「お帰りといいたい」 祖父、声震わせ 新潟父子遭難

 新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山で29日に発見された2人の遺体について、県警は31日、行方不明になっていた新潟市北区の会社員渋谷甲哉(こうや)さん(37)と、長男で小学1年の空(そら)くん(6)の親子だと発表した。2人は5日に山に入り、連絡がとれなくなっていた。

県警阿賀野署によると、遺体は29日午前11時20分ごろ、2人が向かったとみられる松平山(954メートル)から南西に約1・7キロ離れた「コクラ沢」の斜面で見つかった。甲哉さんの上に空くんが重なるようにうつぶせに倒れていた。死因は低体温症とみられるという。

空くんの祖父秀雄さん(73)は29日に遺体と対面。取材に「お帰りなさいといってあげたい」と声を震わせた。山へ行く前夜、秀雄さん宅でトランプをした。「空に『じいちゃんもおいで』と誘われ、ルールを教わった」。楽しい思い出ばかりだったという。

秀雄さんは2人と連絡がとれなくなった6日朝、駐在所を訪れて相談した。だがすぐには署に伝わらず、結果的に捜索開始は7日になった。それでも、「見つかるまで毎日つらかったが、たくさんの人が協力してくださった」と捜索に携わった人たちへの感謝の言葉を繰り返した。(湯川うらら)

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

名無しさん
12時間前
せめてもの言葉として見つかって良かった。
あまり問題にされていないが、最初の通報から警察が動くまで8時間掛かってしまったのは悔やまれるが、あらためて山を舐めてはいけないと思った。
軽いハイキングと捉えていたんだろうな。
ご家族の気持ちを考えると辛い。
ご冥福を御祈り申し上げます。
名無しさん
11時間前
最初にお祖父様が駐在所に相談したけど、そこで一日止まっちゃったそうですね。どうしてだろう。
名無しさん
11時間前
相談された駐在所が捜索隊を出すかと言ったら、おじいさんは断ったそうです。
断られたので、この件を駐在所も上にはあげなかったそうです。
…その後、やはり連絡が取れないので再度警察に相談、捜索開始の流れかと。
名無しさん
10時間前
捜索願いを出さなければ警察は動かない。
警察は悪くないよ!
名無しさん
10時間前
早朝に父親が「これから下山する」と祖父に言ってたからね…。
署員の配慮で、電話で状況確認してたとしても結果は同じかと。
家族全員の危機感がなさが招いた事故。
すごく可哀想ですが。
名無しさん
10時間前
午後四時に野営することを判断で来てるからね
しかも見晴らしのいい尾根で
そうとう山に詳しい人
翌朝7時45分からの下山電話もある
どうして沢側を降りたのか謎になってしまった
名無しさん
9時間前
自分と子どもが、この父子に年齢が近いので、他人事と思えませんでした。
本当に残念な結果ですが、どちらかの滑落等ではぐれてしまったのではなく、最期まで一緒にいられたということと、ご家族の所に戻ることができたというのは、最悪の結果の中で、唯一の救いかと思います。
お二人のご冥福を、心からお祈り致します。
名無しさん
9時間前
午後2時頃から軽装で登り始めた事、せっかく電波の通じる所に居ながら救助要請しなかった事などを考えると、あまり山に詳しいとは思えませんが?
名無しさん
8時間前
詳しい訳ないだろうね
ゴールデンウィークにはまだ雪も残ってる山にあの服装で子供連れて行っちゃうんだから
登山でやってはいけないことをやりまくっちゃっての悲しい結果
格好つけてビバークするなんて言わないで電池がある内に警察に自分で電話してれば助かったかもしれない
子供がかわいそう
名無しさん
8時間前
高尾山ですら気づいたら真っ暗。別の山に入ってた。なんて人いますからね・・・
山も海も川も危険があると意識できないなら行かない方がいいと思います・・・
名無しさん
8時間前
登山を軽く考えた本人が悪い
名無しさん
7時間前
息子と孫を同時に失うなんて気の毒過ぎる。家族のいる人は自分だけの命ではないと肝に命じて軽率な行動は控えるべき。
コメントを全て開く
名無しさん
7時間前
TV報道の写真からすると、ビバークできる程の装備はもっていなかったのではと。
使いふるされた方法ですが、新聞紙かアルミシート1つでかなり状況は変わったのでは。
尾根にいたならそこで待機していないと。もしくはちゃんと下りられるルートを見極めないと。
谷や沢は危険なので下山の時は「急がば回れ」なのですが。
お父さんのスキルが中途半端だったのでしょうか?
名無しさん
6時間前
この記事の書き方だと、駐在所のポカミスだと思われ兼ねない。
名無しさん
6時間前
父親→祖父に電話するだけで助けを求めてない
祖父→駐在に相談し、駐在から捜索願いを勧められたのに出さない
これで警察が動いてくれると思うのが謎
まあ駐在も上に報告は上げるべきだったが
名無しさん
4時間前
たとえ父親が山好きで経験豊富でもあまり小さな子供は連れて行かない方がいいな。
名無しさん
4時間前
>どうして沢側を降りたのか謎になってしまった
大人は疲労の蓄積により徐々に動けなくなりますが、それなりには頑張れます。でも子供の体力は夏の夕暮れと一緒。あるラインをを越えるとバッタリ歩けなくなります。沢に下りてはいけないと知ってはいても、登り返す体力が子供に残っていなければ下を目指すしか無くなったのかも知れない。
名無しさん
4時間前
確かに、父親の行動には疑問点もあるのだが、ここのコメントを見ていると、いつから日本は死者に鞭打つような人ばかりになってしまったのだろうと思う。
名無しさん
4時間前
警察の判断だけで捜索に踏み切ると、今度は「こんな大騒ぎにするつもりじゃなかったのに、余計なことをしてくれて」とか逆切れするおかしな人も最近はいますからね…正式に申し込まれていない段階では、警察だって動けないでしょう。
とはいえ、当日中に下山できない時点で子供の命にかかわるかもしれないと、誰よりも当事者のお父さんに自覚してほしかった。残念です。
名無しさん
4時間前
警察の不手際を論う感情的なコメントに溢れるだろうと思ってましたが、まともな意見ばかりで良かった。
名無しさん
4時間前
嫁に内緒で山に行き最初の一報をおじいさんに入れた事実がこの遭難を物語っているように思う。
名無しさん
4時間前
コクラ沢という外山ルートから相当はずれた南斜面で見つかっている。完全に道に迷ってかなり歩きまくったのではないか。
遭難したら動かないか、上に向かって行かないと空からの捜索では見付けて貰えない。お父さんはド素人と思う。
午後4時にビバークすると電話して来た時点でもう遭難している。その時に本人なり連絡受けた家族なりがすぐ救助要請を出していれば・・・
お父さんを信じて一緒に歩いていた子供が本当にかわいそう。
名無しさん
4時間前
これは本当にただの事故なのでしょうか?登り始めた時間、ビバークするという判断をしながら警察にも救助要請していないことなど判断が全く謎です。計画的な自殺じゃないかとか勘ぐってしまいます。
計画的ではなくてもやってることがほぼ自殺行為。助けられた命なだけに残念でなりません。
名無しさん
4時間前
>まあ駐在も上に報告は上げるべきだったが
この祖父がおおごとにしたくないから今はまだ上にあげないでくれと頼んだ。
で、報告を受けた駐在所の巡査はそれでも心配で一人で山に探しに行った。
そういう事情をなぜメディアでちゃんと伝えないんだろう。
名無しさん
3時間前
本当に小さなミスが重なってしまった悲劇ですね。海山川での事は最悪な展開を予想して動くべきなのかもしれません。
考えさせられました。
名無しさん
3時間前
馬鹿な親子だな
山を軽く考えるからだ
自業自得
名無しさん
3時間前
最近、山ガールとか軽い感じで登山を勧める風潮があると思います。
低い山でも迷ったら命取りになる事を周知して欲しい。
名無しさん
3時間前
山は甘く見ていいものではない。
色々と積み重なることがなければ死なずにすんだ可能性はあるが、当初の見込みが致命的に甘かったのは事実だからな。
名無しさん
3時間前
子供に罪はない
寒かったでしょう辛かったでしょう
可哀相に
名無しさん
3時間前
山という自然の中でも特に状況が変わりやすい場所を軽く見たのかきちんとした装備では無く、遭難という状況におかれても楽観視してたのか適切な行動をしなかった父親。
世間体を気にしてか救助要請を出さなかったり見当違いな事を言って捜索活動を難航させた祖父。
この2名の、判断の甘さが原因。子供が一番の被害者だ。
名無しさん
3時間前
小さな子供を連れていく場合は、ケーブルカーなど楽に下山できる方法に変更できる観光地化された山だけにするべきだ。
山の過酷さを楽しむのは大人になってから自分の責任で行うべき。
名無しさん
2時間前
小学校卒業の時に卒業記念遠足に参加したら
引率の担任(50代後半)と一緒にいたクラスメイト4人が途中ではぐれて迷子になった
男の先生たちが探しに行って無事発見して戻る事が出来ました
いつもの遠足コースじゃなく造成中の霊園が見た目綺麗だからと目的地に選んだのがまずかったんだろうか?
まあ下校時間になる前に戻れたけど
道を間違えたのは先生だったそうで
名無しさん
1時間前
近くのファミリー向けのハイキング道路と入山口が隣り合っていたらしい。
家族にはそのハイキング道に行くという話を残している。
父親にミスはあったが、決して山を甘く見ていた結果ではないだろう。
実際、迷ったと判断して早い段階で連絡もしている。
その後の捜査に問題があったのが非常に悔やまれる案件だな。

そして死人と遺族に鞭うつヒトデナシがこんなに増えた日本という国の将来に悲観するしかないと思う。
なんだこいつらは。

名無しさん
1時間前
kattenisine!
名無しさん
1時間前
xia氏に同感。父親と祖父に手落ちはあったとは思うが子供含めて「自業自得」とか「kattenisine」とか。。。
お前らオカシイよ。
名無しさん
1時間前
何がおかしいの?
自業自得 その通りじゃないか?
名無しさん
1時間前
素人のうちは、他の登山客や団体さんとすれ違えるくらいの場所のほうが安全なんですね
名無しさん
1時間前
このニュースを見て
私は 無知な者は命で償うことになると
息子に教えました
名無しさん
1時間前
山を舐めたら駄目だがこの爺さんが不憫過ぎる・・・出来た人物だけに
家族、特に息子には優し過ぎたんだろうな
名無しさん
1時間前
だから優しいとか優しくないとか関係ないって。
死ぬときは死ぬ
ただ それだけ。
難しく考える必要ない
名無しさん
1時間前
山を舐めたらいけないってみんなが思うことは大切だけど偉そうに語ってるヤツなんなの笑笑
名無しさん
1時間前
偉そうかどうか分からないが
少なくとも山には無知な状態では登らない
そういう点ではこの親子よりは賢いと思うぞ
名無しさん
53分前
子供はまだ判断ができない(できても意思を徹せない)だろうから可哀想ですね
父親と祖父については知れば知るほど判断能力を疑いますね
名無しさん
51分前
この親のせいで この子が
という考え方も出来る
こういう事を起こす親の事を世間では
ハズレって言うんだよ
名無しさん
29分前
沢を下るというのは、途中で降りるのが困難な切り立った崖(滝)にぶつかったりするので絶対に駄目。
山で道に迷った場合は下るのではなく登る。そうすればいつかは登山道に戻れる。
というような記事を見ました。
この方の行動を見ると、あまり山に慣れているようには感じません…軽装だったようですし。
一見楽しいことにも、判断を間違うと大変な危険が潜んでいるのだなと痛感しました。
私はこの方と同世代で、かつ亡くなった子と同い年の息子がいるので
報道があった当初から気になっていた事件でした。。
お二人のご冥福をお祈りします。
名無しさん
6分前
反面教師 反面教師
名無しさん
11時間前
悲しい結末であったけど
家族の元に帰れて良かった。
子どもが一緒で決して無理はしなかったと思うが、山は軽く考えてはいけないと思いました。
名無しさん
10時間前
どうにか登山をする人は、ライター一個だけでいいから持っていってほしいと思います。
暖は取れるし、狼煙もあげることができるのだから!!
名無しさん
8時間前
お父さんが下でそら君が上に覆い被さって、ですか・・・
先にお父さんが亡くなったのでしょうか?
余計に切ないです(´*ω*`)
名無しさん
8時間前
登山を軽く考えた本人が悪い
名無しさん
4時間前
どうにかして、子供を守ろうと必死だったんでしょうね。無念だったでしょうね。
名無しさん
3時間前
動かなくなった息子をずっと抱き締めていたのかも知れないよ。
子供が1人取り残されたなんて考えたくはないな。
名無しさん
3時間前
それじゃ覆い被されないんじゃ。悲しいがお父さんのほうが先っぽい。残念だが、、合掌
名無しさん
3時間前
mar

そこへ連れて行ったのは その親だろ

名無しさん
3時間前
小さな子供を連れて楽に登れるコースだったんだろうか?それなら誰も悪くないけどね。
名無しさん
1時間前
祖父が偽の登山届で捜索活動を撹乱しければ良かったのに。
名無しさん
1時間前
なんか悔しいですね。わざわざ山なんかにいかなければよかったのに。
名無しさん
1時間前
このニュースを見て
私は 無知な者は命で償うことになると
息子に教えました
名無しさん
1時間前
オカルトや怪奇現象なしでは小1が単独で助かる可能性はないからな
小4なら体力知力が桁違いに上がるから何とか助かったかも知れん
名無しさん
1時間前
まあ終わった話だから。
今更何を言ってもねぇ。
まぁ そういう運命だったってことで。
名無しさん
12時間前
けっして高くない山だけど油断はできない。
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
11時間前
6歳の子供を連れて登れるほど安全だと勘違いしたって事だ
危険でない山や海など存在しないのだ
自業自得だ(ω´∀︎`ω)ニャン♪︎
名無しさん
10時間前
午後四時に野営することを判断で来てるからね
しかも見晴らしのいい尾根で
そうとう山に詳しい人
翌朝7時45分からの下山電話もある
どうして沢側を降りたのか謎になってしまった
名無しさん
9時間前
山に詳しい人なら、午後2時から入山なんてしない。
普通は朝イチに入山して、昼過ぎたら下山だよ。
名無しさん
9時間前
しかも残雪の残る、初心者や子供同伴には不向きな山に軽装で入山した事も問題視されるだろう。
名無しさん
1時間前
登山は常に命の危険と隣り合わせという事だ。
名無しさん
11時間前
発見のニュースを聞いてから、この親子のことを思い出す度に涙が出ます。
寒かったね。怖かったね。お腹すいたね。
お父さんの行動は安易としかいいようがないけれど、空くんと楽しい思い出を作りたかっただけだと思うし、亡くなるまでどれほど後悔したか、その胸中を思うと責められません。
お父さんと天国から、お母さんやおじいちゃんを見守ってあげてね。
名無しさん
10時間前
午後四時に野営することを判断で来てるからね
しかも見晴らしのいい尾根で
そうとう山に詳しい人
翌朝7時45分からの下山電話もある
どうして沢側を降りたのか謎になってしまった
それと俺の弟は7歳で富士山に楽々上って帰ってきたし
6歳の体力を舐めないでいただきたい
名無しさん
9時間前
5月5日の午後4時ならもう日が暮れ始め、しかも、山開きしたばかりで、残雪もあり、普段、小学生が登る整備された登山ルートから登ったわけでなく、松平山から縦走して、五頭山に向かうつもりだったとしたなら、山に詳しいとは言えませんが。
名無しさん
8時間前
やみくもに沢を下って余計に遭難してましたね。
遭難して沢を下れば、の神話は危険です。
今回の沢だって滝状の箇所も多数有るらしい危険な沢でした
名無しさん
8時間前
小さな子どもが犠牲になるのはとても悲しい
たくさん歩いて大変だったね…
名無しさん
5時間前
見晴らしのいい尾根でビバークしたが「相当」詳しい人ってw
名無しさん
4時間前
山で遭難時は下へ降りるほど見つかりにくい、上を目指せと聞きました…
富士山には私も10回程子供が小さい頃連れて登りましたが、富士山は整備されており他の登山者も多い、今回の山はまったく違うタイプです…娘が登ったと聞いて、同級生のスポーツ男子が真似してトライしていましたが、高山病、装備の不十分で寒さに耐えられず七合目までも行けなかったと、九合目で登ったのに高山病で仕方なく下山せざるを得ないなど子供のみならずで、とにかく山を簡単に考えてはいけない…夏前の登山なら尚更のこと、悲しいけれど、教訓にしなければいけないと思います
名無しさん
3時間前
「沢に沿って下ればいつかは下山できる」という行動は、遭難時に一番ダメらしい。途中に滝や崖があって進めなくなり、戻る事もできなくなって詰むそうな。
今回も発見場所が沢という事は、父親はこの行動を取ったとしか思えず、山に詳しかったとは言い難いな・・・。
名無しさん
1時間前
山に詳しい人なら午後2時から登山は開始しないなぁ。
正直、子供はお父さんに山へなんか連れていかれなければ落とさずに済んだ健康な命だったのにと思わずにはいられない。
赤の他人だから責めることはできないけど。
名無しさん
1時間前
奥さんの気持ちを考えるといたたまれない。
名無しさん
1時間前
↑ 6才の体力を舐めないでいただきたいって・・・亡くなってるのに。体力は個人差があるんだってば。
名無しさん
11時間前
悲しい事故だ。ご冥福をお祈りします。
息子さんに重なるように…お二人の無念さが伝わります。なんとか助かる方法はなかったのか。…殺人犯がのうのうと生きていて、こういう仲の良い親子が亡くなる…無情すぎる…
名無しさん
11時間前
それは関係なくないか?
名無しさん
5時間前
関係ないけど、確かに殺人犯がのうのうと生きてるのは、ムカつくな。ほんと関係ないけどw
名無しさん
5時間前
仲の良い親子だからこそ、バカな山登りはしちゃらいかんな
5月の山は寒い
名無しさん
4時間前
関係ないって言ってる人
教養がないね
名無しさん
3時間前
こうゆう仲のいい親子が亡くなって悪徳政治家がのうのうと生きているのはムカツク!
名無しさん
3時間前
パパの上に息子さんが重なっていたんですよね?
おんぶしていたのかな
それとも息子さんのほうが後から被さったのかと思うとせつない
名無しさん
58分前
無常とか関係ない
単なる事故
深く悩むなよ
それより何か食べに行こうよ
名無しさん
11時間前
この事故はほんと辛い。男の子がいる親はみんな重ねて見てるだろう。
名無しさん
11時間前
私も今回のことで本当に勉強になった。
私も山には無知な方だったから。
子供が保育園児時代、まさに同じ6歳のときに、少し高い生駒山とか二上山とかに登ったことがあって、生駒山の頂上は生駒山上遊園地になってるんだけど3月に登ったときに、生駒山の頂上付近がまだ雪が積もっていることを知らなくて滑らないか心配で、あと頂上に着いた時は遊園地もこんな天候のために3月末まで閉鎖されてることすら知らなくて遊園地で遊べずにがっかりだったけど、よく元気で帰って来れたなと思った。
名無しさん
9時間前
この親子を教訓に事故が減るといいな
名無しさん
1時間前
私の子供は女の子ですが、同学年なのでやはり重ねてしまいます。
行方不明のニュースを見て以来、その後の状況がずっと気がかりでした。
名無しさん
1時間前
だよね。男親だけに気持ちがわかってしまうので、余計に「なぜもっと準備しなかったのか」を思ってしまう。
慎重に過剰装備で遊ぶことを馬鹿にする人もいるけど、装備と準備の大切さを再認識しました。
名無しさん
1時間前
子供を自分の趣味に同伴させる時は少し考えなきゃだな。危険が伴うなら連れて行かないし、連れて行った先でも目を離さず注意喚起してあげたい。
名無しさん
1時間前
会った事もない、全く他人ですが、こう言う事は本当に辛くて涙がでますね。私も男の子がいますから、重ねてしまいます。
残されたお母さんの気持ちも凄くわかるから、本当に辛い。心からお悔やみを申し上げます。
名無しさん
9時間前
お父さん責めてる人いるけど、確かに軽率なところもあったのかもしれない。
でもさ、本人も最期まで悔しかったと思うよ。
息子をこんな事にさせてしまった後悔は想像を絶するハズ。
外野がどうこう言わなくったって、最期に本人が身をもって一番分かっただろう。
亡くなった息子や残された家族の為にも、黙って見送ってあげようや。
結果は残念で仕方ないけど、良いお父さんだったと思う。
休みなのに家族ほったらかしてパチンコとかばっか行ってるのより遥かにいいだろ。
名無しさん
7時間前
いるいる。もっと酷いのは妻子がありながら日曜の休みに買春して妻に性病移す奴
名無しさん
4時間前
そんな極論出していいお父さんとか辞めて欲しい。
命に代わる物は無い。
名無しさん
4時間前
本当にそうですね。
多少、山の知識のある人間が
上から目線で、お父さん批判してるけど、
今までの遭難事故だって、小さな「たられば」の積み重ねなんだよ。
自分は完璧な登山が出来るとは言えない。
恐ろしいほど軽装で山を登る人も耐えない。
(ある深い森で、マダニや熊の情報が掲示してある所で半袖短パンのボーイスカウト見たときにはビックリした。おまけに道に迷っているし。)
この事故でみんな山や自然の怖さを再認識しなきゃ。
この親子が警鐘を鳴らしてくれた。
と思う。
名無しさん
4時間前
我が子を思うなら引き返せた。
ビバークなんたらじゃなく救助要請すればよかった。
沢に降りず電話した所で待ってればよかった。
大事な子供を連れてくなら下見、どんな山でどんな装備が必要か最悪の状況にならない為に慎重になるべきなのに軽率過ぎる。
父親のせいで死んでしまったようなもんじゃん。パチンコ放置よりはマシかも知れないけど
名無しさん
3時間前
私もコメさんに同調。最初はこの安易な考えの父親に腹が立って仕方なかった。
でも、本人は知らないだけで、その分親族は父親の中傷誹謗を受けた。もう十分だと思う。
父親がどれだけ、どれだけ後悔したかを考える。何百回も子供に謝ったろう。自分が息絶える瞬間、なんとか奇跡がおきて子供だけは助かってもらいたいと思ったはず。残して死にたくなかったはず。
コメさんにやっぱり同調かな。
名無しさん
1時間前
遭難したなんてみっともないとか、プライドが邪魔したんでしょ。
名無しさん
1時間前
父親が悪い。大人の自分でも午後2時から登山なんて恐ろしくて出来ない。ハイキング的な所ならともかく、大人でも危険なところなんですよ、ここ。子供を連れて行くなら下見をすべき。軽率な事で息子の命を奪っていいなんてありえない。第一、軽装過ぎるし、遭難時の対処策物も持ってないのは甘過ぎ。
名無しさん
52分前
…と父親を責めても
誰も幸福になれないんですよね~
名無しさん
11時間前
おじいちゃんの心中を察するに余りある。
みやげ話を聞くのを楽しみにしてたでしょうに。

周りの人が気にかけてくれるといいなと思う。

名無しさん
11時間前
自分で乗り越えるしかない!
名無しさん
11時間前
俺がジーサンなら後追うかな自分の判断の過ちを悔いて死ぬな
名無しさん
12時間前
おじいさま、捜索をする人達に毎日頭を下げて感謝をしていた。ご子息とお孫さんと亡くされて、、、。覚悟をしてたんでしょうね。泣けてきます。
名無しさん
58分前
そうか?
名無しさん
11時間前
一縷の望みを期待していましたが
本当に残念でなりません
御二人のご冥福をお祈りいたします
名無しさん
57分前
ご冥福って自分が撒いた種だよね
名無しさん
11時間前
毎日気になってました。残念な結果だったが見つかって良かった。お二人のご冥福をお祈りいたします。
山は低山ほど道迷いが起きやすいし一旦迷うと混乱してしまう。低い山でも装備を十分にと思う。
名無しさん
11時間前
毎日はないと思う。
名無しさん
10時間前
漆黒の闇、、、怖かったろう、
残雪に雨風、寒かったろうなー!!
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
9時間前
わたしも毎日気になってたよ!
7日からずっとずーっと天気悪くて、しかも7日から新潟の女児の事件があったから全然ニュースにならなくて、毎日ネット検索とリアルタイム検索してたし、気になってる人はいっぱい居たよ!
12.13日にマジで私もボランティア捜索行こうとしたし。遠くてムリだったけど、、
でも見つかって本当に良かったよ!
名無しさん
11時間前
山の捜索は大体1ヶ月で終わってしまうことが多いのに、よく見つかりました。帰りたかったのでしょうね。
ここは五頭「連山」と言うだけあって、山裾が広い山です。沢と言っても険しく、滝また滝で、下から捜索する事も非常に難しいところとのこと(知り合いの地元民情報)。捜索隊もよく見つけてくれました。
今回の事故の教訓
・軽登山でも装備は最低限持つ。エマージェンシーシートとキャラメルなど少しでも食料。携帯のバッテリー。ライト。
・遭難を受け入れる勇気を持つ。
少なくとも登山計画から2時間オーバーしたら警察に通報する。
無理に下山しようとしない(迷うから。下の裾野の方が広いし木々があるから見つかりにくい。)
体力があって可能ならば山頂を目指す(下らずに登る)。ただ、動きすぎると疲労による低体温症を起こす可能性もあるので、雨風凌げるところを見つけたらそこで動かず救助を待つ。
ご冥福をお祈りします。
名無しさん
4時間前
>少なくとも登山計画から2時間オーバーしたら警察に通報する。
私も長年山登りを楽しんでますが、2時間オーバーで警察に連絡は無いですね。サクラサクさんが山登りをご存知なのか、ご存知ならどのレベルの山登りを楽しまれてるのか存じませんが、2時間オーバーで連絡してたら、人気の山域を管轄する警察の電話は鳴りっ放しになるのでは。
名無しさん
4時間前
>・遭難を受け入れる勇気を持つ。
今回はこれがネックになった気がします。
午後4時に「ビバークする」と電話した時点でもう遭難していると思います。この時にすぐ救助要請していたらと悔やまれます。
でもお父さんは、今来た道だから帰れると考えたのでしょうね。
また、迷ったら沢を下ればいいと考えてしまって無駄に歩き回ってあんな場所まで行ってしまったのでしょう。
自力で下山出来ると踏んだのでしょうが、小さいお子さんがいるのだから決断して欲しかった。
あるいは、遭難を自覚した時点で携帯はもう使えなくなっていたのかも知れません。2度も電話が出来ていた事を考えると、本当に残念に思います。
名無しさん
3時間前
先週、6歳と270mのハイキングをしましたが予定より時間がかかりました。水筒の水を大半こぼしたり、笹の葉でずるずると滑ったり大変でした。お握りだけでは足りず、帰り道は塩キャラメルでごまかしました。
下り坂はストックが無いと足元が危険な場所も多く杉の小枝を使って。
幼児とのハイキングは中々難しく、注意が必要と改めて感じました。今回の事故も教訓が活かされることを願います。
名無しさん
12時間前
先に息子さんが亡くなって、おんぶして歩いてたところを尽きたのかな?
名無しさん
11時間前
そうだとしたらお父さんどれだけ辛かったろうか…
名無しさん
11時間前
お父さんが先に亡くなっただったら息子さんはどれだけ怖く不安の中で亡くなっか
名無しさん
11時間前
体力的に考えても、おそらく、お子さんが先に亡くなり、亡骸をおぶっていたのでは?と私も思いました
名無しさん
11時間前
自分も息子が居るがもし同じ状況なら六歳の息子の亡骸を山中に置いて行くなんて出来ないよな
やっぱり背負って行くだろうね
名無しさん
10時間前
みなさんのコメントを読んでいて涙が出ます。
名無しさん
10時間前
死因が低体温症なので二人寄り添って夜を越して朝を迎えようとしたけれど、二人とも眠ったまま。。。。
お父さんは少しでも子供が寒くないように自分が下になって子供を抱きしめる形で寝たんじゃないかな。。。
雪残る山の沢付近であれば夜〜朝の気温は10度以下になっているでしょうから薄着でしかも空腹状態では夜は越せないです。
名無しさん
9時間前
寒かったね‥心細かったね‥
でも‥親子で離ればなれにならなくて良かったね。
(;´Д⊂)
どうか安らかに‥
名無しさん
9時間前
おんぶかな?と私も思ったケド、低体温症ならそんなに動けないだろうし、確かに地面からの冷たさを防ぐためにお父さんが下になったのかも。
ほぼ同時に、眠るようにお互い亡くなったと思いたい。
本当に、離れ離れになってなくて良かった、、せめて父子、一緒でいてくれて。
名無しさん
8時間前
つらいなあ
だけど逆に先にお父さんが亡くなっていたら
どんなに心細かっただろうと…それもつらい
せめて防寒用のシート1枚もっていれば…
名無しさん
5時間前
↑はっ?
名無しさん
5時間前
お二人ともうつ伏せだということなので、やはり最後はおんぶしていたのかなって思います。
可哀想で胸が潰れそうですが、
このニュースを切っ掛けに、日本中もしくは国外でも、沢山の人が色々な意識を改めることになったのだと、思うことにしましょう。
これから、空くんとお父さんは沢山の人を救うことになるんだって。
名無しさん
5時間前
この親子のように遭難した場合、どういう行動を取るのが正解なんだろう?
名無しさん
1時間前
電車内にいるのに、皆さんのコメントを読んでいると涙が出てしまいます。。
大人だけではなく幼子がいるので、遭難したと認める勇気を持って欲しかったです。
名無しさん
11時間前
見つかってよかったです。悲しい結末でしたが、御家族のいる所に帰れてよかったですね。
お爺様もあの状況でマスコミにも嫌な顔せずきちんと対応し、捜索されてる方々にも感謝されていて、素晴らしい方だなと思って観ていました。
お2人が見つかって、少しはほっとされたのかなぁと思います。
改めてお2人のご冥福をお祈りします。
名無しさん
10時間前
大切な息子と孫を同時に失い、とても辛いのに、周りのことを考えて話せるってなかなかできないと思う。
名無しさん
5分前
ほんとにね…
仲の良いご家族だったようだし、こんなことになってしまって気の毒でならない。
名無しさん
11時間前
二人の最期を想像することも辛くて怖くて悲しくてなりません。
ご家族ならそれ以上、計り知れない辛さだと思います。本当に胸が苦しくなります。
名無しさん
11時間前
まさか自分達が遭難して、ましてや亡くなるかも知れないなんて、遭難最初の頃は思わなかったでしょう。
どんな場面でもそうだが、ほんのちょっとの判断ミスで命取りになる事もある。
無念ですね。
名無しさん
11時間前
お父さんは子供をなんとか寒さから守ろうとして自分が先に衰弱してしまったのかとか想像してしまって・・
このニュースは本当に辛いニュースだ
名無しさん
11時間前
息子さんからビバーク連絡あっても民家見えると言われたら帰ってくると思うよね。
翌朝の下山連絡もあったし。
迷惑かけたくないから、捜索願出すの躊躇するのわかる。
辛い遭難事件としか言えない。
名無しさん
8時間前
この方の意見にすごく同意です。
お父さんもすぐに下山できると思ってらっしゃたんでしょうね。
おじいさまの気持ちもほんとその通りだと思います。
名無しさん
11時間前
見つかったことだけでもよかったと思われている方も多いと思います。
批判ではなく素人は沢を下って遭難することが多いそうです。
この教訓を生かしたいものです。
名無しさん
11時間前
道迷いで沢沿いを下ってはいけないという教訓はよく言われますよね。
その前に、午後2時から小さな子供を連れて雪の残る山に登るってはいけないというのは…教訓となるのか?
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.6.19

大地震に電車の中で遭ったら?知っておくべき乗客の心得

 大地震発生時にぎゅう詰めの満員電車に乗っていたら…?線路や駅の耐震性能の現状や、何に気をつけ、どう行動すべきかなど、大地震発生時の鉄道につ…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。