【動画あり】世界少年相撲大会で驚異の一番 大きな相手にブンブン振り回されながらも大逆転した小兵力士に拍手喝采

 両国国技館で2月11日に開催された「第九回白鵬杯 -世界少年相撲大会-」で、1分にも及ぶ大相撲が観客を沸かせました。小柄な小学4年生の元村康誠くんが、自分の2倍はあろうかという大きな子と激突。卓越した体幹で粘りに粘り、圧倒的な体格差をはねのけて勝利したのです。

ねとらぼ 2/20(水) 17:55配信
はっけよ~い……

 立ち会いで大きく押し込まれながら、すぐに相手のふところへ潜り込む康誠くん。土俵際へ押されようとも、すぐに体を入れ替えて抜け出し、逆に足をかけて反撃に転じます。大きな相手をブンブン振り回していく……すごいっ!

しかし相手もさるもの、グッとこらえて投げで反撃。驚異の粘りを見せてきた康誠くんも、とうとう押しつぶされてしまう……? そう思わせた瞬間、華麗な技が一閃。康誠くんは相手にしがみついてギリギリで耐え、そのままブリッジを利かせた投げで勝利を収めました。「手に汗握る一番」とは、こういうことを言うのだなあ。

康誠くんは、普段は佐賀県の北方相撲クラブに所属。同クラブ出身の2人と共に、「雲龍顕彰記念少年相撲大会」の優勝者で結成された選抜チーム「チーム琴奨菊」の一員として世界少年相撲大会に出場しました。チームとしては5勝1敗(優勝チームにのみ敗戦)、個人戦では第5ブロック決勝戦敗退の好成績を収め、技能賞も受賞しています。

ねとらぼ編集部の取材に、康誠くんは「絶対に負けないぞという気持ちでがんばれた」とコメント。あの取組を終えた瞬間は、自分が勝った実感がなかったといいます。大会では世界中の子と対戦できたうえ、多くの関取を間近で見られてうれしかったそうです。

ネットでは、取組を姉の友紀さんがTwitterで紹介したことで話題となり、「最初はびっくりしたけど、たくさんの人に見てもらえてうれしかった」と康誠くん。友紀さんにも話を聞いたところ、「弟は普段から大きい子とたくさん練習していて、大会でも緊張せずいつも通りに臨めていたから、勝利を確信していた」とのことでした。

友紀さんいわく、普段の康誠くんは相撲を取っているときとはまるで違う優しい子で、学校ではクラスのムードメーカー。友紀さんの1歳の息子と遊ぶのが大好きで、よく「連れてきて」と頼まれるそうです。

そんな康誠くんを教えているのが、北方相撲クラブの松尾清史監督。息子が幕下力士の琴隆成と、恐ろしく説得力のある指導者です。また、康誠くんの父は松尾監督の中学時代の先輩でもあるそうです。「康誠くんのお父さんも、同様に小柄ながら優れた体幹で相撲が強かった」と、血筋を感じさせるエピソードを編集部に語りました。

康誠くんの取組について聞くと、「体格差がある場合、負けるときはすぐに負けてしまうが、ふところに入りさえすればまず負けない」とのこと。チームには大柄で強い子がもう1人いて、大会ではたいてい、彼か康誠くんのどちらかが優勝しているのだそうです。ならばその2人がぶつかったら……と頂上決戦に期待がかかるところですが、なかなかカードが実現しないのだとか。

周囲の大人から真剣に見守られながら成長し、すばらしい一番を見せてくれた康誠くん。「技で魅せる小兵力士」の勇姿を存分に魅せてくれました。

ねとらぼ

ねとらぼ

名無しさん
16時間前
これ自体は凄い取り組み。最後の部分は昭和47年初場所北の富士-貴ノ花を彷彿とさせる取り組みだった。
色んな観点から考えられるけど、このような取り組みは怪我をする可能性が高い。体が小さくて大変なのは分かるが、もっと体を大きくして、正攻法の相撲を身につけて貰いたい。まだ小学生だから道はいくらでもある。怪我だけはしないで欲しい。
また、最後の部分が死に体だったとの指摘がある。これ、実は結構難しい。先程の北の富士-貴ノ花がまさにそれで揉めた訳だが、今回の取り組みは投げられた方の足が先に返っているんじゃないかな(最近は足の甲が返っているかどうか疎かにされがちだが…)。勝った選手の下半身は倒れ込む形でも無く、しっかりと踏ん張っていたから尚更。
名無しさん
17時間前
確かにこの子はすごいと思うけど、一歩間違えば大ケガだ。
実際取組み中「鴨の入れ首」になったから小学生の相撲ならあそこで勝負を止めて取り直しにすべきところ。
年齢だけでなく体重制限をつけた方が良いかも。
あと、白鵬はもっと評価されるべきだわな。
名無しさん
17時間前
現役力士たちもこうやって何としても勝つという姿があるといい。突き押しが中心の力士が増えてきたけど。ただ宇良みたいに怪我する危険もあるからほどほどにだが。
名無しさん
16時間前
小さい力士が大きい力士に勝つ相撲が面白い。
今の相撲は体重を増やし決まり手が寄り切り、押し出しが多く技がないのが残念。
名無しさん
17時間前
横綱として色々言われる白鵬やけどこの白鵬杯という活動はめちゃくちゃ相撲普及に貢献してると思うなぁ
ついに白鵬杯出身の関取も生まれた(阿武咲)し今後どんどん出てくることを期待したい
名無しさん
15時間前
最後まで諦めない凄い取り組みだった、小さな子供達が相撲するのは嬉しい、白鵬はいい仕事するね。
名無しさん
3時間前
昨日のニュースで両方にコメント取ってたけど、負けた方の子も身体柔らかいし、身体能力高そうな感じだったな。
まだ始めて4ヶ月って言うし、基本からちゃんと育てたら強くなりそうだな。
名無しさん
16時間前
死に体で大きい子の勝ちだと思うけどね。
名無しさん
18時間前
こんな取り組みはなかなか観られないですね。
すごいの一言です。
名無しさん
16時間前
あの勝ち方、
かつて朝青龍vs琴ノ若でやってたな。
朝青龍のえびぞり。
名無しさん
13時間前
焼津のあおきくんも、もっと注目したい
名無しさん
17時間前
富山県の相撲大会でたしか決勝まで勝ち残った
元サッカー選手の柳沢を思い出した

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人気記事

ピックアップ記事

2018.10.27

駅弁ならぬ高速バスのお供「バス弁」 2018年は大物ルーキーも登場、定着なるか

由緒ある老舗料亭も参入!  2018年の春から秋にかけて、高速バスに乗車する旅客向けに、「駅弁」ならぬ「バス弁」の販売を始めた事業者が…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。