佐賀の小学生水死、逆転無罪判決 キャンプ主催者2人に

 佐賀県伊万里市の志佐川で2010年7月、キャンプに参加した小学3年の男児(当時8)が水死した事故で、業務上過失致死罪に問われた主催者側2人の控訴審判決が18日、福岡高裁であった。山口雅高裁判長は罰金刑とした一審・佐賀地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。「両名に児童を監視し、救助できる態勢をとる義務があったとは言えない」と述べた。

無罪になったのは、伊万里グリーンツーリズム推進協議会の幹事長だった幸松伝司被告(65)と伊万里市職員、多賀桜被告(49)。一審判決は、キャンプを主導する立場の両被告が、児童が川に入らないようスタッフに監視を指示しておく注意義務に反したと認定した。だが高裁は、川遊びは予定を変更して始まったもので、また現場に他のスタッフもいたことから、両被告に注意義務があったとはいえないとした。

この事故をめぐっては、ほかに元市観光課長ら3人が同罪で起訴されたが一審で無罪となり、佐賀地検が控訴を断念している。

朝日新聞社

朝日新聞デジタル

名無しさん
33分前
遺族には申し訳ないが、なんでもかんでも主催者側を訴えるのもどうかと思う。
マンツーマンなわけないんだし。
名無しさん
24分前
こればかりは、遺族も責められないよ。
やり場のない悲しみや怒りは、主催者側にぶつけるしかない。
名無しさん
15分前
なんでもかんでも訴えるわけにはいかないけど、遺族はやっぱり子どもにも注意して送り出しつつ、小学生のキャンプだし市の主催だし安全面も確保されてると安心して参加させるわけだよね。。
その子が禁止事項を守らず起きた事故とかなら無罪なのも分かるんだけど、そうじゃないなら主催側の監督責任が全くないというのもなんだかなぁ、、という感じ。
名無しさん
22分前
気持ちのやり場がなくて全てを恨んでしまってるんですね。。
残された人生、亡くなった子供のためにも笑顔で過ごせる日が来ますように。
名無しさん
4分前
これが学校主催のキャンプだったら有罪になったかも?という気がする。
参加させる前に安全かどうか見極めの目が親にも必要ということかな…
名無しさん
11分前
死=金にするのがアメリカに似てきた。
名無しさん
1分前
となると、誰が指導監督するの。
名無しさん
11分前
両親も引率で行けばよかったやろ。
名無しさん
29分前
当たりちらさないと、何をしても気持ちがどうにもならないことは、お察ししますが。
ずっとひきずって生きていくんだろうが。
名無しさん
3分前
金が欲しいのはわかるが諦めろ
名無しさん
5分前
この裁判でも控訴を断念しそう>検察
名無しさん
17分前
よかった
クソ親は公害だな
名無しさん
1分前
自分の子供だったらどうする?
誰かのせいにするだろ。
名無しさん
15分前
この裁判官は人間じゃない。遺族の気持ちを考えれば1000%有罪にすべき。
名無しさん
18分前
遺族ざまああああw
小三だろ?
水に近づくなくらい親が教え込むくらいできるだろ
親が馬鹿だと大変だね
名無しさん
3分前
民事と刑事の区別ができない低知能はコメント書くなよw

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.7.8

運転中ゲリラ豪雨、水害に遭遇したら覚えておくべき5つのこと

西日本に大規模な降雨災害が発生しております。 また近年は毎年のように全国で局所的な豪雨が発生しております。 JAFの調査によると…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。