そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

文/柿川鮎子

定時になると小窓が開き、鳩が中から出てきて時を知らせる鳩時計は、日本でもおなじみのからくり時計です。

サライ.jp 1/4(木) 18:10配信
日本で最初に鳩時計を製造販売したと言われている手塚時計の製品

デジタルが普及した現在でも、若い世代が新築祝いに購入したり、孫の誕生を記念して祖父母がプレゼントするなど根強い人気を誇っています。

もともとは、ドイツ南西のシュヴァルツヴァルト(黒い森という意味)がその発祥の地で、17世紀頃には時計を背中に担いだ行商が、旅をしながら時計を売り歩いていたという記録が残されています。

でも実はこの鳩時計、ドイツでは「クックス・ウアー」と呼ばれており、クックスはカッコウを表します。つまり本来は「鳩時計」ではなく「カッコウ時計」なのです。英語でもフランスでも、やはり「カッコウ時計」。鳩時計と言っているのは日本だけなのです。

では、なぜ日本ではカッコウが鳩になったのでしょうか? 素朴な疑問を、国内唯一の鳩時計専門店『森の時計』代表の芹澤庸介さんに聞いてみました。

芹澤さんはドイツ鳩時計協会(VdS)日本初会員で、同店のクロックマイスターでもあります。

「日本で最初に鳩時計を販売したのは手塚時計という会社だと言われています。創業初期の手塚時計はドイツから輸入した鳩時計を国内で複製し、海外に販売していたようです。

国内で販売する時、カッコーという名前だと、閑古鳥のカッコーとなり、顧客がいない悪いイメージでした。托卵する鳥として知られ、親が他の巣に卵を産んで育てさせるというのも、育児放棄的であまりイメージがよろしくない。

そこで、戦後、平和の象徴でもある鳩にした様です。鳩時計の音はポッポーポッポーと鳩に聞こえますし、カッコー時計は鳩時計になったのでしょう」

そう芹澤さんは説明してくれました。なんとも意外な経緯ですね。

さらに芹澤さんによると、カッコーの声はドイツでは子どもをあやす時によく使われ、優しく可愛らしいイメージなのだとか。

「クックーという言葉は、赤ちゃんや幼児に対して日本人のお母さんがよくやる“いない、いないバー”的な感じで使われますよ。幼児に対して『ハロー』とか、『おっはー』みたいに、ベビーバギーなどに向かって『クックー』って言っていますね。子どもはそれを聞いてキャッキャッとご機嫌に笑う。鳩時計はそんな愛情あふれる温かみを感じさせる物なのです」

お店の閑古鳥を忌み嫌って、イメージの良い鳩に変えてしまったという説は、縁起を担ぐ日本人らしい発想ですね。一方の鳩は平和の象徴であると同時に旧約聖書で大活躍した鳥でもあります。鳩時計という名前だったからこそ、日本でも長く支持されるようになったのかもしれません。

こうして日本では「カッコー時計」は「鳩時計」と名前を変え、戦後、一家団らんの象徴となって流行した後、いったんブームが終わって、家庭から姿を消します。

その後、デジタル化した現在になって再び、木のぬくもりと手作りの良さが見直されています。さらに鳩時計は規格があり、壊れても部品の交換が可能で、親子何世代にもわたって使い続ける人もいます。

機会があれば、時を刻む鳩時計のカッコーの鳴き声に、じっくりと耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

【森の時計】
住所:東京都中央区日本橋横山町8-5
電話:03-3249-8772
営業時間:平日10時~17時

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

サライ.jp

名無しさん
44分前
勉強になりました。こういう小ネタは休日の暇つぶしにいいですね。
名無しさん
37分前
10時に鳴る主任の腹時計も謎である。。。
名無しさん
37分前
何だったか忘れたけど去年ぐらいにTV番組で見て知ってた
名無しさん
34分前
よく考えたらカッコウ、カッコウって鳴いてるもんね。
名無しさん
28分前
そう言われると「ポッポー、ポッポー」が「カッコー、カッコー」に聞こえてくる、、、
名無しさん
27分前
鳩といえば日テレのクロージング
名無しさん
27分前
知ってました
名無しさん
27分前
そういえば、鳩って「クックルックルー」みたいな変な鳴き声でしたっけ。
名無しさん
23分前
いまならハシビロコウ時計がうけるかもね
時間になるとパカっとデカいハシビロコウが出てきて、例の険しい顔で特に鳴くこともなくじっとしてから、また無言のままバタンと戻っていくみたいな
名無しさん
19分前
全くどうでもいい話やな。
鳩がカッコウ時計やった?
で?だから何?っていうレベル。
これを知って誰が得するねん。
しょうもない記事載せるな。
鼻くその方がまだ価値あるわ。
名無しさん
19分前
本当に暇だね、退職したあとは。
名無しさん
18分前
ずいぶん前に、テレビの街ブラ系番組で、東京の下町の鳩時計専門の時計屋が説明してたけどな。
名無しさん
14分前
日本ではカッコウのイメージは最悪の様ですね。育児放棄とかありえないですね。
名無しさん
13分前
けっこう小ネタで見聞きした話ではあるな
コメントを全て開く
名無しさん
13分前
まだ休み?
おいらは4から仕事
名無しさん
12分前
モヤサマで見た覚えがある。この店で同じ話をしていた。当時は初耳だったので豆知識だと思っていたが、沢山のコメント読むと結構知られている話なのね…
名無しさん
11分前
そんな生まれてから
ずっと
騙されていたなんて・・・!!
(°Д°;)
名無しさん
8分前
今日から休み、年末年始は全て仕事で初詣は今日。
名無しさん
3分前
昔アグネスチャンがアイドルの頃、公園で芸能ニュースのインタビュー撮影を受けていた時、鳩を見るや「おいしそなハトいっぱい」と言ってしまい、アイドルにあるまじき言動だとその場で撮影はストップになった。しかしアグネスは「だけど香港ハトたべます。ハトとてもおいしです」と食い下がらなかったそうだ。
名無しさん
2分前
↑労働者諸君、頑張ったね!
名無しさん
41分前
なるほど。
鳩時計が欲しくなってきました。
壊れると、鳩が戻れなくなったり、扉が開かないのに鳩が鳴いたり。笑
名無しさん
34分前
声はすれども姿がw
名無しさん
32分前
壊れた鳩は今海外かな?
名無しさん
29分前
あれもカッコーかも
名無しさん
14分前
うちのもずいぶん昔に壊れて鳴かなくなりましたww
名無しさん
11分前
ちゃんと鳴いていたのは
「過ッ去-」
名無しさん
9分前
だから鳩ではないって…笑
名無しさん
6分前
カッコーワルツとかあるよね
ポッポーじゃなくてカッコーって鳴いてるのか
戻れないとか開かないのに鳴くとか軽くホラーw
名無しさん
38分前
結構な衝撃を受けたのは自分だけかな
今までそう思ってたのが実は違ってたりするとビックリする!
でも世の中多数決なんだよなぁ 今すぐ「これはカッコウ時計です」なんてとてもじゃないけど難しいだろうね
名無しさん
16分前
既知の事実ですが、貴方だけではないでしょうね
名無しさん
7分前
カッコウ時計が正しいとかいわれても、相手にされないと思うよ。日本では鳩時計で定着してるじゃんって。証拠だせと。
名無しさん
26分前
実家にあった。
ずっと疑問だったよ、かっこーってないてるのになんで鳩?って。
最近のはどうなのかな、実家のは深夜12時でもカッコーって12回なくからちょっとうるさかった。
でもやっぱりアナログの時計って温かみがあって好き。
鳩時計はちょっと予算オーバーだったから、振り子のかけ時計使ってる。
名無しさん
12分前
自分も全くそう思ってました。
鳩の鳴き声には聞こえなかったし、姿形も鳩っぽくはないと。
子供の頃に友達の家に有ったのが凄く羨ましかった。
自分の家に有ったのは、ゼンマイ式の每正時になるとカーンカーンって鳴るやつでした。
あれ、鳴りだすと、どーしても数を数えてしまうのが何故か悔しかった(笑
名無しさん
33分前
実家にあったけど、言われてみれば、確かに鳩には見えないかも・・・これは衝撃的・・・全く盲点だったよ・・・
名無しさん
7分前
そりゃハトを出さなくてはならない規則はないからね。
アニメキャラが出たり青い鳥が出たり様々だ。
名無しさん
28分前
鳩じゃなく本当はカッコウだと知っていたが、なぜカッコウ時計なのかは知らなかった。
鳩はポーボボッポポ、っていう独特な鳴き声。綺麗な鳴き声とかだったら、鳩時計なるものもあったのかな。
名無しさん
16分前
深く考えたことはなかったけど、鳩時計と言いながらあの鳥は当然のようにカッコーだと思ってました。
どう聞いてもカッコーって鳴いてるしね。
改めて言われてみると、ずっと疑問にも思わず受け入れていたのも不思議ですね。
名無しさん
36分前
カッコウが元なのは聞いたことがある。鳩時計に規格があるのは初耳。
カッコウとカッコーが混在してるのは何かな?
名無しさん
28分前
単なる不注意でしょう。使い分けではなく。
名無しさん
17分前
アップルとアッポー的なやつ?
名無しさん
30分前
新年早々驚いた。
名無しさん
37分前
知らなかった。
名無しさん
13分前
まだ40年しかたっていませんが、結婚する時にお祝いにリクエストした手巻きの手塚製鳩時計が現役です。
一昨年に孫が鎖を引っ張りすぎて落としてしまい、ふいごが壊れて大変でしたが他県の時計屋さんに送って修理をしてもらい無事復活しました。
一級時計修理技能士と言われている方がいる店でも数軒断られました。 まあ、そちらの職人さんも少なくなったのでしょうね。 時間の割に料金が合わないでしょうし・・・。
名無しさん
19分前
おもしろい。
まだまだたくさんそのようなものありそう。
名無しさん
23分前
ちょっと前にテレビでやってましたけど
名無しさん
26分前
ちょっと驚いた。
名無しさん
37分前
辞任に追い込まれた鳩山総理が、昨日6月2日の辞任挨拶で間違えた鳥といえば、ムクドリとヒヨドリ。
ヒヨドリのことをムクドリと言ってしまった。
同じスズメ目の鳥であり、体の大きさなどを良く観察すれば違うものの、習性や住む所などは同じで、普通は区別がつきにくい。
鳩山総理はハトの仲間なので、鳥にはくわしいようだ。
名無しさん
14分前
そうだったのか
でも鳩の方が染み付いちゃってるから今後カッコウ時計と呼ぶことはないと思う
名無しさん
18分前
鳩時計に規格があるとは知らなかった。
名無しさん
29分前
知ってた。
でもこういう雑学好き。
オリンピックの金メダルは純金で出来ている?
実は9割、銀で出来ていて、金メッキを施してる。
金メダルは開催国の負担になるので、財政難の国でもオリンピックを開けるようにとの配慮からだとさ。
名無しさん
25分前
鳥とか動物の鳴き声って国によって表現の仕方が違って結構面白かったりするもので…それを中学の英語の先生が授業でやってくれたのがきっかけで一時的に英語に興味を持ってた…っていう今は全然ダメだけど…英語…
名無しさん
11分前
カッコウ時計も総称して鳩時計と言ってましたが、なぜだかは分かりませんでした。勉強になりました

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.5.14

18歳からの白髪染めをやめたら「自由」になれた。グレイヘアを「育てた」女性が乗り越えた葛藤

ライターの朝倉真弓さん、46歳。2016年10月を最後に髪染めをやめ、グレイヘアになるために「白髪育て」を始めた。その過程で見えたことはーー…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。