千原ジュニアさん「やりたいようにしたらいい」 引きこもり型は色々「プラスになることもある」

#withyou ~きみとともに~】
学校は地獄。でも、きっと別の居場所がどこかにあるはず……。千原ジュニアさん(44)は少年時代、そんな悩みを抱えていました。中2のときから部屋に鍵をかけて引きこもり、深夜、テレビでザーッと流れる砂嵐の画面を見て過ごしていたそうです。まさか将来、人を笑顔にする「芸人」という生き方を選び、テレビに出るなんて想像もできなかったといいます。(朝日新聞生活文化部記者・杢田光)

withnews 8/27(月) 14:00配信
千原ジュニアさん=大阪市北区の関西テレビ、バンリ撮影

全部読めなくてもいいです、これだけ覚えておいて

【千原ジュニアさんのメッセージ】
・やりたいようにしてたら、なんかあるよ
・おばあちゃんに言われた「みんなと違っていい」
・ひきこもってプラスになることもある

一番戻りたくない中学時代

 「どうしてみんなと同じ道を歩けないんだろう」。小さい頃からジュニアさんは、そう思っていたそうです。たとえば幼稚園のとき絵を描いたら、先生から「太陽はむらさき色じゃない」と怒られました。独自の感性が、周りになかなか分かってもらえませんでした。

――進学校の私立中学校に入り、自由のない空気が耐えられず、ついに引きこもるようになりました。

 一番戻りたくない時代ですかね。学校はなんか居心地が悪くて、居場所がないという感じでしたね。本読んだりテレビ見たりしながら、「この先どうしようかなぁ」みたいな感じでした。

<『みんなと一緒であるべき』とされているのが、僕は嫌で嫌でたまらなかった。『キレイに整列しろ』とか『ここに名前を書け』みたいな、そういうことのひとつひとつが僕にとっては何よりも苦痛でしたね――「西日の当たる教室で」(双葉社)より>

(自宅の)部屋の壁に、人が見ても理解できないような絵を描いたりもしていました。「富士山」とか「鳥」とか分かるような絵ではなかった。自分でもあまりどんな絵だったか覚えていませんけど。

支えになったおばあちゃんの言葉

記事を全て開く

――当時は何が心の支えでしたか?

うーん、支えはなんでしょう? 「まだ見ぬ世界」が支えでしたね。「居場所がどっかにあるはずや」みたいな感じでした。

おばあちゃんにも、だいぶ支えられたところがありましたね。支えになっている言葉は色々ありますけど、「みんなと違っていいんだよ」というようなことを色んな角度から言うてくれてたような気がします。

やりたいようにしてたら、なんかあるよ

――当時テレビで、登校拒否児について話す大人たちの言動をみて「ふざけんな」と感じたそうですね。

「大人が分かってやらないといけない」とか「子どもの目線に立って」とか。当事者からしたら、ちゃんちゃらおかしいと思いますよ。

――今は自分がテレビに出る側になりました。部屋でひとり悩んでいる子がいたら、どんな言葉をかけますか?

 「やりたいようにしたら」って。やりたいようにしてたら、なんかあるよってくらいですかね。

僕は実際こんな風に引きこもってたけど、僕みたいな引きこもり方してたのは僕だけやし、ほんまにそれぞれ違いますからね。色んな「引きこもり型」というか原因が色々あるでしょうからね。一概には言えないですね。

<ひきこもっていることで、プラスになることもあると思うんです。ひとりで部屋の中で『こんなことしたい』『あんなことしたい』と思いをめぐらせて、それをどう形にしたいのか考えていて、そんな経験をしたからこそ、今の僕があると思ってますから――「西日の当たる教室で」(双葉社)より>

「相方がいいひんから、お前来い」

――4歳年上の兄せいじさんの言葉がきっかけで、15歳のときに外に出れられるようになったそうですね。

せいじが先に吉本に入ってて、「相方がいいひんから、お前来い」って誘ってくれた。

――そして高校を中退して、急きょ笑いの世界に飛び込びました。それまで笑いとの接点はあったんですか?

テレビをつけて、やってたら見るくらいの感じで、好きでチャンネルを合わせたりはしなかったですね。

たとえば漫才ブームの頃なんかの漫才も、吉本に入った後、同期の人たちからビデオ借りて教えてもらったりしました。ダウンタウンさんの漫才とかも人にビデオ借りて見せてもらうくらいでしたから。見てたのは桂枝雀師匠の落語くらいです。

――せいじさんには小さい頃から鍛えられたそうですね。

小学4年生のとき、遠足に行って他校の子どもたちとケンカになったんです。その話を家に帰ってしたら、せいじが「めっちゃおもろいな、その話」と言ってくれて、そっから「今日こんなことあってん」としゃべるようになった。

日常的に、せいじが「オチあらへんがな」とか「その話、全然おもんない」とか「わかりにくいな」とか言ってくれて、そんなことが役立っているのかなと。その頃は2人でお笑いを目指してやってたわけでもなんでもないから、今思えばっていう感じですけど。

たくさん笑い声が聞ける、気持ちいい

――この世界に入った15歳の頃と比べて、笑いへの向き合い方は変わりましたか?

当時は何も分かってないから、お笑いの勉強してるっていう感じ。今は、ネタも「今まで自分が作ってきたものに勝てるかどうか」みたいな作り方になってきた。

当時はおもしろいネタを作って(披露する)個人の作品発表会という感じだったけど、今はバラエティーとかテレビとか、ディレクターから(放送)作家からカメラマンまで色んな人と一緒に一つのものをつくる共同作業も多いので、向き合い方は大きく違いますね。

――来年で「千原兄弟」の結成から30周年。やっててよかったと思う瞬間は?

やっぱりね。これだけたくさん笑い声が聞けるっちゅうのは単純にうれしいというか、気持ちいいです。

――今後の夢は?

4月に落語会を1人でやったんですけど、落語をコンスタントにやっていきたいと思っています。


ちはら・じゅにあ 1974年、京都府福知山市生まれ。兄のせいじさんと1989年にお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。2007年には、引きこもっていた少年時代について書いた自伝的小説「14歳」(講談社)を出版した。レギュラー番組は、関西テレビの「千原ジュニアの座王」(関西ローカルで毎週土曜深夜1時45分から放送、カンテレドーガ http://ktv-smart.jp で最新回無料配信中)など多数。


【#withyou ~きみとともに~】
withnewsでは、生きづらさを抱える10代に「ひとりじゃないよ」と伝えたいと思い、4月から企画「#withyou」を始めました。より日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけてツイッター(@withnewsjp)などで発信しています。8月は連日配信中です。みなさんの生きづらさも聞かせてください。

 

withnews

名無しさん
49分前
引きこもりからジュニアや中川翔子のように突出した何かがあって成功する人は全体の数パーセントしかいないだろうね。間違いなく一桁。
それなら無理やりでも抜け出すタイミングを回りが何とかしないといけないと思う。結局自分からはなかなか踏み出せない、長引けば長引くほど。
名無しさん
38分前
ほんとにそうですね。万分の1もない奇跡の成功例を聞いても
何の役にも立たない。宝くじ買って当たれば解決するよ、と
アドバイスするようなものだ。
名無しさん
32分前
自分は高校時代とフリーター辞めて就職後の2回引きこもった。
高校のときはせめて高校ぐらいでないと…となんとか自分を奮い立たせ、
就職後はこれ以上親に迷惑かけるわけには…と将来の不安や申し訳無さでなんとか立ち直った。
そして、ヒッキー時代支えてくれた母が先日ガンで亡くなった。空いた時間に介護は率先してやっていたが、とても受けた恩を返しきれたとは思えないのがとても心残りだ
名無しさん
31分前
でも無理やり引き出したらいけませんよ。取り返しのつかない結果になる。とても危険です。
名無しさん
31分前
コメ主さんの言うとおり、ジュニアなど昔引きこもってた経験のある人が世に出る…なんてのは希少なこと。まだ若いからと、現実離れしたことに酔ってはいけない。
自分自身も学校が死ぬほど嫌やったし(虐められたことはないけど、プライドが肥大しきったクラスメイトと全く合わず、何もかも隠蔽・パワハラ三昧の教師たちも死ぬほど嫌いやった)、いつでも退学してやると思いつつ通学してた。(毎日緊張性の下痢が続いて苦しかった)ただ、プライドがあったので(周りに負けたくなかった)その一心で卒業。あのとき頑張って行ったから、社会の理不尽大会にも耐えられてるし、学校より会社(社会)のほうが楽しい。
でも、どうしようもなく耐えられない子もいる。その時は、「いつか自分の力で世に出てやる」という気概を持って、家で勉学に励んだり何かを懸命に学んでほしい。何もせず引きこもってたら、社会性ゼロになって生きにくくなる。
名無しさん
29分前
そうそう。抜け出して成功した人は偉そうに言うけど
引きこもりから出れなかったり
そのうち親の介護が降りかかってきて、本当に身動きできなくなる
そして死を選ぶとうい決断になる。
名無しさん
29分前
別に大成功を目指さなくても良いだろ?
「普通」に迎合しなくていいから、やりたい事を形にする手段を考えろってのが要点なわけで。
自分にできる事を、どうにか食っていけるくらいまで叩き上げさえすれば、それで十分だ。
名無しさん
28分前
しょこたんもジュニアもある程度な高齢まで引きこもってたわけじゃなく若いうちだからね。才能も手に職もない高齢引きこもりが社会問題になっていてそーゆー人間は可能性ってものは残酷だがほぼないのが現実。
名無しさん
28分前
ちょくちょく高校は休んでたけど、2学期にインフルエンザとマイコプラズマが連続して1ヶ月家で過ごしたことをきっかけに、3学期不登校になった。
1ヶ月ぐらい家で映画みたりゲームしたりしてるうちにデブになってって顔も変わり、妹からは恥ずかしいなんて言われるほど僕は落ちた
後に僕が不登校から抜け出すんだけど、そのきっかけは自分の好きなこと、熱中できることを見つけれたから..
はじめはダイエットのつもりでジムに入会したんだけど、思考錯誤してやってくうちにマッチョになった。高重量のウェイトの上げ下げを繰り返してると自分に自信が持てるようになった。(俗に言う根拠のない自信)
ビビビッと突如くる直感を大事にして、決断し、行動すること(自分の直感に従うこと)。
高校3年間での不登校総期間4ヶ月と少し色々なことを学びました
その学びの意欲を今は受験勉強に当てています。もちろんジムにも継続的に通いながら
コメントを全て開く
名無しさん
26分前
世間の親、誰もが考えることを
代弁したようなご意見と思います。
息子や娘をただただ信じて
自発的に活動するのを待つというのが
一番難しいことかもしれません。
名無しさん
25分前
そんな悲観することでもないと思うけど
現代は選択肢がたくさんあるし、自分なりに動いてれば何か見つかるのでは
大人もそうだけど、「こうでなくてはならない。こうしないと生きられない」と思い込んでる人が多すぎ
ひと昔前なら確かに難しい面もあったが、今は個人でも活動しやすくなってるし
みんな同じようで、そういう選択肢や生き方でも情報格差がついてる時代です
名無しさん
19分前
ひきこもってない人でもジュニアさんやしょこたんのような成功を掴めるのは一桁でしょ。
普通に本人の心が幸福感を感じられる生き方ができるようになればいい。他人から見た成功や社会的地位とは関係なく。
名無しさん
19分前
【写真】竹野内豊風 千原ジュニア
名無しさん
19分前
アホヒトリ
まさにその通りだと思います
今の時代自分一人質素に暮らすくらいなら、誰でも自分自身の力で稼げる
普通を目指すから苦しくなるのであって、そういう意味での選択肢は広がっていることを認識できれば、楽になる人もいるのではないでしょうか
名無しさん
18分前
突出した何かを持っていなければ無理やり抜け出させなくてはいけないなんておかしい。その時にその子が将来どうなるかなんて誰にも分らないでしょう。
無理やり学校に行かせることで新学期に自殺したりする子だっているよ。時間がかかってもいいから自分の意思で外へ出ようと思うまで待ってあげないと。
名無しさん
17分前
中川翔子とかジュニアとかの話は、「引きこもりだからって、必ずしもそのまま終わるわけじゃない」という実例として価値がある。
必ずしも全員そうなれるわけじゃないというのは当たり前だけど、それをいったら引きこもりじゃなくたって、全員が全員、社会的に成功できるわけじゃない。
別に社会的に大成功しなくても、こういう話に背中を押されて、とりあえず一歩外に出てみる、ということはあり得るのでは?
ただ、周りからの働き掛けが重要、というのは同意。
ジュニアもせいじのおかげで引きこもりから脱出できたわけだし、本人の力だけで抜け出せる人は、たぶん少数派だと思う。
名無しさん
17分前
なんで立て続けにこんな記事が出てきたのかと思ったら、
間もなく新学期なんだね
名無しさん
16分前
大学のころ引き篭もりそうになったけど、本当にダメになりそうだったので一人キャンプに出掛けてアウトドアで一人籠ってた。
でもおかげで自炊や段取りを自分でするうちに、色んなことを勉強できた。
芸能人みたいに偉くはなれてないけど、一応人並みに社会人になれたとは思う。
名無しさん
12分前
最近の殺人事件の犯人は無職ばかりでしたよね。テレビを見る限りでは以前から逮捕される人たちはみな無職=ひきこもり=ニートなわけですし、いろいろ考えるとやはりひきこもりはひきこもらせておいたほうがいいと思う。
社会にでて働けって言うけどああいう人たちはそもそもコミュニケーションもとれず作業を行う能力もない場合が多い。何か言ってキレられて刃物でも振り回されたら困る。ならば自宅で管理されていたほうがかえって社会貢献になるのでは。
名無しさん
11分前
不登校なら、そりゃ親も心配するだろうけれど、
不登校の子供が集まるところなら行けるとか、
他の場所なら出かけられる、
他の人とコミュニケーションがとれるなど、
ならまだしも、
本当にずっと部屋から出てこない引きこもりは、
親も本当に心配するのではないだろうか。
名無しさん
10分前
他人事だったらやりたいようにさせればいいって言えるけど
自分の親族が引きこもりだったら心配するしなんとかしてあげたいと思うもんじゃないの?
そりゃ引きこもりでも成功した人いるだろうけど、多数は失敗(引き込まらない方がよかった)してるだろうし
名無しさん
10分前
>ひと昔前なら確かに難しい面もあったが、今は個人でも活動しやすくなってるし
>今の時代自分一人質素に暮らすくらいなら、誰でも自分自身の力で稼げる
どうなんですかね。
昔の商店街なんて今でいう発達障害の連中が信じられないような態度で接客したりしてましたし、中小零細の企業なんかも無茶苦茶な連中が普通に働いてたりしましたし。
今だったら全国ニュースになるようなことやらかしても、内々で済ませて注意もなく終わったりするルーズさもあったりしましたし。
名無しさん
9分前
階段理論と呼んでるんだけど、一歩ずつ上がっていく(復帰していく)と良いと思うよ
1 毎日風呂に入る
2 外に出れる服を毎日着る
3 毎日1度は外に出る
4 コンビ二や飲食店で店員と会話する
5 ボランティアに参加する
6 短時間バイトを始めてみる
7 フルタイムでバイトする
8 派遣社員で働く
9 正社員登用してもらう
10 条件のいい会社に転職する。又は独立起業する。
地下深くの穴に落っこちた引き篭もりが、
階段や梯子を使わずに地上に出てくるなんて無理
名無しさん
55分前
学生とか20歳前後の若い人ならそれでもいいと思うけど、
最近は40歳過ぎたおっさんになってもそのまま引きこもり続けてる輩もかなり増えてて、この辺は親が亡くなった時非常に危険な存在になる。
名無しさん
51分前
記事と全然関係のない内容話して楽しい?
名無しさん
50分前
引きこもりになる原因のほとんどは、自己肯定感の欠如だからね。だから他人と関係を持ちたくなくなる。
記事ではお兄さんの存在が大きかったように書いてる。
こういう信頼できる人がいない限り、改善は難しいだろう。
名無しさん
49分前
ヤフコメで匿名で偉そうに講釈垂れる輩の方がひきこもりの数倍危険な存在になりそうだわww
名無しさん
43分前
ロスジェネにありがち。
名無しさん
43分前
うちの弟がまさにそれ。頭も胃が痛い問題ですよね。
名無しさん
42分前
生存者バイアスだな
名無しさん
42分前
過去のニュースコメントから想像するに、
ヤフコメはいじめには非常に厳しく、引きこもりにも優しく無い。
つまり元いじめられっ子は多いが今現在は立ち直って引きこもりにはならなかったのかな?
その割にはコメント数の多さからして、ひきこもってそうだけどな。
このコメ主もコメント数が1000超えだぜ?
引きこもりにも優しくなってやれよ。
いじめられっ子と引きこもりは同じ種族だと思うぜ。
名無しさん
36分前
危険な存在って
貧民にとって危険な存在なのか?
貧民は恐怖に慄いて居るのか?(わら
名無しさん
35分前
コメ主もその1人だろ?
名無しさん
32分前
>つまり元いじめられっ子は多いが今現在は立ち直って引きこもりにはならなかったのかな?
引きこもりになる人って
意外なことに、学生時代は「イケてた人」が多い。
幼少時から過保護に大切に育てられ
小学校から成績優秀で、地元トップの進学校に進み
、有名大学に進学し順風万端なコースにも関わらず、大人になって引きこもるパターンがある。
そういう人の特徴は、子供の頃から上手く行き過ぎてて挫折や失敗を経験してなかった。
そのため、挫折や失敗に対する免疫がなく、挫折からの立ち直り方を経験値として学んでない
そんな子が、社会に荒波にもまれ、経験した事がない上司の叱責だったり、仕事の失敗、成績が伸び悩む挫折に遭遇すると
自分ではどうしていいか分からないパニック状態となってしまい、結果的にひきこもるというパターン。
このことからも
子どもの時に、ちゃんと挫折や失敗を経験しておくことが大切。
名無しさん
29分前
所得が少ないのも引きこもりも同じ穴の狢で、部屋から出るか出ないかな違い
エネルギーを溜め込んで後年覚醒する奴と、引きこもりもりじゃないから大丈夫と楽観的な低所得者
前者は可能性があるけど、後者は現時点で死んでるようなもんで
名無しさん
29分前
>この辺は親が亡くなった時非常に危険な存在になる。
よほど親が金持ちなら、その財産食いつぶして勝手に死んでくれればいいけど、金がなくなると犯罪するしかなくなるからね。
どうせ年金なんかも払ってないだろうからさ。
安い労働力として中国に売ればいいんじゃね?
名無しさん
27分前
生活保護受給しなければオッサンの引きこもりも自由。
名無しさん
21分前
皆、自分が勝ち組目線で話しててウケるw
名無しさん
19分前
>自分が勝ち組目線で話してて
今の日本で、「40歳ひきこもりニート財産なし男性」より負け組な人って、あんまりいないような気がしますけど?
名無しさん
16分前
親が金持ち?
なら引きこもり、やりたいようにできないの?
厳しいのは、親がそれほど稼ぎなくて
且つ守りの姿勢、過保護でいることだと思う。
それでいて子も行動範囲が限られている。
そのまま年を取っていく
名無しさん
16分前
タイミング的に、子供期にひきこもり発症するか大人になってからか、どちらなのかが明暗分けそう
子供なら支援も厚く世間の温情もあり社会復帰はそんな難しくない。だが二十歳超えてから例えばパワハラ等で引きこもりになっちまうと後が大変
学校や仕事辞めて回復に努めてもいざ社会復帰しようってときには空白期間が数年以上ある場合が殆ど。というのも精神障害は世間どころか親族の理解を得る事さえ未だ容易ではなく周囲の理解や協力が得られにくい。それもあってか回復が難しい。そして数年以上空白あると余程のエリート以外社会復帰不可能
受け入れてくれる企業は総じてブラック。生活が成り立たぬ非正規低賃金か健康維持できぬ重労働かその両方か
それで長期化する。面接で空白を厳しく罵られせっかく寛解した精神障害が再発しちまう人も多いとか
深刻な問題。挫折や休養にもっと寛容な社会ならひきこもりの増加長期化高齢化、防げたのでは
名無しさん
16分前
ネット配信者見てれば 引きこもりの実体がなんとなくわかる。野田草履なんて10年引きこもりそこから配信を初め、 ネットで知り合った人のツテで街頭演説で仕事は害悪でしかないと唱え周りから非難されて維新の会から追放された実績がある。
名無しさん
6分前
30過ぎて引きなんて、もう何もかも終わらせた方がいいよね。
名無しさん
54分前
親としては、我が子が不登校になったらすごく悩む。
死ぬくらい生きたくない、居場所がない学校なら行かせない。
しかし、ものすごく成長する時期でもある。引きこもりにならないように、一緒に前に進める道を模索することが大切と思う。
市の教育委員会に相談したら、親身になって話を聞いてくれ、受け入れてくれる教育機関や様々な進路を教えてくれる。
同じ境遇、立場、思いの人とつながり、一緒に考えたり、アドバイスもらったり、傷を癒したり。そのつながりを見守ってくれる人もいる。
不登校になってもいい。しかし、引きこもりになってはいけない。
その子なりに成長できる機会を一緒に作っていくことが大切。(自分はそうだった)
名無しさん
27分前
ちょくちょく高校は休んでたけど、2学期にインフルエンザとマイコプラズマが連続して1ヶ月家で過ごしたことをきっかけに、3学期不登校になった。
1ヶ月ぐらい家で映画みたりゲームしたりしてるうちにデブになってって顔も変わり、妹からは恥ずかしいなんて言われるほど僕は落ちた
後に僕が不登校から抜け出すんだけど、そのきっかけは自分の好きなこと、熱中できることを見つけれたから..
はじめはダイエットのつもりでジムに入会したんだけど、思考錯誤してやってくうちにマッチョになった。高重量のウェイトの上げ下げを繰り返してると自分に自信が持てるようになった。(俗に言う根拠のない自信)
ビビビッと突如くる直感を大事にして、決断し、行動すること(自分の直感に従うこと)。
高校3年間での不登校総期間4ヶ月と少し色々なことを学びました
その学びの意欲を今は受験勉強に当てています。もちろんジムにも継続的に通いながら
名無しさん
26分前
学校に行かない、集団から離れるって選択がイコール引きこもりではないからね。そこは大人がネガティブになり勘違いしてはならないし、子供に対して自分に合った社会を探す自助努力を促すのが責務かと思う。
昔、村上龍が【良い高校に行く、良い大学卒し良い会社に入るのが成功って時代は終わる。ファーブルが昆虫ばかり追いかけたように、エジソンが発明に明け暮れたように夢中になれるものを見つけ邁進出来るのが成功者だ】って言ってたけど、世間体に囚われず、それを自覚するべきは子供ではなく親世代かも知れない。
名無しさん
23分前
子供がいじめられても、どんなに嫌がっても、血反吐をはいても、将来のことを考えたら学校は休まず行ってほしい。
周りのサポートなんて、みんな仕事だから手順通り作業してるだけ。頼ってると子供の根本的な精神力が衰える。
子供を鍛えられるのは子供自身しかない。不登校それ自体が逃げ。情けない。
名無しさん
7分前
いじめられて自殺するくらいなら無理していかなくていい。
会社が沢山あるように、学校も一つではない。
大人がブラック企業から転職するように、子どもだって転校していい。
子どもの現状を理解し、居場所を探すのが親の仕事。
信頼関係を築ける親子関係があり、尊敬できる親であれば、
子どもは決して引きこもらない。
名無しさん
49分前
せいじって、あまり好きじゃないけど、
あのメンタルの強さと、物怖じせず人の気持ちもよく考えずグイグイ引っ張っていく強さ
あれは真似できない。
身近にはいて欲しくないけど、救われる人もいるんだろうね、ジュニアみたいに。
名無しさん
43分前
松嶋尚美さんがオセロを解散した後もいろんな方が声をかけにくい中、せいじさんはいつもと変わらず話しかけ『解散聞いたで』と躊躇なく言ったという。はたから見れば空気が読めないとか失礼とか思われるんでしょうが松嶋さんはそれが嬉しかったと言っていた。
名無しさん
41分前
お兄ちゃんの器と愛情が大きかったと思います。
名無しさん
27分前
兄弟ともになんか変や。
名無しさん
24分前
ジュニアはお兄ちゃんに、一生頭が上がらないと思う。
名無しさん
17分前
でもやっぱりせいじは見たくないタレントのトップクラス
名無しさん
15分前
ジュニアが「せいじ、嫌いやわ~」って言ってるの、ちょいちょいTVでみるけど。「お兄ちゃん、好きやわ~」にしか聞こえないw
名無しさん
8分前
せいじが居なかったら、ジュニアは間違いなく社会生活を送れてないからな。
名無しさん
54分前
なった人にしかわからないもんですね。
名無しさん
59分前
家に居づらいケースもあると思うので、
フリースクールのような、学校や家以外の居場所を
充実させてほしい。
名無しさん
42分前
資格取得を専門にやってくれるとこがあったらいいのに。
名無しさん
36分前
フリースクール自体はもう30年ぐらい前からあるので。
どこかに居場所を~っていうのもそれこそ昭和の頃からあるが、その手の考え方が解決に繋がっているかというと…。
正直、そもそも別に居場所なんていらないし、他者と関わること自体が好きじゃないという自閉傾向の強い子が不登校児には結構いると思うんですよね。
ただ、その人達がメディア通して発言するような立場になることはないので声が社会に反映されることはなく、フリースクール系の人たちがメディアには「不登校の代表者ヅラ」して出てくるので、延々とその人たちが好む同じようなことをするだけで、声を挙げないタイプの不登校児は放置されたままというのが現実かと。
名無しさん
2時間前
私も成人してから2年ぐらい引きこもりになった。だから心境は理解できる。できれば学校に通った方がいい。でも引きこもりの時期があってもいいし、その時期を与えるのも許してもいい。無理に復学させるのはいかがなものか。
名無しさん
50分前
40、50で引きこもってたらヤバイけどな
おまけに自分は精神病だと開き直って親のスネかじりまくる輩な
名無しさん
39分前
2年で済んで良かったね。
名無しさん
27分前
中年引きこもりの人は無理に復学させようとされたから長引いているケースが多いのでは。無理やり引きずって行くのは大変危険である。それでも老年期が近づき生活が出来なくなる前には本音で話した方がいい。
名無しさん
43分前
残念な兄って言われいるけどせいじさんがジュニアさんをお笑いに引きずりこんだから救われた。
テレビ見ていても、外国でも物怖じしないし、デリカシーない残念なお兄さんだけどあの社交能力は凄い。
名無しさん
36分前
たまにせいじが総理だったらと思うことがある。ダメか。
名無しさん
16分前
せいじは最も見たくないタレントの一人
名無しさん
12分前
せいじは、一般企業で営業マンだったらトップセールスマンになれるタイプですね。
名無しさん
54分前
マッチョな思考で極右な兄と、繊細な弟。見た目も似てないし、対称的な兄弟だな。
名無しさん
23分前
千原兄弟は過大評価されとるなぁ・・・
せいじは大きな声でがなり立てるだけで、会話の駆け引きの妙が全くない。(弟に随分個性的な兄貴と褒めてもらってるが)
ジュニアはジュニアで凄い笑いの才能を持ってるのに、この数年は笑いから離れ、完全タレント化。紳助になりたい感じがビンビン伝わってくる。(そういう玉やないのに)
本業は「笑い」なんやから、もう一回コント作りまくってツアーしてくれよ。
と、このニュースとは関係ない事書いてもうたけど、本業に勤しんでるジュニアやったら、もっともっと説得力があった。(最近はタレントボケして、言葉に強さやキレがない)
名無しさん
19分前
見た目が似てないのは弟はバイク事故起こして顔を手術したから。
名無しさん
15分前
せいじの過大評価は全くそのとおり
名無しさん
1時間前
お兄様がいてこそのジュニアさん。お兄様の方が言葉知っててオモロイと思う。
名無しさん
49分前
残念な兄には感謝してもし切れないね。
個人的には兄の方が無茶苦茶だけど人間味を感じる。
名無しさん
39分前
色んな人がいていろんな考え方があるから
本人次第でいろいろ変わるでしょ
若い内なら死にたくなるほど辛いなら逃げればいいと思う
ただ何かに頑張ることができるれば
理解を示してくれる人もそこそこいるよ
名無しさん
16分前
うちの弟も
急に不登校になった。
いじめられてるわけじゃなかったみたいだから
尚更理由もわかんなかった。
名無しさん
34分前
ちょっとコワいタイプかと思ってたら、こんなところがあったのだね。
名無しさん
38分前
経験者の意見は大事だと思う
名無しさん
54分前
なんとか周りについていこうとここまで来たけど、やたら刷り込みが強くて、自己肯定感低くなりました。どの道も自己責任だけど、引きこもる時期があってもいいと思う。ただ、外にしかない面白いこともあるんだよね。
名無しさん
3分前
義務教育中の不登校生徒は放課後に登校させ数時間活動させる、送迎は親で不登校生徒指導者(心理学等の知識のある人)がいてくれたら良いと思います。通うだけの訓練は必要!
会社なら嫌なら辞めれる。義務教育中はなかなか変更は難しい。
経験者しかわからない。不登校生徒がどんな気持ちだか。
引きこもりにならないためにも、数時間だけ通う努力を親子でしてもらいたい。
引きこもりが長引かないよう、きっかけを作れる子供と、その力も出ない子供といます。きっかけをつくせるべき言葉や態度を身近な人が回りと協力しあい頑張って欲しい。
不登校生徒さん、死なないで。とりあえず学校行かなくてもいいから、社会に出て自分が困らないよう知識をつけて、自分が困れば回りも困る。義務教育終われば自ら行動し自由に生きていけるから。
不登校生徒を持つ親御さん、子供を焦らせないで様子を見てあげて下さい。放置はしないで下さい。
名無しさん
51分前
そこから有名人になって普通に凄いと思う
名無しさん
38分前
不登校になったらガンガン転校すればいい。
大人は会社が嫌ならすぐ転職するし、
子供も同じでいい。
名無しさん
7分前
正直、凄惨なイジメとかなにかその学校に行きたくない理由がない限り転校しないだろうと思う。
・・・大人は会社が嫌ならすぐ転職・・・社会が成り立ちませんね
名無しさん
52分前
義務教育=学校に通う
ではないですね、将来を必要な事を習得出来れば構わないですよね。
名無しさん
24分前
どこかのしょうもない批評家が言う事より、実際に経験してたジュニアのいう事の方が、ずっと説得力があるな。
名無しさん
7分前
いや、説得力は無いでしょ。
経験してはいたけど、そこから抜け出したのは兄貴の力なんだし。
名無しさん
9分前
高校時代は登校拒否に近い状況でした。
振り返るともっと早く極真空手をやれば良かった?
生きてこそ何で 無理に学校行く必要なし
引きこもりは勿体ないので
バイトなり 留学なり 芸術 スポーツで 居場所を探してね。
名無しさん
26分前
せいじは昔悪かったな
名無しさん
10分前
千原兄に感謝だね。
名無しさん
17分前
引きこもりじゃなかったよ、確か。学生時代元気で明るく目立ってた。目立ちたがり屋で周りを笑わせてたよ。せっかく活躍してるし、応援もしてるけど学校のこと悪く言うのやめてほしい。校風も公立に比べたらかなり自由な学校。田舎の進学校だけどみんな好きにさせてもらってたと思う。学校のこと大好きな同級生もたくさんいるし。いつまでもネタにしてほしくないな。
名無しさん
2分前
ひきこもってプラスになることもある=マイナスになる人が大多数
奇跡的確率の成功者の言葉を真に受けて安易にひきこもるなら、それを覚悟しとかないと。
名無しさん
37分前
せいじって偉大やと思うで。好き嫌いはあるかもやけど。
名無しさん
38分前
自分も学生時代は奇妙な人物画ばかり描いていているのが噂になって友人も離れて行ったし、親からもそんな絵を描くのはやめなさいと言われたことがある。なので同じく学生時代は良い思い出が少ない。
名無しさん
44分前
ジュニアは何とかなったから言える話で、引きこもりって家族の協力というか支えがないとできないことだと思う。
引きこもる=食事も好きなこともできる。
でも引きこもれない家もあると思う。外のほうがマシとか、家出したり。
生涯の職はコレ!と決めた人は15くらいからそこに向かって良いと思うが、私の相方はそれで中卒なんだけどその年齢に応じたことをやってきてないからお金は稼げても多少ズレてる。
学校が無理でもフリースクールや定時制など何か興味のあるネットワークに参加するのも意味があると思う。勉強は自分でできても、結局人は人でしか磨かれない。
名無しさん
10分前
若い頃大病が二回もあったので、なんとなく不登校とか、引きこもりの気持ちはわかります。行きたいのに行けなかったし。
ただ、病気ではなくて、引きこもるなら、18歳までで、あとは自分で生きる気持ちを持たないと、まずいよね。50歳で引きこもりの可能性は、やばい。
「生きるか死ぬか」ぐらい辛いなら、学校に行かなくても、全然いいと思うけど、自分で勉強するべき。学力の遅れは、将来を左右しかねない。
しかし、時間はあっという間にたってしまう。引きこもりの間を無駄にしない時間にするなら、人生の糧にもなると思う。
名無しさん
37分前
千原お兄ちゃんのイメージがアップした。
名無しさん
14分前
ばあちゃんもそうだけど、兄せいじの存在も大きかったよね。
名無しさん
49分前
最近、この手のコメントをよく目にする。政府の引きこもり支援と連動しているのかな?
過去の引きこもりを語れるのはほんの一握りの人にすぎない。
根本原因を解消する方法も考えてほしい
名無しさん
39分前
経験談としては。
最大のデメリットとして「逃げ癖」が付いてしまうから気をつけて!
学校へ行く、受験に受かる成功体験も自信になるけど。
学校を辞める、家に籠り続けるのも1つの成功体験になってしまう。
辛くても辞められる。
如何にして辞めるかを直ぐに思い付ける。
と言う心理がいの一番に過る。
それは復帰してもずっと消えない。
1度は脇道にそれてしまうけど。
いつかは引きこもらなかった彼らと同じ道を歩くときが来る。
そんな時に彼らに遜色無い強いメンタルを持つ為に、引きこもっている間も。
何でも良いから独自の小さな成功体験を得て
自信を付ける習慣は身に付けよう!
外で会える日を楽しみにしてるぜ!
名無しさん
18分前
月並みな意見だけど、昔は兄弟の数が多く子供部屋があっても共有が普通だった。またコミュニティー全体の子供の数も今よりずっと多く、自然とコミュニケーション能力が身につく環境が有ったと思う。今は核家族化し兄弟や子供の数も減り、子供部屋の個室化も珍しくなくなった。時代の流れとは言え昔の環境に戻ることは出来ない以上、周囲のアプローチも、引きこもりには必要なのではないか?少しづつでも人と接する機会を増やして行く事で、新しい生き方を見出す事もあると思うのだが。
名無しさん
たった今
「この人が特別なだけ」とか「自分なんか」とすぐに結論を出そうとするんじゃなくって、ひょっとしたらその特別な人が自分かもしれないし、自分も気付いていないメチャクチャすごい才能があるかもしれない。
後ろを向かず、前を見てみてもいいかも。
名無しさん
36分前
肉親も含め、周りの環境がやっぱり
すごく大切だと思う。
(こればっかりは本人は選べないし)
また自分から様々な出会いをたくさん求め続けることも大切なことなんでしょうねー。
名無しさん
53分前
せいじが優等生タイプのしっかりした人間やったらジュニアは出てこれなかったかも。
わけわからんせいじなのがよかったのかもね
名無しさん
30分前
上手く引きこもりから脱出して社会で活躍出来た人の話なんて、当事者には響かない。実際は、学校もスクールカウンセラーも、心療内科、市の窓口、どこも連携されてなくて。動いても動いても、脱出口は見つからなかった。結局本人が、小さな目標を見つけて、親が付きっ切りで、見守る事しか出来なかった。高校は出席日数も関係するし、格差社会で、レールから外れる怖さも本人が自覚してる分、プレッシャーになってる。
名無しさん
9分前
子供のひきこもりより大人のひきこもりの方が比べられないほど
問題化している。
名無しさん
30分前
著名人による、なんとかなるなるは本当に無責任。
結局、自殺か事件を起こしてしまう。
社会や家庭を見直さないと、いつか巻き込まれる。
名無しさん
14分前
いや
なんとかなると言い続けてもらうことは大事
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気記事

ピックアップ記事

2018.6.25

探偵!ナイトスクープ、涙の「神回」舞台裏 奈文研を動かしたレイテ島からの手紙 プロには出せない素人力

 「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送テレビ)は、関西人にはおなじみの人気番組です。視聴者からの素朴な依頼を、タレントの探偵たちが大真面目に調…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。