愛知で今年26人目の「はしか」…名大生が感染

名古屋市は11日、名古屋大学(名古屋市昭和区)の20歳代の男子学生が麻疹(ましん)(はしか)に感染したと発表した。

感染ルートは不明という。

愛知県内の今年のはしか患者は、沖縄帰りの男性から広がったとみられる人を中心に計26人になった。

市によると、この学生は3日に発熱し、5日に発疹が出て医療機関を受診。8日に感染していることが判明した。ワクチンは3回接種していたという。学生は1、2、5の各日、勉強やアルバイトで大学の中央図書館を利用していたほか、市営地下鉄や、石川県との往復で新幹線や特急に乗っていた。

読売新聞

名無しさん
6分前
体質にもよるだろうけどワクチン3回接種しててもかかるんだね
軽くすむといいですね
名無しさん
8分前
抗体があるか確認してこないと怖いね。
名無しさん
11分前
食中毒とかと違って、空気感染や飛沫感染の病気の感染経路なんて特定不可能だろう。
名無しさん
10分前
名古屋走りするやつが減れば問題ない
名無しさん
1分前
普通に大学生でいいかと…名大のクセにってディスってんの?
名無しさん
9分前
26人目かぁ…(・・;)?
やっぱりはしからくるのかな?

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.5.26

カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

 電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロウイルスを取り除く技術を開発した、と発表した。カキを…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。