「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

相棒の薬物依存描写 医師危惧

テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある」と指摘する――。

プレジデントオンライン 11/12(月) 15:15配信
「シャブ山シャブ子」を演じた江藤あやさんのInstagramより

■複数の医療関係者から「あのシーン、ヤバいよ」と連絡

この数日間、ネット上で「シャブ山シャブ子」なる奇妙な名前が話題となっています。これは、11月7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の第4話に登場した中年女性の名前です。

その女性は、番組終盤、忽然と白昼の公園にあらわれ、手にしたハンマーでいきなり刑事を撲殺したのです。殺害後に奇声をあげて高笑いをする姿はあまりにも異様で、多くの視聴者に強烈なインパクトを与えました。

その後、警察の取調室で、その中年女性は場違いかつ年齢不相応な高いテンションで自らをこう名乗りました。「シャブ山シャブ子、17歳です! 」。カメラは肘窩(ちゅうか)部にある注射痕を映し出し、彼女がシャブ(覚せい剤)の常習者であることを視聴者に知らせ、その間、彼女は、羽虫の幻覚でも見えているのか、しきりと目の前の何かを振り払うしぐさを繰り返していました。さらに次の場面では、取り調べを終えた刑事たちの立ち話のなかで、彼女に関する情報が明かされました――「重度の薬物依存症者」「責任能力を問えない可能性がある」と。

私はリアルタイムでこの番組を観ていたわけではありません。番組終了直後、複数の医療関係者から、「あのシーン、ヤバいよ」という連絡を受け、映像を確認しました。

■あんな「覚せい剤依存症患者」は実在しない

「これは薬物依存症者じゃなくて、ただのゾンビじゃないか」

それが率直な感想でした。登場時間はわずか1分あまりでしたが、放送直後からネットでは「マジ怖かった」「怖すぎて、物語に集中できなくなった」といった感想が書き込まれ、ちょっとした騒ぎになっていました。次第に「覚せい剤依存症者」を見事に演じた女優の江藤あやさんを称讃する声が数多く上がり、「シャブ山シャブ子」という言葉は、Twitterのトレンドワードに入るほど広がりました。

私は頭を抱えました。私は20年あまり薬物依存症の治療にかかわってきましたが、率直にいって、あんな覚せい剤依存症患者はいません。危険ドラッグやある種の幻覚薬を一緒に使用した場合、あるいは、他の精神障害を合併する複雑なケースならいざ知らず、少なくとも覚せい剤だけの影響でああいった状態を呈するのはまれです。

■理解不能な凶悪犯罪を「薬物」でかたづけたくなる

 

記事を全て開く
こういうと、必ず過去の覚せい剤常習者による凶悪犯罪のことをあげ、「そうはいっても、シャブをやってるやつは、いきなり人を殺すじゃないか」と反論する人もいます。確かにそういう事件があったのは事実ですが、細かく検討すると、薬物の影響がことさらに誇張されているケースが少なくありません。

たとえば、よく言及されるのは昭和56年に社会を震撼させた「深川通り魔殺人事件」です。犯人の川俣軍司がある時期覚せい剤を常用していたのは確かです。しかし、佐木隆三のルポ『深川通り魔殺人事件』(文藝春秋、1983)によれば、犯行に直接影響を与えた精神病症状である「電波」は、彼が覚せい剤に手を染める以前から存在し、覚せい剤使用の有無に関係なく、長期にわたって持続していたものでした。専門医の立場からみると、あの事件を覚せい剤の影響だけで論じるのは無理があると考えています。

思うに、世の人々は理解不能な凶悪犯罪が発生すると、未知が引き起こす不安・恐怖を軽減しようとして、できるだけその責を薬物という外在物に帰そうとする傾向があります。2012年に米国で発生した猟奇的傷害事件「マイアミ・ゾンビ事件」はそのよい例です。

この事件は、加害者が全裸で通行人の顔にかみつき、左目、鼻、顔の皮膚の大半を失う大けがを負わせたものです。加害者は駆けつけた警官が数発発砲しても被害者から離れなかったため、その場で射殺されました。事件直後、「被害者の顔を食いちぎる」というグロテスクな凶行は、加害者が摂取した危険ドラッグ「バスソルト」の影響だと報じられました。ところが捜査資料によれば、加害者の体内から危険ドラッグの成分は検出されず、危険ドラッグが事件の原因ではないことがわかっています。

■「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか」の功罪

なぜ多くの人は「シャブ山シャブ子」の演技、あるいは番組制作者の演出に、リアリティを感じてしまったのでしょうか。

海外の先進国に比べて、日本人の規制薬物の生涯経験率は驚くほど低く、日本は薬物に関してきわめてクリーンな国です。国民の大半は、一度も「本物の薬物依存症者」と直接出会うことなく生涯を終えます。会ったこともない人に対して、あのような偏見と差別意識に満ちたイメージを持っているのは、一体なぜなのでしょうか。

私は、約30年前、民放連が行った啓発キャンペーンのコピー、「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか」や、学校における薬物乱用防止教室の影響は無視できないと考えています。そうした啓発では、薬物依存症者はきまってゾンビのような姿で描かれています。

■女性の薬物依存症者を揶揄する言葉になる恐れ

このような偏見に満ちたイメージを人々に植えつけた結果、国内各地では、依存症リハビリ施設建設の反対運動が起きています。なにしろ、その施設に集まってくるのは、「人間をやめた人たち、ゾンビのような人たち」なのですから、地域住民が反対するのはあたりまえです。

「シャブ山シャブ子」は、わが国の啓発キャンペーンが作り出した不適切な薬物依存症者のイメージとぴったり当てはまったのでしょう。それだけに私は、今後、「シャブ山シャブ子」という名前が、女性の薬物依存症者を揶揄する言葉として流布されることを危惧しています。

こうした私の主張に対し、「たかがテレビドラマの話なんだから、そこまで目くじらを立てなくとも……」とお思いになる方もいるでしょう。

■薬物を規制することの弊害のほうが大きくなっている

想像してほしいのです。あのドラマで凶行に及んだ女性が薬物依存症ではなく、別の精神障害に罹患している設定だったら、どうだったでしょうか。おそらく障害者差別を助長するヘイト表現という批判が、当事者やその周辺から一気に噴出したはずです(うるさいことをいえば、「責任能力を問えない可能性がある」と登場人物にいわせている時点で、すでに心神喪失・耗弱に相当する精神障害を暗示してしまっているわけですが)。

ところが、薬物依存症だとなぜか許されてしまう――。私はそこに憤りを覚えるのです。薬物依存症もまた、他の精神障害と同様、精神保健福祉法や国際的な診断分類にも明記されたれっきとした精神障害であるにもかかわらず、わが国では依然として犯罪とする見方が優勢なのでしょう。

そうしたわが国の捉え方は時代遅れです。すでに諸外国では、薬物問題を犯罪としてではなく健康問題と捉えることが主流になっています。

かつては諸外国でも薬物問題を犯罪として扱い、薬物依存症者に対して厳罰をもって臨んできました。しかし、それにもかかわらず、薬物の生産量・消費量は上昇し、薬物の過量摂取で死亡する者と、不潔な注射器でHIVに感染する者が増加していきました。多くの薬物依存症者は、犯罪者として社会から排除されるのを恐れて、どこにも助けを求めることができないまま、ますます孤立を深めていました。つまり、薬物がもたらす弊害よりも、薬物を規制することの弊害のほうが大きくなっていったのです。

■薬物問題の改善には「差別」より「包摂」が必要

そのようななかで、オランダやスイス、カナダ、オーストラリア、ポルトガルといった国々は、刑罰によって薬物依存症者を社会から排除するのではなく、社会のなかに包摂し、居場所を与える政策を採用し、薬物問題を改善させるのに成功したわけです。今ではWHOや国連も、「薬物問題を非犯罪化し、健康問題として扱うべし」と各国に申し入れをしており、世界は確実にその方向へと進んでいます。

プレジデントオンライン 11/12(月) 15:15配信
松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書)

かつて重篤な精神障害やハンセン病を抱える人たちが、社会からの隔離・排除の対象とされ、深刻な人権侵害が許容された不幸な時代がありました。そして、いまだそれと同じ扱いを受け続けているのが、まさに薬物依存症なのです。

具体的にどんな取り組みが必要なのか。その詳細については、近著『薬物依存症』(ちくま新書)にまとめています。いつの日か、こうした状況が変化すると信じています。関心のある方はぜひ一読ください。

最後にひと言。「相棒」シリーズのドラマはいずれも考え抜かれた、すばらしいエンターテインメントだと思っています。それだけに、番組制作にかかわるスタッフには、今回の指摘を今後の番組作りに生かしてほしいと願っています。

———-
松本俊彦(まつもと・としひこ)
精神科医
国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部部長 兼 薬物依存症治療センターセンター長。医学博士。1967年生まれ。93年佐賀医科大学医学部卒業。横浜市立大学医学部附属病院などを経て、2015年より現職。近著に『薬物依存症』(ちくま新書)がある。
———-

精神科医 松本 俊彦

プレジデントオンライン

名無しさん
2分前
あれを見て、薬物中毒者がみなああなると思って見てた人はいないでしょう。同時に捕まった芸能人など、一見そこまで深刻な状態ではない人を見て、薬物はあの程度のもの、と思うのも間違っているのだろうと思います。
特に、相棒のシーンは、明らかに彼女を使って組織が殺させたと思われる場面でした。だから若い刑事が恐怖を覚えたというシーンも出てきます。
そうすると、こういうことに使うために女を拘束し極限状態に置いていた可能性もあるが、本人があの状態では立証は難しいというところだろうと思います。
個人的には一言そうしたことを推測する台詞があってもよかったと思うけど、インパクトを残す方を取ったのかな。相棒も視聴率を求められて厳しい戦いをしてるんだな、と思いました。
名無しさん
41分前
でもさ、薬物中毒って自分から薬物を使わないとならないよね?
しかも違法薬物を手に入れるって結構大変だよ?
あと一回や二回やったところで多くの人は中毒にはならないんだよね
そもそも違法薬物ってのはヤクザの一番のシノギだぞ?
それともオーストラリアみたいに薬物合法化でもするの?
悪いが薬物中毒者はただのロクデナシとしか思えないし、偏見を持たれてもしょうがないと思う
それに中毒者の恐怖を煽って薬物の怖さを知らしめるというのは有効な対策だと思うね
名無しさん
53分前
ドラマとして、どの程度誇張表現がアリかって話でない?
つか処罰するより理解して社会と共存、っていかにも学者な発言だな。
他の犯罪とリンクしやすいし、犯罪として扱う方が社会的には妥当でしょ。
理想どおりにはいかないのは現場に近いこの人の方がわかってると思うが。
名無しさん
30分前
それで成功してる国がある以上それを否定するなら失敗例を提示したら?
自分の妄想だけで否定してる時点でなんの根拠もないどっかのヘイトスピーチしてる団体と変わらないと思うが
名無しさん
2分前
精神障害者と比較しないで。
精神障害者はそうなりたくてなったわけでは決してない。
でも薬物依存者は、自ら薬物を摂取してそうなったんでしょ?
偏見を持たれても当然のことをしておいて、誇張表現があったからと抗議の声を上げるなんてバカバカしい。
どの立場で物言ってんだ。
シャブ山シャブ子の演技にリアリティがあったかどうか、そんなものはどうでもいい。
「薬物を摂取すればああなる可能性もある」ということが大事なんだから、多少の誇張表現は薬物使用を止めるにはむしろ必要なことでは。
名無しさん
25分前
あの様な薬物依存者は存在しますよ。
覚醒剤でも色々な製造法が有り、混ぜ物をしてカサ増しした粗悪品を長期に渡り使用した結果、先生方が見た事も無い様な状態になる依存者もいるのです。
私の知人でも、あのドラマに近い状態で彷徨い歩き、亡くなった方も存在します。白目をむいて壮絶な有り様でした。
あんな事は有り得ないとか、治療中の患者に失礼だとか言う前に、病院に行く金銭さえも惜しんで薬物を購入する人間が存在する事を理解することです。
治療に赴く行動の取れる人ばかりではないのです。
逆に、その行動が取れる環境の人はドラマの様なゾンビ状態にはなりません。
名無しさん
1分前
だから薬物はやってはいけないんだ!という啓蒙活動になってますけど。
もちろん、覚せい剤をやった連中であんなのはほとんどいないってのもわかってますが、治療などをせずにずっとやり続けていれば行き着く先はあんな感じなのも事実なのでね。
ちなみに、精神疾患患者にもあれくらいやばいのは大勢いて、私はそっちもきちんと治療するべきだと啓蒙しないといけないと思ってるけど、このような「人権派」医師のせいで患者が世の中に出て行けなくなるほうがまずいと思うよ。
名無しさん
37分前
実際にはこんな患者はいないんだろうが我々の中では薬物中毒者のイメージはあんな感じ、という人も多いと思うしああはなりたくないからクスリに手を出さない、という人もいると思う。
視聴者の盛り上がりにいちいち水さすようなマネしなくてもいいのでは。
名無しさん
25分前
正面から否定して、どうしたいのですか?確かに、事実と異なることはあると思いますが、薬物根絶には、いいアピールになったと思います。
名無しさん
37分前
くだらない
ドラマだろうが
薬物依存の恐怖を知らしめる良い機会じゃないか。
名無しさん
45分前
自分の利益を損なう可能性があるからだろ(´・ω・`)
名無しさん
33分前
確かに相棒ぽくはないなとは思った。
けどシャブ中の人の演技っていつも狂った演技な気がする。まぁフィクションだしそんな批判してもね・・・。「薬物中毒と戦っている人がいる」と言われても、その演技がダメだとは思えない。
名無しさん
27分前
確かに自分は人生で一度たりとも「ヤク中」に出会ったことがない。にも関わらずあの演技を「迫真」と感じた1人だ。
また、女優さんのあのルックスの衝撃と合わさって、かなり盛り上がってしまった。
フィクション作品の中での一表現ではあるけれど、「相棒」は世情に沿った時事的な社会問題にもしばしば触れる作品である。専門家の危惧ももっともだろう。ライターがコメント欄に目を通しているかは分からないが、自分はこの記事を開いて良かったです。心に留めます。
名無しさん
3分前
人気がある証拠。いちいち気にしてたら、つまらなくなって、視聴率が落ちる。
名無しさん
3分前
あそこまで重度で指示を聞いて殺害してしらを通す
それはできないですよね。あくまで50歳代が見るドラマですから、程度が低いのです
名無しさん
20分前
これじゃ〜今後は殺人のドラマも作れなくなるね。
名無しさん
3分前
薬物依存症者は差別(区別)されて当然では。なんか差別という言葉を武器に隠れ蓑に使ってなんでも平面化しようとする人ってどうなんだろう。
名無しさん
43分前
じゃあどうだったらよかったわけ?この記事読んでも批判だけでどうしたらよかったのか書いてない。
名無しさん
4分前
結論が「薬物を規制するな」とは恐ろしい記事です
名無しさん
48分前
ドラマなんだからフィクションとして
楽しむべきでないのかなぁ?
細かいことを気にしたら、ドラマなんか
なくなるんじゃないの?
最近、何でも文句言うのが日本人の悪い癖だ!
名無しさん
たった今
現実とフィクションを分けて見られないのか
名無しさん
55分前
大丈夫です!TVは全てヤラセですから!
名無しさん
2分前
特定の医者の売名行為か?
フィクションが前提で作られてるドラマに批判するなよ。
名無しさん
58分前
強烈なシーンでした。しゃぶやましゃぶこ!薬物依存の人が周りに居ないのでよくわかりませんがあきらかにドラマなので脚色とわかりますよね!
名無しさん
38分前
ドラマはフィクションで誇張されたものなんだと分からないバカはそもそもドラマはじめフィクション作品を見るべきではないね
この学者先生みたいに
名無しさん
16分前
「アレは薬物依存者の描写として不適切」
ふーーん。じゃあモノホンはどんな感じなの?
「世界でワー、日本は遅れてルー」
………モノホンはどんな感じなの?
「相棒は、いいドラマです(完)」
………だからモノホンは…………。
名無しさん
1時間前
あれは酷かった、いや酷過ぎました。テレビ朝日の見解が聞きたいです。
名無しさん
32分前
実際そのシーンを見ましたが覚せい剤依存症患者が「シャブ山シャブ子」なんて自称するのには違和感があります。
ここからは邪推ですが脚本の設定では”軽度の症状で借金で首が回らない主婦”となっているのでは。借金棒引きの代わりに犯行に及んで覚せい剤反応が出れば刑事責任を負うことはない、と教唆されて本人も重度の患者を装う為にあのような奇行を「演じた」のではないでしょうか。
名無しさん
56分前
あんな覚せい剤依存症患者はいません。
少なくとも覚せい剤だけの影響でああいった
状態を呈するのはまれです。
結論はいると言うことでよろしいか?
まれにいるということでしょ。
名無しさん
14分前
麻薬や覚醒剤の最も深刻な問題は巨大なブラックマネーが動くということだ。世界を覆う巨大ブラックマーケットが存在するのはよく知られているだろう。薬物のために大小様々な犯罪が行われ戦争すら起こる。中毒治療の為の薬物に医療保健適用となれば当然それが犯罪に結び付く。既にそんな傾向はみえているようだが。
名無しさん
1時間前
ゾンビも実在しない。
名無しさん
1時間前
cla
シャブでもやってんのかってくらい頭悪いな君
名無しさん
24分前
あれシャブ子が勝手に犯行に及んだんじゃないやろ?組関係者が主婦をシャブ漬けにして犯行するように仕向けた雰囲気なかったか?一種のマインドコントロール的な
名無しさん
51分前
私は作りものと現実の区別がつきません
って言ってるようなもんだろ
馬鹿馬鹿しい
名無しさん
1分前
この記事書いた奴は、視聴者をバカにしている。
鵜呑みにする奴がどんだけいるかね。
名無しさん
42分前
シャブに手を出して頭がおかしくなった人に
同情したくないんで、この演出で問題ない。
「一生懸命に治療してる人もいる!!」
って、『あーそうかい。だから何?』だよ。
勝手に薬に手を出して、勝手に苦しんでて
ヘイトとか何を言い出してんだ?
こんなことでヘイト言われてもな。
人種や民族、宗教への偏見と違って、麻薬中毒を
生理的に嫌うのは正常な反応ちゃうん?
禁断症状のシャブ山さんが目の前にいたら
「かわいそうに。治療がんばって!!」なの?
「キモいし怖いし、どっか行ってくんねぇか?」
としか思わない。
これこそ自業自得の自己責任でしょう?

 

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 11月 28日

    そもそも視聴者からしてみれば、現実の薬物依存者はこのような行動はしない、とか関係無いし。
    薬物は手を出したらダメ。薬物使ってる人は怖いよ。しゃぶ山みたいになっちゃうよ!という警告として十分なドラマだったし。
    この抗議してる団体の連絡先知りたい。逆に抗議したいわ。

    • しゃぶ山しゃぶ子の兄
    • 2018年 11月 21日

    なんでもかんでも、「クレーム」?
    ドラマでフィクションでしょ。
    このような「クレーム社会」「言ったもん勝ち社会」こそ、社会の問題です。
    このようなことをいう「一部の知識人」、文句言うことで飯を食ている自称「評論家」「専門家」
    とりあえず「現状に 否」 と言って、地位を得ようとする 「研究者」
    それにのかって「正義ずらするマスコミ」

    • 匿名
    • 2018年 11月 15日

    そもそも薬物依存は自業自得の違法行為だし、そこでヘイトとか持ち出すのもお門違い。
    こういう一般的な考え方ができない人が、学者とか精神科医師として存在することのほうがどうかと思う。
    まあ話題にのっかった売名行為なんだろうけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.5.13

アマゾン「お坊さん便」VS仏教界 いまだ停戦に至らず

 葬儀や法事のお布施は“お気持ち”でこれが古くからあった“常識”である。そんな常識を覆す、定価3万5000円のアマゾン「お坊さん便」が登場し…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。