さくらももこさんの人生 仕事、家族、郷土愛、飲尿健康法他

ちびまる子ちゃん』の作者である、漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんのため亡くなった。享年53。40代半ばでがん発覚後、治療を続けながらも仕事のペースは落ちなかった。

NEWS ポストセブン 8/31(金) 7:00配信
さくらさんは健康に気を使っていたという(アニメ『ちびまる子ちゃん』HPより)

 さくらさんは1965年、主人公・まる子と同じく静岡県清水市に生まれた。中学生の頃から少女漫画雑誌に作品を投稿。当時は正統派の恋愛漫画を描いていたが、賞には縁がなかった。

「高校2年生の時に、学校で行われた作文のテストで95点の高得点をとり、先生から“エッセー調の文体が高校生とは思えない”と大絶賛され、“現代の清少納言”と評されました」(さくらさんの知人)

 静岡県の短大に進学。在学中の1984年、漫画雑誌『りぼんオリジナル』にて『教えてやるんだ ありがたく思え!』でデビュー。1986年に短大卒業後、上京して出版社に就職するも、漫画1本に集中するため、2か月で会社を辞めた。3か月後には『りぼん』で『ちびまる子ちゃん』の連載が始まった。

 1989年、当時の編集担当者Aさんと結婚し、1994年に長男が誕生。その時の喜びや子供の成長をさくらさんは、『赤ちゃん日記』(小学館)で、こう表現した。

《おひさまもこいのぼりも みんなあなたが すこやかに成長することを祈っています》

 しかし、幸せな生活は長くは続かなかった。Aさんが結婚後、出版社を退社し、さくらさんの個人事務所『さくらプロダクション』の代表に就任すると、夫婦にすきま風が吹き始め、1997年の秋にふたりは別居、翌年離婚した。4才になった長男の親権はAさんが持つことで合意したが、育てあげたのはさくらさんだった。

 シングルマザーとして子育てに励んでいた中、2002年にさくらさんは、長男と共著で絵本『おばけの手』(幻冬舎刊)を出版した。

「まとまりのないストーリーですが、それが子供らしい発想だと話題を呼びました。長男のペンネームはさくらめろんといいますが、その理由は甘いメロンが好きだからだそうです」(出版関係者)

 その翌年、さくらさんはイラストレーターのうんのさしみ氏と結婚。再婚のきっかけとなったのは、長男だった。

「再婚する前に、息子さんが彼に“お父さんになって”とお願いしたそう。さくらさんは息子さんにどう言おうか悩んでいたそうですが、あっさり打ち解けたので驚いたそうです」(前出・知人)

 それから数年後、病魔がさくらさんを襲う。乳がん専門医で医療法人社団進興会理事長・森山紀之さんが言う。

「乳がんはステージ1で治療開始できれば10年生存率は9割を超える。しかし、末期のステージ4なら生存率20~25%。つまり4人のうち3人は10年生きられない。乳がんが厄介なのは、転移しやすいこと。とくにリンパ節、肺、骨、脳などに転移しやすく、抗がん剤による治療は長引くほどに患者の心身に大きな負担となります」

◆愛する地元に恩返しがしたい

記事を全て開く

 さくらさんはプライベートな情報を明かさない作家としても知られていた。

「“普通に買い物に行ったり旅行に行きたいから”との理由でした。息子さんにも、小学生になるまで、自分がさくらももこだということは内緒にしていたそうです。まだ53才という若さだったことを今回初めて知った人も多いのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 さくらさんは、人一倍、健康に気を使っていた。20代後半の時は「飲尿健康法」を実践。始める前は、腰が痛かったというが、いつの間にか痛みは消え、肩もこらなくなったという。

 ほかにも、毎日25錠のサプリメントをのんだり、ビタミン補給のためミキサーを使わないで、おろし金ですりおろしたにんじん・りんごジュースを飲んだ。寝る時は血行をよくする備長炭入りのマットを使用していたこともある。

「“好きな仕事を続けるためには、いいと思ったことをやって健康でいなくちゃね”とよく話していたんですが…。そのさくらさんが乳がんに侵されてしまったとはなんともいえません」(前出・知人)

 闘病を始めた頃から郷土への思いを強くしていた。2007年度から、地元静岡市に「静岡市はいいねぇ。」をキャッチコピーに、さくらさん自身をモチーフにした女の子を描いたオリジナルイラストを提供。職員の名刺やバッグなどに絵を提供したほか、JR静岡駅にはイラストが描かれたフラッグが並び、街を走るバスや母子手帳にもイラストを提供した。

 今年8月7日には、『ちびまる子ちゃん』のイラストが入った下水道用マンホール2枚を市に寄贈していた。

「これは昨年、さくらさんが“静岡にもかわいいちびまる子ちゃんのマンホールを”と市側に提案して実現しました。今思えば、命があるうちに“愛する地元へ恩返ししたい”という思いがあったのかもしれません」(前出・出版関係者)

 さくらさんが歩んだ人生は、決して色あせない。

※女性セブン2018年9月13日号

NEWS ポストセブン

名無しさん
1時間前
長男の親権は前夫?知らなかった。
名無しさん
16分前
安定した収入のある母親が親権を取れない。
どういうことかわかるかな?
名無しさん
1時間前
健康を気遣ってる人が
病気になるって
ツライ。。。
名無しさん
1時間前
祖父は酒呑み&ヘビースモーカーだったけど病気知らずで91歳まで生きましたが、お酒もタバコもやらず人一倍健康に気を使っていた父は70歳で肝臓がんで亡くなりました。結局は体質なのかと虚しくなりました。
名無しさん
49分前
健康に気を遣っていたから53歳まで生きられたのか間違った健康法だったのかどっちなんだろう。
名無しさん
47分前
この人は喫煙歴長かったらしいから
名無しさん
41分前
がん・糖尿病・高血圧・脳梗塞・心筋梗塞などの成人病(今は生活習慣病って言うんだっけ)は、なんだかんだで体質・遺伝の影響が一番といいますからね。
保険に加入する際にも、家族の病歴とかも聞かれますしね。
体質・遺伝の一言で片付けちゃうと元も子もないから、そういったことはテレビなどではタブー視されてきましたが、最近はネットを介して遺伝の影響力が認知されてきましたよね。
でも、体質・遺伝と言っても、本人比で病になる可能性は少し下げることはできると思うので、そんなもんだと割り切って努力をすることは無駄ではないかと思います。
名無しさん
36分前
この健康法間違ってるから、健康的な生活ではなかったね。
サプリ25錠に頼るより普段の食生活から栄養素を採るべきだし
野菜をスムージーにするのは体を冷やす。
普通に煮物や温野菜で食べたほうが良かった。
名無しさん
22分前
さくらさんは健康マニアなのに重度のヘビースモーカーと聞いたことがあります
名無しさん
6分前
健康に気遣ってる人の方が大病したりする気がする
名無しさん
6分前
確率だからねえ。
コメントを全て開く
名無しさん
2分前
サプリの過剰摂取は、下手な飲酒喫煙より内臓に負担掛けるからね。
物書きにありがちなストレスや運動不足も、健康を害す原因になったのかも知れない。
名無しさん
1時間前
色々苦労して経験してたんだなぁ。。
名無しさん
9分前
インニョウハート
名無しさん
56分前
逸見正孝も毎年検査を受けたりして健康には人一倍気を使っていたが、あの若さで亡くなった。
何にもやってない人が、80や90まで生きていたりする。
人生なんてそんなもんなのか。
名無しさん
1時間前
飲尿健康法はエッセイで読んだ当時、マジ衝撃的だった。
名無しさん
30分前
描写が凄くリアルで、本当にびっくりしました!
名無しさん
15分前
飲尿は自由にしたらいいけど健康になるわけじゃないからなぁ。
ただのしょんべん飲みの変態さんになるだけ。
名無しさん
11分前
排泄物は飲んじゃダメでしょ。結果ガンになったんじゃないの
名無しさん
10分前
その後のエッセイで「味が不味いから止めた」と言ってました。
名無しさん
5分前
末期ガンでも絶対にやらない
名無しさん
59分前
うちの父も飲尿やってたけど胆管がんになったよ。癌にはあんまり意味ないのかもね
民間療法とかやる人って西洋医学嫌いな人多いから、そういうので治療が遅れたってこともあるかもね。
名無しさん
33分前
プライベートな情報を明かさない作家
として知られていたのなら
そっとして欲しいと思います。
亡くなってからも、天国で、そう願っているはずです。
名無しさん
1時間前
日曜日のまるちゃんをみたら泣けてしまうだろう。
おどるポンポコリンは自分にとって初めてのCDでした。
名無しさん
36分前
ちびまるこちゃんの大ヒットで地位も名誉も手に入れても、私生活では色々あったんだなと思う。
仕事もプライベートも順風満帆でいく人ってあまりいないのかも。それにしても平均寿命から考えても亡くなるのが早すぎる。
名無しさん
1時間前
みーやんは元気なんだろうか
名無しさん
35分前
ごめん、夫婦にもいろいろあるんだろうけど、
母親が育ててるのに親権だけ奪う父親ってなに!?と思ってしまった。
名無しさん
1時間前
アニメのちびまる子ちゃんが一時期放送がストップしていた時期があるが、その理由は当時の夫が放送局に高額の原作料を要求したためである。離婚して作品のマネジメント権を取り返したさくらさんによって再び放送が始まった。
名無しさん
58分前
ネタ切れになって続けられなくなった。
かと言って他の人に脚本書かせるのが嫌で終わらせた。
結局、さくら側にお金払って脚本は別の人に任せることになって再開、と見た。
どちらが本当かは分からん。
名無しさん
41分前
↑違うと思うよ。
世間ではちびまる子はネタ切れかとか色々勝手言われてたけど実はネタは3年先までちゃんと表にしてあったと後のエッセイでネタ切れの噂をきっぱり否定してた。
みーやんとは険悪な感じで別れてるしコメ主さんの言うことが真実っぽい。
名無しさん
9分前
夜逃げ同然で別れましたもんね。
エッセイでは「相手のあることだから」と理由は伏せてあったけど、水面下でじっくり計画を進めて友達や会社の人に協力してもらって逃げたと書かれていたので、主さんの意見が合っていそう。
名無しさん
1時間前
エッセイでタバコをかなり吸うけど、健康には気を使ってるみたいなことを書いてたな。民間療法についても結構書いてた気がする。どんなに健康に気を配っても病気にはなってしまうよね。
名無しさん
1時間前
健康に気を使ってるのに
タバコ吸うって、矛盾してない?
名無しさん
1時間前
タバコをかなり吸う時点で健康に気を使ってるとは言えないよね。
名無しさん
47分前
たしかに矛盾してますね。エッセイを読んだだけですが、良くも悪くも自分を貫く人だったのでしょうね。
名無しさん
21分前
さくらさんは健康マニアなのに重度のヘビースモーカーと聞いたことがあります
名無しさん
1時間前
ズバリさくらさんは立派なのでしょう。
名無しさん
1時間前
ウダダ~♪ウダダ~♪
名無しさん
20分前
ちびまるこちゃんとお父さんは心配性は
りぼんの二大変態漫画だった
後者の方がよりハードコアだったが(笑)
共作は正に神回で笑い転げたな
名無しさん
8分前
そうだ!共作あった。笑い転げたよ。さくらももこ、あーみん、みーやん、仲良さそうだったのに、夫みーやんとは残念だったね。
名無しさん
37分前
自分が亡くなった後の記事の見出しで、人生や郷土愛など壮大な単語につづき飲尿という文字が並んでいるなんて、、笑っているさくら先生の姿が目に浮かぶ
名無しさん
33分前
飲酒、喫煙、不摂生しまくりなのにとても長生きな人がいる。
とても健康に気を遣い、いろいろな努力をしている人が病気になる。
もちろん、大勢の中の極端な人が目に留まっただけで、不摂生が祟ってしまう人がいれば、健康に気を使い長生きする人もいる。
でも、いろいろ我慢して自分に義務を課してストレス貯めるより、何も気にせずあっけらかんとしているほうが体にはいいのかも。
語弊があるかもしれないが、病は気からというのはあながち間違っていないと思う。
名無しさん
3分前
ちびまるちゃん、最近は見てなかったです。
西城秀樹さんが歌ってる頃までは見てました。さくらももこさんは、図書館で、見つけて見てました。まるちゃんは、私に、似てます。性格まで、そっくりです。作品は顔に線が出るのは面白かった。天国で漫画かき続けてください。ありがとう。バイバイ。
名無しさん
16分前
お金は腐るほどあったんだから、
乳ガンが発覚した時点で
治療に100%専念していたら、又違った結果に
なったのにね、
甘くみたのかな?
一般人なら仮に乳ガンが見つかったら
お金、時間、とか、
治療よりまずだい一歩から厳しいんですが
でもお金持ち=長生き、健康
貧乏、金、なし=病気、短命、
でも、ないのが微々たるもんやね
名無しさん
19分前
離婚の原因は元夫がビートルズファンで、ビートルズグッズ買いあさって散財したからと聞いたことがある
名無しさん
4分前
飲尿健康法なんてやってたのは驚き。
あれは科学的根拠がないからすぐに廃れたのに。
名無しさん
16分前
お金は腐るほどあったんだから、
乳ガンが発覚した時点で
治療に100%専念していたら、又違った結果に
なったのにね、
甘くみたのかな?
一般人なら仮に乳ガンが見つかったら
お金、時間、とか、
治療よりまずだい一歩から厳しいんですが
でもお金持ち=長生き、健康
貧乏、金、なし=病気、短命、
でも、ないのが微々たるもんやね
名無しさん
25分前
さくらさんの作品、大好きです。今朝も子供とちびまるこちゃんを観ています。
サプリメントは沢山摂取すると逆に身体にはよくないと聞いた気がします。漫画家さんなので運動などはあまりする時間がなかったのかと察しますが、、、
やはり基本は運動、睡眠、食事だと思うので、不規則な生活の漫画家さんはやはり身体が悪くなりやすいと思うのです。締め切りに追われて心身ともに疲弊することはざらでしょうし。昔、漫画家のアシスタントをしていた知り合いがいて、話を聞いて大変な職業だな、、と感じました。
さくらさんの作品は永遠に残ります。ステキな作品を生み出してくださり、ありがとうございました!
名無しさん
9分前
なにかの本に書いてあったけどヘビースモーカーだから人一倍健康には気を使っているっていうのが面白かった
名無しさん
1分前
健康オタクだったのにヘビースモーカーだったんですね、、、
名無しさん
1時間前
昔単行本や初期のエッセイを読んでいました。
若くして成功し、短くとも良い人生だったのではないでしょうか。
名無しさん
37分前
私が死んでも数年ごとに”さくらももこ追悼フェア””さくらももこ没後◯年フェア”をやればさくらプロは私が死んでも安泰!だから、うちに入社してくださいと賀来千香子のお兄ちゃんに対してさくらプロ入社をくどく話おもしろくて笑ったけど現実になってしまったなんて本当に悲しい
名無しさん
23分前
もっともっと作品を見たかったなぁ…が本音です
名無しさん
1時間前
マンガやエッセイをメディアで取り上げるのは嬉しいけど体調不良のことなどは控えてあげてほしい。
まる子ちゃんをこれ以上病気のイメージにしないで。
名無しさん
1時間前
ちびまる子ちゃんランドに、行って記帳して来た、サザエさんのような美術館かと思っていたが思いのほかとても癒されて良き昭和の時代が再現されていてとても良かった、又機会があれば行きたいと思う。
名無しさん
33分前
最初の結婚相手の担当編集者の事を物凄く絶賛して素晴らしい人だと言っていた。結婚するまでのいきさつを本に書いてそれがNHKで実写ドラマ化されて担当編集者の役は渡辺撤だった。
名無しさん
1時間前
飲尿についてはもう10年以上前にやめられたと著書にありましたが、未だにこうして書かれるんですね・・・。
ヘビースモーカーだからこそ、健康でいたいとのことで沢山の健康法を試されていた方でした。
名無しさん
41分前
高校時代の話は当時の先生の先生から「こんな生徒でした」って聞きたかった。
その方がもっとさくら先生を知れた気がする。
名無しさん
13分前
『りぼん』でオリジナルを読んだ世代です。
涙あり、笑いあり、ほんわかした絵のタッチと相まって、老若男女に愛される作品となったのは納得です。アニメ版は、テーマソングと共に一人歩きしてしまった感もあるけれど。
現代の清少納言と言われた理由も分かる気がします。
名無しさん
1時間前
作品は生き続けるよ。
大成功の人生だ、間違いない。
名無しさん
1時間前
この人のエッセイで『新幹線のアイスクリームは異常に固い』ってのを知った。
名無しさん
1時間前
まだショックを引きずってます。
名無しさん
1時間前
昭和の香りがする方がどんどん亡くなっていくなぁ…
さびしいな。
名無しさん
50分前
健康に気を使ってる人ほど病気になりやすくて、それほど気にしない人の方が、病気にならない、って感じがするな…。
名無しさん
15分前
ご冥福を祈ります。
名無しさん
53分前
エスパルスの石毛秀樹は、さくらももこさんの清水西高の後輩だそうだが、さくらももこさんが行っていた頃の清水西高って、女子高だよね?
名無しさん
21分前
2005年から共学になりましたよ
名無しさん
2分前
飲尿健康法だか何だか知らんが、タバコ吸ってたら台無しじゃねーか
名無しさん
8分前
転移がある病気だけに、仕事を休んで治療に専念して欲しかったですね…
名無しさん
31分前
>飲尿健康法
一時テレビや雑誌などで流行っていると取り上げられていましたよね。(周りでやっている人はいませんでした)
今もやっている人はいるのでしょうか?
名無しさん
2分前
飲尿は不味くて止めた、特にあさイチのが不味い、と言ってたのは笑えました。
アニメのまるちゃんは、かなりホンワカイメージですが、デビュー作とか、あーみんとの共作とかはもう少しブラックな感じで、リアル世代の私はそっちの方がツボでした。
サザエさんと並んで放映されて、日本を代表するマンガになりましたね。安らかに。
名無しさん
10分前
うんのさしみさんと再婚されていたとは存じませんでした。
名無しさん
20分前
友達も、最近調子悪くて〜と
軽い気持ちで病院行ったら
ステージ4の末期乳がんだった。
すでに全身に転移していて手の施しようがなく
あがく暇もなく亡くなった。
あれ以来、貧乳の私は乳がんにならない!
という、根拠ない自信は捨て
検診を受けている。
名無しさん
44分前
あんまり健康に気を使いすぎることの方が不健康なのかもねぇ…
名無しさん
6分前
毎日25錠の薬って…エビオスみたいのならいいけど。健康オタクがやっちゃう間違いじゃん。
名無しさん
3分前
え?尿を飲むんですか??イメージ的にあまり健康とは縁が無さそうなんですけど……。
名無しさん
6分前
オシッコ飲んでた情報はいらんわ!
名無しさん
2時間前
苦労してきた人生だったんですね…
名無しさん
1時間前
飲尿??それは嫌だー。
名無しさん
1時間前
尿って老廃物じゃないの??
ないわ〜。
名無しさん
1時間前
健康のためなら、死ねるって人がいたな。気を使いすぎるのもストレスになるから、ほどほどになのかな。
名無しさん
8分前
飲尿はやめといた方がいい。病気になるよ
名無しさん
24分前
お金がたくさんあっても癌は治らないのか、、、。
名無しさん
17分前
掛かり付けのお医者さんとか居なかったのか?
名無しさん
9分前
集英社にいた元旦那さんは出版社辞めて、さくらさんと離婚した後さくらさんのプロダクションも辞めたのかな、その後どうしたのだろう。
名無しさん
1時間前
飲尿健康法って本当!?
「尿を飲む人格に病気が逃げる」だよなぁ〜
名無しさん
1時間前
なんか宗教じみてる。そもそも身体に不要だから排出されているものを飲むって自然の摂理に反してるよねぇ
名無しさん
1時間前
健康に気を使っている人ほど大病を患うことが多い。知らず知らずのうちにストレスを溜め込むんだろう。
名無しさん
2時間前
飲尿健康法は触れなくて良いだろ。
名無しさん
1時間前
オシッコ飲むなんて汚い
名無しさん
1時間前
飲尿って、、
名無しさん
34分前
飲尿健康法ってなんだ??
名無しさん
1分前
知らんがな
いつまで死んだ人のニュースしてんだ
せめて生きてる奴にしてくれ
過去には戻れない
過ぎた事は忘れろ
名無しさん
6分前
飲尿なんてするから
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気記事

ピックアップ記事

2018.9.27

藤田ニコル、“おバカ”から“おとな”へ…こじるりと双璧なす“全方位”需要

 テレビで見かけるようになった3年ほど前は、原宿系の“奇抜キャラ”だった藤田ニコル。かつては、そのファッションセンスや“にこるんビーム”のあ…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。