映画監督の古川卓巳氏死去

太陽の季節監督 古川氏死去

古川 卓巳氏(ふるかわ・たくみ、本名岩崎卓己=いわさき・たくみ=映画監督)4日午前4時40分、心不全のため東京都内の病院で死去、101歳。

東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男純(じゅん)氏。

田坂具隆監督らの助監督を経て55年に映画「地獄の用心棒」でデビュー。56年、石原裕次郎のデビュー作「太陽の季節」の監督を務めた。「鬼平犯科帳」などのテレビドラマも手掛けた。

時事通信

名無しさん
28分前
101歳、大往生でしたね。お疲れ様でした。
名無しさん
4分前
101歳、お疲れ様でした、ご冥福をお祈りします
名無しさん
4分前
「太陽の季節」って自分が生まれる前の作品だな。
ほんと、大往生ですね。合掌。
名無しさん
5分前
腐った果実にも見る夢はあると教えられたよ…
名無しさん
1分前
まさしく大往生、お疲れ様でした
名無しさん
3分前
早すぎる…
抜きますね
名無しさん
5分前
裕次郎氏はともかく、ワシはその兄というヤツが嫌いでね・・
名無しさん
9分前
1967年でフィルモグラフィが終わっている人。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.3.18

おかず3品以上、ご飯は手作り呪縛は誰のせい?手作り至上主義が共働き家庭を追い詰める

共働き家庭が全世帯の6割を超える日本。仕事をしながら毎朝毎晩、献立を考え料理するのは「一汁三菜」「栄養バランス」と言い出せば、なかなかの重労…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。