「みんなに愛されようとするから、君は疲れるんだよ」 作家・辻仁成が説く“孤独”のススメ

集団に馴染めない人、「つながり」が苦手な人、生きづらさを感じる人へ。

仲間も大事。家族も大事。だけど、やっぱり自分が一番大事」

ハフポスト日本版 3/24(土) 10:00配信
辻仁成さん

作家の辻仁成さんは、そんな言葉を口にする。

小説『ピアニシモ』で作家デビュー。『海峡の光』で芥川賞に輝き、江國香織さんと綴った『冷静と情熱のあいだ』は俳優・竹野内豊さん主演で映画にもなった。

58歳になった彼はいま、日本から遠く離れたフランス・パリで息子と二人で暮らす。そして毎日、「息子よ」と呼びかける言葉を、Twitter上で紡いでいる。そこには、こんな言葉が並ぶ。

「歩く速度を落としてみないか」
「八方美人は、八方塞がり美人」
「頑張れとか、ふざけんな」
「図々しくて構わない」

時に諭すように、時に奮い立たせるように…。これらの言葉は、自分の「息子」だけでなく、生きづらさを抱えた全ての人に向けたものだという。

集団に馴染めない人、過度な「つながり」が苦手な人、生きづらさを感じる人…。そんな人達に向けて、辻さんは「孤独と孤立は違う。自分を大切にしてくれる人と仲良くしなさい」と説く。
(聞き手:吉川慧/ハフポスト日本版)

■打ちのめされた人に「立ち直る力」を伝えたい

――辻さんは最近の世の中について、「心が折られちゃってる人が多い」と綴っています。今の時代特有の空気みたいなものを感じますか。

今の時代は、会ったことのない人と関わる機会が多いんじゃないんかな。先日、Twitterで「人間なんてごまんといる。嫌な奴らから離れて何が悪い。他人に悪口言われ馬鹿にされ続ける意味なんかあるか?世界は広い、小さなことは気にすんな。次の言葉を心に常備しておけ。誰の人生だよ!」ってつぶやいたんです。全部に関わるから辛くなるのかなあと。毎日、そんなことばっかり考えています。

――辻さんは自分のお名前をネットで検索(エゴサーチ)しますか。

しないですね。悪口しか出てこないから見ないようにしてます(笑)。

悪意に満ちた批評書かれたり、芸能ネタでコケ下ろされたり…。僕の人生、それがほとんどですから。いちいち心が折れていたら、生きていられない(笑)。戦う価値もないし、無駄な時間使う必要もなし。人間なんかごまんといるんです。まさに、誰の人生だよ、ですよ。

しかしね、僕の心得の中に「敵を味方にしてこその勝利」という言葉があります。

SNSで僕の悪口を書いた人に対して、敵意をむき出しにしても何も始まらない。砂に水を撒くようなものです。むしろ、そういう人たちに「辻って、あんま良いイメージなかったけど、なんかちょっと変わってきたよね」って言われるほうが、実は、人生には意味があると思う。

それが「立ち直る力」を得るための一歩だと思っています。

 

記事を全て開く

■人間は「個人」対「社会」の中で生きている

――そうした言葉を日々「息子よ」と題して、Twitterでつぶやいています。

Twitterでの言葉は、本当は息子にだけ向けられたものではないんです。

毎日1つ、2つですが「今日の自分は、こういう心構えで生きるといいよね」って、自分に向けて書いている。「息子よ」とは、世界中にいる年下の息子とか娘とか、弟や妹、生きにくい時代を生きている全ての若い人たちに向けての言葉でもあるんです。

――社会と自分の関係性の苦しさを書いているのも、多くの人に支持される理由かなと思いました。例えば「みんなに好かれてる人はみんなに優しいから、みんなのことを考えなきゃならない」とか。

すごくいい質問だと思う。やっぱり人間は「個人」対「社会」の中で生きているんですよ。

ストレスは社会が抱えてるもので、それは人間にぶつけられる。自分が抱えてるストレスを発散したい人は、一番近くにいる弱い者にぶつけがちです。会社なら、上司は部下にあたり、部下はストレスを抱える。

「個人」対「社会」の関係を克服できれば、生きやすくなるんだろうなって思います。

僕にとって「社会」って、僕と息子の家族2人しかいない。そんな狭い世界でも、例えば息子が反抗期に入ると、ちょっと生きにくくなるわけですよね。

会社に勤めていたり、もっと大きな家族の中にいる人たちは、もっとつらいだろうなって、思いをめぐらせます。

――「集団」を意識しすぎると、「個人」は生きにくいのでしょうか。

みんなに好かれようとするのは大変です。「八方美人は、実は八方塞がり美人だよ」って思う。みんなに八方美人であるということは、それだけ自分を犠牲にして全員に気を遣っている。自分をウソで固めている。

「みんなに愛されようとするから、君は疲れるんだよ」って思う。そんなことをして何になる。自分が苦しいだけじゃんってね。

みんなに愛されることは無理。みんなに愛されるには「平均」を取っていかなきゃいけない。それって、どんだけ気を遣わなきゃいけない社会で生きているのかな、と心配になる。

周囲から嫌われても、本当のことを言ってくれる人のほうが信頼できますよね。そういう見方を僕はしています。

■「くだらない人脈」と「本当の人脈」がある

――ただ、学校でも会社でも、みんなに好かれる人こそ正義とする空気を感じます。「みんな明るく元気良く」という言葉が教育目標だったり、友達の多さが価値とされたり…。

日本に帰ってくると、30~40代の若い起業家の方々に会うんですが、これから会社つくろうとする人たちは、みんなこぞって「大事なのは、人脈ですよ!」って必ず言う。

でも、僕は名刺を持ったことない人間だから「人脈づくり」なんてしたことないんです。でも、誰よりも人脈、人脈という言葉は嫌いだから、仲間がいると思っている。(笑)

人脈って「くだらない人脈」と「本当の人脈」があると思うんです。

「くだらない人脈」っていうのは、数の人脈。「名刺をこんだけ持ってます」「この社長さんも知っています」みたいな。でも、それって、ただ名刺交換しただけですよね。それは人脈とは言わない。

僕は名刺を渡されると「名刺はないんです」って正直に言うんですよ。すると、みんな笑って和みます。その中でなにか気になる人がいたら、僕はその方にメールを返すようにしてるんですよ。そこから縁(えん)ができるわけですよ。

――能動的な縁ですね。

そう。あえて自分が皆さんよりも引いて「名刺さえもない人間です」と。お会いしたら、お礼に本を送るか、メールを送る。そうするとメールには返信が来る。そうやって生まれたご縁って、繋がっていきますね。

世界各地に、そういう縁の方がいっぱいいる。不思議とその出会いが別の出会いと繋がっていく。そこからまた何かいろんなアイデアが生まれたり、面白い出会いが生まれたりするんですよ。

――不特定多数と付き合おうとしちゃいけないってことですね。

「ご縁」っていうのは、つくろうと思うよりも、やっぱり襲いかかってくるものなんですよね。

「縁」というのは、自分が過去の人生がつなげてくれるもの。良い縁もあれば、悪い縁もある。たまに脈略なく名刺を渡されるときもありますけど、そういうときは「どういうご縁なんだろう?」って考えるんです。

ちょっとした雑談の中で「この人とは縁をつくったほうがいいな」と思うと、頂いた名刺が役に立つ。何かあるときにはこちらから連絡するようにしています。名刺のない僕はインパクトを手渡すようにしています。

名刺というのも「縁をつくる」ことが目的。ただ名刺を配ればいい、人脈をつくればいいってことじゃない。

■「自分を大切にしてくれる人と仲良くしなさい」

――「敵を味方にすることが大事」という話がありました。一方で、自分を偽らないといけない人間とはどう付き合えば良いでしょうか。

そうですね。今すぐ離れる。無視していい。敵を味方にしていいけど、本当の敵に頭を下げる必要はない。そういう縁は悪縁ですから。悪縁は切りなさい。

やっぱり全部に関わってることはできないよ。人間はごまんといるんだから。その全てに関われないから、大事なものだけに特化していったほうがいいんじゃないかと思う。

――自分を大事にしたほうがいいって話ですね。

僕が言いたいのは「自分を大切にしてくれる人と仲良くしなさい」ということ。「あなたの人格を否定しない人たちと仲良くしなさい」と。

否定してくる人間にぺこぺこする必要あるのかっていう。そんな人間にありがとうって言う必要はありますかっていうことを感じます。

――まさに「辻説法」ですね(笑)。

人生そんなことに費やす時間なんかないでしょう? こういう考え方を否定する人もいるかもしれないけど、そこまで人間は賢者になれないと僕は思う。

自分の人生で精いっぱいでしょう? 学校でも会社でも「君のことを認めない人間のために生きる必要ないよね」って言いたい。

それよりも「あなたのために頑張るわ」と言ってくれる人を信じたほうがいいし、そういう人といるほうが幸せじゃないかな。

■「自分のことは、自分しか褒めてくれない」

――「嫌なものは嫌」と、割り切れるようになれると良いですね。

たしかに「嫌なものは嫌」ってきっぱり思えるタイプの人はいい。だけど、思えないタイプの人がやっぱり大変だと思う。僕もそういうことで苦しんだ時期があったから。

――「嫌いなことは嫌い」と言えず、他人に振り回され、自分を肯定できない人もいる。どんなことを心がければ良いですか。

それは、自分を出せていないだけだと思います。「自分を出す」ということが、すごく大事。それが一歩前に進むことにつながると思うんです。「ポジティブ」と言ってもいいかもしれない。

人間は、なかなかポジティブになれない。では、ポジティブになるためにどうするか。

まずは自分に対して、自分へのご褒美として「お前、今日頑張ったじゃん。よく生きたじゃん」って言い聞かせてあげることじゃないかな。

自分のことは、自分しか褒めてくれないんですよ。人に褒められようと思ってもダメ。まずは自分で自分を「よく生きたね」って言ってあげる。

自分の中で、自分を再生させていく力が大事。仲間も大事です。家族も大事です。だけど、自分が一番大事。自分で自分を励ます力を持てば、なんとかやっていける。

自分を出せない人達の中には、いい人たちがいっぱいいて、才能もある人もいる。でも、孤立している人がいる。物書きとしては、そういう人達にどれだけ光を当てられるかが大事だと思っています。

■「孤独」と「孤立」は違う

――辻さんが考える「孤独」の「孤立」の違いは。

「孤独である」というのは、自分を大事に思って、ひとりの世界をきちんと持っている人ですね。だから「私は孤独です」っていうのは、すごくいいことだと思う。

「自己嫌悪」も、実は悪い言葉じゃなくて…。自分を批判するということは、自分をきちんと見ているっていうことなんですよ。

――「孤独」な人ほど、自分を客観視できてると。

「俺は駄目な人間だ」って思えることは、何も悪いことじゃない。自分の悪さを知っているのだから。

自己嫌悪に陥る人もいると思うけど、それは理想が高いのだと思う。それだけ志があるということじゃないかな。「孤独」も似ていて、自分の世界をきちんと持ってるからこそのひとり。

――では、「孤立」は?

「孤立」は、しっかりとした自分の世界を持っていない。社会の中で適応できず、他者の悪口を言ったり、周りから疎外されてしまう。それが「孤立」だと思う。

「孤独」は、自ら選んで「ひとり」であって、人とつるまずに自分の中の精神を極めていくということ。素晴らしいこと。

でも、「孤立」っていうのは違うんですよ。みんなに嫌われて孤立してるんですから。つらいんです。孤独はいいけど孤立は駄目だっていうのは、そういうことなんですよ。

魂や心は死ぬまで成長を続けている。だけど「自分は60で終わり」って思えば、そこまでの人生になってしまう。たとえ80歳でも90歳でも、明日があるって思える人って長生きして成長できると思います。身長は十代で成長を止めるけれど心は死ぬまで成長を続けます。

<プロフィール>
辻仁成(つじ・ひとなり)

東京都生まれ。フランス在住。1989年『ピアニシモ』ですばる文学賞を受賞し、作家デビュー。1997年『海峡の光』で芥川賞、1999年『白仏』で仏フェミナ賞・外国小説賞を日本人として初めて受賞。多数の著書があり、世界各国で翻訳されている。現在は、ミュージシャン、映画監督、演出家として多岐にわたり活躍中。Twitterでは、自身の息子に向けて紡いだ言葉が大きな反響を呼んでいる。

吉川慧/ハフポスト日本版

ハフポスト日本版

名無しさん
6時間前
ありがとう。辻さん。
苦しかった。楽に生きようと思う。
たくさんの人に届けばいいな。
名無しさん
5時間前
自分の生き方は間違ってなかった…と肩の力を少し抜くことが出来ました。
偶然かけてもらった何気ない言葉にぱっと視野が開けるって時…ありますよね。
名無しさん
3時間前
ネトウヨが別アカウントでコメントしてたりして
名無しさん
1時間前
不倫に離婚(`ヘ´)プンプン。遠く離れたパリ暮らし(`ヘ´)プンプン。今さら孤独のススメね(`ヘ´)プンプン。
名無しさん
1時間前
だからヤフコメやってんだ。
名無しさん
25分前
絶賛してる人は人間関係築くのが下手なんだろう。
そういう時「一人でいい」と言ってくれると安心できるんだろう。
名無しさん
14分前
女優らと3回結婚して
離婚繰り返して
「孤独のすすめ」って。
なんじゃそりゃ笑
名無しさん
8分前
実は友達ほしいけどなぁ
本当に純粋に
名無しさん
5分前
孤独じゃない人に孤独を勧められてもw
名無しさん
1分前
ええ女と三回結婚してるから、孤独の勧めも説得力あるんやで。
まあ坂田利夫が言うても説得力ありそうやけど。
名無しさん
5時間前
たくさんのことを経験してきた人の言葉は心に入ってきますね。自分に正直になるっていうのは簡単そうで簡単ではないけど、少し力を抜いてみようって思いました。
名無しさん
19分前
女優らと3回結婚して
離婚繰り返して
「孤独のすすめ」って。
なんじゃそりゃ笑
名無しさん
17分前
ynnkghiwdarmsyon
何言ってんだよハゲw
名無しさん
6分前
ムリだ、あきらめろ
名無しさん
6時間前
昔は野心剥き出しな感じだったけど、いい感じになってきたね。
名無しさん
14分前
俺はあの頃のジンセイも好きだぜ!カモン、Jack!!
名無しさん
12分前
この人バラエティでもリアクションが正直っぽく
テレビ用に作ってなく見えるので好感持てます。
名無しさん
11分前
変わり者な分だけまわりに理解されずに苦労したんだろうね。
きれいごと並べるだけの人より説得力がある。
最近読んだ記事の中で最も学びがあった。
名無しさん
6時間前
最初、嫌いでした。美人女優、それもふたりと結婚したりして。でも、お菓子やお料理を極め、楽しそうに披露し優しい言葉使いに・大好きになりました。魅力的なひとです。
名無しさん
3時間前
息子に対する愛がすごい。
名無しさん
1時間前
単純だなぁ。
コメントを全て開く
名無しさん
36分前
昔、深夜ラジオしていた時から励ましてもらっていた、昔から熱くて暖かい人だよ(^^)
名無しさん
18分前
女優らと3回結婚して
離婚繰り返して
「孤独のすすめ」って。
なんじゃそりゃ笑
名無しさん
6時間前
人の悩みは見えないから、みんな幸せそう。
だけど、みんな悩んで成長するんですよね。
名無しさん
6時間前
楽になる言葉!
悪縁!まさに私もたちきりました!
名無しさん
5時間前
心理学の本にも社交的で人脈に長けた人が評価されがちだが、他人に時間を費やしてる分、自分を1つの世界のプロフェッショナルとして育成させる時間がない、と書かれていたけどまさにその通りだと思う。
名無しさん
1時間前
それは違う。社交的で自分磨きもできる。相対的なものではない。
名無しさん
1時間前
違う、と言い切ってしまうのも違う。笑
名無しさん
5時間前
孤独を実践できる人は心が強くそれなりに自分に自信が持てる人ですよね、、
わたしはそこまで強くなく寂しく思えてしまうので、、自分自身を大切にすることから始めてみようと思います。
こうやって、人はそれぞれ、、
狭い世界の価値観に囚われて焦ったり引け目を感じたりしないよう1つのヒントをもらった気がします。
名無しさん
5時間前
辻さん、同感です。
名無しさん
4時間前
辻さんの言葉に癒され楽になりました。
ありがとうございます
名無しさん
5時間前
とっても深いですねぇ~。
ある程度の年齢になると
学生時代のようにつるむ事が面倒になる!
『お一人様』が断然楽チン。
…かと言って
誰とも係わりを持たないのとは違う。
距離感は大事だと思います。
名無しさん
3時間前
人とのつながりに生きづらさを感じて苦しんできた1人です。読んでいたら涙が出てきました。人とのコミュニケーションが苦手で、自分から人が離れていくような気がしていつも自分を責めています。難しいけど、これからは自分を誉められるように変えていきたいと思いました。辻さんに感謝です。
名無しさん
2時間前
私もあなたと似ています。共感しました。
名無しさん
2時間前
ただ、周りに理解してくれる人がいないだけ
絶対にそんな人と巡り会うことは出来ると思う。
自分で準備をしておけばいいですよ。
名無しさん
1時間前
そうですね!ありがとうございます。
名無しさん
3時間前
最近、孤独とか流行ってるよね、本とかも出てるし。個人的に思うことは、孤独って贅沢な時間だと思う、なんせ自分だけのための時間を独り占めできるからね、仕方なくお付き合いのある人達にとってはこの上ない贅沢。
よく、付き合いとかでキャンプ、結婚パーティー、新築パーティーとか羨ましいなと思う自分がいるけど、実際その場に行ったら苦しくて仕方ない自分。ごめん、わがままで。
名無しさん
4時間前
人は一人一人、歩幅・歩く速さが違う。
集団に合わせようとすると、疲れる人も居るし、
逆に、みんなと同じでないと、不安になる人も居る。
合わないなら合わないでいいだろう。
皆同じは所詮幻想。
名無しさん
5時間前
数あるヤフーニュースの長文で初めて全文読んだ記事
名無しさん
2時間前
子供が高校までは嫌でも母親同士の付き合いが必然になり鬱陶しくてたまらなかったけど、卒業すると孤独になった気がしてたごく少数の友人しかいない。
でも最近孤独でも良いや主人もいるしと思うようになりました。
休みの日はたまに孤独のグルメをしている。案外楽しい。
名無しさん
4時間前
世間でいう「大人」になるにつれて、
納得いかないのに状況上優しい人を演じさせられて
不愉快なのに笑顔を作ることを覚えちゃう。
けど、ふと
「あれ、なんでわたし楽しくないのに笑ってんの?」って気づいて
自分が気持ち悪くなったり。
そんな中で出会った「まんま」の自分を見せられる人は、
ずっと大事にしていきたいものです。
名無しさん
1時間前
最初は申し訳ありませんが、あまりよい印象はありませんでしたが、辻さんの‘息子へ’から始まるTwitterが毎回本当に心に沁みるツイートばかりで、現在ではフォローさせていただいております。
子育てから真正面に目をそらすことなく、誰かの引用ではない飾らない辻さんならではのお言葉や息子さんへのお弁当やお料理を拝見し、本当になんていいお父様なんだろうと思います。
私自身もとても助かるお言葉が多いです。。
名無しさん
6時間前
ですよねえ 、、、
八方美人は疲れますよ
名無しさん
37分前
ほんとに気の知れた友人関係を築くには
20年くらいかかるんじゃないかと思う。
今は断捨離とかいって人間関係も捨てようって考え方もあるけど
ずっと長く付き合っても
合うときとちょっと離れるときと
そのときどきで柔軟に出来ればいいと思う。
友達は20年からと考えると
まだまだこれからだな。
名無しさん
1時間前
テレビで見かけるようになって、他人にこう見られたい、みたいなものが無い、飾らない率直で正直な人柄が羨ましいといつも思っていました。特にNHKの番組で見る彼、すごく素敵だと思います。好き勝手言ってるけど、彼の自由さにいつも救われます。
名無しさん
10分前
こういうのもアレですが、辻先生が言っていることのほとんどが、自分が最近意識していることと重なります。余計なストレスもたまらないし、仕事もうまい事いくようになりました。
名無しさん
1分前
私も振り返ると子供の頃から良い子でいることを強いられてきて、それに応えるために疲弊していた。学校でも先生の顔色伺って行動していた。友達100人出来るかなぁ!これって疲れるよね。連帯責任なんて理不尽だと思っていた。争いが嫌だから友達の言いなりになっていた。辛かったね。自分を殺して付き合ってイヤと言えない。そんな自分に嫌気がさして孤独になった。ママ友付き合いも大変だったから子供が大きくなったら付き合いを辞めた。いい友達だけを大切にしたら少し楽になった。八方美人は辞めた。孤独は悪い事だと思ってました。でも自分を大事にしたら心に余裕が出来て他人にも優しく出来るようになった。日本人もYES、NOがはっきり言えたら楽になれるのにね。独りよがりでなく他人に流されないで自分の考えはしっかり持って生きていきたいと思ってます。辻さんの考え方は私の心を明るくしてくれました。ありがとうございました。
名無しさん
5時間前
自分に正直に生きたいですがそうはいかない事もあるんですよね。
名無しさん
4分前
特殊な世界に生きる人間には大した人脈はいらないかもしれないな。
でも全く無かったらやっぱりマズイんだよ。
それを必要とした時が無いから分からないだけじゃない?
例えば老いた親がボケてどうしようもなくて、でも直接世話を出来ないしそういう施設の空きも殆ど無い。
そういう時に良い人脈を持っていると上手く入所させて手厚い看護を受けられたりする。
小さいのはこういう感じ。
もっと大きいのは人脈が無いと商談が全く成立しない時があったりする。
そういう世界に生きる人にとってちょっと受け取った名刺が後々大きく世界を変えることもある。
だから俺はそういうのを否定しない。
実は経験があるので。
名無しさん
4時間前
なるほど。凄い参考になる
名無しさん
31分前
分かる。
できれば1人がいいけど、そういうわけにもいかないので、最低限の家族、友達でいい。職場は職場と割り切る。
好かれたい、もてたい。よく思われたい、は必要以上に精神をすり減らす。お金もかかる。
こち亀で、両さんが服を買う基準は、「安い、丈夫、サイズが合う」、デザインなんかどうでもいい、と言ってた気がする。
名無しさん
3時間前
バンドのECHOES時代のDearFriendで、仕事で東京へ出ていった変わっていく友人を思う歌詞にはっとさせられました。
ZOOとか、辻さんにしか書けない世界観ですよね。
読書は苦手なのですが、辻さんの世界観はやっぱり好きです。
DearFriendは、今でも好きです。
ひとカラに行けたら歌いたいくらいですよ。
辻さんは、
過去には美人女優さんと結婚されていたり。。。。
バンドのボーカルをされたり、
作家はずっと続いるてしで、すごいですよね。
さっきうたた寝をしてたら、東京の方のカフェに居て、辻さんとばったり会い
知り合いという設定で嬉しかったです。
多分、こちらの記事を読みながら一瞬寝たのかもしれません。笑
名無しさん
2時間前
人生の中ではどうしても仕事や学校で、八方美人で手広い人脈がなければ歩めない場面もある。何度か必死にあがいてみて、疲れきってしまった時に立ち止まり自分自身を振り替える事は本当に重要だと思います。
ただ、最初から人と交わる努力をせずに
今の自分をそのまま皆に受け入れてほしいと思うのはただの我儘になってしまうので、そこはきちんと線引きが必要です。
社会人としての最低のマナーや協調、周囲への気配りはあった上できちんと(孤独)を楽しめればいい。何でも一人が正解という訳ではないと思います。辻さんは、大切な愛息が中心にあることがとても大きいですよね。
私もです。娘を授かってから見える世界が変わりました。
名無しさん
3時間前
いい話でした。スッキリしました。
辻さんありがとう
名無しさん
20分前
辻さん、すごく的を得ておりいい事言われる
本読んでみたくなった
名無しさん
24分前
息子さんと二人きりだとやっぱり色々なことが見えて自身の反面教師にもなったのかな。
名無しさん
2時間前
このかたの本読むと、所々目線が優しいなと思います。話の全体は忘れても、ああこういう言い方、見方があるんだなとか。
辻さんも書いてるけど、頭ではわかっていてもなかなか自分を出すって難しい時もあったり。
あと孤独礼讃論調が流行ってるからと、仲間の多い人をわざわざ叩く必要もないと思いますが。
感じの悪い集団なら別ですけど。
最終的には、人それぞれだと思います。
名無しさん
30分前
孤独の勧め、良い響き。全文すんなり読めました。
友達が少ないとダメ人間ではないかと、モヤモヤしていた私に
光が射した気分です。ありがとうございます。
名無しさん
32分前
中山美穂も熱りが冷めたのか普通にテレビや映画で見かけるようになったな…。
子どもを捨てて不倫相手の方に走ったけど、その後は不倫が次から次へと報じられたからな…。
名無しさん
2分前
孤独はいいけど孤立はダメって目から鱗。
なんで各所でこんなにも寂しい孤独が推奨される風潮なのかわからなかったけど、いつかはいいこともあるのかと淡い期待を持っていたが謎が解けた。
自分にはやっぱり今のままでは光は差さない。孤独じゃなくて孤立だから。
だから、やっぱり日常の言葉で表現すると「孤独はダメ」で合ってるんだ。頑張らないと。
全国の「孤独って悪くないらしい」と思い込んでる孤立してる人たちにこの記事を伝えたい。
おい、やっぱり君はダメだぞって教えてあげたい。
名無しさん
5時間前
辻さんの考え方、120%支持します!生きることは大変、みんな寂しがりで孤独、そう思われたくないから、人脈人脈という。知り合いであって友人でも何でもない。孤独を極めた人こそが、実はリア充だと思う。他人の顔色伺いの人生は嫌だ
名無しさん
1時間前
バンド時代の曲は一曲しか知りませんが素敵な歌だと思います。サビしか知らないけどとても印象に残るメロディーだと思います。小説も読んだことはないですが活躍は存じ上げてます。好きか嫌いかで聞かれたら正直フィフティーフィフティーですがこれからも派手に活躍してワクワクさせて下さい。
名無しさん
4時間前
久し振りに共感できる記事でした。
自分もそう思います。
名無しさん
1時間前
友達に傷つけると思っても、言わなきゃいけない事もあるんだけど、辻さんはそんな人とは距離を置けっていうのかな。あまり人をジャッジするのは好きじゃないし、それを鵜呑みにして自分を顧みないのも違う気がする
名無しさん
16分前
凄く良いこと言っている。けど孤独のこと語る人って、
大抵本人は全然、孤独じゃないよね?
名無しさん
1分前
辻は「自分が育てた息子には愛想尽かされない」と何故か根拠もなく思っていそう
子どもに愛想尽かされてやっと孤独の入り口に入る・・くらいのはずだが。
名無しさん
35分前
できることなら
今の辻さんと故やしきたかじんさんの
対談をみたかった。
名無しさん
11分前
若い時はバンドしたり女優といっしよになったり…ちよっとチャラチャラした感じだったけど…最近は好感度良くなった
名無しさん
4時間前
長文記事だけど、最後まで読めた!この人の理論は面白い。
名無しさん
6時間前
なんだか涙が出ました。
ありがとうございます。
名無しさん
1分前
辻仁成にはもっとひねくれた感じを貫いてほしかった。
名無しさん
2分前
辻さん、ありがとう。
名無しさん
23分前
本当の友達なんか両手の指の数より少ないのが普通
名無しさん
1時間前
すごくまともな意見です。
良いと思います。
名無しさん
1時間前
いい内容だね。
ちょっとイメージが変わった。
でも名刺の内容はこの人が立場が上だから通用するんだよね。
これは参考にしてはいけないね。笑

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.1.17

宇多田ヒカル、初の新人プロデュース 小袋成彬が4月にデビュー

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(34)が、新人アーティストの小袋成彬(おぶくろ・なりあき、26)のプロデュースを担当することが明ら…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。