秋篠宮さま53歳の誕生日 佳子さまのご結婚、悠仁さまの進学先について胸中を語られる【会見全文2】

佳子さまについて

ーー佳子さまの最近のご様子や大学卒業後のご活動、ご結婚についてどのようにお考えか。
悠仁さまは今年広島を訪問するなど戦争の歴史と向き合う機会を多く持たれたが、成長をどのように感じていらっしゃるか。
今後の成長に寄せる期待と中学校の進学先についてのお考えもあわせてお聞かせいただきたい。

FNN PRIME 11/30(金) 0:10配信
(画像:FNN PRIME)

秋篠宮さま
最初に次女のことですけれども、今大学の4年生になりまして、現在は卒業論文の作成に忙しくしているところのようです。
私は細かいことは知りませんけれども、夜遅くまでそれについての作業をしている様子がうかがえます。それから・・・(紀子さまをご覧になる)。

紀子さま:
ふり返りますと、次女の佳子は、今年の6月に英国から元気に帰国しました。約9か月だったと思います。
英国の滞在生活では大学で幅広い分野の講義を受けたり、また休みのときには海外、英国も海外ですが、近くの行きたいと思っていた国、スペインやポルトガルへ友人と一緒に旅行したり、様々な経験をしました。
それを通して、次女は自分の視野を広げたり、また、自分の考えを深めたりする貴重な機会となったと思います。

この数か月をふり返りますと、次女も幾つかの公的な行事に携わりました。
9月には国際情報オリンビックの開会式、その後に手話パフォーマンス甲子園の行事に出席し、そして今月は中学生たちが自分たちの経験を語る少年の主張の発表を聴きました。
大学を卒業してからは、宮中行事に出席することも多くなると思います。
これからも、公的な仕事を心を込めて大切に果たしていけるように願っております。

秋篠宮さま:
少しダブってしまいますけれども、大学卒業後はですね、次女にもいろいろな公的な仕事の依頼が来ることが予想されます。
長女がそうしているように、次女にも一つ一つ大切に思いながらそれらに取り組んでいってほしいと思います。

もう一つ、これは既にそういうことがあるのかもしれませんし、私は知りませんけれども。
大学卒業後に大学院への進学の希望を持っているかどうかも私は存じませんけれども、公的私的は別にしてですね、何かこう、ライフワークになるようなもの、それを持ってもらいたいなと思っています。

結婚についてですが、親の勝手な希望としては、それほど遅くなくしてくれたらいいとは思いますが、こればかりは、やはり御縁の関係もありますので、別に私からせかしたりすることもしません。
いずれ本人から何か言ってくるかもしれません。そのような状況です。

紀子さま:
結婚についてですが、これから先、もし次女がそのような話がありましたら、次女の考えやその先の将来のことについての考えを聞いて、私も必要なところ、大事だと思うことがあれば、お互いの話合いの中で、気持ちや考えを伝えていきたいと思います。

悠仁さまについて

記事を全て開く

ーー(悠仁さまについて)広島を訪問されたり、戦争の歴史と向き合っていかれたりとか、いろいろあったが、成長をどのように感じていらっしゃるか、また、今後の成長に寄せる期待と中学校の進学先について。

秋篠宮さま
(紀子さまをご覧になって)今年、学校であれですか。戦争のことについて。

紀子さま:
夏休みの社会の宿題で、歴史について調べたときだと思います。

秋篠宮さま:
それで、今まで長男は沖縄、長崎、小笠原に行っていますけれども、広島には今まで行ったことがなかったんですね。
そういう何かまとめるにあたって、本人自身が是非広島に行きたいという希望を持って、それで、家内と一緒に行ったわけですね。
そのように、かなり自主的に動くということをするようになってきたと思いますし、自分の意見もはっきり言うようになったなという印象は私にもあります。

一方、自分の主張だけをどんどんするのではなくて、人の話にもきちんとを傾けるようになってきたなと思います。
その延長線上にあるのかもしれませんが、人のことを思いやる気持ちというのは、以前よりも増してきたなと思います。
私が非常におおざっぱではありますけれども、感じる成長というのはそのようなところですね。

紀子さま:
先ほど宮様がお話をされていましたように、学習に対しての取り組みがとても熱心だと感じています。
小学校の6年生でも夏休みの宿題・課題が多く出され、それは7月に入ってからでしょうか、(長男は)この課題をどのように進めていこうかと、自分で考え、広島はいつか機会があったときに家族で訪れることを考えておりましたが、今年の夏ということは特に予定しておりませんでしたが、長男が、できれば(この夏に)広島を訪れて、資料館や関係者から話を聞いてみたいとのことだったので、参りました。

他にも理科の課題も出まして、火山、地震、防災がテーマだったのですが、それに関わる幾つかの場所にも出かけました。
自分の夏休みの過ごし方を、長男が自分で早めにいろいろと計画を立てて見通しを持って行動する、そのようなことができるようになったと、感じました。

成長というのかどうか分かりませんが、すてきだなと感じていること、以前よりも変わったこととして、学校で帰りの時間ですが、授業が終わった後の下校するまでの間の時間を使って、子どもたちと先生方がお互いのいいところに気づいて言葉にする、これは「いいとこ見つけ」というのでしょうか、をしています。

そういうこともあるからでしょうか、家でも私たちのいいところに気づいて教えてくれたり、ちょっと困ったり、どうしようかなと考えているときには言葉をかけたり、助けたりしてくれることがあります。

秋篠宮さま:
さっきの人を思いやるところともつながるかもしれないですね。

紀子さま:
(秋篠宮さまにうなずかれて)大事なときに言葉にすること、思うことも大事ですが、言葉にして相手に伝えることの大切さを私たちが学んでいるような気もいたします。
後もう一つお話をしますと、長男は学校の家庭科の授業でお弁当実習を始め・・・

秋篠宮さま:
調理実習じゃない?

紀子さま:
(秋篠宮さまを振り向かれて)調理実習かしら。
(悠仁さまが)お弁当を友達と一緒に作る機会がありました。
授業で学んだ料理や他にもいろいろな料理を作ってくれることが多くなりました。
私たちも素直に、「とってもおいしい」、「これはどうやって作ったのかしら」と話しますと、長男は本当にうれしそうに、この食材とこの調味料を使って作ったんだよと・・・。

秋篠宮さま:
あと自家製の野菜も。

紀子さま:
野菜作りしていますので、そうした野菜を取り入れたり。
私たちがリクエストをすると,それにけなげに応えてくれます。
いくつかお話をしましたが、学習の面、生活の面で様々な成長が今年も感じられました。

秋篠宮さま
あと、進学先については、今もう11月の末になりますので、そう遠くないうちに発表されることと思います。
それこそ進学先はいい教育をしてくれるところだといいなと、親としては思っています。

紀子さま:
進学先についての考えということですが、進学先については4年生、5年生頃からでしょうか、少しずつ話し合って、長男自身の考えや希望などを聞くことがありました。
学校でも進路について、様々に考える機会を設けてくださいました。
例えば、5年生のときにはお茶の水女子大学附属小学校の卒業生である大学生が小学校を訪ねて、そして自分たちが進路に対してどういう考えを持ったか、進んだ中学校、高校、大学でどういう生活をしていたか、そのように語る時間がありまして、そのときに子どもたちは、卒業生、自分たちの先輩にいろいろな質問をして、それにお兄さん、お姉さんたちが丁寧に答えてくださいました。
小学校のこのような時間以外にも、いろいろな中学校があって、特徴があって、カリキュラムや課外活動があることも知る機会がありました。

こうした中で、長男が自分の考えを深めることを大事にしてまいりました。
中学校でどのようなことを学びたいか、どのような活動をしたいか、今、学校や家庭でどのように過ごしたいか、そのようなことを長男はいろいろと考え、その意見や希望を聞きつつ、話し合い、進学先について考えてきました。

これからも長男の語る言葉に耳を傾けて、思いや気持ちを大事に受けとめられるよう、成長を見守っていきたいと思っています。

秋篠宮さま:
(今後の成長への期待について)
いろいろあると思いますし、なかなか期待というと本人にも重荷になることもあるので、どっちかというと、こうなってくれたらいいなと私が思っていることとして、その中の一つを挙げますと、どうしても何か物事を見るときに一面的に見がちなことがあると思います。

やはり様々なことというのは、いろいろな視点を変えて見ると全然違うところというのが出てきます。
私は長男には、何か物事を見るときに一面的ではなくて広い視野、多角的に見られるようになってほしいなという希望があります。

紀子さま:
小学生から中学生へと、おそらく学習環境や生活環境が大きく変わるところ、また、心身面の成長でも変化が見られる時期でもあると思いますので、少しずつ新しい生活に慣れていけるよう、また、子どもの成長を支えていけるように努めたいと思っています。

この1年を振り返って

ーーこの1年を振り返り、印象に残る出来事とご感想をお聞かせいただきたい。

秋篠宮さま
この1年もいろいろありました。
まず先ほどと少し重なりますけれども、自然災害が非常に多い年でした。それは地震もありましたし、台風もありましたし、それから豪雨もあったわけですね。

私自身はそれらの災害があった場所としては広島県に参りました。
まず最初に驚いたといいますか、広島の空港を出て、それから行った場所が坂町になります。済生会病院ですけれども。
高速に乗ったときにいろいろなところで土砂崩れ、大きい土砂崩れがあって、しかも道にも流されてきた木があって。
こういう場所だということをですね、普段なにげなく広島の空港から街中に出るときに高速道路に乗っていますが、改めてその地形をそのときに認識しました。

また、被害が大きかった小屋浦の方にも行きまして、そこで避難している人たちとも話をする機会がありました。
やはり避難している人たちにとってもこれほどの大きい災害になるとは思ってもいなかったという声が、何人かの人からありました。
確かに川の脇を歩いていると、その川の水量が上がって、しかも流木が流れてきたり、その他でもって大きい被害が出たわけですが、水の力というのがこれほどまでにすごいのかということを改めて私は認識しました。

そして、今後どのようにして防災そして減災をしていくかというのを、今、日本中どこでもその可能性はあるわけですので、それを考えていかないといけないということを再度思いを新たにしました。

また、今年は日本人がハワイに移住し150年になります。
私は今までハワイはトランジットでホノルルの空港しか知りません。

ですから今回現地に行って、それから日系社会の人たちと話をし、その人たちが小さかった頃の話(を聞いたり)、それから(日系社会の人たちは)今8世までいるわけで、 8世はまだ小さいお子さんでしょうけれども、その人たちが日本について思っていることであったりとか、様々なことを聞く機会になるとともに、本当にホノルルの近辺だけですけれども、音楽や歌、それから植物利用など、様々なことを私自身知ることができて大変良い機会だったと思います。

いろいろその他ありますけれども、今年はノーベル生理学・医学賞、本庶佑さんの受賞が決まりました。
最近は日本人で受賞する人も多くて、「今年も」ということになってくるんだと思いますが、もちろんそのいわゆる免疫チェックポイント阻害剤ですね、オプジーボ
まだまだおそらく課題はたくさんあると思いますけれども、今後の悪性新生物に対する一つの柱になっていくことが期待されるのではないかと思います。

そして後は、先ほども日本人の活躍ということをお話ししましたが、若い世代の人が非常に活躍した年だったなと思います。
少しだけ例を挙げれば将棋で藤井聡太さんもそうですし、15歳でしたかね。
それから、オセロゲームも大幅に記録が更新されて11歳の福地啓介さんが世界タイトルを取られたという、そしてテニスの大坂なおみさんが日本人としては初めてグランドスラムの全米のシングルス優勝、その他もろもろオリンピック・パラリンピックもありましたし、いろいろな分野で若い世代の人たちの活躍が目立ち、これは本当に明るい話題だったと思います。

代替わりの行事や儀式について

ーーお代替わりに関する日程や規模について決まりつつありますが、即位の行事や儀式についてのお考えは?

秋篠宮さま
代替わりに伴う行事で、いわゆる国事行為で行われる行事、それから皇室の行事として行われるものがあります。
国事行為で行われるものについて、私が何かを言うことができるかというと、なかなかそういうものではないと思います。そういうものではないんですね。

一方、皇室の行事として行われるものについてはどうか。これは、幾つかのものがあるわけですけれども、それについては、ある程度、例えば私の考えというものもあっても良いのではないかなと思っています。

ーー具体的には?

秋篠宮さま:
具体的にもし言うのであれば、例えば、即位の礼は、これは国事行為で行われるわけです、その一連のものは。

ただ、大嘗祭については、これは皇室の行事として行われるものですし、ある意味の宗教色が強いものになります。
私はその宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか、これは平成のときの大嘗祭のときにもそうするべきではないという立場だったわけですけれども、その頃はうんと若かったですし、多少意見を言ったぐらいですけれども。
今回も結局、そのときを踏襲することになったわけで、もうそれは決まっているわけです。

ただ、私として、やはりこのすっきりしない感じというのは、今でも持っています。
整理の仕方としては、一つの代で一度きりのものであり、大切な儀式ということから、もちろん国もそれについての関心があり、公的性格が強い、ゆえに国の国費で賄うということだと。
平成のときの整理はそうだったわけですね。

今回もそうなわけですけれども、宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに、それは、私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。今でも。
ただ、それをするためには相当な費用が掛かりますけれども。

大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。ただ、そのできる範囲で、言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば。
少なくとも皇室の行事と言っていますし。そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし、そのことは宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。

ただ、残念ながらそこを考えること、言ってみれば話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています。

眞子さまのご結婚について

ーー眞子様と小室さんの御結婚に関する質問の答えの中、「相応の対応」という言葉がありましたたが、これは、お二人の結婚の意思が今も非常に堅く、そのお気持ちを今後も支えていかれるというふうに受け止めてもいいのか。

秋篠宮さま
それとは少し違い、それを支えていくという意味でお話ししたのとは違います。
あの時の質問は、おそらく小室さんについての報道のことと、それから連絡を受けてというそれについての私の答えでしたけれども、やはりそれ相応の対応というのはこちらの対応ではなく相手側の対応ですね。
その後にお話ししましたように、やはりきちんと、どういうことなんだということを説明をして、そして多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る、それが「相応の対応」の意味です。

FNN PRIME

名無しさん
9時間前
眞子様と小室さんの結婚に対しては破談にした方が良いのではないでしょうか?
眞子様にはもっと天皇家に相応しい人が望ましいと思います。
名無しさん
9時間前
KKは一般人でも躊躇する相手だ。
結婚どころか交際も許せない。
ああいうのに惹かれてしまう価値観に育てた責任を負って、
何としても別れさせるだろう。
眞子さまが小室と結婚したいなら、
皇籍離脱し、一般人になってからにしてください。
普通の日本人ならば、祝福するのは難しい。
宮様におかれても、毅然と対応をと願うばかりです。
名無しさん
8時間前
眞子さまのご婚約に関しては
「それ相応の対応」とは、まずは最低条件として金銭スキャンダル等々をクリアにして解決することですね。
そしてそれを踏まえた上で
「多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません。」ということですから、一月前の高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんの結婚式のように、国民から祝福される状況になければ婚約はない、というお考えを示されたと考えるのが妥当でしょう。
この、後者の条件をクリアすることは、かなりの困難を伴うと思います。
名無しさん
5時間前
既にお相手の信頼はないからねー、国民から祝福されるというより、国民が呆れてものが言えない結婚になるかと思いますけどね。
それこそ、ご子息の代に果たして国民が今の天皇陛下と同じような感情を持続けていられるかわかりませんよ。
もっと深刻に受け止めた方がいいですよ。
名無しさん
2時間前
要は宮様も結婚には反対だと言いたいのではないでしょうか。
名無しさん
2時間前
はっきりあの男はダメだとなぜ言えないのでしょうね。
皇室はわざわざ回りくどい事をやるから何の解決にもならない。
名無しさん
1時間前
本人がねえ まともな神経なら ここまで言われる前にご破談だろうが ここまで言われても 気づかないんだろうなあって感じ
大事な娘の事を全国民の前で話さなきゃいけない親の心として思えば 御気の毒すぎるとも思う
名無しさん
20分前
会見をテレビでみました。紀子さまが眞子さまを思う気持ちが伝わり泣けてきました。
素敵なご夫婦です。
名無しさん
9時間前
多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る
どう転んでも無理だろうな。
名無しさん
5時間前
小室がくたばれば、世間が喜ぶ事になるな
名無しさん
9時間前
「相応の対応」良く仰って頂きました。普通に考えても、小室氏の対応は納得出来ません。
名無しさん
3時間前
わたしもハタチ位の時に親が猛反対するような人を好きになって結婚しようかと思いました。結局結婚せずに今親が認める違う人と結婚しましたが、あの時あの人と結婚しなくて心底よかったです。親が猛反対する相手というのは間違いなくそんなやつです。
今2人の子を持つ親になって心底そう思うのに、20歳前後はまるでそれがわからない、盲目な恋ほど心が焦がれるのかもね。
名無しさん
1時間前
親は子供の幸せを誰よりも願うもの。。反対したには、その先にあるある程度の困難の予測を感じ取ってたんでしょうね。親なりの子供に対する精一杯の愛情だと思う。やっぱ、親なら子供が苦労する姿は苦しいものですから。。子供じゃないんだから、責任はじぶんでとれって、嫁に出してもやっぱり、苦労してる姿をほっとけないのも、親だから。。できるだけ、無難な道を歩んでいってもらいたい。幸せになってもらいたいと強くおもうのが、親だと思う。。よかったですね。末長くお幸せに。
名無しさん
9時間前
小室さんとは破談にしたいかもしれないが、
はっきりしない口ぶりで、これは、結局は娘に押しきられてしまうのでしょうか。
なぜ、きっぱり、破談です、と言えないのか、
遠回しに何を言いたいか分からない感じで。
名無しさん
7時間前
陛下が一度許可を出してるから、それをさしおいて自分から破談とは言えないんじゃねーの
夫婦してプライド高いから陛下に取り消してくださいと頼むこともできなそうだし
名無しさん
1時間前
次の天皇陛下がNGだせば取り消しになるの?
それとも許可だしたいまの陛下がNG出さないかぎりダメなの?
名無しさん
34分前
小室よりマシなの見つけるツテもなけりゃ、小室ですら不相応な程度のスペックしかない内親王にお育てしたご自身や、そもそもツテ全潰ししたご自身と妃殿下の行動の全てが問題だからね
名無しさん
8時間前
うーん、借金癖のある人物が皇室の親戚になるのは祝福されないなぁ。
名無しさん
33分前
借金グセってほどじゃないよ。内容も金額も
紀子さん実家のタカリグセは誰が見てもタカリグセって思えるけど
名無しさん
6時間前
眞子さまの結婚問題もまだ解決できてない秋篠宮さん。
次女も可愛いさ売り物で、学力がさっぱり。留学したのに英語もダメ。秋篠宮さん、皇室の費用のことをいろいろ口出す前に、秋篠宮家の問題解決するのが先だと、思います。
コメントを全て開く
名無しさん
15分前
家庭の問題の方が、社会や職場の問題より解決困難なケースはよくあること。著名人でなくても、リーマンだって誰だってそうでしょう? 言い過ぎは良くないよ。
また、学力がどうだ、英語がどうだ、なんてどうでもいいこと。得手不得手はあって当たり前だし、そんなものだけでその人の価値を決められてたまるか。
名無しさん
4時間前
悠仁さまの場合、成年の儀式は18歳になりそうだ。成年の法律改正の影響よりも、皇位継承順位3位なので、高校3年生のうちに束帯姿で、加冠の儀に臨む可能性がある。更に、大勲位菊花大綬章をつけて、朝見の儀に臨み、今の皇太子夫妻(次の天皇と皇后)から祝賀を受けて、燕尾服に勲章をつけ、皇居の車寄せで、シルクハットを持った姿も披露される。あとは、一般参賀の時も、モーニング姿でベランダに立つし、2025年の大阪万博のセレモニーにも参加する。そこまではいいが、将来のお妃の話になると相手探しが難しくなる可能性があるのではないか。自身も、お世継ぎ誕生のために男性不妊とか産み分けということを考えるのではないか。20世紀のように、お妃との家族計画が自然任せにはできないと思う。
名無しさん
1時間前
皆さんも述べられているとおり、
秋篠宮様は皇室費用より、長女眞子様の結婚のお相手を早急に解決されることを私たちは望んでおります。借金問題を残しながらの不透明な留学資金とSPをお付けになられた費用はどこからなのでしょう?平民の私には莫大な費用に感じます。皇室費用の内容より、KK氏の早急な解決を望みます。
皇太子様が次期天皇となられる皇室の伝統ある行事はこれからも続いてほしいと私は願っております。
名無しさん
8時間前
完全な事故物件。海外のメディアでは”koreanblood”と報道されているのに日本では全く報道されていないことが気味悪い。
秋篠宮殿下は金銭トラブルさえ解決すればよいとお考えかもしれないがそれ以前の問題で、出自や人間性に疑問を抱かざるをえない。
名無しさん
6時間前
眞子内親王の件ですけど、失礼ながら、宮様も紀子様もあまり人脈に恵まれていらっしゃらなかったのかな?
人間的にも経済的にも優れていらっしゃる方は上流層に多くいるはずなのに、よりによって、あの方とは。
名無しさん
5時間前
自分の意見を言えるって素晴らしいですけどね。
子どもにもそういう姿を見せておかないと。
ただでさえ自分で考えて行動するって事がしにくい環境なのに、与えられた環境で何も言えなくなるより良いと思いました。
名無しさん
1時間前
秋篠宮様も紀子様との結婚の時聞く耳を持たれませんでしたね。父親ゆずりの頑固さを眞子様が持ってたら小室をあきらめないでしょう。
小室の母親をよく調べもしないで本人の問題だと軽率に決め婚約発表の記者会見をした軽率さは取り返しはつきません。
眞子様はあの親子のうさんくささを見抜く力はないでしょう。世間が反対してもだめでしょう。
好きにすれば良い。国民の声に耳を貸さないでしょう、眞子様は。秋篠宮様の子どもですから。
名無しさん
9時間前
ご両親が眞子さまを説得するのは難しそうだな。
名無しさん
1時間前
大正天皇だってお相手の健康不安を理由に婚約を解消された事があるんだから血税ムダ遣いのプータローと眞子さまが破談になってもなんの問題もない。
名無しさん
2時間前
もし大学院進学を希望しているなら、ぼーっと過ごしていていい時期ではない。親が何も知らないとしたら呑気にもほどがある。いいじゃん、皇族なんだから無理矢理学位とったり、「公募で」就職したりしなくても。どんだけコームの依頼があるか知らんけど。
坊ちゃんについては結局何が言いたいのだろう。野菜作ってんなら、お誕生日映像はシャボン玉飛ばしじゃなくて農作業の映像でも出せたのでは?
なんかはっきり答えてないけど、この状況で筑波大附属にねじ込むとしたら更に非難轟々だね。
名無しさん
7時間前
一般人になっても小室さんは結婚したいかな?
辛いけど、
一般人になって一緒になるか
別れるか
の選択肢だと国民も納得すると思う。
名無しさん
3時間前
小室とまこさんの結婚を秋篠宮様は破綻の方向である事を示されて、国民の大多数もそれが良いと考えている。もう引きずらないで年内とかで手を切ったらいかがですか?小室にとっても変な期待をずるずる持たせないほうがいい。米国で周囲に何を言ってるか分かりませんよ。かこさんの結婚については同じ失敗のないよう、見合いかやはり男を見る目をもった人間が太鼓判押してから世間に発表しましょう。
名無しさん
1時間前
眞子さまとあまり話せてないって・・・
無責任過ぎる
ご自身のではない大嘗祭について公に口出し、しかも宮内庁が「聞く耳を持たなかった」まで仰るのは如何なものでしょう
Kの身辺調査すべきの声に耳を貸さなかったのは秋篠宮殿下では
名無しさん
7時間前
二人で一生懸命悠仁様の事を持ち上げてるが
でも結局、この夫婦の子供なんだよな
名無しさん
2時間前
眞子さまの結婚に関してKKさんの借金問題、国民に対して受け入れられる説明をクリアすれば結婚させると言うことか?発覚してから何ヵ月もたってます。不可能なことではないでしようか?それができたとしても私は絶対に結婚させません。早く決着をつけ、税金の垂れ流しはやめて下さい・
名無しさん
2時間前
悠仁さまはすでに将来の即位について自覚をお持ちなのだと思いました。
広島に関心を持たれたのを頼もしく思います。
無意識かもしれませんが、自然災害や防災に関しても将来のご自分の立場を踏まえてのことではないかと感じます。
大嘗祭を国費を使わず皇室行事として身の丈にあった規模に、というのもごもっともなお考えだと思います。
皇嗣となられる秋篠宮さまが即位される際には実現するといいと思います。
名無しさん
1時間前
身の丈って言えるのが日本の皇族であることが誇らしい。思いやりや義憤の心は日本人が大切にすべきこと。まさに日本の象徴。
名無しさん
2時間前
小室を結婚相手としてしまうと、残りお二人のお子様の伴侶探しのハードルは、絶望的に高まると思います。内親王にあまり遅くなく結婚をご希望なのでしたら、一刻も早く小室家と絶縁すべきでは?
名無しさん
8時間前
佳子さまよりも悠仁親王よりもまず語らなアカン人が約お一人ほどおいであそばされるんですがそれは……(困惑)
名無しさん
14分前
何故、他人に借金して大学に行って、しかもアメリカ留学までしたのか分からない、、
まず、アルバイト掛け持ちでも良いから400万返すのが先だと思う。
それか眞子さまの為に他に彼女を作って、気持ちを切り替えさせてあげるとか。
名無しさん
32分前
私は長男には、何か物事を見るときに一面的ではなくて広い視野、多角的に見られるようになってほしいなという希望があります。
→ これは金言です。 本コメント欄にも言えますね。
名無しさん
6分前
小室はようやく梯子を外された感じですかね。
海外でのVIP気取りもできないように、早急に手を打って欲しいです。
小室は、小保方と同じような思考回路になってるかもしれませんね。
嫉妬されて足を引っ張られたっていう感じの。
名無しさん
9時間前
うーん。学習院から上智に変えたり、次期天皇の兄上様に対抗したいのだろうか?男の子というジョーカーも持ってるし。雅子様にシンパシーを感じる平民からしたら、この弟氏はどうなんだろう。すみません、天皇家に意見してしまって。
名無しさん
7時間前
雅子妃にシンパシーを感じていない国民もいますよ。先の大戦で昭和天皇が人種差別へ対抗する大義をお持ちの中、雅子妃は白人国家との外交以外は欠病したがる点一つとっても、皇室にそぐわないお心の方だと思います。
名無しさん
7時間前
まぁ雅子妃アンチがいくらわめいても、紀子妃のイメージが急降下してる現状では、ネガティブキャンペーンも厳しいものがあるよなw
名無しさん
6時間前
雅子妃アンチ紀子妃上げじゃないですよ~。小室の件で紀子妃にも秋篠宮殿下にも落胆していますし、国民からの信頼は地に落ちましたよね。
ネガキャンというよりは事実として申し上げたまで。家系や言動に関して、少なくとも平民がシンパシーを感じれるお方ではないかなと。
名無しさん
1時間前
上智か?世界最大の教育機関のイエズス会が経営してる。
イエズス会経営の学校の生徒学生が300万人いるらしい。
現教皇、カルロス・ゴーン
クリントン、河野太郎を排出してる。
小室氏の通ってる学校もイエズス会経営。
皇室とローマカトリック、教皇の絆が深まるか?
名無しさん
1時間前
小室氏は銀行、法律事務所と2年もたない。フォーダム大学も3年もたないと思う。また次に切り替える。そもそも法律家になりたかったのだろうか?皇室狙いの使命を帯びているだけ。
名無しさん
1時間前
現在の皇室できちんとした教育が出来るのであろうか…
名無しさん
1時間前
秋篠宮殿下に
おかれましては、
御自分の信念をしっかりお持ちで、
非常に頼もしいお方であると思います。
今後もこのように、
国民にしっかり発信して頂きたい。
天皇陛下はじめ、皇太子殿下、
そして秋篠宮殿下と、
皇室の在り方について、
本当に真摯に向き合っておられ、
素晴らしい事だと思います。
秋篠宮家に幸多かれ、
と心よりお祈り申し上げます。
名無しさん
1時間前
相応の対応!小室氏はその対応がはたして早急な対応は出来るのか!
純粋な眞子様の舵取りを母紀子様と妹佳子様に期待致します。
名無しさん
50分前
万が一マコ様がこのまま小室圭と結婚することになった場合
国民の税金の使われ方の疑問から天皇制への疑問へと大きくなり
天皇陛下、皇后陛下の国民への深いお気持ちでなされた活動が
無になるのではと心配されます。
名無しさん
1時間前
眞子様がこうなってしまっているのに、佳子様の大学卒業後の話を知らないって親としてどうなんだろう。税金使って留学までしているのに。
公務を仕事と言っているし普通に給料をもらって、その中でやりくりしている感覚なんだろうか。
名無しさん
1時間前
結婚問題に踏み込んで話されたのは非常によかった。
一方、政治に口出しは絶対にいけません。憲法違反の恐れあり。
名無しさん
2時間前
血税をなんだと思ってるのか。
皇室なくしたらいいと思うわ。
名無しさん
1時間前
天皇と皇太子以外の公務は、削減でよいと思う。
名無しさん
4分前
いくら恋は盲目と言えど、実生活営むうちにボロボロと崩れてあっという間に憎しみに変わる実態いかに多いことか。小室さんにどんな魅力があるのか分からない国民としては、身を隠している小室家母親の在り方に非常な疑問を感じ、眞子さまが、先々お幸せになられるとは思えないのだが。
名無しさん
1時間前
何故、破談にしたいと言えないのか。言わないのか。
名無しさん
4時間前
失礼ですが悠仁さまがすごいタイミングでお生まれになった時から、正直秋篠宮さまご夫婦にはあまりいい印象がありません。
もちろんおめでたいことなんですよ、ただ皇太子さま雅子さま愛子さまご家族を思うと…なんだかなぁというかんじ。
すごくしたたかなご夫婦なんだなーと。
何でも思い通りにはなりませんね、佳子さまの件では皇族どころか国民をも巻き込む大騒ぎの事態になったんですから。
名無しさん
4時間前
お願いですから佳子さまにだけは、変な虫がつきませんように。
姉とは比べ物にもならないくらい素敵な相手を探してほしい。
外国の王室なんかもいいなあ
名無しさん
4時間前
秋篠宮さまが述べたとされる,宗教色が強い大嘗祭を国費で賄わず,天皇家の私費にあたる内廷会計で賄うべきだというお考えに,政府は無視しないでもう少し耳を傾けるべきではないかと感じる.
人としての権利を認めてあげたいとも感じる.
名無しさん
4時間前
眞子さまもお若いお嬢さま!
恋愛は盲目…!
もっと他に相応しい方がいらっしゃるかもしれませんが、眞子さまとの相性が合わないかもしれません!
万一、小室さんを思って一生独身で過ごされるかもと思うと不憫です!
名無しさん
6分前
殿下はこの会見で小室に対して事実上の三行半を突きつけた
名無しさん
3時間前
「聞く耳をもたない」と軽率に言ってしまうのは
どうなのだろう
余程腹に据えかねることでもあるのだろうか
名無しさん
9時間前
紀子さん、娘ちゃんに英語の発音を教えてあげて。
名無しさん
52分前
悠仁さまが相当優秀な皇族に成長されている御様子ですね。姉たちのアレコレよりも、将来の天皇の道筋に興味津々!
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.6.19

大地震に電車の中で遭ったら?知っておくべき乗客の心得

 大地震発生時にぎゅう詰めの満員電車に乗っていたら…?線路や駅の耐震性能の現状や、何に気をつけ、どう行動すべきかなど、大地震発生時の鉄道につ…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。