東京医大だけが悪いのか 女性医師が語った医療現場の「疲弊」と「本音」

 東京医科大学が、男子学生の数を確保する目的で、入試で女子受験生に一律減点措置を講じていた一件は、一大学の不祥事にとどまらず、日本の医学界全体を巻き込む大きな問題に発展している。

明らかな女性蔑視であって許されることではない、という意見が大半を占める一方、医療という仕事の特殊性や、日本の医療界のおかれた実情を考えるとやむを得ないことなのではないか、とする擁護派の声も少なからずある。

そこで、実際に臨床の最前線で活躍する医師に、匿名を条件に、今回の問題についての正直な意見を聞いてみた。

「あなたが男性だったら正規合格でした」

 都内の大学病院の内科系診療科に勤務する女性医師Aさん(40代)は、自身の受験生時代、すでに「東京医大は女子が受かりにくい」と言われていたことから、同大を受けなかったという。

文春オンライン 8/11(土) 7:00配信
©iStock.com

「あまり成績の良くなかった友人(女子)が、『親が東京医大のOBなので、1次さえ通過できれば受かるんだ』と言っていて、実際に受かったんです。他の医学部はすべて不合格だったようですが……」

そんなAさんは、別の私学の医学部に補欠合格する。その時こう言われたことを覚えている。

「これは人数の問題なんです。あなたが男性だったら補欠ではなく正規合格でした」

ただ、当時のAさんはその説明に違和感を持つこともなく、「そんなものなのか……」と納得していたという。

地方の国立大学でも……

「東京医大と同様のことは、私大に限らず国公立でも行われていると思う」と語るのは、首都圏の大規模民間病院の外科系診療科に勤務する女性医師Bさん(30代)。ある地方の国立大学医学部の話をしてくれた。

「1次試験に受かっても、東京から受験している女子受験生は2次試験で落とされる、という話を聞いていました。地元出身者なら卒業後も大学に残ってくれるけれど、東京や大都市出身者だと、卒業と同時に帰ってしまうから。あと、首都圏の別の私立医大では、100人の合格者の中で女子の枠は5人だけ――と言われていました。事実、当時その大学は本当に女子が少ないことで有名でした」

ちなみにその私立大学は、現在でこそ女性の合格者の割合が3割台まで上昇しているようだが、それでも東京医大のそれと大差ない。

医学部が女子の入学に制限をかける背景とは

記事を全て開く

 都内の公立病院で外科系診療科に勤務する女性医師Cさん(40代)も、自分が受験生だった時代は、国立も私立も当たり前のように“女子制限”があったと話す。

「女子に対する不当な配点を感じるだけでなく、面接では『親御さんが地方公務員で、医学部の授業料を払えますか?』と質問されたりしました。さすがに今ではありえないと思いますが……」

 医学部が女子の入学に制限をかける背景には、外科系のハードな診療科に進みたがらない、結婚や出産などによる離職率の高さなどが理由に挙げられる。実際はどうなのか。

「その通りですよ」と答えるのは、関東地方の大学病院の外科系診療科に勤務する女性医師のDさん(30代)。

「妊娠出産で休職すれば、当然残った他の医師がカバーしなければならず、ただでさえ厳しい勤務状況はより苛酷になる。復職後も育児を理由に以前と同様の仕事ができなくなることが多いのは事実です」

上司から「ここにいる間だけは妊娠しないでくれ」

 首都圏の公立病院で内科系診療科に勤務する女性医師のEさん(50代)も同様の意見だ。「3~4人の医師で成り立っている診療科で1人抜けたら、残された医師にとっては大変な負担増です。それまでできていた診療ができなくなることだって考えられる。以前、ある関連病院に出向した時には、そこの上司から『ここにいる間だけは妊娠しないでくれ』と頼まれたものです」

一般社会ならパワハラやセクハラとして糾弾されそうな話だが、Eさん自身も事情を理解しており、「はい、もちろんです」と答えたという。

「今回東京医大が『自分たちの関連病院に医師が足りなくなると困るから』という言い方をしたことでバッシングが強まったようですが、女性医師のウエートが高まり続ければ、社会全体で病院勤務医が足りなくなる危険性は十分考えられる。事実、私の医学部の同級生は60人中18人が女性医師ですが、病院勤務医として継続している女性医師は私の他に1人しかいません」

残る16人は、パート勤務や開業の道を選んだか、あるいは医師の資格を持ちながら専業主婦になったのか――。これが男性医師であれば、今も病院に勤務している可能性は大きい。膨大な教育費を投じて育てた医師が医療現場を離れていくということは、社会資源の損失でもある。

「感情論ではなく、社会全体の問題として議論すべき問題でしょう」と訴えるEさんの言葉は重い。

これまでの日本の医療界は、こうした問題を暗黙の了解とし、医師の努力に依存することで成り立ってきた産業なのだ。取材で病院勤務医と話をしていると、よくこれだけの激務の中で、体を壊したりメンタルダウンしたりしないものだ、と感心することが少なくない。男性でさえ厳しい世界で、女性が生き残り、活躍し続けることの苦労は並大抵のものではない。

女性医師ならではのメリットも少なくない

 一方、医療には、女性医師ならではの優位性もある。

「昨年、ハーバード大学から出たデータによると、内科の病院勤務医において、男性医師よりも女性医師が担当した患者のほうが死亡率が低かった――という結果が出ました。女性医師のほうがガイドラインなどの客観的データを、より忠実に診療に適用しているからではないか、という考察がされています」(前出のCさん)

「手先が器用な人が多いので、手術手技は安定している。また男性に比べて几帳面な人が多いので、病棟管理などでの手抜きが少ない」(同・Bさん)

「乳腺外科や産婦人科、女性の泌尿器疾患など、デリケートな部分の診療では、女性医師のほうが受診しやすい、というメリットがあります。また、看護師や薬剤師、技師などのスタッフとのコミュニケーションの面でも、女性医師のほうが有利だと感じることが多い」(同・Dさん)

男性医師だけ、女性医師だけに偏るのではなく、バランスよく、適材適所に配置されるのが理想なのだが……。

「当直などの面倒な仕事から逃げる人がいるのは事実」

 今回話を聞いた医師全員に、「今回の東京医大の問題についてどう思うか」という同じ質問をした。東京医大の行為を完全に肯定する医師はゼロだったが、「絶対に許されない」という意見を、「好ましいことではないがやむを得ない事情もある」という回答が上回った。

「医師の総数は決まっている中、女性医師が増えることで実働している医師の数は減り、結果として現場にいる医師の負担が増えて、疲弊を招いていく」(Cさん)

「女性であることを振りかざして、当直などの面倒な仕事から逃げる人がいるのは事実」(Aさん)

女性医師自身の口からこうした意見が出る背景には、「医療崩壊」が目前に迫っていることを肌で感じている病院勤務医の苦悩があるようだ。

外科部門はすでに人手不足が深刻化している

 この点について、男性医師にも意見を求めた。

東京都立駒込病院外科部長の本田五郎医師が、「男性医師のほとんどが同じ意見だと思うので」と、あえて実名で語ってくれた。

「心臓外科、肝胆膵外科、食道外科などの仕事がきつい外科部門は、男性医師も含めて若手から敬遠され、すでに人手不足が深刻化している。女性医師が増えることで、このような診療科別医師数の偏在に拍車がかかる可能性がある。実際に体力的な不安を考えてこうした部門を敬遠する女性医師は決して少なくない」

多くの女性医師も指摘するように、女性が臨床医、特に外科系の診療科に進むと、結婚、妊娠、出産というライフイベントのたびに、周囲にしわ寄せが行くのは事実だ。

「外科という部門は、外科医同士の熾烈な競争があり、それに勝ち抜くための努力をし、高い技術を身に付けた者が勝ち残ることで周囲が納得する世界。そのためには、事の善し悪しは別として、自分の生活を犠牲にして頑張る姿勢が求められる。妊娠や出産がそうした犠牲の対象外として特別扱いされる昨今の風潮の中で、女性医師の休暇や早退によって他の医師たちの負担が大きくなるだけでなく、彼女らの態度によっては熾烈な競争に不公平感が生じているのも事実です」(本田医師)

 自分の生活を犠牲にして働くことを前提にして考えることが正しいと言うつもりはない。

ただ、これまでの日本の医療が、多くの医師の滅私の精神の上に成り立ってきたことは事実であり、その恩恵を受けているのは私たち国民である――ということも忘れてはならない。

「“医師も人間である”という意識を持ってもらいたい」

 今回の問題で東京医大が考えを改め、入試改革に取り組むべきであることは確かだ。

自分が不利な立場であることを知らされることなく、男子と同額の受験料を支払って試験に臨んでいた女子受験生たちは、言ってみれば詐欺に遭ったようなものだ。

そんな不当な差別を受けることのないよう、公正な判定が行われる仕組みづくりを構築してほしい。

 一方で私たちも、単に大学を責めるだけでなく、疲弊しきっている病院勤務医、崩壊寸前の医療提供体制の現状を「自分のこと」として理解する必要があるだろう。

「女性医師が妊娠出産で離職した場合でも他の医師に過剰な負担が生じないような、余裕のある労働環境を整えることが急務。そのためには患者の側にも、コンビニ受診を控える、時間外に軽症で受診するなら相応の対価を支払うなど、“医師も人間である”という意識を持ってもらいたい」(前出の女性医師Dさん)

病院勤務医の労働環境を改善する必要があるが……

 話がとっ散らかってしまったので整理する。

東京医大の「女子制限」の思想の背景には、医師になった後の女性の離職率の高さがある。

 女性医師の離職率が高いのは、病院勤務医の激務が、女性ならではのライフイベントに対応できないという事情がある。

その問題を解消するには、病院勤務医の労働環境を改善する必要がある(これまではこの部分を「医師の努力」に依存してきた)。

そのためには、日本の手厚い社会保障制度に甘えてきた医療消費者の側にも意識改革が必要――ということだ。

それをせずに、医師の努力を求めるだけでは、大学とて女子受験生の受け入れを制限せざるを得なくなり、そこだけを「許さない」と声高に叫んでいたのでは、日本の医療は遠くない将来確実に崩壊する。そもそも医師になろうとする者もいなくなる。

刻苦勉励の末にようやく医学部に入っても、あるいは国家資格を得て医師になっても、医療現場の疲弊ぶりを見ればやる気をなくすのも無理はない。その結果、目先の利く者、優秀な者ほど手にした資格を生かして美容外科など自由診療の道に走るだろう。結果として日本の医療水準は低下していく――。

極論と言われるかもしれないが、筆者は意外に真剣に、そんな不安を持っている。

長田 昭二

文春オンライン

名無しさん
1時間前
点数操作が悪いのであって、最初から男女別の募集人数を公表しておけばいいだけじゃないの?
名無しさん
1時間前
法律的にそれやったらまずいでしょ
名無しさん
43分前
けどこうなったら今ならともかく、最初から男女比を堂々と公開してたとしたら、男女差別だって批判されるんだろうな(笑)
名無しさん
34分前
ボロクソ批判されるし、
公平な試験や女に優しい職場作りとやらを
条件とした補助金をカットされてしまう。
人手不足が原因であって、金で解決出来る問題じゃないのに。
名無しさん
34分前
それこそ男女差別だと批判したでしょ?
名無しさん
30分前
まぁ世間は綺麗事を言う人が多いんだろうが、性別により向き不向きがあるので、男女枠を設けるのは仕方がないと思うけど。
そろそろマスコミやコメンテーターの皆さんは、建前や綺麗事ばかりではなく実情を考慮したことを考えて発言して貰いたいね。
自分や家族が病気や怪我をした時、見てくれる医師が居なくてもいいのなら別だけど、私はちゃんとした治療を受けたいけど。
名無しさん
24分前
医療費の3割負担を大人は5割くらいに上げても良いと思う。子供は3割のままで。
どうせ高齢化で国の財政も厳しくなる。
5割負担ならもっと生活習慣病に気を付ける人が増えるだろう。
名無しさん
24分前
コメ主の言うとおりだけど、それを公にしたら確実に差別だと叩かれる。
そして二言目には、だったら女性が敬遠したり離職しないような職場に改善しろと言う。
解決策は一つ。
医師を大量に増やすこと。
当然、医療費も大幅に増えるわけだが、それを誰が負担するかって話になると『それは議論しましょう』で、話は止まる。
名無しさん
16分前
あと…フェミ集団は『欧米では成立してる』なんて事を言うが…
欧米は、基本的に金を持ってる人とか、バカ高い保険に入ってる人が、ちゃんとした医療を受けられて…
そうじゃない人は杜撰な扱いを受けてる。
要するに、日本とは医療のあり方が根本的に違う。
名無しさん
15分前
女医は例外なく成績が良く頭が良いことも分かったので、バカな男の医者より私は外科系なら仕事が丁寧な女医を選びますがね。
名無しさん
14分前
実力以外の問題で落とすのに受験料だけはとるってやはり受験生はお得意様なんだなあ
社会人を医学部に編入させるって募集してたけどあれも受かるの数人で受験料で金集めしたいからやるらしいし
名無しさん
9分前
アホか。そうするとそれ自体男女差別と言い出すだろ‥性差を認めない輩は何でも平等が謳い文句だからな。
コメントを全て開く
名無しさん
3分前
こういう話の時に
結局男女の区別を進めればいいという議論にしかならないのが情けない。
問題は性別より先に労働環境の過酷さだと思う。別に女が半数いたって男も半数いる。その男も選びたくないような職場にしてしまっていることに問題がある
名無しさん
1時間前
現場を知らない人が『男女平等・同権』と騒いでも、今度はそのために起きる弊害もある。私立であれば、男女の定員数を標榜してコントロールするのは許されるべきでは?
名無しさん
15分前
確かに。生理中で体調不良の医師から手術は嫌かなあ。
名無しさん
11分前
日本の女医比率はOECD最下位で世界平均の約半分と、言っちゃ悪いが新興国を含めて世界最低水準なんで、日本特有の制度的な問題であるとしか言えない。
名無しさん
1時間前
女医や浪人が増えて喜ぶ男性医師は少ない。
体育会系で現役で外科志望で男性の医師が増えるとほぼ全ての男性医師は喜ぶ。
名無しさん
17分前
仲間にするなら使える奴がいいからな
そらそうよ
名無しさん
13分前
浪人より社会人枠が頭の回転遅くて邪魔でしょ
名無しさん
11分前
サピエンス全史に
男性が女性よりも歴史的にみて上位に立つことが多いのは力が強いからというより攻撃性が高いからではないかってかいてあった
そうかもね
名無しさん
1時間前
この問題は素人が口出すのはやめた方がいいのかな。しっかり現場の人間と話し合って良いようにやってほしい。
名無しさん
28分前
日本の皆保険制度を保つには操作するしかないよね。
名無しさん
1時間前
夫が大学病院の外科医です。この記事と全く同じこと言ってます。今後の外科行き先を心配しています。かなり危機感持っています。
名無しさん
1時間前
西川センセイが言うように、
皮膚科と眼科だらけになってしまう。
これはあってると思います。
名無しさん
44分前
女性の権利を守るなら、病院は眼科や皮膚科だらけ、外科や夜間・救命は男性に押し付ければ良いと本気で思っている人もいる中よく言ってくれたよね。
名無しさん
30分前
玄人の云うことだからなぁ!
名無しさん
10分前
美容整形外科でセレブ相手にしてる医師が一番儲かるってみんながそっちいったら困ると思う
名無しさん
1時間前
差別じゃなくて、適材適所
現場はそんなもんだよ
名無しさん
16分前
うむ
差別と区別の違いがわからん人が多いね
名無しさん
1時間前
世間の人はわかっていない。医師の労働環境を整えないと、そりゃ勤務医やめて開業するわ。
名無しさん
40分前
医師です。男性3人、女性1人の病院で働いていた頃、男性医師1人が病気で中途退職し、残る3人で死ぬような思いをして働きました。当時3歳の子供をもつ女医さんは、当直と夜間・土日の当番を免除していましたが、異動になるまでの半年間は月1回だけ土日当番をお願いし、奮闘してもらいました。その事に心から感謝しています。しかし、きつい。残った男2人も同じ歳の子がいたけど、育児はほぼ妻が1人頑張らざるをえなかったし、女医さんの苦労も相当だったと思います。ただ、この時当直や当番を3人で均等に割ることが男女平等だとはとても思えません。結果として、女医さんがいると男の負担が増えるのは事実です。ではどうすれば良いか?私としては、家庭持ちの女医さんは最初から0.5人としてカウントし、それを前提に男性医師がいつでもカバー出来る布陣にするしかないと思っています。男女差別と言われそうですが、これが現場の本音です。
名無しさん
28分前
本当に医師かい?俺は本物。作り話にしか見えない。まず医局に増援を願い、ダメなら医師派遣業社に依頼する。医師数も少な過ぎるし、お前の例はきわめて特殊な例だな。破綻するのは見えている(笑)。
名無しさん
21分前
その通りです。女医は0.5でカウントすべきです。
名無しさん
19分前
医局なんて、当てにできないでしょ笑
そんな直ぐに補充なんて、関連病院との関係でできない。
そして、どこが特殊な例なんだろう。病気や事故で欠員になる事は、想定できる。yrkさんの事例は、他人事じゃない。
名無しさん
14分前
うむ
当たり前ですよ
何も知らん奴がね吠えますよね
名無しさん
2分前
配置する人数がそもそも少なくない?
名無しさん
たった今
自称本物の医師が作り話をしている件
名無しさん
1時間前
本当にそう思う。
男女平等はありえない。体の作りが違うから。
男の人は仮に出て、女の人は家を守る様に構造上出来ている。
経済的な理由の政策で、税収を増やすために女性の社会進出なんて短期的な事しか考えていない愚策。
体力のある男性が家事手伝いだけしてたらおかしいでしょ。
男と女は役割が違うんだから、なんでそんな当たり前のことが問題になってるのか理解できない。
それに20年以上前の医学部受験の時にはもっと金銭的な理由での下駄を履かせるのなんてあからさまだった。
それが当たり前で、ずるいなとは思ったが、私立なんだし別にいいと思っていた。
嫌なら国立受ければいいし、医者になってからの優秀さは体力やモチベーションによるところが大きいから、テストだけでは適正なんてわからないから。
名無しさん
1時間前
平等ほざくならやれや
名無しさん
57分前
人間を動物と同じに扱うな
欧州では医師の女性比率が高いんやし女性が働きやすい環境作るのは無いわけではない
主要先進国で男性は仕事女性は家庭なんて言ってる奴が居る国は日本くらいや
はずかしいわ
名無しさん
56分前
dtd
この方は、単なる女性差別者で、論点が全く違っている。外科を選択する女性医師が少ないという話で、外科になった女医を差別する記事ではない。
今のところ、外科の女医が生理中だったから、手術を失敗したという事例がない。
むしろ、生理が重い、生理中に集中することが出来ないという女医は、外科を選択しないでしょう。
そんな中で、外科を選択する女医は本当に優秀です。
記事の中にもあるように、女医が担当した場合の方が、生存率が高かったという調査もある。
dtdのような考えの人がいると、優秀な外科医師になりうる女性を
失なう可能性がある。
名無しさん
46分前
どうして世界は女医さんの比率が高いのですか?
名無しさん
33分前
女性医師が働きやすい環境を作るって簡単に言うけど誰がそのための負担をするの?今の状態で自治体の病院は赤字のところが多いし医師を増やすとか勤務時間を減らすとか考えると結局は税金などの負担が増えることになる。もちろん環境を整えたいって言っている人たちはしっかり自分たちの負担を増やしてくれるってことでいいんだよね?
名無しさん
31分前
女は家庭に、そうすれば、日本は子供も増え、栄えると思うよ!
名無しさん
27分前
全ての国立大に医学部があればコメヌシの言う事も分かるけど、実際は医師会が医者の数を少なくしてるのが問題
医者を増やせば良いのに医師会が給与維持の為に少なくしてるのが問題
名無しさん
13分前
患者の負担を多くすれば解決。
結果、医療費が出せなくて見てもらえない人がでてもしょうがない。
平等なんだから…
これでは納得できないしなぁ。
↑医師の給料か下がればなりてはいなくならない?
激務、責任の重さの割には高給ではないと思うけどなぁ。
名無しさん
25分前
いい記事。
とっ散らかりそうな部分をまとめている。
医療改革が必要だと思う。
外科に関しても、特にそう。
国民全体で考える必要性がある。
名無しさん
1時間前
女医が働き易い環境を整備する必要があることは確かだが、現場の矛盾を一私学が背負わなければならないのであろうか。
名無しさん
56分前
dtd
この方は、単なる女性差別者で、論点が全く違っている。外科を選択する女性医師が少ないという話で、外科になった女医を差別する記事ではない。
今のところ、外科の女医が生理中だったから、手術を失敗したという事例がない。
むしろ、生理が重い、生理中に集中することが出来ないという女医は、外科を選択しないでしょう。
そんな中で、外科を選択する女医は本当に優秀です。
記事の中にもあるように、女医が担当した場合の方が、生存率が高かったという調査もある。
dtdのような考えの人がいると、優秀
な外科医師になりうる女性を失なう可能性がある。
名無しさん
33分前
女医は、結婚後を考えて負担が少ない眼科か皮膚科を選択する人が多い。実家が開業医や大病院だと医師免を取り、数年現場を経験し、役員や病院長になる人も少なくない。
名無しさん
1時間前
>結婚、妊娠、出産というライフイベントのたびに、周囲にしわ寄せが行く
これは医師に限らず一般企業でもあるあるだろうけど、おめでたいことがこのように思われる社会って悲しいね。根本的意識を変えるのは相当な改革が必要なんだろうな。
名無しさん
1時間前
公務員も筆記の成績だけで採用していたら女子ばかりになってしまうと聞いたことがある。
名無しさん
1時間前
本当に平等に選考しているところってどのくらいあるのかなー。
医者の場合はそのまま医者になる確率が高いから入試の時点で差別、それ以外は就職の時点で差別でしょう。逆に女性が有利な場合もあるとは思いますが。
選ぶ側も人間ですから、小論文や面接、集団討論とか、何らかのバイアスがかかってそう。
記事にもありますが、そういうものだろうなーと思ってました。
民間の縁故採用も許せない人と、受け入れちゃう人の違いかも。
名無しさん
48分前
例えば、外科医。心臓の手術なんかだと、十何時間~何十時間も立ちっぱなしで集中!ってこともあるのでは?
体力のある人を求めてるのでしょうね。
男女でそれぞれ何人、と受験の時に明記できると良いけど、均等法があるからなぁ。
名無しさん
1時間前
医者はブラックな仕事ですよ現場はもうとっくに限界を超えている特に民主党政権に予算を削られてから
名無しさん
48分前
平等を前面に出すのなら、オリンピックも男女分けなくて良いと思う。
男女それぞれの役割を果たせるように頑張りましょう。
名無しさん
45分前
入試の件はともかく、現場での人材確保は医療界だけに限った事ではない。特に有資格者、技術者の確保は難しい。
名無しさん
49分前
医療改革が必要なのは確か。
開業医で遊び呆けている医師が居るのも現実。
開業医と勤務医の格差が大きすぎるのも問題。
名無しさん
5分前
妊娠、出産の際に女医がいなくなって困るという話は理解できるが、出産後の子育ては2人で行うべきものだと思うし、男女問わず、出産後の子育てで休むと言える社会で無いのが問題なんだと思う。特殊な仕事だから代わりは見つからないとか何とか言うけど、現に女医は休んでるんだから。男女比率の問題でもない気がする。さすがに皆いっぺんに妊娠したら困ると思うけどw
名無しさん
22分前
外科医や救急医が減って困るのは私たちなのだと思う。実際、田舎では救急を受け入れられない病院も増えている。女性差別云々で片付けられる問題ではないと思う。
名無しさん
1時間前
外科手術だと、女医さんはちょっと抵抗あります。本音です。
名無しさん
29分前
医師も、やり方や科の選択によって、わりと楽だったり、儲かったりする。労働条件改善しないと、男女問わずそちらに流れていくと思う。産休、育休だけ改善してもダメでしょ

名無しさん
8分前
医師ですが、以前からどの大学でも、地元優先、女性や多浪は受かりにくいという噂は普通にあったので、なにを今更騒いでいるんだ、というのが正直な感想。ただ、裏口入学はまだやっているのか、と驚きました。
でも女性医師はここ10から20年ですごく増えました。
それよりも、この記事にあるように労働環境の改善、それが根本的な問題。医療者も患者さんも国も、みんなの意識が変わる必要がある。
名無しさん
38分前
外科医の100%が同意見と思います
名無しさん
27分前
どんなことに対しても男女平等は難しい。適材適所が良いと思う。
医学部も今回のことをしっかり説明し、男性と女性の募集人員を別々にするか、男性のみの医大を作れば良い。
名無しさん
56分前
これは医療に限った問題じゃない。声高に女性制限ばかりを問題にすると、問題の本質が見えなくなる。
名無しさん
2分前
裏口入学のことは薄れてきましたね。東京医大の事かクローズアップされて、医療社会問題がでてきたけど。
名無しさん
1時間前
自分が医大受験生で、女性で、勝手に点数操作されて落ちたらすごくショックだし腹立たしいと思う。
でも現実、患者側の自分としては、色々な理由で医師の世界が男性優位になってしまうのは仕方ないと感じている。
今回の件を、声高に「女性蔑視」「ありえない」とは自分は言えない。
名無しさん
31分前
どんな職場でも、男女関係なく、仕事の出来る人は十人に一人程度だと思う。当然お医者さんも仕事を実際しなくては実力分からないから、割合的に仕事出来る人は出来ない人より少ない。入試の不平等は別にして、女医だから必ず優秀なんて事はあり得ない。
名無しさん
たった今
国家試験に合格したのであれば、100万人でも、200万人でも医師を増やせば良いと思う。そうすれば、必然的に人手不足が解消する現場は増えていくはず。
名無しさん
46分前
医学部入試を単純に学力テストの点で決めるのが無理やろ。
名無しさん
10分前
難しいけれど、育児を理由に当直を免除してもらい、このまま逃げ切る予定と言う人を知っていた。その肩代わりは男性医師や独身女性医師が担って疲弊していたので、不公平だなとは思った。職業の内容による区別は当然あり、公表していればいいかなと思う。
名無しさん
49分前
そもそも女性が医師を目指す動機として男性医師との結婚や、出産子育て後の再就職のし易さを考えてだったりしますよね。賢い女性は最初から自分の女性としての人生の在り方をわかってますから自然とそうなりますよね。
名無しさん
13分前
仮に女性医師が働きやすい環境が整い、女性がバリバリ働けるようになったとしても、そんなにバリバリ働く女医さんを男性医師が結婚相手として選ぶのだろうか?

女医さんの結婚相手の約9割が男性医師だと聞くけど、男性医師は結婚市場では相手を選べる立場にあるから、これからキャリア形成したい男性医師は、仕事のセーブや家事育児の負担を要求する女医さんより、自分の仕事を理解して家庭を支えてくれる他職の女性を選ぶ人の方が多いと思う。
女子医学生たちもそれがわかっているから、時間を作りやすい診療科を選択するし、家事育児も頑張ろうとする
これは特に男性が悪いわけではなく、市場原理じゃないだろうか

名無しさん
28分前
理想と現実は違うという事ですね。何でもかんでも男女平等って無理でしょ。子供を産めるのは女性だけなんだもの実際問題。ただ…筆記なら男子学生が女子学生より高い点数取れてりゃなんの問題もない気もするけどね。そうでもないから操作する羽目になるんでしょ?
名無しさん
2分前
裏口入学はだめだろ
名無しさん
1時間前
それぞれの特性があるのだから、そういうことを考慮していくことも必要だと思う。
けどけど、、、
この件は裏口とは別問題で内々に男女の点数を操作していたのは女性に対して失礼だし女子学生からしたら受験料詐欺だと思う。
名無しさん
12分前
今度の問題は氷山の一角、大木の一枝。もっとある。臨床検査にも看護にも歯科技工にも。私は技工士ですが、ある県立の専門学校の技工科で点数で入れたら半分女子になり、支援してるその県の歯科医師会からクレームで翌年から女子は制限された。まだ学生だった私は意味が解らなかったが就職してみてこりゃ女の職場じゃないとんでもないことした、とおもった。仕事は夜中までが当たり前。今問題に成ってる労働基準法や残業時間なんて何処の話?一日15時間勤務は当たり前。その上スキルあげようとすればそこから勉強。過労死した方には申し訳ないがニュース見ながら自分等はよく死なねえな?と意味のわからん嗤いがあった。病院勤務の医師の友人と医療は身を犠牲が当たり前で誰も不思議と思わない。少し声を上げればダメ人間どころか不誠実な人でなし扱いを受けるほど。それでも医師は社会的、経済的に幾らか恵まれるが技工士なんざあ塵扱い。娘にゃ進められん。
名無しさん
30分前
最初から男性何人とか明記しろという意見があるけど、それってNGでは?
名無しさん
13分前
結局医師の絶対数が足りないのが悪い。パートタイムのドクターがたくさんいてもいいじゃない。
仕事を任せられる人が少ないのが激務の原因でしょ?
あとは開業の制限かな・・・もしくは開業医も救急に週一で入るとか。
名無しさん
1時間前
医療現場が疲弊しているのは当たり前。
それは診療報酬の改定と、頭でっかちのなんちゃって医者気取り患者が増えたこと、お客様は神様思考を持った患者も。。。また、昔より良くも悪くも個人情報や感染対策など医療現場の細かな仕事が増えたこと。決してジェンダーの問題じゃない。
実際に手術よりも肉体的にも精神的にもしんどい介護や看護師は圧倒的に女性が多い。外科系が敬遠されるのは体育会系の男性医師が多く、わざと職場をしんどいものにしているから。
名無しさん
21分前
東京医大の操作は、推奨されるべきではないが仕方ないというのが現実を踏まえた多くの意見ではないかと思う。
女性蔑視と言われてしまえばそうなんだが女性の特殊性、状況次第では仕事が継続できないまたは仕事量が限られてしまうという状態の全体量が増えれば医療機関にかかる人が受ける恩恵の質、量ともに低下する。
診療科によっては自己犠牲なくしては成り立たなくなってきているところも全国的にみたら少なくはないのではないかと思う。
そういった背景があることに目を向けたがらない人、不正だ社会問題だと糾弾せずにはいられない人、そういうひとがあまり首を突っ込まない方がいい問題なのかもしれない。
中身は問題あるんだけど誰かが問題にしなければ悪いことにはならずシステムがうまく機能し続ける事って世の中には沢山あると思うけど。
名無しさん
1時間前
開業医の利権団体の日本医師会による、開業医優遇政策のツケ。
かつての開業医は自宅で診療し、夜間や休日もかなり対応してくれた。しかし今は駅前等のクリニックに通勤し、緊急時につながる電話は非公開。こういう医者には高額の税金を課すべき。
名無しさん
39分前
まず医学部は受験でなく就職試験だと考えた方がいい。そしてどの職業でも男女比は考慮されると思う。
名無しさん
1時間前
残念ながら本当の意味での男女平等は医療業界、だけでなく、すべてにおいてフィジカルが理由で不可能だと思う。メンタルな部分でもフィジカルが影響するので平等は不可能だろう。社会は安易に平等を吟うのではなく、男には男しか出来ない、女性には女性にしか、出来ないことを理解、尊重し、うわべだけの理論から脱却すべきだと思う。
名無しさん
1時間前
医師の数を増やすとしても抵抗がものすごい
政府:医療費が増大する
医師会:医療の質が下がる(建前)、競争相手が増える(本音)
勤務医:3交代になったら給料が下がる
保険医登録で調整するのはお手軽と思うけどな。医師法を改正しなくてもすむ。東北地区の大学を卒業したら東北厚生局管内でだけ有効な保険医登録。
これだと卒後すぐいなくなる関東地方女子が受験しなくなる
名無しさん
1時間前
確かにそう思うが、最後の美容外科や自由診療は日本の医療ではないと見下しているのが気になった。
仮に全て自由診療になれば、不必要に税金使って病院通ってる人も減り医者の数も足りるはずなんだけどな。
皆保険制度の限界だと思う。アメリカのように個別の保険にしていくべき。金が払えなくて死ぬ人もいるだろうが、医者殺してたら本末転倒。
そう考えると隠したらダメだけど女医の制限くらいは・・・と考えてしまう・・。
名無しさん
22分前
一般企業と事情が違うことと、男女云々でなく点数操作そのものがよろしくないこと、この2点だけは確かだと思う。
国も含めて女性をどうこうしろって話が先行するなら、もうそれでもいい気がする。
男性医師の過労死が激増して、それで特定科目の医師がどんどん減って医療が成り立たなくなり、救える命が救えなくなっても、それは国や世間が選んだ話だから、それでいい気もする。
名無しさん
15分前
確かに加点減点での操作は良くはない。だが本質は医療現場の実態を理解した上での策なのでやむを得ない感がある。単に人員増すればという問題でもなさそうだ。
名無しさん
6分前
他の大学でも当然にあると
東京医大関係者が言っていたが
他の大学の我関せず状態を見ていると
隠ぺい工作を図っている最中かな
どのみちリークされるだろうけれど。。。
名無しさん
1時間前
結局、お金返せって言ってるんだから、結局私立大の高い受験料や授業料の問題。
私が受験生の時に調べると慶應の医学部の授業料が安く感じた。少しは頭がいい子を取ろうとしてるんだと思った。でもその分追試とかでお金取るんだろな。私立系列の専門学校だったけど追試一回3000円だった。
名無しさん
26分前
整形外科の女医さん、男性医師よりメンタルが男だったわ。
足の手術で、男性医師は研修医が足を持ってるのに、女医さんは上腕で足を持ちながら手術していた。
力仕事を率先してやってた。
絶対しんどいのに、それが自分の中で当たり前になってるくらい頑張ってきたんだろうな、と思った。
女医さんって大変だと思った。
名無しさん
2分前
現場の一員(女)だが、現場の問題の本質についてとても的を得た記事だと思う。点数操作は恥ずべきあるまじき行為であることは間違いないが、女性蔑視を論点にしていたら真の問題はいつまでも解決されない。このようなまともな記事が多くなって欲しい。
名無しさん
39分前
同じ事男性が言ったらバッシングだよな。
事前に言ってればそこまで問題にならなかったかもしれないし、卒業後に着いては何年間は大学で勤務すると確約するものは幾らで、そうでないものは幾らみたいに学費にべらぼうな差をつけるとかしてみては?
名無しさん
1時間前
これまで患者側の理想論(安い、便利、質)を叶えるために現場が犠牲になってきたが、今後どうなるだろうね
少なくとも犠牲にしてきた現場をただ単に非難するのはお門違いでしょう
・医師を増やす
例えば若手医師を2倍に増やすと、単純に考えると従来よりも経験が半分になるので医師としての質も落ちる経験至上主義なところもありますそれに医師は少しずつ医学部定員を増やしてきましたし、簡単には増やせない何より育てるのに時間と金がかかる
・診療代を上げ、対価を増やす
改革といっても多くの票を持ってるのはお年寄りです簡単に行くとは思えません(むしろ改訂されることで医師の給料…診療報酬は下がると噂されてますがどうなるでしょうか)
などなど問題は簡単に解決しないですが、問題が議論に終わるのではなく、状況が少しずつでも前に進むことを願うばかりです
名無しさん
10分前
外で仕事をするより家のことだけをしたい男性も多いので、女性医師など外で活躍する女性と専業主夫のマッチングを国や自治体などが進めるといいと思います。労働環境の改善のためには医学部新設や定員増により医師の数を増やすべきだと思います。オリンピックもあるので外国人医師の受け入れもすすめた方がいいと思います。
名無しさん
4分前
女医は権利意識が強く仕事もしない。同期に遅れをとるとパワハラ、セクハラと騒ぎ出す。正直チームの緩衝剤くらいの価値しかないよ。
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.6.22

なぜ消えた? 夜行列車が衰退した理由 毎日運転は2本だけ

毎日運転の定期列車はわずか2本  日付をまたいで運転される「夜行列車」。寝ている間に目的地に移動できることから、時間を節約できるという…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。