箱根駅伝1区で捻挫の大東大・新井康平 復帰まで半年かかる見込み

 第95回箱根駅伝往路(2日)1区(21・3キロ)の200メートル手前で左足首をひねって転倒しながら、その21キロ以上を走り続けた大東大の新井康平(4年)について、奈良修監督(47)は4日、競技復帰まで約半年かかる見込みを明かした。新井は今春の卒業後、実業団のサンベルクスで競技を続ける。「進路先のチームと相談しながらじっくりと治していくしかありません。半年ほどかかると思います」と奈良監督は説明した。

スポーツ報知 1/4(金) 21:51配信
関係者に抱えられて引き揚げる新井

新井はスタート直後に左足を捻挫。痛みに耐えてタスキをつないだ。運営管理車に乗車する監督・スタッフは約10キロ地点で合流するため、奈良監督はアクシデントの現場に居合わせていなく、レース中の状況判断が難しい状況だった。「本人が走れると意思表示したが、私がやめさせるべきだったのかもしれない。将来のある選手ですし」と奈良監督は沈痛な面持ちで話した。

スポーツ報知

名無しさん
2時間前
あの場面では選手なら誰でも無理をしても走ると思う。
正解はない。誰も責められない。
名無しさん
1時間前
ドクターチェックって笑
医師が到着して診断終わるまでずっと交通規制して関係者待たせるの?
何のために繰り上げスタートがあるの?
名無しさん
1時間前
↑可哀想な奴だな…
名無しさん
1時間前
正解はないし、一律なルール作りも難しい問題だと思う。
今回は新井選手が走れると判断し、結果論でも事実走りきったのだから、それを尊重すべきでは。走ることが困難な怪我や体調なら、並走している監督や運営や判断できるだろう。
個人戦ならともかく、箱根のためにチームや関係者一丸となって努力してきたことが、一区で、自分の転倒で文字通り繋がらなくなってしまうことを考えたら、怪我したからすぐ棄権、では到底納得できないだろう。
先の選手生命云々より、今このレースに懸ける、という心境は確実にあるし、外野がとやかく言うことではないと思う。
名無しさん
1時間前
あの密集した集団で少し集中力がないように感じたよ。
まさかって感じで転んでたし
名無しさん
1時間前
アスリートにとって捻挫って下手すりゃ選手生命にも及ぶんだが
くっつきさえすれば治る骨折とは訳が違う
でも止めるべきかって言ったら微妙、もし止められた選手がその後オリンピックで金メダルを獲得するまでに至ったとしても、それが本当の満足なのかはその当人にしかわからない
名無しさん
1時間前
ベテラン医者って、足をパッと見ただけで、だいたいの症状がわかるから、ドクターチェックで長時間交通規制するようなことはよほどでないとないと思うんだけど。で捻挫で半年っていうのは、捻挫だけじゃなく靭帯かどこか痛めている可能性もあるからじゃないのか?
名無しさん
1時間前
格闘技みたいにレフェリーストップとセコンドタオルな制度があってもいいかな。
最終は視聴者のDボタンで赤とか。
名無しさん
1時間前
というか、誰か責めてるのかな?
名無しさん
58分前
誰かを責めるのはナンセンスだが、こういうときに誰も何もできなくて結局選手本人飲みの判断で競技が継続してしまうシステムは問題だと思う。
名無しさん
39分前
4年生で最後というのもあったんだろう。
名無しさん
38分前
無駄にのうのうと生きるより
人生で一番輝くときに命かけたんやろ
名無しさん
38分前
責められてでも止めるのが監督の役目じゃねーの
名無しさん
38分前
1キロ何分以上かかったら危険とかいう制度をしっかり作らないと
選手監督に任せたら
監督に負担がおおいだろ
選手からしたら多少きつくても走りタイだろうし
それを止めたら監督にも不満残しそうだし
名無しさん
36分前
この間のプリンセス駅伝の四つん這いみたいになったら誰の目から見ても棄権させるべきって思うけど 今回のはまがりなりにも走れてるし 本人にとっては最後の箱根というのもあって判断が難しかったと思う ルール作ると言っても思いつくのは明らかに朦朧としてる時と両膝ついて立ち上がれないときは中断させるって事くらいしか明記出来ない気がします‥
名無しさん
34分前
半年が大袈裟と言ってる方がいますが捻挫は靭帯や関節唇の損傷。損傷が重度なら骨折よりも治りが悪い場合もありやっかいです。
名無しさん
33分前
難しい問題ですよね。
選手が走れると言うなら監督も止めづらい。
というか監督だって心の底では無理しても襷をつないで欲しいと思っているだろう。
ドクターを監督車に乗せるということも考えられるけど、短時間で判断させるのは酷だ。
名無しさん
32分前
半年って大怪我だよね。骨折のがすぐ直る。通常の捻挫なら1週間もかからんでなおる。何かしろの対策をとらんと人によっては選手生命終わる可能性も出てくると思う。
名無しさん
32分前
診断は重いが、走り切れてしまったのも事実。
周りが止めるに止めれない、気迫あってこそのこと。
監督をはじめとし、周囲の後悔・自責の念はあるでしょうが、1区の襷を繋いだのは決して色褪せることでは決して無いでしょう。
美談にまでは出来んが、こうした怪我を少なくするための分析・意識付けをしっかりと練り直し、糧にして頂きたいものです。
名無しさん
31分前
恐らくは足の外側くるぶし下の捻挫だろうが、その状態で無理して走ると内側の靭帯やアキレス健にまで負担がかかり足周りが全体的におかしくなる。
名無しさん
30分前
本人が走ると意思表示をして、何はともあれタスキを繋ぐまで走り続けることは出来たのだから選手は問題ない。
監督としても判断が難しい状況で、明らかに走れないとかならさすがに止めただろうが足を引きずりながらも走れた以上どうしようもないし、終わってからこうなってしまったのだから「止めさせれば良かった」という後悔は当然の思い。
他の人も言ってるけど、走り切るまで代わりがいないのが駅伝の悪いところだよね。怪我をした段階での「代走」システムにしたって、その控えの選手をずっと用意しておかないといけないわけで現実的ではない。
自分1人の意思で競技を止められない辛さがあるよな。
将来を考えて止めるのも、例え将来走れなくなっても箱根の舞台で仲間にタスキを渡せればいいと考えるのもどっちも正解。
第三者が評価するのではなく、選手本人や監督、チームの仲間が納得していればそれでいいんじゃないかな。
名無しさん
29分前
走っても賛否両論、走らなくても賛否両論、難しい世の中ですね。
このケガが選手にとって悔いが無いのであれば、それが全てだと思います。
コメントを全て開く
名無しさん
27分前
ルールが悪いという議論はしてもよいのかなと思います。
名無しさん
24分前
個人ならまだしもチーム戦、それもスタート間もなくでリタイアなんて誰だってヤダよ。結果的に怪我が悪化しちゃったけど、ココは選手の意気込みを汲んであげたい。
名無しさん
24分前
感動させようと絶叫中継した日テレのレポーターは来年以降かかわらないでください
名無しさん
23分前
本人が棄権できないんだから、監督が止めるのが正解だったんじゃないか…
半年で競技復帰できるかどうかって、かなりの重症ですよ
名無しさん
21分前
高校の部活動程度で「運動していました」って顔して
偉そうにコメントをしている人の言うことなんて、無視無視w
学生スポーツとはいえ、大学体育会で努力してきた人の判断は、
その人の判断を優先すべきだ。
同様に実業団スポーツも同じ。
200メートルですっころんで走れるのなら、最後まで走ればいい。
残り200メートルで這いつくばってしまっても本人が行きたいのなら
最後まで行けばいいさ。
素人どもの理屈を超えた世界がそこにはあるんだから。
名無しさん
21分前
こんだけの怪我を負いながら、21.3kmを1時間11分という、並みの市民ランナーより速く走った箱根ランナー。
ハンパないって。
名無しさん
20分前
この前の女子駅伝の選手みたいに、走ることができなかったら誰かが止めていたかもしれないけど、走っていたからね。監督以外の人は止めることはできないよね。
名無しさん
20分前
女子駅伝の時はあれだけ批判の嵐だったのに、
これはいいんだ??
全治半年だって。
200m這って行った女子選手と20km足引きずってた選手。
こっちは良くてあっちはダメ。
世論ってホントいい加減なもんだ。
名無しさん
18分前
まぁ、スラムダンクの赤木みたいなもんだな。
一生歩けなくなってもいい。このレースだけは走る。
そういうことだ。
名無しさん
10分前
捻挫は馬鹿に出来ない。症状重いと、リハビリ含めたらそれくらいかかってもおかしくはないよ。
ただ脚を挫いただけの捻挫なら1週間もすれば治るけど、捻りが強かったら、後々クセになりやすいし、靭帯とかにも影響する。
しかも走り続けた事で、負荷がかかり、完治に時間がかかる可能性もある。
前出で誰かが話されていた通り、くっつけば治る骨折よりタチが悪い場合もある。
名無しさん
8分前
去年あれだけ騒がれても、奈良監督が止めなかったんだから答えはそこにあるよね。
前の人も言ってるが、捻挫してからのハーフマラソンがそこらの市民大会なら間違いなく入賞、捻挫してからの選手に3キロついていけるのは人口の1%未満です。
名無しさん
5分前
あの場面では監督しか止められないし、止めるべきだろう。
そして全ての責任は監督が被るべき。
一生足を引き摺らなければならない可能性も有っただろう…
名無しさん
5分前
正解はある。
周りにいる監督や運営側が
冷静に判断、介入する事です。
選手は責任感から自分から止められない。
如何に周りが冷静な判断ができるか、
その制度を確立するか、ですよ。
大昔からこういう状況を
感動の名場面と刷り込んできた日テレにも
問題あるし、怪我しても、脱水や低体温で
痙攣したり、アスファルトの道路に
ひっくり返っても止めなかった
日本陸上界にも大きな問題があるわ。
これがアスリートファーストなのかを
真剣に考え直した方がいいよ。
名無しさん
4分前
つまるところ走者の棄権に対して責任が重すぎる駅伝というシステムが根本的な原因なんだと思う。
一方でこのシステムが(賛否両論あれど)ドラマを作り、箱根の人気を支えているという現実がある。
名無しさん
3分前
高校野球のピッチャーが一人で投げ抜くのと今回の新井選手の走りはかぶりましたね。将来あるから無理しないか夢の舞台だから壊れてもいいのかと。
名無しさん
2分前
素人判断と言うなら正にこの選手と監督の事やん
何せ怪我が半年も掛かるんだから
ドクターを帯同させて無理ならドクターストップで止めるべき
大学で競技辞めるならいざ知らず、社会人でも続けるなら尚更
名無しさん
2時間前
1人の箱根駅伝ファンとして個人的な意見ですが、選手が走ると言った以上、選手も監督も責めなくて良いと思います。止めてしまったほうが一生引きずるのが目に見えてる。選手本人が走りたがってるし、途中で襷は途切れてしまったが失格にならなかったのは本当に良かったと思う。後は怪我のケアをしっかりしてあげること。
名無しさん
2時間前
四つん這いとか旋回とか、明らかな場合には強制終了かとは思いますか、今回大東大の選手に関して言えば、見守ることしかできないでしょうね。
名無しさん
2時間前
運営側が強制的にストップする仕組みを作らないと。監督は止められないよ。
名無しさん
2時間前
だからこそ、第三者(例えば大会側で用意してるお医者さんとか)が判断してあげた方が良いと思うんだよね。
そういう人の判断でのストップなら、悔しさは残るかもだけど、諦めはつくだろうしさ。
名無しさん
1時間前
このレースが人生最後くらいの覚悟で挑んでいるのを、第三者に止める権利はない。
今後の人生云々言う奴も居るが、日常生活に支障はないし、これ以上大きいレースに出れる保証もない。
ならば悔いの無いよう、声援を送ってあげるのが選手のため。
名無しさん
1時間前
少なくともあの段階で走るのを止めていたら今よりももっと後悔していたはず
名無しさん
1時間前
〉このレースが人生最後くらいの覚悟で挑んでいるのを、第三者に止める権利はない。
実業団で競技を続けると書いてあるが。
受け入れる実業団側としては止めて欲しかっただろう。
名無しさん
1時間前
〉このレースが人生最後くらいの覚悟で挑んでいるのを、第三者に止める権利はない
大袈裟だよ(笑)たかが部活だろう
名無しさん
1時間前
>このレースが人生最後くらいの覚悟で挑んでいるのを
なら一般就職するよね?
…っておなじこと突っ込む人やっぱいる…
名無しさん
1時間前
個人レースではないからなぁ。
繋ぐ事を優先させてしまうかも。駅伝ではこういう事がよくある。
治るまで半年かかるそうですね。これから先のレースに影響が出ない事を祈ります。
名無しさん
1時間前
ボクシングの試合にどれだけ人生賭けていようと、危なくなったらレフェリーは止める。これを止めずにやらせ続けるなんてのがあったらもはやそれはスポーツではない。駅伝も同じこと。日常生活に支障がなかったなんてのは結果論に過ぎない。
名無しさん
1時間前
〉このレースが人生最後くらいの覚悟で挑んでいるのを、第三者に止める権利はない
監督は第三者ではない。結果捻挫だったけど今後第一線で競技を続けれないほどの後遺症が残る可能性もあった。
高校野球でもエースは肩が壊れるほど連投しても、本人は絶対監督を責めたりしない。自分も駅伝ファンだが、駅伝だけが聖域で美談になるご時世ではないと思う。
監督が受傷した瞬間に居合わせなかったなんて言い訳。
まだ20km近い距離が残っているのであれば、
居合わせなかったのなら、なおの事止めるべきだった。
その後、彼の負った心の傷をケアするのも監督の責任。
多くの途中リタイアした選手はそこで人生が終わったわけではなく、周囲の助けもあり、そのあと、色々な形でリベンジししている。
名無しさん
1時間前
故郷の仲間や家族から期待され、関東にいき、多額のお金を使いながら、学生生活をおくる。朝練から本練。また合宿…
バイトなんてできない…
そして4年間ひたすら走って、やっと手にした走れるという権利。
もちろん、外れた選手の分まで走らなければならない…
そんな中スタートラインに立っている。
この瞬間のために4年間頑張ってきた…
もちろん、足が折れてでも、襷を届けるという任務は当たり前…
1秒でもはやく届けないと…
辞めさせるのは選手を守る監督しかいない…
名無しさん
1時間前
10㎞くらいまでは集団に付いていってたから本人に委ねるしかないですよね
名無しさん
1時間前
私は監督なら止めるべきだと思います。
そしてあの状況でその判断ができない監督は責められて当然だと思います。仲間のために襷を繋ぐのが駅伝の醍醐味なのでしょうが、学生選手の未来を繋ぐのが監督の仕事ではないでしょうか?
非公式にはなってしまったと思いますが、彼が棄権しても二区以降の選手は走らせてもらえるはずです。ならば、走る前から選手たちにそうなる可能性も含めて話しをして試合に挑むべきだと思います。
名無しさん
1時間前
>そしてあの状況でその判断ができない監督は責められて当然だと思います。
”運営管理車に乗車する監督・スタッフは約10キロ地点で合流するため、奈良監督はアクシデントの現場に居合わせていなく、レース中の状況判断が難しい状況だった。”
名無しさん
40分前
関東ローカル駅伝になぜ騒ぐ?優勝大学がまるで全国大学の頂点のような有頂天ぶり。あとなぜ女子はなし?
名無しさん
37分前
これがプロであれば自己責任なわけだから、走るか走らないかは自分で判断しろだが、学生だからね。、
ただ、実業団でやっていることが決まってる選手なのであれば、やはり自分で判断しなきゃいけないんじゃないかなー。
名無しさん
36分前
ヤフコメは個人的な意見の場だろ。評論家気取りか?
名無しさん
20分前
>yos*****
あとなぜ女子はなし?


2018全日本大学女子選抜駅伝競走【公式】
(富士山女子駅伝)が、
毎年、実施されてますよ。
今回は、大会6連覇を狙った立命大を
阻止して
名城大が初優勝を飾りました。
大東大が2位、立命大は3位でした。

名無しさん
17分前
コメ主の言うとおり
監督が止めるべきは綺麗事すぎる そんな話ほぼ聞かない
相当酷い状態になるまでは続行してしまうのが常です
『第三者に止める権利はない』個人的にはこれだと思います
このコメ主とは真逆になりますが 第三者が止めればいいの
ではないかと
選手に不測の事態が起きた場合、大会運営者(医療関係者含む)
が続行棄権の判断をする、と規定で決めておけばどうでしょう
か(もう既にあるかもしれないですけど厳格化)
これも実際難しい判断にはなりますが
医師判断+事前通告となると競技者も監督も納得せざるをえず
まだ遺恨が少なくなるのでは、と勝手に思ってますけど・・・
そう簡単なものでもないんでしょうね・・・
無事競技に早期復帰してほしいものです
名無しさん
10分前
もっとも医学的、科学的には、より正しい判断になると思います。しかし、そのことについて、しっかりと監督や選手とコンセンサス、ルールが作れるかどうかですね。
名無しさん
6分前
奈良さんはランナーが設楽か大迫だったら止めていたかもしれない。
名無しさん
1分前
現行の制度で第三者が止められない、選手は無理してでも走ろうとする、それならば止める責任は監督にある。
名無しさん
1時間前
正解はないし、一律なルール作りも難しい問題だと思う。
今回は新井選手が走れると判断し、結果論でも事実走りきったのだから、それを尊重すべきでは。走ることが困難な怪我や体調なら、並走している監督や運営や判断できるだろう。
個人戦ならともかく、箱根のためにチームや関係者一丸となって努力してきたことが、一区で、自分の転倒で文字通り繋がらなくなってしまうことを考えたら、怪我したからすぐ棄権、では到底納得できないだろう。
先の選手生命云々より、今このレースに懸ける、という心境は確実にあるし、外野がとやかく言うことではないと思う。
名無しさん
1時間前
外野がとやかく言ってるやんけ笑
名無しさん
53分前
勘違いならすいません。この人転ぶ前、前見ず、キョロキョロしてませんでしたか?
名無しさん
42分前
大学4年で引退する選手ならケガしてでも走ればいい。
卒業後も走り、日本代表、メダルを狙う覚悟のある選手は棄権する。
陸上の大会を見てればわかるが、ケガした瞬間、競技をリタイアが普通なんだけどね。
名無しさん
36分前
一キロ何分以上かかったら強制的に棄権とかルール作らないと
きっと数年に一回はこういう話題になるだろうね!!
名無しさん
35分前
駅伝という競技の構造的な欠陥だな。だから止めろとは言わないが。
名無しさん
30分前
人間は大変ですね。
総合馬術競技の野外走行などは、馬が競技中跛行したら(びっこをひいたら)、審判は競技を停止させる義務があります。
もの言わぬ動物保護の意味もありますが、
駅伝も参考にされては。
名無しさん
2時間前
基本的には選手は無理するから、選手生命考えたら監督や運営の判断で止めるべきだとは思う。
ただ今回は4年生で最後の箱根だし、棄権させて本人がそれを一生悔いるような事になったら、それは身体の傷と心の傷とどちらを取るかみたいな話になるし簡単にどっちが良かったとは言えない
名無しさん
1時間前
止めるべき、というか「こうなったら自動的に止めますよ」というルールを作らないとダメ。どれだけ盛り上がっていようと人生かけていようとスポーツである以上ルールが最優先。
名無しさん
1時間前
↑そーいうルールは今はないのがルールなんだけどね笑
名無しさん
1時間前
半年後に復帰できるようなので、結果論ではあるけど、一生の心の傷と半年の故障で後者を選択したんだなと思うことができる、今回は。
名無しさん
1時間前
半年も休めば前みたいに走れなくなるかも知れないし、怪我が元でダメになるかもね…。
まぁそれでも本人が走る。ってんなら止められん。でも監督も走れ走れ言ってなかったか?
名無しさん
56分前
捻挫を舐めちゃいけない。骨折よりよっぽど後を引くから、半年という診断が正しかったのかどうかさえ、数年経たないと最終的にはわからない。
名無しさん
27分前
本人は走ると言うに決まってる。テンション上がってるし。
我々がとやかく言う権利は無いよ、彼の人生に責任持てないし持つ気もない。走ってくれた方がネタになるからそのままで良かったんでない?と無責任に言える。
何年後かに報知が「あの選手は今」特集で取り上げてくれるよ。幸あると良いね。
名無しさん
1時間前
4年生で最後の箱根だし、ましてや1区では無理しても走り切りたいと思うだろうな
止めるべきとも思うし、でも止めたら新井選手はずっと悔いが残るだろうね。
どちらが正解というのは無い。
マラソンとは違って駅伝は自分だけじゃないから難しいな。
新井選手はまず怪我をしっかり治して、ランナーとして大きく成長できればいいんじゃないかな。
名無しさん
28分前
ただ半年かかるからな。本人にとっては、辛いだろうな。
名無しさん
11分前
これで後遺症残って走れなくなっても悔いは残るけどな
名無しさん
10分前
正解を競技者に背負わせない為にルールがあるんだが。
どうせ何ヶ月かしたら新井のことなんかみんな忘れるだろ?
名無しさん
2時間前
難しい判断だとは思いますが、選手本人が悔いを残さないのが一番だと思いますし、その判断について第三者がとやかく言う権利はないと思いますけどね
名無しさん
1時間前
正解はないし、一律なルール作りも難しい問題だと思う。
今回は新井選手が走れると判断し、結果論でも事実走りきったのだから、それを尊重すべきでは。走ることが困難な怪我や体調なら、並走している監督や運営や判断できるだろう。
個人戦ならともかく、箱根のためにチームや関係者一丸となって努力してきたことが、一区で、自分の転倒で文字通り繋がらなくなってしまうことを考えたら、怪我したからすぐ棄権、では到底納得できないだろう。
先の選手生命云々より、今このレースに懸ける、という心境は確実にあるし、外野がとやかく言うことではないと思う。
名無しさん
52分前
こういうときに当たり前に止めるのが駅伝という競技だという認識が生まれてこなくてはいけないと思う。止めたら選手が一生後悔するとかどうかではなく、そんな思いを考慮する余地もなく止めるシステムでなくては、ほんとうの意味でアスリート保護ができない。
名無しさん
14分前
怪我で選手生命絶たれたら一生悔いるは。
名無しさん
2時間前
彼の気持ちは誰にもわからない。棄権した方がいいとか走って感動を呼んだとかそれは第三者の意見であって10年、20年後に今回の判断がどうだったと言えるだろう。ただ仮に今回棄権していれば彼はとてつもなく心に傷を負うと思うが。何が正解なんて本人だってわからない。
名無しさん
1時間前
同感だ。
ただ棄権させられて、仲間を走らせることができなかったら、一生自分を責め続けるだろう。
普通の人間なら。
名無しさん
1時間前
心に傷とか関係ありません。
みんな感情論で考え過ぎです。
ボクサーが一生賭けて試合に臨んでいようと、負けたら引退だろうと、危険になったらレフェリーストップです。スポーツですから。駅伝はスポーツではないのですか?
こんな当たり前のことがなぜ未だに議論されているのか不思議です。
名無しさん
50分前
彼が心に傷を負わずに棄権できるように、ルールとして運営が止めれば良いんです。彼の判断が入る余地が無いようにすれば、彼は自分を責めるずに、自分の体を必要以上に傷つけること無く済んだはず。
名無しさん
40分前
〉彼が心に傷を負わずに棄権できるように、ルールとして運営が止めれば良いんです。
その通りですね。まあそれでも心に傷は負うかもしれませんが、それは仕方がないんですよ。それを言うなら、箱根駅伝に出たくて必死で練習しても1度も出られなかったランナーだってたくさんいるわけです。彼らだって心に傷を負ってるはずですし、みんな大なり小なりそういう経験をしてるはずです。一々そういう感情に流されていたらスポーツがスポーツでなくなります。
名無しさん
17分前
高校野球と
同じように
ケガをしたら
控えの選手を
交代に出せばよい
名無しさん
6分前
昨年の女子駅伝では棄権させなかったと批判が相次いだのに、箱根だと美化される不思議
名無しさん
5分前
みなさんあまり触れてないですが、監督合流後に、監督がきちんと新井選手の意思を本人に聞いています。「走るなら右手を上げてくれ」と声をかけて、本人が走りながら右手を上げました。そんな中辞めさせるのは本人にとって酷です。本人が走ることを決めたなら、それが正解だと思います。
名無しさん
2時間前
心身共にゆっくりして、その間にリハビリして、徐々に復調して欲しい。今まで以上にこれからを頑張って欲しい。
名無しさん
1分前
捻挫の半年はそこで一度治ってもまたなりやすくなる
小中高と陸上部で、幅跳びと100メートルだったが未だに昔接骨院で昔足首捻挫したでしょうと言われ最近もヨガで同じ足首を捻挫
私は彼ほど凄い量の練習してたわけじゃないが日常生活に影響が出やすい
しかし、物凄く痛くて骨折でもしてそうな選手なら止められるが、転んだだけで止めるというルールにもできないだろうし、捻挫は動けてしまう分見極めは難しいと思う
スタート時点で転びそのあとタイムが伸びないまま一生懸命走っていたのを見る限り足首になんらかの違和感があるんだろうと私だってわかったのだから彼の足ためを思うならば止めるべきではあったと思う。(棄権した事に一生後悔してしまうような精神面の今後を考えると本人の意思を尊重する止めない選択肢もあるから悩むところ!)ある程度のルール線引きは必要。
名無しさん
25分前
団体スポーツの中でも特異といえる駅伝の功「罪」の典型かと。
個人ならやめられる場面も、団体を代表する以上、替えがきかない。
当該選手がその責任感と痛みの狭間で選んだ決断については良し悪しこそあれ、敬意を表したい。
今後の人生は変わっただろうけど、胸張って生きて欲しい。
一方、監督された方々には彼をしばらく見守る責任があるし、すでにその履行に動いていることでしょう。
選手たちが見せる頑張りには誰が脚本を書くわけでもないドラマがあり、そこに学生以外の大人がビジネスを見出す。
一方、今回のような場面にあって続行判断は本来監督に委ねられる。
選手の意思と関係なく、判断を下すことが彼らの義務であり、権利である。
試合続行した以上、その責は監督者が負うことになる。
大会が注目を集めれば集めるほどにこの監督者への期待と責任が重くなる。陸連や関係者は彼ら監督者への十分なフォローとケアをお願いしたい。
名無しさん
7分前
デジタルハリウッド大のeスポーツ駅伝なら、こんな心配いらないね
名無しさん
7分前
本人の気持ちとか、監督とか、運営がとか言ってる人もわかるのだが、企業の方のことを考えると、半年も走れない選手を雇うのかという、問題もある。
企業からすると、たまったもんじゃない陸上で行くということなのである程度の理解を得られれば問題はないのだが難しい問題である。
本人の走りたい気持ちも充分わかるが、入社してきて半年も仕事できませんならそもそも入社すら出来ないレベルではないのだろうか、お互いの将来のことを考えるとどうだったのか、正解はわからない
名無しさん
たった今
たかだか大学の関東大会だった箱根駅伝をここまで大きくしちゃったから簡単には棄権できなくなってる。
今や箱根駅伝が最大に目的になっていて,世界へ向けた選手強化という本来の目的が薄らいできている。実際,マラソンではスピードへの対応が必要になってきたのに,スタミナ重視の対応をしなければ箱根駅伝で上位入賞できないため,日本の男子マラソンは長らく低迷の時期が続いた。メディアも大学も,日本がマラソンで強くなるよりも箱根駅伝が盛り上がることを優先しているように思える。
もはや日本の代表的なイベントになった箱根駅伝だからこそ,選手を壊さないよう規定を厳格にすべきではないだろうか。例えば,先頭の選手がその区間を走ったタイムから5分以上区間タイムが遅れたらタイムアウトとか。
名無しさん
1時間前
駅伝という競技は、そのルールや選手育成の段階で、襷を途絶えさせることの罪悪感を嫌というほど刷り込まれる競技と言えるのではないか。
団体競技であるが故に、アクシデントや体調不良でレースを棄権すれば、他のチームメンバーの1年間の努力を無にするという罪悪感がそれに加わる。
だから選手は物理的に走れない状態でない限り、走り続けるという選択肢しか無いのが現実だろう。
それはある意味、指導者である監督も同じ思いであろう。
だが、指導者はそれだけでは許されない。
選手生命を失いかねない無理を続けようとする選手を、指導者の判断において棄権させ、選手の安全と将来を守る責任をも負っているはずである。選手は心の傷を負うことになるかもしれないが、そのケアも含めて、時には断腸の思いで決断を下す覚悟が必要なのではあるまいか。
幸い復帰が可能な結果となったようだが、半年を要するというのは重傷を負ったのと同じであろう。
名無しさん
2分前
箱根駅伝と言うか、駅伝という競技における功罪の塊。
チーム戦だからアクシデントがあってもリタイア出来ない、そして怪我を悪化させる。
この選手は大学卒業後に選手を引退するのではなく実業団へ行くことが決まっているのに、こんな結果にしてしまったのは指導者側の問題も大きいと思う。
チーム戦、普通の競技なら補欠がいて交代が出来るのに駅伝ではそれが許されないのがおかしい。
日本独特の悪い精神性を露呈する箱根駅伝。
個人競技じゃない上に、まだ判断力の劣る学生が対象なのだから、改革を考えて欲しい。
交代要員を用意して医師の判断で交代をさせるのくらいは取り入れるべきではないだろうか。
名無しさん
1時間前
選手の体のことだけを考えるとやめさせるバカだったのかもしれない。ただ今後の彼の人生を考えて棄権したら一生悔いが残ると思う。ましてや最終学年で来年の箱根はないからなおさらです。それでも転んでしまったことを今は悔やんでいると思うが開始早々の出来事の中よく走りきったことを誇りに持って欲しい。また社会人として次のステージで頑張ってください。来年の予選会は伝統校がたくさんいるけど彼の気持ちを引き継いでまた本戦で頑張って下さい。
名無しさん
1時間前
私の個人的意見ですが、最後は監督だと思う。
選手は自分から棄権するとはまず言わないだろう。
ただ、その走り続けた責任は自己責任だと思う。
箱根駅伝の酸いも甘いも奈良監督も知っている。
彼は私の代の卒業式の総代であり、彼もまた1年から3年は山の神だった。
4年は失速したが、私は彼はウチの代の誇りである。
その彼が判断に悩んでいる。
それが、個人種目である陸上競技でありながら、団体競技になる駅伝の難しさと改めて感じました。
名無しさん
1時間前
正解はないし、一律なルール作りも難しい問題だと思う。
今回は新井選手が走れると判断し、結果論でも事実走りきったのだから、それを尊重すべきでは。走ることが困難な怪我や体調なら、並走している監督や運営や判断できるだろう。
個人戦ならともかく、箱根のためにチームや関係者一丸となって努力してきたことが、一区で、自分の転倒で文字通り繋がらなくなってしまうことを考えたら、怪我したからすぐ棄権、では到底納得できないだろう。
先の選手生命云々より、今このレースに懸ける、という心境は確実にあるし、外野がとやかく言うことではないと思う。
名無しさん
9分前
青ポチ覚悟で
昨年、女子駅伝で転倒して這いながらタスキを繋いだ女子選手の時は、何故棄権させなかったのか、と批判が相次いだ訳ですが、今回の方が棄権させるべき状況だったと思う。
脚に負担かかったまま走り続けた結果復帰に半年はかかる上、実業団に所属してからも治療が必要だなんて。
這いながらタスキを繋いだので脚に負荷がそれほどかからなかった女子選手より、走り続けた今回の方こそ選手生命に関わる問題だと思う。
名無しさん
12分前
スポーツ専門の医師の判断を受けられないのでしょうか。
半年もかかるのがわかっていたら、止めるべきだったと思いますし、監督も止めていたでしょう。
ヤフコメにも捻挫でも大きな影響がでることがあるとのコメントがありました。
ソ連はスポーツ医学がとても進んでいて、元バレリーナだったロシア人の妻が背中に激痛が時々起きたのだが、日本の病院では原因がわからず困っていたので、来日中のモスクワ亜のバレエ団のトレーナーの方が、バレエを急にやめたことが原因と判定して、解決法を教えてもらい、解決できました。医師でないトレーナーレベルでも詳しいのに驚きました。
ちなみにロシアではバレエの教師になるにはスポーツ医学が必修です。
名無しさん
1時間前
本人が後悔しない選択をしたのであれば、それを外部がとやかく言うべきではない
一言言うのであれば、序盤で怪我をしながらも最後まで走り切った新井くんは素晴らしい精神力を持った選手であるということ
名無しさん
8分前
じゃあ怪我して棄権したらダメ人間ですか?
言うべきではないと言いながらなんで一言言ってんの?バカなの??
名無しさん
23分前
結果論で言えば2区でタスキが途絶えたんだったら1区ですぐリタイアすればよかったと言えるのかもしれない。
でもそこが駅伝の難しさ。しかも「箱根駅伝」という化け物。
身体面の健康を考えればリタイヤが賢明だけど、まだ5㎞も走っていない所でリタイヤともなればこの選手は10年はまともに箱根駅伝を見れなくなって悪夢にもうなされる心理的トラウマを抱えることになったと思う。
どちらが良かったのか誰でも悩む…。
この選手の将来が幸せな人生を歩めるように祈りたい。
名無しさん
51分前
半年で治るから良かったという見方もできますが、無理してしまったが故に後遺症が残ってしまう可能性もあります。
観ているほうからすればよく頑張った!感動した!で済んでしまう話ですが、運営側はルール面で何かしら見直しがなされなければ同じことは繰り返されてしまうのでしょうね。
新井選手の怪我が無事治ることを祈ります。
名無しさん
2時間前
これは難しい問題ですね。
選手は辞める訳がないです。大学陸上で長距離やっていたら箱根は最大目標の場。個人種目ならまだしも切磋琢磨してきた仲間がいるわけですから。
指導者の立場から言えば、この試合で終わるならまだしも将来のある選手。辞めさせるべきでしょう。
でも正解はないですね。
まあでもやるのは選手。
選手の意思を尊重するしかないでしょうね。
名無しさん
2時間前
第三者がすぐにストップする仕組みを作らないとダメ。というか、未だにないことが不思議。まあ、足を引きずって必死で走る様がテレビ的には美味しいから作らないんだろうけど。
名無しさん
1時間前
これをストップすべきとか言ってる連中は、もうスポーツ全般見ない方が選手のため。
全てを賭けて何かに取り組んだことの無い連中に限って、そんな事を言いたがる。
名無しさん
2時間前
マラソンだったら、即自分で中止していただろう。
しかし、駅伝は冷酷だなとおもったね。
襷をつなぐために、ねん挫しても何キロも無理して、走るのをやめなかったため、治療に半年間も要する結果となった。
駅伝の最中の選手のトラブルに陸上界は今後どのように対処するか検討すべきだ。
チームのために一選手が犠牲になることを許してはいけない。選手の未来をもっと考えるべきではないだろうか。
名無しさん
16分前
一人の人生がかかった一走である以上、誰にもその場で瞬時に理想的な答えなんて出せないですよね・・・。
その瞬間にその選手の未来が見えるわけでもないのに。
一個人としては走れるところまで走れて、結果完走できて最高だったと思っています。いつものコンディションでない状況で死に物狂いになって頑張ったことは、今後の将来に必ず活きると思いますし。普段からやっていることではあると思いますが、それを最後までやり遂げることは本当に立派です。
本人がこの一走の中で何を得て今後どう活かすかは、今後分かる話です。どんな形であれ、新井選手含む参加者・また箱根を目指してきた選手の将来の活躍を祈念しています。
名無しさん
33分前
本人が走りたいと言ってもやめさせるのは指導者のあるべき態度だと思う。選手はまだ先があるんだし、それを考えればきちんと止めたほうが良かったと思う。本人の自己満足で、才能が消えてしまえば元も子もない。それに、選手は大学生だ。陸上競技はあくまでも部活動、教育の一環のはず。観客の感動のために大学生である選手が走るわけではあるまい。
統一ルールを作ることはたぶんこんなんだろうから、きちんと各大学で止めるべきは止める、ということをしていくしかない。大学卒業で人生が終わるわけではない。大学卒業後も長い人生が待っている。そのことを考えないと。
名無しさん
1時間前
選手生命にかかわるなら、止めるべきだったと思う。
指導者が判断できないというなら、他のランナーとの距離が一定距離以上空いたら、自動的に繰り上げ処置を取るべきである。
ついでに書くが、駅伝はビジネスではない、学業の延長であるという建前を貫くなら、ここで選手生命を絶たせるような行為は止めるべきであろう。
名無しさん
41分前
選手として大成することが、必ずしも本人のためとは限りません。才能ある選手が怪我をして泣く泣く競技を辞めたとしても、その後別の道で花開くこともあるのですから。
ここで棄権して陸上選手として大成したとしても、選手としていられるのは恐らく10年強。人生はそれからもずっと続くのに、無理矢理止めて本人に更に重い後悔を背負わせることが正しいのかどうか…
名無しさん
27分前
選手生命どころか、脚に後遺症が残って、日常生活に影響が及ぶことも考えられるのに、別の花も無いでしょう。
負傷を押して戦うのはワールドカップやオリンピックしかありません。たかが箱根(厳しいようですが敢えて書きます)程度にそこまでの価値があるとは思えませんが。
名無しさん
18分前
無理をした結果競技人生が終わるくらいなら救いようがあるが、日常生活に影響を及ぼす事態になったら、本人が何と言おうが家族は許さないと思う。今はちょっとしたことでもクレームになるし裁判にまで発展してしまうこともある。昔はこうだったからが今は通用しなくなってきている以上、監督や競技関係者もドクターストップを考えるべきだと思う。
名無しさん
1時間前
中継の合間で入る箱根駅伝今昔物語で、よく大先輩方が、脚がちぎれても走る的な話をしていますが、そう言った事も拍車を掛けているのでは?ただ棄権する事は本人が一番悔いを残すので、あれは止める事は出来ないと思います。唯一止められるのが監督だけで、山梨学院の中村、法政の徳本の例ですね。とにかくサンベルクスで頑張ってほしいと願ってます。ニューイヤー駅伝に出る事があれば応援します。
名無しさん
25分前
それだけの怪我をして、それでも1区で襷を繋げたのかと思うと涙が出た
誰も間違っていないし、誰も悪くない
彼自身もこれから何度も葛藤するかもしれないし、監督も、あの時彼の周りを走っていた人たちも、チームのメンバーも、それぞれに複雑な思いを抱えて悩むかもしれない
どんな結果になっていてもそれはたぶん変わらない
だからあの時確実に掴める最善の結果を選んだんだと思う
若いんだから、なおさら目の前に集中してしまうよね
早期の快復をお祈りします
名無しさん
12分前
根本的にルールを変更できないかな?
アクシデントがあった時、棄権っていうのはハードルが高いから10分とかタイム追加をして、代走を出せるようにしたらどうだろう。
伴走車にサブ選手を乗せておき、トラブル時には交代出来れば、選手を壊すことなくレースを続けられる。
タイム的にタスキは途切れるかもしれないけど、棄権よりはよっほどいいと思うんだ。
実業団女子のレースでも怪我や脱水で問題になったけど、タイム追加方式なら何とかなるじゃん?
名無しさん
6分前
昨年の女子駅伝では棄権させなかったのかと批判が相次いだのに
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.7.5

「大たこ半端ないって」 老舗たこ焼き・道頓堀くくるで「“超”半端ないたこ焼」、W杯の健闘たたえ /大阪

 大阪・道頓堀のたこ焼き店「たこ家道頓堀くくる 道頓堀本店」(大阪市中央区道頓堀1、TEL 06-6212-7381)が7月5日、サッカー・…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。