毎食「米3合食え」と迫られる野球少年の壮絶

 夏の暑さも和らぎ、食欲の増す季節がやってきた。メタボぎみのお父さんは「もう食べちゃダメ」と奥様ににらまれたりするが、逆に「もっと食え」と強制される子どもがいるのをご存じだろうか。

東洋経済オンライン 11/3(土) 7:40配信
“米3合の呪縛”が野球少年を苦しめている(写真:Graphs/PIXTA)

■「1食につき米3合食え」

子どもの脳に詳しい小児科医で文教大学教育学部特別支援教育専修の成田奈緒子教授は、講演のため足を運んだ東北地方のある町でこんな話を聞いた。

「息子が少年野球の監督から1食につき米3合食えと命じられ、苦しんでいます」

 小学5年生。野球の少年団で投手として頑張っているが、放課後行う練習が終わるのは夜9時を過ぎる。そこから米3合、茶碗に山盛り6杯ぶんの白飯を食べなくてはならない。

食べるのに夜中の12時までかかる。体が細く体も小さいため「食べないと試合で投げさせないと監督に言われた」と泣きながら食べる。プロ選手を輩出した少年団らしく、「1食3合命令」は地域の少年団でも有名だ。

しかも、白飯がおなかに入らなくなるからか「野菜や肉などのおかずは食べなくていい。塩だけで飯を食え」とも言われているそうだ。

 子どもの脳育てのために早寝早起きを推進する成田教授が、さらに驚いたのは、同じ話を今度は東海地方での講演の際にも聞いたからだ。そこでも前述のケースと同様「1食米3合」を監督から命じられ、子どもたちが苦しんでいた。

実は筆者も似た話を知っている。首都圏にある少年野球クラブで以前聞いたのは「どんぶり3杯」。量的には米3合とほぼ同じだ。消化できずに下痢になるため、栄養を吸収できず太れない。体重が増えないため「おまえ、食ってないだろう!」と叱られる。そこまで食べなきゃいけないなら野球をやめたいと子どもが言う――そんな話だった。

 野球少年が「1食米3合」の理不尽に苦しんでいる。

「本当に驚きました。本来なら小学生が就寝すべき夜9時まで練習し、それから米3合食べて就寝が夜中では、成長ホルモンが分泌する時刻に間に合わないので身長が伸びません。夜中に食べることで胃腸がもたれて朝ごはんがしっかり食べられないため、日中の活動に支障をきたします。本末転倒です」と成田教授は勘違いの“食トレ”に警鐘を鳴らす。

「野球食」なる言葉が登場したのは2000年前半。その後、ラグビー、サッカー、駅伝などで日本のトップアスリートたちがスポーツ栄養、「食トレ」に励む文化が生まれたが、その起点になったのが野球食だった。

 それが小学生にも下りてきたのだろうか。正しい栄養指導を受けられない親たちは不安そうだ。

都内で小学6年生の野球少年を育てる40代の母親は「うちは団長が楽しく野球をやろうと方針を示しているチーム。息子も含めてみんな体は小さいけど、そこまで食事のことを厳しく言われない」と明かす。

ただ、親睦会などでコーチと話すと「実際、体が大きい子がいるほうが勝てる」とか、「野球は体が大きくないと話にならない」といった本音も聞かされる。

 「根尾(昂=大阪桐蔭高校)君なんて、そんなに大きくないけど凄い選手じゃないですか。全員4番になれるわけじゃないのに。どのくらい食べさせたらいいのか。そもそも本人が嫌がるのに食べさせていいのか」

■メディアの影響による勘違い

 

記事を全て開く

そこで、帝京大学スポーツ医療科学科助教でスポーツ栄養士の藤井瑞恵さんに、それらの疑問について聞いてみた。スポーツクラブの子どもたちの栄養指導の経験があり、現在は大学選手権10連覇を狙うラグビー部の栄養サポートをしている。

 藤井さんはまず、メディアの影響による勘違いを指摘する。

「ここ数年、スポーツ栄養がメディアで取り上げられるようになり、テレビなどで、高校生や大学生のトップアスリートはこんなに食べてますよ、といった様子が報じられます。悪いことではないのですが、それを見て、小学生にも、とか、小学生からやればいい、などと勘違いされているのではないか」

無論だが、米3合に根拠はないという。

「続けていたら、体に変調をきたします。消化不良を起こし胃腸障害のもとになりかねません。下痢をしたり、嘔吐したら、ほかの栄養素も外に出てしまって逆効果。背も伸びません」

 藤井さんによると、野球をはじめスポーツ少年の正しい栄養摂取は「さまざまな食材を適量食べて、しっかり吸収する」ことだ。

成長期にある小学生の間は、骨の形成にポイントを置く。骨が鉄筋とコンクリートでできていると仮定すると、鉄筋部分はコラーゲン。骨のしなやかさ、骨の質を決める成分だ。コンクリート部分はカルシウムになる。

コラーゲンをつくるには、肉や魚、卵から摂取するたんぱく質や柑橘類などに含まれる「ビタミンC」が必要になる。カルシウムは牛乳や小魚など。そのカルシウムを体に吸収しやすくするには魚やきのこ類などに含まれる「ビタミンD」と、納豆や春菊、ほうれん草などの葉物、海藻に含まれる「ビタミンK」を摂ってほしいという。

 白飯が好きな子どももいるが、ふりかけをかけて食べて終わり、ではいけない。ごはんは糖質で、エネルギーに変わる大事な栄養素だが、その糖質をうまくエネルギーに変えるには豚肉や豆類にある「ビタミンB1」が必須であり、そのB1を吸収しやすくするには、一緒にネギやニンニクに入っている「アリシン」を摂る必要がある。

加えて、スポーツ少年の親が心掛けたいのは、補食の確保だという。放課後の練習など、おなかがすいた状態で始め、エネルギー不足の状態で体を動かすと脚つりやけがの原因になる。脳も糖質などをエネルギー源にしているため、頭も働かなくなる。よって、バナナやおにぎり、パンなどの補食を開始前に摂ることが重要だ。

 中学校の部活動は、その観点から見て理想的ではなく、問題がありそうだ。一部の私立校以外は、食べ物を学校に持ってきてはいけないところが多い。

「小学生は平日なら一度帰宅して補食を摂れますが、中学生は昼ごはんのあと何も食べずに部活に入ります。栄養学的によくありません。学校としてのシステムを変えることを考えてほしい」(藤井さん)。

たとえば、部活生が持ってきたおにぎりなどを学校側が放課後まで預かっておくなど、工夫が必要だろう。

 発育発達の面についても、もっと考えたほうがいい。藤井さんによると、小学生時代はどの競技も基礎技術を習得することが重要だという。小学生は技術、中学生は持久力。高校生から筋力に注目する。このような発達段階に応じたて指導すべきという考え方は、スポーツコーチングの世界では常識だ。

「少年野球の指導者や親御さんは、小学生の時期に何をいちばんやらなくてはいけないかを整理してほしい。小中学生の時期は、個々で成長の速さが違う。無理に体を大きくする時期ではありません」(藤井さん)

■大人が勝利を求めすぎていないか

大きい子は打てる。打てれば勝てる――。そんな発想から“米3合の呪縛”が生まれ、子どもたちを苦しめていないか。まだまだ続く競技生活を考えれば、子ども時代には「野球は楽しいなあ」と感じることが最も重要なのに、大人が勝利を求めすぎている側面はないだろうか。

そんな理不尽は、すべての少年野球の現場で起きている事態ではなく、ごく一部なのだろう。だが、一方で子どもの野球離れが言われ始めて久しい。全日本軟式野球連盟に登録している小学生チーム数は、2011年度の1万4221に対し、2017年度は1万1792。6年間で2500弱のチームが消滅している。

 少子化やサッカー人気に押されているとの見方も間違いではないかもしれないが、理不尽さが敬遠されている可能性も否定できないと筆者は考える。育成の環境が今の時代にあっているかどうか、点検することは無駄ではないだろう。

冒頭の成田教授は言う。

「食べることで苦しむなんて、少年スポーツに危険な側面があるという認識を持ちました。大人がきちんと新しい知識を学んで指導しなければ、子どもにとって悪影響でしかありません。指導者だって、その子を良くしたいと思っているはず。誰かがこうしているとか、そういった話を鵜呑みにしないでもっと勉強してほしい」

 食事も、スポーツも、本来楽しむもの。この価値観を大人たちが共有することが何より必要だ。

島沢 優子 :フリーライター

東洋経済オンライン

名無しさん
5時間前
野球では無いのですが、知り合いの子供がバスケが大好きで、ある強豪校に進学しました。その子は体が小さく、食も細かったのですが、合宿の時、羽交い締めにされ無理やりご飯を食べさせられました。その結果拒食症になり、外出も出来なくなり、学校も辞めてしまいました。野球のみならず、記事のような事がジュニアスポーツでよく耳にします。良いか悪いか分かりませんが、他にも方法があるはずです。子供達が可哀想でなりません。
名無しさん
5時間前
青ポチ押してる人、怖いんだけど。
名無しさん
5時間前
身体作りは食からだが、こういう指導者が居るから体育会系は嫌われる
身体を大きくするには、タンパク質を多めで
白米(炭水化物)は運動量や作りたい体格によりけり
胃袋は慣れてそのうち大きくなるし、摂取出来ないタンパク質はプロテインで補助すればよい
ただどうしても食が細いなら遊びレベルのスポーツにした方がいい
名無しさん
4時間前
同じくです。娘と同じチームの子のお姉さんが強豪校に入り寮生活ですが、無理強いされた食事で摂食障害になりました。食べられなかったら連帯責任だと言うことでイジメも始まったそうです。結果バスケどころか学校生活も送れなくなりました。
名無しさん
4時間前
炭水化物のとりすぎです。そもそも体の大きさが人それぞれ違うのだから一様に米3合食えと言ってる時点でおかしい。肉や野菜は食わなくてもいいから塩で米食えとかめちゃくちゃ。3大栄養素も知らないんだと思う。無能な指導者ほど子供相手に威張り散らすから始末におえない。坂上忍みたいのが増えてこまります。
名無しさん
4時間前
高校では高額なプロテインを年単位で買わせて摂らせてる部活もあるよ。
子供が中学野球の全国大会行った時は、私立の強豪校で全員中学生とは思えない体格の部員揃いの学校があって、プロテインで強引に筋肉作ってるであろう事を想像してしまった。
言葉は悪いが子供にそんな事するのって、検査に引っかからないドーピングしてるのと変わらないと感じたな。
名無しさん
4時間前
こんなことやってんだ。
馬鹿の極みだな。ただ食えって論理的な思考が停止した考えだ。
こういうのに異義を申し立てないとこれがスタンダードとして一人歩きし、体を壊す子供が増えていく。
大人がしっかりと監視しておかないとな。
異常を発見次第教育委員会へ連絡するなどして子供を守らないと。
こういう理不尽な馬鹿大人から守ってあげられるのは良識のある大人しかいない。
名無しさん
3時間前
指導者にバカが多いんだよ。
消化吸収能力や胃腸の強さは個人差がある。
食べ過ぎで内臓を悪くしたら元も子もない。
名無しさん
3時間前
プロテインは薬物ではないし偏見だよ。ご飯は糖質で体重が増える。身長ならタンパク質小学生にプロテイン悪くはないと
名無しさん
3時間前
消化や胃腸に個人差があるとして
そこにきつめの課題を設けてフィルタリングするのは、強いチームを作るためには有効な手段でないかい?
名無しさん
3時間前
知り合いの子のサッカーチームも小学生にプロテインやら食事ノルマを課してるみたいだけど、成長段階の子に無理させて将来内臓とかに影響なきゃいいなと心配になる。相撲取りが早死にが多いのも無理矢理身体を大きくする為に内臓に負担かかかってるんじゃないかと思うけど。
名無しさん
3時間前
これ強豪校の事例だからね。体を大きくするために量を食べさせるっていうのを完全に否定することは出来ないかな。
まぁ食が細いならサッカーの香川みたいに時間を掛けて量を食べるとか方法もあるし、逆に太りやすい人もいるから、軍隊式に皆同じ時間で同じ量っていうのは改めた方がいいとは思う。
名無しさん
3時間前
無理矢理食べさすとか、それで心病んで退学とか、そんな事アメリカ起きたら学校も指導者も裁判沙汰で賠償金問題ですよね
まあ大食いで体格も良く精神もタフな子が厳しいスポーツ界には向いているのはわかりますが。。
名無しさん
3時間前
なんか一人プロテインとステロイドをごっちゃにしてるバカがいるな
プロテインってただの粉状のタンパク質だぞ
名無しさん
3時間前
内蔵は個人差あるからな
身長や骨格伸ばすのは大事だが、無理矢理炭水化物だけ取る意味なんぞあんのかね?
タンパク質やカルシウムをしっかり取って体作りした方がええよ
名無しさん
3時間前
だいたい合宿でご飯を食べさせられ位で拒食症になったり外出出来なくなるような子供はスポーツにはむいてないかと思うよ。帝京の先生がコメントしてるけど帝京高校の野球部が三合飯をやりだしたんだよ体はみんな高校生には見えないよ
名無しさん
3時間前
運動後の30分が成長ホルモンが活発になって、一番栄養の吸収が良くなるけど、部活の直後にそんなに食べれない人、もっと摂取したい人の為にプロテインがある。
栄養の補助をしているだけで、ドーピングとは明らかに違うでしょ。
問題なのは間違った理論を強要されているという事で、正しい知識と節度があれば怪我のしにくい体も作れるし、やった方がいい。
コメントを全て開く
名無しさん
2時間前
個人差もあるのにひどいね…
日本てまだこんななんだね
名無しさん
2時間前
大食いでクソデブのワイは高校時代こういう系全く苦労しなかったが、チームメイトはそれはそれはキツそうにしていたよね。あれ、少食の人には相当きついよね。
名無しさん
2時間前
r*******
相撲取りが早死にする根拠はありますか?
データとかあるんですか?
名無しさん
2時間前
他人から聞いただけの話がどんどんでかくなっていくパターンw
名無しさん
2時間前
柔道の強豪中の生徒は食べきれないので、トイレで吐き出してその後無理やり食べてを繰り返していた。
そのことについては本当に理解できないけど、
そこで頑張り抜いた人たちは就職とかでもいいとこいって結果幸せになってる。
名無しさん
2時間前
まあ食えないような奴はいずれにしてもついていけないから。
名無しさん
2時間前
糖尿になるよ
名無しさん
2時間前
シンクロとかもそうらしいな。
食わないと体力も保たないらしい。
てかシンクロってありゃ拷問に近いわなw
名無しさん
2時間前
まぁ食えなきゃ食わなくて良いんじゃない?ただついていけなくなる覚悟はしとかなきゃな。
名無しさん
2時間前
水泳の強化システムでは最近、1度ではなく、合い間におにぎりとか食べさせたりしています。ごはんの必要性は言われてはいますが1度にチャージは無理。
プロ野球でも欧米や国内では試合中ベンチでゼリーやバナナを摂取しています。
まだまだ古い指導者がいるので、もしそんな目に遭ったらとっとと転校すべき。
名無しさん
1時間前
日本のスポーツ会ってこうやって若い世代を潰してるんだよね
名無しさん
1時間前
力士が体を大きくするための食事手法は批判せず、やっぱり野球批判なんですよね。
名無しさん
1時間前
お相撲さんはその話よく聞くけど…。
食べても太らない人もいるし 嫌々食べても逆に身体に悪いよ。
身体が小さくても一流選手はたくさんいるし、サッカーの中田英寿選手なんか お菓子ばかり食べていたとか…。
夜中までご飯って 意味不明。
名無しさん
1時間前
日本のスポーツ指導者はみんな、大阪なおみ選手のコーチの元へ修行に行くべき。
名無しさん
1時間前
アスリートにとって、体作りは大事ですよね。
プロ野球中継を見ていても選手はベンチ内でプロテインを飲んでいます。
酷使して壊れた筋肉を即、補う為です。
大谷選手の食事を写真で見た事がありますが、朝食からすごい品数でした。
一般成人男性の3倍のカロリーが必要だそうです。
ただ、小学生で3合の米だけ、は絶対におかしい。
一度、チームの保護者会でスポーツ栄養学の講師を招いて、正しい食トレ方法を学ぶべきです。
名無しさん
1時間前
じゃやめろよ。出来るやつの足をひっぱるなよ。
最近は出来ないやつのルールに合わせてレベル下げすぎ。苛めも耐えられて成長する人間もいるのに、なんで出来ないやつ優先なの
名無しさん
1時間前
はぁ?出来るやつの足を引っ張るな?
無理矢理メシを食わせて何がルールだなんてよく言えるなw
羽交い締めにしてメシ食わせるのが教育の一環か?アホ言うな。
名無しさん
1時間前
言いたい事はわかるが
やってる事はフォワグラ作ってるのと
同じじゃんか。
名無しさん
1時間前
肯定派では無いですが、
早熟が圧倒的に有利である日本少年スポーツ会ですから仕方ないかな〜
小学生のウチに身体と技術を付ければ、
全額免除で超強豪私立中学に進める。
中学で身体と技術を付ければ、
全額免除で超強豪私立高校に進める。
それが、大学、社会人まで続く、、、
子供がプロを目指す超強豪高校でスポーツするには、1番可能性のある道かもしれません。
高校生でドラフトにかかったほとんどの選手がそんなのでしょう。
吉田投手が公立なのがニュースになる程です。
我が子が超強豪私立高校でサッカーでしてますが、
下手なので免除無しです。費用は学費、生活費、寮費などで月16万円。一人っ子なので工面してます。
強豪高校へ入寮して日本一を目指したいなんて言われても無理な家庭がほとんど。
無理な家庭は早熟されて特待ロードに乗せるしか無いのかもしれません。
名無しさん
1時間前
ラグビーのエディージョーンズは好きな物でいいから沢山食えって言ってたな
無理矢理食わせるのは無いよね
そんなんで楽しく出来るわけないし
日本のコーチは自分がそうやってきたから教え子にも同じ指導法しか出来ないんだろうね
名無しさん
1時間前
何だろ。小学生には、それぞれのスポーツの
楽しさや面白さを伝えるのが先だろう。
それを勘違いした指導者が間違った信念の
下で、次世代を潰してしまうとはね。
プロテイン?小学生には早いな。
あんま小さい頃から筋肉バカにすると
筋肉のせいで骨の成長止まるよ。
普段の食事で補えない水準までタンパク質を
要求する負荷を小学生にかけたいの?
色々と見直して頂きたい。
タンパク質とドーピング?
読み取り不足。
名無しさん
1時間前
っいぇか、米をいくら食べても筋力強化にはならん。
ただデブになるだけだ。
米なんていいから肉と野菜を食わせろ、話はそれからだ。
名無しさん
1時間前
>ただデブになるだけだ。
格闘ならともかくバスケじゃハンデにしかならんわな。
名無しさん
1時間前
たしかに、食べる量が増えれば身体は大きくなりやすいけど、
それでもご飯は「丼一杯」が限度でしょう。
バランスよく「おかず」も食べないと意味がないし、
食べ過ぎれば胃に持たれて、栄養吸収できなくなります。
一回あたりの食事量を増やすよりも、練習前後のおやつに
バナナやオニギリを食べるとか、胃にもたれない程度に、
食べる回数を増やすほうが効果があると思います。
名無しさん
1時間前
まあ、今の世の中スポーツ団体のパワハラ等が問題になってます。文武両道の時代は終わりました。自分の身は自分で守るべき。言いなりになる必要はありません。違和感を感じたら辞める勇気も。スポーツなんて身をすり減らしてやっても何の役に立つのか。美学にとらわれないで真実を見て欲しい。
名無しさん
56分前
先日、海上自衛隊特殊部隊「特別警備隊」の創設に携わった、伊藤祐靖氏の著書を読んだ。
伊藤氏が防大の指導教官に着任した時、カッター競技に備えて4年生が2年生に山盛りの米を無理やり喫食させている様を見てあきれ果てた。
『小学生じゃあるまいし、米を食べるとパワーが付くと本気で思っている人間が目の前にいる。大学生、それも国立、しかも少なからず身体を資本に生きていく種類の人たちが集まる学校の四年生でこれか。私は目を見開いて絶句してしまった』
(新潮社刊、伊藤祐靖著「自衛隊失格」より)
ちなみに伊藤氏は日体大出身。
名無しさん
51分前
いいか悪いかわかりませんがって、結果見てもまだわからないのか。
名無しさん
50分前
パワハラ問題とか指導者を叩くことが最近多いけど、強い選手を出して行くのってそんなもんじゃないの?
このままいくと日本のスポーツが全体的にレベル下がりそう。
名無しさん
49分前
米3合食えって、、、
アホすぎ。
いつの時代の話なのか。
何の根拠があるのか。
名無しさん
44分前
ちゃんと記事読んでないヤツの多いこと。記事に出てくるノータリン指導者と良い勝負だ。
名無しさん
44分前
ただの虐待、パワハラだ!
なぜ訴えない?
名無しさん
14分前
自分も高校時代ラグビーの強豪校にいましたが、吐くまで食うのが偉いとされる風潮がありました。吐いたら意味ないだろと思ってたけどレギュラー争いや大学推薦とかの為にも従わなければいけないのが辛かったです。
体育会系(特に野球やラグビー)には理屈が通じないバカが多いので気をつけてください。
名無しさん
4時間前
確かに食の細い子は練習に耐えられないケースも多いので難しい部分ではある。野球は野手の場合、試合ではさほど体力は使わないが、練習で体を馴らして目を養う必要があるので、その練習をこなせるだけのカロリーは必要なのは事実。
ただ、米だけ食べてれば良いというのはあまりにもアホ過ぎるね。
名無しさん
2時間前
だから野球やってる奴ってカロリー過多で腹出てるんだなw
野球って試合の半分は休憩で、守備時も大半が突っ立てるだけだからな笑
名無しさん
2時間前
こういうの真に受けて、実践する親にも問題あると思う。
白米だけバカみたいに食べるより、栄養バランスがあるだろう。
それにやはり持って生まれた体格はあるよ。
無理に食べさせるより、バランス良く食べて、あとは体型に合わせた競技の戦法を考えた方が余程建設的だと思う。
名無しさん
2時間前
水飲むなの謎理論と同じのがまだ現代にもあるのか。馬鹿じゃないの??米食わなくてもメジャーリーガーたくさんいるだろ。炭水化物バカみたいに食べてもタンパク質きちんと取らないといけないとか。検証しないのか??
名無しさん
2時間前
昔の殿様みたいに脚気になるかも?
名無しさん
2時間前
米だけやたら食べてもね…。
栄養偏るし、逆効果だと思う。
名無しさん
2時間前
糖尿になるよ
名無しさん
2時間前
息子のチームでは年に一度、スポーツ栄養学の講師による食事指導がありました。
アスリートは成人男性の3倍のカロリーが必要だそうです。
重要なのは、栄養バランスだとも。
プロ野球選手が実際に食べている食事の写真を見ましたが、朝食も品数が多く豪華な内容でした。
食事だけで摂取することは難しいので、プロテインはもちろん、質の高いビタミン剤などを上手に摂るように、との話しでした。
名無しさん
2時間前
昔気質の無知の監督が人づてに聞いたことを強制しているだけ
名無しさん
2時間前
そんなに食べて体大きくしてもほとんどはハタチ前にスポーツを辞めてしまう。
食トレを顧問から言われましたが無理な話だし、将来のことを考えたらプロになるわけでもないので普通のご飯の量です。胃を大きくするなんて健康的におかしいと思う。
スポーツ選手って案外長生きしないですものね。太く短く生きるのかな
名無しさん
1時間前
1日3食だと辛いのは当たり前
合間合間に軽食を入れる形にすれば1回の量を減らせる
水分補給にはプロテインを混ぜる
カロリーとタンパク質は、これで充たせるはず
指導者は食事、栄養のことを、もっと勉強しろ
名無しさん
1時間前
かなり頭の悪い指導者ですねー!
炭水化物完全カットのダイエットをするみたいに知性の低い発想力です。栄養学の基本も分からずに極端な事をすると必ず身体を壊します。
炭水化物の過剰摂取が万が一上手く消化できたとしても肥満児の量産をするだけ。
名無しさん
1時間前
相撲の力士が体を大きくするための食事手法を批判せず、単なる個別事案の野球を批判するあたり、東洋経済の野球嫌いが如実に出てますね
名無しさん
1時間前
タンパク質を摂らないと筋肉は付かないと思う。
名無しさん
1時間前
サッカーは痩せたほうが、機敏に動けたりする。
逆に大柄なほうが、守備・キーパーなど目立たないポジション。
名無しさん
1時間前
頭の悪い指導者は選手を潰してしまう、選手としてだけでなく人を追込み潰してしまう。
一刻も早くチーム名の公表と社会的制裁を与え、退団をした方が子供のため。
名無しさん
1時間前
ご飯一杯で角砂糖十個分くらいの糖分があるとか。
名無しさん
1時間前
そもそも練習多過ぎだと思う。
その練習に耐えられないならスポーツする資格が無いとかいう感覚がおかしい。
名無しさん
1時間前
炭水化物なんて食物繊維を除いた量が糖質なわけやから、グラム数は角砂糖とほぼ同等なのは当たり前。
白米3合が妥当かどうかは分からんがこれぐらい食えないと上にいけないのはしょうがない。
故障しやすいのも無理。
プロでもカロリーに関しては嫌々ながら食ってる人が多いし。
名無しさん
59分前
後、冒頭で成田とかいう教授が、成長ホルモンが分泌される時間帯に間に合わないなどと言ってますが、成長ホルモンは特定の時間帯に分泌されるという事実は無いというのが最近の定説です。
教授と名乗るからには、もっと勉強して欲しい。
米3合を信じる指導者と似たようなもの。
名無しさん
52分前
練習と言っても大きく分けて基礎体力をつける(ようは体づくり)のと競技に必要な技量を鍛えるがある。
基礎体力のない・ついてない子にいくら大量の食事を与えても体が吸収しないどころか拒否反応を示す。基礎体力がつき次第、食事の量はちゃんと増えていく。
まともな監督やコーチなら食べることで基礎体力をつけろという愚かな指導しない。食事の量を目安に基礎体力がどのくらいついたか判断はしてもね。
名無しさん
15分前
カルシウムは多くとらないと絶対にダメ。タンパク質も。
運動量が多くなると、野球部の人で疲労骨折になった人がいた。
筋肉が披露し過ぎて限界を超えると筋肉を傷めて力が出せないというか痛みが出始める。そうなった時と言うかそうなる前に、たんぱく質を多くとらないといけない。そうしないと筋肉や筋を傷めて病院で治療をしないといけないはめになる。
確かに長時間運動するにはカロリーが必要になるので糖分も必要なんだけどね。
この記事にもあるがそのもとになる体を作らないといけない。
名無しさん
3時間前
内臓や骨、筋肉が成長中の子どもは、様々な食材をバランス良く、何回かに分けて食べるのが一番ですよ。そして何より美味しいと思って食べられるものを。練習は辛いし大変だ、でもゴハンが美味しいという日もあれば、疲れてたくさん食べられないな、という日もあります。まずはどんなスポーツであれ、楽しい!明日もがんばろう、という心が失われないように。身体を強く大きくして、もっといいプレーをしたい、と思ったら自主的に食べるようになりますよね。そこにスムーズに移行するには、子どものうちは消化や代謝がしっかりできる身体の基礎を作ること。強制的に食べさせられる苦痛で夢やスポーツから得られる大切なものを奪う権利は大人にはありません。細い子でも体力があったり、大きくてもすぐ疲れてしまったり、体質の分析もしないでたくさん食べればデカくなるし強くなる、というのは無責任です。
名無しさん
1時間前
炭水化物ばかりだと、太るだけで筋肉つかないよ!
筋肉にはタンパク質、スタミナにはビタミン・食物繊維が大事。
食事バランスという、栄養学を無視している・・・
名無しさん
1時間前
仰る通りです。
一文一句違わず、完全に同意します。
バランス良く、健康的な食生活、睡眠、適度な練習でなければ意味がない。
スポーツをやって成績を残しても、健康でなければ意味がない。
また健康でなければ、良い成績は残せない。
食欲を失う状態は何かが間違っている。
普通に運動をしていれば、体が必要としている分ある程度お腹は空くはず…。
大人になった時に心身の糧になっていなければならないはずのスポーツで身体や精神を壊すなど本末転倒。
甘やかすという意味ではなく、スポーツマンとして、一人の人間として大切に育てて欲しい。
名無しさん
54分前
アメリカでは成長期には炭水化物ではなくタンパク質が重要だというのが当たり前。
日本の体育会はマジでバカ。
名無しさん
51分前
記事が読者にうける負の部分だけ
クローズアップされていて異論反論を狙った釣り記事ってこと
気づこう・・・
”強くなるなら”が抜けていて選択の自由はあるんですよ
消化器系は遺伝ってのもあるから鍛えてもドウにもならないけど
世の中のプロに成れる人は食べる量も凄い
食べられないなら諦めろって記事
子供の向上心=食欲を体を壊す前に
挫折させることも親の務めなんじゃないのかな
名無しさん
47分前
炭水化物中心なのは良くないし度を超えてる。確かに練習はハードで長時間だし、身体も大きく作り中学高校と益々増えていく練習の質も量にも耐えられる身体と消化能力を作らなければいけないのは分かる。普通の体格の子なら一食普通の茶碗2〜3杯とタンパク質やビタミン類をバランス良く取れる食事が理想ですよ。
名無しさん
7分前
美味しくないものや食べたくないものを「○○のため」と思って堪えて食べることができるのは大人。
子どもにはできない。
名無しさん
1時間前
我が子もクラブチームに入り、米2合を強要されている。体を作るために、たくさん食べる必要があるのは分かるが、食べさせ方や必要性など、バランスの良い指導は必要と思う。
急にたくさん食べれるものではないし、強要して食べさせて、吐いたら意味ないし。
成長期は体格、量よりも、エネルギー摂取が重要と思う。
過剰に摂取して太りすぎても体の負担になるし、エネルギー摂取が足りないと怪我や体力が持たない。
スポーツは成長期に体格よりも、いかに背を伸ばす事が重要と痛感する。体格は後からでも身につく。
1日のトータルでのエネルギー摂取量が重要と思うので、捕食は大事だが、米3合の強制の意味は分からない。
量が食べれない時は、カロリーが高いナッツ系やタンパク質をうまくこまめに摂取する方が体作りには良いと思うが、精神論の強制は意味がない
名無しさん
1時間前
球技と格闘の区別もつかないクラブはやめたほうがいい。
名無しさん
12分前
昭和思考の典型。
名無しさん
1分前
指導者アホやね
早よ辞め
名無しさん
1時間前
中学の同級生が、親がプロ野球のコーチをしていた経験もあってやはり毎食大量の丼飯を3兄弟全員が食べているという話を聞いていた。兄弟達は皆、中学生でありながら身長190以上と非常に大柄だったが、そもそも両親が同じように大柄な人だったので遺伝的要素が大きかったのではと思う。
当時、同じように沢山食べて運動していた自分はさほど伸びずに横にだけ大きくなってましたw
逆に別段運動もせず小食で自分よりずっと小柄だった別の同級生が中3~高校にかけてぐんぐん伸びて自分を追い越していきました。
人の成長というのは非常な要素が絡み合っているので、個人差も大きく唯一の正解なんてないと思います。
詰まるところ、身長に関しては成長期の頃はやたら食べるよりバランスよく食べて運動して寝て、あとは身を任せるしかないかと。筋肉は後でどうにでもなるので、どこまで伸びるかは運ですよ、運!!!
名無しさん
55分前
息子もシニアにいた時は弁当1.2キロが必須で、弁当箱の底に保冷剤を忍ばせて、計量をクリアさせてました。そうでもしないと、短時間に全部食べて、すぐに動くと吐いてしまうので…。
高校は食トレが無いところを選びましたが、高いサプリを勧められる…。
やはり成長には、遺伝的要素と食事や睡眠などの正しい生活リズムが基本ですよね。
運は、米3合やサプリでは補えないですね。
名無しさん
43分前
ウチも兄弟で野球をして身体の事では色々と苦労しましたが、やはり身体の大きさは遺伝だと思い諦めました。小学生〜中学生で身体の大きな子は大体両親どちらかが昔そんな感じだった事が多いので遺伝的要素が大きな要因だと思います。
ウチの場合、野球を辞めた途端6キロ太りました(笑)
次男は成長期がなかなか来ないので可哀想です。
名無しさん
3時間前
確かに体はデカいほうがいいかもしれない。
俺は中学校の時一応レギュラーでした。少年野球ではキャプテンでいろんなポジションも守りました。
多分技術はそこそこあったけど、体は細かったです。
自分の中学校は近隣の大会で優勝したりしてたので弱くはなかったと思います。
ある時習志野の中学校と練習試合をしたんですが、ぼこぼこにされました。正直叩きのめされました。
習志野市は野球に熱心だと聞いてましたが、とにかく同じ中学生かって言うぐらい体つきが違いましたね。みんなマッチョでした。
一概には言えないけど、やっぱりプロ目指してと家族も本人も思うならきつい事が多いと思います。並みにやってたらやっぱり並みですから。
でも、教育の一環や趣味でやるなら全然食わなくていいと思います。好きなときに練習すればいいんだから。子供がどうなりたいか、正直子供次第ですから。無理しないでそこそこで思い出づくりでもいいんじゃない?
名無しさん
1時間前
これが全てやな。
プロになるにはやはりある程度の体格は必要になる。
細い人もいるじゃん?という意見もあると思うけど少数でしょ?技術でカバーしてるんですよ。
食が細いという時点でまずスタート時点に立てて無くて、それでプロになりたいと思うのであれば
無理やりにでも食べるしかないんですよ。
親も自分も苦労するんです。
名無しさん
1時間前
DeNAの宮崎は実際165ぐらいしかないと思うし、東も170しかない。素質をのばして人一倍練習すれば身体は小さくても活かし方がある。ヤクルトの石川も165ぐらい。良い指導者に恵まれたのも大きいだろう。
食べるのが必要なのもあるだろうけれど
自分に合った栄養補給が大事なんだよな。
大谷の両親はそこそこスポーツやってたし、糸井もそう。
それぞれだと思う。
名無しさん
1時間前
プロになりたいのに何も犠牲にせずにってのは無理があるからな。『無理せず効率よく練習して、空いた時間に勉強したり恋愛したりして尚且つ監督や仲間たちと仲良く楽しく野球して甲子園で優勝する』みたいな寝言を言ってるのがヤフコメにはわいてくるからなw
名無しさん
1時間前
サッカーは痩せたほうが、機敏に動けたりする。
逆に大柄なほうが、守備・キーパーなど目立たないポジション。
名無しさん
1時間前
非科学的な指導法がまかり通っていることの問題が
この記事だな
個人の経験でしか考えないと本質を見誤る
名無しさん
1時間前
同感です。
甲子園を真剣に目指すような選手ならば、体を大きくする事はケガの防止にもなるし、絶対に必要。
試合開始の整列の際に、揃って体の大きなチームは、それだけで野球に対する真剣さやチーム一丸となって体作りも頑張ってきたな、と分かります。
ただ、小学生で夜遅くに米3合だけは、異常かな。
名無しさん
1時間前
私の県はスポーツが盛んとは言えないでプロを目指す子供は中学、高校では他県に越境して進学することも珍しくありません。
実際、強豪私立高(言い方が悪いですが、)買い付けに来て実力に応じて、全額免除特待、半額免除特待などで進学します。
我が子はサッカーになりますが、実力不足で希望の強豪私立高校へ入学金のみ免除で入学。
月額16万円、寮費、学費、生活費など。
一人っ子で何とか払ってますが、サラリーマンの私には辛い金額です。
諦めてしまう、家庭を多く見てくると、やはりプロを目指すなら早熟を求める気持ちはわかる、、、
指導者の頑張ってくれの気持ちもわかる、、
名無しさん
1時間前
本当にそうかな。効率よく、理論的に総合的に順序よく。
一握りの天才って言われる人の才能や能力に目を輝かせてる子供たちに、経験者の大人が理屈や総合的に考えてメニューを決めて育てていく。ひとりひとりに合わせた方法で。
無理でしょう。経験者であればなおさらわかると思います。やっぱり運動神経や才能はかなり重要です。アスリートの子供がスポーツ万能なのも俺は理解できちゃうし。
当たり前だけど、ほとんどの人が無茶しないとかなわない夢だし、それでも通用しない、逆に体を壊す。
スポ根で考えたら要するに本人のやる気だったり影練だったり。これを問題視ばかりするならやめればいい。本人の精神力と体力はやっぱり本人が鍛えるしかないんじゃない?やる気があれば誰でもオーバーワークしますよ。これは良くないならそこそこであきらめてもらうことだと思います。
ゲロはいてまで食った、そんなの全く無意味だ!ですかね。本人次第じゃない
名無しさん
6時間前
食事に限らず、練習量や適性ポジションについても根拠のない指導法を信念としてる指導者がいるのでは?
例えば、投手も体重が軽い選手の球が打たれやすい、高身長の選手は投手に不向きなどグループ分けをして、選手の希望ポジションを初めから却下する指導者もまだいる。
名無しさん
4時間前
指導者は、【元選手】【教師兼任】
プロや大学レベルでさえ非科学的、非学術的な指導がまかり通る
日本サッカー協会は裾野のアマチュアレベル含め指導者のレベルを上げようと指導者ライセンス制度を設けた
指導者はライセンス制度にしたら良い
名無しさん
3時間前
サッカーでもチビをキーパーやらせないだろう。希望のポジションなんてみんながみんなやらせられないだろう。少年野球なんて監督の子供がピッチャーとざら遊びだよ。
名無しさん
2時間前
こんなの、食べました~って言っときゃ済む。
弁当はごまかせないけど…
野球脳の監督につきあうにはそこそこの知恵がいるって子供に教えないと逃げ場がなくなってつぶれる。
名無しさん
2時間前
なぜその監督は高身長の選手は投手に不向きって思ったの?逆なら分かるんだけど。
名無しさん
1時間前
メガネはキャッチャーに向かないでプロが古田を指名しなかったのは有名だしちびの甲斐は育成枠プロ野球の影響でしょう。
名無しさん
37分前
てか親も流石に指導方針も確認しないでリトルとか入れないでしょ(スポ小は知らんけど)
やってみたらつらすぎて文句言ってるようにしか聞こえない
名無しさん
51分前
こんなことしたらトラウマになって野球人生を断たれてしまう。
そんな事までして強くなったとして、本人は幸せな人生を送れるのだろうか?
大人が子供をツールとして使いすぎている。
現在の部活やスポ少は勝つことばかり。
毒だと思う。
体や人格形成する時期に、適度に体を動かし、コミュニケーション能力や道徳心を養うところに大きな意味があるのに。
そこをおざなりにしすぎている。
自発的に強くなりたくて食べるとかなら応援しても良いが、科学的根拠に反する根性論を押し付けても、せっかくの才能を潰すどころか、人格や体を形成することすらままならず、長い人生を大人の手で歪めてしまう。
プロになるのなんて稀なケースなのだから、そんな苦しい毒を強いるよりも、思いきって別な選択肢で楽しく頑張れることに切り替えて欲しいと思う。
そのほうが親も子も幸せ。
名無しさん
2時間前
少年野球の指導者は、子供たちが野球をやめずに高校生、あるいはその先まで野球を続けてくれるような子に育成するのが一番だと思う。
その過程において、大会などがあり勝負の世界で色々なことを学ぶのだと思う。どうも指導者の中には子供たちに勝つことや上手くなることの喜びを与えることを理由にして、自分の監督としての自己満足のために指導している人が多いような気がする。子供に辛い思いをさせてまで食べさせるなんて、体罰と一緒で愚の骨頂。
名無しさん
2時間前
めちゃくちゃな話ですね。脅迫ですよ。男の子はある時期からめっちゃ食べる子が多いとおもいますが、作る側が気を付けないといけないのは量ではなく、栄養のバランスだと思います。食べたいだけ食べることがあっても、その中に野菜をたくさん使うなどの工夫があればいいんじゃないのかな。米食べて体を大きくするっていつの時代の迷信?大きくなる以前に体壊したら何の意味もない。
名無しさん
2時間前
自分が親なら辞めさせたい気持ち
名無しさん
1時間前
小学校からこんなスポーツクラブでやらせる親の責任もあるんだろうな。
名無しさん
1時間前
自分が親なら食べたふりさせます。
名無しさん
1時間前
小学生が夜遅くに米3合だけは異常ですね。
確かに野球をするうえでホームランを量産したいとか、ケガの防止の為にも体を大きくする事は大事ですが。
チームの保護者でスポーツ栄養学の講師を招いて、全員で正しい食トレ方法を学ぶべきです。
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.10.6

母親がマニキュア落としに使った除光液から有毒物質、同じ部屋で寝ていた2か月男児が中毒

 不慮の事故について、小児科医で緑園こどもクリニック(横浜市)院長の山中龍宏さんに聞きます。(聞き手・萩原隆史) 身の回りの製品による…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。