「カメラを止めるな!」原案を主張 舞台DVDが謎の販売中止

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

「突然、タワーレコードの販売ページが閉鎖され、Amazonも予約受け付けできなくなり、ただごとではない事態になっています」(ITライター)

日刊ゲンダイDIGITAL 11/1(木) 15:00配信
映画は空前の大ヒット(東京国際映画祭=左)/(C)日刊ゲンダイ

ワークショップでこしらえたインディーズ作品でたった2館での上映からスタートしたにもかかわらず、口コミであれよあれよと累計観客動員200万人、累計興行収入は30億円突破目前。上田慎一郎監督やキャストらは開催中の東京国際映画祭でレッドカーペットを練り歩くなど、ワールドワイドな作品に化けた「カメラを止めるな!」。公開から2カ月後の8月、パクリ疑惑が報じられケチがついたかと思いきや、結果的にその話題性も味方につけ、客足はいまだに伸びているという。

そんななか、盗作疑惑を訴えていた側に新たなトラブルが……。原作(のちに「原案」扱いとなった)を主張していた舞台「GHOST IN THE BOX!!」の新録版DVD(写真=右)の発売が突然、ポシャったのだ。

販売元のアルバトロスへ問い合わせると、「発売中止は事実です。ついこの間、というか、昨日ぐらいの話なのですが、作品の権利元が中止の意向という連絡があり、弊社はその意向に沿った形です」(担当者)。

話題が話題を呼んだ作品だけに相当な予約があったと推測できるが、「発売後ではなく発売前に決まったのが、不幸中の幸いです」(同)。

原案となった舞台のDVDが謎の販売中止。ちなみに映画“カメ止め”のDVDも12月5日に発売となる。一体、何があったのか。

日刊ゲンダイDIGITAL

名無しさん
1時間前
盗作騒動も急にトーンダウンしたし、
何かしらの見えない力と言うか、圧力が動いているのかなぁ・・・
名無しさん
3分前
今度はどこの代理店(と代議士)が絡んでるのかな?
名無しさん
56分前
最近カメラを止めるなもDVDの発売発表があった……。闇を感じるな……
名無しさん
22分前
圧力という名の“嫌がらせ”があったのだろう。
名無しさん
7分前
主演の男性は感じよかったのですが
どうも監督が一発屋の匂いがして…苦手なんですよね
名無しさん
4分前
DVDで見ようと思ってたのに。
名無しさん
10分前
金で解決しただけでしょうね
名無しさん
5分前
何があったのか、を取材して書くのが記事だろう
名無しさん
たった今
表面上で知りえる事実を書くだけなら、記者じゃなくてもできる。
この記事は個人のブログレベル。
名無しさん
4分前
結局、お金で解決したんじゃないのかな
制作費激安の映画が数十億の儲け叩き出したんだもの
名無しさん
27分前
見比べてみたかった。
名無しさん
2分前
記事にするのは理由がわかってからでよし
名無しさん
1分前
販売を止めるな
名無しさん
たった今
金を積めば解決できる
名無しさん
46分前
圧力。
名無しさん
4分前
映画版に及ばないからやめたんだろ
名無しさん
たった今
なんか嫌な感じだなぁ
名無しさん
1分前
販売を続けるなってことですか・・・
名無しさん
たった今
その盗作騒いでいるタイトルも攻殻のパクリ
満々だがな・・・?
名無しさん
1時間前
謎の圧力が働いたのか?
名無しさん
2分前
カネが動いた
名無しさん
1分前
さすがゲンダイ。真相に迫ることはおろか、取材もほとんどしていない。ネットの噂レベルの垂れ流し。
名無しさん
1時間前
ヤクザが絡んだかな?
名無しさん
1時間前
「舞台DVD販売を止めるな!」
名無しさん
1分前
発売を止めるなっ!
名無しさん
3分前
「販売を止めろ!」
名無しさん
4分前
「大手」が潰しにかかった。
クソだな!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.7.6

キラキラネーム急増の背後にある「漢字文化の崩壊」

 もはや一般化しつつあるといえるほど、世の中を席巻しているキラキラネーム。名付けた親に対する批判もあるなか、それでもなぜ増え続けてい…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。