7歳男子が「髪を伸ばしたい!」 決意を見守った家族の2年半

背中の真ん中まで伸びた長い髪。
この後ろ姿、女の子であることを疑う人はいないだろう。
だが、今まさに髪を切ろうと鏡に向かっているのは、なんと小学3年生の男の子だ。
彼がここまで髪を伸ばしたのには、ある理由があった。

LIMO 10/16(火) 10:40配信
写真:LIMO [リーモ]

静かなる決意

2016年、春。小学校に入学して間もない関根連夢(れむ)くんは、母親の絢さんが見ていた動画を何気なく覗き込んだ。動画を見終えると、連夢くんの口から次から次へと質問が飛び出した。

「なんで髪の毛がなくなっちゃうの?」
「日本にもがんの子どもはいるの?」
「日本のテレビでは、こういうCMをしていないよね?」

その動画とは、スペインで制作された小児がん患者への理解と支援を訴えるコマーシャルだった。

がんという病気の存在、抗がん剤治療の副作用によっては髪が抜け落ちてしまうこと、絢さんは連夢くんの質問に答えながら、「知っていれば、できることもあるのよ。ほら、この子もそうだったみたい」と、次にオーストラリアの“小さなヒーロー”の記事を読み聞かせた。

それはオーストラリアで8歳の男の子が、小児がんの子どものために約2年半もの間、髪を伸ばし、その髪を寄付したヘアドネーションの活動を紹介するものだった。連夢くんは「男の子でも、できるんだ!」「女の子よりも長いね」と話しながら、記事中の写真を何度も見ていたという。

ヘアドネーションとは、がんなどの治療や外傷、先天性の欠毛症(無毛症)や脱毛症などの理由から、頭髪に悩みを抱える子どもたちのために、髪の毛を寄付し、医療用ウィッグを作製・無償提供する活動だ。日本でも、この活動の輪が徐々に広がりをみせている。

ただし、医療用のウィッグをつくるには最低でも31センチの長さが必要になる。JIS規格に適合した医療用ウィッグは、髪の毛を半分ほどの長さで折り返すようにして一本一本結びつける製法で作られている。抜けにくく、頭皮への刺激を減らすためだ。

この製法では、31センチの髪から、およそ15センチのボブスタイルのウィッグができる。ロングスタイルのウィッグをつくるには、さらに50センチ以上の長さが必要だ。そして、1人分のウィッグをつくるためには20~30人ほどの髪の毛が必要になるのだ。

2つの約束

さて、季節は秋になっていた。絢さんが連夢くんとヘアドネーションの話をしたことも忘れかけていた頃だった。髪が伸びてきた連夢くんに、そろそろ床屋さんに行こうかと話すと、こんな答えが返ってきた。

 

記事を全て開く
「前にママと見た外国の男の子みたいに、僕もがんの子たちのために、髪をあげたい」

突然の告白に絢さんと夫は戸惑った。応援したい気持ちよりも、親としては不安な気持ちの方が大きかったという。それも無理はない。ヘアドネーションをするならば、髪を切れるのは早くても2年後、小学3年生を過ぎてからだ。1年生のうちは少し髪が長い男の子だと思われる程度だろうが、2年生になる頃には、知らない人に女の子に間違えられたり、学校で意地悪を言われたり、からかわれるかもしれない。

「個性」「多様性」という言葉が叫ばれるようになった時代とはいえ、“男子は短髪が当たり前”のこの国で、小学生の、しかも低学年の男児が髪を伸ばすことで直面する苦労は想像に難くない。絢さんは夫とともに数日かけて連夢くんとの話し合いを重ねた。だが、それでも彼の気持ちは揺らがなかった。

「もし意地悪されても気にしないで頑張れる。髪が長くてからかわれる男の子より、病気で髪がなくなった女の子の方がずっと大変だと思うから」

そこまでの決意ならば、と絢さんは夫と共に見守ることにした。そして2つの約束事を決めた。それは、(1)女の子に間違われても、からかわれても気にせずに途中で投げ出さない(2)きれいで健康な髪を寄付できるよう髪のケアを怠らない、ということだった。

ちなみに絢さん自身は、この時すでにヘアドネーション可能な髪の長さだったが、連夢くんが断髪するその日まで一緒に伸ばし続けることにした。ここから親子2人の挑戦が始まった。

トリートメントが大変!

実際に髪を伸ばし始めてみると、連夢くんにとって難題だったのは、周囲への対応よりも、日々長くなる髪のお手入れだった!  それまでシャンプーのみの連夢くんにとって、毎日のトリートメントは「ヌルヌルする~」という不快なものだったのだ。

さらに髪をとかせば絡まって痛く、自分で髪を結ぶのは慣れるまでけっこう難しい。そんな嘆きを聞いた絢さんは「女の子の苦労がわかる男は将来モテるわよ~」と冗談を交えながら、励ましていたそうだ。

学校でからかわれることは、全くなかったわけではないものの、心配していたほどではなかったようだ。「学校の規模がそこまで大きくないので、周りのお友だちも徐々に伸びる髪に見慣れていってくれたようです」と絢さんは話す。

「なんでそんなに髪が長いの?」と尋ねてくる友人には、事情を説明すると「じゃあ、もうからかうのやめる!」と言ってもらえることもあったそうだ。このように連夢くんが自分自身で周囲に応対できることは、髪を伸ばしている過程ではとても重要だった。

3年生になる頃には、背中まで髪は伸びていた。それは連夢くんが新たに空手を習おうと入会手続きに行った時のことだった。やはり武道をするには、長すぎる髪が問題となった。道場の館長から「ファッション的な意味で伸ばしているのであれば、切ってあげませんか」と言われたのだ。

しかし、本人の意思で寄付するために髪を伸ばし、間もなくその時が近づいていること、連夢くんに周囲の質問に対応するだけのスキルがあることを伝えると、「志と決意の上であるならば」と認めてもらうことができた。

小さな妹の大きな援護

このように、連夢くんはその時々に応じて、時には女の子と思われてもスルーし、時には自分が男の子であると申告し、事情を説明するといった “大人の対応”を身につけていった。ただ、2歳年下の連夢くんの妹(当時、幼稚園生)にとっては、お兄ちゃんが女の子に間違われてしまうのは大問題だった!

買い物に行った時など、初対面の人にはよく女の子に間違われてしまう。すると、「にぃには髪長いけど、男の子なの。病気で髪がなくなっちゃった子にあげるために伸ばしているの」と力説。そんな強力な援護のおかげもあって、店員さんに「お兄ちゃん勇気があるわね、応援してるわよ!」と温かい声をかけられたりすることが、連夢くんの力になっていた。

そして、ついに連夢くんはその日を迎えた。小学3年生の夏休みが終わる1週間前、連夢くんと絢さんは断髪に臨んだ。連夢くんが2年半で伸ばした髪の長さは35センチにも及び、絢さんの髪は腰まで達していた。

寄付の先にある笑顔

寄付された髪だけで作製したメディカルウィッグを、18歳以下の子どもたちへ無償で提供する「JHD&C」という日本唯一のNPO法人がある。JHD&Cは2009年からこの活動を行っている。連夢くん、絢さんもこの協会に賛同するサロンを通じて、寄付を行った。

寄付された髪がウィッグとして生まれ変わるまでの過程はJHD&Cのホームページで詳しく紹介されている。同法人に送られてきた髪は、長さごとに仕分けされ、トリートメント処理を経て、ウィッグメーカーに送られる。ちなみに”トリートメント”といっても、普段のシャンプー・トリートメントのそれではなく、キューティクルを取り除くための薬品処理に始まり、15工程もの手間をかけた処理がなされている。

そして、ヘアドネーションの先にあったのは、達成感に満ちた連夢くんのとびきりの笑顔だった。しばらくお風呂あがりは「拭いたら乾いた!」と久々の感覚を喜んでいたそうだ。

連夢くんの他者に寄り添おうとする優しさ、行動する勇気。そして彼の挑戦を温かく見守った周囲の人々。髪をウィッグへと生まれ変わらせる人々。そんなたくさんの人たちの思いが連なって、頭髪に悩みを抱えている子どもたちに笑顔を届けている。

参考:JHD&Cの公式Facebookでは、一人ひとりに最適なウィッグを作るための頭の型取り(メジャーメント)の様子など、寄付された髪がレシピエントの方々にウィッグとして届くまでの過程が報告されている。

【取材協力・写真提供】関根絢さん、関根連夢くん

堀川 晃菜

LIMO

名無しさん
6時間前
久しぶりの素敵なお話しをありがとうございます!
子どもでも、大人顔負けの勇気と意志を持って生きている方っているのですね。
もはや大人だから、子どもだから、とかいう括りも関係ないですよね。
子どもを子どもたらしめんとしているのは、周囲の大人だと感じました。
子どもも意思を持った立派な個人。
見た目や概念に惑わされる事なく、信頼や尊敬を持って他者と関わろうと思います。
名無しさん
2時間前
この男の子の意志は素晴らしいことは当然ながら、実際のところ人毛よりも人工毛のほうがウィッグとしても扱いやすく、昨今では金額も太いものではないという事実があります。
エコキャップを集める活動も同様。エコキャップの運搬費、加工費を削減できればもっと多くのワクチンが買えます。それならばたった1本のジュースを買うのを我慢して募金すれば、それだけでワクチン6個分になります。
本当に世の中のためになることがもっと認識されて広まれば良いと思います。
名無しさん
1時間前
髪を伸ばしているときの写真がすごく女の子に見えた。
で坊主にしたときの写真がすごく男の子に見える。
名無しさん
1時間前
坊主にしたときの笑顔がすばらしい。
名無しさん
6時間前
自分で発信する事も持続する事も体験しながら人のために勇気を持ち続ける…
尊敬します
我が子もこんな優しく強い心を持つ子になってくれたら、と思わずにいられない
名無しさん
5時間前
子供ながらに他人のためにここまで出来るのってすごい
やろう、やりたいと自発的に思うだけでも偉いのに、それを苦労しながら本当にやり遂げたなんて凄すぎる
優しくて、強くて、本当に素晴らしいお子さんだと思う
もちろん、一緒に頑張った親御さんや、普通に接した周囲、最初は知らずにからかったり誤解をしても事情を知ったあとは態度を改めた人たちもみんな素敵
名無しさん
4時間前
本人の強い意志があっても、それを潰そうとする今の日本のなかで、この心のある少年を支えてきたご両親や先生はもちろん、温かい心を持った友だちが素晴らしいと思う。
どの地域の子も、こういう気持ちを育てていける環境で成長していってほしい。
名無しさん
5時間前
男の子の優しさと信念に驚かされました。
こんな子がいるのか…
学費や制作費、活動費など高額な費用がかからず
子供の自分の力でも出来る事を見つけ、それを実践するという事が素晴らしい。
名無しさん
5時間前
最後まで読んで、男の子の写真を見たら、涙が止まらなくなりました
なんて素晴らしい少年でしょう
ご家族や周りの皆さんの暖かく見守る姿にも感動しました
心から感動しました、良い記事をありがとうございました
コメントを全て開く
名無しさん
5時間前
子どもも素晴らしいけどその決断を押してあげられた両親もすごいと思った
たしかに多様性が認められる時代になったけど、もし自分の家族がこの決断をしたらと考えたら子どもの頃なら親の方の苦労も大きいからもう少し大人になったらなといってお茶を濁してしまいそうなところを子どもの決意のために背中を押してあげることができた
素晴らしい男の子とご両親だと思いました
名無しさん
4時間前
これこそ真の生きた教材やん!
もっともっと色んな媒体が拡散して広く知ってもらうべきことなんやないの?
髪を提供する為に頑張った男の子の勇気を讃える
髪を伸ばす理由を知って応援する事で協力した同年代の子供たちを褒める
幼いながらもお兄ちゃんの頑張りを応援した妹ちゃんの気持ちを褒めてあげる
…なんでもいいと思う。
そうなんだ!僕も!わたしも!って賛同する事も
賛同して髪を伸ばすのを頑張ってるのを応援する側になる事も、そんなでもいいと思う。
お母さんの「髪が長いと大変で、その苦労を知ってると女の子にモテるよ」ってアドバイスも良いな♪
何でも同じが「正しい」訳ではない。
頭の固い特に大人は反省すべき、恥ずべきことだ。
名無しさん
4時間前
これくらいの年齢って見た目を凄く気にする年齢でしょ?特に性差について多感なで、男女の喧嘩も絶えない時期。
それを人のためにと伸ばし続けられることと、他の子も理解してからはかわないようになったとか、すごすぎて感動するわ!
このくらいの年齢でもボランティアというか、善な行いをしようとする子はいると思うけど、そういうのは大抵とてもわかりやすく、すぐに親や先生、クラスメートから評価されたり褒められたりするからやる気になるわけで(嫌味じゃなく当然だと思う)
これは寄付する時にはじめて成果が出るのであって、それまでの過程が長く、やっぱり見た目も「普通じゃない」わけで。
なんというか、うまく言えないけどただただすごい子だ
名無しさん
3時間前
うちの小3の息子もヘアドネーション用に髪を伸ばしています。
最初に言い出したのは母である私でしたが、今では本人が大切に扱い、キレイな髪をプレゼントしたいと頑張って手入れをしています。
長ければ長いほうがウィッグに加工する際に髪型の幅が広がるようなので…
今、息子の髪はお尻の下ほどの長さになりました。
学校でも何も言われませんよ。
髪の長さでからかわれるなんてこともありません。
清潔にしてきちんと結んでいれば大丈夫です。
そろそろカットを考えていますが、カット後はまたヘアドネーション用に伸ばすつもりでいるようです。
これから先の数年は小学校、中学校と多感な時期でもありますが本人が考えてやりたいようにさせるつもりです。
名無しさん
17分前
素晴らしいお子様ですね!
家族の理解、協力もなければそこまで伸ばすのは大変だと思います。
このような活動を沢山の方に知ってもらたいですね。
私は明日カットしますが
つな髪では15センチ以上で寄付もできます。
髪型の幅は限られますが自分の髪が役に立つならと思っています。
名無しさん
4時間前
ちょうど今伸ばしているところ。
もう白髪も出て来ているからダメかなと思ったら、髪を染めていても出来るみたいな事が書かれていたので、試してみる事にした。
本当なら対応している美容室で聞くのが一番なのだろうけど、独身のときに聞いたら「長さを揃えて伸ばす都合もあったり、傷んだ髪ではお断りしなければいけない事もあって、ケアも大事だから、2~3ヶ月に一度は来てもらわないと」と言われ、当時収入の少なかった私は断念。
今度は髪を染める以外は何もせず、何も聞かず、一先ずは伸ばしてみようと思う。
それで無理です言われたら、その時切ればいいだけ。
姪に話したら、姪はお姫様に嵌まり中なので、ロングヘアーを切るのは絶対に嫌なのだそう。
我が子も可愛いけど、姪も甥も可愛い。
名無しさん
2時間前
先週末寄附してきました。35㎝。もう少し寄附できたのですが、自分があまり短くなるのが嫌だったのでここまででした。
2年半普通のケアだけで途中美容室にはいかなかったですよ。
名無しさん
1時間前
白髪交じりで、寄付しました。
ホントは、もっと伸ばしたかったけど
手術の予定が入ってしまい、切ることに・・・
協賛の美容院じゃなくて、知り合いの美容師さんに
切り方のHPを見て貰って、カットして貰いました。
名無しさん
35分前
つな髪では15センチ以上で寄付ができます。
明日、20センチカットする予定です。
名無しさん
5時間前
周りの目を気にする日本人が多い中で、とても素晴らしいと思います!!
明確な強い意思があったからやり切れた事なのだと思います!!
この子のこの経験がこの子をもっと強くしたし、将来がとても楽しみです!!
ずーっと笑顔でいてください。
名無しさん
3時間前
正直軽い読み物的な話かと思っていたので読んで反省した
ここまで考えて実際に実行できる子は立派で尊敬します
我慢した妹も良い子で両親も誇らしい事でしょう
ただ周囲の人の理解があったという点を個人的には推したい
どんな立派な事情でも無理解や虐めてくる場合はあるしそうならなくて本当に良かった
名無しさん
4時間前
我が子達は小学生の姉妹ですが、我が子も私もヘアドネーションのために髪を伸ばしています。
決意してからもう3年ちょっと。
今月、いよいよ断髪しようと思っています!
女の子なのでからかわれた事はありませんでしたが、長くなると日々の手入れが本当に大変でした。
この男の子は、さらにもっと大変立ったはずなのに…
本当に強い意思を持った、かっこよくて優しい子ですね!!
感動して胸が熱くなりました!!
優しく強い気持ちが周囲にも影響を与え、本当に素晴らしいですね!!
私も「よく3年以上も頑張ったね」と娘を抱き締めたいと思います。
名無しさん
2時間前
素敵なお話をありがとうございます!
もっとこういった温かいニュースが流れてくれると穏やかな世の中になるかもしれませんね。
ヘアドネーションは最近知りましたが、寄付するのにもいろいろと大変なことがあるようです。そんな中でも小さな子どもが「役に立ちたい!」という勇気、そしてそれを温かく応援する親御さん、本当に素晴らしいと思います。
果たして、私の娘が言い出したとき本気で応援できるだろうか…
この記事を読んで、もし本気で娘がやりたいと言い出したことはしっかり見守ってあげたいと思いました。
もっと世界が、ニュースが、このような心温まる話題で溢れますように。
心から願ってます。
名無しさん
2時間前
実は私もそのオーストラリアの男の子の話をネットで見かけヘアドネーションを決意しました。その記事を見かけるまでは髪を切りたいと思っても面倒くさく切らずにいました。今となってはあの時切らずに良かったです。
ロングの髪の毛が不足しているということで伸ばしに伸ばして70センチ寄付することが出来ました!
バッサリ切ったらさすがに周りに驚かれましたが伸ばしていた頃から「すごく長いのね」と初対面の人にも言われてきたので母が寄付したいそうです~とヘアドネーションがあることを広めてくれていたので本当に感謝です。
そしてこの夏、母もヘアドネーションで髪を寄付することが出来ました。
自分に出来ることはこれくらいしかなく、たった1人の髪の毛の束では役に立たないかもしれませんがもっとたくさんの人にヘアドネーションを知ってもらって寄付してくださる方が増えたらいいなと願っています。
名無しさん
6時間前
涙無しでは読めませんでした。
こういった心温まる話が聞けて良かった!
小さいながらも目標をしっかりと持って投げ出さずにやりとげた男の子が素晴らしい。
名無しさん
4時間前
会社の休憩中に読んじゃったよ、、
すごいなぁ、本当。
自分がこの子の立場だったら同じ決断する勇気がない
名無しさん
4時間前
喉の奥がギューって熱くなったわ。
ヘアドネーションをする為に意志を持って行動を貫いた彼の思いが素晴らしい!意地悪されるより病気の方が辛いって思える強さと、女の子な気持ちがわかる男子はモテるよって優しく応援するママも!にぃにの成し遂げようとする気持ちを思う妹も‥強くて優しい素敵な家族だね。
名無しさん
5時間前
我が家の息子もやっております。
まだまだ時間が掛かりそうですが、やはり周囲からは何故小学生の男の子がこんなにロン毛?って見られる事もあり、女子にからかわれた事もあるそうです。
しかし、髪を伸ばしている理由は家族以外の誰にも言わず、自分の意思で始め、信念を持って取り組んでいる姿はとても誇らしく、家族みな応援しています。
日本に将来的にこのような土壌が構築され、もっと気軽な気持ちで取り組めるようになればと願います。
名無しさん
4時間前
理由は言ってたダメなんですか?
理由がわかれば、
理解も深まると思うのですが。
名無しさん
4時間前
理由がないとからかわれたり変な目で見られるってそもそもおかしいですよね。本来、髪を伸ばす伸ばさないも自由だと思うのですが…。
名無しさん
5時間前
男の子の気持ち、家族の気持ち、周囲の人々の気持ち、すべてがひとつになった結果がめちゃめちゃ感動的。
この男の子は人の気持ちがわかる素敵な大人に成長するでしょうね。
こういう素敵な話が世界中に拡散すればいいのに!
名無しさん
2時間前
私も以前にヘアドネーションしました。
何気なくこの活動の事を知り、ちょうど髪を切ろうと思ったタイミングだったので、40cm程寄付できました。
今は2回目のドネーションを目指して頑張っていますが、毛先の傷みがはげしく、コンディションを維持するのが大変です。
カラーやパーマはかけられないので、ただ伸ばすだけって大変ですが、誰かの役に立てると思えば、多少高いトリートメントの購入も苦じゃないです。
小学生でこのチャレンジをやり遂げた男の子、そしてご家族・周囲の方のサポートに感動しました。
名無しさん
4時間前
映画「ぼくのバラ色の人生」みたいな女の子になりたい男の子の話かなと思って読んだら、予想とは違いましたが、めっちゃいい話でした。
彼の決意と優しさとやり通した心の強さ。ご両親も誇りに思っていいと思います。
読んだ後に写真を見て、私も知らないときに道でこの子に会ったらこっそり二度見してしまったかもしれない、または我が子が何か言うかもしれない、と思いました。
我が子には「バラ色の人生」の子やこの子の話をしてあげよう、自分も決して忘れないようにしようと思います。
名無しさん
4時間前
私の場合は、姪が謎の脱毛症にかかったのがきっかけでしたが、ちょうど今月頭にドネーションしてきました。
もともとベリーショートだったため3年間大変だったのに、それを小学生の男の子が頑張ったというのは、本当に尊いことだと思います。
あったこともない子供のために頑張れたその心根も素晴らしいし、お母さんや妹さんのフォローも最高ですね!
名無しさん
4時間前
日本は?
男子は短髪
女子は長く
みたいに固定概念がありますからねー。
この子みたいに良いことなんだけど
普通じゃない
と、言われダメとかありますよね。
ちゃんとした意思、目的があるんだから
良いと思うんだけどー。
人のためと周知していけば良いと思う。
名無しさん
1時間前
この子のように「自発的に」ならば良いかもしれないが、大抵親が促して言葉は悪いが洗脳してヘアドネーションやってる子が多い。
ただでさえ小学校はもう水泳などの授業があるのに、自分で管理できない長い髪の毛は可哀そう。大半が自然派系の親なので、あせもなどが出来ても自然療法などで対応するのかまともに薬も塗ってもらえず赤くなっていたのには閉口した。
もちろんヘアドネーション自体は素晴らしいことだけど、その前に子供にとっての負担を考えてあげて欲しい。(自立した大人がやる分には文句はないです。あくまで自己管理できない子供にやらす場合の問題提起です)
名無しさん
3時間前
テレビか何かでこの男の子の話見ました。顔が可愛らしい男の子だったので、余計に女の子に間違われることもあったかもしれません。
でも小学生で自分にできることを考えて、周りへの対応もできて、すごいなぁと思うし、親御さんの教育もしっかりしているのでしょう。
自分も見習いたいし、子供にはこういう他人を思いやれる子供になってほしいです。
名無しさん
5時間前
ヘアドネーションのCM確かに日本では観ないですね、子供ながらの物の見方にハッとする事がありますが、周りの理解と応援に感動しました。ありがとう。
名無しさん
5時間前
目頭が熱くなるような感動をありがとう。
女の子でも伸ばすはのは大変だろうけど、男の子はもっと大変だったと思う。
それにしても彼の意志の強さ、感服します。
困っている誰かの助けになればなんて、大人でも中々出来ないのに三年間も気持ちがブレる事も無くただただ「困っている誰かの為」に頑張り通した彼に心から拍手を送りたい。
だけど、もうこれで終わりなのかしら?
可能ならある年頃まで続けて欲しいなと、勝手に願っています。
名無しさん
5時間前
スゴイ。頑張ったねー!
この話が特殊な事のように感じてしまうような今の環境は色んな人に生きにくい世の中だったりすることにも気付かされた。何もしていないだけじゃなく、変わっていると感じるとつい好奇の目で見てしまうこともあるよ。悪気のない悪気。気をつけよう
名無しさん
3時間前
個性が尊重される時代。
自分を大事にしなさいと言われる時代。
それが悪いとは決していうつもりはありませんが、
そんな時代にこんなにも人のためを思って行動できるこの子は素晴らしいと思います。
妹さんもお兄ちゃんが誇らしいのでしょうね。我が子たちにもこんな気持ちを持ってほしいなと思います。
名無しさん
4時間前
この子凄いなぁと読み終えて涙してしましました。
自発的にはじめて強い意志によって達成されたこと、本当に素敵だと思います。この経験は一生の宝物ですね。
お子さんも、ご両親も素晴らしいですね。
久しぶりに素敵な記事を読みました。ありがとう!
名無しさん
4時間前
素晴らしすぎる。
この子ももちろんだけど、親もすごい。
始めるときの約束で「からかわれても途中で投げ出さない」って、なかなか言えないと思う。
自分なら子どもが心配で「からかわれたりして嫌な気持ちになったらすぐにやめなさい」って言ってしまいそう。
最後までやり抜く姿勢を子どもに教える大切さを痛感しました。
名無しさん
5時間前
お母さんは
こんな素晴らしい子供を育てる素敵な方で
また
そのお母さんの意思をちゃんと受け止めている子供たち
すごく感動して
久しぶりに文章で涙しました
レム君凄いね
自分が小1の頃の事を振り返れば恥ずかしくなるぐらいしっかりしてて
それでいて自分の意思をしっかり持っている
やらされるんじゃなくて自分でるやる
そして何よりやり遂げる強さ
大人の自分が少し恥ずかしくなりました
今のその志しを忘れずに
そして
ありがとう
名無しさん
54分前
我が家もヘアードネーションしたアメリカの男の子の話をネットで目にした、子供達が自分達もと、頑張って私も一緒に寄付することが出来ました。
身近に知る機会があるとそうした善悪が増えていくきっかけになると思います。
名無しさん
6時間前
すごく良い話して感動してしまいました。素敵な優しいお子さんですね。
名無しさん
5時間前
男の子だと、周りの目もあり、大変だったでしょうね。
私の小学生の娘たちも半年ほど前に、ロングヘアー用のウィッグが足りないという記事を読んで、ヘアドネーションのために髪を伸ばすと決意しました。
その後、周りの人に「髪、伸びたね~」とか言われる度に、「うん、病気の子ども達にあげるの」と答えているので、その気持ちを最後まで忘れないで欲しいです。
名無しさん
4時間前
ダメだ。涙が出るじゃない。仕事中の昼休みだよ。素敵な僕に幸せたくさんもらったのは、髪をもらった子だけではないよ。おばちゃんも幸せな気持ちになりました。
君にもたくさんの幸せが帰ってきますように。
名無しさん
4時間前
少し前にテレビで見ました。周りに何を言われようが貫くのは大変だっただろうなと思います。「男の子なのになんでそんなに伸ばしているんだろう」と私も最初は思ってみていましたが、理由を聞き、なんて優しさと強さを持った子なのかと驚きました。
偏見の目にも負けず、親も子供も立派だなと思いました。
この子の髪の毛だけだなく、強さも伝わるといいですね。
名無しさん
3時間前
すごいすごい!読みおわって涙が出ました。うちも子ども三人いるけど、うちの子たちにはたしてここまでしっかり意思を貫いてできるだろうか。誰かが笑顔になるといいですね。
名無しさん
5時間前
いい話を読ませてもらいました。この男の子も周りの人たちの心遣いも素敵ですね。
名無しさん
5時間前
7歳でこんな決意が出来るなんて!!
驚きです。涙なしでは見れませんでした。
3年は長いですよね。女みたいと言われる事もあったでしょう。知らない人が見れば、ご両親が子供にファッションを押し付けてるのでは思われたり。
苦しんでいる誰かのために、自分が出来ることをしたい。揺るぎない気持ちを持てること、立派な息子さんだと思います。
名無しさん
2時間前
周りの人の協力や応援もすごい!
自分はひどいくせ毛で寄付するのは難しいけど、もっと輪が広がるといいですね。
名無しさん
35分前
凄く考えている勇気のある事ですね!
娘の同級生もヘアドネーションの為に髪を伸ばしていましたが、女の子だったので切った時まで何故長いのかなんて聞きすらしなかった。
病気の子供に笑顔が戻るといいですね。
名無しさん
4時間前
彼が通っている小学校も、髪を伸ばす事に対して理解があり良かった。
まだまだ公立校は、「決まりだからやめろ」とか「今までそんな事例なかったからやるな」って言う大人がほとんど。
子供の強い意志に協力的が大人がもっと増えて欲しい。
名無しさん
4時間前
自分が全頭脱毛を患ってます
命に関わるわけではないけど
とても治りにくい病気です
中年の自分でもやはり辛い。
子どもがこの病気だったら、やはりとても辛く大変だと思います
我が子も今30センチ以上を目標に髪を伸ばしてます
誰かの役に立てられるといいな
下の子は男児ですが、自分もヘアドネーションの為に髪を伸ばすと言ってきたらどうするか…
姉弟2人で伸ばすものいいかもしれないけど
やはり周りの理解がないと大変ですよね
名無しさん
6時間前
なんやこれ、泣ける…(;_;)
名無しさん
4時間前
私の甥っ子も幼稚園の時にテレビで知り、自らの意志で髪を伸ばすと決めて実行しました。
小学校入学時には既に女の子に間違えられる長さだったのですが、幸い周囲の方々の理解もあり、見事に今年の春目標の長さまで伸ばして、バッサリと切りました。
お盆休みに髪の短い男児になった甥っ子にそれとなく聞いてみたら、また伸ばして人の役に立ちたいと…
本当に頭が下がる思いと、誇らしく思います。
名無しさん
44分前
小さいのに他者を思いやる気持ちや、強い意志を持って貫き通す力。きっと素敵な男性に成長するでしょうね。久しぶりに心が洗われました。
名無しさん
3時間前
めちゃくちゃいい話しで感動した!
記事のまとめ方、家族の対応方法、息子さん本人の立派な対応と、何より何年もぶれなかった芯の強さ!
きっといい大人になれると思う!
それを見ていた妹さんも!
名無しさん
6時間前
ありがとう。感動しました。
名無しさん
3時間前
がんばったな~。
私も一回、同じ団体に送ったことがありますが(今もまたがんばってますが)、目標の長さに届くか届かないかの頃が一番つらかった!
私も送った時は達成感が半端なかったけど、この男の子はきっともっとだろうね。お母さんはさらに上かもしれないね。
この子の頑張りが、病気の子供たちの笑顔につながると思うと、日本もまだいけるんじゃないかと思う。
名無しさん
4時間前
仕事の休憩時間に泣きそうになってしまった。
自分、あるいは私の子供達がウィッグが必要になってしまった時、こんな素敵で強い意思と決意で作られたウィッグならば、病気が治って必要が無くなってもきっと宝物ですね。
それもまた必要とする誰かに引き継がれるのかな?
出来るボランティアを始めたくなりました。
名無しさん
21分前
電車の中で涙をこらえて読みました。
行動力のある素敵なお子様ですね。
子供から学ぶことは本当に多いです。
名無しさん
5時間前
すごい、すごすぎる。
小1の男の子が「髪が長くてからかわれる男の子より病気で髪がなくなった女の子の方がずっと大変」って思考。本当にすごい。
見守った家族も周囲の理解もすばらしい。
久しぶりに感動で胸がいっぱいになりました。
名無しさん
4時間前
うちの長女は先天性貧毛症です。そのため、眉毛や頭頂部、腕や足の毛はありません。現在は環境に恵まれてるため帽子で過ごしていますが、いずれ成長したときはウィッグで生活する日が来るかもしれません。こういう方たちのおかげで人毛のウィッグが手に入れられるんですよね。
名無しさん
5時間前
このお子さんも素晴らしいけど、
ご両親の育て方も素晴らしいのだと思う。
子供は親の鏡だもんね。
名無しさん
5時間前
ありがとうございます。
読ませてもらって、本当にいい機会になりました。
名無しさん
2分前
素晴らしい大和男子だ。うちの息子もこういう強い子に育ってほしい。
と同時に、自分もその器量に見合うだけの親であるようにしたい。
名無しさん
3時間前
もし意地悪されても気にしないで頑張れる。髪が長くてからかわれる男の子より、病気で髪がなくなった女の子の方がずっと大変だと思うから
心が強くて優しい…素晴らしい男の子。
名無しさん
3時間前
子供の二年間は、大人の数倍…もしくはそれ以上の長さを体感する期間だと思う。長期間の挑戦をやり遂げて本当にすごい。周りの方にも拍手️
名無しさん
5時間前
優しい男の子の気持ちに涙。
そして、その優しさを尊重したご家族もとても素敵。
そして、同じように感動コメントが書かれていることに嬉しい気持ちになりました。
名無しさん
3時間前
やばーい!男の子の一点の曇りもない笑顔見たら涙がとまらない!!苦笑
なんていい子なんでしょう…いつまでもその優しい気持ちを忘れない素敵な男性になってほしい。。
名無しさん
5時間前
今、これ目指して髪の毛伸ばし中なんだけど、ズボラ+多毛な自分にはスーパーロングヘアが本当~~に大変。シャンプーやトリートメントもだけど、仕事中邪魔にならないようにまとめるヘアセットも大変。ゴムでまとめて折り畳んで巨大クリップで留めても毛先は出る。
何より自宅の床の抜け毛が気になる!クイックルワイパーとコロコロテープの消費がすごい。
でも自分もくくれる長さは残したいので、あと一年は伸ばしたい・・・
ヘアドネーション、今オシャレで長めにしてる人は私みたいな負担は感じないだろうから一回くらいはやってみてね☆
パーマや茶髪もOKだよ☆
名無しさん
5時間前
小学1年生で、ちゃんとした意思をもって行動行動するのは素晴らしい。
名無しさん
4時間前
今週末、娘がヘアドネーションをします。
髪を2年半伸ばし今は腰より少し下までの長さがあります。
きっかけはお友達もヘアドネーションをすると言っていたから。
今まで途中実母に理解してもらえず長ったらしいと散々文句を言われましたが…
娘の事をいっぱい褒めてあげようと思います。
名無しさん
5時間前
何て心の優しい子なんだろう。
ステキな将来がありますように。
名無しさん
25分前
電車の中で読んだけど、思わず泣きそうになってグッと我慢…
男の子本人は勿論のこと、ご家族や周りの人の優しい気持ち・支援、本当に素敵です。
他者を思いやり寄り添う気持ち、皆が持っていたら本当にすてきな世界になりますね。
名無しさん
5時間前
うちの子も男の子ですが、小五の夏から伸ばし始め、この夏目的の長さになり無事に寄付する事が出来ました。
伸びる過程で起こり得ること、女の子と間違えられる、伸びた髪の手入れ等など話した上で応援しました。(*^^*)
名無しさん
4時間前
今の大人もこの子のように誰かを想い、行動しなければならない。
もちろん私も同様、皆が他人を思いやる気持ちが大事だとこの記事を見て再確認しました。
ありがとう。
名無しさん
1時間前
私の周りにも頑張って伸ばしてる人多いです。
親子で伸ばしている方も随分前から伸ばしてますし理由を聞いたら、この7歳の子と同じ理由でした。きっかけはどうであれ誰かの為にと思う気持ちがちょっと涙しちゃいますね。
名無しさん
4時間前
我が子はまだまだ幼稚園児で幼いが。たまたま伸びてしまった髪を結わいて登園させたら、早速お友達に「女の子見たい」といわれて、それ以来結ばれるのを嫌うようになった。記事にある子のような強くて明確な意思があったわけではないけれど。幼児ですでに男は髪が短いもの!という刷り込みがあるのだね。
名無しさん
5時間前
私も髪をのばして寄付しましたが髪の毛を洗うのも乾かすのもとかすのも結うのも大変でした。ただ誰かの笑顔に繋がればいいなと思うと伸ばし続けることができました。今ごろは誰かのウィッグになってると思います。人毛だと髪の毛を巻いたりできるのかなー?
名無しさん
1時間前
小学生の男の子が自発的にと言うのは本当に素晴らしい
30センチの髪を綺麗に伸ばすって、大人でも挫折しそうになるくらいです
連夢くんの優しさと意志の強さに拍手!
そしてこれを切っ掛けに、こう言った活動が押し付けではなく、自然と広がって行く事を切に願います
私も数年前に一度送っていますが、今は関連サイトに髪の切り方や送り方等も細かく記載されていますから、提携美容室がお近くにない方でも自宅から直接送れます
伸ばしていた髪をショートに…とお考えの方は是非
名無しさん
3時間前
休憩時間にドトールで読んでますが、涙をこらえるので必死です。。
彼の勇気ある決断は素晴らしいと思いました。
名無しさん
5時間前
感動した。
すごく感動した!
男の子の優しさ。
髪がない女の子の方が大変だから。って、見ず知らずの子のために決心したのってすごいこと。
やり通したのはもっとすごいこと。
偉いなぁ。優しいなぁ。
名無しさん
2時間前
7歳でもうこんなに他人の為に行動出来るなんて素晴らしい
妹もちゃんと理解してるのも凄いし、御両親の育て方も素晴らしいんだろうな
名無しさん
2時間前
ちゃんと説明できるところがすごい!理由が分かれば周りの子も理解するって言うのも、恵まれた環境だったのかもしれないですね。
妹ちゃんの援護射撃もステキ。なんだかほっこりしました。
私もヘアドネーションしようと思ったけど、長すぎる髪の毛はなかなか大変でした…
名無しさん
3時間前
心が温かくなる記事でした。お子さん、御両親、みなさんとても素敵な家族ですね。
こういう良い話はもっと広く認知されるといいなぁ。
名無しさん
2時間前
これ伸ばす方は本当に大変だよね。
傷んではいけないから丁寧に手入れしないといけないし。
名無しさん
1時間前
私も一年半くらい前に知って伸ばしてる途中です。知った時ちょうどショートカットに切ったばっかりだったからまだ31センチに達してませんが、本当にうっとうしくて切りたくなるし、暑くて切りたくなるしですがなんとか頑張ってます。大人でも大変なのに彼は凄いと思います!
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2017.12.17

「親の介護で転勤できない」 男性社員の申し出増加

 親を介護するため、転勤への配慮を勤務先に申し出る男性社員が目立ち始めた。辞令一つで転勤を繰り返してきた企業戦士も、介護問題に直面す…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。