないのがすごい
過去の成功に甘えてるからこのシリーズ14年間も
続いてんだろうが
名無しさん
1時間前
ごっつも最後の頃はマンネリやった。
松本の番組でもマンネリ化することはある。
でも、そうしないようどんどん企画を変えている番組も多い。デラックスはその典型。初期の頃とは全く違う番組になっている。
名無しさん
59分前
映画監督業にも触れろや
名無しさん
56分前
いくらなんでも、「圧倒的に面白い」は言い過ぎである。
名無しさん
54分前
記事は松本あげすぎとは思うけど
年末のこの番組がマンネリだと結構言われ出してた頃
それでも続ける事で、年越しイコール笑ってはいけないを世間が連想するようになるから、絶対に続けなきゃいけない
続ける事でいつか風物詩になるから、それを望んでると言ってた
その通りになったなと思う
名無しさん
53分前
笑ってはいけないに対して必死だから余計に笑える
名無しさん
47分前
ぜんぜん面白くない、むしろくだらない。松本と浜田この2人のオッサンの顔を見るだけで反吐がでる。
名無しさん
47分前
ダウンタウンは漫才は好きだけど、これやガキ使、ごっつなどの番組は面白いと思ったことがない。
名無しさん
38分前
バットより金棒でしてほしい
名無しさん
34分前
後輩にチャンスを与え
ジュニア、大輔、兵動大樹など、
話術があるのに埋もれていた芸人を
掘り起こした功績は
M1を企画した紳助と同じくらい凄いと思う。
名無しさん
21分前
笑ってはいけない、というの
昔鶴瓶の番組でやってた人気コーナーの
パクリでしょ
別に新しい笑いを企画したわけじゃない
名無しさん
2時間前
マンネリ感は感じるけどね。
名無しさん
6分前
まぁ紅白もそうだ
名無しさん
2時間前
ゲスト出演が多くなり、笑わなきゃいけないになってるレギュラー陣が少し可哀想な気もする。
名無しさん
1時間前
録画して年を越したらゆっくり見るのが我家の定番。
毎年見ていて、長すぎて途中でダレてくるからもっと
短くしても良いかもしれない。
名無しさん
1時間前
分かります〜
内容は面白くて、誰が出てくるのか楽しみで、夫が特に
大好きで毎年観てますが・・・
いかんせんいらないストーリーとかもあって
途中でダレて飽きてきちゃういますね。
2時間くらい過ぎてから、追っかけ再生で適当に
とばしながら観てます。
昨日も放送されていたダイジェストの方が観やすくて
楽しかったかも(^^)
名無しさん
1時間前
しかも後から未公開シーンもやっちゃうしね。
名無しさん
1時間前
自分は、クイズコーナーと上島・出川が出てくるところが休憩どころだと思ってるから、長いとは感じてないです
名無しさん
1時間前
最後の方の
驚いてはいけないは
おもしろくない。
すべて笑っては
いけないにしてほしい。
名無しさん
53分前
ダメ一家の典型ですね。
名無しさん
46分前
ぜんぜん面白くない、むしろくだらない。松本と浜田この2人のオッサンの顔を見るだけで反吐がでる。
名無しさん
42分前
↑可哀そうな体質だ笑
名無しさん
29分前
毎年録画して見ますが、最初の移動バスのネタで十分笑ってしまい満足して残りは早送りになってしまう。
名無しさん
2時間前
正直、毎年似たようなことしてるなぁと思ってる。けどそれを求めてる人がたくさんいる。紅白みたいに間違った挑戦してない。
名無しさん
1時間前
>間違った挑戦
何が?
特に『紅白』応援もしてないけど
この「ガキ使」だってマンネリ
どっちもどっちだよ。
名無しさん
1時間前
視聴率では紅白に負けてるけどな笑笑笑
名無しさん
55分前
どっちもどっち。好みの問題。何を持ち上げてるのか。
名無しさん
1時間前
夏休み特番、とか、年末年始スペシャル、みたいな番組が大抵つまらないから、相対的に評価されて選ばれてるのかもしれない。
この時間帯にM1とかやったらかなり数字取れるんじゃないかな。
個人的には3ヶ月に一回の番組改編時期の特番は要らない気がするけど、テレビ局の事情で必要なんでしょうね。
名無しさん
52分前
改編期はどの局もつまらない特番が長時間でほとんどテレビ観ない。
決定的瞬間やら犯罪24時やら半年ごとに見なくていい。
名無しさん
1時間前
最近のは、
「たいして面白くないけど、大物ゲストがいろいろやってくれるから、無理にでも笑ってあげないといけない24時」
に名前を変えた方がいい。
鬼ごっこや、芸人の深夜会議、出川軍VS上島軍の対決、深夜の建物脱出と、毎度先が読めるパターンもマンネリで飽きた。
枠も長いし録画して、要らないところは早送りで見ている。
名無しさん
28分前
「あれをリアルタイムで見てるの?」って感じはかなりするよなぁ。
眠くなったら寝て後日見るわ。
名無しさん
1時間前
番組長すぎ。 途中だらける。
名無しさん
24分前
出川とか上島竜兵はいらない。
名無しさん
1時間前
ある意味マンネリ化してる部分もあると思うけど、しょうもないことで笑って新しい年を迎えられるって幸せだしね。ガキ使見たらお正月ってイメージがもう出来上がってるからこれからもずっと続けてほしい。
名無しさん
1時間前
他に観たい番組がないから惰性で観てるというのが本音
名無しさん
1時間前
正直最初の方が面白かった。近年はマンネリ感とレギュラー陣の加齢が感じられパワーダウンが否めない。
名無しさん
40分前
24時間耐久鬼ごっこと廃旅館くらいシンプルな作品も観たいなあ。
年末に定着したのは嬉しいけれど、今度は時間が長すぎてダラダラみるには勇気がいる感じ。
名無しさん
56分前
最近はマンネリ化してるけどね。
松本自身も、もう辞めようとか言うてた時期あったし。
でも、他に観るもんないんよね。だから俺はひたすらDVDで映画観たりゲームしたりしてる。リアルでこの番組観たらCM多すぎてイライラするし。
あと毎年云わせてもらってるが、最後の驚いたらいけないは、要らない。あそこで毎年萎える。何の罰ゲームもないし。笑ってはいけないを、最後まで貫いてほしい。昔は最後まで笑ってはいけなかったのに。
名無しさん
45分前
とは言っても湯河原や高校の時と比べ笑いの質は落ちている
あの頃は吹き矢やムチ、竹刀など罰が本格的であり、それ故笑いの堪える感じが真剣そのものでさらに笑いが増幅されていた。
罰に使う棒が柔らかくなり簡単に笑うようになってから(特に大物芸能人がでてくると礼儀として笑っているようにすら感じる)、やや面白みは減った。
これは演者からの要望というより視聴者からの苦情に配慮したものだとか。
我々がもっと笑いに対して許容範囲を広く持ち、プロの能力を100%発揮できる環境を整えることが必要だと思う。
BPOなんかクソ食らえだ。
名無しさん
22分前
本当だよ。蝶野さんのビンタはやらないって書いてたけどやってほしい。あれ見ないと何か物足りなく感じる。
名無しさん
1時間前
肯定的過ぎる書き方じゃないでしょうか?
企画自体が大御所の芸を笑ってあげる方向に進んでいっている時期からどんどん面白くなくなってマンネリ化していると思いますけどね
もともとこれは罰ゲームから始まったはず
ケツに吹き矢刺していたときは面白かった
名無しさん
40分前
派手に音がしないから当たったどうかの区別がつきづらいので、逆に面白くなかった。
名無しさん
1時間前
ツボに入れば面白いかもしれないが
さすがにもう飽きた
名無しさん
1時間前
おもろいのはおもろいけど、年末大晦日じゃないとダメって番組でもないw
年末=格闘技 のTV局より全然いいけどw
名無しさん
51分前
下品な格闘技がちょうど局のカラーに合ってるんだろ
名無しさん
2時間前
10年ぐらい前のラジオで、大晦日の紅白の裏には視聴率が悪かろうと毎年同じ番組を据え続けてまず定着させなければならないと言っていた。
その先見の明、かつそれに見合う普遍的に面白い企画を打ち出せるところが天才と呼ばれる所以だろう。
名無しさん
1時間前
圧倒的ではないと思うが
そこそこ面白い
ただ、少しマンネリかな。。。
名無しさん
1時間前
むしろ毎回同じ展開で視聴率がとれるなら他がよほど企画力がないとしか思わんがなあ
見たいと思うほどではないし紅白よりはただはるかにまし。
名無しさん
1時間前
マンネリ化・・・
それでも毎年面白いと言ってみる
一般人の笑いのレベルが怖い・・・
名無しさん
1時間前
確かに笑いとなんでも安く言いすぎてもはや楽しいを無理に笑ってごまかしてまで楽しいと言ってる感じがしてる
これも普通に見れば見たいと思うレベルではないよ?前に見た。同じ展開と内容で終わるだろう
むしろこの時間を仲間と騒いだほうが楽しいさ。なにも無理にみたりつきあったり面白いという必要はない
松本自信が飽きてるとはっきり言ってるぐらいはマンネリ、斬新さもない
名無しさん
45分前
金正恩(本人)
そのハンネの方が怖いし、異常だろ。
名無しさん
39分前
最初の頃の体育館での鬼ごっこ辺りまでは面白かったけど
大物ゲストを起用してからのガキつかはマンネリ化してきてます。
視聴率の高い番組なのでゲストも高いギャラが欲しいと感じ出演してます。
大して痛くも無いと思うけど痛いふりをするとか
笑ってるのに叩かないとかが面白くなくなってます。
昔の病棟や灰旅館の頃のガキつかが真剣で良かったと思います。
罰ゲームが「吹き矢」とか本当に痛そうで観てる方も笑えますね
名無しさん
24分前
レギュラー放送の時に4、5回に分けて鬼ごっことか笑ってはいけないの24時間耐久をやっていた時は、本当に面白かったけど、大晦日のは笑いの押し売りで全然面白くない。
ただ、大晦日に録画のスポーツや格闘技、毎週やってるクイズを長時間見せられるなら、テレビジャンキーはガキ使、健常人は何も見ないことになるだろう。
名無しさん
49分前
今の視聴率はそれ程当てにならないし、紅白も演者順をご丁寧に発表してくれているのでチャンネル回しながら、録画機能も活用しながと言うのが各家庭のスタンダードだろう。ただどうしても老若男女が集う場所で格闘技、スポーツにはチャンネルを合わせ辛い。自然と紅白かガキつかが流れている事になります。大門未知子や陸王、逃げ恥クラスのドラマの最終回三時間スペシャルなどをぶつけなければこの流れは止まらないと思う。
名無しさん
10分前
そうかなぁ~
運動神経ない芸人のほうが数段面白いと思う。
名無しさん
2分前
この番組がなければ年末とは思えないぐらいのこと思ってたけど、最近全く見なくなってしまった。2,3年前まであった若手芸人のコーナーはまだあるのだろうか、あそこのマンネリ感はいただけない感じがする。
本当に初期の頃のままでもおもしろい気がするのだが、残す部分と変える部分を間違えているような気がする。
名無しさん
1時間前
毎年、必ず見てます。でも少しマンネリ化しているかな。でも笑って年を越したいと思います。
名無しさん
11分前
毎年欠かさず観てるが、内容が充実してて途中かなり疲れる。
とはいえこの笑ってはいけないシリーズを見ると、年末感を味わえるからやっぱり観る。
色々予想の斜め上のゲストを登場させたり、キャスティングもうまいと思う。第1回の笑ってはいけないも観てみたい。
今年も楽しみにしてます
名無しさん
1時間前
局違いですけどこの枠でIPPONグランプリ拡大版でやってほしい。個人的に好きなので。
でも笑ってはいけないはそれはそれで毎年ついつい見てしまう。マンネリ感はどうしても拭えないけど。
名無しさん
7分前
記憶が合ってるか自信が無いが「絶対に笑ってはいけない」を最初に見た時にもっと昔にやっていた「突然ガバチョ」という番組を思い出した。パクリではないと思うがそんな企画は昔からずっとある。ただ継続できるのは凄いと思う。
名無しさん
19分前
確かに面白いけど6時間も必要?
名無しさん
1時間前
昔の方が笑えた。最近は規模がデカ過ぎてなぁ..
名無しさん
1時間前
すぐに下品な方に走るので、
松本の笑いやトーク術はあまり面白いと思ったことがない。
名無しさん
47分前
そもそも庶民の笑いなんて下品で下衆なもんだ。
スポーツ選手の海外挑戦で周りに早く打ち解けるには下ネタが一番手っ取り早いと言うしw
下品、下ネタは世界共通。笑いの根源と言っていい。
名無しさん
43分前
後学の為に上品な笑いを教えてくれ。
名無しさん
41分前
ダウンタウンは好きだけど、この番組見て笑えたことがない。
名無しさん
2時間前
紅白見ないし払わないからガキ使見る笑
名無しさん
32分前
長すぎてリアルタイムじゃ見る気にならない。
毎年録画確定番組。
名無しさん
6分前
最近「笑ってはいけない」もマンネリ化しているから責めて「笑ってはいけないハイスクール」のような過激さをもう一度復活させてほしい。メンバーの5人のうちのダウンタウンのどちらかとココリコ、方正の3人の内何人かがゲームをして負けた方を罰ゲームで参加する方式を復活させてほしいわ。特に浜田が仕掛人となったハイスクールは大名作だわ。もう一度復活させてほしい。
名無しさん
49分前
何が面白いねん!笑ってはいけないって絶対笑うやん!
名無しさん
2時間前
正直もうパターンが決まっていてそれほど面白いと感じなくなってきたのは自分だけかな?
名無しさん
2時間前
自分もです。
本当に「笑ってはいけない」って感じで笑いをこらえる緊張感が面白いのに最近は普通に笑うし、お仕置きも後半慣れてヌルく見えるし飽きる。
名無しさん
2時間前
そんな風に毎年おもってるけど、結局毎年観るし、毎年ある程度以上は笑えるから、まあいいかな。
名無しさん
1時間前
ほぼ予定調和になってるけど、
毎年誰が出てくるのかが楽しみです。
昨年のアキラ100%と一緒に出た俳優さん(名前は失念!)
みたいに意外性のある人が出てくると、盛り上がります。
名無しさん
2時間前
正直もうパターンが決まっていてそれほど面白いと感じなくなってきたのは自分だけかな?
名無しさん
2時間前
自分もです。
本当に「笑ってはいけない」って感じで笑いをこらえる緊張感が面白いのに最近は普通に笑うし、お仕置きも後半慣れてヌルく見えるし飽きる。
名無しさん
2時間前
そんな風に毎年おもってるけど、結局毎年観るし、毎年ある程度以上は笑えるから、まあいいかな。
名無しさん
1時間前
ほぼ予定調和になってるけど、
毎年誰が出てくるのかが楽しみです。
昨年のアキラ100%と一緒に出た俳優さん(名前は失念!)
みたいに意外性のある人が出てくると、盛り上がります。
名無しさん
1時間前
単に他の番組が面白くないからだろ?
昔から紅白があるからって適当な番組しか作ってなかったし・・・
名無しさん
1時間前
番組の企画とはいえ、5人が
面白いことに素で笑ってるのがいいのかもしれないですね
名無しさん
25分前
もう毎年同じで飽きました。
時間も長すぎ。
名無しさん
50分前
面白いのかもしれないが
人生の役に立つ番組ではない。
名無しさん
28分前
人生の役に立つか立たないかを考えて
テレビなんか見ないだろう。
名無しさん
41分前
やっぱり単純なドタバタ劇というか、そういうシンプルなパフォーマンスが一番面白いのではないかと思う。余計なこと考えなくていいし。よしもと新喜劇もそうだけど、ドリフに通じるものがあるかと思う。
名無しさん
1時間前
どっちも飽きたけど、他のことしながら流してることができる歌番組って意味で紅白が付いてる年の方が多い。
名無しさん
1時間前
リアルタイムで6時間ずっと見てる人ってどれくらいいるんだろ?
確かに面白いけど自分はできない。
名無しさん
2時間前
好きで毎回見てます
個人的には夜の今夜が山田みたいなの復活してほしいのと
尻叩く黒子の人を今年ダウンタウンにやられた人や因縁等で話題になった人をゲストに呼んで
1回ずつケツを叩かせてほしい
今年なら梅沢さんとか前園さんとか格闘家角田さんとか多分オファー受けないと思うが中田敦彦さんとか
1年に1回のお祭りみたいなもんで楽しみ。
名無しさん
1時間前
茂木さんもね。
名無しさん
1時間前
もちろん今年もリアルタイムで見ます⋯⋯と言いたいところだけど、さすがに時間が長すぎるので、録画して何回かに分けて見てます。
寝てしまいます⋯⋯。
時々見たくなるのでハードディスクから消すのは9月頃?
名無しさん
1時間前
記者さんよ、勘違いするな。
ダウンタウンはあまり好きではないが見てます。
なぜなら他があまりにつまらないから。
名無しさん
1時間前
1番最初の吹き矢の温泉宿が1番面白かった
名無しさん
2時間前
いつも尻の穴にガス入れるの何が面白いのか分からない。
名無しさん
1時間前
紅白を見るより1年最後の日を笑って終われたほうが自分的には良い。
名無しさん
1時間前
「笑ってはいけない」は全く面白くない。
なんでこんなのが笑えるの?
これが面白いと思える人が居ること自体驚きだ。
出演者、身内でお互いに思いやり笑いしているだけと感じる。
マッチャン、ハマチャンの笑いもわざとくらしい。
強いて言うならば苦笑い程度のものでしかない。
とても声を出して笑えるようなものではない。
NHKの歌番組も面白くないので笑ってはいけないにチャンネルを回すが、やっぱり面白くないのでまたNHKに戻す。
NHKも民放ももっと面白い番組を作れ。
名無しさん
45分前
にゃんこスターと笑ってはいけないは同じレベルだと思う。ダウンタウンは昔の方が面白かった。
名無しさん
37分前
昨年なんか凄く面白かった。特に有名俳優がネタに参加するところに爆笑した。何でも極端な考え方しか出来ないコメ主には驚きだったかな?(笑)それとも、そういう考えは異常か?(笑)
名無しさん
34分前
今年はテレビ東京の松重豊かさんで年越しする予定。三世代4世帯の了承を得ています。安室と桑田の時だけ紅白観るかも、、親切に演者順を発表してくれてます。
名無しさん
53分前
この番組で尻の穴から空気を入れる事を笑いとして放送していた。
死亡事件が起きたけど今年もやるのかな。
名無しさん
50分前
雨上がり司会の暴露コーナーとか、出川軍対上島軍のコーナーとか要らない。
まあ風呂タイムにはちょうどいいけど。
名無しさん
1時間前
最初の2年くらいは見てたが、もう卒業した。紅白を見ないからと言って、別にガキ使である必要は無いわな。
自分が年越しの瞬間見ているのは、朝青龍か、ゲームセンターCXか、あるいはとあるYoutuberの年越し配信か。
名無しさん
55分前
まぁ、他にアイデアがないんでしょう。
だから、面白いと、局が盛り上げる。
局の社長は、観ているのかね。
暴力番組。
冬休み明け、小中学生は休み時間に笑った友だちを蹴っ飛ばして面白がってる。
名無しさん
47分前
そのうち自主規制でツッコミの暴力も放送できなくなるかもな
名無しさん
2時間前
年々つまらなくなった。
名無しさん
1時間前
一度、少しみたことあるけど、こんな笑いのどこが面白いのかと思う。
放送中止にしてほしい。
名無しさん
1時間前
見た事あるけど笑ったことがない。
何が面白いのかわからない…。
名無しさん
1時間前
他に見るものないし、ガキ使はそこそこ面白いからね。
名無しさん
10分前
これまで一度も見たことが無いし、見たいと思った事もない。
名無しさん
54分前
本当に面白いか?
毎年めちゃイケかダウンタウンのくだらない番組を年明けまでの時間つぶしにつけているが、大晦日に限ってはNHKの方がまだマシだと思う。
名無しさん
45分前
うん、面白いけど何か?
名無しさん
1時間前
紅白は子供の頃1回だけチラッと見て面白くなかったのでそれから見てない
ゆく年くる年も見てなかったが、年末時代劇スペシャルは見てた
「笑ってはいけない」はずーっと見てるw
名無しさん
1時間前
最近は面白くなくなった気がする。ジミーちゃんのは面白い。
名無しさん
37分前
圧倒的に面白「かった」、な。
「笑ってはいけない」が「笑わないといけない」になってからは
ここ数年見てない。
他の民放も諦めずにニッチな企画で勝負してほしいよ。
アニメの声優さんの顔出しするやつとか
本屋大賞とか何パーかは見る人いると思うけど。
ゲーム王国を超ワイドでやっても俺は見るな。
名無しさん
1時間前
「圧倒的に面白いワケ」って、どんだけ持ち上げてるの?正直こっちもマンネリでしょ?
と思いながら記事を読みました。…記事のおっしゃる通りというか、私の負けです、というか。
毎回観ているわけではなく、観たことあるエピソード・無いエピソードありますが、この記事読んで、そのシーンを思い出し、または想像して笑ってしまった。
なので私の負けです。m(__)m
記事の内容も分かりやすい理屈で書かれていて良かったです。
個人的にはこの後の面白荘が楽しみです。今回観られないけれど。残念。
名無しさん
1時間前
映画1本作るぐらいの予算と手間をかけてんや。凄いな。。確かに去年の西岡とか意外性ある豪華出演者にビックリやったしそれが最高にオモロい。今年は誰なんか楽しみや。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.7.8

豪雨時は「トイレの逆流対策」も必要 国交省がまとめた資料がわかりやすい

西日本で拡大している豪雨災害。大雨の影響で各地では浸水被害などが相次いでいる。NHKのまとめによると、7月7日夜までに35人が死亡、47人が…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。