ハンセン病理由 無人島に遺棄 「ごみ扱い」餓死寸前

 1944年、西太平洋の赤道付近に位置する無人島。日本軍の憲兵が銃を向け、男性(当時24歳)に下船を命じた。「らいがうつるから、人がいる島に近付くな。お前はここで死ぬ。そのことが国のためだ」。従う以外に選択肢はない。男性は国に「破棄」されたのだった。

琉球新報 5/18(金) 7:34配信
現在も園内に残る患者が掘った壕(愛楽園自治会提供)

国はハンセン病を「国辱病」と宣伝し、「浄化」に取り組んできた。1907年に「ライ予防ニ関スル件」を制定。31年には「癩(らい)予防法」と改めて、患者を死ぬまで強制隔離する政策を推進した。
男性は1920年、沖縄本島で生まれた。18歳で出稼ぎのため、南洋諸島の一つ、クサイ島に単身渡った。「沖縄に残した父母を楽にさせたい」との思いを抱きながら土地を開墾し、仲間20人ほどと懸命に働いた。

41年12月に太平洋戦争が開戦すると、船にたけていた男性は現地で徴用され、見張り役として働いた。44年の正月、朝起きると腕に赤い斑点が出ていた。病院で「らい病」と診断された後、憲兵に連行された。行き着いた先は無人島だった。

「船から放り出され、それっきりだ。誰も来なかった」。込み上げる怒りをぶつける相手もいない。水を探し回り、魚を捕る日々が続いた。それだけでなく虫や草花、何でも食べた。それでも手足はやせ細り、腹だけが出た。

戦中、沖縄本島でも日本軍は感染を恐れ、「患者狩り」を実行した。衛生兵が集落を回り、患者を愛楽園へと次々に収容した。国は患者が戦火から逃げることを許さず、園で死ぬことを強制した。

44年2月~46年9月まで園長を務めた早田皓医師は、患者に壕堀りを命じた。壕造りに従事する患者の中には、土中に堆積した貝殻で手足にけがする人もいた。病の影響で末梢神経が麻痺(まひ)していたため、受傷に気づかず悪化し、指や手足を切断するなどして失った。慢性的な栄養失調状態も続き、44年10月から46年末まで、愛楽園の入所者315人が死亡した。

一方、無人島に捨てられた男性は数カ月過ごした後、上陸した米軍に保護された。米兵の尋問にハンセン病の英名「レプラ」と一言告げた。「また一人取り残されるのか」。男性は顔を伏せたままだったが、米兵が返した言葉は「Don,t worry(心配するな)」だった。

島から沖縄に生還した男性を待っていたのは愛楽園への「隔離」だった。「入所から2週間ほどして、両親が訪れた。私を探してくれてありがたいと思う半面、らいにかかって申し訳ない思いだった」。許しを乞う男性にしがみつき、母は泣いた。

愛楽園で暮らして70年余が過ぎた。無人島で餓死寸前まで追い込まれた恐怖に、男性は今も体を震わせる。「人でも動物でもあらん。まるでごみ扱い。私はごみのように捨てられたんだよ」 (佐野真慈)

琉球新報社

琉球新報

名無しさん
2時間前
米軍意外と優しいな
って思った
名無しさん
2時間前
優しさには余裕が必要なんだと思うよ。
決して国民性とかではない。
余裕がない中で、プライドだけ高い連中によって戦争に至った…。
日本のその姿勢は、状況をよく分析して繰り返しちゃいけないんだよ。
名無しさん
1時間前
優しいのではなく知っていた
ただそれだけの差
日本人も知っていれば同様の対応になっていたはず
名無しさん
1時間前
だから日本は戦争に負けた。
名無しさん
1時間前
日本軍も知ってたけど戦えないのは邪魔いう考えだった。
名無しさん
1時間前
日本人はそうしてなかったと思うけどな。受け入れる余裕がないとかで何だかんだ理由をつけてそのままにしていたと思う。ましてや敵国民ならば。
名無しさん
1時間前
米軍にはこの時点で抗生物質があったから。優しかったからではない。優しかったら枯葉剤まかない。
名無しさん
1時間前
アメリカ人をはじめ、白人は有色人種を奴隷にして、植民地にしていたこと(今もそれに近いことをしてる)を考えると、アメリカが優しいとはならないな。
名無しさん
1時間前
米兵は仲間見捨てないけど日本兵は見捨てるからね。こういう違いだよ
名無しさん
1時間前
tyuさんの書かれた通り。優しいのではなく、知識を持っていた。持っていない日本人は、隔離することが最善の策と考えていた。この記事は、まるで国や軍が患者を迫害していたかのような書き方だが、当時はこのやり方が民意にも合致していたこと、忘れてはいけない。結果的には間違っていた、とてもひどいことをしてしまった訳ですが、それは後から分かったこと。
名無しさん
1時間前
らい菌への特効薬が1943年には分かってたからね。
名無しさん
1時間前
このハンセン病患者にとってアメリカ兵は神にも思えただろう。
そして大日本帝国の正体と感じの悪さを感じたと思う。
ネトウヨのホモ野郎達が戦前・戦中を美化しているが、
これこそが真実なんですよ。
名無しさん
1時間前
琉球新聞ねぇ(笑)
名無しさん
1時間前
またお金かな?
オカワリ希望かなw
名無しさん
1時間前
同時代の米国は、排日移民法や日系人の強制収容、アフリカ系の人々に対する人種差別が合法だったのを忘れてもらっては困りますね。
婦女子を含めた無辜の一般市民を、大虐殺した米軍が優しいとか性善説で考えすぎですね。
昔の日本軍人は、世界一規律の正しくて、自国民(内地人)に対しては全幅の信頼のおける存在でしたからね。
しかし、当時の琉球人は二等国民ですから、蔑視の対象であったというのはあるでしょうから、例えるとハンセン病にかかったアフリカ系の人に対して、米兵が白人と同様の対応をしたかどうかでしょうね。
また、当時の日本の戦時体制下で汲々とした状況下で、平時と同じ対応をとることは困難だっただろうね。
コメントを全て開く
名無しさん
1時間前
周囲の無知と情け無い対応が「国辱」ですね。
「らいに罹って申し訳ない」も、すごい違和感。
名無しさん
1時間前
平成8年にライ予防法が廃止されるまで、
国ぐるみの迫害が続いたからね。
知識不足なのか?国民性なのか?
どちらでしょうかね。
名無しさん
1時間前
後からわかったから補償の話になるんだろ
日本人がやった過ちを同じ日本人が正さなくて誰がやるんだ。
名無しさん
1時間前
相手は民間人ですからね。
軍人だったら殺されていますよ。
そういう時代です。
ソレを責めるコトはできません。
皆、国のタメ、愛する者のタメ、戦ってきたのです。
まぁ、ドッカの国じゃ子供や老人など民間人を虐殺したり、
女は手当たり次第に強姦して、戦後生まれた混血児が大問題になって
いますがね。
名無しさん
1時間前
沖縄メディアですから、東京スポーツと同じくらいで考えていただければと存じます。
名無しさん
1時間前
アメリカ人は優しいよ。
よっぽど日本の方が変な人がいると思う。
精神論というものを捨てない限り日本は変わらないんだろうな。
名無しさん
1時間前
憲兵は今の北朝鮮の保衛部みたいなもの。
名無しさん
1時間前
>そういう時代です。
>ソレを責めるコトはできません。
日本人こそが過去の時代を批判・継承しないと日本人じゃなくなるぜ。
過去の行動に日本人自身が主体的に道徳的な判断ができず、ただ従うだけってなら、まああまりロクな国じゃないだろうがな
名無しさん
1時間前
別に原爆批判も大いにやればいいと思うが、それはらい病政策への批判とはまったく矛盾はしてないだろ。
でも、本来国民を守るべき国が、当時は自国民を捨てることにこんな感覚だったってのは醜聞、後代への恥だろうよ。
名無しさん
1時間前
クサイ島w
名無しさん
1時間前
優しかったらアメリカに連れてこうよ。置き去りにしたやつらのところに連れ帰ったらまた酷い目にあうじゃん。イジメられっ子をそのまま学級に戻すようなもの。
名無しさん
1時間前
少し気付いた方がいい 琉球新報だ
新しいネタが発見 中韓がとびついて
ハンセン病被害者の像が出来るフラグは立った
名無しさん
1時間前
いや、意外でも何でもないよ。それこそ当時の日本人と同じく無知・無学というもの。米兵は民間人には優しかったのです。それこそ子供にチョコレートをくれたりね。最近の駐留軍人はどうか知りませんが…。
名無しさん
1時間前
前線の兵は精鋭だから、平時の後衛にいるのはロクデナシが多い。
名無しさん
1時間前
西洋の場合は、キリスト教がこういう患者の受け皿になって救済を行ってた。それが社会からの隔離にもつながるんで、ある意味でうまく回ってたわけだ。
日本の場合、物忌みや「天刑病」なんて考え方もあり、それに明治以降の優生学政策も加わって、一時期こういう事になってた、ということだと思う。
間違いは間違いと認めて、将来に生かせばよい事だと思う。
名無しさん
1時間前
nrさんよ
何様ですかいな?
名無しさん
1時間前
当時の日本は北朝鮮も同じ。今は当時のアメリカに日本がなれただけ
名無しさん
1時間前
>>日本人こそが過去の時代を批判・継承しないと日本人じゃなくなるぜ。
時代背景を考えると一概には責められない希ガス
当時は軍部の独走もあり、臣民皆戦争ムードだった…
反対を唱えようモノなら非国民扱いで、特別高等警察のお世話になった…
お祭りムードで神輿を担がされていたが、ソレを拒否できる雰囲気では
なかったと思う。 拒否したら本人のみならず家族も非国民扱いだ。
国の言いなり(正確には軍部だが)になっていたのは仕方ない面もある。
名無しさん
1時間前
そもそも優しいとか
気分の事だしね。
誰だから優しいとか無いよ。
優しい気分だった。ってだけ。
名無しさん
1時間前
生き残った人は、助けられたか逃げ切った逸話があるというだけで
おもちゃのように殺された人は無数にいるということ、
そういう人たちは、経験を伝えられないということを胸に刻まねばならない
名無しさん
1時間前
自国の軍隊より、他国の軍隊を信頼して賞賛するようでは、戦後の日本人はGHQと左翼メディアにより、洗脳されてヤプーの家畜人化していることがよく分かる記事に対する反応ですね。
公明正大にして正大光明に現代の物差しで当時を断罪するのなら、米国人も自国の軍隊が日本の婦女子を含めた無辜の一般市民を、大量虐殺したことも非難してもらわなければおかしいですからね。
名無しさん
1時間前
憲兵だろう?長州が薩摩警察に対抗して作った内務省警察ですよ。一般の人と変わりない。そりゃあ質は低いだろう。何でも日本軍のせいにするな。
人間を監視する社会になれば弱い者を一般人が阻害するもの。権限が下に委譲されていくのだから。
適切な治療がなければ感染することもある。現在感染はないというのは適切な治療がなされている場合のこと。
日本でも古代からいて、戦前には草津の療養所も作られた。
優勢思想などはドイツのナチス時代のものでは。ドイツ精神医学会は精神病者も焼き殺していた。合理主義が進むとそういうことになる。フランスだって精神病者や弱者を地下牢に入れていた。
科学が発展する過渡期に入って、菌の存在がわかったから、隔離とかするようになった。それ以前は皆、必死で治そうと努力していた。日本人は治してやろうという心意気のある人たちだった。

名無しさん
1時間前
自分が高校生の頃、ひめゆり部隊だったおばあさんの話を聞きました。当時小学生だったおばあさんが海岸で空腹に耐えかねて倒れていたところ米軍に銃でつつかれ、殺されると思って死んだふりをしたが生きている事がバレて、殺されると思ったおばあさんに、米軍の人は飴をくれた、その飴の美味しかったこと…と話してくれたことを思い出しました。
そんな当時を生き抜いた方ももう亡くなってしまったので、嘘の話だろうと言う方もいるでしょうけどね。
名無しさん
1時間前
>nr***
満州にソ連侵攻の前に事前に察知した軍部上層部は家族を日本に帰した。
ソ連侵攻開始時に日本軍は日本国民を置き去りにして、我先に列車に乗って転進という形で逃げて、残された国民が大多数犠牲になり沢山の残留孤児が発生したのを知らないのかな。
名無しさん
1時間前
>当時は軍部の独走もあり、臣民皆戦争ムードだった…
別に当時の庶民も、まったくの無責任とはいかない。
公的制度とは別に、当時の病気への偏見もすごかった。田舎じゃハンセン病を生んだ母親まで隔離されたり離縁されたり。
例えば、左利きすら遺伝的欠陥として隠さないといけなかったし、当時の国民に一部の病気について愛護しようというより忌避しようという感覚が強かった。
>国の言いなり(正確には軍部だが)になっていたのは仕方ない面もある。
それはますます、権力を批判できる時代になってから過去をきちんと検証し清算する必要性を強化するんじゃないか?
名無しさん
1時間前
日本でもそうだったけど、部隊の指揮官の人間性次第。
民間の輸送船が米潜水艦に沈められて、命からがら
船から脱出した乗組員をわざわざ浮上して機銃掃射で
虐殺した例も多々あるので。
アメリカは紳士だったなんてデマを鵜呑みにしちゃいけない。
名無しさん
1時間前
アメリカという国はその歴史をみるに常に学習し先を見る、まず同じ轍は二度と踏まない、日本はと言えば大平洋戦争でその傲慢さと愚かさを露呈し敗戦した、
戦闘機一つとっても米軍は人命を重んじてる事が窺われる、実話である映画プライベートライアンの様に大統領命令で最前線にいる一兵を無事帰国せよとか日本じゃまずあり得ない、片や日本軍にとって兵士は戦う駒でしかなくお国の為に死ね、生きて祖国の地を踏むな、などと信じ難い事を半ば強制していた、
又一概には言えないが、文化、宗教の違いも大きい様に思う、個人主義の強い多民族国家と前へ習えの単一民族国家では又違うし、国民性の差異は否めない気もする、
いずれにせよ米軍に比べ捕虜殺しは圧倒的に日本軍が多い、己の命を大事にされなきゃ他者の命を重んじる事などできないのではないか、結局はそこに辿り着く
名無しさん
1時間前
途中のコメ見てみたけど、この疾患はアメリカでも最初は隔離しとったで?戦争に至る経緯も経済封鎖によって追い込まれてやらざるを得なくなったというのがあるんやが(裏ではもっといろいろな経緯があるけど)・・・・・
なんか変なのが湧いとるな・・・
名無しさん
1時間前
>お祭りムードで神輿を担がされていたが、
>ソレを拒否できる雰囲気ではなかったと思う。
たとえは悪いかもしれないけど、ある意味日大のアメフト部みたいなもんだと思った。もしもおかしいと思っても、声を上げられる雰囲気ではなかった、と。
名無しさん
1時間前
米軍には知識と余裕があった
降伏さえすれば民間人と下っ端兵は食事を与えられ日本に送られ
場合によっては希望すればアメリカ人になることも
英語を教わる事もできた
日本には知識と余裕がなかった
それだけの話なのに8割方琉球新報ガーとか
鬼畜米英はーみたいなくだらんコメばかり
18世紀末から奴隷制度廃止の動きが始まって
19世紀には新大陸からアフリカに奴隷が送り返されたり
奴隷廃止が南北戦争の大義名分になったり
1900年頃はどの宗主国も純益政策から倫理政策に転じてて
植民地で植民地人に最低限の人権と教育を施してたの。
日本がたまたまその頃に植民地を手に入れて
統治の仕方も当時の他の植民地のやり方を真似ただけだな上に
台湾でも半島でも特に初期は日本人警官達の汚職が酷かったり
暴力的に押さえつけるだけで反乱起こされたりして
欧米から植民地統治の仕方がヘタだと笑われてたの。
名無しさん
1時間前
日米比較の一
情況:戦地で重傷者が多くて社会福祉費用が多くて大変だ
米:ファーストエイドキットを拡充・衛生兵の割り当てを増やして生存率あげたろ!
日:部隊の邪魔になるから置き去りにしたろ!
名無しさん
1時間前
らい予防法も優生保護法も、当時の無知と低い倫理観の恥ずべき碑となり、法治国家日本の汚点であり後世への教訓として刻まれた。
謝罪と補償は国家の責務であり、プライドである。
名無しさん
1時間前
蒋介石も中国共産党創始者陳独秀も帝国陸軍川上操六の成城学校出身者。
ソ連だって川上操六の部下である明石元二郎がレーニンの革命を支援した(日露で勝つため)。
当時の中国は「日本切腹中国介錯論」を掲げていた。
つまり、西南戦争を引用していたということ。
満州で商売に熱中して、大義を忘れた日本人、大正デモクラシーで薩長を失脚させて我こそがーと満州に進出してしまった日本人。何でも帝国・陸海軍(薩長が作ったもの)のせいにするのは卑怯なこと。
名無しさん
1時間前
米国では1941年に治療薬が開発されてライの隔離政策は解除の方向へ。
でも、その頃の日本じゃ、そんな敵国さんの薬が入手可能とは思えないし、終戦後しばらくは隔離するしか手立てが無かったのかなとも考えられる。
確かに褒められた話ではないが、時期によっては仕方がない話でもあるのだ。
それを時間軸お構いなしに十把一絡げで「ニホンガー」に利用しようとする、琉球新報の論調に怒りを感じるんだよ。
何が何でも政府を悪者に仕立てたいという悪意が行間から滲み出ていて気色悪い。
名無しさん
1時間前
>当時の日本は北朝鮮も同じ。今は当時のアメリカに日本がなれただけ
いや、当時の米国が排日移民法や日系人強制収容、アフリカ系に対する人種差別が1960年代まで合法的だった世界最大の人種差別国家であり、いまだに自国の国益に為に簡単に戦争を仕掛ける軍国主義国家だということを忘れてはならない。
戦前の日本は、一時期の戦時体制下を除けば、議院内閣制の立憲君主制国家であり、国体に反しない限りで政党政治や民主主義を許された制限的民主主義国家でしたからね。
世界第六位の経済力と世界第三位の海軍力を保持した世界の五大国の一つでしたね。
現代の日本は、米国の国益に反しない限りで民主主義ごっこを許された制限的民主主義国家であり、国体が安保体制になっただけで、悪名名高い日米合同委員会が、一党独裁米国傀儡自民党の世襲権力とそれに癒着した罪務・害務省の売国官僚どもに間接統治させる似非独立国家ですけどね。
名無しさん
58分前
日本人?
昔から考え方が、短絡的、硬直的、深慮無し、傲慢、、、今の国会見れば分かるっしょ。
百年一日の低開発国ですわ。
名無しさん
58分前
>>過去をきちんと検証し清算する必要性を強化
戦後、占領軍による押しつけではあるが平和憲法の下、戦後70余年経過した。
三権分立により軍部の独走を監視し、国民は基本的人権の下に
責任を負うかわりに自由を謳歌できる。
国を運営する国会議員は国民の投票によって選ばれる。
過去を反省し、二度と同じ轍を踏まないため、今のシステムがある。
女性に対する差別や不平等な扱いなど、恥ずかしい面はあるが、
世界の中でも国民主体の、責任を負う代わりに自由を謳歌できる国だと、
誇りを持って言えると思っているケドね。
名無しさん
55分前
ヨーロッパが植民地で人種差別してるなら
日本だってコメに一人いるけど植民地人の事は民族差別してた
ほんの25年前だってテレビでゴールデンタイムに
AV女優に乳出させてたのが咎められず
今なら立派に男尊女卑になるように
時代の変化を考えれば当時の宗主国人が植民地人を
差別しないわけないでしょ
今の日本の田舎だって部落差別すらあるし
学校では些細なことで差別化理由を見つけては虐めの口実にする
転校生ならほんのちょっとの方言を喋る事すら憚られる
台湾では元々日本人向け学校と台湾人向け学校に分かれてて
日本人向け学校に入れるのは台湾人でよほど優秀な人だけ
そういう差別してたのが開戦後切羽詰まって洗脳強めるために
「公平に日本語教育を施した」だけ
それを真に受けて日本語を強制したとか
台湾語や原住民言語を喋ったら罰してた実態くらい気付けよ
名無しさん
52分前
沖縄の在日米軍最高という記事ですね。
米軍がいてくれて沖縄の人達は幸せだ。
これに反対している連中は日帝の手先だと思う。
名無しさん
50分前
>世界の中でも国民主体の、責任を負う代わりに自由を謳歌できる国だと、
誇りを持って言えると思っているケドね。
事実上の一党独裁米国傀儡の自民党世襲権力とそれに癒着した売国官僚の跳梁跋扈、砂川事件や日米地位協定などを見る限り、三権分立も相当怪しいですからね。
完全な独立国家でさえないのに、世界に誇れる民主主義国家な筈がない。
名無しさん
49分前
>過去を反省し、二度と同じ轍を踏まないため、今のシステムがある
それ自体は別に反論しないし、今の日本は少なくとも「国民の福祉」が政治の目的であって、それができない政治家は落とされるし、役人が権威主義的に威張ることもない。それは戦前より優れている点だ。
けど、その権力監視のシステムが健全かどうかは、常に「現代のみならず、後世からも批判を受ける可能性を甘受する」ってことで担保されるんだと思うよ。別にいうと、ポピュリズムや扇動政治家に対抗するには、歴史に対する責任感が必要で「未来にとって恥ずかしくない日本かどうか」を問わないと政治はすぐ大衆迎合に陥る。
中曽根もいうように、「歴史という法廷」に政治は立つのだから。
名無しさん
47分前
沖縄を人道的な米国に「返却」すればいい。
沖縄は米国統治時代は幸せいっぱいだったんでしょ。
名無しさん
43分前
今と過去を比べるのが無意味なら、アメリカと日本を比べるのも無意味だわな。
方や移民が前提の多民族国家で、その中で差別意識が生まれた歴史を持ち、日本は9割以上が「大和民」であり、言語も分かも宗教もほぼ共有できた国家だったし。
日本でもアイヌや身分制度ではじかれた民は激しい差別を受けたし、それは事実上戦後まで残ってた。法的に保障されているのにもかかわらず、だ。
見えやすいか見えにくいか、表面化する数が多いか少ないか、の違いだと思うよ。
名無しさん
36分前
ちなみに、1947年愛楽園の所轄は琉球米軍政下ですね。
米軍も、らい病患者をその無人島から連れて帰っても
愛楽園に収容していたことになります。
らい病患者を隔離施設に収容するのは、米軍でも同じと
言うことになりますね。
名無しさん
34分前
確かにその通りだな…
『国民主体』ではなく『政権与党主体』かも知れないね。(笑
日本の人口ピラミッドは逆三角形だから、多数いる有権者年齢層に特化した
制度やシステムを取り入れて票を確保しているとは思う。
ホントにやらなきゃいけないのは、若い人達が安心して生活できる社会の
構築だよね。 結婚して子供を産んで貰わないと人口は減るばかりだ…
若者達が結婚して生活出来る社会、子育て世帯を支援する制度を充実
させないとダメだ。 でも、ソレを公約にしても有権者の6割以上を
占める高齢有権者からの票には繋がらないからね。。。
てか、高齢者達も自分達に利する制度ダケじゃなく、未来の日本に
利する制度を支持して欲しいね。 ホント
名無しさん
15分前
日本人の村八分な考えは改められるべき
名無しさん
12分前
第二次大戦中のアメリカ国内の都市部の写真なんか見ると、
道行く国民が普通にお洒落してるし文化的生活をしてるからな。
「一億総玉砕」なんて全てをかなぐり捨てて必死になっていた日本とは余裕が違う…と感じる。
名無しさん
4分前
>沖縄を人道的な米国に「返却」すればいい。
沖縄は米国統治時代は幸せいっぱいだったんでしょ。
————————-
良いアイデアですね
沖縄をStateofOkinawaとして米国の州として
沖縄に住む人に米国籍を認めれば良いと思いますね
オキナワ州から米国議会へ議員が送り出せれば
沖縄の地位も向上します
名無しさん
2時間前
知識が無い……未知への恐怖が、個々の感情や優しさまでも凌駕し、本能だけが剥き出しになってしまう。胸がつまる現実……。
名無しさん
2時間前
今の刑務所の受刑者を同じ扱いにすれば再犯率が下がるんじゃない?
名無しさん
1時間前
「治療法のない伝染病」と恐れられてた当時だと隔離処置は仕方なかったのかなぁと思う
全生園でも人権のない扱いをされてた事が有名だけど、国としても過去の過ちを認め手厚い保障を継続してほしい
今も隔離状態で住んでる人がほとんどですからね・・・
名無しさん
1時間前
未知の病でなくなってからも続けてたんだけどね。
名無しさん
1時間前
当時の医学者がそう認識してたのだから、知識がない、わけではないよ。戦時という状況もあるし。
名無しさん
1時間前
そりゃ未知は恐怖でしょ。ところで、チャイナが現在行っている、チベット人やウイグル人への対応は報道しないんですかねぇ。これ現在進行形な上に断然悪質なんですが?琉球新報にとってチベットの人は人間じゃないの?
「1997年にチベットの女性に対する強制手術や人工流産の数は883件と分かっており、その結果、1人が死亡し、3名の女性が死産した。その他、たくさんのチベット人女性が妊娠したため罰金を科された。チベットの様々な地域から伝えられた情報によると、厳しい産児制限の基準が作られているという」
名無しさん
1時間前
昔きいたが
日本軍は相手に勝てば
母国語まで奪うが
アメリカ軍は
そこまでしない
むしろ自分たちの傘下にしつつも
文化を守らせてくれる
今回の記事を読んで
なるほどと感じた
と同時に
なんだか
泣けた
名無しさん
1時間前
仕方がないから何なのだろうとも思う。
仕方がないから許すのか。
やられた人からすると、仕方がないで済む話ではないと思う。
私は他人が当事者に対して仕方がないを押し付けるのは違和感を感じる。
名無しさん
1時間前
DONOTWORRYと内地に帰ってまた隔離。この差は何だ?。米では薬があったのか、それとも注意をすれば感染しないと、彼らは分かっていたのか。いずれにしても、こんな事じゃとても米軍には勝てない差。
名無しさん
1時間前
風評被害は怖い。伝染病扱いされる時代からな
名無しさん
1時間前
反日反日!朝鮮朝鮮!辻元辻元!叫んでる中年の人権意識は今もそんなもんでしょ。
知識がないというかカルトの流す情報を真に受け、それが正しいと決めつけ正当化してる。
元々の頭とか人格の問題でしょう。
名無しさん
1時間前
アメリカは41年にはもう治療薬を持ってたから保護したんだろう。ただ戦時のせいで薬を輸入出来ず治療が出来ないせいで、知識が乏しい上に薬も手に入らない中で奇形を起こす病に対してそうなってしまうのはある種本能的な行動でもあったんだろう。今だって障碍のある人に対して似たような認識がないわけじゃないし、当時は国が国民にそう意識付けしてたわけだからな。
名無しさん
1時間前
少し気付いた方がいい 琉球新報だ
新しいネタが発見 中韓がとびついて
ハンセン病被害者の像が出来るフラグは立った
名無しさん
1時間前
アメリカは既に40年代には隔離政策は必要ないと、やり方を変えてたのです。
フィリピン統治中も、そういう施設をドンドン開放してたらしいですよ。
医学的な論拠があるにも関わらず、自分たちの行いが誤りだったと認めたくない厚生省側の汚さが滲み出てますね・・
名無しさん
1時間前
おおっ!詩人かと思った?!
なーんだ、綺麗事並べてるだけか!
名無しさん
26分前
「砂の器」見ると当時の偏見の酷さがわかる。
村八分にされるし、逃げて身内だとばれない恐怖に殺人まで犯す。
名無しさん
21分前
何年か前のエボラ出血熱の大パニックだって
欧米先進国の人は、知見に基づいた的確な感染予防をしたスタッフに手厚く看護してもらってたけど、
現地では一人ひとりにそんなことする余裕もなく、接触した人全てを感染の危険性高い施設に隔離しておくしかなかった。
空気感染せず接触感染の病気なのに予防技術も乏しくてスタッフもどんどん感染した。
日本でも、帰国した人がエボラかも…?って報道があるたびに怒号に満ちた「大迷惑!出て行け!」みたいな反応が並んでいた。
ハンセン病とは違うけど、時代によって状況は変われど、人間のほとんどは自衛がままならなくなってくると赤の他人を思いやることが出来なくなるっていうのは、
簡単に非難出来ることではないと感じる。
名無しさん
14分前
見た目に症状が恐ろしい上に、感染力のある不治の病って認識だものな。小さい島とか船の中で発症者が出たらまぁそうなるよね・・・。
治らないって時点で余裕のない戦時中はもう死者扱いだろう・・・。
名無しさん
2時間前
結局、いくら教育勅語によって理想を教育されても、当時の人々の人権意識ってこの程度だったんだね。「戦前の日本はすばらしかった」というのはノスタルジーを越えて神話だと思う。今の時代のほうがなんだかんだ言って良いと思う。
名無しさん
1時間前
人権意識もだけど、科学的知識が圧倒的に足りてないから。今に生きる人たちも、勉強をおろそかにしたら戦前戦中の人と変わらない振る舞いをすることになる。
名無しさん
1時間前
そうですね。現代の方が昔に比べる「個人」(人権)を大事にして、尊重する文化が成長している感じはしますね。昔の「村社会的」な集団尊重の考え方の悪い面の事例だとも言えると思います。ただ、だからと言って、今の「個人」尊重の考えの方が、昔の考えよりも全てにおいて素晴らしいとは思いません。どの時代の価値観でも、良い面、悪い面の両方があると思っています。悪い面だけに着目をして見てしまうのも、昔の方に申し訳無いと思います。
名無しさん
1時間前
戦争反対すれば非国民とみなされ投獄。
天皇侮辱すれば不敬罪で逮捕。
絶対今の方がいいだろ。
名無しさん
1時間前
懐古主義って言葉はあるけど、コメントみたいに今を取り立てて美化するのはなんていうんだろう?
今の方がいいとか、昔の方が良かったとか、比べてる時点でナンセンスだと思う。
人間、二つの時間を同時に生きることなんか出来ないわけで、今感じることが全てなんだから。
名無しさん
1時間前
現在の科学的知識も将来と比べれば稚拙だろう。
過去を批判するのは驕りかも知れない。
間違いは常に犯していると考えた方が良いと思う。
名無しさん
1時間前
同時代の米国は、排日移民法や日系人の強制収容、アフリカ系の人々に対する人種差別が合法だったのを忘れてもらっては困りますね。
婦女子を含めた無辜の一般市民を、大虐殺した米軍が優しいとか性善説で考えすぎですね。
昔の日本軍人は、世界一規律の正しくて、自国民(内地人)に対しては全幅の信頼のおける存在でしたからね。
しかし、当時の琉球人は二等国民ですから、蔑視の対象であったというのはあるでしょうから、例えるとハンセン病にかかったアフリカ系の人に対して、米兵が白人と同様の対応をしたかどうかでしょうね。
また、当時の日本の戦時体制下で汲々とした状況下で、平時と同じ対応をとることは困難だっただろうね。
名無しさん
1時間前
これが安倍の言う「美しい国」の本当の姿です
名無しさん
1時間前
今だって理想や普通とされている行為が未来では人権侵害にあたることだってあるかもしれない
昔の事象を今に当てはめて考えるのは話のネタぐらいにしといたほうがいい
名無しさん
1時間前
だから、過去よりは今、今よりは未来が「より良い」社会になる、常に誤りは誤りと認めて進歩する事を目指すべきだ、って話だろ?
今が未来と比べてどう、という話も、過去を美化する話と同じような意識だと思う。
名無しさん
1時間前
凶悪犯も減った、
仕事上で命の危険も減った、
乳幼児の死亡率も減った、
死に至る致命的な病気も減った、結果として平均寿命は大幅に延びた。
今の方が遥かに過去より良いのは確実。
ただ前世紀までは一般人は生きる為の選択肢が限られて一生懸命生きるしかなかった。
そういう点で精神的に‘らく’だった人はいた筈。
特に支配的で粗暴な人は良かったのだろう。
名無しさん
1時間前
それは司馬史観だよね。
まぁ、普通に食えてた層は今よりももしかしたら良かったのかもしらんな、とは思うけど、いい時代ではないね。
今は江戸時代よりも税が厳しいなんて話も聞くけど、戦争に行かなければならないよりはいいかな。
名無しさん
1時間前
戦前は天皇以外は臣民なので人権は保障されず、今の憲法で人権が保障されるようになった。制度的には大きな進歩だ。
今も昔と変わらないのは、権力を持つ者の自己保身と人権の抑制志向かと思う。棄民政策が「自己責任」という形に変えて存在するように。
名無しさん
1時間前
少し気付いた方がいい 琉球新報だ
新しいネタが発見 中韓がとびついて
ハンセン病被害者の像が出来るフラグは立ったよ
名無しさん
1時間前
現代の知見で過去を断罪するのは簡単。ましてや戦争という極限状態に、平和な現代の価値規範を当てはめて評価することに一体どんな意味が?
「おこがましい」としか言い様がない。
名無しさん
1時間前
最近の若いもんはって言葉はエジプト文明の時代からあるからな。
人間の本質は何千年経っても変わらん。教育で自制できるようになるだけだ。
名無しさん
1時間前
その時その場での立ち位置で変わるよ
贅沢な暮らしをしていた金持ちが事業に失敗して財産失って乞食暮らしなら、昔はよかったと思うのは当たり前
名無しさん
1時間前
良い生活をする為に日々人間は精進してるのに 昔の方が良かったとなると
その間にして来た事は間違いだった、、、
って事になるぞ?
名無しさん
1時間前
「死」が身近だったからね。病院じゃなく自宅で死に、兄弟は病気や戦争であっけなく死ぬ。
死に向かう者も同じ価値観なわけよ。今生きる価値観とは全然違う。
もののあわれなり。
名無しさん
1時間前
世に「邪教」は沢山あるが。其の教義には「良い部分」も多いものだ。教育勅語も同様である。一方で、国際感覚が完全に欠落しているから、侵略戦争の原動力にもなった。ネットで原文が読めるから読んでみよう。それから。世界人権宣言も読んでみよう。
名無しさん
1時間前
逆に今の日本に教育勅語上手いこと取り入れたら最強ってこと?
親兄弟や夫婦皆仲良くして勉強して仕事しろとか今でも使えるし多様化で人間関係荒んできた今こそ取り入れたい部分だと思う。
こういう文言を憲法や法律じゃないところで公に言ってくれれば胸に刻んでくれる人もいるんでない?
名無しさん
1時間前
昔の日本が素晴らしかったって本気で言ってんのか
部分的にはいい部分もあったかもしれんが大筋ではだめだろ
時代のせいだけにせず、何がおかしかったのか具体的に知って繰り返さないために周知する記事などは必要だ
名無しさん
59分前
教育勅語の原文と、明治政府が外国向けの公式英訳が誰でも見れるから、見てみたらいい。
教育勅語が理想的とは、思わないだろうね。
それに、当時の軍や政府上層部で、これをきちんと遂行していた人間は、誰もいない事も分かるよ。
名無しさん
57分前
とはいえ、現代も違う形で人権が無視されてるよね、
亡くなった被害者より凶悪犯に手厚いという理不尽さ、本当に必要な人へ行き届かない行政の救済、
又見えないところで広がってゆく貧富の差、少子化、高齢社会、
過去と比べても仕方ないけど
まぁ何を持ってして良しとするか、何に価値を置くかで個々の満足度も違ってくるよね、
偽善にしか聞こえんかもだが、贅沢も貧困もない国民みんなが普通に寝食し穏やかに暮らせる国、それが一番なんだがな、人間は欲が深すぎるんだよ、
名無しさん
57分前
>逆に今の日本に教育勅語上手いこと取り入れたら最強ってこと?
あえて教育勅語である必要はないと思う。
あれはあれで天皇制という精神的支柱の意識共有があったから指針となりえたわけで、今の時代には形式として合わんと思う。
同じ様な内容の文章を、今の時流に合わせて出せればいいんだろうけど、価値観がばらばらなんで難しいだろうなあ。
強いて言えば、今時のメッセージソングなんかがそれっぽい気はする。
名無しさん
49分前
上諏訪温泉の千人風呂に入ってみなよ。戦前に作られたもの。
大正デモクラシーで薩長を失脚させ、我こそはと満州に押し寄せたのは民主主義の日本人(新聞含め)だったことを忘れてはいけない。
戦後だってたいしたことない。
今を見ればわかるだろう。劣等民主主義、政治。
名無しさん
42分前
過去を批判するのは悪い事だと思わないな
批判があって改善した今があるんだし
名無しさん
34分前
(昔よりは)多様性を認めている
それだけでも現代の方がいい
そもそも昔は洗濯・炊事諸々、生活するだけでも大変やん
名無しさん
11分前
>結局、いくら教育勅語によって理想を教育されても、当時の人々の人権意識ってこの程度だったんだね。
当時の人々の人権意識(笑)
当時の価値観を今の価値観で評価するという、一番やっちゃいけない歴史観。
んなものはあるわけないだろ。「人権」という考え自体は近現代の、さらに現代に近い時期に生まれた学問みたいなもので、教育勅語の内容と繋げる意味が解らない。
アメリカが奴隷制度を廃止したのだってたかだか150年前。
あなたのような価値観の人が、昔の名作映画の喫煙シーンをカットさせ、戦時中に合法的に行われた慰安婦制度をけしからんと否定し歴史を歪曲するんだろうな。
名無しさん
5分前
琉球日報の記事にすぐ騙される(笑)
単純。
名無しさん
1時間前
戦時中のハンセン病の知識としては仕方ない部分はあるが、それより重大なのは
1970年代までに
ハンセン病は感染力が弱いことが確認され、
治療薬が確立し劇的な薬効で感染者が減り、進行も抑えられた
が世界的に認められたあとも日本は2000年代の小泉政権まで隔離政策が続いた。
もし、戦後すぐに最初のハンセン病特効薬を使用していれば、かなりの人数が少ない後遺症で社会復帰でき
不妊手術やパイプカットの断種も行われなかっただろう。
名無しさん
1時間前
戦後すぐに最初のハンセン病特効薬を使用していればと言うのはさすがに無理がある。当時は物資不足でそのような薬を輸入することはできなかった。
ただ、日本が豊かになった以降にも隔離政策が続いたことはそれこそ国の恥だと思う。
名無しさん
58分前
その恥ともいえる隔離政策を、仕方ないとか擁護している人間が、今回の騒動を叩いているのだよね。
名無しさん
48分前
隔離政策が2000年代まで続いたのは、今更戻る場所もない人たちのためでもあったのでは?
当時の人たちのハンセン病への認識が根っこにあり、治りました&感染しませんといわれても、地元に戻ってハンセン病だった人が普通に暮らせる?村八分にならないといえる?
また長期隔離されていて、ハイ今日から自分で仕事して金稼いで生きていってねと社会に放り出されてもいいの?
ハンセン病で見た目がグロテスクになっている人に、仕事探すのできると思う?就業経験がないだけじゃなく、もう見た目から判断されちゃうんですよ。
隔離政策の名のもとに、生活の面倒を見るしかないという現実もあるのでは?
名無しさん
37分前
なら隔離でなくとも例えば給付金支給するなり出来た。
どうやっても治るかつ感染力が極めて低い病の患者を隔離(身体的に拘束し自由を奪い)し続けた事は正当化できないよ。
隔離されてだ人が書いたわすれられた命の詩読んだがえげつなかった。
特効薬出来たのになぜかそれが抽選で数名にしか打たれない。打てば治るってわかってるのに。
治る方法も分かってるのに治さないんだよ。
それらも隔離してあげないと生きてけなかったなんていう理屈では正当化できない。
ただそれと戦中の差別はまた別で
コメ主の言うように分からなくて差別してた時代と分かってたのに差別してた時代は分けなきゃいけない。
名無しさん
31分前
つい最近まで隔離政策続けていたことこそ、国辱だよ。
なんて恥ずかしい、情けない。
擁護コメしている人もいるけれど、何十年も隔離されていたハンセン病患者の救済というなら国がその分の損害賠償や慰謝料を兼ねて生活再建の面倒を見ればいい。
そんな事、言い訳にすらならない。
名無しさん
10分前
損害賠償や慰謝料って湧き出てくるものでもないし
園内でコミュニティもあった訳だし
園外に自由に出来たのなら
無料で衣食住保証された現実的選択肢だよ
生活費やるから出ていってくれは残酷だと思うけどなあ。
名無しさん
1時間前
無知にあるものは恐怖感。
知識ある者は何よりも強くなれる。
形は変わっても現代でも言える。
名無しさん
1時間前
まさにアメリカやね
名無しさん
1時間前
無知ではないでしょ。
既にアメリカでは隔離しなくて良いという論文があり、実施されていた。
そういう情勢が日本政府の中には入っていたはず。
それでも、ず〜っと隔離政策やって、断種もしてたのは、日本政府の怠慢であり、政府関係者による差別意識が顕在化しただけ。
つまり、めちゃくちゃ公私混同してたのよw
「運動中の水分補給」の是非と同じ。
イギリスの論文では推奨してて、ドイツでは禁止だった(精神を鍛える云々)。
航海中のビタミン補給や麦飯による、病気予防って場面でもトップの好き嫌いで最新医学を採り入れなかったり…
兵隊や国民の命や健康、人生が掛かってるのに、個人的なアレコレで判断するとかあり得ないわ(-_-)
名無しさん
2時間前
何時の時代も弱いものは
こういう理不尽な目に合うのが常。
お上は自分たちにとって
都合の悪い存在、
役に立たない存在、
そういったものは切り捨てる。
我々はそのことを常に忘れずにいないとね。
名無しさん
1時間前
アベノミクスで貧乏人切り捨てられてるしねww
名無しさん
35分前
大を活かして小を切り捨てるのが、普通の政治家です。
大も小も生かせる英雄レベルの政治家なんて、滅多に生まれるモノではありません。
名無しさん
2分前
ていうか当時のハンセン病患者は国民からも迫害される対象だったろ、お上だけが差別してた問題ちゃうで
名無しさん
2時間前
そんな時代が有った!
名無しさん
1時間前
ネトウヨ的に言うとこれも在日とアメリカのコミンテルンの陰謀です
名無しさん
1時間前
そういう二元論的なもので結論的にコメントすべきではない。
陰謀論を否定しているようにコメントしているが、誹謗中傷合戦でしかない。
こういう過去の悲劇は人という社会性の高い生物が無知によって引き起こした過大な恐怖と憎悪による蛮行で、克服するには科学的知見が必要であり、
今の我々も未来から見れば似たような蛮行を行っているということ。
名無しさん
1時間前
過去の事実にきちっと目を向けるのは大事だけど、この件だけで日本人である事に自虐的になる事はないと思う。
欧米なんかは植民地時代にもっと酷いことをして来た過去もある、要は過去を知って未来に起こらないようにする、それが一番大事だと思う。
名無しさん
1時間前
自虐の話なんか記事にはないだろ。
といっても、国民が誇りを持てる国は、国民をこういう扱いはしないもんだがな。戦後日本は、少なくとも役人が国民厚生の充実が国の役目と信じているという点では、はっきり戦前よりも卓越したところだ。
名無しさん
1時間前
ハンセン病については米国も1930年代まで隔離政策とってたからね。日本の隔離政策も欧米の真似。
名無しさん
1時間前
それが過去への反省に基づいているのなら
理解できますがね
名無しさん
1時間前
個人でも会社でも国家でも、己に非があればそれを認め反省し、よりよいやり方を模索することでしか成長することはできない。
昔は色々悪いことしたけど過ぎたことだし・・・
と無反省で現状を肯定するのはヤンキーやチンピラの発想である。
名無しさん
1時間前
アベや日大は反省がない
名無しさん
1時間前
一番最悪な事したのはイングランド!
名無しさん
28分前
どうせ真似するなら、良いこともドンドン真似すれば良いのにw
都合よく解釈してるトコが根性悪いわ〜
アメリカ自体は40年代で隔離政策やめたのに、それから70年以上も続けてた理由は?
日本の医学って、どうしてそんなに遅れてるの??
どんなに良く捉えようとしても、日本政府のやってた事を「仕方ないよね」とはならないよね?
ソコだけ半世紀以上進歩がなかったのって、どんな理由付けしても無意味だと思う
名無しさん
1時間前
知識が薄い
しっかり調べて
病気と向き合う余裕すら無い
恐い時代だ
名無しさん
1時間前
医療が未発達な時代だった
名無しさん
1時間前
エイズだってそうじゃん。
現代人がこういうことを批判することにすごく矛盾を感じるね。
名無しさん
1時間前
ハンセン病に限らず、障害のある人の生殖器を強制的に摘出し、子孫を残さないようにしたたりと、昔の日本は医学的・論理的に説明がつかない事を法律で制定し、差別してきた。
名無しさん
27分前
勉強になる意見ありがとうございます
名無しさん
26分前
平成入っても隔離政策を続けてたんだから、「医学が未発達」って理由ではないでしょ。
現にアメリカは40年代で止めてたんだし。
名無しさん
1時間前
戦後の親の時代でも差別してたの聞いた
「らいがうつるからあの電車にはのるな」親が小学生の時
そんなこといっていたらしい
「今」仕方ないとしか判断できないのなら、過去に学ぶことを否定する
愚かな考えだと思う。
親が行っていた差別の罪は子供の自分にも反省し同じことをおこさない
責任と努力が必要だと思う
名無しさん
1時間前
同じ電車に乗るな!と口添えをしたのが、その人のお母さんだったとしたら、恥ずかしながら、少し気持ちがわかる部分もあります…
お子さんに、病気がうつらないようにと配慮されたのも本当だと思います
正しい知識がない中で、恐ろしい病気かもしれないのに子供にうつったら困る!ってのも本音
私は、外で思いっきり咳をしている人がいても、子供を遠ざけます
風邪であってもうつって欲しくない!!
そこにいた人の差別もありますが、何より国が行なった差別と、正しい知識を伝えなかったこと、新薬への着手が遅かったことが一番の間違いだと思います
恐ろしい時代ですよね
今も少なからずありますが…
名無しさん
35分前
新薬への着手は、案外早くからやってます。らい病の治療薬ができたのは1940年ごろだったのですが、当時の日本は戦争中。薬が輸入できず情報も入らずで、治療に至りませんでした。終戦後の1947年には日本でも治療が開始。1949年には国で予算が組まれ、希望者への治療が始まっています。
「正しい知識を知らないんだから、差別しても仕方ない」「正しい知識を伝えない政府が悪い」「政府が差別を公認してたんだから、国民が差別するのも当然」と考えるのは、国家は常に加害者であり、国民は目と耳を塞がれた無知蒙昧な奴隷と言ってるようなもの。
特に今の時代、自分で何でも調べることができます。「正しい知識がない」と思ったら自分で調べ、政府の発言を鵜呑みにしないことも大事だと思いました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.11.23

外国籍の子の出生届は「ひらがな」不可 ホント?法務省に聞いた

 外国籍でも日本で子どもが生まれれば、出生届を提出する義務がある。 そこで「ひらがな」の名前をつけようとしたら、外国籍の子どもは「…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。