【追悼】樹木希林さんが語った家族「最期ぐらいは裕也さんの歌を聞きながら」

 樹木希林さんが亡くなった。週刊女性2017年1月17・24日号のインタビューを再掲する。(以下本文は掲載当時のまま)

週刊女性PRIME 9/16(日) 17:00配信
樹木希林さん 撮影/枦木 功

●  ●  ●

老夫婦の素敵な暮らしを描いた映画『人生フルーツ』でナレーションを担当した樹木希林さん。ご自分の人生には、どんな果実を思い描いているのだろうか。長い別居生活を過ごしつつ、今も夫婦でいる夫・内田裕也さんとの葛藤、娘と本木雅弘さんとの生活、そして自身の今後について語ってくれた。

☆  ☆  ☆

「私、女性週刊誌に出るのが嫌いなのよね。売るために面白いタイトルをつけるじゃない? 書かれるほうはつらいのよ」

“週刊女性です”と名乗ったスタッフに、いきなりカウンターパンチをくださったのは樹木希林さん(73)。

「若いころ、マスコミから逃げ回っていたことがあるんだけど。夫に“会社で見るな、人として見ろ。そのうえで考えろ”って言われてね。あれで、たまにはいいこと言うのよ。私も作り手なら、気をひくタイトルをつけちゃうだろうしね」

とフォローもあって、その押し引きは絶妙─。

「何かあるたびに、ここで記者会見を開くことになっちゃってるのよね(笑)」

という、渋谷区にあるご自宅の応接間には、モノは持たない主義ということでグランドピアノと最小限の家具しかない。その中で、ひときわ目立つ木製のテーブルは平幹二朗さんが使っていたものを、人づてにもらったのだとか。

「だから、何か事件があってうちで会見をするたびに平さんが“僕のテーブルが映ってる”と言ってたそうなんですよ(笑)。直接面識はなかったけど、魅力的な方でしたね。肺がんにかかられたのに、最期まで立派な役者として生きられて……」

杖はどこいった? じゃ、夫婦ゲンカにもならない

記事を全て開く

 自身もがんを患いながら仕事を続けている希林さんは、1月2日に公開された映画『人生フルーツ』でナレーションを担当。完成品を見たプロデューサーが、

「地上と天空の間から発せられるような見事なナレーション。これは、呪文だ」

と驚嘆したほどの、沁(し)みる声だった。

「渡された台本を下読みもせずに、ただ読んだだけ。まぁ、60年近く声で人を騙(だま)してきてるからね(笑)。ナレーションはセリフを覚えなくていいからラクだと思ってたのに、年とったら耳も遠くなるし、滑舌(かつぜつ)も悪くなるし。もう限界だと、スタッフには言ってるんだけど」

映画で描かれているのは90歳の夫・津端修一さんと、87歳の妻・英子さんの暮らしと人生。建築家の夫が建てた丸太小屋に住み、雑木林と畑で育てた約70種類の野菜と50種類の果物を季節に応じて収穫し、妻が丁寧に作った料理を、ふたりで食べる。お互いに“さん”づけで呼び、ほぼ自給自足の生活を支え合い、ゆっくり豊かな時間を過ごしている。そんな夫婦に、やがて別れの時が訪れ─。

「英子さんは可愛らしい人でね。映画が完成した後、初めてお会いして一緒に居酒屋に行ったんですけど、いいエネルギーに満ちあふれていた。ああいう女性は、修一さんのようないい旦那さんがちゃんと来るのね。散らかさなくてつつましくて始末がよくて、でも大胆なところもある旦那さんで、本当に素敵なご夫婦。

映画を見て“こんな人生を歩めたら言うことなし”だって、みんなそう思うんじゃない? もちろん、その人生がうらやましいとか、自分の人生がイヤだとか、そういうことはないのよ。でも、それはそれ。こういうふうな道しか歩けない私は私。だけど、津端さんのような人生も見事だなぁと思いますね」

反骨のロックンローラー・内田裕也さんとの結婚生活は43年になる。

“私の不満の人生の中で、危険なものをつかんだ。ここなら生きられると思った”という相手。警察ざたになるほど大ゲンカをしたこともあるし、離婚しかけたこともある。しかし、長い別居生活を過ごしつつ、今も夫婦でいる。

「うちは年をとっても若いときと変わらない。性格がまったく同じだから、何を考えてるか読み取れるし、争いにもなる。ただ、最近は年とってきてエネルギーがなくなったからケンカしなくなっただけ。“この野郎!”となっても、“杖はどこいった?”じゃどうしようもない。そのうちに“面倒くさいかぁ”で終わり。別に仲よくなったわけじゃないのよ。

人生フルーツ』の英子さんは旦那さんのことを“年とっていい顔になった”と言ってるんだけど、うちは両方ともそんな境地じゃないわね。たまに顔を見ると“この人、昔はもうちょっと男前だったのに。どうしてこうなっちゃったのかなぁ”なんて思うもの。それはお互いだろうけど、決していい顔にはなってない。むしろ“奇っ怪(きっかい)”。とんでもないキャラクター商品って感じ(笑)」

本木さんとは全然性格が違うから、よくわからなかった

 30歳のときに出産したが、子育ても希林さん流だったという。

「私は、相手の気持ちに入り込むのが面倒くさいの。一歩引いてるというか。子育てもそう。例えばケーキをもらったら、私はまず自分が好きなのを取っちゃう。娘に“どれがいい?”と言って先に選ばせるなんてこと絶対にしない。だから、早く嫁に行ったんじゃない? きっとうちが居心地悪かったんだと思う」

娘の也哉子さんは19歳のとき、俳優の本木雅弘さんと結婚。長らく二世帯で同居し、3人の孫にも恵まれた。

「今、娘一家はイギリスに行っちゃったけど、それまではうちの上に住んでました。家族円満に見える? なんかねぇ。円満になっちゃったのよね。最初はそうじゃなかったのよ。本木さんとは全然性格が違うから、よくわからなかったし。ただ、みんな調整しながら、譲り合いながら乗り越えてきたんだわね。

別に我慢や無理はしてないですよ。ああ、そうなんだ、この人はこういう性格なんだと思うだけで、どうこうしようと思わない。それは子どもや孫に対しても同じ。まぁ、二世帯住宅で、台所も玄関も違うし、まったく会わない日がいっぱいあった。距離がおける暮らしだから、やってこれたんでしょうね」

同居しているときから、自分のことは自分でする主義。石けんはひとつしか持たず、それで身体も食器も衣服も洗う。お経をあげるのと、掃除をするのが日課だそうだ。仕事もマネージャーはつけず、ひとりで現場に向かう。

「病気してからも普通に食べるし飲むし。無理してる感じはないのよね。年をとっていくことに対して何も抵抗ないから、苦労もないし。もともと少欲なの。仕事については、基本的に来た順番に引き受けているだけ。あまり先のことだと、わからないからお断りすることもあるけどね」

最期ぐらいは花を持たせてあげないと

『人生フルーツ』では、夫と最期のお別れをするシーンがあるが、希林さん自身の人生の最期には、裕也さんが歌う『朝日のあたる家』を聴いて逝(い)きたいという。

「最期ぐらいは花を持たせてあげないと、怒るだろうと思って。まぁ、歌自体がいい歌だしね。私が先にボケると信じてるので、もし、裕也さんが最期に駆けつけてくれたら、“まぁ、ご親切にしていただいて。……ところでおたくどちらさま?”と言って死ぬのが理想なんですよ。ただ、本当は向こうが先に逝かないとあとが困るかなぁという心配もあるんですけどね。向こうは向こうで“おまえ、ハンコのあり場所だけはちゃんとしとけよ”って言ってるから、自分のほうが長く生きるつもりらしいですよ」

というところで、取材時間終了。この後は、映画宣伝のため、自分で戸締まりして出かけることになっている。

「『週刊女性』としては、こんな話じゃもの足りないんじゃない? もっと中吊り広告のタイトルになるようなこと言えばよかったわね(笑)」

女性週刊誌が嫌いと言いながら、キャッチになる言葉もけっこうしれっと語ってくれた、サービス精神旺盛な希林さんだった。

◎取材・文/伊藤愛子

 

週刊女性PRIME

名無しさん
5時間前
独特の人生観。
中々真似は出来ないけど、参考にさせて頂こうと思います。
素敵な女優さんでした。寂しいです…
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
3時間前
真似はできないけど、決して奇抜というわけではない、地に足のついた「年の取り方(への考え方)」という感じですね。
あるがままに生きる、というのも実は相当にそ「腹が太い」人でないとできない生き方かもなぁ。
名無しさん
3時間前
私はまだアラフォー男子ですが希林さんは理想の女性像ですね。
無理なく生きて無理なく死ぬ。
そんな中でも旦那を影でしっかり支える。
こんなよくできた女いないよ。
名無しさん
3時間前
この人にさん付けされるんだからロッケンローラーは凄い人物なんやろな
名無しさん
3時間前
前の旦那の岸田森のことは語らずか。
名無しさん
3時間前
TVで樹木希林がご自身のガンについて語っておられたのを何度か拝見しましたが、実に穏やかに受け入れておられました。
これはかなり難しい事なのは分りますが、自分の一つの目標ではあります。
素晴らしい方でした。ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
3時間前
大往生でしたね。
家族関係者はこれから、遺産分割相続に向けて泥沼の争いになりそうですね。
名無しさん
3時間前
自分は樹木希林さんとは正反対で、
いつもあたふたし、余計な物ばかり持ち、
とっちらかって生きているので、
樹木希林さんの生き方に憧れています。
もっともっと教えて欲しかったです。
とても寂しく思います。
名無しさん
2時間前
うちの両親と真逆な方。他人を自分の思い通りに何とかしたいと姑息に立ち回る。おかげで嫁は出て行き、今度は懲りずに孫を後継ぎに養女に引き入れようと。息子にも内緒で。
樹木さんのような自然体のような方もいらっしゃれば、うちの親のように棺桶に片足突っ込んでも俗に未練タラタラな人もいる。
自分は樹木さんのような最後が良いなぁ。
名無しさん
2時間前
ドラマの水曜劇場での希林さんが忘れられません。
あの世界観持った女優さんって滅多にいなくて個人的に、ずーっと不動の存在でした。
名無しさん
2時間前
今年鬼籍入りされた方で、樹木希林さんと桂歌丸さんの2人だけは、私が物心ついた時と言うか、初めて見た時から「お年寄りでした」。
コメントを全て開く
名無しさん
2時間前
「キリンさんが好きです、でもゾウさんのほうがもっと好きです。」(白目)
名無しさん
1時間前
強い精神が必要だからなかなかマネできないよ・・・。
名無しさん
39分前
「内田ほど何をしでかすかわからない、これほど退屈しない人間はいない。まあ好きといえば内田裕也という人間のすべてが好きなんでしょう。内田裕也の全てが、好きです。全てがもし生まれ変わっても内田と出会いたくない。彼と出会ってしまえば、また好きになって大変な人生を送ることになるから」
だという樹木さん
器が大きく常識に囚われない希林さんの方がロックだね。
ご迷惑をお祈りします。
名無しさん
5時間前
樹木希林さんの言葉のチカラ、いつ聞いても、あぁいいなぁと思う。
とても明瞭で、厳選された説得力のあるシンプルな言葉に、こんな風に自分も自分のことを大きくも小さくも蔑みも遠慮もせずに周りに言えたら、素敵だろうなぁといつも思ってた。
達観しているだけではない、樹木希林さんの人生観、仕事への情熱、マスコミを味方につけられる温かさとその能力は、誰にでもできることではない。
ロッケンロー!と言ってる旦那様、問題アリの男と思っていたけど記事を読むと、樹木希林さんは、この人となら自分が自分でいられると思ったのだなと、それなら良かった。
名無しさん
4時間前
裕也さん、「ヒット曲ない」とか言われるけど、それもそのはず。ロックンロールってのは永ちゃんのキャロルが一世風靡するまでは、本当一部のマニア向けの音楽だったらしいので。
裕也さん自身のプロデュース力ってのはなかなかすごいもので、フラワートラベリンバンドのsatoriを数年前に初めて聴いたときはびっくりしましたよ。キャロル好きの30代ですが、正直裕也さんのことを見直しました。
キャロルがもし裕也さんのプロデュースでデビューしていたら…と想像するのも楽しいですよ。もしかしたら永ちゃんもこうはなってなかったもしれないですね。
名無しさん
3時間前
希林さんの事を褒められてますけど、スレ主さんもなかなかの語彙力ですね。共感しました。
私はここまでの語彙力が無いのでシンプルに。
ファンでした。寂しいです。心からご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
2時間前
>>家族関係者は、これから、遺産分割相続でもめ、泥沼の争いになりそうですね。
家族関係者も何も法定相続人は娘一人と内田裕也の二人だけだぞ?分割相続も何もなかろうさ。
名無しさん
2時間前
>「最期ぐらいは裕也さんの歌を聞きながら」
ほんとさ、ああ言うロックンロールでハデさ丸出しのオジサマを支えて来たって感じの奥様なりにある種奇抜な生き方だっただけに仲が良かったんだなって思うと涙が出てくる・・・(いい意味での奇抜でね?)
読むだけでええ夫婦だったんだなとも思えるわ・・・これで内田のじいさまがフケこまなきゃいいけど。
名無しさん
5時間前
網膜剥離で片目を失明されたときの、「今まで色々なものが見えすぎた」というコメントが忘れられません。
諦観・達観という言葉がこれほど似合う方はいないし、それでいて旦那さんより格段にロックな生き方をされる。それらに裏打ちされた演技の重厚さも他を圧倒していたと思います。
到底真似できませんが、少しでもその姿勢や生き方に近づきたい。
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
1時間前
さらっと言ってのけるほど簡単な生活ではないと思った
人の数倍努力してるよ
身の回りを整頓するだけも大変 物を置かないシンプルさも
多分 迷惑かけないよう休む暇なく精進して来たと察するよ
全て完璧 人からとやかく言われない為
だから樹林さんを非難する人なんて居ないだろう
俺には真似しようにも出来ないと思うよ
人生の達人
名無しさん
1時間前
さらっと言ってのけるほど簡単な生活ではないと思った
人の数倍努力してるよ
身の回りを整頓するだけも大変 物を置かないシンプルさも
多分 迷惑かけないよう休む暇なく精進して来たと察するよ
全て完璧 人からとやかく言われない為
だから樹林さんを非難する人なんて居ないだろう
俺には真似しようにも出来ないと思うよ
人生の達人
名無しさん
40分前
全てにおいてストイックですよね。
寺内貫太郎一家で30代にしてお婆さん役をするとき、全ての歯を抜いてしまったというエピソードがその嚆矢だと思います。
でもそれを表に感じさせず、言わばオブラートに包んで飄々とした生き方を演じられたとでも言えばいいんでしょうか…。
そこに私は本当のかっこよさを見たし、それが多くの方を惹き付けるのかななんて思います。
希林さんこそ、今の生きにくい時代を各々が乗り越えるために必要とする方という気がしてなりません。
名無しさん
4時間前
この人、素を出していたようで、それを演じていたと思う。他の人では演じれられない、本当の名女優さんだと思う。
名無しさん
3時間前
独特な感性なんだろうな
これだけ人間がいても比類ない人というのはなかなか居ない
名無しさん
58分前
一緒に行きたかった。私も、こんな社会、やってられない
名無しさん
5時間前
個性的で味があってステキな女優さん。残念です。まだまだ見たかったです。
毒を吐いてもあったかくて、説得力があって。好きでした。
名無しさん
5時間前
とてもチャーミングな方で、もっともっと見たかったです。
ご冥福をお祈り致します。
名無しさん
5時間前
他人に惑わされない、自分をしっかり持ってる方でしたね。
本当に残念です。
名無しさん
1時間前
世間では色々言われる夫婦でしたが、私には理想そのもの。見てくれやカタチより「心の繋がり」を感じます。浮気しようが最期には私のところに帰ってくるんだからというかつての言葉には息が詰まり胸が苦しくなりました。相手がどう思ってようが関係ない。自分が愛しているんだからそれでいい。相手もそう思ってくれていれば最高だ。同じものを見て同じ事を感じられる。私の理想の夫婦像です。許して貰えるのわかってて浮気する裕也さんはどうかと思いますが…そういう人だから仕方ないと思える希林さんは素敵な女性だと思っておりました。他に左右される事なくありのままに生きていた希林さんを心より尊敬しております。安らかに。お疲れさまでございました。ありがとうございました。
名無しさん
2時間前
気持ちを楽にさせるのは「覚悟」だと言っていた。カッコイイ人だなぁ。思った事を的確に、言葉に乗せて伝えられる。素敵な俳優さんでした。有難うございました。
名無しさん
4時間前
素直にショックです。
他の現役女優さん・既に鬼籍に入られた女優さん含めて、彼女は五指に入る実力をお持ちだったかと思います。
大変残念ではありますが、ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
5時間前
少し前に、樹木さんと内田さんの会話が記事になっていた。
なんか、色々と悪かったわね。
こっちこそ悪かったな。
他人には分からない夫婦の
想いを感じました。
名無しさん
5時間前
写ルンですのCM毎年楽しみでした。
お疲れ様でした。
名無しさん
1時間前
この人が語る言葉には人を引き込む虜にさせる力がある。
希林さんがこのコメントを見たら痛くご立腹なさるだろうが、本当に素晴らしい人でした。
少し大袈裟だが人の姿をした仏の様。
粋な人生を歩まれ尊敬の念で一杯です。
お亡くなりになられたのでは無く居るべき
世界に帰られたのだと思います。
敢えてご冥福をお祈りはせず、『お疲れ様でした』とだけ言わせて頂きます。
名無しさん
3時間前
希林さんの、発する言葉、妙に説得力があり、ユーモアもあったり、頭の良い方だったと思います。裕也さんとの長い夫婦関係もその現れだと。ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
3時間前
希林さんって結構毒舌というか、ストレートな物言いをされる方でしたが、その分分かりやすくて共感できる部分が多かったです。
もっともっと味のある演技を見たかったです。
ご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
1時間前
人間というものをとてもよくわかっていて、自分に正直に真っ直ぐ生きられたのだなぁと思います。こんな生き方はなかなかできません。
圧倒的な存在感と面白さは女優としてはもちろんのこと一人の人間として素晴らしく偉大な方だったと思います。
もう希林さんのお話が聞けないと思うと、とてもとても寂しいです。
名無しさん
11分前
ご冥福をお祈りします。
子供の頃に亜星さんのお母さん役、西条秀樹さんとのコント、当時は悠木千帆さんでしょうか、楽しく拝見させて頂きました。
さらに、テレビで手持ちのお宝を売却させる企画で売るものがないと悠木千帆さんの芸名を売却した事も覚えています。
破天荒で、でも楽しく、素晴らしい女優さんが見られなくなるのは寂しいですね。
改めてご冥福をお祈りいたします。
名無しさん
5時間前
「万引き家族」の初枝さんの様に最後の家族の楽しい時間を過ごせたなら良かったです。ありがとうございました。
名無しさん
3時間前
今まで色々な方が
亡くなって来たけど
「あらっ」くらいだった
でも希林さんは
本当にショックで寂しい
色々病気されてたけど
亡くなるって想像できなかった
また戻ってくると思ってた。
あの素晴らしい演技
観れないなんて…
安らかにお眠り下さい
ご冥福をお祈りします
名無しさん
2時間前
この記事の中のお話全てが面白かったです。
自慢も嫌いなんでしょうし、誉められるのも嫌いなんでしょうが自虐的に語られてもただただ凄いなあ…と感じてしまいます。
樹木さんのような独特な雰囲気の存在感のある女優さんは他にいらっしゃいませんでした。まだまだ色々な作品で演じてほしかったです。
ご冥福をお祈りいたします。
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.6.25

探偵!ナイトスクープ、涙の「神回」舞台裏 奈文研を動かしたレイテ島からの手紙 プロには出せない素人力

 「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送テレビ)は、関西人にはおなじみの人気番組です。視聴者からの素朴な依頼を、タレントの探偵たちが大真面目に調…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。