陸自の「走るお釜」、「野外炊具1号」とは お腹も心も満たせる有事の最重要装備!?

災害派遣の増加で出番も増えた「野外炊具1号」

 阪神淡路大震災以降、自衛隊による災害派遣は急増しています。防衛庁・自衛隊創設以前の保安隊時代から、災害派遣は行ってきたのですが、90年代後半から特に出動回数が増えています。これは、「平成8年度以降に係る防衛計画の大綱」(07大綱)の中で、「我が国の防衛」に加え、「大規模災害時の対応」が新たな任務として明記されたためです。

乗りものニュース 6/7(木) 6:20配信
陸自の走るお釜「野外炊具1号」、写真は改良型。災害派遣時の活躍で一般にも広く知られるように。米飯だけなら一度に600人ぶんを炊き上げ可能という(菊池雅之撮影)。

2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災から、今年で7年が経とうとしています。あの時も多くの災害現場に自衛官の姿がありました。行方不明者の捜索、ご遺体の収容、避難所での生活支援に当たりました。

この生活支援で、自衛隊が果たした大きな役割が、食事の提供でした。電気やガスのない発災直後の被災地で、一度に数百人規模の温かい食事を調理することは、自治体や民間業者では不可能です。これこそ自衛隊にしかできません。

自衛隊は、完全なる自己完結型の組織です。戦闘だけでなく、輸送や整備、そして食事やお風呂、洗濯にいたるまで、ほかの機関から支援を受けることなく、すべて自衛隊だけで行うことができます。

乗りものニュース 6/7(木) 6:20配信
「野外炊具1号」はタイヤがついており、トラックなどにけん引され運ばれる、いわば移動式キッチン(菊池雅之撮影)。

災害派遣のために調理に必要な装備や人材を確保しているわけではありません。もともとは、戦闘中の仲間たちに温かい食事を提供するのが目的です。

野外料理を行うための装備が「野外炊具1号」です。タイヤが付いているので、必要とされる場所までトラックなどでけん引して運びます。一刻を争う事態ならば、調理しながら現場までけん引することもできます。実際のところ、火を使って走行するのは危険なので、平時では行いません。

調理に必要なのは長年のカン?

記事を全て開く

 食事を作るために、普通科(歩兵)や機甲科(戦車)、特科(大砲)などの戦う部隊であっても必ず、「野外炊具1号」が配備されています。日本中どこの部隊へ行っても見ることができます。

乗りものニュース 6/7(木) 6:20配信
野外炊具1号に搭載された、野菜を裁断する大型カッター。玉のキャベツも見る見るうちに千切りへ(菊池雅之撮影)。

特徴を簡単に説明しますと、タイヤの上に6つのお釜と、野菜を裁断する大型カッター、皮むき器が装備された移動式キッチンです。

6つのお釜では、炊く、揚げる、蒸す、といった調理が可能です。これ1台あれば、ごはん、汁もの、おかずの1セット約200人ぶんが作れます。災害派遣などで、「とにかく急いでおにぎりだけでも配らなければ」ということならば、6つの釜すべてでご飯を炊くことで、最大600名ぶんはまかなえるともいわれています。

ただし、難点なのが、取り扱いが恐ろしく難しいことです。まず、種火を投入し、ガソリンと灯油、空気の量を調整しながら、火力を調整します。火の色を見ながら温度を予測し、ダイヤルをひねっていきます。これがまず初心者には扱えません。

ごはんが炊けるまでの時間は、火力だけでなく、その日の気温や天候にも左右されてしまうので、日によって変わります。そこで、筆者(菊池雅之:軍事フォトジャーナリスト)が、「目安はどうしているのですか?」と聞くと、「ふたを開けることができないので、匂いと長年のカンで判断します」と、21世紀の調理とは思えない回答を頂きました。

さすがにこれではいけないと、2000(平成12)年度に「野外炊具1号改」が誕生しました。大きな変更点が、自動点火装置とした点です。我々が家庭で使うコンロのように、レバーをひねると、プラグが発火して火をつけてくれます。火力調整も1個のレバーを操作するだけです。

調理に水が必要となると、近くに桶を用意し、そこに水をためておき、その都度汲みに行っていました。それが「改」からは、蛇口が配置され、そこからホースを伸ばして、直接お釜に水を注ぐことができるようになりました。

2010(平成22)年に入ると、自動点火装置に加え、コンロを制御するタイマーなどを有した「野外炊具1号(22式改)」という新型が登場、大量調理がますます簡単になりました。まだ配備部隊は限られているレア装備ですが、今後増えていくことでしょう。

なお、航空自衛隊では、「トレーラー1t炊事車」という装備を保有しています。これは、「野外炊具1号」と同じものです。

陸自の炊き出しが美味しいワケ

 陸自には、調理を学ぶための専門コースがあります。それが需品学校(松戸駐屯地)で行われているFEG課程(Food Enlistedmen General course)です。

乗りものニュース 6/7(木) 6:20配信
陸自の調理を学ぶ「FEG課程」。包丁の握り方に始まり、野戦を戦いながらの調理を学ぶ(菊池雅之撮影)。

教育期間は約3か月。各部隊から男女問わず多くの陸曹が集められます。調理経験ゼロの隊員も多いため、最初は包丁の握り方など初歩的なことから学んでいきます。学校内にある調理実習室で、和洋中問わない調理方法を学びます。栄養学の座学もあります。

教育の最終段階として、習志野演習場に展開し、3夜4日の野外訓練を行います。途中で敵戦闘機や大砲による攻撃を受けながら(もちろん想定)も、「野外炊具1号」を用いて、4日間ひたすら食事を作り続けるというのが訓練内容です。

 しかし、給養員と呼ばれる調理専門の隊員を養成しているのは海自と空自だけです。陸自のFEG課程では、自分の職種に次ぐ、ふたつ目の特技として調理を学びます。これを部内では付加特技と呼びます。よって陸自には、調理を専門に行う隊員は存在しません。

なぜならば、陸自は全隊員が調理できるのが理想だと考えているからです。かつては若手の陸士を駐屯地の食堂に臨時勤務として配置し、調理を学ばせていた時代もあったほどです。戦闘に関わっていない手の空いた隊員が調理する方が、わざわざ専門の給養員を配置するよりも効率的です。

そこで、FEG課程を修了した陸曹は、各部隊へと戻ると、「炊事班長」として若手に調理を教える立場となります。加えて、各部隊では年に一度のペースで、「野外炊具1号」を使っての中隊対抗炊事競技会を開催しています。最終的に競わせることで、個人のスキルを磨き、調理技術の底上げを目指しているのです。

戦闘中だからといって、毎日缶詰ばかりでは、部隊の士気は下がってしまいます。それは、災害派遣においても同様です。いつ終わるとも知れない避難所での暮らし。命からがら逃げてきた被災者の心は落ち込みがちです。そんな時だからこそ、温かい食事を食べてもらい、お腹も心も満たすことが大事です。

「野外炊具1号」は、食事だけでなく、優しさも提供できる装備と言えるでしょう。

菊池雅之(軍事フォトジャーナリスト)

乗りものニュース

名無しさん
5時間前
自衛官ではありませんが阪神淡路大震災直後に救援派遣された時、陸自の第三師団が王子動物園内に師団司令部を設置して被災者にお風呂や暖かい食事を提供していたのを思い出します。
疲れて暗い表情の被災者の方々の目に明るい希望の光がともったのを覚えています。警察や消防にはできない救援活動でした。これからも頑張ってください。
名無しさん
4時間前
その自衛隊の災害派遣要請を頑なに出さなかった、貝原前知事。
早く出せていれば、数千人は助かったのに、それを自分のエゴの為に出さなかった貝原前知事は神戸市民の敵なので忘れたらあかん。
名無しさん
3時間前
阪神大震災の時にその自衛隊の炊き出しや風呂の横で、自衛隊に助けて貰ったら行けないと吹聴して居たのが、辻元清美やらです。
西宮の私の友人達が自衛隊の活動に協力し、自衛隊の所に行けばご飯食べれるし、風呂もある!
と宣伝して居ました(笑)
名無しさん
3時間前
サポちゃん嘘ばっかりやな。
派遣された人に聞いたが変な事言う人はいなかったって。
名無しさん
4時間前
こうして、人の為に動いてくれる。
自衛隊の皆様、日々の活動に感謝します。
名無しさん
1時間前
自衛隊を否定する人って、大規模災害の時も自衛隊の支援を受けないんだろうか?
この人達が頼りなのに…。
名無しさん
46分前
>>pri
それは、水掛け論だからお互いにやめた方がいい。
自衛隊が、被災救助の専門なら批判する人はいないだろうけど、自衛隊って救助が専門なの?他の専門的な活動があるからね。そこが論点になってるんでしょ。
警察も消防も、その他沢山の人が被災の時に助け合ってるんだって。
ヤクザも被災地で炊き出したりしてるニュースあったけど、ヤクザを容認するかい?
名無しさん
5時間前
本部の手伝い等でガソリン使用の旧型も電動着火の改もどっちも使ってたけど、釜が1個の2号が俺の相方だった。
味覚って育った環境に依るから学校に行った人でも微妙な人は微妙だったな。
名無しさん
2時間前
『“改”は、自動着火にした為に雨/風に弱くなり、“野外”と言いながら天蓋がある様な場所でないと使えなくなってしまった』というウワサは本当なのですか?
名無しさん
4時間前
東日本大震災の時は母方の親戚一同がお世話になり本当に感謝の念が尽きません。
親戚や友人知人にも多くの現役や退官した自衛官がいます。
いつも国民を守るのが使命と意識をしている人が殆どです。
命を大切にしてこれからの任務も頑張って欲しいです。
名無しさん
3時間前
震災の時は、隊員がご飯食べてると被災地の人が「ありがとう」って
食料を差し入れにくるから
災害支援に行って現地の貴重な食料を消費しては本末転倒だって理由で
炊具使わないで車の中で缶詰そのままと冷たいご飯食ることにしたって報道がありましたね
名無しさん
3時間前
温かい食事をとっていると「自衛隊は救助にきているのに食事をとっている」、テントで寝ると「救助にきているのに(以下同)」。そのため、非常に抑制的な生活をされています。
消防や警察、救急隊が途中でコンビニによっても叩かれます。
彼らがどれだけ休みや食事をとることなく働いているか。わずかな出動と出動の合間に、コンビニでおにぎりを買うことくらい許せないのか。
コメントを全て開く
名無しさん
1時間前
寝ることも食べることもトイレ休憩だって必要不可欠。
ミサイル飛んできている訳じゃないんだから、自身の健康を維持してたくさん働いてもらうためにも、人として最低限のコトにガタガタ言うのは、器が小さい!と思う。
口動かしてる暇があるなら何かすればいいのに。
名無しさん
1時間前
コメントありがとうございます。
自分の後輩には爆発寸前の原発に向かいすぐ目の前で原発が爆発してしまい、目の前を走っていた隊長車が破片の直撃を受けてしまいました。
当時は報道統制が引かれていたのか、半年以上経過をしてからドラマ仕立てで報道されていました。
また先輩は南相馬にて遺体捜索の任を受けていました。
両者とも人生観が一変したと話をしていました。
現場は命を削り頑張っています。
非難中傷の記事は意見の一つとして捉えているみたいです。
地元に駐屯地がある身としては非常に近い距離の職の方達です。
にこやかに爽やかに挨拶もされます。
中では確かに酷いいじめもあります。
全てが良いとは思いませんが、頑張っている人まで非難されるのは非常に残念な思いです。
名無しさん
4時間前
災害派遣とか、そういう時じゃないとなかなか取り上げられないけど、そんな時のために日々キツい訓練をされてる自衛隊員の方達。
もっとメディアで取り上げられていいと思う。
ニュースつけたら忖度だの不倫だの、こんなニュースばっかりだけど、ほんとに国の為に日々頑張ってる人達がいるってことを知って欲しい。
感謝しています。
名無しさん
3時間前
それでもっとメディアで取り上げられたら取り上げられたで、今度は「軍事機密を公共の電波に晒すマスゴミガー!!」ってのが湧いてくるんだよ…
名無しさん
1時間前
先日、中隊対抗競技会を取り上げたテレビ番組が有りました。
名無しさん
4時間前
中学生の時、雪中運動会と
いう行事があったのですが
その日は必ず陸自の方が
駆けつけてくれて
学校敷地内で豚汁を作って
くれるんです。
お昼は、その豚汁を食べて
体も心も暖かくなったのを
覚えています。
氷点下の中でやる運動会ですので
本当に陸自のみなさんが作って
くれた豚汁、有難かったです。
名無しさん
3時間前
私の田舎でも大きな臼と杵使って、秋に餅つき祭りがありますが、できたての餅は地元の陸自が野外炊具で汁粉にして振る舞われてました
名無しさん
2時間前
furさん(省略してごめんなさい)の
田舎ではお汁粉ですか!それはまた
美味しそうですね。私の実家は、駐屯地や
大演習場、航空基地に囲まれてるような
感じなので、小さい時から
自衛隊さんの近くで育ってきたように
思います。
今は関東住みですが、すぐ近くに
駐屯地があり空挺団の隊員さんがヘリから
降下する訓練を家から見えるので
息子や娘も、すごいなぁ!すごいなぁ!と
興奮してみてたりします。
名無しさん
1時間前
すごい中学校ですねぇ。笑
名無しさん
4時間前
およそ30年前、演習で炊事を命ぜられました。旧式の野外炊具1号を点火できず班長に殴られました。自動点火と火力調整を容易にする機能が付いたとのことで、1人でも多くの若い隊員が調理に興味を持ってくれることを望みます。
名無しさん
5時間前
あたたかいご飯とお風呂。
人生の幸せは身近にあることをつい忘れてしまう。
名無しさん
4時間前
こんなに素晴らしい自衛隊はやはり、国防軍に昇格するべきだと思う。
名無しさん
4時間前
防衛費全額を救助隊に使ったら、もっと素晴らしいが。
名無しさん
4時間前
↑無理だな。だってロシアと中国がしょっちゅう領空侵犯するから
名無しさん
4時間前
日本を守る軍隊。日本軍でいいです。そして階級も将官、佐官、尉官に戻して下さい。自衛隊の方々本当にありがとうございます。
名無しさん
2時間前
今でも幹部は将官、佐官、尉官だけど。
名無しさん
4時間前
なんだか美味しそう
名無しさん
46分前
防災展で、陸自さんブースでカレーを
食べさせてもらった。その辺のレストランの
カレーより美味しかった。
名無しさん
4時間前
震災の時、缶詰ばかりで栄養を取っていたらビタミンが不足して口の中が口内炎だらけになりしゃべれなくなった隊員もいたと聞きます。糧道確保の非常に重要。
名無しさん
8分前
被災者優先で
自衛官は戦闘糧食風呂は駐屯地に帰ってから入るそうです
ありがたい存在です
名無しさん
4時間前
災害派遣の時、暖かい食事の材料費は自治体もちだから、自衛官は暖かい食事つくりながら、ミリ缶食べてたと聞いたけどなぁ。一緒に食べられたならよかった。
名無しさん
4時間前
でも一般被災者が何も食べられない時も自衛隊は食べてる。
名無しさん
4時間前
自衛官が食べて何が悪いんだ?
救助者は要救助者になってはならん!
海保、自衛隊、消防、警察
どこでもそれは徹底しているぞ
名無しさん
4時間前
出た被害妄想。
名無しさん
3時間前
うちの夫は陸自官で福島の災害派遣とか行きましたが、何日間もぶっ続けの救助や炊き出しのあと、人目につかないところで冷たい缶飯を食べてたら「自衛官はメシを食うな」「こっちによこせ」「サボるなら帰れ」「税金泥棒」など反対派の人にヤジを浴びせられ、車の後ろの暗いホロの中で明かりもつけずに隠れて3分ほどで腹に押し込み、また救助や炊き出しに向かったと言っていました。悲しくなりましたが、それが実際に現地であったことです。
名無しさん
3時間前
連投すみません。
災害派遣では自分が1口でもあたたかいご飯を食べるくらいなら地域の方にと思ってそこでは缶飯を食べていたそうですが、冷たい缶詰を食べるのすらヤジが飛ぶのは、もはや我々はロボットか何かだと思われてるのでは?とも言っていました。ご飯を食べるというよりは、胃袋に入れると言った感じらしいのですが、ご遺体の処理とかで食欲がなかったりバラバラの遺体を初めて目にした方の中ではトラウマになってしまい食事しても体が受け付けず吐いてしまう方もいたそうです。それでも、エネルギーがなければ動けませんので…
そういう過酷な状況でも、食事を批判をするというのは理解しかねました。大災害でパニックになりそういう無神経なことを言う人もいるが、国民に変わりはないので助ける、それが任務だと。夫は言っていました。
名無しさん
3時間前
私は東北に住んでますが、自衛隊反対派だった人も、だいぶ震災で自衛隊に感謝して、反対派じゃなくなった人も多い。無神経な事を言った人も、家も家族も流され、心に余裕なかったと思いたいです。ウチの息子も、そんな自衛隊に憧れました。将来は自衛隊になって困ってる人を助ける!と言ってました。現実の日々の大変な訓練とかを知り諦めた様ですが…
震災において、自衛隊の方々には本当に感謝の気持ちしかないです。ありがとうございました。
名無しさん
2時間前
災害地に派遣されている自衛官達は温かい食事を被災者に供給する影でトイレに行かずに済むよう便通が悪くなる食物繊維が少ない冷たいミリメシを食べるんだよね・・・・頭下がるわ。
名無しさん
1時間前
その暴言を吐いた反対派の人達は酷いね…
国民の財産と生命を守る。その為に自衛官は日夜働き、災害派遣時は不休で被災者の為に働いてくれているのに。
名無しさん
4時間前
いつも、大変な任務、お疲れ様です。
そして、ありがとうございます。
名無しさん
4時間前
こういう中身のある記事がもっと増えるといいですね。大変参考になりました。
名無しさん
4時間前
駐屯地いらない…そう言ってる県には使って欲しくないです。
名無しさん
5時間前
こういった装備を持つから自衛隊は災害支援にも即応出来る。しかも災害派遣では被災者に対する色んな配慮もしている。本当に頭が下がります。
名無しさん
4時間前
駐屯地祭でコレで炊いたゴハンをおにぎりにして配っていました。
美味しかったですよ。
名無しさん
4時間前
自衛隊の災害支援の装備から指導法まで、民間の組織に指導して貰い、民間でも災害に対応できるように政府は考える必要があるのではないかな?
ボランティアだけに頼るのではなく、組織として自分達で災害に対処出来るようにしないと、本当に物質的にも精神的にも災害者を助ける事は出来ないのではないだろうかね?
名無しさん
3時間前
じゃあ予算出しとくれ
名無しさん
3時間前
素晴らしい。嬉しい。涙がでる。
名無しさん
4時間前
野外炊具は改良して電子部品を取り入れたら、粉塵や雨の影響で不具合が多発し逆に使いにくくなったって聞いた気がするが…。
ついでに、これの民生版を某爆破大好きだったプロダクションが持ってるってのは都市伝説だよね?
名無しさん
3時間前
石原軍団ですよね。野外炊具の民生版というか、トラックを改造して炊き出し専用車にしていた記憶が。
名無しさん
1時間前
石原軍団が参考にしたのは奈良の某宗教
団体らしいけどね。実際、あそこは東北
でも奈良から持参した食材や機材や調理
器具から燃料に水まで全て自己完結で
ゴミまで持ち帰る徹底ぶりで震災発生
直後から炊き出した実積があるし。
もちろんここ10年とかのレベルじゃなくて
阪神大震災はもちろん伊勢湾台風?くらい
から国内外の災害時にはほとんど行ってる
んじゃないかな。
名無しさん
4時間前
以前、とあるテレビ番組で「自衛隊は国民を守る部隊です。だから自分達で用意し自分達だけ食べるだけではなく国民にめ同じ食事を提供し自分達で片付けし完遂型にします」と言っていた。これを「憲法違反」「人を殺す集まり」と言っているとある政党があるけど…。
名無しさん
6時間前
まさに腹が減っては戦はできぬ。
名無しさん
5時間前
この装備は、比較的後方陣地で使用する装備です。
※災害時は、被災者専用となります。
前戦(災害出動)の隊員は「缶詰等々」の
戦闘食です。
m(__)m
名無しさん
4時間前
使わない日々が続いた方が良い。
イベントで使う位が平和かも
名無しさん
4時間前
海自なんかは食事については各艦の腕を競いあってるな、金曜日はカレーだしその日のカレーの味は自分の所が一番だと競いあってるな。
名無しさん
4時間前
マツコ・デラックスが走るのかと思いました。
自衛隊のみな様ご苦労様です。
名無しさん
4時間前
ナポレオン一世が『か食は兵の力なり』と称し、戦場と普段の生活との食生活の差を埋める事に尽力した。
生身の人間が介在する状態では変わりはないだろう。
名無しさん
5時間前
災害や侵略から国民の安全を守る。
食は最重要事項だ。
名無しさん
4時間前
いろいろな仕事が
あるね。
名無しさん
4時間前
自衛官はもっと手厚い待遇でも良い!
お花畑の住民議員は売国奴。
名無しさん
4時間前
わかり易く、良い記事ですね。「おかず」はどのような物を作るのだろうか?それも興味がある。
名無しさん
4時間前
わかり易く、良い記事ですね。「おかず」はどのような物を作るのだろうか?それも興味がある。
名無しさん
1時間前
先日、中隊競技会を取り上げたテレビ番組では、カツカレーとサラダでした。
名無しさん
4時間前
自衛隊イラネとか言ってるやつは災害にあっても一切世話になるなって言ってやりたい。
名無しさん
4時間前
こんな自衛隊を阪神大震災の時に否定したのが、辻元議員
名無しさん
4時間前
完全なる自己完結型…かっこいい!
名無しさん
4時間前
災害派遣も一種の戦場だから、イレギュラーにトラブル含め、物凄く良い訓練になるでしょうね。
名無しさん
4時間前
空腹は我慢出来ても、我慢出来ないトイレも最重要な気がする。
名無しさん
4時間前
1釜分、失敗したら、悲惨だろうなあ。
全自動にしたら、それはそれで違うんだろうし。
名無しさん
4時間前
陸自は隊員たちが調理出来るのですね。すごいです。
名無しさん
4時間前
訓練とかで実際に調理したりするんでしょうか?食べてみたいですね。訓練後はどうしてるんでしょう。
名無しさん
6時間前
次はフライパン1号の出番だな。
名無しさん
4時間前
教育うけた人じゃないと難しくて。
とてもじゃないけどお手伝いくらいしかできないよ。
名無しさん
4時間前
熊本地震や東日本大震災の時に大活躍する設備だから、自衛権の人々には感謝やね。
名無しさん
4時間前
なんとか1号とか聞くと北朝鮮を思い出してしまう。
いかんいかん
名無しさん
3時間前
この前、大さん橋で「いずも」の一般公開ありました。その時美味しい豚汁をいただきました。災害時には、このような炊き出しが出来る設備は必要だと思います。隊員の皆さんご苦労様です。
名無しさん
3時間前
自衛隊員全員に国民栄誉賞をあげてほしい
名無しさん
2時間前
こんな彼らの存在が非合法だと言う人達が居る。災害の多い日本列島でどれだけ人の助けになっているか、どれだけ多くの命を救ってきたのか。知ってて言っているのだろうか。
ならば早く改憲して、彼らの立場を合法的にしなければ。
名無しさん
3時間前
今、「改」なんだ。
昔、炊事班よくやってたけど、確かにご飯の炊け具合は臭い、水蒸気の色、音が頼りだったな。
あとカッターは手入れ大変だから全然使わなかった。
名無しさん
3時間前
自衛隊いらないとか言ってる奴等にこのような記事をみてもらいたいですね!
名無しさん
4時間前
自衛隊の皆さん、本当にありがとうございます!
名無しさん
5時間前
「走るお釜」
ごめん、走るオカマが思い浮かんだw
名無しさん
25分前
東日本大震災のボランティアに行きました。
その時に自衛官の皆さまの職務に対する真摯さを拝見しました。
被災した方々を温める食事を、寒さに震えながら冷たい水で食材の下ごしらえをしている姿に感銘し、涙が出ました。
ボランティア作業中もすれ違ったりする時には挨拶はもちろん、あたたかい言葉をいただいたり感謝の言葉をいただいたりしました。
とても励みになりました。ありがとうございました。
名無しさん
2時間前
野外炊具と入浴セットは国民保護のための最優先装備。
正面装備も金かけて欲しいけど、こっちも大事よなぁ。。。使用頻度的に。
名無しさん
3時間前
災害時に自衛隊がいてくれるから助かる。国を守り色々としてくれる。
名無しさん
3時間前
1号から、1号改になったとは言え、1号も出動ってなったら使えないと駄目なのよねきっと。
気になった、あの御風呂。。あれにも名前がついてるのかなぁ。
名無しさん
3時間前
自衛隊に限らず、自治体に配備していても問題ない装備と思う。
名無しさん
3時間前
食事って大事よね。
名無しさん
2時間前
第1次世界大戦の教訓として、各国の陸軍が兵員のモチベーションを維持するために温かい食事を供給する方法を整備するのですが、私は長年日本陸軍は飯盒による給食のみだと誤解していました。数は少なかったようですが、ちゃんと「九七式炊事自動車」を制式化していました。
名無しさん
4時間前
ちなみに部隊ではコメ炊きマシーンはミサイル発射装置に似てるのでVSLとか呼ばれてたりします
名無しさん
3時間前
どや、ええやろワシが入隊した1969ではまだなく1俵一度に炊ける釜で災害派遣に行った。三日三晩不眠不休で、電気ガス水道が止まったら飯が食えない現代社会、4年経って炊事トレーラーが出来、改良型が出て
未来はキッチンカーが出来るとか。自衛隊1度入隊して2年間やってみや、男女アイウオンチュウ!
名無しさん
4時間前
「野外炊具1号」災害対策用に自治体に一つほしい。
名無しさん
1時間前
確かに大西より数百倍使える。
名無しさん
3時間前
なんかの番組で
駐屯地で料理を競うのをみた
とっても美味しそうだった
名無しさん
4時間前
民生用に小型のものを売り出せば結構売れるんじゃないか?野外イベントやらなんやら重宝すると思うんだけどね。
名無しさん
1時間前
非常時を生き抜くためには、アナログ的な知識や道具を駆使する必要がある。サバイバル番組で芸能人がやらされているが、火を起こす位の知識は万人に必須です。学校でも、技術・家庭の授業で火を起こす位は教えた方が良いと思います。
名無しさん
4時間前
腹が減っては戦は出来ぬ…と言うこと。
名無しさん
1時間前
おにぎり一個作るのにいくらかかるのかな?
名無しさん
1時間前
陸自にそんな専門課程が出来たことに驚き!
私が在隊していた20年前はまさしく駐屯地の食堂の炊事班として各隊から1〜2人ずつ3ヶ月交代で出されてたけど。笑
今は採用試験からしてガラリと変わったみたいねぇ。
名無しさん
2時間前
小西議員!
日々こうやって活動している自衛隊員に批判されたって事を侮辱だとかいう前に、なぜ言われたかを考えるべき。
少なくとも小西議員より国民を守るという気持ちで自衛隊員の方々は日々頑張っています!
見習ってほしいですね。
名無しさん
3時間前
戦場で暖かいご飯を食べさせる概念は旧日本陸軍にはなかった。
と言うより兵隊さんにメシを食べさせる気概も弱いかった、だからやはり近代軍は今の自衛隊のようでなければならない。
名無しさん
49分前
登山用のガソリンストーブと大鍋使ってご飯炊くのの大規模版かな。
確かに練習しないと上手に炊けないけど、こういうのはできない人は何回練習してもダメだし、勘がいい人は1回目でそこそこできて2回目から人に出せるレベルでできる。
大学の野外活動クラブに居たけど部員50人の中で勘が良く上手に作れるのは2人か3人くらいだったな。好きで上手な人は仕事任されるのでさらにどんどん上達する。
名無しさん
1時間前
災害時、自衛隊の活躍には頭が下がります。
もし災害時には、それでも手が足りないと思いますので
緊急避難場所の学校には、必ず給食調理室を設置してもらいたい!
名無しさん
1時間前
災害時に自衛隊が水とおにぎりを供給してくれるありがたさ。
名無しさん
2時間前
どの兵器よりも最も重要な装備
名無しさん
2時間前
兵站は何にも勝る武装だ!
ありがとう!
名無しさん
3時間前
自衛隊はサンダーバードのように救助隊と名称を変えて、戦闘ではなく救助に特化した組織になってほしい。
災害時の働きには本当に頭が下がります。ご苦労さまです。
名無しさん
8分前
発足からずっと災害時の救援活動を中心に国民に貢献してきた自衛隊。アメリカの言うがままに人を殺す装備を買い続けるより、このような人を生かすための装備を充実して、世のため人のための自衛隊であり続けてほしい。
名無しさん
1時間前
戦闘機や空母など派手な装備に目が行きがちだけど、こういう何気ない装備・組織が機能していないと2~3日しか戦闘できないことを思うと、とても重要だと再認識した。
名無しさん
2時間前
いろいろ改良してるみたいだけど、「2号」にはならないんだねw
名無しさん
3時間前
記事読んでたら、腹減ってきたw
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.3.12

乳児用液体ミルク、今夏にも解禁…災害備蓄に利用も

 政府は、乳児用液体ミルクの国内販売を今夏にも解禁する方針を固めた。液体ミルクは、粉ミルクよりも乳児に飲ませる手間が少なく、常温で一定期間保…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。