[女優 堀内敬子さん]治療を始めてすぐの妊娠に医師は「奇跡だ」 43歳での出産は怖かったけど…

 劇団四季に在籍した1990年代、「キャッツ」「美女と野獣」など多くの作品でヒロインを演じた堀内さん。現在は、舞台だけでなく、映画やテレビドラマでも存在感を放っています。40代後半になっても変わらない可憐(かれん)な 佇(たたず)まいには、いったいどんな秘密があるのでしょうか。(聞き手・梅崎正直)

読売新聞(ヨミドクター) 8/11(土) 7:11配信
堀内敬子さん(撮影・小倉和徳)

全国大会にも出たバスケをあきらめ、演劇の道へ

――東京生まれの東京育ちなんですね。

府中です。私が子どもの頃は、まだ田んぼがたくさんあって、ザリガニを釣ったり、ナズナをちぎって食べてみたり……。外遊びが多い、活発な子でしたね。

――運動もお得意でしたか。

得意でしたね。小4からバスケットボールを始めて、中学まで。ポジションはガードでした。高校生や男子のチームとも練習試合をする強いチームで、中3のときには全国大会にも出ました。その頃はバスケ一色でした。

――それが、演劇の道へ。どんなきっかけがあったのですか。

全国大会に行くと、もっと強いチームの存在を、身をもって知りました。あるチームは全員が身長170センチ以上で、本来はバレーボールの選手だったんです。でも、バレーだけだと偏るので、バスケもやっている。「そんな人が将来、スポーツ選手になっていくんだ。自分は身長も低いし、無理だな」と思ったんです。高校はスポーツ推薦も可能だったんですけど、バスケは中学までと決めました。

そんなとき、母から演劇科のある高校と、ミュージカル劇団の養成所を勧められました。二択です。私は小1からピアノを習ったんですけど、あまりにもじっとしてないので、ピアノの先生にバレエの先生を紹介されてしまいました(笑)。それでバスケと並行して、バレエも続けていたんです。踊ることには慣れていたので、そんな学校も楽しくていいかな、と。

ただ、養成所は、みな髪は真ん中分けの三つ編み。高校の方は、数学の授業が1年までしかないというのを聞いて、そちらに決めました(笑)。そうして進んだ高校に、劇団四季の人が教えに来ていたんです。

厳しかった劇団四季の研究生時代

――高校卒業後は劇団四季の研究生に。厳しい世界なんですか。

研究生は毎朝、お掃除から始まります。シャワー室やトイレ、おけいこ場をきれいにします。9時からはバレエやジャズダンスのレッスンです。お昼休みを挟んで、午後は歌やタップダンスなどのけいこ。で、終わってからは個人練習の時間です。みんなが夜遅くまで続けます。

それでも全員が劇団四季に入れるわけではなく、1年後の試験に合格しないと入団できないんです。

入ってからも競争です。「この役ができる人」と聞かれたら、手を上げて、演じてみせる。認められたら役がもらえます。だから、先輩のビデオを見て研究し、役を狙うんです。

ヒロイン役から一転 退団後は舞台が1年に1本の苦しい時期も

記事を全て開く

――そんな厳しい競争の中で、「美女と野獣」などのヒロインを任されました。退団後は、三谷幸喜さん演出の舞台や映画で活躍されます。お仕事は順調に見えますが……。

読売新聞(ヨミドクター) 8/11(土) 7:11配信
堀内敬子さん(撮影・小倉和徳)

大変な時期もありました。劇団を離れた後です。劇団にいれば、運と実力で役がもらえる。でも、外に出たら、全く違いました。お仕事がなくて、舞台が年に1本という時もありました。「名前が知られなければ使ってもらえないんだ」と身に染みました。

 ただ、その1年に1本の舞台を、三谷さんが見てくれていて、自分の舞台で「おばさん役」をやってほしいと。監督をする映画「THE 有頂天ホテル」にも出ることになり、そこから映画やドラマの仕事が増えていきました。

苦しいときはあったけど、この仕事をやめたいと思ったことはなかったですね。私には、他にできることはありませんから。

友2人を出産で失い 大きかった不安と恐怖

――私生活では妊娠、出産も経験されました。ご出産は何歳の時でしたか。

43歳でした。それまで、特に舞台の仕事は先々まで決まっていくので、タイミングが難しかったんです。それが、映像の仕事の割合も増えてきたこともあって、妊娠・出産を考えるようになりました。不妊治療もしたのですが、始めるとすぐに妊娠をして、お医者さんからは「奇跡だ」と言われました。

でも、高齢出産ですから、不安は大きかったですね。というのも、私の友人2人が、出産時と出産後に亡くなっているんです。バスケットボールの仲間でした。だから、とにかく怖くて、何かあっても安心な新生児集中治療室(NICU)がある大きな病院を選びました。

無事に子どもが生まれ、今はもう4歳になりました。

―――お子さんができたことで、ご自身に何か変わったことは?

どうでしょう? 役では、子どもができる前からお母さん役をやっていましたから、違和感はあまりない。ただ、子役との接し方など、細かい部分で、違ってきているのかな。

“お若い”のは小さい頃から

――堀内さんも40代後半になりましたが、変わらず若々しいですね。そう言われることが多いのでは?

読売新聞(ヨミドクター) 8/11(土) 7:11配信
堀内敬子さん(撮影・小倉和徳)

私は、小さいときから“お若い”んです(笑)。昔からずっと、実際の年齢より幼く見られることが多くて。

――では、若さを保つために努力するなんてことは、特にないんでしょうか。

いえいえ、それは……ありとあらゆることを(笑)。

でも、中心になるのは、やっぱり食べることと寝ることですね。野菜とたんぱく質を取るようにしていますが、糖質制限はしていません。控えめにすることはありますけど、糖質抜きにはしないようにしています。

あとは睡眠をとること。今は子どもと一緒に寝てしまうこともあって、そんな時は夜8時から朝7時まで寝てしまいます。だから、11時間。

あまりよく眠るので、「生涯の睡眠時間」を計算してみた!?

――そんなに眠れますか!?

 私は昔からよく寝るんです。あまりにも寝ている時間が長いので、その分、「自分はあまり生きていないんじゃないか」と考えて、実際に、生涯で自分が眠っている時間と、起きて活動している時間を計算してみたことがあるくらいです(笑)。活動した時間が短い分、年をとらないのかも……。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」の本番でぎっくり腰 それでも全うしたミュージカルの舞台

――これまで、大きな病気やケガをしたことは?

ケガで思い出せるのは、幼稚園の時に脚の骨にひびが入って、1か月間寝ていたことくらい。それ以降は、ほとんどケガらしいケガもなければ、病気もないんです。

ただ30代の頃に一度だけ、舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」の本番中にぎっくり腰になったことがあります。靴下をはけないくらい。それでも休めませんから、テーピングをして半月くらい、ミュージカルに出演し続けました。

よく似たわが子 「自分がやったことはやり返される」

――お子さんは4歳。いまは子育てで大忙しですね。

読売新聞(ヨミドクター) 8/11(土) 7:11配信
堀内敬子さん(撮影・小倉和徳)

走り出したら速いので、後を追いかけるのが大変です。追いつかないので、あきらめてしまいます(笑)。活発な子で、私に似たのかもしれません。夜も布団の上でハイテンションに動き回るのは、実は私がそうだったので、「やってきたことを、やり返されるんだなあ」と実感しています。

――お仕事との両立は大変ですか。

以前は、地方での仕事のときには子どもも連れて行って、現地の託児所にお願いしたこともあります。今は幼稚園に通っているので、送り迎えとお弁当作りが日課になりました。

大変だな、と思うのは、仕事と子育ての切り替えですね。仕事をしている時は仕事の方が楽な気がします。子育ては思い通りになりませんから。でも、家で子どもと一緒にいると、今度は仕事に行くのがとても大変に思えたり。

「ストイック」捨て、遠くを見つめる

――今は、連続ドラマにご出演中です。

テレビ朝日系の「ハゲタカ」というドラマで、私は渡部篤郎さんとの夫婦役。銀行や企業の買収劇といったストーリーの本筋からは少し離れた部分での出演なのですが、そこでは「家族の再生」も描かれています。私は、30代から50代までを演じます。

 以前は、仕事の前の日は全く外に出なかったりして、役作りにのめり込んでいました。ですけど、子育てがある今は、そんなストイックなやり方はできません。「思うようにできない」という気持ちも、正直あります。でも、子育ての経験は、きっと将来、役者としての糧になってくれるのではないか。そう思っています。

ほりうち・けいこ

 1971年、東京・府中市出身。高校卒業後の1990年、劇団四季の研究生に。95年には、オーディションで「美女と野獣」の初代ベル役に選ばれた。退団後は、「レ・ミゼラブル」「屋根の上のバイオリン弾き」などの舞台のほか、「THE 有頂天ホテル」などの映画や、「CHANGE」「サラリーマンNEO」「ショムニ2013」などのテレビ番組でも活躍。第33回菊田一夫演劇賞、第15回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。18年7月スタートのドラマ「ハゲタカ」(テレビ朝日系)に出演している。

読売新聞(ヨミドクター)

名無しさん
53分前
本当にお綺麗な方。
凛とした佇まい。って言葉がよく似合ってる女優さんですね。
出産年齢を聞いてビックリしました
お子様を授かったのもタイミングが良かったんでしょうね。
名無しさん
45分前
高齢での妊娠出産は大変だけど、子育ても大変。お金も体力も長期間いる。
名無しさん
8分前
名バイプレイヤーだと思います。ナイスバディで大人の女性の魅力がある。これからもいろんな作品で見たい女優さんです
名無しさん
17分前
好きな女優さんです
名無しさん
27分前
サラリーマンNEOで好きになりました。
名無しさん
36分前
昔から好きな女優さん。
名無しさん
3分前
想像してた以上に多才な方ですね。
今度バスケやってるところ見てみたいです。
名無しさん
47分前
若さを保つためにと聞かれるとなにも特にしていないですというタレントや女優が多い気がするけど、ありとあらゆることをしていると正直に話してくれたことになんかいい人だなと思った。
名無しさん
16分前
サラリーマンNEOでのコメディーも良かった。肌がとにかく綺麗で見とれる。
名無しさん
46分前
もう20年も昔のことですが、美女と野獣の舞台を観たことがあります
その後、あちこちで活躍されてたことは存じませんでしたね
役者さんの世界も活躍の場は、本当に広いですね
名無しさん
58分前
最高齢出産って何歳ぐらいだろう?
40代の芸能人女性ならまずニュースになるし。
名無しさん
11分前
某大学病院では
35歳以上の妊婦のカルテには
○の中に【高】って書かれた
判子が押されるそうです!
つまり35歳以上は
高齢出産になるから
注意が必要ってことですね。
名無しさん
2分前
高齢出産をした友達が2人亡くなったの?それともその子供?
記事をそのまま読めばご友人が亡くなったんでしょうけど、だからNICUのある病院を選んだって書いてあるから亡くなったのは赤ちゃん??と混乱した。。両方に危険は及ぶけれども母体よりは子供の危険の方が高いから、近い友人が2人も亡くなるってよっぽどですよね。。
名無しさん
36分前
サラリーマンNEOの印象が強いです。コメディ俳優さんかと思ってました。四季に居たなんて全然知らなかった。
名無しさん
52分前
ユーミンのコンサートにゲストで出たときありましたね。
名無しさん
15分前
寿命が伸びたように、出産出来る年齢も確実に上がっていると思う。
名無しさん
5分前
ピーエロピエロ、地獄のピエロ…
ハライチ岩井勇気原作のコントを奥菜恵さんと演じたピエロ役が忘れられない
名無しさん
3分前
単発でなく毎日できれば妊娠できる。魅力的な人なのでしょう。
名無しさん
54分前
四季に居たなんて全く知らなかった。ぽく無いし。「サラリーマンNEO」の一寸面倒くさいOLはぴったりでしたが。
名無しさん
37分前
最近40代になって出産多いね、けど若い人達は勘違いしないで適齢期で出産してほしいね。母子ともにリスクが高すぎる。
名無しさん
27分前
高齢出産は賛美すべきでは無い。第一母体が危険だし子供の奇形障害の確率は格段に高い。お金があれば、そりゃ可能かもしれないが一般家庭には負荷が大きすぎる。そもそも治療を受けて子供を、というのは生命体として不適格な者が無理やり産むって事で不自然な事だ。子のない夫婦は残念だけど、それが運命なんだよ。
名無しさん
22分前
劇団四季のご出身とは知りませんでした。
とてもお綺麗で声の通る女優さんだなと思っていて、気になる方の1人です。
名無しさん
46分前
ハゲタカに出演している人か!
名無しさん
20分前
「奇跡だ」は不妊治療の成果だけでなく、高年齢妊娠も指しているのだろう。
産む産まない女性の自由かもしれないが、産める産めないはそうでないことを読者は再認識すべきだ。
名無しさん
1時間前
こんな40代が周りにいたら嬉しいよね。
名無しさん
57分前
熟女好きにはたまらん色気
名無しさん
58分前
おめでとうございます。
本当に良かったね。
子育て周りにも手伝ってもらいながら
楽しんでください。
名無しさん
49分前
峯岸みなみがあと20年位経つとこうなるのかな?
名無しさん
52分前
タトゥー入れてる人ね。
名無しさん
16分前
可愛くて綺麗だから私もこんな40代になりたい。ガードル履いて垂れないようにしたり、プラセンタ取ったり、楽天で3千円で買った美顔器使ったり…私の中ではありとあらゆる事をしてるけど泣笑
名無しさん
13分前
絶対周りには居ないタイプです

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2018.10.27

駅弁ならぬ高速バスのお供「バス弁」 2018年は大物ルーキーも登場、定着なるか

由緒ある老舗料亭も参入!  2018年の春から秋にかけて、高速バスに乗車する旅客向けに、「駅弁」ならぬ「バス弁」の販売を始めた事業者が…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。