(でも食べたい…)登録栄養士が「食べないでくれ!」と願う食材9選。特に8番目がショックです

「え?これってダメなの?」、と思われる食品をここに集めてみました。今回は、好評いただいた『栄養士たちが意外にも、「不健康」と主張する9つの食品』Part 1に続く第2弾となります。

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
9 Surprisingly Unhealthy Foods

※本記事は、食品に関する造詣の深いジャーナリスト、コリーン・デ・ベルフォン氏と、クリスシー・ブランディ氏による取材をもとに構成された記事です。

 この第2弾も前回と同様、登録栄養士や有識者6名に取材し、不健康な食品を紹介していただきました。

スーパーマーケットの「健康食品」の棚を埋める商品の中には、実はジャンクフードを偽装したものも少なくありません。このことは、食にうるさい人にとっては周知の事実となっているでしょう。まるで健康食品であるかのような顔をしながら、実はどちらかと言えば…懸念点ばかりが浮かぶ食品も数多く存在しているのです。

そこには砂糖や添加物がたっぷりだったり…と。これらは、旨み成分を人の手によって加えた商品も多いので、ついつい手を出してしまいがちになるのです。そこが難しいところ…。ですが、「どの程度悪いのか?」を認識したうえで食べているのと認識しないまま食べるているのでは、実際の健康の状態には雲泥の差がそのうち生じることでしょう。

ちなみにここで取材している「登録栄養士」という名称は、日本ではあまり聞かない資格かと思います。これはアメリカ・カナダにある専門資格で、体を健康に保つための食事と栄養の活用法を専門的に学んだ医療専門家であり、登録栄養士としての仕事は主に、医療チームとして患者さんの栄養状態を改善する手助けをすることになるわけです。

そんな賢者たちが述べている、食品に関しての事柄です。ぜひ今後の食生活への改善のためにも、こちらを役立てください。

今回、栄養士たちへの取材によってリスト化した、9種類の「不健康な食品」をご覧ください。ただし、アメリカのスーパーマーケットに並ぶ食品からの指摘になります。

【1】ペットボトル or 缶入りのコーヒーや紅茶

記事を全て開く

 非常に便利だということは理解できますが、ペットボトル入りのドリンクのほどんどには…または缶入りのコーヒーや紅茶のほとんどには、大量の糖分が含まれています。

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【1】ペットボトル or 缶入りのコーヒーや紅茶

「意識せぬうちにカロリーと糖分の過剰摂取になってしまうので、私は買わないようにしています」と首を振るのは、ニューヨークを拠点に食事に関する栄養相談を提供する『BZニュートリション』の経営者でもあるブリジット・ゼイトリン先生です。

ゼイトリン先生は、米国シカゴ・ロヨラ大学にて栄養士認定資格を取得し、リーハイ大学で学士号を取得。R.Dつまり登録栄養士の資格も持っています。

そして最後に、「出かける前に自宅で淹れたコーヒーに氷を加え、水筒やタンブラーで持ち歩くほうがはるかに健康的ですよ」とアドバイスをしてくれました。

【2】低カロリーマヨネーズ

 確かに低カロリーマヨには、普通のマヨネーズの半分ほどのカロリーや脂肪分しか含まれていません。

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【2】低カロリーマヨネーズ

しかし、ほかの低カロリー・低脂肪食品と同じく、カットされた分の脂肪分は砂糖やその他の添加物で埋め合わされている場合が多いのです。

「適量の健康的な脂肪分を食事の際に摂ることで、例えばビタミンA、D、E、Kなどの栄養を吸収しやすくなるという利点があるので、低脂肪が必ずしも良いとは言えないのです」と指摘するのは、『アンチエイジングのためのヒーリング・スーパーフード(Healing Superfoods for Anti-Aging)』の著者であるカレン・アンセル先生。

アンセル先生はニューヨーク大学で臨床栄養学の修士号を取得し、R.Dつまり登録栄養士の資格も取得しています。現在、全米で栄養コンサルタントやジャーナリストとして活躍している女性です。

【3】無脂肪チーズ

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【3】無脂肪チーズ

「ほとんどの無脂肪のチーズは、まるでゴムみたいな食感です」と言うのは、ダイエットやウェルネスに関して配信しているサイト「BetterThanDieting.com」のクリエーターであり、『食べる前にコレを読め(Read it Before You Eat It)』の著者、そしてR.Dつまり登録栄養士の資格も持つボニー・タウブ=ディクス先生です。

「口の中で溶けませんし、あのクリーミーな食感など全く期待できません」と…。もし、それでもチーズが食べたいというのなら、代わりにフルーツや全粒粉のクラッカーを併せて食べることをおすすめします。

【4】ダイエット・ソーダ類

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【4】ダイエット・ソーダ類

 もちろん、カロリーや糖分を控えようとするのなら、ダイエットソーダ類は良いのかもしれません。しかし、「ゼロカロリーだからと言って、体への影響がゼロである訳ではありません」と説明するのは、ダイエットや健康に良い影響を与える食品を科学的に説明するサイト「80 Twenty Nutrition」を運営するクリスティー・ブリセット先生です。

ブリセット先生はトロント大学の医学部で栄養科学の修士号を取得し、登録栄養士の資格をもっています。

砂糖の代替物である合成甘味料は、腫脹やガスの原因になりえますし、ダイエットソーダを飲むことで過食が進み、それによって体重増加が引き起こされるという研究結果もあるので…。

さらには、骨粗しょう症のリスクを高めるのみならず、糖尿病の原因となる可能性も指摘されていますので。

【5】アサイー

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【5】アサイー

「アサイーと聞けば、『健康にいいに決まってる』と思いますよね。体に悪いわけがないち…。でも実際のところは、デザートのような気持ちで食べるべきかも知れません」、そう話すのはカレン・アンセル先生です。

グラノーラやナッツ類、ココナッツ、適量をはるかに超えるフルーツなど、割と重めの食材と組み合わされることが多いかと思います。それよりも、脂肪分の低いギリシャヨーグルトやカッテージチーズを、お好みのフルーツとひとさじ分のクルミなどと合わせて食べるほうが健康的です。

【6】プロテイン・バー

 あらゆる種類の加工食品と同じく、プロテインバーにも(ビーツやブラウンライス、サトウキビからできた糖蜜など)さまざまな糖質、そして(パーム油、ひまわり油などの)過剰な脂質…それから合成着色料や香料が含まれていると見て間違いないでしょう。

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【6】プロテイン・バー

さらに合成甘味料であるスクラロース、食物繊維を添加するチコリ根などは、体内でガスを発生させる作用もあります。

「プロテインバーが健康的な食事の代わりになるとは、私には全く思えないのです。何グラムのプロテインや繊維が入っていようと、すぐに空腹になってしまいますし…」と説明するのは、ニューヨーク大学の臨床栄養学科の修士号を取得した、登録栄養士のジェス・コーディング先生です。

もしワークアウト後のプロテイン・バーが習慣となっている方に対しても忠告してくれました。「よくわからないものは手に取らず、明確に食材を明記した「クリーンラベル」(シンプルで分かりやすい表示)のものをセレクトしましょう」と登録栄養士のブリセット先生はすすめています。

【7】プロテイン・クッキー

 プロテイン・クッキーと聞けば、健康的なイメージを抱く方もいるかも知れません。が、ビタミンやプロテインを添加した普通の焼き菓子に過ぎません。

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【7】プロテイン・クッキー

NYで食事に関する正しい栄養の知識を提供しているニューヨーク・ニュートリション・グループのCEOで、臨床栄養学の学士号と登録栄養士の資格を持つリサ・モスコヴィッツ先生によれば、「もしクッキーを食べたいのであれば、本物のクッキーを週2度などと決めて食べる方が良いようです。日々の食事からより多くのプロテインを摂りたいということであれば、ヨーグルト、卵、ナッツ類、豆類、魚類やチキンなど、自然なタンパク質を多く含む食材を取り入れることが先決です」とのことです。

【8】グラノーラ

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【8】グラノーラ

 ストアで売っているグラノーラは、カロリー、脂肪分、糖分の塊です。「総合栄養食としても一般に評価されているグラノーラですが、選ぶ際には成分表示をよく確認してから買うようにしてください」と、注意を促すのはリンジー・パイン先生です。

パイン先生は、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の栄養科学の修士号を取得する登録栄養士です。「メーカーによっては、1カップあたり600キロカロリーという商品もあるのです」とのこと。

そんなパイン先生がすすめるのは、1カップあたり150キロカロリー以下のもの。1/4カップあたり砂糖6グラム、脂肪分2グラム程度のものだそうです。

【9】トッピング用ホイップ・クリーム

エスクァイア 9/15(土) 6:10配信
【9】トッピング用ホイップ・クリーム

 ホイップクリームに何が含まれているかご存知でしょうか? 栄養士なら鳥肌モノの成分です。高果糖のコーンスターチ、硬化油(水素添加油)、それから合成香料などなどが詰まっていますから…。

「かなり恐ろしい内容ですよね。もし必要なら、合成されたものではなく、本物のホイップクリームを使うべきです」と説明するのは、登録栄養士の資格を持つリンジー・パイン先生。

また、「本物のホイップクリームだとしても、小さじ1~2杯分ほどに留めておくのが賢明でしょう。『ベリーやパイの上にのせたい』と言うのなら、代わりにギリシャヨーグルトを添えてみてはいかがでしょうか。

エスクァイア

名無しさん
2時間前
そんなに悪いモノが何で売っているの?
各企業やメーカーにも栄養士や食品に
関するプロが居て、開発なりした結果の
商品化じゃないの?
商品化されてから買うな…ってね。
そこまで言うなら、各メーカーに言って
販売阻止して欲しいね。
名無しさん
2時間前
何で売るのか?
国が禁止してないからです。
各メーカーに言ったって国がOK出してるんだから。
売る側は利益重視で消費者の健康なんか考えません。
トランス脂肪酸がいい例です。
名無しさん
1時間前
売ってますよ〜
自衛するしかないです
何から何まで気にしてたら食べるものが無くなりますから、添加物だらけのものを、せめて避ける
なるべくスーパーで売ってるレベルの加工品を使わない、国産野菜を使うこと、を心がける
名無しさん
1時間前
ロクに摂取基準や該当する法律も知らない、調べようともしないのに、
「トランス脂肪酸ガー」「添加物ガー」って喚く人が多いね。
名無しさん
57分前
企業が儲かるからです
経験があると思いますが、甘い食べ物等は一度食べるとまた食べたくなります、つまり依存性があるのです。
企業は消費者に繰り返し買ってもらい恒常的な利益を得る為に、この様な商品を出します。
誰がそれで得するのか考えてみるとそういった思惑に陥らずに済みますよ
名無しさん
16分前
1はわかるけど、
他は日本のスーパーで売ってなくね?
名無しさん
13分前
売れることが一番の目的だから、そこに繋がらないようなことはしないでしょう。
名無しさん
1時間前
食べ過ぎに気を付ける程度だよ。カロリーと日頃の運動との兼ね合いで充分。そんなに目くじらたてなくてもいい。手軽に摂取して楽して食事で利用しているだから。
名無しさん
2時間前
朝食に納豆としらすおろしと玄米ごはんが一番
名無しさん
23分前
「健康にいいものなんだ!」とそれしか食べない人とかに、「やめた方がいいよ」という理由になるってだけで。食べれば必ず体に害が出るから禁止ってものではないかと。グラノーラも低脂肪マヨネーズもカロリーゼロの清涼飲料水も、書かれている内容に驚きはないしショックもない。
ウチのじぃさん、「年よりこそ肉を食べた方がいいってテレビでやってた!毎日300g食べるといいらしい!」と毎日のようにウインナーを1袋ずつ食べるてるけど、そういう人に「ウインナーは塩分も添加物も多いからやめた方がいい」って言うのと同じノリでは。。。
コメントを全て開く
名無しさん
58分前
チーズについては栄養士さんに意見聞いてるのに好みの話になってるんだが
名無しさん
9分前
このシリーズで毎回思うけど、全部食べる必要がないものだよね。
生の野菜やお肉を自分で調理して食べてるし、お菓子やジュースも取らないけど特に不便はない
名無しさん
3分前
この記事が出たあとは、特定のヨーグルトの売上げが伸びたかもね。
紹介されていた食品は、いま米国で流行っているのかな。
米国の食事って、単品とか大雑把なイメージ。
健康そうな名前の商品を、「みんなが買っていて、健康そうなので、たくさん食べても安心」とどんどん食べているのかな。
日本も「低脂肪」商品がたくさん販売されていますよね。
名無しさん
1時間前
3と7以外は口にしたことがあるけど、日常的に摂取してる日本人は少ないんじゃない?
名無しさん
9分前
アサイーに至っては説明ゼロ
デスクワークで身体動かしてないのに、しっかり目の晩御飯を毎日取るよりは、プロテインバーとサプリメントで済ました方が健康的だと思うがな
名無しさん
22分前
タイトルおかしい。全てのアイテムを「食べないでくれ」なんて言ってない。食べ方に注意が必要だといっている。こういうキャッチーな情報が間違った常識を作ってしまっているとだと気がつくべきだ。つまり指摘されているのは、記者自身だ。
名無しさん
36分前
自分も最近までは勘違いしていました。
そして、気にすることはカロリーよりも成分ですね。
名無しさん
31分前
根拠をちゃんと書いてほしい。
名無しさん
2時間前
いつもだけど、この記事、日本人に関係なくね?
名無しさん
58分前
ペットボトルはゴミの問題もあるから購入しないようにしています。
電力節約のためにもなるし、ペットボトルや缶コーヒーの自販機を無くしていきたい。
また、ペットボトルの緑茶には、色が変わらないように有毒な成分が含まれてるいるとの事です。
日本は大企業に甘いから、気をつけて購入しましょう。
名無しさん
21分前
アメリカの製品と日本の製品は同列には語れないと思う。
英語の記事を訳したものは日本在住の人には参考にならないよ。
アメリカのペットボトルの飲み物なんて、日本のものと比べ物にならないぐらい甘ったるいし、グラノーラ系も同様。
砂糖の使い方がバカじゃね?って思うほど大量なんだよね。一人前も多いし、日本の栄養士さんの記事だけ見た方がいいと思う。
タイトルだけではどこの記事なのか分からないのがちょっと不便だね。
名無しさん
16分前
この手の情報って結局過剰摂取しなければいいと思ってる。情報ばっかにとらわれたくないから食べたい時には食べます。これもダメあれもダメとかの人生いや。
名無しさん
50分前
とある栄養士のブログも何がいいだの、悪いだの書いてありますよね。
名無しさん
たった今
便利で売れているものが実は危ないと書くと注目される法則、日本でもあるよね。
名無しさん
7分前
栄養士なんか持ってこなくても、普通の人なら成分表見たら健康にいいわけじゃないってわかるよ
むしろこの頃は糖質とるな塩分とるなって念仏みたいに繰り返す連中がいて、それに踊らされた人間が糖質不足・ナトリウム不足になる方が心配だわ
名無しさん
1時間前
アメリカの話であって、日本には全く関係なかった。
名無しさん
2分前
日本のペットボトルのお茶には砂糖は入ってないし、ゴムみたいなチーズもない。
アサイーやグラノーラはアメリカ人が限度を超えた尋常じゃない量を食べた場合の話であってもはやイチャモン。
こういうのを公開するから摂食障害の人が増えるんじゃ?
名無しさん
1時間前
プロテインバー言われてもなぁ
欧米か!
名無しさん
15分前
衝撃的!スーパーで何を買えばいいのか?
食べ放題の店行けば、あの手の生クリーム置いてあるし、たしかに8番、グラノーラは
栄養価の高い食品だと思ってたけど、ダメなんだ
名無しさん
13分前
日本の食品について、日本の栄養士が判定した話をしてくれる?
名無しさん
11分前
買ったコーヒー紅茶は糖分やカロリーの観点でNGで、なぜ自宅で作ったコーヒーはOKなのか理解できない。何が違う?
名無しさん
57分前
なんかひどい記事だな。専門家が無脂肪チーズを「食べないでくれ」という理由が、食感って。
名無しさん
1時間前
健康を気遣うストレスで寿命が縮んじゃうわ。
名無しさん
50分前
アサイーダメな理由が書いて無いんだけど。
名無しさん
32分前
アサイーなんで駄目なの?
シャーガス病になるから?
名無しさん
16分前
このての、食品がらみの翻訳記事。
次からはもう読まないことにする。
名無しさん
59分前
無脂肪チーズの理由が、食感がゴムみたいって、、。
名無しさん
11分前
悪いわけがないち…
名無しさん
54分前
何か、この手の記事読んでると食べる物がなくなっていく…。
名無しさん
9分前
無脂肪チーズだけ、食感の好き嫌いだけで語られててかわいそう。
名無しさん
40分前
もう俺くらいの年になると手遅れやな。今さらって感じ。このまま気にせずガンガン食ってやる。\(^_^)/
名無しさん
1時間前
こういった記事をFacebook等で紹介して大げさに不安を煽るオバサンもいるんですよ。ホント迷惑です。
名無しさん
2時間前
あ、今タコス作って細切りプロセスチーズを存分に振りかけて食べたわ。本当のチーズを普段は使うけど、細切りプロセスチーズ楽でついつい使っちゃう。あと、身体に悪いと分かっててもトッピング用生クリームもたまに。
全てパーフェクトにはいかないなぁ。
名無しさん
13分前
記事にもあるけどアメリカのものでの話だから、同じ商品でも日本のだとかなり違うしあまりあてにならんねこれ
別に日本のなら安全というつもりはない、ここにでてなくて日本ので危ないものも沢山あるし
名無しさん
19分前
夕方、繋ぎとして上記の様なバーやクッキーを食べてしまいます。ドラッグストアやコンビニで手軽に売ってるから。
普通のお菓子よりもつい補助食品的な唄い文句があるのを買ってしまう。
名無しさん
24分前
元々縁のないものばっか
名無しさん
11分前
無脂肪チーズだけチーズとして美味しくないしか理由が無いんだが。栄養関係ない(笑)
気になるのは添加物が体に良くないという前提が入っていること。量の概念を無視した添加物忌避はもはや宗教と変わらんな。
名無しさん
1時間前
アメリカでは半端ない量を食べる人たちが多いので、『これらの食品は(いつものように大量に)食べないように!』と意味合いが強いと思われます。なんでも適量であれば、そんなに心配することはありません。
名無しさん
52分前
この記事ではアサイーの何が悪いかわからん
組み合わせに気をつけろならアサイーは悪くないじゃん
名無しさん
24分前
要するに「糖分取るな」て話じゃん。
下らん。
名無しさん
14分前
ほとんど食べないものだから安心した。
結局は脂肪と糖分、合成物には気をつけなさいって事だよね。
名無しさん
3分前
何にも喰ねー
名無しさん
59分前
どれも食ってねぇー
名無しさん
2時間前
できたら日本の栄養士さんたちに日本人がよく食べる物での記事にしてほしい。多分どれも欧米人のように頻繁には飲み食べしないだろうって物ばかり。
名無しさん
20分前
健康体と肥満体の日に食べたカロリーを計算するとよくわかる。
菓子パン(メロンパン等)は400kcalほどあるし、ポテチや袋詰めのチョコ菓子も400〜500kcalほどある。
朝食に菓子パン2個、3時のおやつにチョコ菓子、晩飯後のポテチとビール。
これだけで1〜2食分も余計にカロリーを摂取しちゃってる。
典型的なデブみたいに、お菓子を食い漁ってないよって思うかもだけど、運動してないとこれだけで充分に肥満になっちゃうから気をつけな。
名無しさん
2時間前
で?
何を飲み食いすりゃいいんだ
名無しさん
50分前
日本の調査じゃないのもあるから、添加物や栄養成分量が違うと思う。
それに、完全自給自足生活でもしない限り添加物は生活に関わってくる。食中毒から守り、食品を安全においしく販売するのに必要ですし。
何を食べるにも偏らず程々にしてれば大丈夫。
どんなにいいものだって大量摂取を続ければ体を壊すし。
常軌を逸脱したありえない程の添加物を摂取しない限りは普通に生きていける。
名無しさん
29分前
昔、爺ちゃんが言っていた。
何でも適度に食べなさい。
そして旬のものを食しなさい。
そして自分で作った野菜は旨い!(農薬を殆ど使わない)
良いと思っている野菜だって相当の農薬を使っているからね。
人体に影響無いと言われては居ますが…
私が言いたいのは、どの食材を手にしても今の時代どれも見えないドクロマークは付いているって事よ。
だからそんなの気にしていたら死んじまう。
名無しさん
37分前
高カロリーなのと
補助食品機能の話だろ。エネルギーコントロールしていて更に食べられてしまうと栄養士側からするとバランスがわからなくなるって内容だろうね
これ英訳してる?たぶん、ニュアンス差異を誤訳?ニュアンスまで完璧には訳しきれないだろうけど、してるだけだよ。
それに添加物は国で許可範囲が違うから
日本は割と厳しいけど、、、日本で既に使用禁止の添加物を他国では食べれてる
輸入可能一覧に詳しければわかるかな?
くらい話は細かくなるような。
名無しさん
2時間前
自己責任で食べたいもの食べて、その時を楽しんで、早死にしても文句言いません。
名無しさん
39分前
アメリカカナダて遺伝子組み換え平気でやるよな
何考えてんだろ歴史がない国だからそういう冒涜に抵抗少ないのか
名無しさん
42分前
もういい
毎度毎度、要は人間何も食うなと言いたいみたいだから完全無視
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.3.22

学校で「香害」に晒される子供たち、授業は校庭の片隅で

 「香害」とは、香りつき商品の成分で「化学物質過敏症(MCS)(注1)」や「シックハウス症候群(SHS)」などになる人たちが急増して…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。