給食後も牛乳を飲まされ…学校の過剰な「完食指導」はなぜ起きる? 会食恐怖症に発展も…

 小中学校の児童生徒が、給食を残さず食べるよう教員に指導される「完食指導」がネット上で話題になっています。文部科学省が小中学校に指導を求めているわけではありませんが、学校の過剰な完食指導をきっかけに、体調を崩したり不登校になったりする事例が増えているといわれます。さらに、それが原因で大人になって精神疾患になるケースもあるそうです。過剰な完食指導などについて相談を受けている団体に聞きました。

オトナンサー 11/12(月) 6:10配信
給食の「完食指導」が精神疾患の一因に?

過剰な完食指導は体罰

 取材したのは、一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会(東京都渋谷区)です。「会食恐怖症」とは、人前でご飯を食べることに不安や恐怖感を抱き、吐き気や目まいを訴えるという精神疾患の一つで、過剰な完食指導のトラウマが主な原因だそうです。協会代表の山口健太さんに聞きました。

Q.完食指導によって不登校や体調を崩す事例が増えているのですか。

山口さん「過剰な完食指導に関する相談は保護者からが多く、1日10件近く届くこともあります。2017年12月ごろから完食指導に関する相談を受けていますが、2018年6月からは前年同月比でほぼ倍増しています。6月初めに『給食で牛乳を強要されてPTSD 静岡県で訴訟に発展』という記事が新聞に載ったことが影響しているのかもしれません」

Q.具体的には、どのような相談があるのですか。

山口さん「例えば、自閉症の小学1年の子どもがいる保護者の声です。給食が苦手で、牛乳を飲みきれなかった日は、給食後の5時間目の授業で牛乳を最後まで飲まされていました。下校の時間になっても『牛乳を飲みきれなかったら下校できない』と教員に言われ、後日、教育委員会へ相談して、学期途中で転校したそうです」

Q.そもそも、完食指導によるトラブルはなぜ発生するのですか。

山口さん「協会へ相談してきた学校の先生の中には、『校長先生が残飯を減らせというので、残さず食べさせないといけない』と話す人もいます。ですから、先生個人を一方的に敵にするのも違うと思います。要は文化的な問題なのです」

Q.完食指導は良くないことと言えますか。

山口さん「完食指導自体は悪いことではないと思います。なぜなら『食材を大切にして残さず食べる』というのは、日本ならではの大切にすべき文化ですし、当然、残飯などは少ない方がよいわけですから。

ただ、議論が必要なのは“過剰な”完食指導になっていないかという点です。『残さず食べましょう』と呼びかけるのはよいのですが、給食時間が過ぎても最後まで食べさせるという過剰な完食指導は、もはや体罰と同じです」

Q.嫌いな食材・料理が給食に出て、食べられない場合はどう指導すべきですか。

山口さん「『一口だけでも食べてみたら?』という提案は大切ですが、無理して食べさせるべきではありません。また、給食の終了時間になったら、居残りさせず片付けるべきです。なぜなら、無理して食べさせればネガティブな記憶として残り、さらに食べなくなる可能性があるからです」

Q.完食指導が過剰になってしまう背景は。

山口さん「『食事指導(給食指導)』について、適切な指導方法が確立されていないからです。指導法が分からないから、教員は『残さず食べろ!』と強制するしかない、というわけです」

Q.なぜ、最近になって過剰な完食指導の実態が顕在化してきたのでしょうか。

山口さん「現在の教員の指導方法が、以前よりも強引になったとは思いません。顕在化してきた理由は、昔と価値観が変わってきたからだと思います。例えば、近年、学校での体罰が厳禁になったり、クラブ活動の活動内容の見直しが行われたりしています。この流れで、給食の指導方法の問題点が浮上してきたのでしょう」

Q.完食指導によるトラブルを防ぐために、学校や保護者ができることは何ですか。

山口さん「学校では、栄養面だけではなく食卓でのコミュニケーションを中心にした食事指導の研修を取り入れたり、そういう場面ではどうするかなどをクラス全体で意思疎通できる機会を設けたりすべきです。保護者は、まず自宅で『過剰な完食指導』をしないこと。自宅の食卓の雰囲気を明るくして、食卓を安心した空気で満たすことも大切です」

完食指導が原因の会食恐怖症とは?

コメントを全て開く

 過剰な完食指導の大きな問題点は、大人になって“後遺症”が出るケースがあることだ、と山口さんは指摘します。会食恐怖症です。

オトナンサー 11/12(月) 6:10配信
山口健太さんの著書「会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと」

Q.会食恐怖症とは。

山口さん「人前でご飯を食べることへの不安や恐怖が大きく、『毎回の会食で吐き気がこみ上げる』『会食の機会を想像しただけで不安で眠れない』『友達同士でよく遊ぶのにご飯を一緒に食べるのだけは無理』などの症状が出る精神疾患です。症状の出方や程度は人によってさまざまで社交不安症の一つに分類されます。子どもの頃の過剰な完食指導がトラウマとなって発症する人が多いです」

Q.当事者の悩みは何ですか。

山口さん「一番の悩みは、周りの人たちに理解してもらえないことです。私自身もかつて当事者でしたが、『何で自分だけがこんなことに悩むんだろう』という絶望感が一番強かったです。

『全然食べないから一緒に居てもつまらない』と言われることもありましたが、こちらとしては、『みんなと一緒に楽しく食べたくても、身体が言うことを聞かずに食べられないから困っている』という状態で、悪気はないのです」

Q.会食恐怖症について、どのような人から、どんな相談が寄せられますか。

山口さん「当事者からの相談が一番多いですが、保護者やパートナー、保育園や学校の先生からも相談が届きます。当事者からの相談は、やはり、会食恐怖症の克服方法や『近々ある会食をどう乗り切ったらよいか』という内容がほとんどです。

保護者やパートナーの場合は『どのようにサポートしたらよいのか』という相談がメインですが、『学校の先生が給食を食べられないうちの子をのけ者にする』という相談が届くこともあります。

保育園や学校の先生は割合としては少ないのですが、『すぐに吐いてしまう子や食べない子がいるけど、どうしたらよいのか。これは会食恐怖症なのか』というものが多いです」

Q.会食恐怖症を克服・軽減するために、どのようなことをすればよいですか。

山口さん「会食で何が怖いのかをしっかり捉えて、その誤った考え方を正していくこと、段階的にハードルを上げて練習すること、この2つが大切です。

例えば、『残したら怒られるかもしれない』という怖さがある人の場合だと『人前でしっかり食べる練習』よりも『人前で食べ残しをする練習』の方が大切になります。つまり、この場合の練習のゴールは『残したら怒られるかもしれない』という考え方を改め、『食べ残しをしたとしても別に大丈夫なんだ』と思うことです。

この他、『前向きな考え方を身につけること』や『普段のストレス状態』が症状の出やすさにも関わってきます。協会の講座・カウンセリングでは、そのような部分もトータルでケアしながら克服に導いています」

協会が実施したアンケートでは、会食恐怖症当事者の62.5%が「学校や家庭における『完食指導』が会食恐怖症の発症のきっかけとなった」と回答しています。あなたの周囲で「過剰な完食指導」が行われていませんか。

オトナンサー編集部

オトナンサー

名無しさん
6時間前
楽しいはずの給食が原因で学校が嫌いになったり、精神疾患になってしまうのはおかしいし、悲しい。
残飯の量をはかって、一定期間残飯が少ないクラスを表彰するということをやっている学校もあるみたいです。
残すことはあまり良くないことだとは思いますが、大人だって監視されながらの無理やりはキツいはず。子供ならなおさら…と、元給食のおばちゃんは思います。
名無しさん
5時間前
小学校入るまでは知らない誰かが作ったものを食べる機会は少ないと思います。
ということは子は普段の親との食事から食事への接し方を形作るのだと思います。
心の中ではいつもお母さんはお父さんに押し付けてるのに・・・とか考えてるかも知れませんね。
名無しさん
5時間前
好き嫌いなくなるように親が指導しろよって思う…
残しても仕方ないって変でしょ。
幼児時代にどんな教育してるんだか。
学校の先生も大変だよ…
名無しさん
5時間前
息子が学校で「気分が悪くなって吐いた。」と。
体調が悪いわけでは無かったので、学校での様子を聞くと「それは食べ過ぎだ」と言う量を食べている。
「食べ過ぎた後に走り回ったからだ」と注意すると
「給食を何日残さず食べられらたかやっている。少しだけ残っていて、給食係が聞いても誰もいない。せっかくの記録がなくなるから」と。
体調を壊してまで食べる必要は無いと注意しました。
息子は牛乳は飲めますが、私は牛乳を飲むとかなりの頻度で下痢になります。
学校での牛乳は苦痛以外のなにものでもありませんでした。
名無しさん
5時間前
体格が小さいからみんなと同じ量を一度に食べれない、食材によっては舌がしびれる、牛乳でお腹がごろごろして午後から体育ができなくなる、女の子は生理がキツイ時は食べれない、吐いてしまう…とかいろいろあるよ。
好き嫌いの単純な話じゃなくて。
名無しさん
5時間前
cocさん
いや、残しても仕方ない、ではなく、子供によって食べられない事情も様々ですから。
名無しさん
4時間前
事情があるなら給食を装ってもらうときに少なくしてもらうとかそういう努力を教えないと…
ダメなら先生に掛け合う、それでもダメなら親に相談する。
子供は何でもされるがまま…っていうのが変な世の中…
名無しさん
4時間前
好き嫌いなんて大人になっても変わらないし
量だって男だからか食べるだろうの大盛りも大盛りハラスメントだからね
スズメくらいしか食べない少食を認めない風潮ってある
名無しさん
4時間前
残し方を学ぶは私としては嬉しくないですな。
それなら、最初から凄い少ない量をよそって貰えばいいと思います。残すのではなく、食べきれる量を食べる。
あなたが食べ残したご飯は他の(貧困などで食べられない)誰かが食べたかったご飯かもしれない、って思います。
名無しさん
4時間前
いや、昭和の昔に比べると、
だいぶ「子供は何でもなされるがまま…」
ではなくなったと思いますけどね。
名無しさん
4時間前
>最初から凄い少ない量をよそって貰えばいいと思います。
今は給食センターがつくる弁当になってるケースもあるよ。
昔みたいに学校内でつくってるところは減ってる(人件費や材料費かかるし)。
名無しさん
4時間前
でも、食材に感謝して食べられない教育をされてきた以上、食べたくなければ、親が責任持って毎日栄養計算されたお弁当を作る、その上で子どもにもその栄養の意味を教えたらどうだろうと思う。
出てきたものに1口も手を付けない、自然に食事のマナーも教わらずに育てられて来ていると見ても良いのでは。
名無しさん
4時間前
子供は何でもされるがまま…って、
小学生の頃の記憶ですが、先生は絶対的存在で、意見するなんてあり得ない事でした。今も意見できる子供はほんの一握りで、大半はされるがまま従っているのだと思います。
名無しさん
4時間前
うちの子は吐いてでも強制的に食べさせられてました。
子供から話を聞き、先生に掛け合うも、吐くうちの子が悪いと言われました。
名無しさん
3時間前
食べたくても食べられない人もいる、というのは少食の私もよく言われましたけど…なら世の中の大食いの人の食べる量を減らして寄付してあげたらって思ってた。少食の人が嫌々食べることが貧困や飢餓の解消につながるわけじゃないのにおかしいなぁと。減らす自由を認めるのと、食べる時間をもう少し長くするのがいいのではないかと思う。
コメントを全て開く
名無しさん
3時間前
喉の奥にまでスプーンを無理矢理入られて吐いて吐いて、それでも食べさせられる。吐きながらも頭を掴まれてなおスプーンを喉の奥にねじこむ。大人でも耐えれない拷問だと思う。有料の劇団がくる鑑賞会も抜きにされひとり残されで教室で食べさせられて、廊下で物凄い吐いて雑巾がけ。まだ4歳でもしっかり覚えています。毎日毎日地獄だった。
のどちんこに触れるほどスプーンを入れられる痛みや恐怖や気持ち悪さを先生は知らないでやってると思った。
叫び怒鳴りながら歯にもぶつけつつ
無理矢理喉の奥に入れて胃カメラ飲んでるみたいに
ゲーゲー凄い音立ててる生徒の頭をつかんでさらに入れてる先生は、楽しそうにも見えたよ。
虐待に興奮を覚えて笑えてくるみたいなさ。
名無しさん
3時間前
もともと牛乳でお腹を壊す人や生理痛で体調が悪いのであれば連絡帳に事情を書けばいいのでは?
周りもそうしてたけど…。今の子たちはしないのかな?
体調不良の報告無しに食べないのであれば
好き嫌いしていると判断されて当たり前。
目に見えないことなんだから、自己申告しないと先生にもわからないでしょ。
体調崩しているなかで強制的に食べさせたり、休み時間や掃除の時間まで食べさせるのは反対だけど、
苦手なものでも食べる習慣を教えていない親にも責任ありますよね。
我が子の幼稚園では苦手なものがあっても食べるよう教育されているので、年少でも2学期頃になれば誰一人残していないそうです。
長男の発達支援の園でも必ず苦手な食べ物を弁当に入れるよう言われていて、偏食を無くすよう指導があります。
名無しさん
3時間前
給食を食えなくて残されトラウマ
授業中にトイレに行かせてもらえず漏らしてトラウマ
運動会の徒競走でビリになり、長縄で自分だけ引っかかりトラウマ
学芸会で緊張しすぎて吐いてトラウマ
宿泊体験で大浴場に詰め込まれ、大事な所をからかわれてトラウマ
学校はトラウマ製造機です
名無しさん
3時間前
nsrさん
うちの子も保育園の時に完食を強制され、それでも食べられないとお仕置きとして空き教室に連れていかれ、暗幕を張って真っ暗にした中しばらく放置されました。
教育って何なのか、本気で考えました。
名無しさん
3時間前
なんでも口にしてみることは大切だと思うけど、子供も大人も味の好みはあるからね。
好みも年代によって変化するし、子供だって口に合わないものもそりゃあるよ。
それを無理矢理残さず食べることがいいことなのかどうかだよね。
出されたものなんでも食べられますは素晴らしいことなんだろうけど、給食ってたまに大人でも???な食べ合わせとか、先生すらマズいと思うものも出るようだし。
それをなんの疑問も持たずに食べられる子供の方がどうなんだ?とはならないのかな?
名無しさん
3時間前
完食ハラスメント
完ハラだな
名無しさん
3時間前
方法はさておき、給食指導自体は必要でしょ。偏食をそのままに放置して育つ方が良くない。
家庭に教育力がないから、何でも学校任せらしいしね。
名無しさん
3時間前
過剰な完食強要も問題だが、給食費未払いも問題。
名無しさん
3時間前
給食食べるのが遅い奴で頭が良いのを見たことがない。
名無しさん
3時間前
出されたものを残さないようにする教育は確かに大事だと思う。
しかし昨日TVで放送していたが、子供の舌は苦味や酸味をより強く感じるそうで、大人になって食べられるようになるのはその味覚を感じる器官が減るからだそう。
思えば、好き嫌いの多い友人は給食を居残りで食べさせられて嫌な記憶しか無いと言っていた。
本当に味や風味が嫌いで食べられない人も居るだろうが、トラウマが原因で大人になっても食べず嫌いしてしまうのは食育の本末転倒ではないかと思う。
名無しさん
3時間前
始めから少ない量をよそってもらえば…と言ってる方もいますが小学生では、それなかなかできないんですよね。
そもそも当番が配ってる場合はランダムに配膳されますし並んで取る場合も自分だけ減らしてと言うのも悪いと思わせるような雰囲気があったり当番の子が「お前だけダメ」という感じで聞いてくれないというのも普通にあります。
先生が側にいたら、それを頼む事さえ無理とか普通ですよ。
名無しさん
3時間前
配り終わった後に箸付ける前に減らしに行く、という臨機応変さはないんだろうか。
うちの子の先生は男の先生で自然に結構な大盛りにされそうになるけど、時間内に食べるには、先生、その量は無理です、減らしてくださいって言って減らしてもらうそう。
それがちゃんと言えないのも何かおかしい。
名無しさん
2時間前
issさん
それを認めない先生の方が多いと思います。日本は何もかも平等にしなきゃいけない風潮があります。体調不良でもない限り、他の男子と同じ量を食べさせることもザラなのでは?
自分の学校も、居残りで食べさせる教師は沢山居ました。皆が食べ切っているのだから、と。
名無しさん
2時間前
いや、先生が自分は結構女の子に対しては加減が分からないので言うようにと言われてるので、皆はまず時間内に食べきれる量を申告して、食べられた子がお代わりするそうですよ。
休んだ子の分の何かを全部食べられた後に、早い者勝ちで頂くそうです。
名無しさん
2時間前
体の臓器の配分が人と違って生まれつきモリモリ食べれない人間もいるし
アレルギー持ちで食べれない人間もいる。
いまだにこの二つは田舎では理解されないよね。
親が事情を話して少なく頼んでも、先生がそれを許さない。
少なくしてもらえないどころかむしろ多くなる。
アレルギーも甘え。親に言われても特別扱いするわけにはいかないと平行線。
特別扱いではなく、命にかかわるから区別してほしいと言っても
それは特別扱いだから出来ない、みんな嫌いなものがあっても
頑張って食べてるんです、アレルギーだからって特別扱いするわけにはいきません!
いまだにこんな園長のいる保育園があるから悲しいね。
名無しさん
2時間前
うちの子の学校は、苦手なものは自己申告で量を減らしたりできるよ。
ただ何か減らした子は、足らなくてもおかわりはできないルールになってるみたいだけど。
苦手なものが出た日は、お腹空かして帰って来てるわ。
名無しさん
2時間前
ワシらの時代かて残すことは許されへんかったんや!!それを今は平気で食い物残しよる。アフリカや半島の貧困エリアから見たらどう思うかガキ達に考えさせろや!
名無しさん
2時間前
減らして下さい。を言えない雰囲気がある。というのは、その雰囲気が悪いのであって、改善されなければならないと思うな。そういう雰囲気があるから言い出せない、ってのは甘えのように聞こえてしまいます。すみません。
食べられる分をしっかり食べればいい。(全く食べないのは、アレルギーなど事情がある場合を除いて良いことでは無いかなと)(のこすよりまし)
名無しさん
2時間前
中学生のいる知り合いのお母さんが言っていましたが、クラスの半分程がインフルエンザで欠席だった時も全部をつぎ分けて残食ゼロにしたそうです。
確かに残すのは良くないかもしれませんが、学校が目指す残食ゼロは本来の目的からズレているような気がします。
名無しさん
2時間前
息子の友人で二人「完食指導」と呼ばれる強制で、一人はストレスで頭皮の脱毛と嘔吐に悩まされるようになり、卒業するまでの6年間、治らずに摂食障害を診てくれる科に通院していました。
もう一人は、4年生の時の担任に毎日給食をおかわりするように強制され、無理やり口の中に入れられ、給食中にみんなの前で吐いてしまい、それで更に担任に怒鳴られる毎日で、
朝になると頭痛と嘔吐でトイレから出られなくなりました。
1学期の半ばから不登校になってしまいました。
それまでは普通に食べられるし、元気で明るかったのに、まるで人生が変えられてしまったみたいになりました。
食べ物も水も大事ですから、粗末にしてはいけないのは分かります。
分かりますが、今は戦時中でも戦後でもなく、よほど家庭が貧困だとか、虐待やネグレクトでない限り、栄養失調の子供はいません。少食なら少なめによそって、完食できたら褒めるでいいと思います。
名無しさん
2時間前
小学校のとき、給食のプリンがダメで残していたら、食べ終わるまで昼休みはなしと言われて辛かった。担任が教室を離れた時に残飯入れにヒヤヒヤしながら隠したのを思い出す。完食強制はハラスメント。教師の自己満でしかない。
名無しさん
2時間前
>減らして下さい。を言えない雰囲気がある。というのは、その雰囲気が悪いのであって、改善されなければならないと思うな。そういう雰囲気があるから言い出せない、ってのは甘えのように聞こえてしまいます。
駄目!の人蹴りで先生に無理矢理入れられますよ。
吐いても吐いてもスプーンを喉の奥にまで押し込まれます。
名無しさん
2時間前
発達障害や自閉症スペクトラムを抱えるお子さんは特に、偏食があります。
口の中が過敏性で、ご飯が砂を食べているように感じる人もいるし、針を食べているように痛みを感じてしまう人(歯ブラシも)もいます。
固形物を細かくしないと食べれなくて、工夫しながら慣らしていく場合もあります。
知り合いのお子さんは自閉症で、小学校上がるまで、ヨーグルトと飲み物、ご飯しか食べられない状態でした。
摂食外来に3歳から通院し始めて、今12歳ですが、いまだに通院しています。
自閉症の中には、決まったラーメンのみしか食べられない人もいます。
それでもちゃんと体重も身長も増伸しています。
専門家じゃないと分からないことなので、
心配になるのは当然なんですが、大丈夫なんです。
それよりも食べられないことに固執して毎日毎回罵ったり叱りつけている方が精神的に異常がでたり、二次障害になる危険性がでます。
名無しさん
2時間前
>中学生のいる知り合いのお母さんが言っていましたが、クラスの半分程がインフルエンザで欠席だった時も全部をつぎ分けて残食ゼロにしたそうです。
ホラですね。
普通,クラスの2-3割休む事態になったら学級閉鎖です。
半分ならとっくに学級閉鎖してますよ。
そもそも,普段の2倍近いメシ食わせるなんてクレイジーなことする訳ないし。
名無しさん
2時間前
確かフルーツは最後に食えって糞なルールあったなぁ…
後は牛乳で何回もお腹やられてたわ
牛乳だけは当たり前にしちゃダメ
名無しさん
2時間前
減らさないといけない体調の時は、ちゃんと先生に連絡事項として連絡帳を書いて渡すことになってる。
皮膚に疾患があって、体育の時に少し走るのに痛みなど影響があるかもしれない時にも治療経過を書いて持たせてるから。
ちゃんと連絡してあるんだろうか?
名無しさん
2時間前
スレ主です。たくさんのコメントありがとうございます。
お辛い体験をした方がたくさんいらっしゃって心苦しいです。
私は、食べられる分だけ盛ってもらう、手をつける前に食べられる分に減らす、ことが一番なのかなと思います。
でもそれもできない、ましてや吐いてまで食べさせることは先生に問題があるとしか思えません。
汗水垂らして(決して給食には入っていませんが)作ったものが、こんな形で一部の方々を不幸にしてしまうことは悲しいです。
私は楽しく食べなくきゃせっかく食べたものも栄養にならないと思っています。
実際はそんなことないと思いますが。
食べることで人間はできていると思うので、一人でも多くの人が笑って食事のできる環境になればいいなと思います。
長々とすみません。
名無しさん
2時間前
そうですよねえ…。
インフルでクラスの生徒半分が休んだって言っていたけど、ちょっと話を盛っていたかもですね。
私も鵜呑みにしていました。
でもインフルエンザで学級閉鎖になったのは事実なので、欠席者が多数でも残食ゼロにしたのは本当だと思いますよ。
名無しさん
2時間前
↑うちの娘もこの中学校へ来年入学なのですが、スゴく少食なので、中学生のお母さん達からさんざん『中学校では、小学校と違って何があっても絶対に残せないんだよ』と聞かされて不安しかないです。
名無しさん
1時間前
給食を嘔吐するまで食べさせれ、皆の前で嘔吐した事に怒鳴られを繰り返してました。家でも、強制してなくても食べ物を見ただけで気持ち悪い、吐きそうと言う様になったので、先生に掛け合っても好き嫌いする子が悪い。皆の前で嘔吐する子が悪いと言われました。
発達障害で市が運営してる病院へ通院していて、病院の先生へ相談し、病院からと市から学校へ連絡して頂けて、なんとか嘔吐しない様に給食を食べさせて貰える事になりました。
先生によっては親がお願いしても聞いてくれません。
食べ物を粗末にするのはいけないが、嘔吐するまで食べさせて、拒食症などになる程の強要は良くないと思う…。
病院でも、拒食症になり栄養失調からの病気になるのは良くない。食べれるモノを食べて、個々に合わせた食育が必要と言われました。
名無しさん
1時間前
記事も然り、皆さんのコメント然り、完全に抜け落ちてる視点がある。それは、他ならぬ保護者からの完食要求が非常に強いという実態。
本来食育は家庭でするもの。しかし、共働きや育児放棄、保護者の怠慢で、給食が唯一のまともな食事となっている家庭が非常に増えた。最近では朝食も学校任せの保護者も増え、学校側も朝食を用意している学校も増えてきた。そんな保護者に限って、食育も学校の役割だ、完食させるのが教師の義務だと言うクレームも非常に多い。保護者毎に対応を変えれば、クラスでの統一性が取れず、生徒同士や保護者同士のトラブルに発展する。
学校や教師を批判する前に、先ず親自身が親の義務を果たしているか、自問自答すべきだと思うけどね。
名無しさん
1時間前
残して当たり前よりよっぽどまし。あまりにも残したり、好き嫌い多過ぎるよー最近。給食が食べれない、遅いとかで嫌になる…じゃー勉強が得意じゃない子が勉強する事がストレスならやらなくていいの?運動がストレスならやらなくていいの?
嫌嫌がなんでも通るなら集団生活なんて成り立たない。好き嫌いが簡単に通るならなんでも楽やしね。食べれない物があるなら家庭でしっかり食べれる努力をさせるのが親の責任。なんでも学校のやり方の責任にするなよ。どこかで厳しい育てる事も大切。自分も子供の頃食べれなくて昼休みまでかかってたけど今じゃ思い出。でも体育では頑張って給食食べるの早い子よりも誉められてよかったwww
そうやって自分の得意、不得意を覚えていったしね
名無しさん
1時間前
そもそも「残飯を減らすように」というのはクラス全体としての事ですので、「はじめから少ない量を入れてもらうように頼む」ということ自体が当てはまらないわけです。
そのためか以前、先生がクラス全体としての完食を目指していて、毎回お代りする子を募っていた為に、アレルギーのある子にアレルゲンの含まれる料理を、よく確かめずに誤ってその子用の除去食の後で食べさせてしまい、その子が亡くなってしまう事故も起きました。
因みに給食の量は足りないといけないので幾らか多めになっているそうですので、無理にクラスで完食を目指す必要はないようです。
食べられる量には個人差がありますし。
名無しさん
1時間前
>勉強が得意じゃない子が勉強する事がストレスならやらなくていいの?運動がストレスならやらなくていいの?
結論から言えば、やらなくていいんだよ
それが子供の権利だから
「100点取れないなら2日でも3日でも徹夜で勉強しろ」
「さかあがり出来ないならマメが潰れても骨が折れても鉄棒にしがみ付け」
って先生が言ったら大問題なのに「給食全部食べなきゃ居残り」だけは許されるはずが無い
どこかで厳しい教育をしなきゃいけないのなら自分の家でどうぞ
名無しさん
1時間前
人間、相手が弱い者と分かったらとことん強くでるからなぁ
ひどいやつはそれを楽しむし
実際イジメもハラスメントも無くならないじゃん
良くない事ってわかっててやるヤツはきっと楽しいんだろ
名無しさん
56分前
hmx*****の奴
勉強もできなければ夏休み学校にいってやらされるよね?あれも違反??自分のやれる事はそのまま、やれない事は間違ってるって…そんなもん集団でやる事を個人個人に対応してたらなんにも前に進まない。勉強嫌ならやるなとか、体育も嫌ならやめろとかホンマこうゆう奴がクレーマーになるんやろねw
嫌々がなんでも通るなら学校いくなよw
そんな親ばっかやから子供が甘えて楽な事しかしなくなんねん。
もしかして…親じゃないよね?ww親ならその考えまじやばいよwww
名無しさん
38分前
アレルゲンを口にした子は、自分だけアレルゲン抜きの別皿を手渡しされていながら、母親が作った表の間違いと先生が持ってるものを確認しなかった。
その子自身が、他の子と同じような見た目でも別皿を渡される自分の自覚がなかったからだよ。
アレルゲン抜きの別皿を渡される子はまずお代わりは禁止だと思うよ。
名無しさん
31分前
そんな学校ありますね。給食を残さず食べるのは良いことに違いないですが、無理矢理は駄目です。体にも心にもよくないです。最近はアレルギー持ちの子供が多いから学校側もシビアになっているでしょうが、昔はお構い無し
名無しさん
29分前
食べ物は命を頂いてるのに残すのは教育上良くないよな、それに全員が同じ栄養価で育って欲しくて給食してるのに残すなら弁当持ってくればいいんだよ。
名無しさん
28分前
何でもそうだが、全員に合わせることなんてできないよ!
給食だって栄養、質、量考えて作ってるんだし。
食べられないものを食べるようにさせることを親が教えてないだけでしょ。
無理して食べなくていいよ。を、間違って子供に教えてないか??
名無しさん
27分前
小一の頃無理に食べさせられて嘔吐してしまった子がいた…おばあさん先生は片付けも手伝わず冷ややかな目でその子を見ていたな…戦後のひもじい経験をしたから子供に厳しいのかね…教師として器が小さいおばあさん先生だった
名無しさん
4時間前
私も小学生の頃は給食を食べきることができず掃除の時間でも1人で食べさせられていました。
どうしても好きになれなかった牛乳は大人になってから体に合わないことがわかり、飲むとすぐにお腹を下してしまいます。
中学生の成長期に入った頃、体が栄養を欲したのかそれまで食べることが出来なかったものも自然と食べることができるようになりました。
背は高い方で成長期によく伸びました。
だから無理に食べさせる意味がわからないです。
小さい頃から残さず食べることが出来るのは凄いけど、残した人が悪ではないです。
自分の体と相談して食べたらいいと思います。
名無しさん
4時間前
おらも牛乳、びんのやつ一気飲みするとお腹痛くなる人がいることを家庭科の先生に教えて貰ったから、それからは、給食の最初と最後で分けて飲むようにしたら大丈夫になったっちゃ。
名無しさん
4時間前
私も小学生の頃、三角パックの牛乳が飲めなくて飲むまで昼休み遊ばせて貰えなかったです。
大人になった今でもコーヒー牛乳は飲めても牛乳は味が苦手で飲めません。
無理なものは無理なんですよ。
名無しさん
4時間前
私も小1~2の間は給食後の掃除の時間まで食べてました。同じメニューでも母が作った味じゃないと美味しく感じなくて食べられなかった。小3のあたりから突如食べられるようになり、というか食べたくなったのでそこからはおかわりもらいにいけるくらいガッツいてました(笑)
名無しさん
3時間前
大人になったら味覚も変わるしね
子どものころ食べられなかった苦手なものも大人になると自然と減っていった
こんなに食べ物が溢れてて栄養の取り方なんていくらでもあるんだから無理して食べさてトラウマにさせる必要ない
名無しさん
3時間前
飢えたら嫌いなものでも食べる。完食強要なんぞ愚の骨頂。
名無しさん
3時間前
子供にごはんを食べさせるのは親の責務であって、それを給食という商品と対価で交換してるのは実際のところ親じゃないですか。
親が提供したごはんを、残さず食べなさいと教師が言ったらダメっておかしいでしょ。そこまでいうなら親が弁当持たせるべきですよ。
なんでも教師や学校のせいにしすぎです。ひとりひとりのこどもの体調や体質まで考えて給食出すことは不可能です。少し考えたらわかりそうなもんですけどね。
残すのが絶対的悪とはもちろんちがうんですけど。
名無しさん
3時間前
玉ねぎと長ネギに含まれる、硫化プロピルのアレルギー持ちで、学校給食には辛い思い出しこありません。
数十年前の義務教育では、給食を残すのは「好き嫌い、ワガママ」とされ、戦争を経験した教員からは、完食指導を受けました。
我慢して水と一緒に呑み込んでも吐いてしまうような状況でも。
で、見せしめのように午後の授業中も机上に残された給食。
当然、イジメの格好の材料に。
数年前に検査でアレルギーが判明し、やっとトラウマが消えつつあります。
名無しさん
3時間前
別に背が伸びるとか関係ないでしょ。
残さず食べるのは食育の一環だと思いますよ。ただ、教師がそれを理解しているかが問題なんじゃないですか?
名無しさん
3時間前
さかなや肉、米や小麦、すべて生きとし生けるものだ。それを感謝の念をもって大切にいただく。
残さず食べるのは当たり前ではないか?食べ残さないよう指導すること自体が問題であると言わんばかりの言説が強まっている。
全く間違っている。基本は何なのか、立ち返るべきだ。アレルギーなどの問題は例外として適切に対応すればいい話なのであって、大元が間違っているかのような議論はおかしい。
名無しさん
3時間前
俺は意地悪だったから、給食の時に先生が苦手なものを残そうとすると、「先生、全部食べないとダメだよ」と嫌味を言ってましたが…
名無しさん
3時間前
学校や教師が子どもの食欲にまで権力をふるうことに違和感ある。残さないのは大事だけど大人でも好き嫌いある人多いし体調だって変化あるわけで。
昔からある問題だけど食べる前に減らすとか食べられる人にあげるとかすればいいだけじゃん。
あまりにも子供の気持ち無視だよ。
楽しいはずの食事が苦痛になるとかどんな拷問だよ。
名無しさん
2時間前
乳糖不耐性ですよね。私もそうです。
日本人には一定数いまして、乳製品がうまく消化できません。
最近は過敏症腸症候群などの病気(体質)、低FODMAP食品なども知られるようになってきました。
せっかく食べても、下してしまったら吸収されませんし、廃棄してるのと変わらないと思います。
学校を責めるとかではなくて、医学的な知識を持ってほしいということです。
名無しさん
2時間前
牛乳のせいで昼休みが少ない子ってクラスに1~2人はいますよね。
私もそうでした。
4年生位から特にうるさい先生ではなかったので別の子に貰ってもらってました。
最悪だったのは校外学習でちょっとした登山があって頂上で支給されたのが牛乳・・・無理なのでやはり別の子にあげました。
今思うとちょっと危ないけど無理な物は無理
牛乳としてはその頃から口にしてないです。
これから先も余程の事がないと口にしないと思います。
牛乳も好きな人に美味しく飲んでもらいたいよね。
名無しさん
2時間前
今年小学校に入学した息子。
給食が食べられるか本当に心配でした。
友達は給食が嫌で、朝の腹痛から登校拒否が始まり、それを心配した親が先生と面談したところ、来年定年退職を迎えるベテラン先生は「君がどうしてこんなに大きくなって、校庭で元気に遊んだり、皆とたくさんお勉強出来るか判るかな?
お母さんが作ってくれたご飯を小さな頃からたくさん食べたからだよ。
だから、食べられないものは無理して食べなくてもいいし、苦手なものは減らす事だって出来る。だから、ちゃんと学校に来て欲しい。そのかわり、お母さんが作ってくれたご飯をたくさん食べなさい。朝ごはんもたくさん食べて元気に学校においで!
いつか、苦手な物にチャレンジする◯◯君を見れる事を先生は楽しみにしているよ」って言って下さった。
友達は翌日から元気に登校してるし、苦手な給食も今はかなり食べれるように!
否定、強要ばかりでなく一度苦手を理解して欲しい。
名無しさん
1時間前
私も牛乳が大嫌い。匂いがダメ。おまけにマーガリンもチーズも嫌いで、息を詰めながら牛乳で流し込んでいた。中学生で弁当持参になってからウン十年、牛乳は一切飲まない。だからあの時、無理やりにでも牛乳を飲んで良かったと思う。体づくりに必要なものだったと、先生に感謝している。
名無しさん
1時間前
学校栄養士がカロリー計算をして給食の分量を決めているわけだが、個人差もあるが量は確かに多いと思う。
完食指導を否定するなら、カロリー不足について文句を言わないこと。文科省も毎年一定量の多量の残食が出ているのだから量を減らす検討も必要か。完食指導ではなく食育指導が大事でしょうね。概ね野菜嫌いな子は、我が儘な生徒か覇気がないのが多いですよ。ちなみに、小児成人病で肥満の生徒は給食を食い放題ですけどね。
名無しさん
1時間前
小学生の時は毎日牛乳7本ぐらい飲んでました
勿体ない
名無しさん
52分前
いたなぁ。午後の授業中まで食べさせられてる子。
私はカシューナッツが嫌いで、ミックスナッツみたいなメニューのときはカシューナッツだけこっそり給食袋に入れて持って帰ってたけど、牛乳はパックだから飲まずに持ち帰るとか出来なさそう。
ちなみに大人になって、カシューナッツにアレルギーがあることがわかりました。
こどものときは舌に違和感を感じていたのを「まずい」と思っていただけのようで、大人になってからは耳の中までかゆくなります。
アレルギーではない好き嫌いの類の場合は、量を減らして一口だけはがんばるとかにしたらどうかなぁ?と思います。
苦手なことにもチャレンジするっていうのは大切だと思うので。
名無しさん
51分前
一通りのお皿一の一人当たりの下限と上限を決めて、あとは自分が食べれらる分だけよそうとかに出来ないのかな…。低学年だと結局自分で調整は難しいか。。
牛乳もそのままのめない子用にミルメーク常備しとくとか…甘やかしって言われるかな。。
自分も小食で、親からも「じゃあ好きな物だけでももうちょっと食べなさい!」とか昔はよく言われたけど、好きな物でももう入らない時は入らない。嫌いなものだと尚更喉元にせり上がってくるのを堪えるのに必死だった。
今でも満腹感は苦手。腹八分だと幸せだけど、それ以上食べると二日酔いした時並みに「もう二度とこんなに食わない…」って後悔するレベル。。
名無しさん
47分前
>ひとりひとりのこどもの体調や体質まで考えて給食出すことは不可能です。
取り分ける時に量を調整すればいい。全員の配膳が済んで残った分は沢山食べれられる子が食べれば食べ物が無駄にならない。
体質の問題はアレルギーの場合、下手したら死にます。
死なないにしてもお腹を壊したり具合の悪い状態では集中して勉強できません。
だいたい、吐くまで食べるって身体に悪すぎる。それが頻繁にあれば食道がやられます。
給食って命がけで食べなきゃいけないものなの?
名無しさん
39分前
掃除の時間は掃除をして、その間ロッカーの上にトレイを乗せて
その埃まみれの給食を放課後に食べさせられた。
一定の時間を過ぎると職員室に移動させられそこで食べさせられた。用務員のおじさんだけが気持ちを分かってくれて残ったままの食器を持ってきたときにいつも笑顔で迎えてくれて食器は洗ってあげるからもう帰りなさいって、毎回どんなに救われたか。
小学生の頃はほとんど食べれなかったけど身長は160ぐらいあったし、中学以降まだ伸びていった。
担任は塩を持ち込んでまでみんなに食べさせ、残ったご飯をおにぎりにして残飯を減らしていた。
担任が変わってからは自主的に塩を持参して給食を乗り切った。
中学からはお腹が空くようになって小学時代より食べれるようになった。親には給食はタダじゃないんだとよく罵倒された。
名無しさん
35分前
自分は少数派だと思いますが5、6年生の時の担任には感謝しています。生ぬるい牛乳が飲めず嫌いでしたが、担任が「牛乳飲まないと背が伸びないから頑張って飲みなさい!」と毎日必ず飲まされ(鼻をつまんで一気飲み)ましたが男子生徒の中で背が前から2番目、140cmしかなかったのが牛乳と担任のおかげで173まで伸びたので今となっては言うこと聞いといて良かったです。
体調不良になる人にとっては地獄ですね(泣)
名無しさん
28分前
自分も小学校で苦手なものが出された時、苦労したなあ。泣きながら、食べさせられてた女子もいたな。あと、忘れ物の罰として、毎日のように給食を食べさせてもらえない子もいたな。理不尽だけど、それが当たり前と思わされてたな。
名無しさん
27分前
牛乳は毎日でるから辛いよね。
自分は違うけど毎日涙目で残されてる子が可哀想でした。
ただいまだにそんな先生が残っているのが不思議。
時間外まで残すのは全面禁止でよいでしょ。
名無しさん
23分前
貝類がどうしても食べられず(後にアレルギーと判明)、完食指導のキツい教員にそれこそ、昼休み、掃除の時間、5時間目、放課後とずーっと食べるまで机の上有り、帰ることも出来なかった。
たまたま私用で来た友人のお母さんがそれを目撃。泣きながら残す事を教師に懇願する私を見て激怒。学校、PTAを巻き込んで、チョッとした騒動になった。
家に教頭と教師が来て謝罪され、それ以来、「嫌いなものは食べなくてよい」と通達が出た。
好き嫌いの多い友達に感謝されたよ。
名無しさん
11分前
私も牛乳を飲むとお腹壊してました
乳製品も味がダメで、バニラのアイスクリームが出た時は食べられなくて完全に溶けてドロドロぬるくなっても食べるまで座らせたままにされました
意を決して不味すぎるアイスクリームを飲み込むと「フフン」とした顔の先生の顔が忘れられません
ただの嫌がらせか?と思いましたね
名無しさん
5時間前
給食がおいしいと評判の地域です。試食会でたけど、本当においしかった。外食と比べると薄味だけど、これが本来なんだなーと。
おかわりする子はいても、残す子はいないとのこと。食欲がなかったり苦手な食材がある場合は、申し出ると減らしてくれるそうです。そういう臨機応変さは必要だと思います。
でも、残ると争奪戦になるので残飯はでないんだそうで。
食べることは良しとしていても、減らすことも悪とはしないので、子供は気楽みたいです。我が子も一時食が細かったけど、給食嫌いにならずに済んだので助かりました。
名無しさん
4時間前
私の地元も、給食は充実してる方だと思います。
地元の農家さんと協力したり、献立をみるとファミレスで出てくるような子供向けのものから、地元色のある煮物までそろってて、家ではそうはいかないので助かってます。
それでも小さい頃から食が細くて困ってた子供が、なんとか食べれるようになったのは、完食システムがなくなったからかなぁ、と思ってます。
北風と太陽じゃないですが、
全部たべた!
おかわり!
と楽しそうに食べてる子たちを見ながら、味以外のものを感じているうにち、ゆっくり食欲が育っていったんだと思います。
名無しさん
3時間前
小学生のころ担任と担任のお気に入りの生徒だけフルーツポンチなど人気のメニューは最初から大盛でおかわりも担任とお気に入り先生が優先だったなぁ
美味しいメニューだけ毎日おかわりしてる先生もいた
まずい不人気メニューはもちろん最初から少な目に盛る
学校ってほんと社会の縮図だわ
名無しさん
2時間前
綺麗事言ってるけど、裏で強制されてる気もするけどね
学校がいじめはないと言うのと同じ
名無しさん
2時間前
昭和ならともかく、平成も30年になって、まだ完食強制とか驚く。美味しい給食を自由な雰囲気の中で提供するのこそ、現代文明国として正しいあり方。
名無しさん
1時間前
昭和の世代ですが、私たちの頃は先生に苦手な物があっても絶対食べさせられてましたねヽ(;´ω`)ノ
あまり冷えてない脱脂粉乳の牛乳は、美味しいとは言えなかったし(´Д`)
午後の授業中や掃除の時間まで机に給食があって、泣きなから食べて辛かったな~
机の引き出しに残飯を隠す子もいて、数日たって異臭騒ぎがあり、机の中の持ち物検査もあった記憶が…
今では考えられない対応だったよ!
名無しさん
1時間前
牛乳の栄養は分かる!
ただ内容量を半分に減らしてくれれば、あんな辛くなかったのに。。とも思う。
給食の料も少なめ分量の子が居ていいんじゃないのかな?
それなら完食出来るし、少食の子供達も嬉しいと思う。
ただ、肥満の子の食べ過ぎは注意いるけども。。。
名無しさん
1時間前
完食主義は、子育ても介護もした事のない人種の寝言。
個体差と日々の体調変化、食材に対する個人の機能の対応不全(乳糖不耐症、分解不全など)がある前提が全く理解されない、旧軍隊調の
勘違い。
と、上の教育委員会が見解を持たない限り、事なかれ主義で変わらない。
名無しさん
1時間前
うちの子達の学校も一口でいいから食べてみようという対応で、とても助かりました。少食で好き嫌いが多かった娘も給食嫌いにならずにすみ、大きくなった今は苦手な料理はありますが、好き嫌いほぼありません。
が、大食いの息子がいつもクラスの残飯係りをやらされていて、たまに満腹すぎて苦しいとぼやいていました。残飯ゼロを目指すのは良いことですが、あんまり意味ねえなと思ったのを覚えてます。
名無しさん
1時間前
おかずの量は減らせても、牛乳は減らせないんだよね。
苦手な牛乳、200ml飲みきるのはかなり辛い。
名無しさん
4時間前
子供が小学校に上がってすぐに、残した白飯を他人のコップを借りて入れられて5時間目に食べさせられたそうです。次の日から給食の時間が辛いと涙をこぼして帰るようになりました。
その借りたコップを持ち帰った事から親が状況を知ることができ、学校へ連絡をして相談できたので量を減らしてもらいました。
しかし、給食が美味しかったと言わなくなり、何を食べてきたのかも分からないと話すようになりました。
一人一人成長の度合いも違います。
完食指導も大事かもしれませんが、給食の時間を楽しく美味しく感じることができるようにしてほしいです。
名無しさん
4時間前
その教師虐待だよ。
許せない
名無しさん
3時間前
学校のマニュアルなんでしょうか??1教師の考えなんでしょうか?
子供が、辛そうなのが一番辛い。
自分の保育園のときも、嗚咽を上げ、泣きながら無理矢理口に突っ込まれてた。その食べ物の時は絶対。皆が中庭で遊んでるのを見ながら、、、
小学生のときは先生によっては残しても『良い』という先生もいればダメな先生も居ました。
今でもその食べ物が死ぬほど嫌いです。
名無しさん
3時間前
白米だけ食べさせられてもねえ……その先生アホですね。
子供の頃は楽しく食べる雰囲気だって大切なのに。
名無しさん
3時間前
自分もやられた事あるわ
一回バットに戻したおかずを「もったいないから食べなさい」と他人の残飯と一緒に皿に戻され、泣きながら食わされたのを今でも忘れてない
名無しさん
3時間前
他人の残飯、、もはや虐待ですね。
自分の子供がそんな仕打されてたら、理性飛ぶかも、、。
名無しさん
2時間前
ありえない。昭和ならともかく、平成も30年になって、頭が古過ぎる。親御さんは学校に怒鳴りこんでも良いレベル。
名無しさん
2時間前
ルールはルール!やマニュアルで頭ごなしな決まりでなく、食の細い子の声も交えて、みんなでルールを考える良い機会にできるといいですよね。
名無しさん
2時間前
ありえない!酷いですね!
名無しさん
55分前
人間、相手が弱い者と分かったらとことん強くでるからなぁ
ひどいやつはそれを楽しむし
実際イジメもハラスメントも無くならないじゃん
良くない事ってわかっててやるヤツはきっと楽しいんだろ
名無しさん
15分前
わ〜家庭で偏食も治せないのに良く言いますね〜いつもお残し有りにしてるからなんじゃないですか?
管理栄養士さんが考えて作られたバランスの良い食事を、他の子は食べてるんですよね?
何もドブみたいな食事毎日食べさせられてるんじゃないですよね?
好きなものを好きなだけど食べさせるのが立派な食育とお思いでしたら、お子さんが食べられるおかずだけにしたお弁当にでもしたらどうですか?
名無しさん
5分前
いちいち騒ぐことじゃない(笑)虐待とかアホやろ。
名無しさん
4時間前
そもそも米飯に牛乳は合わない。栄養が必要なのはわかるけど、組み合わせもそれなりに重要だと思う。栄養が摂れれば何でもいいと言うわけではない。子供のうちは特に食事は美味しい楽しいと感じながら食べることは大切だと思う。給食を残したからって体がどうなるわけでもないし、無理に完食させることはないと思う。食べたいと思える給食内容、リラックスできる環境の方が重要だと思う。
名無しさん
3時間前
別に合わせて食べてないから関係なかったわ
前か後にイッキ飲みしてる子がほとんどだから
給食食べながら牛乳チビチビ飲んでる子なんていなかった
名無しさん
3時間前
ガキの頃は家でも牛乳が味噌汁代わりだったなぁ…
名無しさん
3時間前
レストランかよ
名無しさん
2時間前
お米と牛乳ってすごい組み合わせだよな。
とんかつ食べに行って、最後牛乳持って来られたら激怒するわ。笑
名無しさん
2時間前
ドリアやライスグラタンなんてホワイトソースと米の組み合わせで旨いんだから、ミルクと米が合わないとは思わないけどな。
思い込みじゃない?
名無しさん
43分前
個人的には、ご飯の日は牛乳は最後に飲んでいたので気にならない。
名無しさん
15分前
ホワイトソースは、ブイヨンやら塩やらで味付いてるから、まんま牛乳と同じと見るのはどうかと思うが、牛乳が米と合わないと思うなら、既にコメ出てるけど食べる前又は後に飲む位考えても良さそうだけどなぁ。
名無しさん
14分前
アンケートに何度も米の時はお茶にしてくれと書いたが、通ったことはない(笑)
最後に飲むようにしたけど、合わんもんは合わんよね。
でも残すのは別の問題と思う。
アレルギーとか、分解能力がないのは例外。
名無しさん
4分前
給食の時、牛乳飲めない子の分もガバガバ飲む友達がいたなぁ。牛乳効果かどうかわからないけど、久々に会ったら190㎝近くあって驚いた。
名無しさん
3時間前
完食指導は30年以上前からありましたね。
給食当番の子が盛り付ける「普通の量」は、体が小さく食自体も細かった私には「大盛」でした。
嫌いな食材やアレルギーはなく、量の多さだけが問題でしたから、先生側と話し合いをして全体量を減らして貰うことで解決しました。
その頃は家で食に関して無理強いをされたことはなかったものの、自分で食べきれる量をよそった以上は時間をかけても頑張って食べるルールがあり、それで胃袋の許容量を覚えました。
減らして貰ってもまだ多いようなときには、先に食べてくれる同級生に相談するようになりましたね。その子が食べられない食材はこちらで引き受けたりして。
残してもいいよって言われても罪悪感や落胆はありましたから、家で食べ切れる量を完食していくやり方は、私には合っていたようです。
名無しさん
2時間前
昔の給食は今とは比較にならないほど劣悪だった。
見た目とか味なんて無視、とにかくカロリーを満たしていたら何でもこいの信じられないほどの不味さ。
加えて、牛乳と乳製品嫌いの私にとっては毎日の給食が地獄でした。
無理やり食べて吐いての繰り返し。一種の拷問ですよね。
給食強要は立派な人権侵害です。
名無しさん
2時間前
いやいや、50年以上前からあるよ。5時間目になっても泣きながら食べさせられている同級生を見て、可哀想だなと思っていた。あの頃のトラウマで、今でも肉の脂身が食べられないヤツがいるよ。
名無しさん
2時間前
出された料理は残さず食べましょうって言うのは賛同できるんだけど、確かにみんな同じ量である必要はないやんね。
私は残さず食べる為に放課後まで頑張らされてた側の子供だったんで、給食にいい思い出がありません。
最初から少なく盛るという発想が、当時の自分(または担任)にあれば…と悔やまれます。
名無しさん
1時間前
話し合いのできる良い先生やクラスメイトがいてくれて、よかったですね。
最近、ルールはルール!という声を他所でもよく見かけますが、この場合弱い立場となる少食やアレルギーの子達の声こそ聞いて、みんなで助け合えるルールを作れるといいですね。
名無しさん
47分前
>話し合いのできる良い先生やクラスメイト
そうですね。最初は居残りして食べるよう強要されてて、家に帰ってから嘔吐したので親に知られました。
私の食が細すぎて四苦八苦してた時期だったらしく、母からすると親の努力を学校側が踏みにじりよった! と激おこで、即かかりつけの医者に手紙書いて貰ってましたw
後に毒親になってしまいましたが、この頃の母のことは今でも感謝しきりです。
クラスメイトも結構食欲旺盛な子が多かったのもあって、食べてあげるよーと言ってくれてたので、ピーマン2切れとパン半分を交換とかしてましたw
ただ、私の場合は見た目からして無理そうに見えたと思うんですが(6歳で12キロのチビガリ)、これが体格はそこそこだけど食が細い子だったら、大人から見たらわがままだと受け取られたのかなと思いますね。
名無しさん
17分前
うちの学校では40年前からありました。
1年生は食べなきゃ体罰も追加されます。
積極的にやってた先生は校長にまで出世してましたから国の指導だったのかもしれません。
名無しさん
4時間前
自閉症の娘がいます。支援学級、支援学校では給食の指導がありました。偏食がひどいと将来仕事先の賄いやグループホーム等に入った時本人が辛くなるからと説明がありました。確かに就労した娘を見ていると偏食をなくして正解でした。給食で先生方が一口から始めてくださり、家庭でも協力して無理強いしないで家族が美味しそうに食べるで、大嫌いだった緑の野菜は今は大好きに。好きではないけど食べられるものも増えました。綺麗に残す技術も必要です。苦手なものは最初から少な目にしてもらってました。今は極端に辛いもの、酸っぱいもの以外はたいがい食べられるようになりました。ほろ苦いものも美味しさとして楽しめます。給食指導って本来こうじゃないかな?
名無しさん
3時間前
吐くほど嫌いだと、難しいでしょうか??
名無しさん
3時間前
こういう言い方は誤解を招く危険が有るし、福祉教育の根幹に関わることだから軽率なことは言えないが、
支援、養護学校の先生は生徒が社会生活に適合せんとしたり或いは社会生活そのものを可能にすることを第一義、主眼で教育活動を行っている為、個別具体的な生徒一人一人に寄り添って、ゆっくり丁寧な教育が施さんとする活動が中心となる。一般の学校の先生は、比喩誇張というでなく文字通り、よき企業戦士養成機関の監視指導員的な役割である(ゆとり教育の時期には先生のこういう感覚を緩和せんという努力態度が有ったが現在ではゆとり以前にも増してこういう感覚が強化されたる由)から完食を目指すなら、完全実施、個別具体性配慮の排除(此れをすると、目的遂行は覚束かず又深刻な依怙贔屓の問題を惹起する危険もある)を余儀なくされている。出世主義者或いは真面目な先生は完全という言葉に捉われ本文にあるが如きむりしやりな指導を当然とするのだ。
名無しさん
2時間前
支援学級で生活の基本的な動作に対する個別指導はもうホント足向けて寝られないほどありがたかった。
名無しさん
2時間前
偏食で残している子供ばかりじゃないでしょ。
名無しさん
47分前
食えなきゃ死ぬ
アレルギーならともかく
贅沢いうな!
名無しさん
47分前
私の弟も自閉症です。
幼稚園の頃はかなり偏食でしたが、小学校の特殊学級での給食指導を経て、今では好き嫌いはありません。
30年以上前なので、少々手荒な指導もあったようですが、それでも何でも食べられるようになって、親はすごく感謝していました。
名無しさん
24分前
すべての学校でこれはできないわ。
名無しさん
1時間前
家の食事も父親が厳しく食事が苦痛でしたが、幼稚園・小中学校時代は、給食も地獄でした。食べ切れないと怒られるので、毎回プレッシャーになり、給食の時間だけお腹が痛かったり吐き気がしていました。席替えをする度食べれないこともありました。給食の時間以外は普通に過ごせていました。高校では弁当でしたが、仲良い子と2人で昼食するも変わらず残す事が多かったです。
学校卒業しても、食事をする際は誰かに見られてるような気がしてしまい食べ切ることが出来ません。仕事中の昼休憩は、1人で弁当を食べても食べきれず。飲み会や食事に誘われても気にしてしまい、楽しく食事が出来ないので断ってました。
結婚した今は、家族・長い付き合いの友人とだけなら、食事を楽しく食べることができるようになりました。まだ、慣れない人との食事は残します。
子どもが生まれたら、食事に関しては私と同じ道は通らないようにしていけたらな…と思いました。
名無しさん
45分前
子供は親の姿をよく見ていますよ。
名無しさん
42分前
最初の盛り付けで、食べられる分だけにしなかったの?
名無しさん
3時間前
子供の内から、本来楽しいはずの食事の時間を憂鬱に感じるのは悲しい。
好き嫌いの食わず嫌いは問題だけど、実感としては成長期の中高生ぐらいから、極端な偏食の人は一気に少なくなるような気がする。
それに大人になったら、味蕾が嫌でも衰えるんで、大体のものは食べれるようになるんですけどね(これを味がわかる様になったと思ってる人多い)。
食事を修行の時間にするのは、食の細い子供にとっては良いことではないと思う。食のありがたみについての教育は、無理して食べる事ではないでしょう。
名無しさん
2時間前
>味蕾が嫌でも衰えるんで
そうだったんですね。今、脳が活性化されました。
でも、生魚はあまり食べられないわ。
特にマグロとか。トロがどうのこうの言われても「ああ、そうですか。」てな感じ。
名無しさん
43分前
今後の世界はさらに
安心して飲める水、安心して食べれる食べ物
これらどんどん貴重になる
味わって食べる、楽しく食べるも大事だけど
食えなきゃ死ぬということを理解しておいたほうがいい
名無しさん
45分前
学校の問題の多くは担任の問題ではなく、文中にもあるように校長らが造り出す「文化」に問題があると考えます。
昔はやや教師の行動や指導に幅や個性が容認されていましたが、現在は校長や教委の指導方針の徹底が強く、意に沿わなかったり間違った判断をした教師にはかなりきつく当たります。
もちろんマネジメントは必要ですが、ブラック企業や体育会系の体質では、しわ寄せは教師、そして生徒に全て振りかぶる。
古い体質で管理されれば若い教師も染まる。
変わるべきは校長ら管理者層だが、企業のように競争や優劣の論理が通じない。
政治などを通して、第三者の介入、リテラシーやマネジメント教育を管理職に徹底させて、強制的に変えるしかないと思います。
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2018.5.24

名古屋でモーニング1週間食べ歩いたら…本当にうどんがついてきた! 喫茶店内で目撃「究極の日常風景」

 この4月から転勤で名古屋暮らしを始めました。転勤が決まったと周囲に伝えると「コーヒーを頼むと、うどんが出てくるんでしょ」「モーニングがすっ…

人気記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。