川で大量のコイやフナが死ぬ、原因はJR西日本のトンネル工事か 兵庫・西宮市

 5日午前、兵庫県西宮市の津門川で水が白く濁り、コイなど約150匹が死んでいるのが見つかりました。これについてJR西日本は6日に会見を開き、山陽新幹線の六甲トンネル内で行っている補修工事で使われたモルタルが水路を伝わって津門川に流れ出て、川の水が高アルカリ化したことで魚が死んだ可能性が高いと発表しました。

MBSニュース

JR西日本は、濁った水を直接口にしない限り人体への影響はなく水の流出も止まっているとしていますが、安全が確認されるまで工事を中止するということです。

MBSニュース

MBSニュース

名無しさん
3分前
>濁った水を直接口にしない限り
十分怖い。
名無しさん
4分前
魚や生き物が大量死して人体に影響がないは、全く説得力がない。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.5.31

くまモンいたずらが「完全に放送事故」 熊本県庁も対処に動いた

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」のいたずらが、インターネット上で物議をかもしている。 [caption id="at…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。