夫の姓、むしろ好きだけど……「旧姓」使い続けなければならない理由 「私の実績が消えてしまう」

 夫婦別姓の議論をめぐって、「旧姓を通称で利用すれば済む話」という意見がよくあります。しかし、通称利用でも仕事や生活上の不便は解消されず、それ以上に違和感が残ると言う当事者も少なくありません。二つの名前を使い分ける違和感に直面した岡山市の松川絵里さん(38)に、その理由を語ってもらいました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・田渕紫織)

withnews 4/27(金) 7:00配信
岡山市の松川絵里さんは、二つの名前を使い分ける違和感に直面したという

「ペンネームと同等なのか」

 「どちらの名前も本物の名前と思えなくなってきたんですよね」

取材時には、確定申告を前に、源泉徴収票や領収証の山と格闘していた松川さん。結婚前の「松川」姓と結婚後の「三好」姓が混在する宛名を眺め、こうこぼしました。

 本業は哲学者。約半年前、ある市の公共施設から講師の依頼を受けて書類を書くとき、松川姓でもいいか聞くと、「大丈夫ですよ。ペンネームの人もいますから、何でも」と言われました。

「『松川絵里』はペンネームと同等なのか」と衝撃を受けた。

「暮らしのなかで公私は分けられないのに」

記事を全て開く

 コンパクトな岡山の街では、仕事で知り合い松川姓を名乗った人とオフの日にばったり会うことや、プライベートだからと三好姓を名乗った夫の知人と後に一緒に仕事をすることも日常茶飯事です。

「暮らしのなかで公私は分けられないのに、二つの名前を使い分けなければならないことに、無理を感じます」

はんこも年賀状も、二つの名字を使い分けます。

 実は松川さんは婚姻届を出す前、3年以上、事実婚をしていました。生活上の不便はなかったといいますが、友人が亡くなった時に、「自分たちのどちらかに何かあったら、一体誰が、公的な夫や妻として認めてくれるんだろう」と不安に駆られたそうです。

もしもの時、考えて決断

 職場でも、親戚にも友人にも、「いつ結婚するの?」と聞かれ続けました。

「『2人の間では夫婦同然と思っていたけど、周囲から見ると違うんだ』と、絶えず不安を抱えている状態に耐えきれなくなりました」

自身も重い病気を患っており、常勤の仕事はできず、日常的に寝込んでいます。

このままでは、仮に自分が意識を失って家族が治療方針などを判断しなければならないときも、夫でなくて大阪に住む高齢の両親の手を患わせてしまう。「自分が何も判断できなくなった時は、夫に判断を任せたい」と思っていました。

夫と話し合い、2013年に法律婚をすることにしました。

夫の姓を名乗ることに「憧れも」

 さあ、どっちの姓にするか。2人で松川姓にすることも検討しましたが、弁護士として公文書を扱う夫に姓を変えてもらうのは負担が大きいと思った松川さんが三好姓に変えることに。

「ウェディングドレスに憧れるのと同じで、結婚して夫の姓を名乗ることに、憧れがないわけでもなかった」

 無邪気に考えていたものの、改姓してみると、まず仕事上の壁に当たりました。

「名前を変えると、私を私だと気づいてもらえず、結婚前の実績が消えてしまう」と気づき、仕事上は旧姓を使うことに。

学生時代から「松川絵里」の名前で哲学カフェを開いたり、論文を書いたりしてきたからです。一度も会ったことのない人からメールで「松川絵里」の名前を頼りに講演などの仕事を受けることも少なくありません。

2種類の源泉徴収票

 松川さんは「しかし、ここまでなら通称を使えばよいだけの話。旧姓を使ってもなお、煩わしさと違和感が拭えません」と言います。

講演などの報酬を振り込んでもらうための書類は、「松川」が必要な場合や、口座名義になっている戸籍名の「三好」だけの場合など、書式がさまざま。

 「松川」で書いた書類を「三好」で作り直してもらったり、記入する姓を担当者に確認してもらったり、先方に手間をかけさせてしまうことがあるそうです。

「同じ依頼者から、『松川』姓と『三好』姓で2種類の源泉徴収票が送られてきたこともあります」

約4年前、開業届で「松川絵里」を屋号として登録しましたが、混乱は続きました。

手続きの煩雑さに、名を二つ持つ違和感が積み重なって、今では「結局、名前を変えなくてよかったんじゃないか」と思っているそうです。

「夫婦であるという公的証明さえあれば、すっきりしたはず」

女性の社会進出、阻んでいない?

 でも、夫婦で別々の名前のまま法律婚をする選択肢はありません。

政府は、女性が働くことを推進しています。

「私のように結婚前の実績を生かして個人で新しい仕事をつくっていこうとするならなおさら、名前を変えなければいけないのは、足を引っ張られていると感じます」

旧姓に愛着があるという人もいますが、松川さんはそうではありません。むしろ名前の響きは「三好」姓の方が好きだと言います。

「好き嫌いや愛とは別次元で、名前を変えることで、社会の中で自分が識別されないということに、一番の違和感があります。名前を持ってこの世界を生きる以上は、多くの人が行き当たる違和感ではないでしょうか」

 

withnews

名無しさん
4時間前
研究者は大変。仕事上の旧姓使用だと、論文は旧姓で一本化してても、戸籍上の名字が違うから、仮に研究助成金などの審査を応募した際、通らない。
仕事上、新名字を利用すれば、結婚前の論文は業績として認められない事もある。今は、何とか回避するため、結婚前の名字の併記が認められることもあるけど。。。
名無しさん
4時間前
結婚したことも姓が変わることもいいことと思っているこの方にとって、名前を知ってもらって仕事になることをしている時は色々たいへんなんだなと思った。
名無しさん
3時間前
国際結婚の場合、夫婦別姓を認められている。
日本人同士が結婚すると夫婦別姓が認められない。
子供がかわいそうっていう人がいるけど、国際結婚で夫婦別姓の子はかわいそうなのか?
夫婦が不仲な方がよっぽどかわいそうだと思うがな。
名無しさん
3時間前
名前で仕事をしている人にはタイヘンな問題ですね。
少し前女房が、お父さんの姓の方が人生で長くなったよ、とか言っていたけれど、結婚して姓を変えることは、変える側には重たいことなんだなと思ったよ。
名無しさん
3時間前
アイデンティティの問題ですよね。気にしない方もいれば、記事のように影響がある方もいる。「選択制」を求めているだけなのに、なぜ強く反対する方が多いのか不思議です。
名無しさん
3時間前
私は結婚して、珍しい苗字から、ありふれた苗字に変わってしまった。
旧姓が気に入ってるので職場では旧姓のまま。
もちろん大事な書類関係の名前となると、夫の苗字になります。
免許証やら保険証やら、結婚当初はたくさん手続きに行かなきゃいけなくて、女性は大変だと感じた。
名無しさん
4時間前
夫婦別姓に賛成するコメント、反対するコメントの年齢層や性別も知りたい。
世代や性別でどんな意見の違いがあるのか。
名無しさん
2時間前
別姓が不便な人が居るのであれば認めればよい。
そもそも、別姓が存在するのが嫌だという人は「他人が別姓を使うのが嫌だ」と言っている。
…他人がどうでも良きゃ自分は同姓を使えばいいだけだから反対する理由がないからね。
一方で同姓ばかりだと困るという人は、「自分自身が別姓を使いたい」という、「自分の問題」である事が多い。
普通に考えて「他人の人生に口出しする権利」と「自分の人生を決める権利」では後者が強くあるべきでは。
名前を売るのにもコストがかかる。それじゃなくても妊娠だなんだでキャリアを作るのに苦労するのに、名前変更のコストまで負担が乗っかるのは普通に不平等じゃないかい?
女性の問題だと言っている人も居るけど、入り婿もいるんだから案外とこの苦労は根強いよ。メアドや社名の変更だけでも苦労するのに、名前となればどれだけか想像すればいいと思うね。
名無しさん
3時間前
専業主婦が普通の時代ならいいかもしれないが
普通に共働き家庭にとって別姓を認めないのは
不利益でしかないですなあ
それに姓を変更することで周囲に結婚・離婚が分かってしまうのは
プライバシー的にも問題があるのでは?
名無しさん
3時間前
仕事をしていて本当に不便だろうし、周りも不便だから早く別姓が認められれば良いと思う。
うちも呼び名は旧姓、書類やシフトを作る時は本名、そんな人が30人はいるから大変。
旧姓と本姓の名字被りがいたり、30人が60人以上の手間になる。周りの生産性は確実に落ちる。
名無しさん
2時間前
論点はズレてしまうかもしれないが、
冒頭の「ペンネームの人もいるんで」の部分、
相手の人は特に何も考えず言ったんだとおもうけど、その言葉が受け取る人によってはこんなにも大きな言葉になるのかと衝撃を受けた
名無しさん
3時間前
この方達とは少し違うけど私の職場の人で離婚をした旦那の苗字で呼び続けてくる人がいる…。新人の子とかが「なんで呼び名が違うんですか?」と聞いてくるので理由を説明するのがもう3、4年続いてるけど、正直苦痛(白目)
名無しさん
3時間前
うちの家内は時々使い分けてるみたい。
先日役所の手続きに行ったが、マイナンバーもあるのに未だに世帯主が…とか夫婦なのに委任状が必要だったり、世帯を重視したいのか個人を重視したいのか、制度が血迷っている。
夫婦別姓も含めて戸籍法の全面的な見直しは必要かと思う。
名無しさん
3時間前
名前が変わった担当の女医さんについて、母が結婚されたみたい、綺麗だものね。けれど、父が逆ではないのかな?と言ったので先生には何も聞かなかった。だから、芸名みたいに、お仕事名が有れば一番良い様?に思いました。
コメントを全て開く
名無しさん
2時間前
研究職と企業等組織の構成員(会社員など)では旧姓使用の考え方も違うのかもしれないけど、後者の私にとって旧姓使用で一番厄介と思ったのが子供が生まれて復帰してからだった。
保育園から子供が発熱の時電話がくるが、職場にかかった時、保育園は子供の姓つまり自分の戸籍の姓で「◯◯さんいますか」と聞いてくるので、旧姓だと事情を職場が知っていなければ「誰?」となる。
異動も多い職場なので、復帰して異動のあった時に旧姓使用をやめました。
名無しさん
3時間前
源頼朝 北条政子
足利義政 日野富子
名無しさん
2時間前
結婚すれば、余程でない限り女性が男性の姓を名乗ることにはなる。名字が変わって嬉しい人もあれば、困惑する人もいる。家族としては子供もいればみんな同じ名字が面倒でなくて良いのかもしれないが、やはり仕事の上で名字が変わるのは面倒な人はいる。女性が言うから問題になるのかもしれない…。男性は自分の名字が変わることがない事を前提にしているからだろうけど、実際に変わるとなると違和感なり困る事もあると思う。
家族として夫婦として認められる上で、別姓を名乗れたら良いのかも。
名無しさん
3時間前
命名辞典いらないじゃん。結婚したら名字変わっちゃうなら画数も変わっちゃうし。
名無しさん
3時間前
相撲の件もそうだが、伝統と言われて良く調べてみると、明治期から遡れない「伝統」が多い。この夫婦同姓もそう。
江戸期に庄屋層で夫婦共に育った家を大切にしたいと思った時に、夫婦別姓にしていた例がある。武士層は家に入るという考えだから、同性が普通なのだが…。
名無しさん
2時間前
今は夫婦別姓が少ないから、違和感感じる、不便感じる事あるかもしれないけど、法律などで、自由に姓を選べるようにしたあと数年すればそれが当たり前になってくるはずだから、可哀そうとか不便とかそういう声もなくなるよ。
何事もやってみなければ何も変わらない、始まらない。取り返しのつかない事でもないんだし。
別姓の国は混乱してるかといえば、姓を変える方が混乱するっていうんだし、知らないから混乱するだけ
名無しさん
3時間前
名前を変えたくないと思う人がいるのに、変えさせないシステムには抵抗を感じる。
名無しさん
2時間前
別姓を認めたからといって手続きが簡便化するとは限らない
現に、外国人と結婚した日本人は別姓を名乗ることが認められているが、銀行の手続きなどに結婚証明書が必要となる
そういった手続きの煩雑さは信頼性を損なわないために省いてはならない
同姓でも別姓でもどちらにも良い点悪い点がある
個人的には、現状で外国人との結婚で別姓を認るシステムが存在するのだから、日本人同士の結婚でも同姓か別姓、どちらにするかメリットデメリットを各々受け止めた上で選択できても良いと思う
名無しさん
2時間前
手続き上の苦労などもあるんだけど、根本的にはアイデンティティの問題だと思う。別に名前でするような仕事をしているわけではないけれど、当然のように夫の姓になるみたいな事を言われるだけで自分が自分でなくなってしまう不安が生じた。
事実婚ではなく法律婚をするといろんな場面での立場を保証してくれるようになる。同性婚(漢字が違いますよ!)を認めてほしい人達と同じで法律婚でなくても法律婚と同じようにその立場を保証するようなパートナーシップ制度が確立されれば同姓を強制するような今の法律婚をする人達は減るんだと思う。
結婚:二人の関係を、社会が「血縁ではない家族関係」として承認し、尊重していく制度
この定義を持ちいれば、同姓になってもならなくても何の不都合もないと思います。むしろ同姓を強制することで事実婚を選択している人達もいることを考えると今の時代の流れにそぐわないのかと考えてます。
名無しさん
1時間前
別に別姓選択制で良いと思うけど。これによって、子供に影響がという見方もあるけど、社会制度が変わったのであれば、別に「そういうもの」に段々なっていくと思うけど・・・。
名無しさん
2時間前
個人的にはこの問題を『女性の問題』って決め付ける風潮の方が好きじゃない。保育園問題も含めて、正直…こういう無意識の女性差別の方が嫌。
法律で『妻は夫の姓を名乗る』って決まりはない。どっちで問題ない。なのにこういう記事では必ず女性だけを取り上げてるから、夫婦別姓にさせるための情報操作に感じる。
別姓の国は~って比較してどうこう騒ぐ人多いけど、他所は他所。国民性の違いも加味する必要がある。
とある別姓の国の人と世間話する機会があった時、その話題になった事がある。日本は違うでしょ?って感じに説明してくれたんだけど、その人は少しだけ寂しそうに『子供は夫の姓になるの。自分ひとりだけが違う…嫁なんだなって見えない壁を感じる時がある』って言ってた。

同姓にしてるメリットや理由その本質をキチンと理解して、それが別姓の時にデメリットにならないかどうかも、比較して冷静に考えて欲しいと思ってる。

名無しさん
2時間前
結婚後の職場では、あるある的な感じですね。
仕事中は旧姓で通しても、書類はすべて結婚後の姓だし。旧姓可といっても、結局は変えないと不便なんです。
名無しさん
3時間前
元旦那の話ですけど、自分の姓が気に入らないからって私の姓に変えましたよ。半ば強引に。そういう変わり者もいるので世の中色々です。
名無しさん
2時間前
夫の苗字はかっこいいし、もちろんその苗字に変えたい気持ちがあったが、
実際変えるとにするとゴロや音的に悪くなり、画数も悪くなり、全体的に変な名前。全く自分の名前と合わない。
名無しさん
2時間前
結婚して、夫姓になった優秀な小学校の先生の名が、保護者他関係者に知れ渡らず、混乱していた。
それを見た時に虚しく感じた。自分の名で過ごせる人生でありたい。
名無しさん
2時間前
この問題を聞く度に出て来ないなぁって思うのが費用試算なんだけど、じゃあ実際に別姓とする法律ができた場合にどれ位の費用が必要になるのか?
戸籍のコンピューターシステムもかなり弄らないとダメなんじゃないでしょうか?(素人意見ですが)
あとは消えた年金問題みたいなトラブルも巻き起こるだろうし、手続きに関連して市役所職員の残業も起こり得るだろうし。
ここまで議論が活発になってきたなら、そういった試算も出して欲しいな。
真剣に考えていくつもりなら、現実的なところも知りたい。
名無しさん
2時間前
引越しして通帳の移転届けを出すとき免許証を求められた。でも免許証はまだ手続き終わってない。
じゃあってことで警察行ったが手続き可能な書類の種類がこれまた若干違う。
結果としてはそんなに滞ることなく全て更新できたが、
自分を自分と証明するのになんでこんなに手間がかかるんだろうと少し虚しくなった。
名無しさん
1時間前
姓を変える側は本当に面倒。
銀行、クレジットカード、携帯、保険、車、いろいろな会員証などなど、全部個別に手続きしないといけない。
平日の日中しか窓口が空いてないのもザラだし。
これだけ苦労して変更しても、会社では旧姓の方が仕事しやすいので、そのままとか、なんだかなぁと思うことが多い。
少子化、女性の社会進出とか言うなら、選択制にするのが時代に合ってると思う。
名無しさん
1時間前
苗字を揃えればぱっと見で家族関係が分かりやすいってメリットは結構大きいとは思うけど、負担を片方に強いるのも考えものだよなぁ。
感情的に嫌っている人も多いだろうけど、システム的な対応の難しさもあるよね。
名無しさん
1時間前
こういった議論の時に
その制度に変更する際のコストを明記して欲しい。
夫婦別姓にした際に、戸籍のシステム変更に要するコストってどれぐらいなんだろう。
ただ、単なる好き嫌いではなく
姓が変わることで大きな損害を被る方は
公的書類や申請書などは証明書を提出することで
旧姓併記を認めるべきだとは思う。
名無しさん
2時間前
離婚した時、銀行や行政関係の書類(名前)変更で「ご結婚ですか?」と祝福の笑顔付きで何度も聞かれました(苦笑)。再婚までに10年程あり、その間に仕事で独立。業種は違えどこの記事の方と似た状態です。私もキャリアが消えてしまうので旧姓で仕事していますが、取引先の書類はすべて旧姓で届きますが全く問題なしです。ただ、再婚後子供も生まれ、同級生の親に取引先の方と時々遭遇することもあって、ややこしく感じはじめてます。何より、本当に純粋に仕事への影響から旧姓を使用しているのに「日本はこうだから」と押し付けてくる一部のコメントに違和感覚えます。
世間が、昔からこうだから、と言われてもし従っても、誰もキャリアは守ってくれない。
名無しさん
2時間前
まあ今の時代、ある程度自由が利いた方がいいのかな。
でも大きな決断は得る物と失う物が伴うのが世の常。
手続きの簡略か結婚前の実績か、どちらかが煩雑になってしまうのは
しょうがないことかもしれません。
でも決断すれば後は慣れていくだけ。
行政が自由化しても当面は混乱が予想されますしね。
名無しさん
3時間前
これは時代の流れでそのまま引き継いだだけであって強制するべきものでもない!
自由にすればいいじゃん!全て別姓でやるのは厳しいかもしれないけど最低限できるはずだし抜け道もある!別姓を国民に強制するものでもない!
名無しさん
2時間前
旧姓のままで仕事している方たくさんいます。芸名のような感じ
名無しさん
2時間前
研究の場では論文、芸術の場では作品発表の段階で名前を書くから、婚姻後も同じ場で実績を利用して活動したい場合は、統一しないと手間なんだよね。
人間の脳は他人の読みにくい名前、書きにくい名前にストレスを感じてその人に対する印象にも影響するらしいんだけど(出世が遅れたり学業の評価が辛くなったりするらしい)、それが事実であれば二つの名前を毎回確認しなければならない仕事上のストレスは地味に蓄積されて悪印象になるとも言えるね。本人も仕事上の手間を相手にかけさせてしまうことに恐縮する気持ちをずっと持ち続けることになる。
今までは女性の社会進出が進んでいなかったのであまり表面化することはなかったけど、女性も結婚後に同じ職種で働き続けることが日常になってきた今は、そういう手間や苦労が職場や会社にとって地味に負担になってきたのかな?という気がします。
名無しさん
3時間前
名前と関係ない仕事しててこの前まで旧姓で仕事してたけど、2回目の産休育休を経て復帰するときに新姓に統一することになった。
新姓は割と珍しく判子は売ってないし、名刺も作り直さないといけないので旧姓の方が良かったなぁ。
名無しさん
1時間前
失礼かもしれませんが。中国人です。前から不思議だと思いました、なぜ日本の方は結婚したら苗字は同じにしなければなりませんか?苗字を変える方に失礼じゃないですか?ネットで検索してみると「同じ苗字だからこそ家族だ」みたいな答えは見ましたが、やっぱり変な感じします。
中国人の印象では、自分の苗字は親からもらった大切なもので、そう簡単に変わるわけがない。子どもの苗字なら父と母どちらのをついても大丈夫です、今は二人の子どもが多いから親たちそれぞれの苗字についてますよ。
苗字を変える人は普通「地位が低い」、「犯罪者」などに思われます。
別にどっちが正しいのは言えません。やっぱり文化の違いですね。
名無しさん
1時間前
同姓、別姓のどちらにするにしても、メリット、デメリットはある。
細かい部分まで考えて、どう変えるかが重要なのでは?
姓を変えることで困るようなことがあるのだろう。
そこを解決しても別姓がいいならば、その理由を知りたい。
戸籍上は同姓で、名乗るのは別姓でもいいということでいいような気もする。
別姓だと、夫婦や家族を証明が必要な場合、ちょっとした手間がかかるかもしれないし。
名無しさん
2時間前
子供の事を考えると複雑だ。どちらの姓を名乗るのか?少なくとも小学校に上がる時には選択の必要がある。コロコロ変えるのはできるはずもない。大人になった方の場合の記事だが、様々な場合が想定され難しい問題。単純ではない。
名無しさん
37分前
男女平等の観点からすれば、夫婦別姓でも構わないと思う。
選択制にして、書類の名前の記入や表札も自由に書かせればいい。
名のる個人に任せれば、責任はその個人が負うわけだし。
国や自治体が面倒をみる話じゃないのでは?
名無しさん
2時間前
今まで見た夫婦別姓希望の記事で一番納得した。基本的には別姓反対だけど、名前を売って仕事をしてる人は確かに変えにくいだろうな。芸能人や歌手だとそれがネタになったり、有名ならTVとかで周知できるけど、作家とかは旧姓のまま活動してる人は多そうだ。
名無しさん
2時間前
結婚前から付き合っている人には旧姓で呼んでもらってるし、
仕事では聞き取りやすいから旧姓のままやってるけど、
別に結婚後の名字で呼ぶ人もいるし、気にしてない。
役所関係や病院関係は本名。
ビジネスネームやあだ名のつもりで使ってるから
正直悩んだことないけど。
名無しさん
1時間前
わたし自身、個人名で仕事をしている者なので
改姓へのためらいはよくわかる
しかし10年も経てば、旧姓でも夫の姓でも
結局社会を生き抜いていくのは自分自身の実力と実績、培った信頼関係なんだと感じ入っている
選択制は一見合理的な制度に見えるけれど
犯罪の温床になる危険性もあるのだと今一度見直しが必要
性善説で法律が機能する時代はもはや終わっている
日本は移民国家になりつつあるのだから
名無しさん
4時間前
大抵の男の人には理解できない。また女性の働いている人で自分の名前で仕事をしている人、研究などしている人、学者、また、有資格者はまだ少ないから女性からも理解されにくい。
名無しさん
2時間前
正直、仕事をしてて、急に苗字が変わられると、あれ?ってなることはある。
営業の人とか、苗字変わられると、もはや誰か分からない。こともある。
同一人物なのに、その人を田中だと認識してる人と佐藤と認識してる人がいて、同じ人の話してるはずなのにいつまでもモヤモヤ感がある感じ。
名無しさん
3時間前
同姓でもダメ、旧姓でもダメってなったら、唯一の解決策は同じ姓同士の婚姻しかないかも。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.1.16

モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由

 売上高、利益ともにフタケタ成長で絶好調のマクドナルドと対照的に、業界第2位のモスバーガーが苦戦している。 [caption id="…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。