<羽生結弦>タウン情報誌「S-style」6月号、創刊以来初の増刷 祝賀パレード記事が好評

 仙台市の出版社「プレスアート」は、タウン情報誌「S-style」6月号を約4000部刷り増した。増刷は1975年の創刊以来初めて。羽生結弦選手(23)=仙台市出身、東北高出=の記事を掲載したこともあり、宮城県内外の「ユヅファン」の引き合いが多かったという。

河北新報 7/5(木) 9:47配信
中華そばやカレーライスの名店を特集した6月号。ユヅ効果で増刷した

 6月号は5月25日に発売し、6万部発行した。4月22日に市中心部で行われた羽生選手の祝賀パレードの写真や、記者会見の全文を8ページにわたって掲載した。

 予約段階で通販大手アマゾンの売れ筋雑誌ランキング1位を獲得するなど、インターネットを通して全国から予約が殺到。首都圏や関西に住む読者から「羽生選手の記事が読みたくて買った」との感想が届くなどしたため、通販用に増刷を決めた。

 6月号のメインは中華そばとカレーライスの名店特集。宮城県外の読者から「どのお店もおいしそうだった」「今度仙台に行きたい」などの声もあり、誘客効果も期待されそうだ。

 小山内香奈子編集長は「全国の方々に仙台を知ってもらう良い機会になった。タウン誌を読んで仙台を訪れてほしい」と話す。同社は発行する雑誌「Kappo仙台闊歩(かっぽ)7月号」にもパレードの写真を載せている。

 バックナンバーの6月号は宮城県などの各書店で注文を受け付ける。

河北新報

名無しさん
1時間前
国民栄誉賞の授賞式に感動しました。
くねくね歩くのが気になりましたが
名無しさん
4分前
たまたま今月取材されてた店は一気に全国区になったな
強運!
名無しさん
12分前
もう、いっその事、熊本県の【くまもん】みたいに、宮城県の物産や仙台名産の品に羽生くんの写真(又はそっくりのイラストとか)入れさせて貰って販売してはどうだろうか?
売上げは、なかなか進まない復興支援に回すとか。
ファンは羽生くんマークが付いてたら絶対それを買いますよ。パンでもフルーツでも卵でも。
宮城だけが出来る事です。
名無しさん
1時間前
>くねくね歩くのが気になりましたが
履いていたのがスケート靴じゃなかったから。。。
名無しさん
1時間前
羽生選手はスケートだけでなく、人間性が素晴らしく、いつも
ふるさとへ還元したいという郷土愛を持って行動されています。
そういうところ、すべて含めて尊敬しています。だから、多くの
人々を惹き付けるのだと思うし、彼に関する注目度が高いのだと
思います。こんな立派な23才の青年は希有です。
名無しさん
1時間前
さすが羽生選手で、販売する物全てが売れに売れますね。通販も行っているとの事。
゛早速予約しなきゃ゛
名無しさん
1時間前
地元ならではの特別感☆、地元をあげての親愛感☆ いいなあ。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2017.8.4

禁煙がいつまでもできない人に共通する思考

 「私はもう50年、たばこを吸い続けています。そしてわが家でも、自由にたばこを吸い続けておりまして、子どもが4人、孫が6人、いっさい誰も不満…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。