「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち

 大切な家族やあなた自身がどんな最期を迎えたいと考えているか、赤裸々に話し合ったことはありますか? 「自宅でなら安らかな死が迎えられる」と美談ばかりが語られてきた在宅医療に様々な問題があることが明らかになりました。ドラマや映画の中ではない「リアルな死」を知らない人が多い現代の日本社会。家族も本人も後悔しない“平穏死”を迎えるには、元気なうちから死を自分の事として考えておくことが大切です。

兵庫県尼崎市で20年以上にわたり在宅での看取りに取り組み、著作 『痛い在宅医』 (ブックマン社)が話題の長尾和宏医師に、医療現場に詳しいジャーナリストの鳥集 徹さんが「在宅医療のリアル」を聞く最終回です。

#1 、 #2 から続く

◆◆◆

鳥集 モルヒネなどを投与しても耐えがたいほどの苦痛を訴える末期がんなどの患者さんには、鎮静薬でウトウトと眠らせる「鎮静」という方法もあります。長尾先生はどうお考えですか?

長尾 大病院やホスピスでは鎮静率50%と聞いたことがあります。しかし、僕らはほとんど鎮静しません。去年も100人のうち1人やったかどうか。鎮静を積極的に行うべきかどうかについては、実は緩和ケア医のあいだでも議論があります。確かに鎮静をすれば患者さんは深い眠りにつき、苦痛を感じることはありません。ですが、意識がなくなって、無理やり起こさない限りしゃべることができなくなりますし、命が縮んでしまう可能性もあります。これは倫理的に正しいことなのか、日本では犯罪とされる「安楽死」に当たらないのかどうか、慎重に考える必要のあることなんです。

鎮静をあまりやらないのは最期の言葉を残せないから

文春オンライン 3/13(火) 11:00配信
在宅診療中の長尾さん 写真提供:長尾クリニック

鳥集 長尾先生は、どうしてあまり鎮静しないんですか?

長尾 若い人のほうが痛みに敏感で、とても苦しむことが多いので、そうした方には鎮静することもあります。といっても、鎮静薬を点滴で入れて深く眠らせる方法ではなく、ラムネのような睡眠薬を口から飲んでいただき、浅く眠らせる方法をとることが多いです。僕は大病院やホスピスで鎮静率が高いのは、点滴のしすぎで溺れているような状態になり、息苦しさを訴える人が多いせいではないかと思っているんです。それに僕は、やはり意識は大切だと思っていて、せっかく目が覚めてるなら、しゃべってもらったほうがいいと思うんです。小林麻央さんだって、海老蔵さんの帰りを待って、最期に「愛してる」って言い残して亡くなったでしょう。もし病院でたくさんの点滴を受けて鎮静をかけられていたら、最期の言葉を残すこともかなわなかったはずです。

医師までが「作り話だ」と……みんな平穏死を見たことがないだけ

編集担当 ネットの一部では、「死ぬ間際の人が『愛してる』なんてドラマのように言えるはずがない。こんなのは作り話だ」とまで言われて、心ない反応もありました……。

長尾 そう。ある医師限定の医療サイトでも、ほとんどの医師が「作り話だ」と言って、僕が「作り話じゃない」と書いたら炎上したんです。別に炎上するのは構わないんですが、みんな平穏死を見たことないから、知らないだけなんです。僕は麻央さんと同じような人を在宅で実際に見ている。小さな子供がいる30代の乳がんの女性を看取った経験も2例ありますが、死の直前まで訪問看護師や僕と話していました。ですから僕は事実だと思っています。多くの人が亡くなる直前までしゃべってますよ。そういうことを知らない。多くの医師や看護師は自然死、平穏死をまだ一度も見たことがないんです。

鳥集 ご本人が、「眠らせてくれ」と言った場合はどうするんですか?

長尾 睡眠薬をある程度強めに飲んでもらうということになると思いますが、鎮静の判断は本当に難しい。欧米には「パリアティブ・セデーション(緩和的鎮静)」という言葉があり、安楽死とは違うとされているんです。仮に死期が早まっても「何がおかしいんですか? 全然何も問題ないです。どっちみち死ぬでしょう」と。でも、日本だと人為的な薬剤投与でちょっとでも命が縮まったら、「安楽死をやった」と言われかねません。だから、在宅での看取りをする医師がなかなか増えない。

記事を全て開く

安楽死を認める国も多い欧米との文化の違い

鳥集 欧米ではスイス、オランダ、ベルギーなど安楽死を法律で認めている国も多いですが、肉体は滅びても魂は残るというキリスト教的な考えが強いからでしょうか。

長尾 欧米人は、自分が正常じゃなければ人間じゃない、正常でないなら意識を消してしまってもいいという考え方が強いようですね。でも、日本人には、もともとはっきりした自分がないせいか、死に方も簡単には決められないんです。今日亡くなった患者さんも、昨日、「娘さんは、最期は病院でって言ってるけど、家と病院とどっちがいいの?」って聞いたら、「どっちでもいい」って言って、結局奥さんが家で看取ることを選びました。

鳥集 今の日本社会は「死」というものをすごく遠ざけていて、自分がどんな最期を迎えたいかあまり考えないし、家族とも話をしません。やはりそれはやるべきことでしょうか?

長尾 これが難しくて。僕も一人暮らしの母親に聞いたんですよ。「お母さんもう86歳だし、だんだん動けなくなるから、施設に入るか?」「最後は病院がいいの? 家がいいの?」って聞いたら、「なんてこと言うの!  親にそんなこと聞くものじゃない!」って、えらい怒られて。結局、車にはねられて即死だったんですけど。

鳥集 エーッ。

長尾 あらかじめ元気なうちから、命の終わりについて患者・家族や医療者たちと一緒に話し合っておくプロセスのことを「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と言って、日本でもやっておくべきだと思うんですが、まだまだ難しいと感じる人が多いのが現実です。「もしバナゲーム(Go Wish Game)」という、「もしもの時にどうケアしてほしいか」「どこで誰にそばにいてほしいか」といったことを話し合える米国発祥のカードゲームがあって、日本では亀田総合病院(千葉県鴨川市)の緩和ケア科が中心となったiACPという団体が普及活動をしています。そうした遊び感覚で、ちょっとずつ家族で死の心づもりをしておくことは、いいことだと思うんです。

鳥集 地域の老人会なんかでも、「自分はどう死ぬか」を話し合ってみる会を開くといいかもしれませんね。

長尾 それもいいですね。そうした町づくりに関わることこそ、医師会の仕事なんです。医者嫌いで、在宅医療を受けてないおじいちゃん、おばあちゃんだっていっぱいいます。そういう取り組みを上手にやって、在宅で平穏死を迎える土壌を作るのが、本当は医者の仕事なんです。

高校3年生の時に父親が自殺したトラウマ

鳥集 確か、棺桶に入る体験会なんかもありましたね。

長尾 ええ、僕が理事をしている日本ホスピス・在宅ケア研究会のイベントで入棺体験できるコーナーがあって、僕もしょっちゅう棺桶に入ってます。棺桶に入ると、死との距離が一気に縮まる感じがします。そうやって、死を「自分の事」と考えられるようにしておくことが大切なんです。でも、みんな怖いんですよ。お年寄りの人も入らない。入るつもりで来ているのに、入らない(笑)。ですが、それどころか僕、今度7月7日に生前葬もやるんですよ。

鳥集 え?  まだ早くないですか?

長尾 僕は今年還暦になるんですが、そこまで生きられるとは思ってなかったんです。自分の中では、すごくめでたいことだなと。実は、高校3年生のとき、親父がうつ病で自殺しました。それもあって、自分は長くは生きれない運命にあると思ってきたんです。死に関する本を書くのもその辺に理由があって、要はトラウマ(心の傷)、PTSD(心的外傷後ストレス障害)なんです。

鳥集 そうだったんですか……。

長尾 なぜ自殺がよくないか。それは残された子どもがPTSDになるから。だから、やっぱり死に関してはナーバスになる。でも、それでも60歳になれそうなので、よかったなということで、盛大にやります。しかし、本当に死ぬ時は逆にひっそりと、誰にも分からないように完全消滅するような死に方をしたいなと。

1人でガンジス川に行って死にたい

鳥集 大切な家族に見守られたいという気持ちはないんですか?

長尾 全然ないです。今ここで言っちゃったらバレるけど、たぶんインドに行って、1人でガンジス川に行って、行方不明になってそのまま帰ってこないみたいな。

鳥集 えー、ガンジス川ですか? 僕なんて1人で死ぬなんて考えられないです……。いずれにせよ、いつか自分も死を迎えると自覚できる仕掛けがないと、死について考えたり語り合ったりするのは、なかなか難しいですよね。

一人暮らしでも在宅死はできる

長尾 死の受容と言うと、『死の瞬間』(1969年発表)を書いた米国の精神科医、キューブラー・ロスの五段階モデル(終末期の患者は、1.否認と孤立、2.怒り、3.取り引き、4.抑うつ、5.受容、と段階を踏んで死を受け入れるという考え方)が有名ですが、実は本人よりも「家族の死の受容」が一番大変なんです。本人は覚悟が出来ていて「もういい」と思っているのに、家族がなかなか受け入れられない。実は日本の終末期医療の問題は、8割ぐらいが家族の問題なんです。だから今、家族に向けた本ばっかり書いています。この本(『痛い在宅医』)も、本人より家族に読んでほしいと思っています。とくに遠くに住んでいる息子さんや娘さんたちに。

鳥集 家族の問題は、よく聞きますよね。せっかく在宅で死を受け入れる準備ができているのに、「なんで病院に連れて行かないの」って、離れて暮らしてる娘や息子がやってきて怒り出すという。実は、在宅医の先生方にうかがうと、一人暮らしの患者さんを看取るほうがかえって楽なんだと言います。家族のいる人はいろんなことを言う人がいるので、意見がまとまらず困ることが多いと。

長尾 そうなんです。病院の方々も「一人暮らしの方は、在宅は無理です」って言うんだけど、私たちからしたら「なんでできないの?」って思います。だって、世の中一人暮らしの高齢者だらけじゃないですか。65歳以上の人の独居率は3割近くにもなっています。長生きすればするほど、いつか一人暮らしになって、しかも認知症になるんです。それが普通のことなので、町を挙げて包み込み、柔らかく見守る。建物でなく町が病院になる。そんな社会になるべきです。でも、医者が一番頭が固い。とくに病院でわかっていない人が多いんです。病院の医者が「在宅の看取りなんてインチキだ」と思っている限り、なかなか世の中の空気は変わらないですね。

それでも家で死ぬのは幸せなこと

鳥集 今回のテーマは、国が在宅医療に本腰を入れて10年以上たち、そろそろ美談ばかりでなく、ダメな現実も見るべきだという話だったわけですが、インタビューの最後ぐらいは希望を持てるような終わり方にしたいと思います。いろいろ問題はあっても、やっぱり在宅で看取るほうがいいんですよね。

長尾 はい、在宅死は非常にご家族の満足度が高く、「死んだのにこんなにありがたがられるのか」というぐらいご家族から感謝されます。別に自慢しているわけじゃないけど、家で死んで後悔する家族って僕らは知らないんです。人類はみな「遺族」ですから、僕らはお看取りした家族は遺族とは言わず、家族と言うんですが──みんなで思い出を語り合う家族会をすると、たくさんの方が来られて、みんな「よかった」って口々に言いますよ。家で看取って、悪いことなんて一つもないからです。

鳥集 逆に病院ではたくさんの管をつけられたあげく、心停止した瞬間に蘇生措置をするために、「ちょっと病室から出てください」と言われて、家族が患者さんの死の瞬間に立ち合えないと言った話もよく聞きました。そのような無理な延命治療や蘇生措置は減っただろうとは思いますが……。

「こんなに楽に逝くとは思いませんでした」

長尾 なんで在宅死をよかったと思うかというと、病院での死をみんな知っているから。お母さん、お父さん、兄弟などが病院でえらい目に遭って、えらい死に方をして、あれだけは嫌だと思っていた。だけど、家では全く違った。「まさかこんなに楽に逝くとは思いませんでした」「先生、思ったよりずっと楽に逝きました」。ほとんどの人がそう言います。2人、3人と在宅での平穏死を経験した家族は自信満々になりますね。もう分かっているから。でも、初めての人は全員ビックリする。「人ってこんな楽に死ねるんですか」と。異口同音に言うんです。だから、死んだ瞬間に笑顔になる。「先生、朝ご飯食べませんか?」。そう言われることもある。ほんとに、そんな感じなんですよ。

鳥集 まさに、死が日常の中にあるという感じですね。この『痛い在宅医』の中には、〈正しい在宅医選び10カ条〉も記載されています。

長尾 はい、まずは看取りの実績が多い医師を選ぶことが大切です。それには、僕が監修した『さいごまで自宅で診てくれるいいお医者さん』(週刊朝日ムック)が参考になりますので、精読することをおすすめします。また、24時間対応の内容や、診療所の医師数も確認してください。それから、家族だけで受診して在宅医と話し、医師との相性を確認することも重要です。可能なら、訪問看護師さんやケアマネージャーさん、それから実際に在宅看取りを経験したご家族から話も聞いてみてください。

鳥集 多くの人が「よかった」と思える看取りができるよう、在宅医療のレベルアップを望みたいと思います。本日はどうもありがとうございました。

長尾和宏(ながお・かずひろ)

医学博士。医療法人社団裕和会理事長。長尾クリニック院長。一般社団法人 日本尊厳死協会副理事長・関西支部長。関西国際大学客員教授。2012年、 『「平穏死」10の条件』 がベストセラーに。近著に 『痛くない死に方 『男の孤独死』 『薬のやめどき』 『抗がん剤 10の「やめどき」』 (以上、ブックマン社) 『病気の9割は歩くだけで治る』 『歩き方で人生が変わる』(山と渓谷社)など。

鳥集 徹

文春オンライン

名無しさん
14時間前
実際に言った言わないじゃなく、彼にとっては確かにそう聞こえたんだろ。なら、それで良いじゃないか
名無しさん
9時間前
海老蔵さんは「愛してる、と言っていた気がする」のような発言だったと記憶しています。はっきり聞こえたのではなく、言っているように感じたのでしょう。
また、感じたかったのでしょうか。
海老蔵さんは消え入りそうな小声でインタビューに答えていましたから、とらえ方は様々だったのではないでしょうか。
名無しさん
9時間前
私もそう思います。
言葉として声が聞こえたとか
発声出来ないとかではなく
海老蔵さんには聞こえたんですよ。
それが例え幻聴だとしても聞こえたんですよ。
それでいいじゃないですか。
名無しさん
9時間前
海老蔵さんが、そう聞こえた。感じた。
その場にいて、旅立ちを見送った海老蔵さんが言ってるんです。
それでいんです。
名無しさん
7時間前
うちのおかんも乳癌で亡くなったけど、親父は最期に会話してた。
私ら兄弟に声は聞こえてなくても、連れ添った夫婦だけのものってたぶんあるのかなと思う。
名無しさん
7時間前
死人だけでは飽き足らず遺族にムチ打つとか医者ってホントくずだわ
名無しさん
7時間前
医者が何と言ったって、別にいいじゃないか
名無しさん
6時間前
海老蔵は最近になって、最期の時にLINEで「結婚して下さい」とメッセージしたと言っている。
要は、色んな作り話の辻褄が合わなくなってるって事。脚本家としての海老蔵は、残念ながら不合格判定。
名無しさん
5時間前
海老蔵の人柄から、嘘っぽいってなってるんでしょうよ。残念な人だ
名無しさん
5時間前
文春ってたまにこうゆう誰も得しないようなゴミみたいな記事載せるけど、『よし!これで行こう!』ってオッケー出しちゃう編集長的な奴のセンスを疑う。
名無しさん
4時間前
今更作り話と言って誰が得するんだ?
また、ねつ造記事か?
週刊誌なんて面白ければ事実なんて2の次3の次だな。
名無しさん
3時間前
文春は小室に続いて炎上しそうだね
名無しさん
3時間前
>>gon*****
2時間前
作り話の美談っぽいよね
あの口から何を聞いてもしらけるだけ
こういうのが好きな人が信じ込んで【綺麗な物を汚された】と思って怒ってるのでしょう
【綺麗に見えていない】人からすれば最初から眉唾であり驚きも怒りもない
どうやったら海老に感情移入できるのでしょう?
名無しさん
3時間前
いい記事だと思うけど。端末よって内容が変わるのかな?
名無しさん
2時間前
最期の最期ではなく
最期が見えた普段の会話で言ったのだろうね。
たしかにドラマ見たいに「愛してる」バタンは
ないと思うよ。
自分の大切な人の場合 意識がない中
最期の最期は涙を少しだけ出していたように見えた。
名無しさん
2時間前
近藤誠とかいう胡散臭い医師を持ち上げ続けてきた文春の医療記事は、基本的に信用できないと思う。
名無しさん
1時間前
麻央さんが亡くなったのは、6月22日の19時頃です。その時間、海老蔵さんは家にいませんでした。
17時17分に「これから稽古」というタイトルのブログを更新してます。会見で、稽古中に麻央さんの母親から危篤の連絡がLINEできていたが、1時間半気付かなかったと言っています。
稽古を始めてすぐ連絡がきたとしても、1時間半後だと、18時47分以降になります。
死亡時刻を公表しないのは、看取っていないことがバレるからだと思われます。海老蔵さんは虚言癖があり、日常的に嘘をつきます。
だからこの話は、言った、言わない、の話ではなく、そもそも会話の事実がないことになります。
コメントを全て開く
名無しさん
1時間前
ダメだろ。安っぽい嘘は。
何十万人、何百万人という人が悲しい目に遭って緩和ケアによる最期を知ってる。俺も知ってて思いっきり突っ込んだよ。
名無しさん
1時間前
本文全く読んでないからこういうコメント書いちゃうんですよね?
名無しさん
56分前
文春や新潮には東京オリンピックの不正やNHK、JASRACの暴走などを徹底的に追及してほしんだがなあ・・・取材記者や編集部自体がミーハーなことにしか興味が向かないんじゃ無理か。
名無しさん
35分前
美談に盛ってるだけ
海老蔵というだけでそう思わせるただのチンピラさん
名無しさん
30分前
とりあえずこの夫婦は自分達のことばかりでうざい。
普通は残される子供達のことが1番気がかりですよ。
愛してるだって?本当にそんなこと言ったなら馬鹿女だよ。
普通は子供達をお願いだろ。
名無しさん
24分前
うざいのは発言を取り上げるマスコミで
亡くなった嫁さんのことをツイッター等で言うのは
別にいいんじゃね?
名無しさん
10分前
本人がそう聞こえたって言うんだからそれで良いじゃん。
実際に言えてなくても感じ取ったならそれでも良い、他人がどうこう言う問題じゃない。
名無しさん
19時間前
近しい人が死んだ時って、こう思っていてほしいなって思うもんだよ。
変に追求するのは野暮だと思うよ。
色々と辛いのは確かなんだから
名無しさん
10時間前
あくまでその医師の経験からの推測であって、麻央さんの最期の話を否定する根拠に乏しい。あたかも医学を装い、話しを嘘と断言する失礼に他ならない。医師としても未熟なのでは?
名無しさん
4時間前
亡くなった母は「痛いのは嫌」と延命治療を拒んだが、父が「俺は絶対に諦めない!」と、先進医療等、金に糸目はつけなかった。
最後の半年は意識の無い母を父が自宅で独りで看て、そして看取った。
母の最後の半年は、きっと残された父の為の時間だったんだと思う。
看護に疲れはてた父が「俺は、やれることはしてやった」と、納得するための時間。
父にはあの《疲れ》が必要だった。
名無しさん
3時間前
余り言いたくは無いが、blogで広告収入を稼いでいたから追求されているのだろう。
名無しさん
26分前
だからさぁ海老蔵がそう聞こえたなら海老蔵はクズだし、本当に言ったなら麻央がクズだよ。
海老蔵愛してるよりまず先に子供の心配がくるべきなんだよな。
子供達をお願いって言葉にならないのが不思議でしょうがない。
名無しさん
21時間前
私の主人は末期がんで、昨年の5月に緩和ケアで亡くなりました。朝の6時ごろ「今日は何かおかしい」と言った後は、呼吸が徐々にあがってきて、その後は見たこともないほどに呼吸が荒くなり、医師が「もうお別れです」と告げられてから30分ほどで息を引き取りました。最後の方がほとんど呼吸が浅くなったので、たしかに最後の言葉は疑問に思いますが、それは静かに見守ってあげてほしいと思います。強烈な体験なので。
名無しさん
17時間前
僕の身内の場合、毒素が脳にまわり幻覚の原因になった、とも考えられるのですが、
意識失う前の最後の一週間は亡き家族が会いに来てくれたり、幸せな幻を観ていたようでした。また、(苦痛を緩和する脳内物質の仕業だという解釈も出来るが)美しい音楽が聞こえているとも言ってました。
名無しさん
11時間前
点滴のし過ぎによる疑似溺死ですね。
ご本人はさぞ苦しかったでしょう。
最期の言葉どころではありません。
残念ながらそのような病院がまだまだ多いのが現実です。
名無しさん
10時間前
徐々に呼吸が上がるなどの呼吸促迫や下顎呼吸フェーズは非常によくある兆候で(だから医者ももうお別れですと断言できた)、医療者から見たらその直前に言葉が言えたのなら普通にそれが「最後の言葉」だよ。
名無しさん
9時間前
海老蔵さんは「愛してる、と言っていた気がする」のような発言だったと記憶しています。はっきり聞こえたのではなく、言っているように感じたのでしょう。
自分も高齢方を在宅での看取りをサポートしたことがあります。終末期と医師の判断があって約1週間で逝きました。亡くなる前日は会話は出来ませんでしたが、くちびるがはっきり「ありがとう」と見えました。亡くなる30分位前は、息が少し荒くなっていました。会話ができる状態では無かったです。
医師と連携して、在宅で看取ることができました。医師と家族と相談して、余計な点滴は一切しませんでした。亡くなる数日前に近親者とのお別れも出来たようです。会話が出来たかは不明ですが、家族に看取られ自宅での大往生でした。老衰でしたが、老衰でもさまざまな亡くなり方があり、正直、死に直面している方の苦しみは分かりません。分かりませんが、一人一人考えるべき事だと思いました、
名無しさん
8時間前
俺も嫁と愛し合ってる段階で死にたかったな。
今はどちらが死んでも絶対に愛してるなんて思いもしないだろうな。
名無しさん
8時間前
私の母も末期ガンです。
一日でも永く一緒にいたいです。
名無しさん
8時間前
俺の祖母は最期は呼吸が苦しかったのか「グエェ」みたいな叫び声だったな。
実際は祖母みたいなパターンが多いんじゃないかな。
名無しさん
6時間前
家族の話ばかり書いてるな。ここでも自分が死ぬという視点で書いてる人がいない。この記事ちゃんと読んだのか?! ah☓
名無しさん
5時間前
himさんのご主人はそうだっただけ
一人一人違いますよ
私の母も癌で最期は覚醒状態にも関わらず
声をかけたら確実に呼吸音が変わり懸命に
何かを答えていたもの
耳は最後まで聞こえてますからね
色んな場合がある自分の身内しか見てなくて決めつけるのはおかしい
名無しさん
2時間前
いずれにせよ、
他人の死の前後の事情について偉そうに、正しいとか間違いとか、
コメントするのは不遜。
人として終わってるよ。
名無しさん
1時間前
死に間際なんてしゃべる体力もなくなっています。
たとえ意識があってもです。
息するのが精一杯なのです。
名無しさん
1時間前
俺の叔父は死ぬ2、3分前にありがとうと言って死んで行ったぞ。
名無しさん
1時間前
貴重な体験談ありがとうございました
名無しさん
6分前
患ってる場所にもよると思う。
肺がんとかだと呼吸音がザラついて言葉なんかでてこないかもしれないけど
消化器系で緩和ケアしてない状態(してても眠らせるまでいかない)だったら会話は可能。
名無しさん
13時間前
看護師をしていますが、たった1人ですが、過去に「ありがとう」と言って涙流しながら亡くなった人がいます。だから「愛してる」と言って亡くなった人がいてもおかしくないと思います。
名無しさん
9時間前
で?
名無しさん
8時間前
看護師さんが患者さんのことネットに書き込むとか頭大丈夫かね。
あなた向いてないから辞めな。
名無しさん
8時間前
なんだ、この二人。書き込んだって程の情報かね。
名無しさん
8時間前
記事読めよ。医師だって患者の例を挙げてるだろ。看護師が体験談語って何が悪いんだ?
名無しさん
3時間前
で?の奴、人間として終わってる。
名無しさん
3時間前
これは俺の体験談だけど、vmo*****って言う奴は「批判的なコメントする俺カッケー」って思ってるらしいよ。
*****は問題外。
名無しさん
2時間前
そうそう。正解!
名無しさん
1時間前
死に間際なんてしゃべる体力もなくなっています。
たとえ意識があってもです。
息するのが精一杯なのです。
名無しさん
1時間前
どうしても嘘にしたい人がムキになってるようにしか見えないんだけど、何で?
海老蔵さんの話を否定しない人は、本人がそう聞こえたならそれでいいじゃないかと、ムキになって肯定も否定もしないスタンスなのに、どうしても嘘にしたい人は何なの?
名無しさん
40分前
>どうしても嘘にしたい人がムキになってるようにしか見えないんだけど、何で?

こう言う話しを現実的に否定する人って、浅田真央の母親が亡くなった時のコメント「今までより近くで見守られている気がします」にもきっと噛みついてるよ。
「死んだ人間が近くて見守ってるわけがないだろ」って。

名無しさん
9時間前
「無粋。なんだ、この医者」って言おうと思って読んだら、この人は「いや、真央さんはそう言っててもおかしくない」って言ってるのか。
タイトルと真逆じゃないか。中身見ないとわかんねーもんだな。
名無しさん
8時間前
浅田真央?
麻央でしょ。
名無しさん
8時間前
釣られたんですよw
名無しさん
2時間前
書いてある内容は深いのに、表題に関する書き込みが多いのは、本文を読んでない人が多いってことですね。
名無しさん
2時間前
多くの人はタイトルだけ見て反射的に怒っていると思う。正しいことを知りたいのではなくて誰かを叩きたいだけのように見える。
名無しさん
2時間前
こんなにニュースあるんだからタイトルだけで内容わかるようにしとけや って思う
名無しさん
9時間前
言葉を発せられなくて、目で語ったのかもしれないし握った手で感じたのかもしれない
それでも良いじゃないか
名無しさん
9時間前
現実みろよ
名無しさん
8時間前
↑現実を見れない時、現実を見ない方が良い時
って誰にでも一度はあるのではないでしょうか?
名無しさん
6時間前
最期を看取った海老蔵がそう言ったなら、それが現実。
現実みろよって、その場にすらいないお前にドヤ顔で言われたコメ主に同情。
名無しさん
21分前
愛があるからね。
真央さんならそう言ったかも知れないと思うよ。
遺されることになる子供や夫に向けて偽りない気持ちだろうし、コメ主さんの意見と同じやわ。
名無しさん
9時間前
海老は好きじゃないけど、この話に関しては、そっとしておいてあげてと思う。夫婦の絆は他人には推し量れないものですよ。
たとえ多くの患者を診てきたドクターと言えど、作り話だと断定する権利はないと思う思います。
名無しさん
9時間前
蟹でも食ってなさい
名無しさん
8時間前
エビ!カニ!エビ!カニ!
エビ!カニ?エビ!カニ?
名無しさん
1時間前
そっとしておいてほしいなら、ブログ書いたりしなければよかったな
平時は注目されようとする癖に、都合の良い時だけそっとしておいてってのは調子が良すぎる
名無しさん
10分前
ブログなんて誰でもやってるじゃん。
更新するたびに食いついてヤフーのトップニュースに持って来ちゃうマスコミが悪いんじゃないの?
芸能人のSNSなんて好きな人が見るためのものなのに、他の人の目にも頻繁に目にとまるから叩かれたんでしょ。
自分の気持ちをブログに書く事は悪いとは思わないよ
名無しさん
9時間前
多くの医師や看護師が自然死を見たことがない
確かに言われてみればそうかもなと思った
名無しさん
56分前
この記事の本当のテーマはそれなのにね。
海老蔵さんの話が本当か嘘かに終始しちゃっててもったいないなと思った。人間の最期をどうするかは大事な話なのに。
思えば、麻央さんが自宅で最期を迎えたのも、家族や本人がよくよく調べ考えて選択した事だったのかもね。
ペットの介護をしてきたけど、無理に延命処置をしたことを今は後悔している。
名無しさん
7時間前
タイトルに悪意がある。この医師は“作り話じゃないと思う”と言っているのに、なんでほかの医師達?の言葉をタイトルにするの?
名無しさん
1時間前
私もそう思いました。
名無しさん
19分前
タイトルに興味を引かれて本文を読む人が増えるからなんじゃない?
名無しさん
6分前
読者を釣るためだと思いますよ。本当にたちが悪い。
名無しさん
18時間前
その場に居合わせていない人にとって真実なんてどうでもいいのが人間
少なくとも日本人なんだと思う。
憶測から導き出された各々の出した答えが頭から否定される真実なんて
むしろ作り話で片付けてしまった方がみんなにとっては都合がいいワケだし。
かく言う俺もこの話に関しては正直言って真実なんてどっちでもいいしどうでもいい。
でもどうでもいいからこそ必死こいて否定するなんて無駄骨を折るような真似までする意味がサッパリ解らないんだけどねぇ…?
名無しさん
19分前
それ、すごいわかるわー
名無しさん
14時間前
真実がすべてではないこともあっていい
名無しさん
8時間前
セデーションに完全な正解などない。自宅が家族全員にとって良い訳でもない。苦しそうだったら、積極的ににモルヒネを使っても良いと思う。辛い思いをさせて、じきに楽になるからと苦しいのを我慢させることにどれだけの意味があるだろう。治るのなら耐えろと言えるけど。
名無しさん
8時間前
苦しい思いをさして命を永らえさす意味は無い。患者の立場は痛み苦しみを取り除く事、それに尽きる。
名無しさん
6時間前
>患者の立場は痛み苦しみを取り除く事、それに尽きる。
患者の立場?意味がワカランが??
名無しさん
4時間前
この医者鎮静と鎮痛の区別はついているのかね?
名無しさん
3時間前
おじいちゃんが息を引き取る時、意識が全く無い状態だったのにおばあちゃんだけが、最後笑ったよね、笑ってたよ!ってずっと言っていた。実際に愛してるって言ってなかったとしても、海老蔵さんにはそう聞こえたんだと思う。作り話なんかするわけない。
名無しさん
17時間前
真実なんてどうでもいい。愛する人の最後を看取る時に「こうでありたい」でいいではないのでしょうか。
名無しさん
9時間前
他人がとやかくいう話じゃないよな。ただブログに書いているといろんな人が見るからいろんな反応があって仕方ないのか。
老衰の人や衰弱しきって亡くなる人は深い深呼吸をして息を引き取ることが多い。若い人は見たことが無いからわからない。
名無しさん
9時間前
言っても言わなくてもどうでもいいでしょう
家族が看取って安らかに亡くなったのであればそれで十分
医学的にはどうか知らんけどそんなのどうでもいい
そもそも作り話で何が悪いのか
誰にも迷惑かけてないし家族がそう信じてるのに水をさすことはないだろ
名無しさん
9時間前
>やはり意識は大切だと思っていて、せっかく目が覚めてるなら、しゃべってもらったほうがいいと思うんです。
確かに難しい問題だと思う。ただ、これはこの医師個人の信条であって、自分は第三者として尊重はするけども、その思想を自分が患者の立場で適用してほしいと思うかどうかは別の話。
気丈な人でも「もう殺してください」と、ただそのことだけを乞い願うようになり、生き地獄のようだと言われる末期がんの苦痛の真っ只中では思考も会話も成立しない。その場合「せっかく目が覚めてる」とは言い難い。
確かに安楽死は殺人だが「意識」の過剰な崇拝は拷問になり得る。世界の諜報機関が行う拷問は「終わり」があるが、これにはない。
苦痛が破局的になる前に遺言や挨拶をしておいて、苦痛で会話も思考もできなくなれば緩和ケアをしてほしい旨をあらかじめ合意しておけば解決できるのではないか。
名無しさん
1時間前
53歳の義妹が乳がんで在宅治療を続けていました。1週間前に強い痛みが出て在宅医にモルヒネを打ってもらってからこんこんと眠り続け、最期を覚悟した家族、兄妹甥姪など20人ほどがベッドの周囲に集まりました。このまま目覚めることなく逝ってしまうのかなとみんなが思ったとき、義妹は突然眼を開け、小さな声でしたが「みんな、ありがとう」と言ったのです。もう一度ありがとうと言いたかったらしく「あ」と口を開けたところで息絶えました。奇跡のようでした。在宅治療に反対していた義姉はその後、姑(彼女にとっては実母)の際には在宅治療を望みました。医師も出会わない奇跡のような場面は、きっと日常的にあるのです。
名無しさん
3時間前
最期って別に絶命する直前って訳ではない。2、3日前かもしれないし、もっと前かもしれない。意識があり、伝えたいことを言うのが最後の言葉だと思う。
でも、正直痛みや苦しみよりも意識が勝る人はいる。苦しくても目的のためなら、そんな事を気にしない人もいる。ジョブズだって最後の最後まで仕事をして家族を大切にしていた。
名無しさん
11時間前
はっきり言って、どちらでもいい。
でも、もし真実なら、麻央さんは最後まで、母親であるより一人の女性だったんだなぁと思う。
名無しさん
11時間前
?
名無しさん
10時間前
そう女性だったからこそ、乳房を切らず、
乳がんに負けてしまった。
幼いお子さんがいるお母さんなんだから、
お子さんの為に、母親として、
胸がなくても、生き抜いて欲しかった。
そう思いますね。
名無しさん
9時間前
私は個人的に、
カンゲンくんの初お披露目が近づいていたから入院や手術をしなかったのかな?と思ってますが。
つまり子どものために標準治療しなかったのかなと。
名無しさん
9時間前
家族皆に言ってるかもしれないよ。だから今は家族で言い合ってるんじゃ?
名無しさん
8時間前
たしか日々の忙しさやお披露目の準備やらで検査時期が遅れたか、放置になってしまったはず。
でも初めての検査から数ヵ月~1年くらいしか経ってなかったような?(うろ覚えですが)
初検査で引っかかったときに、もっと重大に捉えていたら…と思いますね。
名無しさん
8時間前
愛してるって、家族みんなに対して言ったんだと思うけどね。
乳がんじゃなくても、体のどこか一部を切るってなったら、誰でも躊躇して代替処置を模索するでしょう。
名無しさん
12分前
海老蔵さんへの愛は、お子さんへの愛。私が死ぬ時も主人に子どもを託す為、愛していると言いたいと思う。
名無しさん
9時間前
海老蔵はもともと(ブログ稼ぎや借金で)信用出来ないと思ってたからネタなのかなと半信半疑だけど、でもいるとは思う、最後に言ってさよならする人も。
名無しさん
3時間前
>日本だと人為的な薬剤投与でちょっとでも命が縮まったら、「安楽死をやった」と言われかねません。
今まではそうだったかもしれませんが、今後は減ると思います。
今でも少数派に思えます。
個人的には苦痛が長引くのはまっぴら。
かといって安楽死も嫌かも。
だから、多少命が短くなっても苦痛を取り除いて欲しい。
名無しさん
3時間前
夫婦なんだし、目と目で会話した
そう思いますけどね。
うちの父の臨終の際に、
ごめんね。と何度も声をかけました。
声はでなくなってたけど、
うなづいて、いいんだよ。いいんだよ。
と、言ってくれてると感じました。
そんなことはない。とか冷静に
言えるのは、医療関係者とか
大事な身内の死に
実際立ち会ってないからでは。
海老蔵さんのこと、批判もありますが、
彼がそう聞こえたのなら、
それでいいと思います。
いちいち否定とか、下衆な感じが
します。
名無しさん
1時間前
記事の内容はいいと思うのに、タイトルが中身と反してて残念
看取った海老蔵がそう言ってくれたと言ってて
奥さん亡くして辛い中、涙を流しながら細かく会見してくれたのに
それを作り話とか言う神経がわからん
だったら会見見なければいいし関心持たなければいい
名無しさん
6時間前
今更、ワザワザ小林麻央さんを記事にしなくてもエエのに。最愛の方を亡くした当人が、そう思いたいなら、それで良いのでは?それをワザワザ記事にしなくてもエエのに。作り話だと唱えるクソ先生に問うけど、どう言う風に表現すれば、君達は納得するの?
名無しさん
3時間前
夫婦間のことは、夫婦でなければわからないと思うが。
海老蔵さんが最期のメッセージをそう受け取ったのなら、それでいいと思います。
名無しさん
1時間前
作り話っていう人がいることに驚く。
もし言葉は無かったとしても、以心伝心で伝わったんでしょうよ。
遺族や愛する家族を遺して逝く人の気持ちがなんで理解できないのかな。
海老蔵さんの事が嫌いで何でも叩きたいのかも知れないけど、叩いていい事とダメな事の区別もつかない人が、海老蔵さんよりご立派だとは到底思えないんだけど。
あと、医師のお二人は作り話を否定してるから、誤解を招くタイトルの付け方、失礼だと思う。
名無しさん
2時間前
作り話ね~
お互いの気持ちで通じ合う事がない人には無理でしょうね。
自分は目でした、今は元気だが死ぬかもしれないと呼ばれた時目を見つめられたその時
相手の言いたい事が解った
だから思わず心配しないでいい
ちゃんと見るからと言ったら安心したようで目を閉じた。
言った言わないの単純なものではないんじゃないと思うですが…
名無しさん
1時間前
末期がんで苦しむ姿は本当に辛かった(弟)
それを看病し続けていた両親の心痛はいかばかりであったろうか
逆縁ほど悲しいことはない、結局数年後両親も年を隔てて
母親、父親と相次いで亡くなった、相当子供の早世が
こたえたんだろう。
やはり残された自分は親を見送ってから自分の終活を考えるように
なりました
名無しさん
2時間前
実際に寝たっきりの人が、最後に目を覚まして一言残して亡くなった例もたくさんあるはずです、私は海老蔵さんの言葉を信じます。
名無しさん
33分前
うちの祖父も最後に言葉を残してくれました。
私が子供の頃の恩返しで病院の枕もとで子守唄を唄っていて、「じいちゃん、今日はあたしが見守っててあげるからいっていいんだよ、今までありがとね、お疲れ様ね」って話しかけた後急に危篤状態に入って、祖母を呼んで1時間後、1週間乾きっぱなしで目をつぶることも出来なくなって話もできていなかったのに、最後は祖母の手を握り返して大粒の涙を流し、チョットだけ起き上がって「ありがとな!」とはっきり言い残して亡くなった。
だから、海老蔵の好き嫌いじゃなく、真央さんはちゃんとお別れの挨拶をしてから旅立ったって信じられる。
名無しさん
2時間前
この記事、このタイトル、誰が得する?
名無しさん
13時間前
最期がどうであれ、何で今頃?
もー、亡くなったのだから、そっとしてあげれば?
名無しさん
28分前
うちの父親は最後モルヒネを使ったのだが、最後の最後に家族全員の手を握って「家族みんなで仲良く」と言った後に意識が薄れていって、呼吸が止ってナースコールをしたらナースが蘇生をしたけど「もうやめていいから」と言って看取った(因みに担当医は雲隠れして最後まで出てこなかった:こいつは地獄に落ちればいいと思った)。
「愛している」と言えないとは思えないのだが。
名無しさん
13分前
死ぬときどうしたいか、死後どのようにすれば良いか、よく母と話をする
父はそういう話を拒否した
だから、父はどういう死を迎えたかったのかは今も分からない
母の時はせめて、希望に添えるようにしたいと思う
まあ、どっちが先になるかは誰にも分からないけれど
名無しさん
1時間前
海老蔵に関して詳細は知らないが、
「作り話」と言っているといわれる医師たちと
麻央さんの在宅医とは真っ向から方針が違うから、
こういう話が出てきたと思う。
ガンが判明した時手術を推奨した医師、抗がん剤で行けると
判断した医師。
ただそれを選択したのも本人と家族。

長尾先生は多剤投与や製薬会社を批判している立場で
活動されているから医師としてはやや異端であるに違いない
スーパードクターといわれる医師もいれば近藤誠のような
医師もいる。
要は相性もあるからメディアの流す情報を妄信せず
自分で選択できるうちにぼんやりでも考えるべきと
言っているのでは?
たいていの家族は後悔はあっても「寿命だった」と
納得せざるを得ない状況は変わっていない。

名無しさん
1時間前
言ったって言うんだから、言ったんだよ、きっと。そうでなきゃ、残された家族はすくわれないじゃん。きれいで若いお母さんが、小さい子どもおいて亡くなってしまうんだから。
海老蔵はあんまり好きじゃない
でもこの記事に関しては
まぁ、いいじゃないか
と思う
わかってるって。
愛してるなんて、
言葉を残して亡くなるなんて、映画みたいな美談があるわけないこと。
名無しさん
2時間前
別にこの事をわざわざ医師に確認する必要あるのかな。もっと他に書くことがあると思う。
名無しさん
21分前
その場にいたならともかくいないなら憶測で言わんでいいと思う。
海老蔵さんと麻央さんの夫婦2人しか分からん事もあるよ。
名無しさん
9時間前
記事の内容とタイトルが逆だな。。
どっちにしても、2人にしか分からない事もあるし。
周りがとやかく言う事でもないだろ。
名無しさん
9時間前
記事の内容とタイトルが逆だな。。
どっちにしても、2人にしか分からない事もあるし。
周りがとやかく言う事でもないだろ。
名無しさん
1時間前
文章の書き方が悪いのかもしれないが、
長尾先生、ちょっと変わってるという印象を受けました。
特に、安楽死の問題について、どのように考えているのかわからない。
終末医療と安楽死は密接な関係があると思います。
その点について、どうすべきとお考えか聞かせてほしかった。
名無しさん
6時間前
まぁこれがベッキーとか矢口真里とかだったら
作り話してイメージアップ(笑)とか言って
ひとの死を利用して
自分ファーストなこともするかも知れないけど
海老蔵はそこまで狡猾でもないし
仮にそういうことしてもあんまりメリットもないだろw
物理的にちゃんと言わなくて言葉の断片だけでも
きちんと本当に相手の気持ちがわかるときってあるしな。
名無しさん
1時間前
いろんな最後がある。
静かに眠るように迎える人もあるし、呼吸が止まって思い出したように再び呼吸しだんだん感覚が長くなりやがて停止するパターンもある。
おじいさんが後者だった、この時は昏睡状態で何かを言うこともなかった。
聞こえたと言えば他人が否定することでもないし誰かに迷惑がかかることでもない。
名無しさん
1時間前
メルヘンな話だとしても、そう聞こえたならそれでいいと思う
名無しさん
9時間前
意識があって意思疎通ができる状態、それが出来なくなって意識を失う状態、心配停止する段階、の時差の問題ではないのか。意識を失ってから心配停止まで長く昏睡する人もいるし、意識を失う直前まで会話可能だったが意識を失ってから間もなく心配停止する人もいる、真央さんは後者だった、ということでは?少なくともドラマのように最後に言葉を発してから意識を失った瞬間に心配停止するのではないのだと思っています。
名無しさん
20分前
最期とか、老後とかもう動けなくなった、動かなくなった時のことばかり問題にする人が多いが、元気なうちに何をすべきかを知らないからなのかと思う。死に方を問題にするより、何をなすべきかは大事なこと。
名無しさん
2時間前
自宅で看取ることはいいことなのかもしれないけど、死んだあとの処置を自分たちでやらなきゃいけない。それも大丈夫なのかな?
あるいは葬儀屋の人に任せるのかな?
名無しさん
35分前
幼い子を残して、それを旦那さんに託す。
これからこの成長を共に見届けられない
無念な死を覚悟して伝えたいことだと思う。
それを思えば、音として発しなくても
口ぱくだとしても…
この先も、奥様の死を
受け止めなくてはいけない家族がいる事。
家族が強く生きるための言葉であっても、
良いと思う。
真実?だからどうなの?
医師たちにとっては、患者一人の死で、
原因不明の死でもないだろが?
名無しさん
3時間前
海老蔵さんが聞こえたんだったら
聞こえたんですよ
医学的だの
科学的だのが最優先される風潮があるけど
医学的、科学的が通じない事の方が
多いのにね
名無しさん
20分前
医師サイトでも炎上ね・・まぁ理論的にはそうなのかもしれんけど
仮に真実がどうであれ追及すべきじゃない事ってあると思う
そこの真偽を突き詰めて誰か得するかね?
名無しさん
53分前
この記事、いいインタビューだと思うけど、読んでないでコメントしてる人多いな。読んでみ。
名無しさん
16分前
本人が、そう言った!
と思えたのなら、それで良いのでは?
名無しさん
3時間前
その場に居なかった者がどーこー言う事じゃないと思います。
名無しさん
5時間前
ケアが必要だね。
名無しさん
3時間前
私の祖父は肺炎による呼吸不全で亡くなりましたが最期まで息が苦しい中、ありがとうと何度も言っていました。
人それぞれだと思いますが、自分の体験という少ない例を挙げて、嘘だと決めつける人は自己中心的だと思います。
名無しさん
2時間前
麻央は最後に人生後悔してただろうね。
傍で海老は微笑んでたとの話もあるしな。
名無しさん
2時間前
真実はどうであれ既に亡くなった方の事を記事にするのはどうかと。
名無しさん
4時間前
この人は全ての人の臨終に立ち会ったのだろうか?100人いたら100通りの臨終ぎある。例え意識が朦朧としていても最期の瞬間に一瞬意識を戻して思いを伝える事だってある。俺も意識混濁して病院に運ばれた時、案外冷静に「俺は死んだのかな?」って思った。そのまま死んだとしても仕方ないかとも思った。最期の瞬間に何があったとしても、立ち会っていなかった第三者が立場を利用して勝手な事を言うもんじゃない。
名無しさん
9時間前
愛してると言って亡くなった。の方が綺麗だからね。たぶん、愛してるが最後の言葉だったのは間違いないと思う。
母が緩和病棟でモルヒネうちながら痛みと闘っていた。亡くなる1日前まで自分でトイレだって行ってた。危篤で家族が駆けつけた時意識は朦朧の中「先に死んでごめんね、パパの事頼むね」と妹に言ったらしい。私は飛行機の都合で死に目に会えなかったが医師が嘘だと決めつけるほど、緩和病棟の医師は患者と向き合っていない。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.10.3

ノーベル賞受賞で相談殺到 誤解してほしくない免疫療法

日本中がお祝いムードに包まれた京都大学特別教授、本庶佑(ほんじょ・たすく)さんのノーベル医学生理学賞受賞。 [caption id="…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。