つぶれた住宅、26時間ぶり女性救出「奇跡です」

 死者5人、行方不明6人にのぼった広島県東広島市では7日朝、西条町下三永(しもみなが)地区で、山肌が中腹から300メートル下まで崩れ、4人暮らしの民家をのみ込んだ。

読売新聞 7/8(日) 11:24配信
土砂崩れで押しつぶされ、一家が閉じこめられた住宅から救出された祖母(7日午後11時26分、広島県東広島市安芸津町で)

自力で逃げ出した住人の木和田晃さん(46)は、取り残された両親と妹の救出活動を見守ったが、正午前、70歳代の母親ちず子さんと40歳代の妹洋子さんが相次いで遺体で見つかった。

木和田さんによると、木造2階建ての自宅が土砂に襲われたのは、1階で寝ていた7日午前6時過ぎ。「ガッシャーン」という大きな音で跳び起きて外へ出ると、両親と妹がいた離れは跡形もなくなっていた。

約1時間後、自衛隊員と警察官ら計70人が重機3台を使って救助活動を始めたが、土砂や流木は2~3メートルも積もり、時間だけが過ぎた。「何とか助かってくれ」。木和田さんはそばでずっと祈り続けたが、母親と妹がブルーシートに覆われて運び出された。夜になっても父親は見つかっていない。木和田さんは「なぜ、こんなことになったのか」とうつむいた。

土砂崩れで押しつぶされた住宅に一時、一家4人が閉じ込められた東広島市安芸津町木谷では、発生から14時間後の7日昼、一家の40歳代の長男が消防隊員に助け出された。70歳代の父親と次男、祖母の3人が取り残され、自衛隊が救助を担うことになった。

3人は、消防隊員らの呼びかけに「大丈夫」と応じるなどしながら救助を待ち、父親は約25時間ぶりに、祖母も約26時間ぶりに助け出された。次男も救出される見通しで、発生当初に避難して無事だった母親(65)は「奇跡です」と喜んだ。

読売新聞

名無しさん
1時間前
無事に救出
こういうニュースもっと見たいですね
救助に携わってるかた
よろしくお願いします。頑張ってください
名無しさん
1時間前
こういう奇跡がもっと起きてくれるといいと思う。
名無しさん
1時間前
二次災害がおこってもおかしくない状況
救助隊・救助者はよく頑張った
名無しさん
1時間前
デッドラインは72時間です。
なお、我々がすぐできることは募金です。
名無しさん
1時間前
木造住宅ってもろ過ぎ。
名無しさん
1時間前
無事でよかったです
名無しさん
25分前
この画像はなぜ肌が緑色なのでしょうか?
名無しさん
1時間前
災害に巻き込まれる前に指定避難場所に避難
これが鉄則
名無しさん
1時間前
ニュース画面見ますと各地は想像以上に大変な事に成ってますね、犠牲になられた方はほんとにお気の毒ですが、想像を遥かに超えた状況が有ったのでしょうね、地震と言いいつでもどこでも自分の事として認識しないと駄目ですね。
名無しさん
1時間前
助かって良かった〜。
でも 画像が怖い!!
名無しさん
1時間前
改めて、生命力の強さに感謝!
名無しさん
1時間前
救助活動も命懸けだ。
名無しさん
1時間前
本当に良かった。
救助隊の皆さんの活躍に頭が下がります。
名無しさん
1時間前
歌丸さん、麻原さん、オウムの殉教者の方々、そして災害の被害者、、尊い命がここ1週間の間で奪われた、、、それでも残された私たちは生きなければいけない。
名無しさん
1時間前
若いから逃げられるかと思えば、ガンとか難しいし。
名無しさん
1時間前
喜ばしいことだけど
写真とるとか不謹慎じゃない?いくらなんでも。
名無しさん
33分前
ご無事でなによりです。
それにしても、写真の加工の仕方が……青いし、なんだか不気味に思えてしまった……、、
名無しさん
1時間前
よかった。ほんとによかった。
避難しろ!と言われても、自治体を跨いで避難しないといけないような広域災害だったから、本当に恐ろしかった。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.6.18

「阪神大震災を思い出す」大阪で最大震度6弱 地震発生時にやるべきこと やってはいけないこと

6月18日7時58分ごろ、大阪市で最大震度6弱を観測する地震があった。津波の心配はない。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】 …

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。